筋トレサプリ おすすめ。 筋トレサプリメントランキング!筋肥大効果があるのは?

筋トレサプリの優先順位とおすすめランキング!プロテイン・BCAA・HMBの違いを徹底解説

筋トレサプリ おすすめ

筋トレのサプリメントのおすすめを15選紹介していきます。 トレーニングに役立つ栄養や効果を理解して、上手にサプリメントを活用していきましょう。 筋トレの成果を出すために、必要な栄養素は何かご存じですか?「タンパク質」とだけ答えた方、もしかすると、栄養面が筋トレの足を引っ張っているかもしれません! 「筋トレ+たんぱく質」は最強コンビと思われがちですが、筋トレの成果を確実に出すには不十分とも言えます。 筋トレの成果を出すには、タンパク質以外にも必要な栄養素がたくさんあります。 とはいえ、毎日の食事だけで完璧に補うのは難しいもの。 そこでおすすめしたいのが、サプリメントです! サプリメントは、アスリートだけが摂取するものではなく、今では、筋トレをする方であれば、上級者、初心者問わず多くの方が取り入れているのです。 「筋トレしているのに、イマイチ体が変わらない・・」とお悩みの方。 トレーニング方法よりもまず、栄養面を一度見直してみましょう。 みるみるうちに肉体改造が確認できるようになるかもしれませんよ! 今回は、 筋トレにおすすめのサプリメントを15個ご紹介します。 目次|CONTENTS• ホエイプロテイン(筋トレのサプリメント定番!) 筋トレ後は、筋肉の材料となるタンパク質を不足なく摂取する事が必須です。 しかし毎日、通常の食事から摂取するのは難しいものですね。 そこで、効率よくタンパク質を摂取できるホエイプロテインがおすすめです。 ホエイプロテインは、適切なタイミングで、必要量をビタミンと併せて摂取すれば、筋肉を成長させる効果が期待できます。 特に数あるプロテインの中でも、ホエイプロテインはタンパク質含有率が高く、素早く吸収されるという特徴があり、トレーニング直前やトレーニング直後、他にもすぐにタンパク質が必要といった際には特におすすめ。 カゼインプロテインは、ホエイプロテインに比べてゆるやかに吸収されて、その分血中へのアミノ酸供給がゆっくりと行われるため、長時間に渡ってタンパク質を補充したい時におすすめ。 ホエイプロテインが1~2時間で吸収されるのに比べ、カゼインが完全に分解されるまでにはおよそ6~7時間もかかるのが特徴的。 そのため、運動直後ではなく、長時間の間タンパク質の補給ができない就寝の前に摂取したり、食事を摂れない場合などに筋肉を分解しないために摂取するのがおすすめ。 ただ、多くのホエイプロテインパウダーに比べて、多少なりとも水に溶けにくいことが多いので、慣れるまでは少し飲みにくいと感じることも多いかも。 ソイプロテイン ソイプロテインは大豆のタンパク質を原料としたプロテインパウダー。 そのため、特に完全に動物性の食べ物を口にできないヴィーガンといった人には利用してみる価値があるかも。 また、植物性タンパク質の中でも、数少ない完全タンパク質(人間が筋肉を作るために外部から摂取する必要がある必須アミノ酸を、全て必要量含んだタンパク質)でもあるため、その他の植物性タンパク質を比較しても、筋肉を作るためには効果が高いと言えるプロテイン。 ただし、ソイプロテインに関しては、大豆タンパク質に含まれるイソフラボンが女性ホルモンのような働きを持っているともされ、長期的にソイプロテインを大量に飲み続けた場合の影響については、まだ確実なことが分かっておらず不安視されることもあるのが多少ネック。 基本的にはホエイやカゼインといったプロテインが利用できない状況下において、たまに代替として利用するといった使い方が良いかと思います。 ピープロテイン ピープロテインは、これまた植物性のタンパク質を原料としたプロテインパウンダーで、その原料はエンドウ豆。 このピープロテインは、完全タンパク質とも不完全タンパク質とも言われることがあるプロテインで、必須アミノ酸は全て含んでいるけど、一部の必須アミノ酸は量が少ないといった点が多少ネック。 ただし、ソイプロテインのような不安はなく、さらに筋肉の成長において大切なBCAA(分岐鎖アミノ酸)の含有量が植物性タンパク質としては比較的多いのもメリットなところ。 多少独特な風味があるので、当初は違和感があるかもしれませんが、ソイプロテインの代わりの植物性のタンパク質源としておすすめ。 BCAA(重要な筋トレのサプリメント) プロテインに次いで、欠かせないサプリメントはこのBCAAかも。 BCAAとは必須アミノ酸の、バリン・ロイシン・イソロイシンの総称。 アミノ酸は筋肉を生成する際に必須な栄養素ですが、この必須アミノ酸であるBCAAは体内で合成されないため、外から補う必要があります。 BCAAは筋肉合成の他、筋肉痛の防止や筋トレ時の集中力アップの効果が期待できるといった効果もあったり。 さらに、BCAAは筋トレ前に飲むと筋肉分解抑制の効果、筋トレ中に飲むとエネルギー補給と筋肉分解抑制、そして筋トレ後に飲むと筋肉合成というように、活用方法が多いという特徴があります。 含まれる栄養素はBCAAで、基本的に苦めのものが多いですが、飲みやすく味付けされたものも販売されています。 グルタミン BCAAと同じく、筋トレをする方に多く飲まれているのがグルタミン。 グルタミンの主な役割は、筋肉合成の促進ですが、その他に消化器官などのエネルギー源になるなど、体内で重要な役割を担っているため、筋トレのコンディショニングや疲労回復におすすめのサプリメントです。 グルタミンの特徴は、飲むタイミングで筋トレ前ではなく、筋トレ後や就寝前など、体のリカバリーを行うタイミングで摂取する事により、効果が発揮されます。 含まれる栄養素はグルタミン酸で、単体のものがほとんどです。 マルチビタミン&ミネラル(人気な筋トレのサプリメント!) ビタミン・ミネラルも筋トレには欠かせません。 特に、タンパク質の代謝を促進するビタミンB6は積極的にとりたい栄養素。 その他、コラーゲンの生成に関わるビタミンCもおすすめ。 さらに、カルシウムなどは、筋肉の収縮に影響を与える栄養であるため、筋トレを行う際にも影響を与える栄養素です。 各ビタミンやミネラルは、微量の摂取でそれぞれの役割を果たすため、まんべんなく摂取する事が理想的。 そのため、必要なビタミン・ミネラルが揃ったマルチビタミンがおすすめです。 含まれる栄養素はメーカーによって異なりますが、基本的にビタミンBやCなど数種のビタミンとカルシウムや鉄、亜鉛などのミネラルが含まれています。 クレアチン クレアチンは筋トレ時のエネルギー補充におすすめのサプリメントです。 クレアチンに含まれるクレアチリン酸は、無酸素運動を行う時のエネルギー代謝に使われます。 その結果、筋トレ中に、最大限に力を発揮した状態を持続するといった効果が高くなるとされ、例えば通常、ベンチプレスで100kgを7回した挙上できなかったものが、8回挙上できるようになったりといった効果があるとされます。 ただし、クレアチンの効果を引き出すためには、ローディングといった飲み方が必要になるため、筋トレ初心者というよりは、本格的に筋トレに取り組んで成果を出していきたい人向けの筋トレサプリメントであると言えるかもしれません。 フィッシュオイル フィッシュオイルは、激しいトレーニングによって起こる炎症や酸化を抑える効果があるとされるサプリメント。 筋肉の炎症や酸化が大きくすぎると、その分、筋肉の修復を遅らせてしまい、効率的な筋肉の成長が難しくなってしまう。 そのため、フィッシュオイルの摂取によって、筋肉がおったダメージを抑え、回復を早めることで、全体的な筋トレの成果を高めていくことが期待できるようになります。 また、フィッシュオイルに含まれるオメガ3脂肪酸は、筋肉の成長を促進する成長ホルモンの分泌を促すといった効果もあるため、筋肉増強をしたい人は、是非検討しておきたいサプリです。 NOブースター NOブースターは、体内の一酸化窒素(NO)を高める効果があるとされるサプリメント。 一酸化窒素は、血管を拡張して血流を活性化させるといった効果があり、それによって筋肉の活動に必要な栄養素を届けたり、また筋肉の合成を助けるテストステロンや成長ホルモンなどの巡りも良くするとされ、結果的に運動中のパフォーマンスアップや、その後の筋肉成長にもつながるとされています。 筋トレ初心者レベルであれば、そこまで必要はないと思いますが、本格的に肉体改造をしたいボディビルダーなどは、利用を検討してみると良いかもしれません。 ヴィターゴ ヴィターゴは高分子量の炭水化物でできたサプリであり、直接的に筋肉の成長に関わるというよりは、関節的に筋肉の成長につながるサプリメント。 その特徴として、摂取すると素早く胃を通過して腸まで届き、すぐに体内へ吸収されていくといった特徴があります。 炭水化物は、筋グリコーゲンと言ったエネルギー源として筋肉に貯蔵されて、筋トレ中に使われたり、他にも筋トレ後に筋肉を修復する際にも大切になってきます。 特に筋トレ直後には、可能な限り素早く吸収されるタンパク質と炭水化物を摂るのが良いため、ヴィターゴは一つの選択肢になってくるかと思います。 クエン酸 クエン酸は、体内のクエン酸サイクルを活性化させて筋肉疲労を軽減させるため、おすすめです。 体内でエネルギーとして使われたクエン酸の燃えカスは、廃物として排出されずにその後のサイクルによって再びクエン酸に戻るのが特徴です。 筋トレ時のエネルギー活性化はもちろん、疲労の回復効果も期待できます。 含まれる栄養素はクエン酸で、飲みやすく味付けされたものがほとんどです。 コンドロイチン コンドロイチンは、間接の弾力と円滑性を保つ働きにより、トレーニングによる間接への負担を軽減してくれるのでおすすめです。 関節の損傷を防ぐ事で筋トレによるケガ防止が期待できます。 また、コンドロイチンはカルシウムの代謝に関与し、丈夫な骨づくりのサポートをする特徴もあります。 栄養素はコンドロイチン&グルコサミンという形でセットになったものも多く販売されています。 CLA いくら筋肉を増やしたとしても、脂肪が減らなければ、かっこいいボディラインは手に入りません。 そこでおすすめなのが、ダイエット系のサプリメントです。 そのうちCLAは、脂肪細胞に脂肪を溜めこまない働きがあるため、脂肪燃焼促進が期待できます。 体内で、脂肪を燃焼炉に運ぶ車のような働きをする事が特徴です。 栄養素はCLA単体のものがほとんどです。 カルニチン カルニチンはCLAと併せておすすめのダイエット系サプリメントで、体内で脂肪燃焼を促進する働きがあります。 カルニチンが多ければ多いほど、脂肪燃焼のチャンスも高まるという特徴があります。 栄養素はカルニチン単体のものがほとんどです。 カルニチンとCLAの二つの働きが合わさって脂肪燃焼につながるので、常にセットで摂取する事をおすすめします。 最近話題らしい筋トレのサプリ 筋トレのサプリとしておすすめなものを10選紹介してきましたが、次に最近話題の筋トレサプリを紹介します。 以下のサプリは試した訳ではないので、どのような効果があるなどは具体的にお伝えできませんが、その効能などは公式サイトを見て確認してみてください。 筋トレの栄養や食事に関する記事は次もチェック必須!•

次の

筋トレ民におすすめのサプリは「BCAA」と「マルチビタミン」、その理由は?管理栄養士が解説

筋トレサプリ おすすめ

みなさんこんにちは! 日々理想の肉体に近づくために、肉体改造してますか!? 今回は、肉体改造を圧倒的にサポートしてくれる 『筋トレサプリメント』についての僕の考えをお伝えしていきます! 肉体改造をするためには、 『筋トレ・栄養摂取・休養』が大事です! その中でも栄養摂取は、自分に必要な栄養素を調べたり、食事や栄養の管理をしたりと結構頭を使う分野です。 特に、筋トレに効果のあるサプリメントは数多くあり、有名なものだとプロテインやBCAA、クレアチンなどがあります。 こんだけ数が多いと、「どのサプリメントがどんな効果を持っていて、どれと飲み合わせると効果が高くて、どれの優先度が高くて…もう分からんわっっっ!!」とパニックになってしまうでしょう(汗) しかし、これらをしっかり整理して、自分の栄養管理をできないと、理想の肉体を作り上げることは難しくなってしまいます。 みなさんご存知のように、 タンパク質は筋肉の分解を防ぎ、筋肉を作る材料になる栄養素です。 基本的にタンパク質は、お肉やお魚、卵、大豆などの食品からでも摂取が可能なのですが、プロテインのメリットとして、 『タンパク質を素早く吸収出来る』ということがあります。 例えば僕がプロテインを使う時は、筋トレ後30分以内はタンパク質の吸収が促進されるゴールデンタイムと言われる時間帯なのですが、この時間帯にタンパク質を素早く摂取する時に使います。 この時に、普通の食事でタンパク質を取ろうとすると、食品は固形物なので胃で消化されてから小腸に送られて、そこでやっと吸収がスタートします。 胃での消化には時間がかかるので、30分間のゴールデンタイムはあっという間に過ぎ去ってしまいます。 これに対して、プロテインの場合は液体なので、胃を通過してダイレクトに小腸へ届くことができます。 そうすることですぐに吸収がスタートします。 吸収が早いと言われるホエイプロテインの場合、プロテインの摂取から20〜40分で血中のアミノ酸濃度がMAXまで高まります。 (タンパク質は消化されるとアミノ酸に変わります。 また、クレアチンが筋肉内に蓄積されると、その濃度を薄めようと筋肉内に水分が入ってくるので、結果的に筋肉がパンプアップし、見た目も分厚い筋肉に変わります! 僕がクレアチンを使う時は、その時々によって使い方が変わるのですが、大学生の時には、柔道の試合前に『クレアチンローディング』という試合の約2週間前ほどからクレアチンを摂取し始めて、筋肉内のクレアチン濃度を徐々に高めていく方法を行っていました。 こうすることで、試合の時には筋肉内のクレアチン濃度がかなり高まっていて、筋肉の瞬発力が極限まで引き上げられたコンディションで試合をすることができました! 試合の結果は、プロフィールをご覧頂いた方はご存知だと思いますが、全国大会で優勝出来て、それまでの努力の要因が大きいとは思いますが、クレアチンも一つの要因のように感じています。 最近のクレアチンの使い方は、後でお伝えするHMBという成分とクレアチンが一緒に入っているサプリを日常的に飲んでいます。 というのも、 クレアチンとHMBは同時に摂取すると効果が上がるという実験結果があります。 HMBは、クレアチンと併用することで効果が上がります。 これは、Steven L. Nissen教授も参加した、ポーランドでの実験で判明しました。 論文は、2001年に医学誌「Nutrition」に掲載されてます。 実験では、次の4つのグループの除脂肪体重(LBM)と筋力の向上を計測しています。 ・偽薬を摂取 ・クレアチン(CR)のみ摂取 ・HMBのみ摂取 ・クレアチンとHMBを同時摂取 その結果、 クレアチンとHMBを同時摂取したグループが、最も顕著に除脂肪体重が増加し、筋力も向上しました。 HMBとクレアチンだけを、それぞれ摂取したグループも、偽薬よりポジティブな結果となりましたが、どうせなら、同時摂取するのが一番です。 HMBだけで効果を実感できない人は、クレアチンも同時摂取してみるといいでしょう。 95 USDで有料公開されているので、興味がある方は確認するといいでしょう。 html) ですので、僕は日常的にクレアチンとHMBを摂取して、トレーニングの効果を上げるようにしています。 クレアチンは肉や魚などにも含まれていますが、1日に必要なクレアチン5gを摂取するには、例えば 牛肉だと1kgも食べなければいけません。 200gステーキだと5皿分です。。。 僕がBCAAを使う時は、トレーニングの前や最中に飲んで、トレーニング時に筋肉が分解されるのを防ぐ役割で使うことが多いです。 BCAAはアミノ酸なので、タンパク質を補給すればある程度は摂取することが出来ますが、 必要量を摂取しようとしたら、通常の食事では困難です。 グルタミンは筋トレの効果アップよりも、体調管理を良くする側面の方が強いって印象があります。 僕がグルタミンを使う時は、ハードなトレーニングをすると大量を消耗してしまい、一時的に免疫力が低下して風邪を引きやすくなってしまうので、グルタミンを摂取して免疫力を高めるといった使い方をします。 グルタミンは体内でも生成可能な非必須アミノ酸で、プロテインを飲んでいたり、高タンパクな食事を心がけていれば比較的必要量の摂取が可能な成分です。 要は、筋肉をつきやすくする成分ということですね! 僕がHMBを使う時は、先ほどもお伝えしたようなクレアチンとHMBに加えてBCAAとグルタミンも一緒になっているサプリを、筋トレの前・最中・後の3回に分けて飲んでいます! 筋トレ前と最中に飲むことで筋肉の分解を抑制して、筋トレの後に飲むことで、筋肉の合成を促進させる狙いがあります! また、 HMBは通常の食事での摂取は難しい成分です。 というのも、タンパク質が消化されてアミノ酸に変化し、そのアミノ酸が消化されたものの一部がロイシンに変化して、そのロイシンが消化されたもののたった5%しかHMBにならないのです。 僕はこの工程を始めて知ったとき、「どんだけ過酷な道のりなんだよ…(汗)」って思いました(笑) しかも、効果を出すために必要なHMBの摂取量は1日に1000mg〜3000mgと厚生労働省が定めているのですが、必要量のHMBを摂取しようとすれば、プロテイン20杯以上のタンパク質を摂取しなければなりません。 プロテインを毎日20杯とか、金銭的にも胃袋的にも無理ゲーですね(笑) 筋トレサプリメントの優先順位は? 5種類の成分の効果を理解して頂いたところで、これらのサプリの中からどの成分を優先して摂取していけば良いのでしょうか? もちろん金銭的に余裕のある方は全てのサプリを摂取した方が、肉体改造の効果や効率は高まるでしょうが、ここではそれぞれの成分の役割を考えた上で、実際に全てのサプリメントを使ったことのある僕が優先順位を考えてみました! 筋トレサプリメント優先順位1位:HMB まず筋トレ用のサプリメントを何か1つだけ買うとしたら、迷わずHMBを買うべきでしょう。 先ほどもお伝えしたように、HMBは他の成分に比べて、食事での摂取が一番困難な成分です。 プロテイン20杯とか、頭おかしいですもんね(笑) いくらプロテイン大好き人間の僕でも、裸足で逃げ出しちゃいます(汗) また、HMBサプリは宣伝や広告が派手なため、『HMBには効果がない!』とか『HMBは嘘だ!』と言われてもいます。 ですが、HMBという成分自体、数々の実験結果でも明らかになっているように、効果が科学的に認められている成分なんです。 それに、TwitterやインスタグラムなどのSNSでHMBサプリを使っている人の口コミを見てみても、ほとんどの人が効果があったと投稿しています。 僕自身もHMBサプリを愛用して効果を実感していますし、僕の体験談やSNSでの口コミ、HMBの実験内容などを詳しく知って、効率的に肉体改造をしたい方はコチラの記事をご覧下さい! >> HMBサプリを飲みたい方は、僕も愛用しているのですが、HMB単体でのサプリメントではなくて、HMBと一緒に飲むと効果の高いクレアチンやBCAA、グルタミンも一緒に入っているサプリメントも販売されているので、それを飲んでおけば間違いないでしょう! 実際に僕も色々なHMBサプリを飲んで比較してみたので、もしもHMBサプリを買いたいという方はコチラのランキングをご覧下さい! 僕はランキング1位のHMBサプリを愛用しています! >> 筋トレサプリメント優先順位2位:クレアチン クレアチンもHMBほどではないですが、食事での摂取が難しい成分です。 毎日1キロの牛肉ステーキ食えって言われたら、金銭的にキツいですよね…(僕はお肉大好きなので嬉しいですが!笑) しかし、筋トレの効果を高めるためには必須な成分なので、HMBよりも優先度は劣りますが、HMBを既に摂取しているという方は、次はクレアチンを買ってみると良いと思います! 筋トレサプリメント優先順位3位:BCAA BCAAもHMBやクレアチンほどではないですが、食事での摂取が難しい成分です。 ですので、既にHMBとクレアチンを摂取しているよーという、結構意識高い素晴らしいトレーニーの方は、次はBCAAの購入を考えると良いでしょう! 筋トレサプリメント優先順位4位:プロテイン ここで、やっとプロテインの登場です! プロテインは、確かに素早くタンパク質を摂取出来るというメリットはあるのですが、トレーニング後にHMBを摂取する方が効果が高いです。 それにタンパク質自体は通常の食事からでも十分に摂取が可能なので、HMBを持っていればプロテインの必要性はかなり低くなってしまいます。 ですので通常の食事でも、タンパク質と炭水化物と脂質の量を計算して食事メニューを考え、1日に必要な各栄養素をしっかりと補給出来るように計画しています。 もしも要望がありましたら、別記事で僕の食事メニューも公開しようと思いますので、気になった方はコメントかお問い合わせから連絡して下さい! 筋トレサプリメント優先順位5位:グルタミン 一番摂取しなくても良いと考えているのはグルタミンです。 グルタミンは通常の食事をバランスよく取っていたり、プロテインを飲んでいれば、必要量は摂取出来てしまう成分です。 しかも、ここまでしっかりと栄養管理をしていれば免疫力も全然落ちませんし、僕はほとんど風邪を引きません。 ですので、この記事をここまで読んで下さった向上心の高い素晴らしいあなたは、きっと栄養管理をしっかりとして自分の身体を大切にしようという考えを持っていると思うので、体調管理用のグルタミンはおそらく不要でしょう! 筋トレサプリメントの優先順位、おすすめサプリまとめ! 以上をまとめると、筋トレサプリメントで摂取する優先順位が高い成分は、 HMB、クレアチン、BCAAの3種類です。 この中でも、 特にHMBは食事での摂取の難易度が高いです。 ですので、1種類だけ筋トレ用のサプリメントを摂取するとしたら、 『クレアチンとBCAAを含んだHMBサプリ』がベストの結論だと考えています。 先ほどご紹介した記事に書いてあるHMBサプリ比較ランキング1位・2位・3位のHMBサプリは全て、クレアチンとBCAAを含んでいるHMBサプリなので、やはりHMBサプリを購入するならこの3商品の内のどれかと言えるでしょう!! まだ筋トレ用のサプリメントを使ったことが無いという方は、サプリも使った方が絶対効率良く理想の肉体へ近づけるので、買わなきゃマジで損をしてると思います! ぜひHMBサプリを摂取して、一緒に理想の肉体を目指していきましょう! 僕が愛用しているHMBサプリの比較ランキングはコチラから! >> Daido@筋トレで愛を広めたい 【自己紹介】 みなさん、初めまして! 『全力で男らしさを追求する男達のためのWebマガジン-豪道-』管理人のDaidoです。 私は中学、高校、大学、社会人と現在進行形で 14年間以上柔道を続けていて、大学時には 全国大会で優勝することが出来ました! 現在はブラジリアン柔術の試合にも参戦し、年末の大会でも 優勝することが出来ました! しかし社会人になってからは、激務や人間関係のストレスで暴飲暴食を繰り返し 15キロも太ってしまいました。 周りの人からはデブキャラ扱いをされ、ミジメで情けなくツラい毎日でした。 そんな情けない自分から脱したいと一念発起しますが、仕事の忙しさや疲れでなかなかダイエットは上手くいきませんでした… しかし、試行錯誤をして自分でダイエット法を考えたり、筋トレグッズやサプリメントを試しながら自分に合うダイエット法を見つけ、その方法を実践したら 1ヶ月で8キロ、3ヶ月で15キロのダイエットに成功しました! 現在でもリバウンドせず、さらに筋肉質な体型に変わってきています。

次の

【HMB・EAA・BCAAなど】おすすめ筋トレサプリ人気ランキング12選

筋トレサプリ おすすめ

トレーニング以外では栄養面と休養ですね。 栄養面ではサプリの吸収速度まで理解した方がいいよ。 バルクアップをしたいマッチョは持っていないわけがないサプリです。 これもプレワークサプリです。 おすすめはです! 味が色んなのがあるのがこの商品の特徴です!僕はフルーツ味が大好き。 ちなみに飲むタイミングは筋トレの前です。 プレワークサプリメントです。 クレアチンは1発に強いサプリです。 そのため飲み方については。 クレアチンのおすすめは です。 何回もお世話になってます。 飲み過ぎはベータアラニンフラッシュを引き起こします。 おすすめは です。 めっちゃ多く入ってます。 悩んだらでしょう。 eaaとプロテインの飲むタイミングを伝授します。

次の