遺産分割協議書 雛型 書き方。 【ひな形をダウンロードして簡単作成】遺産分割協議書の書き方や文例をサンプルを交えて解説!

遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書 雛型 書き方

遺産分割協議書は、書き方が明確に決まっている訳ではありません。 人・もの・意思 誰に・何を・どうする を特定するために明確に決まっている部分もありますが、 文章・項目の順番などが異なる様々なひな形が使われています。 印鑑は1つでOKです。 ただし、不備があった場合を考えると、 行政書士の実務上は捨印がある方が良いと思います。 また、青字部分については記名 ワープロ でもOKです。 後々、揉め事になるような心配があれば名前だけでも自署することが望ましいです。 ただし、 印鑑証明書通りの住所・氏名を誤りなく・崩さずハッキリ書くのは、年配の依頼者様にとって案外ミスが出やすいところでもあります。 実務では上記のケースのように 福岡県と佐賀県 、相続人が離れて住んでおり遺産分割協議書を郵送でやりとりすることが多いため、 効率だけ考えると、あらかじめ印字しておいて、依頼者様には押印に集中してもらうのが良いかもしれません。 印影だけでも結構気を使う部分です。 自署か否かはケースバイケースでしょう。 また、遺産分割協議書に記入するのは印鑑証明書通りの住所・氏名であり、住民票ではありません 結果的に、それらは同一ではありますが。 なお、遺産分割協議書は相続の登記申請では、原本証明をすれば原本の還付を受けることも可能です。 1枚にまとめる書き方 上記の遺産分割協議書は、下記のように1枚にまとめる型式も可能です。 ただし、 郵送の日数・ 書き損じの可能性を考えると、下記のように1枚の遺産分割協議書をそれぞれの相続人で回していくやり方は効率が悪いです。 また、ページがまたがる場合は契印が必要ですので、上記の型式でなるべく1枚に収まる方が簡素です。 関連トピック•

次の

遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書 雛型 書き方

遺産分割協議書とは、相続人全員による遺産分割についての話し合い(遺産分割協議)で合意した内容を書面にまとめたものです。 法律上、必ず作成しなくてはならないというわけではありませんが、法定相続分や遺言によって定められた相続分と異なる割合で相続する場合は、後で揉めないように作成しておくべきです。 また、遺産分割協議に従った相続登記をする場合には登記申請書と一緒に提出する必要があります。 そうは言ってもそんな改まった書類なんて作ったことがないし、何を書けばいいかよくわからない、という方も多いと思います。 そこでここでは、実際に実務で使われるひな型をもとに、相続登記をはじめ各種手続きでも問題なく使える遺産分割協議書の書き方を、作成にあたっての注意点とともに解説します。 これを参考に作成すれば、せっかく作った遺産分割協議書が使えなかったり、後で協議書に記載のない財産が出てきて揉めたりすることはありません。 記 1.相続人 世田谷 花子 は次の財産を取得する。 4.本協議書に記載のない財産及び後日判明した財産については相続人 世田谷 花子 が取得する。 上記協議の成立を証するため、本協議書を2通作成して、それぞれに署名押印し、各自1通を保有する。 しかし、相続人間での合意は有効であり、負担割合によって財産の配分も変わってくるでしょうから、誰が負担するかについても協議して記載しておくべきです。 なお、相続人間での合意内容を債権者に主張するためには債権者を含めて免責的債務引受契約を締結する必要があります。 債権額にもよりますが、債権者にとっても各相続人へ個別に請求するのは手間であるため、債務の引受人の資力が確認できれば契約に応じてくれる事が多いでしょう(連帯保証人になることを求められる場合もあります)。 相続人の住所及び氏名を記載します。 住民票や印鑑証明書の通りに記載しましょう。 後のトラブルを防ぐために氏名は原則として自署します。 ただし自筆は遺産分割協議書の成立要件ではないので、身体的理由等でどうしても自署できない場合は記名でも構いません(後で法務局や金融機関から説明を求められる可能性はありますが)。 代筆は後のトラブルにつながる恐れがあるのでできるだけ避けるべきですが、やむを得ず代筆する場合は、代筆した経緯等を 書き添えておいた方がいいでしょう。 文書の真実性を高めるためには住所も自筆するのが好ましいですが、記載間違いの恐れがあり、各種手続きでも自筆を要求されることはないので、パソコン等で記載しても構いません。 住所の記載間違いなど軽微なものであれば、捨印によって対応できるので押しておくと便利です。 捨印で修正できるのは軽微なものに限られ、金額や取得者などの重要事項は捨印による訂正はできません。 法務局や金融機関でも、大きな訂正については訂正印による訂正か、再度の協議書作成を求められるでしょう。 ただしそうは言っても、万が一他の相続人が協議書を改ざんして、それで手続きが通ってしまったら、正当な権利を取り戻すにはかなり手間がかかります。 記載間違いがあった場合の訂正の手間と、万が一のリスクを天秤にかけ、リスクの方が大きいと考えるのであれば捨印は押さないでおきましょう。 なお、司法書士などの専門家に手続きを依頼する場合は、リスクはほぼないため、押しても問題ないでしょう。 押す場合は相続人全員が協議書に押した印鑑(つまり実印)で押します。 一戸建ての場合と比べて記載量が多いですが、登記事項証明書の通りに記載すれば大丈夫です。 ポイントは最初の『建物の名称』です(上記事例では東京横浜セントラルタワーという部分)。 登記申請時には『登記簿に記載されている建物の名称を記載すれば、建物全体についての構造と床面積の記載は省略できる』という取り扱いがされているので、遺産分割協議書でも同様に省略して構いません。 高層マンションの時などは非常に便利です。 ただし、これはあくまで建物の名称が登記簿に記載されている場合の話なので、記載がなければ原則通り構造と床面積を漏れなく記載することになります(登記簿に記載されていない名称を記載しても意味がありません)。 また最近ではあまりありませんが、古いマンションでは『敷地権化していない区分建物』というのがあります。 この場合は上記のような敷地権の表示がないので、土地の登記簿を確認して土地の所在等と持ち分を記載することになります。 遺産分割協議書の作成手段や方法に特に決まりはありません。 記載間違いがあった時の訂正が容易なので、パソコンで案文を作成して、紙に打ち出したものに署名押印する方法をおすすめしますが、紙に全文を手書きしても構いません。 用紙に特に決まりはありませんが、法務局や金融機関に提出することを想定してA4かA3サイズで作成することが一般的です。 長期間保存することも想定して劣化の少ない紙に黒のボールペン等(フリクション等の消せるタイプでないもの)を使用しましょう。 協議書が1枚に収まらず複数になった場合は契印します。 契印の方法は後の解説をご参照ください。 また、財産の数が非常に多い時は協議書の後ろに財産目録を付けた方がいいでしょう。 遺産分割協議書の記載事項が多く複数枚になる場合は、契印が必要です。 契印の方法は次の2通りあります。 それぞれの用紙をホチキスで綴じて、各ページの綴じ目に(左右両ページにまたがるように)押印する。 遺産分割協議書を製本テープを使って製本して(袋とじにして)、表紙および裏表紙に製本テープをまたぐように押印する。 協議書が2~3枚であれば1の方法でいいでしょうが、4枚以上になると各ページに押すのは面倒なうえ、紙の厚みが出てきて押しにくいので2の方法をおすすめします。 製本と言っても、市販の数百円で買える製本テープを使えばだれでも簡単にできます。 2の方法による契印は下の図を参考にしてください。 必ず 相続人全員が実印で契印してください。 一応協議はまとまったが後で他の相続人が蒸し返してきそうで心配だ、代償金がきちんと支払われるか心配・・・という方には遺産分割協議書を公正証書で作成しておくことをおすすめします。 遺産分割協議書を公正証書で作成するメリットとしては次のようなことが挙げられます。 原本が公証役場に保存されるので、改ざん・変造や紛失の恐れがない。 公証人の関与のもと作成されるので、内容的に間違いのない協議書が作成できる。 公証人という第三者が関与するため、お互いに納得しやすく、後日の紛争の蒸し返しを予防できる。 証拠力、信頼性が高いためその後の金融機関等での手続きがスムーズに進む。 強制執行認諾条項付きであれば、代償金が支払われない場合にすぐに強制執行(裁判所を通じた差し押さえ)ができる。 公正証書遺産分割協議書は全国どこの公証役場でも作成できるので、作成をお考えの方はお近くの公証役場にお問い合わせください。 協議書案文の作成や公証役場とのやり取りを専門家に依頼することもできます。 必要になった時に作ればいいかと思い放置しているうちに、相続人の誰かが認知症になってしまえば、協議書を作成するために成年後見人の選任が必要になる可能性があります。 選任には費用も手間もかかる上に、成年後見人(又は特別代理人)が参加する遺産分割協議においては、原則として成年被後見人(認知症で意思能力が無い方)の法定相続分を確保した分割にすることを要求されます。 相続人間に争いがないにも関わらず、事情に応じた柔軟な分割ができないというのは想像以上に大きな足かせとなります。 また、たとえ仲の良い家族であっても、時が経てば経済事情等の変化により、貰えるものは少しでも多く貰いたいと考えるかもしれません。 そうなればせっかくの家族の絆に亀裂が入ることは免れません。 あの時協議書を作成しておけばこんなことにならなかったのに・・・と思わなくて済むように、仲の良い家族こそ早めに協議書を作成して、遺産相続手続きをしておくべきです。 相続人全員がすぐに集まれる状況であれば、記載内容の確認や署名押印を一度に行えるため、 全員が集まって作成する方法が最も簡便かつ確実でしょう。 しかし遠方に住んでいて集まることが難しければ、郵送で各相続人に回して、順次署名押印していく方法でも全く問題はありません。 ただその際に各相続人間でばらばらにやり取りをすると、伝えた伝えていないをめぐって後でトラブルになる可能性があるので、相続人が3人以上いる場合は代表者を決めてやり取りをした方がいいでしょう。 やり取りは簡単にでもメモを残しておくことをおすすめします。 そういったやり取りが面倒な方は、遺産分割協議書の作成を専門家に依頼することを検討してみてください。 遺産分割協議証明書とは、遺産分割協議の内容に間違いがないことを、各相続人個人が証明した書面に署名押印したものです。 専門家の間では、遺産分割協議書の代わりに作成されることが多いです。 証明書の内容は遺産分割協議書とほぼ同一です。 きちんと作成したものであれば、法務局等での手続きでも問題なく使用できるので、相続人の数が多く、協議書の紛失や破損の懸念がある場合等には便利な方法です。 ただ、郵送による場合、本当に 他の相続人の協議書や証明書との違いがないかを確かめることが難しいため、その後に各種手続きを予定されているのであれば、証明書の作成や内容のチェックも含めて専門家に任せることをおすすめします。 海外在住と言っても、日本に住所がある(住民登録がある)場合は通常と何ら変わることはありません。 しかし日本国内に住民登録がない場合は印鑑登録することはできないため、各種手続きの際に印鑑証明書を提出することはできません。 そこでこの場合は印鑑証明書の代わりに、各国の在外公館(日本国大使館や総領事館)で発行してもらえるサイン証明書を提出することになります。 注意したいのはサイン証明書には• サインそのものを単独で証明してもらうタイプ• 1は日本の印鑑証明書に近いもので、金融機関での手続きはこのタイプで通ることがほとんどです(稀に2のタイプを要求してくるところもあります)。 2は遺産分割協議書等を持ち込む必要があり、1に比べて取得が面倒なのですが、不動産登記手続きでは2のタイプを要求されることがほとんどです。 なので遺産に不動産がある場合はできる限り2のタイプを取得しておきましょう(1のタイプでは絶対に登記できないというわけではありませんが、上申書等を提出することになると思います)。 ただ2のタイプでは、遺産分割協議書に大きな間違いがあった場合に、再度証明してもらうことになるため、記載間違いのないように、協議書の作成段階から専門家に依頼した方がいいかもしれません。 なお、サイン証明は日本の公証役場でも発行してもらえるので(遺産分割協議書を持ち込んで認証してもらいます)、郵送時の紛失等のリスクを考えると、可能であれば一時帰国等の際に取得してもらった方がいいかもしれません。 不動産の相続登記手続きの際には、登記簿に記載する住所を確認するために、不動産を取得する方の住民票を提出する必要があります。 この場合、日本に住民登録がない方は、住民票の代わりに各国の在外公館で取得できる在留証明書を提出することになります。 海外在住の方が不動産を取得されるのであれば、サイン証明を取得する際に忘れずに取得してください。 サイン証明を公証役場でしてもらう場合は、事前に在留証明書を取得して帰国してもらった方がいいでしょう。 なお、すでに帰化されて日本国籍を喪失されている場合は、この他にも本人であることの証明書等が必要になることがありますが、この場合、書類の収集や各機関との調整が非常に大変なため、専門家に依頼されることをおすすめします。 相続登記や預貯金の解約を司法書士に依頼する場合は、遺産分割協議書の作成も行ってくれるところがほとんどです。 相続税申告を税理士に依頼すれば、なるべく節税できるような遺産分割案を提案してくれるでしょう(相続税に強い税理士に限ります)。 本当に相続手続きに精通した専門家であれば、自分では気づかなかった協議書の問題点も指摘してくれるので、各種手続きを依頼される予定であれば協議書の作成段階から依頼されるのがいいと思います。 なお、税理士は業務の一環として遺産分割協議書を作成できるという明確な法的根拠がないため(作成したために処分された等の話は聞いたことがありませんが)、依頼する税理士によっては協議書の作成は断られる可能性があります。 その場合でも作成してくれる行政書士等を紹介してくれるとは思います。 税理士、行政書士両方登録している方であれば問題ありません。 どの専門家に相談すればいいかわからないという方は、相続全般に強い司法書士への相談をおすすめします。 司法書士は相続登記業務の一部として、あるいは司法書士法施行規則31条が定める任意財産管理業務の付随業務として、遺産分割協議書の作成依頼や作成についての相談を受けることができます。

次の

遺産分割協議証明書の書式、ひな形、書き方

遺産分割協議書 雛型 書き方

「遺産分割協議書を作るのはなかなか大変だ」と戸惑う方も多いと思います。 このページでは遺産分割協議書の書き方と遺産分割協議の進め方を解説します。 預金の遺産分割協議のやり方 遺産分割協議は相続財産について誰にどのように相続するかを全相続人で協議する場です。 ここでの話し合いの結果を遺産分割協議書の形にまとめることになります。 一般的には以下のような手続きになるでしょう。 相続人を確定させる 相続人を確定させるためには、亡くなった方の戸籍を取るのが第1です。 市役所によっては、「亡くなってから死亡時までの戸籍ですね。 」と案内してくれます。 不動産登記の移転の時には、この亡くなってから死亡時までの戸籍が必要になりますので、一石二鳥ですね。 全相続人に対して遺産分割協議の開催を知らせる 知らせる方法としては配達証明付でおくることも考えられるが、電話のほうがおすすめです。 なかなか、亡くなった後でお話しづらいかもしれません。 ずっと連絡を取っていない親戚ですとなおさらです。 しかし、できるだけコミュニケーションを図り、信頼関係が深めるとその後の遺産分割協議はスムーズにしやすいということはいえます。 遺産分割協議を行い、まとまったら遺産分割協議書に署名捺印(実印)をする ポイントは遺産分割協議を円滑にすすめるために、事前に案を提出しておくことです。 当日はみなさんの反応を見ながら構築していくのも一つですね。 ありがちな話ですが、この遺産分割協議書案を作成・提示し、遺産分割協議をせずに署名捺印と印鑑証明をくれということは、その後のトラブルの引き金になることがほとんどです。 コミュニケーションをとらずに、納得しないうちに勝手に手続きを進めると、そのときは手続きがすんでも、後々しこりが残るものです。 このように遺産分割協議は、できるだけ円滑に進めるために事前に準備をし、仲良くすすめていきましょう。 ここで争うとその後はどうすることもできなくなってしまいます。 なお、銀行によっては、預金解約のための書類を用意しておくところもあります。 実質この資料は遺産分割協議書と同様のものです。 預金の遺産分割協議書の書き方 遺産分割協議書の書き始め 遺産分割協議書の書き方ですが、「遺産分割協議書」の表題の後に、始めに関係人の一覧を記載し、その後に合意した旨を書きます。 以上のように、相続人関係者をまずは記載したのちに、柱書のように合意した旨の記載をします。 ただし、柱書の文面については、「合意した。 」のほかに「分割した。 」などなど、趣旨に合うような文面であれば大丈夫のようです。 預金についての文面 預金については、預金口座番号、残高などの情報を書く必要があります。 1 次の預金について、鈴木次郎が取得する。 1 次の預金について、鈴木一郎と鈴木次郎が2分の1ずつ取得する。 あまり、難しく考えずに上記の文面に当てはめて記載してみてください。 最後には、日付と相続人全員の署名捺印をお忘れなく。 書き方のまとめ 預金の場合は、不動産のように共有という話もありません。 結局のところ現金化しますので、そのまま現金を分けることになります。 よって、預金のみの遺産分割協議書については気楽に考えてください。 注意点 遺産分割協議なしは危険 最近問い合わせが多いのですが、協議なしに遺産分割協議書などの書面に署名を求められたというケースがあります。 よく読んで意味を理解してされるなら良いのですが、言われるがまま署名してしまうのは大変危険です。 協議なしだとしても、せめて説明をもとめ、理解してから署名捺印してください。 印鑑証明はむやみに渡さない 上記に似た話で、他の相続人から印鑑証明を実印をそのまま渡す方もいらっしゃるようです。 いくら信頼していたとしても渡さないのが鉄則です。 本当に信頼できる方でしたら、通常は遺産分割協議を行い、話し合うことを怠らないと思います。 遺産分割協議書は契約書と同様 遺産分割協議書という言葉はあまり聞かないからでしょうか?その重要性を知らない方が大変多くいるように思います。 遺産分割協議書は預金や不動産など財産の所有権を決める契約書のようなものです。 よって心してかかるべきと思います。 また、いったん作成した遺産分割協議書はしっかりと手元に保管してとっておくことをおすすめします。 何十年間か後に次の相続が発生すると思いますが、そのときにどのような過程でこの財産を引き継いだのかなども確認できますからね。 まとめ 以上遺産分割協議書についてお話しましたが、「協議書」の書き方も大事ですが、なにより「協議」そのものが大事です。 協議そのものがなされていればお互い安心して相続手続ができます。 なによりももめたくないですからね。

次の