ボストン テリア 子犬。 ボストンテリア専門ブリーダー ボストンファミリー

はじめてのボストンテリアの飼い方・育て方

ボストン テリア 子犬

愛犬の友ボストン・テリアブリーダーズサイトは全国の優良なブリーダーのボストン・テリアの子犬を紹介するサイトです。 全国の優良ブリーダーから直接ボストン・テリアの子犬が購入できます。 ボストン・テリアブリーダーズサイトでは子犬と飼い主が幸せな生活をおくることを目的におき、これから10年以上、家族同様に一緒に暮らしていく性格的にも肉体的にも健康なボストン・テリアの子犬を紹介することが必要と考えます。 生後、子犬の成長に重要な時期に母親や兄弟たちとよく接し、遊び方や社会性を学んでいなければ、遊び方や社会性を知らない子犬は成長とともに問題行動(無駄吠え・噛みグセ・他の犬と仲良くなれない)と言われる行動をとってしまう可能性が高くなります。 優良ブリーダーは、母親からの免疫が弱まるその子犬にとって適正な時期にワクチン接種をしています。 その一方、ブリーダーから直接購入しない場合では流通過程において、やもなく適正な時期に接種出来ていない子犬も存在します。 このような問題行動や病気などが原因で、子犬と飼い主の幸せな生活がおくることが出来ず、犬達との生活を諦める飼い主は少なくありません。 愛犬の友ボストン・テリアブリーダーズサイトでは全国の優良ブリーダーのボストン・テリアの子犬を紹介する事により、ブリーダーの元で母親や兄弟達とあたたかな時間を充分に過ごし、適正な時期にワクチン接種がされたボストン・テリアの子犬を紹介することで1頭でも多くのボストン・テリアの子犬達が幸せな生活を飼い主とおくれることを願い運営しています。 是非、愛犬の友ボストン・テリアブリーダーズサイトを通じて優良ブリーダーの子犬に出会われてください。 ボストン・テリアの魅力としつけやお手入れなどやブリーダーの犬舎でのボストン・テリアの子犬のチェックポイントなどを抜粋してご紹介します。 ボストン・テリアの子犬と幸せな素晴らしい生活をスタッフ一同、心より願います。 ボストン・テリアの魅力・解説 まるで、タキシードを身にまとっているような、独特な毛色が目を惹くボストン・テリア。 そんな外見から「アメリカの紳士」と称されることもあります。 ボストン・テリアは、愛くるしいぺちゃ顔に反して、コンパクトでスタイリッシュな体型が自慢の犬種です。 ボストン・テリアは、無駄吠えも少ないので、都心で暮らす人々やクリエイティブな職業の人たちを中心に人気を呼んでいます。 ボストン・テリアは、性格は明るく活発で、常にプラス思考の持ち主。 また、天性の人なつっこさを持つ彼らですので、番犬にはまったくなりませんが、最高の伴侶にはなってくれるはずです。 さらに、ボストン・テリアは、とてもアクティブで運動神経も抜群です。 なにより飼い主と一緒に遊ぶことが大好きですので、インドアな家庭には向いていません。 イタズラ好きな一面があり、特に子犬の頃は飼い主を悩ませることもしばしばあります。 成犬になってから問題行動がエスカレートすることがありますので、ONとOFFの区別をつけたしつけを徹底することをお勧めします。 健康面では暑さ寒さにも弱いので、室温管理に気をつけるようにしてください。 ボストン・テリアのトイレトレーニング トイレの場合、ボストン・テリアに限らず多くの子犬達は睡眠後、目が覚めたらすぐに尿意をもよおすと言われていますので、起きた時や食事の後などのタイミングで決められたトイレの場所に連れて行きます。 最初はなかなかしてくれませんが、繰返し行うことで尿意や便意をもよおすようになります。 ボストン・テリアの基本的なしつけの注意点 ボストン・テリアに限らず子犬のうちに基本的なしつけを覚えておけば、あとあとも役にたちます。 最初のしつけは言葉の意味を理解させることからスタートです。 「いけない(叱り言葉)」「よーしよし(褒め言葉)」「スワレ」「マテ」の4パターンを飼い主が決めた統一した言葉でしつけると効果的です。 色々な人から色々な言葉で話し掛けられると、子犬も理解できなくなり、結果しつけも思うようにいきません。 ボストン・テリアの効果的なしつけ ボストン・テリアの子犬のしつけの上手下手は、ほめ方によって決まると言われます。 ほめる時には名前を呼びながら愛情込めて撫でてあげてください。 ボストン・テリアの子犬がやすらぎ心地よいと感じることが大切です。 また、𠮟る時に大切なのはタイミングです。 ボストン・テリアに限らず子犬は善悪が判らないので𠮟る言葉で理解していきます。 タイミングがズレていると何が駄目なのかが判らないままになります。 ボストン・テリアのお手入れ ボストン・テリアの被毛の手入れは、生後6~7週間ころから始まります。 ボストン・テリアの子犬のうちは被毛も短いので、それほど難しい手入れを行う必要はありませんが、最低限、その日の汚れは、その日のうちに落すようにするのをお勧めします。 散歩から帰ったら、タオルでマッサージをするように体を拭き、次にブラシまたはコームで全体を整えていきます。 ボストン・テリアの日々のブラッシングは、毛艶を保つばかりではなく、皮膚に適度な刺激を与え、血行をよくするので健康づくりにもつながります。 シャンプーは、被毛がべたついているようなら洗ってあげるようにしてください。 ボストン・テリアのトリミング ボストン・テリアは基本的には、トリミングを必要としない犬種です。 ブリーダーの犬舎でのボストン・テリアのチェックポイント ボストン・テリアの子犬の選択ポイントは健康面でのボディチェックも必要ですが、どのボストン・テリアの子犬も健康ならば次に重要なのは性格です。 容姿がいいと一目惚れをして「この子!」と決めがちですが、出来れば広い場所でボストン・テリアの子犬たちが自由に行動する様子を観察するのを勧めます。 他の子犬達とじゃれ合うボストン・テリアの子犬は、明るい性格の持ち主。 さらに「おいでおいで」と呼びかけると喜んで駆け寄ってくるような社交性のあるボストン・テリアの子犬が理想です。 逆に人の顔を見て、慌てて犬舎へ逃げ込むようなシャイなボストン・テリアの子は大きくなれば警戒心が強く無駄吠えや人に威嚇したりすることも充分に考えられしつけも手が掛りがちになるといわれます。 「目は心の窓」と言われますがボストン・テリアの子犬の場合も同じです。 とくにボストン・テリアの瞳は澄んだ眼差しの奥には知性が宿っています。 キラキラ輝いて好奇心一杯の目をしており、手をパンと叩いたときに身体全体を音の方向に向けてしっかりと見据える、そんなボストン・テリアの子犬が賢く、強い精神力を持った子犬と考えられます。 是非、愛犬の友ボストン・テリアブリーダーズサイトを通じて優良なブリーダーが育てたボストン・テリアの子犬と幸せな素晴らしい生活を送られてください。

次の

ボストン・テリアブリーダーズサイト・愛犬の友|ブリーダーの子犬を販売する純血種ブリーダー専門サイト

ボストン テリア 子犬

チワワ 214• チワワ ロング 171• チワワ スムース 43• トイプードル 196• タイニープードル 82• ティーカッププードル 75• トイプードル トイ 39• ミックス・その他の犬種 88• フレンチブルドッグ 74• 柴犬 69• 豆柴 35• 柴犬 標準サイズ 34• ミニチュアダックスフンド 59• ミニチュアダックスフンド ロング 59• ミニチュアダックスフンド スムース 0• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• ポメラニアン 58• ミニチュアシュナウザー 31• パピヨン 30• シーズー 30• ペキニーズ 27• カニンヘンダックスフンド 24• カニンヘンダックスフンド ロング 18• カニンヘンダックスフンド スムース 3• カニンヘンダックスフンド ワイアー 3• ヨークシャーテリア 24• ボルゾイ 18• パグ 17• 狆 チン 14• コーギー 14• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 14• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• マルチーズ 14• ウエストハイランドホワイトテリア 11• ビーグル 10• 秋田犬 9• アメリカンコッカースパニエル 9• ブルドッグ 9• スタンダードプードル 9• ゴールデンレトリバー 8• ボーダーコリー 7• ボストンテリア 7• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 6• イングリッシュセッター 6• シェットランドシープドッグ 6• ビションフリーゼ 5• ブリュッセルグリフォン 5• ラブラドールレトリバー 5• シェパード 5• ジャーマン・シェパード・ドッグ 4• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 1• オーストラリアン・シェパード 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ホワイト・シェパード 0• 日本スピッツ 5• チャウチャウ 4• イングリッシュコッカースパニエル 4• グレートデン 4• シベリアンハスキー 4• ジャックラッセルテリア 4• レークランドテリア 4• ミニチュアピンシャー 4• バーニーズ・マウンテン・ドッグ 3• ケアーンテリア 3• ミディアムプードル 3• ニューファンドランド 3• ブリタニースパニエル 2• キャバリア 2• 北海道犬 2• イタリアングレーハウンド 2• ロットワイラー 2• アメリカンピットブルテリア 1• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 1• グレートピレニーズ 1• 日本テリア 1• 甲斐犬 1• マスティフ 1• ボルドーマスティフ 1• アフガンマスティフ 0• ベルジアンマスティフ 0• ブルマスティフ 0• イングリッシュマスティフ 0• ナポリタンマスティフ 0• ピレニアンマスティフ 0• スパニッシュマスティフ 0• チベタンマスティフ 0• ノーリッチテリア 1• プチブラバンソン 1• ラフコリー 1• アイリッシュウルフハウンド 0• アイリッシュセッター 0• 秋田犬 9• アフガンハウンド 0• アフガンマスティフ 0• アメリカンコッカースパニエル 9• アメリカンスタッフォードシャーテリア 0• アメリカンピットブルテリア 1• アメリカンブリー 0• アラスカンマラミュート 0• イタリアングレーハウンド 2• イタリアンコルソドッグ 0• イングリッシュコッカースパニエル 4• イングリッシュスプリンガースパニエル 0• イングリッシュセッター 6• イングリッシュポインター 0• イングリッシュマスティフ 0• ウィペット 0• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 14• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• ウェルシュテリア 0• ウエストハイランドホワイトテリア 11• エアデールテリア 0• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 6• オーストラリアンケルピー 0• オーストラリアン・シェパード 0• オールドイングリッシュシープドッグ 0• カーリーコーテッドレトリバー 0• 甲斐犬 1• カニンヘンダックスフンド スムース 3• カニンヘンダックスフンド ロング 18• カニンヘンダックスフンド ワイアー 3• キースホンド 0• 紀州犬 0• キャバリア 2• グレートスイスマウンテンドッグ 0• グレートデン 4• グレートピレニーズ 1• ケアーンテリア 3• ケリーブルーテリア 0• コーイケルホンディエ 0• コモンドール 0• ゴールデンレトリバー 8• サモエド 0• サルーキ 0• シーズー 30• シーリハムテリア 0• シェットランドシープドッグ 6• 四国犬 0• 柴犬 標準サイズ 34• シベリアンハスキー 4• シャーペイ 0• ジャーマン・シェパード・ドッグ 4• ジャーマンハンティングテリア 0• ジャーマンピンシャー 0• ジャイアントシュナウザー 0• ジャックラッセルテリア 4• スキッパーキ 0• スコティッシュテリア 0• スタッフォードシャーブルテリア 0• スタンダードシュナウザー 0• スタンダードダックスフンド ロング 0• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• スタンダードプードル 9• スパニッシュマスティフ 0• セントバーナード 0• タイニープードル 82• ダルメシアン 0• チェサピークベイレトリバー 0• チベタンスパニエル 0• チベタンマスティフ 0• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 1• チャウチャウ 4• チワワ スムース 43• チワワ ロング 171• 狆 チン 14• ティーカッププードル 75• ディアハウンド 0• トイプードル トイ 39• トイマンチェスターテリア 0• 土佐犬 0• ドーベルマン 0• ドゴ・アルヘンティーノ 0• ナポリタンマスティフ 0• 日本スピッツ 5• 日本テリア 1• ニューファンドランド 3• ノーフォークテリア 0• ノーリッチテリア 1• ノヴァスコシアダックトーリングレトリバー 0• バーニーズ・マウンテン・ドッグ 3• バセットハウンド 0• バセンジー 0• パグ 17• パピヨン 30• ビーグル 10• ビアデッドコリー 0• ビションフリーゼ 5• ピレニアンマスティフ 0• フラットコーテッドレトリバー 0• フレンチブルドッグ 74• ブービエ・デ・フランダース 0• ブリアード 0• ブリタニースパニエル 2• ブリュッセルグリフォン 5• ブルテリア 0• ブルドッグ 9• ブルマスティフ 0• プチバセットグリフォンバンデーン 0• プチブラバンソン 1• ベドリントンテリア 0• ベルジアングリフォン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアンマスティフ 0• ペキニーズ 27• 北海道犬 2• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 1• ボーダーコリー 7• ボクサー 0• ボストンテリア 7• ボルゾイ 18• ボルドーマスティフ 1• ボロニーズ 0• ポメラニアン 58• ポリッシュローランドシープドッグ 0• 豆柴 35• マルチーズ 14• マンチェスターテリア 0• ミディアムプードル 3• ミニチュアシュナウザー 31• ミニチュアダックスフンド スムース 0• ミニチュアダックスフンド ロング 59• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• ミニチュアピンシャー 4• ミニチュアブルテリア 0• ミニチュアプードル 0• ヨークシャーテリア 24• ラサアプソ 0• ラフコリー 1• ラブラドールレトリバー 5• レークランドテリア 4• レオンベルガー 0• ロットワイラー 2• ワイアーフォックステリア 0• ワイマラナー 0• ミックス・その他の犬種 88 人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する「イギー」のモデルとして知られるボストンテリア。 近年人気が高まっている「ブサカワ犬」としても広く認知され、日本でも多く目にするようになりました。 性格は明るく活発で、誰に対してもフレンドリー。 ボストンテリアを迎えたら、家庭のアイドル的存在になってくれるでしょう。 ボストンテリアの特徴 ボストンテリアの生まれは、アメリカのマサチューセッツ州にあるボストンという都市です。 祖先は闘犬として活躍していましたが、アメリカ国内で闘犬が禁止されると、愛玩犬として小型化した犬の育種が進められます。 イギリス生まれのイングリッシュテリアとブルドッグを交配させて生まれた「ジャッジ」と「ジップ(ケイト)」という名前の犬、そしてその子犬たちが現代のボストンテリアの基礎です。 ボストンテリアは1893年に血統登録機関に登録され、以降そのチャーミングな見た目と愛らしい性格で家庭犬としての人気を博すようになりました。 体高、体重ボストンテリアの理想的な体高は約28~38cm、体重はオスで9~11kg、メスで7~9kg前後です。 日本の血統登録機関JKCの規定では、体重によりライト(6. 8kg未満)、ミディアム(~9kg)、ヘビー(9~11. 35kg)の3種に分類されています。 基礎となった闘犬と比べると身体は小さいですが、全身が筋肉に覆われたガッシリ体型をしています。 毛色、毛質毛色のバリエーションは、ブリンドル(ベースカラーに差し色が混じる)、ブラック、シール(ブラックよりもやや赤みがかった色味)と大きく3種類に分かれます。 いずれもマズルや眉間、胸、おなか、足まわりにホワイト・マーキングを持ち、タキシードを着ているような「ホワイトカラー」が特徴です。 毛質は艶やかなスムースコートです。 ボストンテリアは短毛種ですが、ダブルコートを持つため抜け毛はやや多いかもしれません。 フレンチブルドッグとの比較アメリカ生まれのボストンテリアに対し、フレンチブルドッグはフランス生まれ。 よく似ている2犬種ですが、いくつかの違いがあります。 サイズはフレンチブルドッグ(8~14kg)がやや大きく、ややずんぐりとした体格をしています。 同じ鼻ぺちゃ犬ではあるものの顔付きにも多少の違いがあり、スマートな小顔のボストンテリアに対し、顔のシルエットが四角くサイズも大きめなのがフレンチブルドッグです。 ボストンテリアの性格 低い鼻に離れた目がチャーミングなボストンテリア。 性格は人懐っこく活発で、遊び好きです。 野外では活発に動き回り、ボール遊びも好みます。 筋肉質な体格と運動能力を生かし、大胆に遊び回る姿を見た方は、容姿とのギャップに驚くかもしれませんね。 明るくフレンドリーな性格で、子どもとの相性も悪くありません。 しつけをしっかりしたボストンテリアであれば、よき遊び相手となってくれるでしょう。 また、闘犬がルーツのボストンテリアですが、利口で学習能力が高いのも特徴です。 飼い主に忠実で言うことをよく聞き、非常に愛玩犬向きの性格です。 まるで人の とても賢いため、「しつけには苦労しなかった」というボストンテリアさんの飼い主さんも多いことでしょう。 その一方で、ボストンテリアには闘犬の血を継ぐ犬らしい、やや頑固な性格もあります。 周囲の様子に敏感に反応し、ときには他の犬に攻撃的な面を見せることも。 子犬の頃から他の人や犬との関わりを持たせ、社会化することが大切です。 ボストンテリアの飼い方 食事や運動量、日々のお手入れなど、ボストンテリアの飼い方についてのポイントを押さえましょう。 食事のポイントフードの量は月齢と体重に合わせた量をしっかり計り、成犬なら1日2回に分けて必要な摂取量を与えましょう。 ボストンテリアは食欲旺盛で肥満になりやすい犬種のため、正しいカロリーコントロールがとても重要です。 成犬になるまでの子犬の時期は、通常より栄養価の高い「子犬用」フードを与えてくだしあ。 成長するにつれて、成犬用、シニア用と切り替えていきましょう。 必要な運動量実はしっかりとした骨格を持つボストンテリア。 健康的な体づくりのためにも、散歩は1日2回、30分~60分程度行いましょう。 雨の日などでお散歩ができないときは、ボールやおもちゃを使って室内遊びするのがおすすめです。 運動不足を解消し、肥満を防止しましょう。 お手入れ方法ダブルコートのボストンテリアは、抜け毛が多い犬種です。 短毛種に適したラバーブラシと獣毛ブラシを使って、できれば毎日、少なくとも週に2~3回程度お手入れするといいでしょう。 全身をマッサージするようにブラシを当ててあげると、血行促進にもつながります。 また顔に寄っているシワの間は雑菌が繁殖しやすく、ニオイの発生が気になる部位です。 不潔な状態が続くと皮膚炎を起こす可能性がありますので、こまめにケアをしてあげましょう。 蒸しタオルのように濡れた柔らかい布を用意して、シワの流れに沿って汚れを拭き取ります。 ゴシゴシ擦るとデリケートな皮膚を傷めてしまいますので、力を入れずに優しく拭いてください。 また、汚れやニオイが気になるときは、犬専用のシャンプーを使って全身を洗います。 頻度は月に1回~2回程度で、多すぎるのも少なすぎるのもよくありません。 シャンプーのときは、必ず犬用として販売されている薬剤を使用してください。 暑さ・寒さ対策ボストンテリアは、暑さにも寒さにも弱い犬種です。 夏の時期や冬の時期は、お留守番のときでもエアコンで室温をコントロールの必要があります。 暑い時期は、クールマットなどのグッズをプラスするのもおすすめです。 寒い時期は、服を着せることで寒さと抜け毛の対策が同時に行えます。 しつけの方法明るく人懐っこい性格でありながら、頑固な面も持ち合わせるボストンテリア。 賢い犬種のためしつけはさほど難しくありませんが、メリハリのある態度で接することが大切です。 特に重要なトイレ、噛み癖、吠え癖のしつけは、子犬の頃から繰り返し行いましょう。 ボストンテリアの寿命 ボストンテリアの平均寿命は13歳~15歳程度で、純血種の中では比較的長寿の部類に入ります。 もちろん、犬の寿命には個体差があり、健康状態や飼育状況によっても変わってくるものです。 大切な愛犬に1日でも長生きしてもらうためには、どのような点に気を付ければいいのでしょうか? 犬の健康管理において、大切なのは毎日の食事と運動、そしてストレスの少ない飼育環境です。 太りやすい犬種だからこそ、フードやおやつの与えすぎには注意が必要です。 また、毎日の散歩や室内遊びで十分な運動時間を確保することも大切。 思いっきり遊ばせることは、ストレスの解消にもつながります。 さらに、スキンシップやブラッシングなどのお手入れを通じて、犬の体に異変がないか定期的にチェックするのも飼い主としての役割です。 少しでも「おかしいな?」と思うところがあれば、自己判断せずに迷わず動物病院にかかることをおすすめします。 ボストンテリアの気を付けたい病気 短頭種と呼ばれる鼻ぺちゃ(マズルが短い)が特徴のボストンテリア。 このような犬種は、先天的に「軟口蓋過長」にかかりやすいとされます。 これは「短頭種気道症候群」と呼ばれる症状の一つで、喉の奥が長く伸びて気道を塞ぎ、呼吸障害を引き起こします。 寝るときにいびきをかいたり、興奮したとき「ガーガー」というような呼吸をしたりするときは、軟口蓋過長の可能性があると言えます。 また、「気管狭窄」も短頭種にみられる呼吸障害の一つです。 空気の通り道である気管が狭まることで、荒々しい呼吸や咳、激しいパンティング、いびきといった症状が出ます。 重症の場合は、チアノーゼや呼吸困難に陥ることも。 さらに、ボストンテリアは「白内障」や「チェリーアイ(第三眼瞼腺脱出)」といった眼病にもかかりやすいです。 一般的に、白内障はシニア期に多い症状ですが、ボストンテリアの場合それよりも早い4~5歳の時期から発症するケースがあります。 目の中が白く濁ることで、視力の低下や視界狭窄、重症化すると失明に至る可能性もあります。 チェリーアイは、その名の通りさくらんぼのように第三眼瞼が飛び出している状態です。 こういった症状が見られた時は、素人判断は危険です。 できるだけ早めに動物病院を受診しましょう。

次の

ボストンテリアの子犬を探す|ブリーダーナビ

ボストン テリア 子犬

ボストンテリアのしつけと性格 ボストンテリアにしつけをする際には、まずその性格を知っておくことが肝心です。 ボストンテリアはもの静かで落ち着いており、人に対して親しみのある性格です。 また、子供がいる環境であっても、辛抱する気質があるため、室内で一緒に生活できる犬種といえます。 アクティブな行動派である一方で、じっくりと物事を見て判断するところもあります。 そして、甘え上手ですが、寂しがり屋でもありますので、ひとりで長い時間を過ごすことが嫌いです。 そのようなことが続くと、やがてストレスが蓄積して、問題行動を起こしがちになりますので、ボストンテリアにしつけをする必要があります。 ボストンテリアのしつけの時期は、他の犬種同様に、できるだけ早い段階の「子犬」のうちから教えた方が良いでしょう。 ボストンテリアのしつけに大切なこと ボストンテリアのしつけに関して、一般的に言われているような、「オスとメスではしつけの方法が違う」という情報もありますが、特に気にすることはないでしょう。 トイレの仕方は、オスとメスでは違いがあるのが大半です。 ボストンテリアのしつけで、どちらかに手が掛かるということはありません。 つまり、オスとメスどちらにも、 しつけ次第できちんと教えることが可能なのです。 今は様々な情報がありますので、どれを信じてよいのか分からないと感じることもあるでしょう。 しかし、飼い主となるからには、きちんと教えるということを肝に銘じて行うことが大切です。 それがボストンテリアのしつけで、一番大切なことといえます。 トイレ もし室内で飼うのなら、至る所でトイレを間違えて行わないように、トイレの場所を覚えさせることが大切です。 ボストンテリアは、生後3か月ほどのまだ小さいうちは、1時間ごとに1回トイレに行きますので、そのタイミングで場所を教えることが、良いきっかけとなります。 もし、違う場所でトイレをしてしまった場合は、できる限り臭いが残らないように努めます。 臭いが残っている状態にしておくと、その間違えた場所で再び粗相をする可能性があります。 逆にそれを上手に生かして、あえてトイレの場所に臭いが付いたものを置いておけば、そこをトイレとして場所を教えることができます。 トイレの場所ですることができたら、思い切り褒めましょう。 それを繰り返すうちに、覚えていきます。 万が一、粗相をしてしまったときには、あまり強く叱ってはいけません。 怒られると、トイレそのものを我慢してしまいます。 その場合は、間違えてトイレをした場所の臭いを嗅がせ、「違う」ということを軽く諭すように行います。 ボストンテリアのトイレのしつけは、 間違えたときに強く叱らないことが肝心です。 無駄吠え ボストンテリアは、室内犬で一番気掛かりな「無駄吠え」が、ほぼないといわれているため、安心できる犬種なのですが、全てのボストンテリアに該当するわけではありません。 無駄吠えがあれば、当然、他の犬種と同様にボストンテリアにもしつけが必要となります。 無駄吠えのしつけも、トイレと同様に、幼いうちに行うとスムーズに覚えてくれます。 大きくなってからは、なかなか覚えてくれません。 また、無駄吠えの原因の1つとして、 「ストレス」があります。 運動や散歩が足りないと、その不満から無駄吠えにつながる可能性があります。 もし運動量が足りないようでしたら、ストレスの緩和になりますので、毎日外へ連れて行きましょう。 注意点としては、あまり強く叱らないことです。 ボストンテリアの頑固さが出てくると、肝心なしつけで教えたい内容を、覚えてくれません。 叱るときは、「ダメ」ということを伝えて、あとはそのまま触れないようにしましょう。 留守番 ボストンテリアは人が好きで、甘えたい一面がありますので、長時間のひとりでの留守番を嫌います。 しかし、時には仕事やショッピング等の用事で、留守番させる必要があるでしょう。 留守番中に吠えているようなら、周辺に住んでいる方々が、不快に感じてしまします。 こういったことも、しつけで改善ができます。 まず、普段の短い時間で、飼い主と離れて1人で留守番をさせます。 その際に吠えなかった、静かに帰りを待っていられたようなら、しっかりと褒めて、おやつをあげる等の工夫をしましょう。 もし、不在中に何かイタズラをした形跡があったら、「ダメ」と叱ってあとはしらんぷりをします。 それで十分にしつけとなるのです。 ボストンテリアの性格を理解した上でしつけた方が、うまくいきます。

次の