インハイ tv テニス。 テニス・インターハイ東海高校総体2018 結果速報・日程組み合わせ!

インハイTVでライブ動画を視聴して残念だった点

インハイ tv テニス

しかし、真夏の炎天下でコート上は40度を超えることもあり、日程も詰まっているため、強豪選手といえど勝てる保証はない。 昨年の計5399校に比べ7%増えている。 (男子は10%増、女子は4%増) 4219校の登録がある高校野球には及ばないが男子だけの野球やサッカーに比べ、男女が参加するテニスはひとつの種目としての参加数ではトップ。 また高校野球が昨年に比べわずか11校しか増えていないのに比べ、テニスは男子だけでも276校も増えている。 この3地区は出場校が多いため、通常1地区1校の参加に対し、2校が出場できる。 逆に参加が少ないのは徳島・・・25校、秋田・・・26校、高知・・・37校である。 東京は徳島の24倍の参加校があり、上位3県が2チーム出場できるとはいえ、いかに激戦であるかがわかります。 NO2の浅野弘辞選手も全国トップレベルであり、選手層の厚さ、体力、団体戦を知り尽くしている伝統校でもある。 春の選抜でも圧倒的強さで優勝した力は本物。 2年生の成瀬廣亮、鳥屋智大選手が雪辱に燃える。 選抜では3回戦で不覚をとったものの、昨年のインターハイ団体メンバーの富田、前原選手が残っており、昨年インターハイの準々決勝で敗れた借りを返すチャンスをうかがう。 その他にも選抜準優勝の 日大三島(静岡)、韓国のソウルから留学してきた1年生エース、安 栽成(あん・じぇそん)を擁する 足利工大附属(栃木)が優勝を狙う。 園田には昨夏の高校総体で1年生ながらシングルス、ダブルスの2冠を制した川床萌選手、大会シングルス第2シードの伊藤和沙選手がおり、ダブルスの大西・中西ペアもダブルスの選手ながら全国トップレベル、と非常に安定したチームである。 その他にも突出した選手はいないがエース森美紀選手を中心に四天王寺羽曳丘を撃破し、大阪予選を1位で勝ち上がった 飛翔館(大阪)、 柳川(福岡)、 富士見丘(東京)が上位を狙っている。

次の

インハイ2002を制する高校は? (全文) [テニス] All About

インハイ tv テニス

インターハイ2016は中国総体 インターハイ2016は 「中国総体」。 インターハイって、 各都道府県単位で 持ち回り主催していると思ってたんですが 今回は中国地方という大きなくくりで開催されるようです。 今年のインターハイ(中国総体)の開催期間は 7月28日(木)~8月20日(土)です。 当ブログでも紹介させていただきましたが、 今年もサイトがあるのか気になったので確認してみました。 内容的にかぶるので2017年版として改めて記事にはしませんが、今年も昨年同様上記URLからアクセスすれば「インハイ. TV」で各競技の試合の様子を確認できます。 私がはじめてインハイ. TVの記事を書いた2015年からこのURLですので、おそらく2018年以降もこのドメイン、URLで視聴できると思われます。 しかし「みなみとうほく」って読むんですよね?多分。 「南南西」「東北東」などの方角もあるから混乱しそう。。。 今年のホームページのデザインは?昨年と同じ? 昨年のインハイTVのサイトは、 探している情報を簡単に見つけることができ、 なおかつライブ中継や録画映像を観ることもできたので 個人的には非常に使いやすく便利なサイトでした。 ただ、サイトの基本デザインは昨年と同じようなので 構成も昨年同様のレベルの使いやすさを期待できそうです。 ライブ中継を見たい方はインハイTV インターハイに関しては 全種目全試合をテレビで観ることは不可能です。 地元選手の出場試合や興味のある競技種目の様子を観たい という方はインハイTVを利用するのがベストだと思います。 誰でも無料でインハイTVを 楽しめますのでご心配なく。 インハイTVを利用してみた感想などについては 昨年書いた記事を参考にしていただければ だいたいイメージは掴めると思います。

次の

ソフトテニスインターハイ2019結果速報!組み合わせや試合日程まとめ!

インハイ tv テニス

インターハイの歴代の優勝ペアです。 そもそも何でまとめだしたかと言えば、そもそもインターネットでちゃんとまとめられている所が少ないということと、ちょっとした実験のためです。 皆さんのお役に立てたらいいですね。 団体戦と併記してないのはスマホで見るとこれが限界だから、ですね。 PCサイトなら問題なく出せると思いますけど。 1940年代 年 開催地 男子優勝 女子優勝 1946 京都府 木村佳生・原恵二 倉敷商業 岡山 森爽子・芥川華子 岸和田 大阪 1947 東京都 松尾佐八郎・鳥井久充 木之本中 三重 志村久子・待井美千子 桜町女子 東京 1948 大阪府 松田洋介・鳥井久充 木之本中 三重 大隈淑子・山岡雪子 女高師附 東京 1949 東京都 芹沢良三・岡田立彦 川越 埼玉 山崎暁子・小西幸子 総社 岡山 1950年代 年 開催地 男子優勝 女子優勝 1950 東京都 藤田康夫・菊池広司 滝野 兵庫 生川久恵・島田一子 四日市 三重 1951 伊勢市 藤田康夫・菊池広司 滝野 兵庫 小川綾子・石内真美 第二 千葉 1952 東京市 望月悦夫・山田忠且 新宮 和歌山 金子初江・石原登志子 川口女子 埼玉 1953 伊勢市 児玉惇・松山圭宏 浜松北 静岡 津久井璋子・長嶋良子 熊谷女子 埼玉 1954 伊勢市 太田光夫・大綱博 小田原 神奈川 荒木貴美子・渡辺豊子 四日市 三重 1955 仙台市 井上泰介・土屋寛二 小田原 神奈川 倉田記代・坪田奈知子 山陽 岡山 1956 伊勢市 遠藤正二・保谷野嘉男 明星学園 東京 大東静江・砂本悦美 広島女子商業 広島 1957 秋田市 大野辰二郎・畑山収 土佐 高知 柳原三枝子・右近美沙子 広島女子商業 広島 1958 伊勢市 竹中啓一・榎本昌紀 豊島工業 大阪 角田房江・右近美沙子 広島女子商業 広島 1959 小田原市 杉山博康・木本有信 山陽 広島 影山洋子・中岡絢子 広島女子商業 広島 1960年代 年 開催地 男子優勝 女子優勝 1960 徳島市 長島司郎・榎本純二 徳島工 徳島 影山洋子・八田順子 広島女子商業 広島 1961 新潟市 相庭 征治・砂本 武生 山陽 広島 沢井 妙子・今井 末子 富士見丘 東京 1962 下関市 松田 和之・田中 栄明 岡山南 岡山 畠中 君代・清水 令子 富士見丘 東京 1963 伊勢市 西山 健・石元 孝夫 土佐 高知 大森 和子・佐藤 義子 名古屋女子商業 愛知 1964 神戸市 西山 修・稲葉 喜弘 明星 大阪 小池 千寿子・内藤 千代子 高田北城 新潟 1965 大分市 西田 豊明・佐々木 文義 静岡 下田北 山中 たみ江・藁科 千恵子 焼津 静岡 1966 弘前市 島津 行隆・川崎 康次郎 鹿児島商業 鹿児島 木田 宣子・井上 よし子 松陰 兵庫 1967 武生市 北山 敏隆・永田 謙逸 平安 京都 米沢 そのえ・中田 美登利 広島女子商業 広島 1968 呉市 中村 周滋・和田 仁志 明星 大阪 前畑 文子・向吉 佳代子 指宿商業 鹿児島 1969 茂原市 岡田 保・三上 孝雄 平安 京都 藤田 ヤスコ・富永 恵美子 博多女子商業 福岡 我らが石元先輩がここで登場!すごいですねー 1970年代 年 開催地 男子優勝 女子優勝 1970 伊勢市 永瀬 春男・佐田野 勝 倉敷工業 岡山 鳥丸 和枝・永尾 久美子 指宿商業 鹿児島 1971 徳島市 沖田 豊作・桜井 智明 川口 埼玉 鈴木 洋子・井上 加代子 中津商業 大分 1972 酒田市 清水 良英・山下 悦朗 小野田 山口 鈴 真由美・仮屋崎 輝子 指宿商業 鹿児島 1973 豊橋市 中野 大・雑賀 守 平安 京都 石倉 初江・田中 久美子 大妻 東京 1974 福岡市 佐賀市 宮野 篤夫・高原 晴資 新田 愛媛 田端 香代子・住本 京子 熊本中央女子 熊本 1975 熊谷市 山下 順啓・山下 克彦 明星 大阪 小川 文子・糸賀 公子 成田 千葉 1976 松本市 井上 武久・沼田 守弘 高田商業 奈良 岩館 よね子・真行寺 美子 成田 千葉 1977 倉敷市 矢代 唱和・杉山 浩 巣鴨 東京 文違 菊代・小川 浩子 成田 千葉 1978 いわき市 平井 正宏・副島 直樹 高田商業 奈良 文違 菊代・木川 貴代 成田 千葉 1979 長浜市 冽崎 満・石田 茂樹 宇出津 石川 八坂 光子・宮崎 由美 博多女子商業 福岡 巣鴨の初優勝、矢代先生ですね。 1970年代の最後に生まれたんですね、我々は。 1980年代 年 開催地 男子優勝 女子優勝 1980 松山市 本荘 浩二・高野 晃二 高田商業 奈良 井沢 みどり・遠藤 潤子 成田 千葉 1981 宇都宮市 磯部 幸彦・阿部 洋海 大分商業 大分 松浦 康子・石川 弘美 黒磯 栃木 1982 鹿児島市 田中 英弘・花田 洋海 広島山陽 広島 伊藤 桂子・熱田 薫 昭和学院 千葉 1983 伊勢市 神崎 公宏・川原田 秀雄 三重 三重 久徳 尚美・中島 克枝 有明 鹿児島 1984 雄和町 塩田 光伸・小野寺 剛 巣鴨 東京 菅家 好野・中嶋 広恵 東京農大二 群馬 1985 能登町 高野 勝司・川西 正記 広島山陽 広島 丹羽 加寿子・干場 早和子 鹿西 石川 1986 福山市 新坂 丈晴・川尻 健一 八戸工大一 青森 上鵜瀬ゆかり・中原 たずこ 鹿児島 鹿児島 1987 苫小牧市 田辺 英雄・西村 文樹 三重 三重 稲田 増美・木戸 由美 中村学園 福岡 1988 神戸市 愽村 貴夫・長手 裕介 高田商業 奈良 稲田 増美・保田 智子 中村学園 福岡 1989 高松市 山崎 和裕・岡本 圭司 広島山陽 広島 鈴木 久子・本橋 尚子 群馬女子短附 群馬 この時代はすごいですね。 神崎先生を筆頭に、我らがGTO、川西さん、新坂さん、田辺さんって早稲田にインターハイチャンピオンが5年連続で行ってますね。 そりゃ強いですよ。 1990年代 年 開催地 男子優勝 女子優勝 1990 仙台市 南森 直人・村中 弘明 高田商業 奈良 後藤 由紀・足羽 美穂子 淀之水 大阪 1991 富士宮市 山本 晃伸・村中 弘明 高田商業 奈良 益田 真喜・八谷 千晶 広島女子商業 広島 1992 佐土原町 渡部 史亘・石岡 雅也 北海道工業 北海道 大杉 瑞穂・宮地 雄子 中村学園 福岡 1993 黒磯市 北村 日出秋・峯田 敬也 鳥羽 京都 大杉 瑞穂・宮地 雄子 中村学園 福岡 1994 高岡市 中村 雅司・中村 雅巳 小松工業 石川 東 尚子・石川 聡子 広島女子商業 広島 1995 出雲市 橋本 雅巳・川又 浩司 香川西 香川 石川 和美・砂本 佐知子 広島女子商業 広島 1996 石和市 東 司・渡邊 彦継 高田商業 奈良 油井 久美・高岡 由美香 淀之水 大阪 1997 福知山市 花田 直弥・岩瀬 峰尊 三重 三重 坂下 真知子・田中 美里 中村学園 福岡 1998 高知市 室谷 哲也・末廣 眞人 岡山理大附 岡山 大西 麻美・山本 暁子 淀之水 大阪 1999 北上市 山根 尚幸・藤山 敦史 東福岡 福岡 鈴木 和恵・濱中 洋美 広島女子商業 広島 さて、ついにやってきました。 我々の世代です。 1995-1997、出雲、石和、福知山ですね。 石和が64本、その年にJOCで優勝しましたね。 福知山、京都ではベスト8、5位と表記される訳ですが、花田・岩瀬に負けたから本当の5位!といつも思い込んでる・・・ 2000年代 年 開催地 男子優勝 女子優勝 2000 岐阜市 當目 健悟・橋本 隆文 高田商業 奈良 金 智恩・林道 玉枝 高岡西 富山 2001 熊本市 舘越 清将・齋藤 和輝 八戸工大一 青森 長 奈津子・山崎 香織 安芸女子大 広島 2002 水戸市 鬼頭 貴之・大賀 紘平 三重 三重 竹内 志津・齊藤 理沙 高田商業 奈良 2003 長崎市 的場 彬・宮下 裕司 高田商業 奈良 井上 真実・橋爪 ちはる 嬉野 佐賀 2004 松江市 丸山 新仁・塩嵜 弘騎 和歌山北 和歌山 上原 絵里・工藤 育美 上尾 埼玉 2005 白子町 村上 雄人・黒羽 祥平 三重 三重 杉本 瞳・大庭 彩加 就実 岡山 2006 大阪市 緒方 寛和・和田 哲尚 高田商業 奈良 中村 朱里・新谷 佳子 信愛女子短附 和歌山 2007 嬉野市 太田 重広・柴田 章平 岡山理大附 岡山 石原 雅子・山本 彩加 広島女子商業 広島 2008 川口市 中山 陽司・杉尾 卓馬 和歌山北 和歌山 奥村 すずな・嘉数 美玖 中村学園 福岡 2009 明日香村 桂 拓也・内山 睦基 高田商業 奈良 三木 菜苗・橋本 瑞歩 就実 岡山 この2000年かな、チャクがベスト8で巣鴨が団体2位だったのは。 これが巣鴨の最後ですかね。 また、そのあともすごい。 鬼頭、塩嵜、黒羽、桂・内山とインハイチャンプが早稲田に。 そら強い訳ですよ。 2010年代 年 開催地 男子優勝 女子優勝 2010 沖縄市 白井 拓巳・能口拓磨 尽誠学園 香川 川原 梨紗子・黒木瑠璃華 鹿児島南 鹿児島 2011 青森市 船水 雄太・九島 一馬 東北 宮城 森田 奈緒・松家 梓 広島翔洋 広島 2012 新潟市 玉置 大祐・安藤 圭祐 中京 岐阜 中山 真衣・下田 夢奈 広島翔洋 広島 2013 大分市 村田 匠・星野 慎平 高田商業 奈良 小谷 菜津美・小野川 優希 広島翔洋 広島 2014 白子町 丸岡 俊介・宮田 裕章 尽誠学園 香川 西岡 真里華・橋本 新菜 三重 三重 2015 明日香村 内本 隆文・丸山 海斗 上宮 大阪 笠井 佑樹・鈴木 梨沙 信愛女子短附 和歌山 2016 備前市 本倉 健太郎・上松 俊貴 岡山理大付 岡山 林田 リコ・宮下 こころ 文大杉並 東京 2017 会津若松市 阪本 崚・林 湧太郎 高田商業 奈良 林田 リコ・宮下 こころ 文大杉並 東京 2018 鈴鹿市 下原 涼太・林 湧太郎 高田商業 奈良 小林 愛美・原島 百合香 文大杉並 東京 2019 宮崎市 白川雄己・石川峻伍 尽誠学園 香川 鈴木理奈・白﨑ひかる 文大杉並 東京 またここもすごいですね。 この辺はもうちょっと詳しくないですけど、能口は元早稲田のキャプテン。 船水・九島は現早稲田ですね。 すごい面子ですよね、そりゃ。 面子だけで驕ることなくこれからも頑張っていって欲しいですね。 全部 年 開催地 男子優勝 女子優勝 1946 京都府 木村佳生・原恵二 倉敷商業 岡山 森爽子・芥川華子 岸和田 大阪 1947 東京都 松尾佐八郎・鳥井久充 木之本中 三重 志村久子・待井美千子 桜町女子 東京 1948 大阪府 松田洋介・鳥井久充 木之本中 三重 大隈淑子・山岡雪子 女高師附 東京 1949 東京都 芹沢良三・岡田立彦 川越 埼玉 山崎暁子・小西幸子 総社 岡山 1950 東京都 藤田康夫・菊池広司 滝野 兵庫 生川久恵・島田一子 四日市 三重 1951 伊勢市 藤田康夫・菊池広司 滝野 兵庫 小川綾子・石内真美 第二 千葉 1952 東京市 望月悦夫・山田忠且 新宮 和歌山 金子初江・石原登志子 川口女子 埼玉 1953 伊勢市 児玉惇・松山圭宏 浜松北 静岡 津久井璋子・長嶋良子 熊谷女子 埼玉 1954 伊勢市 太田光夫・大綱博 小田原 神奈川 荒木貴美子・渡辺豊子 四日市 三重 1955 仙台市 井上泰介・土屋寛二 小田原 神奈川 倉田記代・坪田奈知子 山陽 岡山 1956 伊勢市 遠藤正二・保谷野嘉男 明星学園 東京 大東静江・砂本悦美 広島女子商業 広島 1957 秋田市 大野辰二郎・畑山収 土佐 高知 柳原三枝子・右近美沙子 広島女子商業 広島 1958 伊勢市 竹中啓一・榎本昌紀 豊島工業 大阪 角田房江・右近美沙子 広島女子商業 広島 1959 小田原市 杉山博康・木本有信 山陽 広島 影山洋子・中岡絢子 広島女子商業 広島 1960 徳島市 長島司郎・榎本純二 徳島工 徳島 影山洋子・八田順子 広島女子商業 広島 1961 新潟市 相庭 征治・砂本 武生 山陽 広島 沢井 妙子・今井 末子 富士見丘 東京 1962 下関市 松田 和之・田中 栄明 岡山南 岡山 畠中 君代・清水 令子 富士見丘 東京 1963 伊勢市 西山 健・石元 孝夫 土佐 高知 大森 和子・佐藤 義子 名古屋女子商業 愛知 1964 神戸市 西山 修・稲葉 喜弘 明星 大阪 小池 千寿子・内藤 千代子 高田北城 新潟 1965 大分市 西田 豊明・佐々木 文義 静岡 下田北 山中 たみ江・藁科 千恵子 焼津 静岡 1966 弘前市 島津 行隆・川崎 康次郎 鹿児島商業 鹿児島 木田 宣子・井上 よし子 松陰 兵庫 1967 武生市 北山 敏隆・永田 謙逸 平安 京都 米沢 そのえ・中田 美登利 広島女子商業 広島 1968 呉市 中村 周滋・和田 仁志 明星 大阪 前畑 文子・向吉 佳代子 指宿商業 鹿児島 1969 茂原市 岡田 保・三上 孝雄 平安 京都 藤田 ヤスコ・富永 恵美子 博多女子商業 福岡 1970 伊勢市 永瀬 春男・佐田野 勝 倉敷工業 岡山 鳥丸 和枝・永尾 久美子 指宿商業 鹿児島 1971 徳島市 沖田 豊作・桜井 智明 川口 埼玉 鈴木 洋子・井上 加代子 中津商業 大分 1972 酒田市 清水 良英・山下 悦朗 小野田 山口 鈴 真由美・仮屋崎 輝子 指宿商業 鹿児島 1973 豊橋市 中野 大・雑賀 守 平安 京都 石倉 初江・田中 久美子 大妻 東京 1974 福岡市 佐賀市 宮野 篤夫・高原 晴資 新田 愛媛 田端 香代子・住本 京子 熊本中央女子 熊本 1975 熊谷市 山下 順啓・山下 克彦 明星 大阪 小川 文子・糸賀 公子 成田 千葉 1976 松本市 井上 武久・沼田 守弘 高田商業 奈良 岩館 よね子・真行寺 美子 成田 千葉 1977 倉敷市 矢代 唱和・杉山 浩 巣鴨 東京 文違 菊代・小川 浩子 成田 千葉 1978 いわき市 平井 正宏・副島 直樹 高田商業 奈良 文違 菊代・木川 貴代 成田 千葉 1979 長浜市 冽崎 満・石田 茂樹 宇出津 石川 八坂 光子・宮崎 由美 博多女子商業 福岡 1980 松山市 本荘 浩二・高野 晃二 高田商業 奈良 井沢 みどり・遠藤 潤子 成田 千葉 1981 宇都宮市 磯部 幸彦・阿部 洋海 大分商業 大分 松浦 康子・石川 弘美 黒磯 栃木 1982 鹿児島市 田中 英弘・花田 洋海 広島山陽 広島 伊藤 桂子・熱田 薫 昭和学院 千葉 1983 伊勢市 神崎 公宏・川原田 秀雄 三重 三重 久徳 尚美・中島 克枝 有明 鹿児島 1984 雄和町 塩田 光伸・小野寺 剛 巣鴨 東京 菅家 好野・中嶋 広恵 東京農大二 群馬 1985 能登町 高野 勝司・川西 正記 広島山陽 広島 丹羽 加寿子・干場 早和子 鹿西 石川 1986 福山市 新坂 丈晴・川尻 健一 八戸工大一 青森 上鵜瀬ゆかり・中原 たずこ 鹿児島 鹿児島 1987 苫小牧市 田辺 英雄・西村 文樹 三重 三重 稲田 増美・木戸 由美 中村学園 福岡 1988 神戸市 愽村 貴夫・長手 裕介 高田商業 奈良 稲田 増美・保田 智子 中村学園 福岡 1989 高松市 山崎 和裕・岡本 圭司 広島山陽 広島 鈴木 久子・本橋 尚子 群馬女子短附 群馬 1990 仙台市 南森 直人・村中 弘明 高田商業 奈良 後藤 由紀・足羽 美穂子 淀之水 大阪 1991 富士宮市 山本 晃伸・村中 弘明 高田商業 奈良 益田 真喜・八谷 千晶 広島女子商業 広島 1992 佐土原町 渡部 史亘・石岡 雅也 北海道工業 北海道 大杉 瑞穂・宮地 雄子 中村学園 福岡 1993 黒磯市 北村 日出秋・峯田 敬也 鳥羽 京都 大杉 瑞穂・宮地 雄子 中村学園 福岡 1994 高岡市 中村 雅司・中村 雅巳 小松工業 石川 東 尚子・石川 聡子 広島女子商業 広島 1995 出雲市 橋本 雅巳・川又 浩司 香川西 香川 石川 和美・砂本 佐知子 広島女子商業 広島 1996 石和市 東 司・渡邊 彦継 高田商業 奈良 油井 久美・高岡 由美香 淀之水 大阪 1997 福知山市 花田 直弥・岩瀬 峰尊 三重 三重 坂下 真知子・田中 美里 中村学園 福岡 1998 高知市 室谷 哲也・末廣 眞人 岡山理大附 岡山 大西 麻美・山本 暁子 淀之水 大阪 1999 北上市 山根 尚幸・藤山 敦史 東福岡 福岡 鈴木 和恵・濱中 洋美 広島女子商業 広島 2000 岐阜市 當目 健悟・橋本 隆文 高田商業 奈良 金 智恩・林道 玉枝 高岡西 富山 2001 熊本市 舘越 清将・齋藤 和輝 八戸工大一 青森 長 奈津子・山崎 香織 安芸女子大 広島 2002 水戸市 鬼頭 貴之・大賀 紘平 三重 三重 竹内 志津・齊藤 理沙 高田商業 奈良 2003 長崎市 的場 彬・宮下 裕司 高田商業 奈良 井上 真実・橋爪 ちはる 嬉野 佐賀 2004 松江市 丸山 新仁・塩嵜 弘騎 和歌山北 和歌山 上原 絵里・工藤 育美 上尾 埼玉 2005 白子町 村上 雄人・黒羽 祥平 三重 三重 杉本 瞳・大庭 彩加 就実 岡山 2006 大阪市 緒方 寛和・和田 哲尚 高田商業 奈良 中村 朱里・新谷 佳子 信愛女子短附 和歌山 2007 嬉野市 太田 重広・柴田 章平 岡山理大附 岡山 石原 雅子・山本 彩加 広島女子商業 広島 2008 川口市 中山 陽司・杉尾 卓馬 和歌山北 和歌山 奥村 すずな・嘉数 美玖 中村学園 福岡 2009 明日香村 桂 拓也・内山 睦基 高田商業 奈良 三木 菜苗・橋本 瑞歩 就実 岡山 2010 沖縄市 白井 拓巳・能口拓磨 尽誠学園 香川 川原 梨紗子・黒木瑠璃華 鹿児島南 鹿児島 2011 青森市 船水 雄太・九島 一馬 東北 宮城 森田 奈緒・松家 梓 広島翔洋 広島 2012 新潟市 玉置 大祐・安藤 圭祐 中京 岐阜 中山 真衣・下田 夢奈 広島翔洋 広島 2013 大分市 村田 匠・星野 慎平 高田商業 奈良 小谷 菜津美・小野川 優希 広島翔洋 広島 2014 白子町 丸岡 俊介・宮田 裕章 尽誠学園 香川 西岡 真里華・橋本 新菜 三重 三重 2015 明日香村 内本 隆文・丸山 海斗 上宮 大阪 笠井 佑樹・鈴木 梨沙 信愛女子短附 和歌山 2016 備前市 本倉 健太郎・上松 俊貴 岡山理大付 岡山 林田 リコ・宮下 こころ 文大杉並 東京 2017 会津若松市 阪本 崚・林 湧太郎 高田商業 奈良 林田 リコ・宮下 こころ 文大杉並 東京 2018 鈴鹿市 下原 涼太・林 湧太郎 高田商業 奈良 小林 愛美・原島 百合香 文大杉並 東京 2019 宮崎市 白川雄己・石川峻伍 尽誠学園 香川 鈴木理奈・白﨑ひかる 文大杉並 東京 やっぱりここは10月号で・・・ コピーとかしてもらっても構いません。 引用元とか書いてくれればよりベターですけどね。 SNSとかでシェアしてもらう分にはいくらでも。

次の