スターミー 夢特性。 【ポケモン剣盾】スターミーの進化と入手方法【鎧の孤島】|ゲームエイト

スターミー育成論

スターミー 夢特性

どちらかというと使用者が遅い+麻痺技覚えないのが問題か。 もう少し速ければ怯みに期待できるし、麻痺と合わせれば32%行動不可で岩雪崩とかより高い。 現時点だと、ロッカ積んでダストダスがロックブラスト撃ったときに平均26. 5%の怯みをどう思うかで変わると思う。 道具と特性の違いこそあるがあの戦法が高く評価されたわけでもないのだし。 他にもねむりごな持ちも結構スカーフだったりするし、 食べ残し持ちながらあくび連打するカビゴンとかもいるし、HGSSであくび習得は増えたからな オコリザルを催眠に読みで出すこともないって意味分からないんだけど。 確定で落とせなくても大ダメージを二匹に当てられるのはかなり痛いし。 でも読めさえすれば、ダブルならほぼ全員が持っているまもるでも防げるわけで。 以前はいつ誰が爆発してくるのかわからない状態だったが、今は使っても相手に致命傷を負わせられるポケモンが グロス、カビゴンなど数えるほどしかいなくなったし。 そもそも爆発を持ってるポケモン自体が珍しいという現環境じゃ、特性をこれにしてまでメタる必要があるのかどうか疑問。 たとえ所持率が下がっていたとしても、結局は大爆発を覚える相手には持ってる前提で動かなきゃいけないから、 しめりけがあればその読みが不必要になって便利だと思うけどな。 その1回も半分ネタみたいな感じだった。 「持ってる前提で動かなきゃいけない」て言うけど、これも無い。 いつも爆発無視して立ち回ってるけど何も起こらない。 現仕様じゃ、1匹失う分に見合った被害を与えることは難しいから当然。 仮に爆発されてもこちらが不利になることは少ない。 だから読まない。 横でも平気で爆発してくるし、ムーブしながら爆破なんてのまである 上にもあるが、しめりけが無ければ爆発が防げないわけではない。 守る見切り、ゴーストや鋼や岩タイプでも十分対策できる。 そしてそちらの方が汎用性がある それと爆発の採用率の低さ、「十分な脅威」を与えられるレベルの爆発の使い手の減少、 万一爆発が直撃された時の実際の被害量、湿り気以外の特性の有用性、 などなど総合すると、選ぶ価値は低いと言わざるを得ないと思う。 だったら激流でいいんじゃないかって事になる。 爆発警戒なら、最悪片方は常にまもるすれば被害抑えれる。 フェイントには注意して。 戦術が皆無ってことは無さそうだが、使い手のマイナー率高いかな。 定番パターンで阻止も狙いやすいがドータクンの草技が気がかり。 まきびし毒びしと砕ける鎧を両立していたら狙い目。 ただしタネ爆弾を覚えるため居座っての自爆待ちは博打。 そのまま居座る選択肢も持っているが、水タイプの突破はされ辛い。 ベロベルト:タイプ一致大爆発。 後続サポートしないので先の議論の通りタイプで受けるが吉、パワーウィップと10万ボルトがあるため湿り気受けは自殺行為。 BW2ではこの特性を持つブルンゲルが固定シンボルで出現するが、そもそも爆発効かない・他の特性が優秀という点から使い道はほぼ皆無。 するどいめ• 自分の命中率が下がらなくなる 相手の回避率上昇は防げない。 つまり影分身や小さくなるには対抗出来ない。 命中率低下は交代で解除されるのでシングルバトルでの使用率が著しく低いのも事実。 ダブルでは濁流の使用率が高いが、耐久に難があるものが多く、命中が下がる前に倒される。 エビワラー・エアームド・ヨルノズクは、もうひとつの特性が強力なため出番がない。 夢特性以外でこの特性のみを所有しているポケモンはペリッパーとオニドリルのみだが、仮に命中ダウンを防いだところでそれを生かした戦法が取れるか疑問 あとだしを使わないヤミラミと、もう一方の特性が非戦闘用のにげあしであるオオタチの場合はこれに固定される。 5倍上がるぐらいしてくれてもいいのにな。 ゴーストにどくどくは有効なはず。 電磁波のイメージのせいで変化技にも相性が関係すると勘違いされやすい…。 この中で最速のノコッチが、特性が発動して素早さが1段階上がっても、130族が抜けないどころか100族も抜けない。 93族と同速になる。 一応、パールルとウソッキーは素早さ2段階上げる技と合わせることができ、最速で種族値150まで抜ける。 そもそもこれらのタイプはサブとしてあまり使われない。 ダブル・トリプルで袋だたきして素早さを上げても攻撃力は変わらないので微妙。 だが、バレにくいという利点はあるか。 ちなみにコイキングやポチエナなど進化前の所有者が多い。 こいつは最速で1回びびり発動するだけでアギルダーが抜けるぜ! …だからなんだと言われればそれまでだが。 ふくつのこころ• 所有者:ルカリオ せいしんりょく 、エルレイド 夢特性:せいぎのこころ• 体重が2倍になる ヘビーボンバーが高威力になる範囲が増える 考察外だがフィールド効果で拾えるアイテムはあまいミツのみと明らかに安価で入手出来るアイテムなので特性で拾う程の旨みがない 一応BWであまいミツを入手するにはこの特性と野生のミツハニーが持っている物を奪うしか無い。 HGSSではポケウォーカーで可。 メロメロボディ(第4世代)• 所有者 夢 :ミロカロス ふしぎなウロコ• 相手の使った道具を拾ってくる• エテボがバトン後に再び出す場合にどうだろうか?• 半減実の場合・・・マッスグマとパチリスは論外。 エテボなら見込みはある。 ヨプもちでエテボに格闘技打ってきそうなポケモンがどれだけいるかによる。 狙うなら格闘ジュエルの併用を。 オボンの場合・・・耐久パチリスならいつ拾えても無駄にはならない。 エテボは拾えても確定数変わるのかという疑問はつく。 ラムの場合・・・電磁波やいばるを撒けば拾えるかも。 だが狙って拾うのは難しい。 ラムを拾うために持ち物なくすとかはできないだろし、拾っても活かすのは難しい。 ジュエルの場合・・・本気で狙うならタスキを持つべきか。 決まるときは決まりそう。 約100回以上試行 ダブルトレインぐらいだったらエテボース以上の素早さがほぼいないので、鋼・格闘・先制技持ち・追い風エルフーン以外に敵無しです。 又、風船を投げつけるで割った際には拾いませんでした。 2 の方が良いと思います。 ノーマルジュエルで1体を確殺するか、1体を怯ませながらダメージを与えるか、上記の様に2体とも嵌めるかは自由ですし。 条件を満たせば拾った直後に使うみたいです。 よわき• 所有者:アーケオス• HPが半分になると攻撃と特攻が半分になる ヒートスタンプとヘビーボンバーのダメージが上がってしまうという欠点があるが、ヘビーボンバーはもともと半減で、 ヒートスタンプは弱点突かれるが・・・ ハッサム:素で威力40、ライトメタルor軽石で威力60、ライトメタルと軽石で威力120 レジスチル:ライトメタルor軽石までは威力40、ライトメタルと軽石でギリギリ威力60 メタグロス:ライトメタルと軽石でも威力40 ……と、ハッサム以外は大して気にする必要がない。 まあもともとエンブオーに決定打がないハッサムでエンブオーに居座ること自体アレなんだが・・・ (というか、威力が不安定で使用率が低いヒートスタンプについて長々と考察すること自体ネタのような気がする) ちなみにドーブル 58kg はライトメタルで軽石を持ったハッサム(29. 5kg)にすら威力40になってしまう。 なのでそれより軽いポカブ 9. 9kg とチャオブー 55. 5kg は勿論ほぼ全てのポケモンに威力40なので論外。 数少ない所有者であるマニューラ、ダーテングが弱点が多くその上メジャー。 耐久もお世辞にも硬いとはいえない。 相手の道具を盗むには、こちらが道具を持っていないのが条件であり、活用させるためには実質的に道具を持たせられないのは痛い。 相手の道具を潰したいだけなら「はたきおとす」「ほしがる」などを覚えたポケモンを使えばいい。 拘り系もトリック食らった時と固定のタイミングが違う所為でカウンターが固定されたりするし。 プレッシャーと比較して語ってるけど、比較しなくてでも役立つ場合じゃないと消すには至らないだろうさ。 両方が死に特性化しやすいし、有用性ほぼ同じなら両方が載りかねない、けどプレッシャーのほうは他のやつが役立ててるから載らないってこと。 」から始まる「プレッシャー>>てぐせ」系の意見を指したつもり ……と、書いたところで上の発言も何度か書き直していたせいか語尾がちょっとおかしくなっていたな。 「有用性ほぼ同じぐらいのプレッシャーが載ってないんだからこっちも消せ」みたいに見えてたからそれに反論しての意見になってた。 コメパン放ってきたグロスのラムやオッカをパクるとかはそこそこある タスキで耐えたら耐えた瞬間奪えるし.

次の

【ポケモン剣盾】スターミーの進化と入手方法【鎧の孤島】|ゲームエイト

スターミー 夢特性

効果 最後に技を出すとその技の威力が1. 3倍になる。 説明文 ・ いちばん さいごに わざをだすと つよくなる。 一番 最後に 技をだすと 強くなる。 ・ いちばん さいごに わざを だすと わざの いりょくが あがる。 いちばん 最後に 技を 出すと 技の 威力が 上がる。 所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい 特性1 特性2 こんなときに使おう 後出しを前提とした珍しい特性。 の低いポケモン 、など は恩恵が大きいが、先述の2体は他の特性も優秀であるため、採用に迷うところ。 一方スターミーなどのすばやさが高いポケモンの場合、後攻になって1. 3倍するよりも先攻で2発撃った方がダメージが多い。 相手の交代時には威力が上がるため発動タイミングがないわけではないため、やはり他の特性との相性次第。 で仕様が変更されたと違って、相手のによって結果的にこちらが後攻になった場合でも効果が発揮される。 ・ではこの特性を持ったポケモンが最後に行動しないと効果が発揮されない。 攻撃する相手より後に行動しただけでは効果は出ないため注意すること。 ・によるダメージは強化できない。

次の

VC金銀の限定技 ポケモンバンクで連れてきたいオススメポケモン

スターミー 夢特性

図鑑説明 、 きかがくてきな ボディーから うちゅうせいぶつ ではないかと じもとでは うたがわれている。 、 、 まんなかの とよばれる ぶぶんは に かがやく。 これを ほうせきにする ひとも いるという。 と よばれる ちゅうしんぶぶんが に かがやくのは つうしん しているからだと いわれている。 、 からだの ちゅうしんで に から うちゅうに むけて でんぱを だしている といわれる。 からだの ちゅうしんに ある と よばれる ぶぶんが に かがやく ことから うみのほうせき という べつめいを つけられた。 ほしがたの からだを の ように かいてんさせて すいちゅうを およぎまわる。 ちゅうおうに ある が に。 おだやかな うみに うつった よぞらの ほしが すがたを かえて スターミーに なったと おおむかしの くうそうしていた。 、 からだの ちゅうしんにある から よぞらに むかって な でんぱを はっている。 に かがやく から うちゅうに むけて でんぱを だし なにかしらの こうしんを している。 かがやく から な でんぱを そしん していると いう。 ちかづくと ずつうが することも。 スクトな ボディの せいで うちゅうからの しんしゃ ではと じもとの うわさ している。 に「みずのいし」を与えることでする。 分類は「なぞ」ではなく「なぞ の」。 分類が名詞ではないは今のところスターミーのみである。 ダ、の切り札。 序盤にしては高いを誇り、として有名。 特に「」が強で、最初にを選ばなかった場合対策は必須。 はのでも切り札としてスターミーを用している。 の頃は やと並んで、対戦ではにいて当たり前だった。 当時は「」や「」といった一致技で弱点を突ける(炎、岩、地面)のの出番が少なく、大抵「」で出来てしまうため、覚えさせる人は少なかった。 大抵は「」、「」、「」に、いた技に「じこさいせい」や「」を入れるのが流だった。 でも昔と同じ技構成で戦える数少ない(やの当時の技構成はもはやの域)。 当時の技から「」を「」に変える、「」か「」を抜いての技を入れるなど、多少手を加えるだけでもある程度戦っていける。 とは言えのでは少し不足。 「ちいさくなる」を使ったが台頭してきているが、初代で猛威を振るった「」への回帰なのかもしれない。 「じもと」とはどこだろうか。 対戦でのスターミー• 攻撃範囲の広さとという高いすばやさが特長の速攻アタッ。 扱いやすく、のにもオススメの。 強敵の多いに先制で「」を撃つことができ、同じにも「くさむすび」や「」で撃退できるのででは大活躍。 「しぜんかいふく」により、交代できればでを殺されないのも強み。 一致技2種と「」、「」のアタならほとんどのの弱点を突くことができるが、その場合「」が来るとるので「」などの補助技もひとつは欲しいところである。 悩ましい。 ただ、特攻や技の威が特別高いわけではなく、特攻を上げる積み技も持っていないため、正面からのには向いていない。 苦手な相手は や、など。 第五世代で「ちいさくなる」が回避率二段階上昇になり大幅に強化され、「ちいさくなる」と「」をくみあわせた居座りが非常に強。 ただし嫌われやすい戦法なのでで対戦する時に使うのはほどほどに。 「はっこう」はでは全く意味のない。 半分ではあるが「スワップ」で対戦相手に「はっこう」を押し付け、頼りのを機停止させる使い方はできる。 は「アナラ」(最後に技を出すと技の威が1. 3倍になる。 相手の交代時にも適用)。 すばやさが高いスターミーとの相性は良くないが、相手の交代時にも効果が得られるため、受けに出てくるに圧をかけられる点は、素のがなスターミーにとって魅的。 第五世代は性別不明が遺伝されなかったが、第六世代では遺伝の変更により、性別不明でもが遺伝出来るようになったので、アナラの厳選は大きく下がっている。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の