カイポケ 訪問 介護。 訪問介護(ホームヘルプ)の介護ソフト・介護システムなら「カイポケ」

カイポケの会員ログインはこちらから|カイポケ

カイポケ 訪問 介護

(株)エス・エム・エスは,同社が提供する介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」の訪問介護事業者向けサービス「カイポケ訪問記録(ウェブ版)」(以下「カイポケ訪問記録」)をリリースした。 「カイポケ」は,介護事業者の経営・財務安定化及び業務負荷削減をサポートし,介護事業者が目指す「理想の介護」実現を全面的に支援するサービス。 現時点で採用支援サービスや営業支援サービスなど約40の経営支援サービスを展開しており,全国約20,100事業所の介護事業所が会員となり利用している。 さらに,勤怠管理や保険請求業務など,介護以外のノンコア業務に必要以上の労力を要し,本業であるはずの利用者ケアに向き合えない介護事業者が多く存在する。 「カイポケ訪問記録」は,ICTによる訪問介護事業者の業務効率化,ノンコア業務の負担軽減を目的に,記録や転記作業の削減,リアルタイムの情報共有サービスなどで,訪問介護事業者の業務を支援している。 今回,下記のリリースにより,訪問介護事業の運営サポートをさらに強化した。 ウェブ提供によりどんなデバイスからも利用可能に ウェブ提供によりデバイスの制限がなくなり,これまで以上に多くの人に利用してもらうことが可能となった。 ヘルパーのサービス提供状況の遠隔確認がより簡単に 単独で訪問先に行くため直接勤務状況を確認するのが難しいヘルパーは,サービスが提供できているか,正しく訪問先に行っているか等を管理者が確認する必要がある。 「カイポケ訪問記録」では,ヘルパーの位置情報およびサービス提供状況がリアルタイムで確認できるため,遠隔での勤務状況確認がより簡単に行えるようになった。 特定事業所加算の一部要件を満たすことが可能に 管理者からの指示とヘルパーからの報告が行える機能を追加したことにより,特定事業所加算の要件の一部を満たすことが可能になった。 「カイポケ訪問記録」のしくみ 1 サービス提供責任者・管理者:「カイポケ」の勤怠管理機能で毎月のシフトを作成,ヘルパーへの指示出しも可能 管理者等は,「カイポケ」の勤怠管理機能を使ってヘルパーのシフト作成や指示の登録ができる。 作成した情報は「カイポケ訪問記録」に自動反映されるため,ヘルパーがスマートフォン等で確認可能になる。 2 ヘルパー:スマートフォン等で1日のスケジュールやサービス内容などを確認し,訪問へ スマートフォン等で「カイポケ訪問記録」を開き,管理者等が作成したスケジュール等に沿って訪問する。 サービス内容はもちろん,指示や注意点,備考等も自動反映されているので利用者一人ひとりに合わせた細かい対応が可能 3 訪問先で:サービス実績記録をスマートフォン等で作成。 指示に対する報告も登録可能 サービス提供後,ヘルパーはスマートフォン等で「サービス実績記録」の作成が可能。 管理者等からの指示に対する報告も登録できる。 作成した「サービス実績記録」は実績として「カイポケ」に自動反映されるので,管理者等はその情報をもとに毎月の請求処理を行うことができる。 リリース後 画面イメージ.

次の

エス・エム・エス,「カイポケ」がスマートフォンレンタルサービス「カイポケモバイル」を開始

カイポケ 訪問 介護

(株)エス・エム・エスは,同社が提供する介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」の訪問介護事業者向けサービス「カイポケ訪問記録(ウェブ版)」(以下「カイポケ訪問記録」)をリリースした。 「カイポケ」は,介護事業者の経営・財務安定化及び業務負荷削減をサポートし,介護事業者が目指す「理想の介護」実現を全面的に支援するサービス。 現時点で採用支援サービスや営業支援サービスなど約40の経営支援サービスを展開しており,全国約20,100事業所の介護事業所が会員となり利用している。 さらに,勤怠管理や保険請求業務など,介護以外のノンコア業務に必要以上の労力を要し,本業であるはずの利用者ケアに向き合えない介護事業者が多く存在する。 「カイポケ訪問記録」は,ICTによる訪問介護事業者の業務効率化,ノンコア業務の負担軽減を目的に,記録や転記作業の削減,リアルタイムの情報共有サービスなどで,訪問介護事業者の業務を支援している。 今回,下記のリリースにより,訪問介護事業の運営サポートをさらに強化した。 ウェブ提供によりどんなデバイスからも利用可能に ウェブ提供によりデバイスの制限がなくなり,これまで以上に多くの人に利用してもらうことが可能となった。 ヘルパーのサービス提供状況の遠隔確認がより簡単に 単独で訪問先に行くため直接勤務状況を確認するのが難しいヘルパーは,サービスが提供できているか,正しく訪問先に行っているか等を管理者が確認する必要がある。 「カイポケ訪問記録」では,ヘルパーの位置情報およびサービス提供状況がリアルタイムで確認できるため,遠隔での勤務状況確認がより簡単に行えるようになった。 特定事業所加算の一部要件を満たすことが可能に 管理者からの指示とヘルパーからの報告が行える機能を追加したことにより,特定事業所加算の要件の一部を満たすことが可能になった。 「カイポケ訪問記録」のしくみ 1 サービス提供責任者・管理者:「カイポケ」の勤怠管理機能で毎月のシフトを作成,ヘルパーへの指示出しも可能 管理者等は,「カイポケ」の勤怠管理機能を使ってヘルパーのシフト作成や指示の登録ができる。 作成した情報は「カイポケ訪問記録」に自動反映されるため,ヘルパーがスマートフォン等で確認可能になる。 2 ヘルパー:スマートフォン等で1日のスケジュールやサービス内容などを確認し,訪問へ スマートフォン等で「カイポケ訪問記録」を開き,管理者等が作成したスケジュール等に沿って訪問する。 サービス内容はもちろん,指示や注意点,備考等も自動反映されているので利用者一人ひとりに合わせた細かい対応が可能 3 訪問先で:サービス実績記録をスマートフォン等で作成。 指示に対する報告も登録可能 サービス提供後,ヘルパーはスマートフォン等で「サービス実績記録」の作成が可能。 管理者等からの指示に対する報告も登録できる。 作成した「サービス実績記録」は実績として「カイポケ」に自動反映されるので,管理者等はその情報をもとに毎月の請求処理を行うことができる。 リリース後 画面イメージ.

次の

カイポケの会員ログインはこちらから|カイポケ

カイポケ 訪問 介護

日々の介護記録が手書きで、時間効率が悪い• 請求業務など、単調な事務作業などにより工数が肥大している• 「 業務の効率化」を課題にしている方も多いのではないでしょうか? 手書きで書類作成をしている方々からは、上記のようなお悩みをよくお聞きします。 これらの悩みを解決する、介護業界における画期的な業務効率化システム『カイポケ』を紹介します。 『カイポケ』が介護経営の効率化を約束する4つの特徴• 介護の種類によって、導入するソフトに必要な機能は異なります。 『カイポケ』は多くの介護シーンに合わせた9つのソフトを提供していて、レセプト作成や給与計算、勤怠管理など、合わせて 50以上の機能が備わっています。 無償貸与のタブレットで転記漏れの心配なし 特定ソフトの登録で『カイポケ』から 無償貸与されるタブレットが利用者に好評のようです。 タブレットから入力した情報はパソコンと連動するので、書類からパソコンに入力しなおす際の 転記漏れを防ぐことができます。 一貫した情報管理が業務効率化への第一歩!• 受電率97. 『カイポケ』のカスタマーサービスは 受電率 97. 介護に精通したスタッフも配置されているので、介護制度に関する相談も可能です。 総務省後援「ASP SaaSクラウドアワード2011」受賞 国内で優秀かつ社会に有益な機能を提供する、ネットワークを活用したサービス全般に贈られる「ASP SaaSクラウドアワード」において、『カイポケ』は介護保険ソフトで唯一、 委員長特別賞を受賞。 安心で高品質のソフトを低価格で提供していることが評価されたようです! 気になる『カイポケ』利用者の口コミ・評判 実際に『カイポケ』を導入した事業所からは、以下のような良い口コミがたくさん寄せられています。 簡単操作が導入の決め手! (有限会社K・訪問介護) 口コミで評判が良かったので18か月の無料体験をしてみたときに、 機能がシンプルで操作がカンタンだったことが、カイポケを導入する決め手でした。 データ管理が楽になりました! (株式会社S・通所介護) 個人情報や健康状態などの データを一括で扱える点がいいと思います。 介護スタッフもタブレットで利用者それぞれの状態をその場で入力できるので、事務所に戻ってからまとめる作業が減りました。 丁寧なサポートがあるので安心です! (合同会社B・通所介護) サポートが大きな決め手です。 介護のことは分かっても、カイポケのシステムのことはわからない・・・そんなときは電話をするとすぐに繋がり、丁寧に説明してくれるので頼りにしています。 介護スタッフの評判も良く、継続して使いたいと思っています! 業務時間が圧倒的に短くなりました! (株式会社Y・福祉用具貸与) 金額請求などを以前は帳票でやっていましたが、利用者が増えるとともに記入作業に費やす時間が膨大になっていました。 カイポケは入力したデータを実績作成や利用者の請求に 一括して反映することができるので、業務が効率よくできますし、 転記漏れの心配がないのも安心です。 9年で17倍の実績!『カイポケ』は急速に人気を集めているサービス! この素晴らしい評判を裏付けるように、カイポケの利用者数はグラフのように急速に伸びていて、なんと 9年で17倍になっています! カイポケを提供してる会社が上場企業の株式会社エス・エム・エスであることも、安心して使い続けることができる理由の一つですね! 今なら最大 18ヶ月無料で使用可能! そんな人気急上昇中のカイポケが、今なら最大で 18ヶ月無料のキャンペーンを実施しています!無料期間中もカイポケの電話サポートを受けられるので、分からないことは何でも相談可能。 そこで、『カイポケ』を代表とする介護ソフトをお勧めするときに事業所の方々からよく寄せられる質問をまとめました。 利用者様の個人情報をソフトで管理するなんて危険。 紙で管理したほうが安全だ。 情報漏洩のリスクは、ソフト導入をためらう事業所があげる理由の1つです。 介護の現場でよくある情報漏洩の事例は、個人情報が入ったUSBを紛失してしまったというもの。 USBにバックアップを取っていると、職員の不注意で漏洩してしまう可能性はありますよね。 ただ、『カイポケ』のように 情報をクラウド化して保存するソフトなら、わざわざUSBに保存する必要がありません。 いつでもどこでも情報を入力できて確認できるのがクラウド型ソフトの強みで、 セキュリティも万全です。 FAXの送り間違い、個人情報が入ったファイルの紛失等、紙で管理していたから情報漏洩してしまった、という話もよく耳にします。 介護は人がやるもの。 ソフトなんていらない。 違います!介護ソフトを導入して業務効率化するのは、職員が利用者さんと接する時間をより多く作るため。 「 転記作業をしなくて済む」「 事業所にファイルを取りに行かなくていい」「 利用者宅に直行直帰できる」 少し考えただけでも、ソフトを導入すれば職員の負担が減るのは明らかです。 介護は人と人が向き合う仕事。 それなのに事務作業が仕事の大半だなんて、おかしいですよね?無駄な事務作業を減らし、利用者さんと向き合う時間を作ることが、『カイポケ』が約束する 業務効率化なのです。 導入しても慣れるまで時間がかかる。 おっしゃる通りです。 見知らぬソフトを使い始めるには勇気がいりますし、慣れるまで時間もかかります。 ただ、そう考える人は長期の視野を持ってください。 ソフト導入当初は不慣れで効率化が感じられなくても、1年も使えばお手の物でしょう。 「 データを一元管理でき、どこからでも操作可能。 」そんなソフトを職員全員がサクサク使いこなせれば、効率化は間違いなしです! 『カイポケ』なら 最大18ヶ月の無料体験が可能。 1年半も同じソフトを使えば操作は完璧。 無料期間が終わる頃には心配なく『カイポケ』を使えますね!使ってみないと気づかないことはたくさんあります。 無料体験期間が終わらないうちに資料請求して、一足先に 業務効率化しませんか?.

次の