吉幾三 おらこんな村いやだ。 俺ら東京さ行ぐだ(吉幾三) / コード譜 / ギター

【音楽】吉幾三のラップがすご過ぎる!

吉幾三 おらこんな村いやだ

かつてカラオケ用として使われていたカートリッジテープ(空のオーケストラのみを収録した、本来の意味の「カラオケ」)。 テープは民生にも販売されたが、再生機器(かける機械)がバーなどの業務用にしか普及しないまま、1984年当時はカラオケへの移行が始まっていた。 もっとも歌詞に登場する「カラオケ」は、過疎の村にも存在はしたであろう「空の」のことを指している気配もある 吉は(昭和52年)に最初のヒット曲「俺はぜったい! プレスリー」を発表した後、ヒット作に恵まれない低迷期が続く。 のLPレコードでに触れ、そこから着想を得て作った。 本楽曲を各レコード会社に売り込むも、全て断られてしまう。 最終的にが数百万円で吉から原版権を買い取り、この千の支援により(昭和59年)に本楽曲がリリースされた。 本作は当時のオリコンではチャートではなく「、」チャートでランクインしていた。 これ以前にもや、らがラップテイストの強い曲を発表しているが、ラップ音楽の特徴であるを(自虐的ではあるが)盛り込んだところに特徴がある。 本作のジャケット写真はにて撮影され、「」2016年4月15日放送にて撮影のエピソードと番組スタッフの探し当てたジャケット撮影地でアナウンサーがジャケット写真を再現した写真が紹介された。 1985年のでは年間21位を記録した。 オリコン発表の売上枚数は35. 1万枚。 (JASRAC)の著作権使用料分配額(国内作品)ランキングでは、度の年間9位 を獲得した。 反響 [ ] 1975年頃の五所川原市中心市街地。 「車もそれほど走っていない」のは'50~'60年代とされる。 「俺らの村には電気が無い」実態としては、東北の山間部では1950年代まで未電化 無点灯地区 である事が珍しくなく 、岩手県では既存集落では1962年まで、では1988年までが無点灯地区として残り続けていた実例がある。 を基に作成 賛否両論の大反響 吉幾三本人が後日語ったところによると、歌詞の「ももももも無い」など自虐的な部分が、発売当初は出身地である(現:)から「うちはそんなにじゃない」と猛抗議を受けたという。 また、日本中の小さな農村から「ふざけるな!! 」「オラたちの村をバカにしてるのか!? 」と凄い数のが押し寄せてきたとも語っている。 しかし、彼自身の幼少期である1960~70年代においては、本当に歌詞の内容と近いものだったという。 一方で、曲の全国的大ヒットを喜ぶ人も地元に多くいたことから、賛否両論を巻き起こした曲ともいえよう。 レーザーディスクの宣伝 「は何者だ?」と歌詞にあり、後日製造元のから「レーザーディスクの宣伝になった」ということで、吉にレーザーディスクの再生装置と一部の映像ソフトが贈られた。 その後しばらくの間「レーザーディスクは化け物だ!」と歌詞を変えて歌っていたという逸話もある。 また、『』でゲスト出演していた吉が同曲を披露した時には、当時のスポンサーのパイオニアにちなんで「レーザーディスクはパイオニア!」と歌っている。 歌番組 この曲がで流れたところ人気が急上昇し、生放送の番組である『』()の「今週のスポットライト」コーナーに登場することになったが、本人が緊張のあまり途中で歌えなくなってしまい、再度歌い直すというハプニングが起きた。 また、本番中に本物のを演出のためにスタジオに持ち込み、エンディングの絶妙なタイミングでこの牛が鳴いている。 『』()では、吉の地元の北津軽郡金木町にあるから地元の人達が見守る中、生中継で歌ったこともある。 (昭和60年)放送の『』()では、スタジオに集合した金木町民をバックに歌っている。 青森県では、この年の4月からでこの番組のネットが始まったばかりであった。 紅白歌合戦 1985年屈指の注目曲であり、当然ながら「」出場も有力視されていたが、 当時の女性誌の紅白出場歌手予想コーナーにて、歌詞の中に「レーザーディスク」という実在の商品名や、を「おまわり」と表現している事などが問題視され、「『レーザービデオ』などに歌詞を変えたらどうか?」と提案されたが、吉が、年末年始は家族サービスをしたい意向があったのと「歌詞を変えてまで出る気はない」と拒絶している事が「関係者」のコメントとして報じられ [ ]、実際に紅白出場はなかった。 その他 この曲がを中心にヒットチャートを上り始めたことに注目したは、にプロモーションの一環として、吉本人主演による『俺ら東京さ行ぐだ 〜純情篇〜』を製作。 1985年にビデオ、同年にレーザーディスクが発売された。 2018年5月ににてテレビ初放送。 作品発表から24年が経過した(20年)には、この楽曲がきっかけで、上において「」(後述)が起こった。 また同年には同曲へのアンサーソングと位置付けたシングル『NDA! [んだ!] 』をリリース。 こちらは調のアレンジがされ、15歳になって上京してきた主人公が田舎の大人から受けた「東京生活での注意」を思い出す内容となっている。 アレンジ曲 [ ]• 12月21日、ハード・コア・ボーイズ が「俺ら東京さ行ぐだ」の版である「ほうらいわんこっちゃねえMIX」をリリースする。 同曲はの草創期の一曲であるとも分類されるが 、余りにもとしての色彩の濃い歌詞であった事から 、正式リリースはされず 少数の見本盤がプレスされるに留まった。 本作発表から6年後の、吉は同じメロディーで歌詞の違う「これが本当のだ!! 」を発表した(『吉幾三全曲集〜酔歌』 1990年8月25日発売、徳間ジャパン、TKCL-30129)収録)。 こちらはゴルフが下手な人を主人公としている。 1999年、テクノユニットのレオバルドンが本作をサンプリングした「No Disco City」を7インチレコード『田舎 EP』に収録した。 2001年発売のCD『Cake or Girl』、2009年発売のCD『レオパルドンのびっくり音楽せいぞろい』にも収録されている。 2008年8月23日、製作集団の秋葉工房に所属するが、本作をリミックスした「俺ら東京さ行ぐだ [Super Euro Mix]」をニコニコ動画に公開。 2016年、「」のCMに替え歌が起用され、吉が歌唱参加している。 2019年、「TYO By Shinkansen」のCMに替え歌が起用され、ら出演者が劇中で歌唱している。 2019年、のCM「ギガ国物語 カラオケ編」で替え歌「俺らギガが無ェだ」が起用され、・・・が振り付きで歌っている。 2019年、現地オプショナルツアー予約サイトが名古屋・福岡地区限定のCMにて替え歌「俺らこんな旅いやだ 女子旅篇」として起用。 CMの最後には本人も登場している。 収録曲 [ ]• 俺ら東京さ行ぐだ• 全作詞・作曲:、編曲:野村豊 カバー [ ]• 2003年5月21日、が「俺ら東京さ来ただ」のタイトルでカバー(シングル「TOKIO」(、WPC6-10251)収録)。 こちらは、上京した主人公が故郷の田舎へ帰ろうとする歌詞。 2006年8月9日、がダンスミュージックでカバーしたシングル「俺ら東京さいぐだ I'LL GO TO TOKYO! 」(、DDCG-3004)が吉の公認でリリースされている。 後にの用音楽ゲームソフト『 12いろは』に版権曲として収録されている。 この曲は「俺ら東京さ行ぐだ」の続編という位置づけで、都会の荒波に飲み込まれ自分を見失ってしまった田舎者の悲哀を歌っている。 作詞は諸星が手がけ、歌うにあたって諸星が吉を7年がかりで口説いたという。 シングルのカップリングには同曲の英語版「. I a'int got」が収録されている。 2016年11月25日、同レーベルに所属する女性アイドルユニット、が配信限定でカバー。 楽曲はによるリミックス。 で配信されたジャケットデザインはオリジナル盤を想起させるデザインとなっている。 このカバーを聞いた吉は「妙なトコに目を付けましたねぇ」と述べた。 2019年4月3日、元ののデビューシングルとして「『俺ら東京さ行ぐだ』〜わぁ青森が好ぎだver. 〜」 の曲名で、一部の歌詞を変更してカバーした。 映画 [ ] 、この楽曲をモチーフにした映画がの製作・配給により公開された。 東京でカメラマンの助手として働く息子と、その生活ぶりに落胆する両親との確執を描いた人情コメディ。 吉自身も運転手役で出演している。 同時上映は「」。 90年代に「スーダラ伝説」による植木等再評価ブームに乗り唯一のテレビ放送がなされた。 上映後にビデオが発売されたが廃盤となりDVDも未発売である。 キャスト [ ]• 野々宮元 -• 里中伸子 -• 野々宮耕三 -• 野々宮あや -• 野々宮健三 -• 野々宮雪絵 -• 福士絹代 -• カメラマンA -• カメラマンB -• カメラマンC -• まゆみ -• 永田町の巡査 -• 農協の理事長 -• タクシー運転手(幾田吉三) -• 老マスター - (特別出演)• モデル - 加藤ゆかり• 、、、、、、 ほか スタッフ [ ]• 監督:• 製作:近藤良英• 脚本:、• 撮影:安田浩助• 編集:鶴田益一• 音楽:、上柴はじめ 挿入歌 [ ]• 吉幾三「俺ら東京さ行ぐだ」• 新藤栄作「ワッショイ -最後の楽園-」「青春小説」• 作詞:、作詞:• 柏原芳恵「」• 作詞:、作詞: IKZOブーム [ ] 4月頃から、やなどを中心に、他のアーティストの楽曲とこの曲のや、この曲自体のやがブームとなった。 これをきっかけに、ニコニコ動画内では IKZO IKUZO の愛称が自然と定着し、これはのちに公式の愛称となった。 その後もの題材として多数のマッシュアップ作品がアップロードされている。 これらのアレンジは個人が非公式で作成したものであったが、吉はこのブームについて「温故知新。 私の曲に限らず昔の曲が注目されるのは音楽業界にとって喜ばしいことだ」「ジャンルは違うが音楽の基本は底辺で共通する部分が沢山ある。 私の昔の楽曲との間にたまたま同調する部分があったのではないか」とコメントし、好意的に受け止める姿勢を見せた。 その後、吉から2008年に開かれたニコニコ動画の公式イベント『2008』に花が送られた。 同月にはこのブームがきっかけで、(ニコニコ動画を運営するの親会社)が運営する携帯電話向けコンテンツ「dwango. jp」で本人の肉声ボイスが配信されることになり、ニコニコ動画でそのレコーディング風景が公式の動画として配信された。 7月28日にはドワンゴのプロデュースでニコニコ動画上に本人自身が出演した「IKZO 本人ver. 」がリリースされるに至った。 同年10月1日には「上京した主人公が、親に忠告された言葉を思いだす」という設定で書かれた、吉自身の作詞作曲による「NDA! [んだ! ]」(、TKCA-73354)が発売された。 さらに同年11月19日には、ブームのきっかけとなったマッシュアップの作者と吉自身による完全新規レコーディング曲を収録したマキシシングル「IKZO CHANNEL 441. 93」(徳間ジャパン、TKCA-73386。 「441. 93」は「よしいくぞう」の語呂合わせ。 )も発売され、吉本人もIKZO名義でプロモーション活動を積極的に行った。 しかしその一方で、一連のブームが一段落した2010年ののインタビューでは「(IKZOブームは)全くわからん。 何やってんだか。 『どうなってるか』っていう説明も受けたくない」という発言も行われている。 ただし、歌ネット及び2015年の読売新聞のインタビューでも、「若い世代が自身の楽曲に親しんでくれる事自体は良い事」という、2008年時点の基本姿勢には変化はなかった。 2019年9月12日、吉はにて全編の歌詞のラップ、「TSUGARU」をリリースした。 同曲は「俺ら東京さ行ぐだ」の流れを直接汲んだ楽曲であると認知されている。 Youtubeで公開された公式MVが2週間で200万再生を超えるなど好評だった事から、同年10月30日にはCDリリースも行われた。 脚注 [ ] []• 213. スポーツ報知 2009年7月16日. 2009年5月30日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年7月16日閲覧。 、日本音楽著作権協会、2020年。 - 、2018年12月13日。 - 農業協同組合新聞、2018年12月18日。 80'sポップスHITヒストリー〜」2004年12月、 (p. 130)• 1985年2月7日放送回のこと。 監督:、脚本:高梨安英、、出演:、、。 収録曲:「俺ら東京さ行ぐだ」、「ヨイ・ヨイ・ヨイ」、「故郷」、「酒もって来い! 」、「」• 歌謡ポップスチャンネル. 2018年5月3日閲覧。 がプロデュースし、、、、、DJ K. Oらが参加した音楽ユニット。 - goo人名事典• - 韻踏み夫による日本語ラップブログ• - Fried Oysters Excitement!!! 、 SLAP LOVER RECORD。 産経ニュース. 2016年4月22日. 2016年4月25日閲覧。 CM Watch. 2019年3月22日. 2019年4月11日閲覧。 cinra. net. 2019年4月19日. 2019年4月24日閲覧。 exciteニュース. 2019年12月13日. 2019年12月17日閲覧。 2018年6月21日閲覧。 音楽ナタリー 2016年11月25日. 2018年6月21日閲覧。 、、2019年4月2日。 最後の方でそのタクシー運転手とは別人の吉幾三本人役でも出演している。 『』2008年7月号176ページ• ニコニコ動画 2009年7月16日. 2009年7月16日閲覧。 ニコニコ動画 2009年7月16日. 2009年7月16日閲覧。 - 、2008年7月30日。 (インタビュー日付:2010年3月9日)• - 、2015年2月12日• - 参考文献 [ ]• 『1984年の歌謡曲』〈イースト新書〉、2017年2月。 関連項目 [ ]• アルバム.

次の

おらこんな村いやだ~♪

吉幾三 おらこんな村いやだ

クワを持って走り出した吉幾三率いる東軍の運命はいかに。 そして、吉幾三の涙の理由とは……。 このキャンペーンは、『クリユニ』ののツイート&公式動画視聴で吉幾三率いる東軍のPOWERが増え、増えていけばいくほどゲーム内で使える豪華な報酬が獲得できるようになっている。 毎日ログインすると合計3300Gがもらえる。 期間:4月28日5時~5月8日23時59分まで 第2弾:ゴールデンウィーク限定スペシャルパック登場 大量のスピードアップや装備素材が入ったお得なパックが期間限定で登場。 ゴールデンウィークパックを手に入れてほかの同盟と差をつけよう。 期間:4月28日11時00分~5月8日23時59分まで 第3弾:四天竜降臨 四天竜のカードが手に入るイベントがついに開催。 開催期間をチェックして、仲間と共にどんどん四天竜を倒そう。 ワルキューレを倒すと手に入る素材を集めると専用装備を作ることができる。 新たな武器を手に入れよう。

次の

「気仙大工」新(ケセン語)ブログ

吉幾三 おらこんな村いやだ

選挙も終わり また 元の静けさ、今から23年前、正しく現在の世を予想した歌詞。 作詞・作曲 歌手 吉幾三「おらこんな村〜いやだ」 考えると、23年前の予想が完全にあたっていますねえ。 今年は選挙の当り年、イノシシ年12年に1度必ず来る。 そして、国民に選ばれた議員、国・地方問わず、ほどんとがサラリーマン議員。 足元の事や、国家観の無いのが大多数、当選後にはなにをするかは、マスコミの毎日の報道でご存知の通り、如何に我が懐だけを気にして、日々を送り地元に帰ると、微微細際まで我が手柄の報告。 その実、どこかに金が転がっていないか、耳目がそちらの方を向いている。 バッチを付け、床の間に座る以外に何を考えているやら、超田舎は「少子化・高齢化」今後をどう考えているのかの話などは全然と言うくらい無い。 「道路つくり」橋かけをどうのこうのぐらい、建設土木屋さんの使い走りを、胸を張ってやっているぐらい、それをやると後で懐にご馳走が転がってくる。 それが「丸い団子」(談合)の材料となり、両手の手の平になるべく転がし程丸くなる。 自然界は「丸」、「円」が出来るのは当たり前だ、それで「縁」をつくり、益々の「円」の方に向いて行く流れ、逆らうとスッペ返しが来る。 ・・・・・・・・おお怖い。 闇の世界と行ったり来たりでないの。 もう一度歌詞の中味を読んで見よう。 その後は替え歌ブログを作っている方のが面白い。 最後まで行くと都会の事情が見えてくる。 」 今度カラオケで歌おっと。 題・・・東京国際金融街構想・・・ あちらこちらで嘆息が聞こえますので、ネタにさせていただきましょう。 今後益々「超田舎」増え、そして消滅の運命が待っている。 残るは「強者共の夢のあと」、草木と石の世界のみ、人がどこにいるやら行方不明。 「南無阿弥陀仏」と手を合わし人のいない世界に、さあみんなで東京さ行こう。 9 6 2 2 5 17 20 16 12 19 10 20 21 13 15 22 27 13 3 3 6 8 6 7 9 3 21 16 21 30 30 20 29 27 18 23 20 14 26 24 29 29 19 30 29 20 23 10 4 27 29 26 28 27 22 16 9 12 11 5 9 9 24 8 9 3 5 9 6 8.

次の