インスタ 足跡 つけない。 インスタストーリーを足跡つけないでスマホ閲覧

インスタライブで足跡をつけない方法(参加しましたを非表示)|アプリ村

インスタ 足跡 つけない

ストーリーは基本的に足跡がつく 人によっては、こっそり相手のストーリーを見たいので足跡をつけない方法を考えているかもしれません。 ですが、 インスタグラムで、ストーリーに足跡をつけずに読むことは不可能です。 ストーリーではどのように足跡がついているか、下記画像を参考下さい。 ストーリーを閲覧すると、自分の画面左下に既読人数とアイコンが表示されます。 ストーリーのページにアクセスした段階で足跡が残るため、基本的には足跡はついてしまうものだと割り切りましょう。 ストーリーの足跡は24時間で消える ストーリーに足跡をつけた場合、もしかすると一生足跡が残ってしまうのではないかと、不安になるかもしれません。 しかし、 インスタグラムのストーリーは24時間で削除される性質です。 そのため、ストーリーの削除と同時に足跡も削除されます。 そもそも、ストーリー自体相手が軽い気持ちで投稿した内容だと思いますので、そこまで足跡をチェックしている人はいません。 それでも足跡をつけるのが嫌な方は、次に紹介する2つの方法のどちらかをお試し下さい。 ストーリーに足跡をつけず閲覧する2つの方法 サブアカウントを作成して閲覧する どうしてもストーリーを自分だとバレずに閲覧したい人、 ストーリー閲覧用のサブアカウントを作ることをおすすめします。 幸いなことに、インスタグラムの公式アプリには「 マルチログイン機能」が備わっているので、アプリ内で複数のインスタグラムアカウントを管理することが出来ます。 アカウントの切り替えも、一度アカウントを登録しておけばワンタッチで切替可能です。 サブアカウントを作るには一度ログアウトする必要もなく、オプション画面のアカウントを追加をタップすると、アカウントの作成をすることが可能になっています。 サブアカウントを作っておくとストーリーの閲覧だけでなく、インスタグラムで新しい機能が追加された場合、試しにサブアカウントで使ってみるなど、定期的に役立つ場面が多いので作っておいて損はありません。 サブ垢なので、他人にバレることはない• 新機能を裏で試すことが出来る• 本垢では書けない事をサブアカウントで書ける iPhoneアプリ「Repost Story for Instagram」を使う iPhoneやiPadで使える「Repost Story for Instagram」というアプリを利用してストーリーを見ると、足跡はつきません。 使い方をザックリと紹介します。 2自身のInstagramアカウントでログイン。 3Repost画面が表示されます。 その中にストーリーの項目があるので、自分が見たい投稿者のアイコンをタップ。 4足跡がついている場合、画面左下に閲覧者のアカウントのアイコンが表示されます。 しかし、「Repost Story for Instagram」から閲覧しているので、足跡はついていません。 ストーリーの足跡を今すぐ消す方法 インスタグラムのストーリーを見たときの足跡を消す方法は存在しません。 ですが、ストーリーは24時間で消えてしまうので、それ以降は相手に足跡を確認する方法は存在しません。 それでも24時間以内に足跡をつけたことがバレたくない場合は、 自分のプロフィールを変更して、足跡をつけたことをバレないようにしましょう。 つまり、今自分の持っているアカウントを相手に知らせないようにすれば良いので、別ユーザーとして相手に情報を見せれば良いです。 その場合、一度フォロワー解除する必要があります。 ブロック後にすぐブロックを解除すれば、相手に通知がいくことなくフォロワーの解除が可能です。 プロフィールを変更する場合、「 ユーザ名」「 名前」「 プロフィール写真」の3つは最低限書き換えておきましょう。 場合によっては自己紹介も変更しておくと、相手にバレにくくなります。 あとは相手のストーリーが消える24時間以内に、投稿や誰かへのアクションを起こさない限りは、パッと見誰のアカウントがわからなくなります。 24時間以上経ちましたら、元のアカウント情報に戻してあげましょう。 もし足跡をつけたくなかった相手がフォロワーだった場合、再度フォローする必要がありますので注意してください。 足跡を消す方法ではないですが、足跡を偽装すればバレる確率も減ります。 今すぐ足跡を消したい方は試して下さい。 ストーリーの足跡を確認する方法 足跡の順番については実際の所インスタグラムの運営者しかわからない部分なので、参考程度に。 ストーリーの再生回数は一人一回?見た回数だけ増える? ストーリーを何回も見てるのは、ちょっと恥ずかしいと思う人もいるかもしれません。 それが好きな人だったり、アンチだったりしたら、何回も相手に見てると思われるのは、自分の気持ちが相手にバレるのではないかとなんとなく不安。 ですが、 ストーリーを何回も見たところで、相手に回数がバレるわけではありません。 10回、20回見ても相手からは1回分としかカウントされないように、ストーリーの視聴回数機能は設計されています。 ただし、特定のストーリーを何度も見ると関心度が深くなるので、一番上に足跡がついてしまう可能性もあります。 鍵垢でストーリーを閲覧した場合どうなる? 鍵垢でこっそりストーリーを閲覧しようとしても、足跡はしっかりと残ってしまいます。 ストーリーを見た回数は相手にバレる? バレません。 足跡一覧に自分のユーザIDは残りますが、回数をカウントする機能は存在しません。 ですので、10回、100回と何回見てもOKです。 まとめ ここまで、インスタグラムストーリーの足跡機能について徹底解説してきました。

次の

【2018新着】インスタストーリーを足跡をつけないで見れる方法!バレないアプリの紹介

インスタ 足跡 つけない

ストーリーは基本的に足跡がつく 人によっては、こっそり相手のストーリーを見たいので足跡をつけない方法を考えているかもしれません。 ですが、 インスタグラムで、ストーリーに足跡をつけずに読むことは不可能です。 ストーリーではどのように足跡がついているか、下記画像を参考下さい。 ストーリーを閲覧すると、自分の画面左下に既読人数とアイコンが表示されます。 ストーリーのページにアクセスした段階で足跡が残るため、基本的には足跡はついてしまうものだと割り切りましょう。 ストーリーの足跡は24時間で消える ストーリーに足跡をつけた場合、もしかすると一生足跡が残ってしまうのではないかと、不安になるかもしれません。 しかし、 インスタグラムのストーリーは24時間で削除される性質です。 そのため、ストーリーの削除と同時に足跡も削除されます。 そもそも、ストーリー自体相手が軽い気持ちで投稿した内容だと思いますので、そこまで足跡をチェックしている人はいません。 それでも足跡をつけるのが嫌な方は、次に紹介する2つの方法のどちらかをお試し下さい。 ストーリーに足跡をつけず閲覧する2つの方法 サブアカウントを作成して閲覧する どうしてもストーリーを自分だとバレずに閲覧したい人、 ストーリー閲覧用のサブアカウントを作ることをおすすめします。 幸いなことに、インスタグラムの公式アプリには「 マルチログイン機能」が備わっているので、アプリ内で複数のインスタグラムアカウントを管理することが出来ます。 アカウントの切り替えも、一度アカウントを登録しておけばワンタッチで切替可能です。 サブアカウントを作るには一度ログアウトする必要もなく、オプション画面のアカウントを追加をタップすると、アカウントの作成をすることが可能になっています。 サブアカウントを作っておくとストーリーの閲覧だけでなく、インスタグラムで新しい機能が追加された場合、試しにサブアカウントで使ってみるなど、定期的に役立つ場面が多いので作っておいて損はありません。 サブ垢なので、他人にバレることはない• 新機能を裏で試すことが出来る• 本垢では書けない事をサブアカウントで書ける iPhoneアプリ「Repost Story for Instagram」を使う iPhoneやiPadで使える「Repost Story for Instagram」というアプリを利用してストーリーを見ると、足跡はつきません。 使い方をザックリと紹介します。 2自身のInstagramアカウントでログイン。 3Repost画面が表示されます。 その中にストーリーの項目があるので、自分が見たい投稿者のアイコンをタップ。 4足跡がついている場合、画面左下に閲覧者のアカウントのアイコンが表示されます。 しかし、「Repost Story for Instagram」から閲覧しているので、足跡はついていません。 ストーリーの足跡を今すぐ消す方法 インスタグラムのストーリーを見たときの足跡を消す方法は存在しません。 ですが、ストーリーは24時間で消えてしまうので、それ以降は相手に足跡を確認する方法は存在しません。 それでも24時間以内に足跡をつけたことがバレたくない場合は、 自分のプロフィールを変更して、足跡をつけたことをバレないようにしましょう。 つまり、今自分の持っているアカウントを相手に知らせないようにすれば良いので、別ユーザーとして相手に情報を見せれば良いです。 その場合、一度フォロワー解除する必要があります。 ブロック後にすぐブロックを解除すれば、相手に通知がいくことなくフォロワーの解除が可能です。 プロフィールを変更する場合、「 ユーザ名」「 名前」「 プロフィール写真」の3つは最低限書き換えておきましょう。 場合によっては自己紹介も変更しておくと、相手にバレにくくなります。 あとは相手のストーリーが消える24時間以内に、投稿や誰かへのアクションを起こさない限りは、パッと見誰のアカウントがわからなくなります。 24時間以上経ちましたら、元のアカウント情報に戻してあげましょう。 もし足跡をつけたくなかった相手がフォロワーだった場合、再度フォローする必要がありますので注意してください。 足跡を消す方法ではないですが、足跡を偽装すればバレる確率も減ります。 今すぐ足跡を消したい方は試して下さい。 ストーリーの足跡を確認する方法 足跡の順番については実際の所インスタグラムの運営者しかわからない部分なので、参考程度に。 ストーリーの再生回数は一人一回?見た回数だけ増える? ストーリーを何回も見てるのは、ちょっと恥ずかしいと思う人もいるかもしれません。 それが好きな人だったり、アンチだったりしたら、何回も相手に見てると思われるのは、自分の気持ちが相手にバレるのではないかとなんとなく不安。 ですが、 ストーリーを何回も見たところで、相手に回数がバレるわけではありません。 10回、20回見ても相手からは1回分としかカウントされないように、ストーリーの視聴回数機能は設計されています。 ただし、特定のストーリーを何度も見ると関心度が深くなるので、一番上に足跡がついてしまう可能性もあります。 鍵垢でストーリーを閲覧した場合どうなる? 鍵垢でこっそりストーリーを閲覧しようとしても、足跡はしっかりと残ってしまいます。 ストーリーを見た回数は相手にバレる? バレません。 足跡一覧に自分のユーザIDは残りますが、回数をカウントする機能は存在しません。 ですので、10回、100回と何回見てもOKです。 まとめ ここまで、インスタグラムストーリーの足跡機能について徹底解説してきました。

次の

【インスタ】この投稿は足跡が残る?残らない?インスタ足跡機能まとめ

インスタ 足跡 つけない

インスタグラムの足跡とは? 一般的にSNSの足跡とは、相手の投稿・プロフィールなどを閲覧した際、記録や履歴が残る機能を意味します。 インスタグラムには正式な足跡機能がありませんが、閲覧したユーザーが分かるケースもあります。 「こっそり閲覧しているのがバレたくない…」「足跡が付いていないか不安」な方は、注意が必要です。 ただ全ての行動に足跡が付くわけではないので、足跡が残る機能を避けたり、足跡をつけない方法を利用しましょう。 インスタグラムで足跡が残る7つのケース インスタグラムで下記7つの行動をした場合、足跡が残ってしまいます。 ストーリーを閲覧する• DM(ダイレクトメッセージ)を閲覧する• インスタライブを視聴する• 投稿にいいね・コメントする• 自分の投稿・ストーリーにタグ付け・メンションする• 相手をフォローする• アクティビティステータス 7つのケースについて、下記で詳しく紹介します。 ストーリーを閲覧する 日常の写真・動画などをシェアすると、ホーム画面の上部に投稿されるストーリー。 24時間経過すれば自動で削除されるため、周りの目を気にせず気軽に投稿でき、通常の投稿よりも利用者が多いです。 ストーリーはよりリアルタイムな内容が投稿されるので、フォロー外ユーザーのストーリーをチェックする方も多いでしょう。 しかしストーリーには、閲覧ユーザーが分かる機能が搭載されているので、足跡が残ってしまいます。 ストーリーの下部に、閲覧者のプロフィールや閲覧数がリストで表示されます。 閲覧回数・閲覧時間などは表示されませんが、フォロー外のアカウントがリストに表示されていると、「何で見ているの?」と不審に思われるケースも。 ちなみに24時間で削除されるストーリーを、プロフィール画面上に保存してずっと公開できる「ハイライト」もあります。 ハイライトの場合、閲覧人数しか表示されないため足跡は残りません。 ただしストーリー投稿後、24時間以内にハイライトに追加された場合、ハイライトを閲覧したとしてもストーリーに足跡が残ります。 ハイライトは左から新着順に追加されていくので、右側から見るのをおすすめします。 DM(ダイレクトメッセージ)を閲覧する インスタグラム上で、メッセージを送受信できるDM(ダイレクトメッセージ)。 DMには足跡機能がありませんが、「既読機能」があります。 相手がDMを開いた時に既読が付くので、足跡・閲覧履歴が分かります。 インスタグラムのDMには、既読のオン・オフ設定がありません。 またDM上で、特定の相手のみ閲覧できる写真・動画を送信できます。 相手が閲覧すると自動で消滅し、見た後は「開封済み(既読)」と表示されます。 なおDM上の消える写真・動画を、スクリーンショットで保存した場合も相手にバレてしまいます。 「スクリーンショット撮影済み」と表示されたり、フラッシュマークが付きます。 また「写真」を長押しして詳細を押すと、開封時間・スクショの撮影時間まで、細かく相手にわかってしまいます。 相手がインスタグラムのDMの通知をオンにしていると、「スクリーンショットを撮影しました」とプッシュ通知が届くケースも。 DMに送られた写真・動画のスクショは、時間も含めてかなり細かく分かってしまうので注意しましょう。 なお通常の投稿・ストーリー・ハイライトは、スクショしても通知は届きません。 インスタライブを視聴する リアルタイムで配信者・視聴者と交流できるインスタライブ。 公開ユーザーのインスタライブは誰でも視聴できますが、自分が視聴を始めたことが相手に分かってしまいます。 コメント欄に「〜さんが視聴しました」と表示されるので、配信者だけでなく視聴者にも分かります。 また配信者限定で、リアルタイムの視聴者も確認できます。 一方でインスタライブを24時間限定で保存・公開できるアーカイブでは、足跡を確認できません。 確認できるのは、閲覧数のみです。 投稿へのコメント・いいね 通常の投稿を閲覧するだけでは、足跡は残りません。 ただし相手の投稿に誤っていいね・コメントすると、通知が届くので足跡が残ってしまいます。 すぐに削除した場合も、通知欄には残ったままです。 なお投稿された写真をダブルタップすると、いいねが付くので注意しましょう。 自分の投稿・ストーリーにタグ付け・メンションする タグ付け・メンションとは、自分の投稿・ストーリーで、相手のユーザーIDを掲載して投稿することです。 投稿・ストーリーで「@〜(インスタグラムのユーザーID)」を付けると、相手に通知が届いてしまいます。 投稿でタグ付けするとアクティビティに、ストーリーでメンションするとDMに通知されます。 タグ付け・メンションをすると、相手に通知が届くので、足跡のように履歴が残ってしまいます。 相手をフォローする 相手をフォローすると、アクティビティに「〜があなたをフォローしました」と表示されます。 どれくらい前にフォローしたか、時間まで分かります。 とはいえフォローを解除すると、アクティビティも非表示になるので、誤ってフォローした時はすぐに解除しましょう。 アクティビティステータス アクティビティステータスとは、インスタグラムへのログインが分かる機能です。 DM欄を確認すると、各ユーザーのオンライン状況を確認できます。 「オンライン中」「〜前にログイン」など、細かなログイン時間が分かります。 足跡とは少し異なりますが、インスタグラムを利用しているか動画を把握可能です。 もしもアクティビティステータスをオフに設定したい場合、下記の手順で行いましょう。 インスタグラムのメニューバーをクリック 2. 「設定」をクリック 3. 「プライバシー設定」をクリック 4. 「アクティビティのステータス」をクリック 5. 「アクティビティのステータスを表示」をオフ アクティビティステータスは、相手にプライバシー情報が細かく分かってしまうので、オフを推奨します。 インスタグラムで足跡をつけないで利用できる5つのケース 次にインスタグラムで足跡をつけないで利用できるケースを、5つ紹介します。 アカウントの検索・プロフィールの閲覧• 通常の写真・動画の閲覧• 投稿やストーリーの保存・スクリーンショット・録画• 投稿・ストーリーのシェア• IGTVの閲覧 アカウントの検索・プロフィールの閲覧 インスタグラムの検索画面では、ハッシュタグ検索・アカウント検索ができます。 フォロー外のアカウントも検索できますが、検索したことは相手にバレません。 また相手のプロフィールを見た際も、通知・閲覧履歴など足跡は残りません。 ちなみに「相手のプロフィールに訪れると、おすすめユーザーとして表示される」といった噂もありますが、おすすめはランダム表示なので事実ではありません。 通常の写真・動画の閲覧 相手が投稿した写真・動画を閲覧するだけでは、足跡は残りません。 タイムラインに流れてくる投稿はもちろん、フォロー外の相手のプロフィールに訪れて閲覧した場合でも、問題なしです。 足跡が残るのは、あくまでも相手の投稿に対して、いいね・コメントなど何かしらのアクションを起こした場合です。 ただしストーリーに関しては、閲覧しただけで足跡が残るので注意しましょう。 投稿やストーリーの保存・スクリーンショット・録画 「相手の投稿をバレずに保存したい」時は、インスタグラムの保存機能を利用しましょう。 投稿の右横に「保存ボタン」があるので、クリックすればOKです。 保存ボタンを押しても、相手に通知が行ったり、足跡をつけない状態で利用できます。 保存した画像は、メニューバーの「保存済み」から閲覧できます。 「どうしても保存するのが不安…」な時は、スマホのスクリーンショット・画面録画機能を利用しましょう。 インスタグラムではなく、スマホに搭載された機能を活用すれば、インスタグラムのデータには影響を与えません。 ただしDMに送られた写真をスクショすると、通知が届くのでNGです。 投稿・ストーリーのシェア インスタグラムの投稿は、LINEやTwitterなど他のSNSにもシェアできます。 投稿・ストーリーズのURLをコピーしてシェアしますが、相手にバレる心配はありません。 また投稿・ストーリーズをDMに送信した場合も、相手に通知は届きません。 IGTVの閲覧 インスタグラムには、最大60分の動画を投稿できるIGTV(InstagramTV)があります。 ストーリーと似ていますが、IGTVには閲覧リストがないので、足跡は残りません。 ただしIGTVをいいね・コメントした場合、相手に通知が届きます。 足跡を残したくない場合、閲覧のみに留めましょう。 インスタグラムの足跡は削除できる? 上記で紹介しように、インスタグラムのストーリー・ライブ配信を閲覧したり、投稿にアクションを起こすと、足跡が残ってしまいます。 しかし一度付いた足跡は、基本的には削除できません。 唯一の削除方法として、アカウントの削除が上げられますが、全データが消えてしまいます。 特にインスタグラムのアカウントは、一度削除すると復元できないので、注意しましょう。 ストーリー・ライブ配信は、24時間で足跡が消えるので、時間が経つのを待つしかありません。 とはいえDM・投稿などの足跡は残ってしまうので、足跡を残したくない場合、閲覧自体を控えるのが良いでしょう。 インスタグラムで足跡をつけないでに閲覧する方法 インスタグラムには足跡機能があり、一度付いた足跡は基本的には消せません。 そこで足跡をつけない下記2つの方法を、試してみてください。 WEB版インスタグラムでログインせずに閲覧する• 別アカウントを作成して閲覧する 2つの方法について、詳しく紹介しましょう。 WEB版インスタグラムでログインせずに閲覧する インスタグラムにはアプリ版意外に、WEBブラウザ版が用意されています。 WEB版インスタグラムはログイン不要で利用できるので、足跡をつけないで利用できます。 WEB版インスタグラムで閲覧する方法は、下記の通りです。 アプリ版インスタグラムのメニューバーをクリック 2. 「プロフィールURLをコピー」をクリック 3. SafariやChromeなどにペーストして開く WEB版インスタグラムには検索窓がないので、見たいページをアプリからコピーする必要があります。 コピー&ペースト完了後は、ログインなしで投稿を閲覧できます。 万が一間違えていいね・コメントしても、反応しないので安心です。 ただし機能に制限があり、ストーリー・ハイライトは閲覧できないので注意しましょう。 別アカウントを作成して閲覧する 「自分が見ているのをバレたくない」時は、別アカウントを作成しましょう。 インスタグラムでは複数アカウントの所持が認められているので、閲覧用のアカウントを作成してもOKです。 インスタグラムの別アカウントを作成する手順は、下記の通りです。 インスタグラムのメニューバーから「設定」をクリック• 「アカウントを追加」をクリック• 「新しいアカウントを作成」をクリック あとはアカウントを作成した時と同様に、ユーザー名。 ログイン情報などを入力すればOKです。 なお新規アカウントと既存アカウントは連携できますが、バレるリスクを考慮し、新しいメールアドレスで作成するのがおすすめです。 さらにバレるリスクを軽減したい時は、非公開設定(鍵アカウント)しましょう。 アカウントを非公開にする手順は、下記の通りです。 インスタグラムのメニューバーから「設定」をクリック 2. 「プライバシー」をクリック 3. 「アカウントのプライバシー設定」をクリック 4. 「非公開アカウント」をオン 万が一相手が自分のプロフィールに訪れた場合でも、中身を見られる心配はありません。 ただし怪しすぎるとブロックされるケースもあるので、投稿・フォロワーを増やしてある程度信頼性のあるアカウントに育てるのが良いでしょう。 インスタグラムの足跡確認アプリは?足跡の確認方法 インスタグラムには一部の内容に足跡機能がありますが、限定的です。 そこで「連携アプリを使って足跡を確認したい」と考える方も、いるのではないでしょうか? 結論からいうと、インスタグラムの足跡を確認できるアプリはありません。 そのためインスタグラムで足跡を確認したい場合、インスタグラム内の機能を利用しましょう。 ストーリー・インスタライブ・投稿・DMの4つで足跡を確認する方法を紹介します。 インスタグラムのストーリーの足跡の確認方法 1. インスタグラムで投稿したストーリーを開く 2. 下部にある「〜人が視聴」をクリック 3. リストで詳細を確認 インスタグラムのストーリーでは、誰が閲覧したか、足跡を確認できます。 リストで表示されるので、24時間以内に閲覧した人全てが表示されます。 インスタライブの足跡の確認方法 インスタライブで確認できる足跡は、「リアルタイムユーザー」「参加した人」「配信中に訪れた人まとめ」の3つです。 リアルタイムユーザー:インスタライブ中の「視聴者数マーク(目のアイコン)」をクリック• 参加した人:コメント欄で「〜が参加しました」をチェック• 配信中に訪れた人まとめ:配信終了時に表示される「閲覧者」をチェック 配信中は、視聴者マークから現在視聴中の人をチェックしたり、コメント欄から参加してきた人を確認しましょう。 また配信終了時、自分の配信を見に来た人が最大24人まで表示されるので、足跡を確認できます。 インスタグラムの投稿への足跡の確認方法 インスタグラムの投稿の足跡は、いいね・コメントした人を確認できます。 いいねの確認:「〜がいいねしました」をクリック• コメントの確認:「コメント〜件を表示」をクリック それぞれリストが表示されるので、いいね・コメントした人の全てを確認できます。 自分の投稿だけでなく、他社の投稿もチェックできるのがポイントです。 ただしいいね・コメントせず、ただ閲覧した人を把握することはできません。 インスタグラムのDMの足跡の確認方法 インスタグラムのDMは、既読が付いたかどうかで足跡を確認できます。 インスタグラムのDMを開く• メッセージ下部にある「既読」をチェック 既読が付いていれば、相手が閲覧した証拠です。 ただしフォロー外のユーザーにDMを送信した場合、リクエスト許可されない限り、閲覧しても既読は付きません。 まとめ インスタグラムには、一部の内容に足跡機能があります。 特にストーリー・インスタライブを閲覧したり、投稿にコメント・いいねすると足跡が残ってしまいます。 足跡が残ると原則消せないので、WEBブラウザ版や別アカウントで閲覧しましょう。 なおインスタグラムの足跡を確認できるアプリはないので、インスタグラム内で確認してください。 足跡が残る・つけないで利用できるパターンや、確認方法を画像付きで紹介したので、ぜひ参考にしてみてください! Instagramの関連記事.

次の