せい えい じゃ しゅ。 女性性器のしくみとはたらき(じょせいせいきのしくみとはたらき)とは

在留(ざいりゅう)カード、特別(とくべつ)永住者(えいじゅうしゃ)証明書(しょうめいしょ)に 関(かん)する届出(とどけで)

せい えい じゃ しゅ

すでに皆さんが回答されているとおりです。 基準はありません。 SHUNTAはヘボン式、SYUNTAは訓令式のローマ字です。 では、この違いについて説明します。 ヘボン式は、その名のとおり江戸末期に横浜に在住したヘボンさんが作ったものです。 (Hepburnと綴るので現在ならヘップバーンさんと呼ばれるでしょうね) で、この人は宣教師で、横浜に来る外国人のために辞書を作ろうとして、日本語の発音を英語表記にあうように考え出したものがヘボン式ローマ字なのです。 ですから、英語が話せる人にとっては発音しやすい綴りになってます。 通貨の「円」がYENとなっているのもこのせいですね。 その後ヘボンさんは英語教育にも携わるようになり、確か明治学院大の創設者ではなかったかと存じます。 一方、訓令式は、日本語の50音図にあわせてローマ字表記をしようと、太平洋戦争中(か直後)に内閣が出した表記法です。 ヘボン式との違いは、日本人がわかりやすい綴りとしたことです。 たとえば、た行は、ヘボン式のta、chi、tsu、te、toに対してta、ti、tu、te、toと綴ります。 ヘボンさんの頃は、まだ「いろは~」の時代でしたから「あいうえお~」という発想はありません。 というわけで、 ヘボン式は「外国人が作った外国人のためのローマ字」で 訓令式は「日本人が作った日本人のためのローマ字」です。 だから日常生活では、正直「どっちでもいい」が正解です。 パスポートは「外国(というか英語圏)の人がわかる」ようにヘボン式なのです。

次の

永楽帝(えいらくてい)とは

せい えい じゃ しゅ

気管圧排・偏位 きかんあっぱい・へんい 気管の位置が周囲臓器の影響により、一部分が左右いずれかに曲がった状態です。 甲状腺腫瘍、無気肺、縦隔腫瘍 じゅうかくしゅよう などの場合に見られます。 原因を調べるため、超音波検査やCT検査などが行われます。 気管狭窄 きかんきょうさく 気管が狭くなっています。 肺結核、肺腫瘍などによっておこります。 精密検査が行われることがあります。 気管支拡張像 きかんしかくちょうぞう 気管支が拡張しています。 気管支拡張症などの場合に見られ、精密検査が行われることがあります。 気胸 ききょう 肺に穴が開き、空気が肺の外側に漏れて肺が圧迫され縮んでしまっている状態です。 呼吸をしても大きく息が吸えない、激しい運動をすると呼吸ができなくなるなどの呼吸困難、咳などが見られます。 圧迫された肺の容積が小さい場合は安静にすることで治りますが、大きい場合は緊急治療が必要です。 奇静脈葉 きじょうみゃくよう 奇静脈が胎児の形成過程で肺を横切ったために、右肺の上部が二つに分かれているものです。 ごくまれに見られる正常変異の一つです。 問題ありません。 胸郭変形 きょうかくへんけい 肺の周りの骨格である胸郭の変形です。 外傷や手術後、ハト胸などでおこります。 軽度異常か経過観察です。 胸水 きょうすい 肺炎、がん、心臓病などが原因で通常存在しない水が胸部にたまった状態です。 胸水がたまる原因をつきとめ、治療を行います。 胸壁腫瘤影 きょうへきしゅりゅうえい 肺を包む胸膜、肋骨、筋肉などにこぶ状の陰影がある状態です。 胸膜腫瘍などでおこりますので、精密検査を受け、治療が必要です。 胸膜石灰化影 きょうまくせっかいかえい 肺を包む胸膜にカルシウムが沈着するものです。 結核性胸膜炎が治ったあとに生ずることが多いです。 石綿ばく露による可能性があればCTなど精密検査が必要です。 病気発生からある程度の時間が経過して現れる所見です。 病気が治った痕であれば問題ありませんが、それ以外は経過観察が必要です。 胸膜肥厚 きょうまくひこう 肺を包む胸膜が厚くなった状態です。 過去の胸膜炎、肺感染症などが原因として考えられます。 軽度異常なのでとくに問題ないことが多いです。 胸膜癒着 きょうまくゆちゃく 肺を包む胸膜に炎症がおこり、周囲に癒着した痕です。 過去の胸膜炎、肺感染症などが原因として考えられ、現状以上の変化はありません。 軽度の異常です。 空洞性陰影 くうどうせいいんえい 病変により死んだ組織が排除され、その後に空間が形成されたものです。 肺化膿症、肺がん、肺寄生虫症、肺真菌症などが原因で生じることがあります。 精密検査が必要です。 結節影 けっせつえい 30mm未満の境界のはっきりした丸い陰影。 肺腫瘍、肺結核などの場合に見られ、精密検査が行われることがあります。 縦隔拡大 じゅうかくかくだい 左右の肺の間を縦隔といい、この幅が広くなっている所見です。 腫瘍、食道拡張などで見られ、精密検査が行われることがあります。 縦隔気腫 じゅうかくきしゅ 左右の肺の間の縦隔に空気が侵入しているものです。 外傷による肺損傷、激しく吐いたあと、食道に小さな穴が開いたりした場合などにおこります。 精密検査か治療が必要です。 縦隔リンパ節腫大 じゅうかくりんぱせつしゅだい 左右の肺の間にある縦隔のリンパ節が腫れています。 悪性リンパ腫やサルコイドーシスなどでおこります。 精密検査か治療が行われることがあります。 縦隔リンパ節石灰化影 じゅうかくりんぱせつせっかいかえい 左右の肺の間にある縦隔のリンパ節にカルシウムが沈着したものです。 結核などが考えられます。 精密検査か治療が行われることがあります。 シルエットサイン しるえっとさいん 本来存在しないものが、本来存在するものと同じX線透過度でかつ境界を接して存在するときに、その境界線が見えなくなる所見をいいます。 精密検査が必要です。 浸潤影 しんじゅんえい 肺胞内への細胞成分や液体成分の貯留によっておこります。 肺がん、肺感染症などが考えられます。 精密検査が必要です。 脊椎後弯症・側弯症 せきついこうわんしょう・そくわんしょう 背骨が、後ろまたは左右どちらかに弯曲しています。 軽度であればとくに問題ありません。 線状影・索状影 せんじょうえい・さくじょうえい 太さが1mm~2mmの細い陰影を線状影、2mm~3mmのやや太い陰影を索状影といいます。 線状影は、とくに病的なものではなく、健康な人でも映ることがあります。 索状影は、一般的には炎症のあとにできる陰影です。 経過観察となります。 造影剤残留 ぞうえいざいざんりゅう 胃の検査で飲んだバリウムが誤って気道に入り、気管支に残っていることをいいます。 発熱、せきなどが続かなければ問題ありません。 陳旧性胸膜炎 ちんきゅうせいきょうまくえん 過去に肺を包む胸膜に炎症がおき、それが治癒した痕です。 過去の炎症の痕なので心配ありません。 軟部陰影の異常 なんぶいんえいのいじょう 肺周囲の筋肉や脂肪などの部位に異常が見られるものです。 脂肪腫などでおこります。 とくに問題ないことが多いです。 嚢胞またはブラ のうほう 肺胞の壁の破壊や拡張によって、隣接する肺胞と融合した大きな袋に空気の入った状態をいいます。 ブラともいいます。 これが破れると自然気胸という病気がおこります。 経過観察です。 肺過膨張 はいかぼうちょう 肺の容積が全体的に膨れている状態。 肺気腫などの場合に見られます。 進行すると、呼吸困難、慢性のせき、痰が出てくることがあります。 経過観察か精密検査になる場合があります。 肺気腫 はいきしゅ 正常な肺の袋状構造が拡張ならびに破壊される病気のこと。 肺胞壁の破壊的変化が進行することがあります。 タバコが原因の場合が多いので、タバコを吸っている人は禁煙。 精密検査か治療になる場合があります。 肺血管影異常 はいけっかんえいいじょう 肺内の血管が通常の太さと異なるもの。 太くなっている場合は心臓機能の低下、見えにくい場合は肺気腫などが考えられます。 原因疾患によってその後の経過は異なりますが、経過観察あるいは精密検査です。 肺腫瘍 はいしゅよう 肺の組織に発生した腫瘍をいいます。 良性か悪性かをCT検査などで診断する必要があります。 肺線維症 はいせんいしょう 肺組織が線維化をおこしている病気で、肺の機能が障害されている状態です。 精密検査か治療です。 肺門部 リンパ節 腫大 はいもんぶしゅだい 左右の肺の間にあり、気管や血管の出入口になっている部分が腫れていることをいいます。 多数のリンパ節が存在します。 肺腫瘍、肺結核、サルコイドーシスなどでおこります。 精密検査が必要です。 肺門部石灰化 はいもんぶせっかいか 肺門部にカルシウムが沈着しているものです。 肺結核、サルコイドーシスなどに見られます。 原因疾患によってその後の経過は異なりますが、経過観察か精密検査になる場合があります。 肺紋理増強 はいもんりぞうきょう 枝状に分岐した肺血管の陰影が普通より目立つ状態。 心不全などでは肺血管が太くなったり、気管支周辺の炎症などでおこります。 経過観察あるいは精密検査です。 肺野透過性亢進 はいやとうかせいこうしん 肺が正常よりも黒く見えることをいいます。 肺気腫など肺内の空気量が増えた場合に見られます。 経過観察あるいは精密検査です。 びまん性網状影 びまんせいもうじょうえい 肺間質の肥厚によってできる網の目状に見える陰影が広範囲に拡がる所見です。 肺線維症、サルコイドーシスなどに見られます。 原因疾患によってその後の経過は異なりますが、経過観察あるいは精密検査です。 びまん性粒状影 びまんせいりゅうじょうえい 直径数ミリ以下の顆粒状の陰影が多数見られる状態です。 肺結核などで見られます。 経過観察あるいは精密検査です。 無気肺 むきはい 気管支が肺腫瘍や異物などにより閉塞し、空気の出入りがなくなったために、部分的に肺容積が縮んだ所見です。 肺容積の減少により低酸素状態になることがあります。 精密検査が必要です。 漏斗胸 ろうときょう 前胸部の肋軟骨が、一時期ほかの肋骨や胸骨などよりも早く成長するために、肋骨と肋軟骨との間にアンバランスが生じ、その結果として、両方から押されるために真ん中の胸骨が陥凹している状態。 状態にもよりますが、内臓を圧迫していて症状がある場合は手術治療を行います。 必ず医療機関の方針に従ってください。 肺の換気機能レベルを見る 肺活量などで肺の換気機能を調べます。 %肺活量 年齢、性別、身長から算出される予測肺活量に対しての実測肺活量の比率 、1秒率 思い切り息を吸い込んで最速で一気に吐き出したときの最初の1秒間に吐き出す能力 などの結果から、呼吸器系疾患の有無や程度がわかります。 %肺活量が低いと疑われる病気 間質性肺炎、肺線維症など肺組織が固くなる病気 1秒率の検査値が低いと疑われる病気 慢性気管支炎、気管支喘息など空気の通りが悪くなる病気 <利用上の注意> 基準範囲は、検査機関・検査方法によって異なる場合があります。 ここでは、日本人間ドック学会が定めた基準範囲を中心に紹介しています。 なお、健診結果を理解し生活習慣の改善にお役立ていただくための参考値として基準範囲等を掲載しております。 そのため、生命保険のお申し込みの際、当サイトに掲載している基準範囲内であっても条件付にて保険契約を お引き受けする場合や保険契約のお引き受けができない場合がございます。 あらかじめ、ご了承ください。

次の

店舗情報 美瑛本店 | JAびえい美瑛選果

せい えい じゃ しゅ

女性の生殖(せいしょく)に直接関与する臓器を、女性性器といいます。 女性性器には、体表に現われている外性器(がいせいき)と、体内にかくれている内性器(ないせいき)とがあります。 女性の外性器()は外陰(がいいん)とも呼ばれ、恥骨(ちこつ)の上部から会陰(えいん)に至る部位で、恥丘(ちきゅう)、大陰唇(だいいんしん)、小陰唇(しょういんしん)、陰核(いんかく)、腟前庭(ちつぜんてい)および会陰からなります。 皮脂腺(ひしせん)、汗腺(かんせん)に富みますが、陰毛は恥丘に比べて少なく、男性器の陰嚢(いんのう)に相当します。 男性の陰茎(いんけい)部尿道に相当します。 女性器のなかでもっとも敏感で、性的に興奮すると勃起(ぼっき)します。 外尿道口(がいにょうどうこう) 陰核と腟入り口の間にある小さな孔(あな)で、尿道の左右両側にはスキーン腺(副尿道ともいいます)という分泌腺(ぶんぴつせん)が開口しています。 女性の尿道は男性に比べて短く、つねに湿っている腟前庭に開口しているために、膀胱炎(ぼうこうえん)をおこしやすくなっています。 腟口(ちつこう) 腟前庭の後方にあり、すぐ内側には、処女膜(しょじょまく)という薄い膜があります。 処女膜の中央には、小指を挿入できる程度の孔があり、そこから月経血(げっけいけつ)やおりものが出てきます。 またタンポンの使用、激しい運動、性交などにより処女膜は裂け、出血をともなうこともあります。 大前庭腺(だいぜんていせん)(バルトリン腺) 腟口の両側にあるえんどう豆大の分泌腺で、性的に興奮すると粘液を分泌します。 外部からの化膿菌(かのうきん)などの侵入により、バルトリン腺炎(せんえん)(「」)をおこすことがあります。 そのほか、前述のバルトリン腺炎や、性感染症の1つである性器ヘルペス(「」)などの病気もおこります。 内性器は外から見えない性器で、腟 ・子宮・卵管(らんかん)・卵巣(らんそう)からなります(、)。 後上方にのびた管の先端は子宮につながっています。 腟粘膜(ちつねんまく)には、平らで滑らかなひだが横に走っていて、伸縮性があり、出産時には胎児が通る通路になります。 正常な腟内には、デーデルライン桿菌(かんきん)が常在し、乳酸を産出するために、腟内は高い酸度(pH3. 8~4. 0)に保たれ、病原微生物の感染を防いでいます(腟の自浄作用)。 大きさは鶏卵大で、扁平(へんぺい)な西洋ナシのような形をし、腟の上端と接続している子宮頸部(しきゅうけいぶ)と、その奥の子宮体部(しきゅうたいぶ)に分けられ、内側は子宮内膜(しきゅうないまく)という粘膜でおおわれています。 この子宮内膜は、思春期になると厚さを増し、月経周期の開始とともに、周期性変化がみられるようになります。 女性ホルモンの影響で、子宮内膜は妊娠に備えて厚くなりますが、妊娠しないとはがれて、出血をともない体外に排出されます。 これが月経(げっけい)です。 子宮頸部(しきゅうけいぶ) 腟内に突き出た部分を子宮腟部(しきゅうちつぶ)といい、腟の奥に指を入れると、触れることができます。 子宮腟部には子宮口(しきゅうこう)が開いていますが、ふだんは小さく、指やタンポンを入れることはできません。 しかし、出産の際には、腟とともに産道(さんどう)となり、陣痛(じんつう)により子宮口が大きく開きます。 子宮体部(しきゅうたいぶ) 子宮の上3分の2のふくらんだ部分で、内側に子宮腔(しきゅうくう)、子宮腔をおおう子宮内膜、そして子宮内膜の外側にはよく発達した子宮筋層(しきゅうきんそう)があり、この子宮筋層で子宮壁の大部分を構成しています。 妊娠すると子宮体部は容積を増し、胎児は子宮腔で成長します。 卵管の一方は子宮腔、もう一方は卵巣に接し、腹腔内(ふくくうない)に口を開いた部位は、花びらのようにひろがっていて、卵管采(らんかんさい)()と呼ばれます。 排卵によって卵巣から出た卵子(らんし)は、卵管采でとらえられ、卵管内を子宮にむかって移動し、卵管の膨大部に達します。 このとき、腟内から子宮内にのぼってきた精子と卵子が出会うと、受精がおこります。 ホルモンの影響を受けて、卵胞は成熟して月に1度排卵し、卵子が排出されます。 また、悪性腫瘍では、卵巣(らんそう)がん(「」)が発生します。 子宮内で発育する受精卵は、初め未分化の状態にありますが、胎生(たいせい)の第3週から第8週にあたる胚子期(はいしき)に、性の分化が始まります。 その遺伝的な性(性染色体の組み合わせによる性)は受精時にすでに決定されており、この時期には、生殖腺(せいしょくせん)、生殖管(せいしょくかん)系の分化が進行するのです。 そして原始生殖細胞は、胎生第6週に生殖堤に入ります。 活発な細胞増殖をくり返すこの時期の生殖腺を、未分化生殖腺(みぶんかせいしょくせん)といいます()。 Y染色体のない遺伝的女性胚子では、これらの部位は卵巣の髄質(ずいしつ)に位置し、後にここは卵巣髄質(らんそうずいしつ)と呼ばれる組織にかわります。 さらに生殖索は、皮質索(ひしつさく)となり生殖腺の表層近くにとどまり、やがてその中に原始生殖細胞を囲む細胞塊となり、生殖腺の表層にとどまります。 引き続き分裂をくり返し、生殖細胞は卵祖細胞(らんそさいぼう)に、表面上皮(じょうひ)は卵胞細胞(らんぽうさいぼう)になります。 癒合した部位からは幅広くヒダが形成され、後に子宮広間膜(しきゅうこうかんまく)となります。 そして、中腎傍管の尾側端より洞腟球(どうちつきゅう)の組織が増殖し、後の腟壁(ちつへき)を形成します。 このころ、さらに生殖隆起(せいしょくりゅうき)が排泄腔ヒダの両側に現われてきます。 生殖結節は陰核(いんかく)を形成し、排泄腔ヒダの一部より小陰唇(しょういんしん)、生殖隆起より大陰唇(だいいんしん)が形成されます。 出典 家庭医学館について.

次の