この 両手 から こぼれ そう な 鬼 滅 の 刃。 「鬼滅の刃」20巻 のネタバレと感想と 純粋ゆえに哀しい…

164 www.zcash4win.com 天ノ弱 歌詞&動画視聴

この 両手 から こぼれ そう な 鬼 滅 の 刃

「冨岡が、血鬼術にかかったァ?」 ある日の夕刻。 任務へ出ようと支度中の不死川の前へ隠が跪いた。 「はい。 胡蝶様より連絡が…。 水柱様の治療のため今宵の警備担当地域の割り当てを増やしていただきたいと」 「チっ何やってんだァあの野郎…」 あからさまに不機嫌になりながらも、胡蝶からの手紙にさっと目を通す。 担当地域を頭に入れ隊服に袖を通した。 「…怪我はァ」 支度をする手を止めずに、ぼそりと呟く。 「は?」 「冨岡の馬鹿は怪我したのかァ?」 「いえ、仔細は聞いておりませぬ」 「ちっ…」 隠があっという間もなく、不死川は刀を手に屋敷を飛び出して行った。 「冨岡ァ!!」 水柱の屋敷に向かう道の途中で、目的を見つけた。 自分の足で歩いているし、見たところ怪我はなさそうだ。 今夜は休ませると胡蝶の手紙にあったが、軽傷なのか。 「てめェ血鬼術にかかったってどういうことだァ!?」 大声で呼びかけると、冨岡はパッと振り向いた。 普段表情の変わらない彼が、不死川を認識するとあからさまに顔をしかめて。 次の瞬間、脱兎のごとく逃げ出した。 「あっ待ちやがれェ!」 鬼の形相で追いかけ、ようやくその袖を捕らえる。 「顔見ただけで逃げやがるのはどういう了見だァ?てめェ」 何とか言いやがれ、と両頬を掴んでぐにぐにと引っ張ると、冨岡がすっと口を開いた。 「…俺を笑い者にしにきたのか、意地が悪いなお前は」 しん。 一瞬二人の間に静寂がおりる。 は?今なんつったコイツ。 笑い者?意地が悪い? 「ハアアアアアアアアアアアア!?」 「お前と会って嫌な気持ちだ。 とっとと帰れ」 冨岡はいつもの無表情だ。 端正な声で淡々と紡がれる暴言に不死川の怒りは頂点に達した。 「…ブっころしてやる!!!!!」 その後も、冨岡と顔を合わせる度に 「お前と会うと気分が悪い」 「今日もかっこ悪いな不死川」 「話しかけるな気持ち悪い」 怒りを通り越して、冨岡にこんな語彙力があるのかと感心するような悪口を吐かれた。 冨岡が休んだのは一日だけで、翌日には任務に復帰したらしい。 ということは軽傷で済んだのか。 不死川はだんだんと混乱していった。 こんなことになる前は、正直言って冨岡に好かれていると思っていた。 冨岡は断っても冷たくしてもおはぎを持って、人のうちの縁側に勝手に座っていた。 根負けしておはぎを口にするようになって、もう一月ほど経った。 初めて不死川がおはぎを口にしたときの、冨岡のへにゃ、とした笑い顔がおかしくて、声を出して笑ったら、「お前は笑えるのか」と目を丸くしてびっくりしているから、頭をはたいてやった。 「何か、嫌われるようなことしたかァ…?」 嫌われた、そう思うだけでチリ、と胸が痛み出す。 その感情が何なのか不死川には分かっていたが、振り切るように首を振った。 「クソっ、やられっ放しは性に合わねェんだよォ!」 不死川は駆けだした。 「胡蝶ォ!」 「あら、不死川さん」 診察室に駆け込むと、蝶屋敷の主はにっこりと微笑んだ。 「おい、冨岡はァ!?今日診察だろォ」 「先ほどお帰りになりましたよ、何か冨岡さんにご用ですか?」 「ご用も何もあいつタダじゃおかねえ、人の顔見る度にさんざん悪口言いやがってェ」 苛々と診察用の丸椅子に腰かけた不死川を、胡蝶は口元に手をあてて見つめた。 「まあ…」 「今日という今日は、ぼこぼこにしねえと気が済まねェ」 「あらあら、なるほど、そうでしたか」 人形めいた可愛らしい顔に満面の笑みが広がる。 そのままずいっと不死川に顔を近づけた。 「…なんだよ」 不死川は若干椅子を引いた。 こういうときの胡蝶は苦手だ。 何もかも見透かされそうな気がする。 「本来、患者さんの病状は守秘義務があるのですが…このまま拗れても、まあちょっと面倒なので」 発言の最後の方に毒気があったのは気のせいか。 そう思いながら不死川は胡蝶の言葉に耳を傾けた。 「冨岡ァ!!」 最近冨岡とは追いかけっこばかりだ。 案の定、超特急で駆けだした冨岡の背に追いすがって手首を掴んだ。 「…不死川っ」 「待てェ、おい」 「気分が悪い」 「そうかよ」 「お前に話しかけられると虫唾が走る」 「それでェ?」 両手首を掴んで引き寄せようとする不死川と、離れようとする冨岡でもみ合いになった。 「離せ、触るな」 首をふって逃れようとした冨岡の隙をついて、がばり、と抱き込んだ。 冨岡の肩に顔を埋める格好になる。 抱き着かれた冨岡は、抵抗は難しいと察したのかようやく身体の力を抜いた。 呼吸を使って全力で駆けっこと揉み合いをしたせいで、ふうふうと息をしている。 不死川はそのまま無言で抱き着いて離れようとしない。 「…聞いた、てめェがかかった血鬼術」 冨岡の息が収まるのを待っていたかのように、不死川が口を開いた。 「…思ってることと真逆のことを、べらべら喋っちまう血鬼術だってなァ」 両肩に正面から手を置いて、顔を覗き込むと、冨岡は黙り込んだ。 「…………」 「随分と熱烈な告白してくれたなァ?冨岡ァ」 「う…」 「何とか言えよォ、ほら」 冨岡は咄嗟に口を両手で塞いだ。 だが、その塞いだ両手の間から、言葉が溢れ出す。 「お前といるとつまらないし、悲しくなる」 「ん…ああ、嬉しいってことか」 「お前とは金輪際会いたくない」 「そうかァ、たくさん会おうなァ」 冨岡の顔は耳まで赤くなった。 口を塞いでいる手で今度は顔全体を覆って、耐えきれないというように身体を前に倒した。 「…嫌い、嫌いだ、不死川」 蚊の鳴く様な声でそういうと、とうとう冨岡は膝をついた。 慌てて不死川も膝をつく。 「…大嫌いだ…」 真っ赤な顔で恨みがましい目で睨みつけられても、可愛いだけだ。 「俺も大好きだぜ」 「もう、離れてほしい…」 「ん」 ちゅ、っと唇が重なって、よく言えたなァと頭を撫でられると胸がふわふわした。 「夢か…お前とこんな…うれしい」 思わず出た冨岡の言葉に二人で顔を見合わせる。 「ア?」 「治った…か?」 冨岡は、はくはくといくつか言葉を紡ぎだす。 「…治ったみてェだなあ、もしかしたらと思ったけどよォ、口吸いで治るなんて、まんまおとぎ話だなァ」 子供の頃に聞きかじった西洋のおとぎ話の知識がこんな所で役に立つとは。 そう得意気な不死川の袖を冨岡はそっと引いた。 「…治ったらもうしてくれないのか?」 拗ねたような口調で、唇を尖らせる。 無意識な流し目をくらって衝撃を受けた不死川に、その先の言葉は全部飲み込まれてしまった。

次の

こんなちびっこも読んでるの!? 児童クラブで働いたら『鬼滅の刃』人気を目の当たりにした漫画(ねとらぼ)

この 両手 から こぼれ そう な 鬼 滅 の 刃

敏感になった体に何度も何度もキスを落とすこの男。 こんな状況になった経緯が全く思い出せない。 「や…ねぇやだ、、、う…ずぃさ……。 」 ずっと胸を弄られている。 固くなった場所をつんつんされたりひっかかれたり時々ぎゅっと掴まれたり。 心臓が飛び跳ねて、同時に体もビクッと跳ねる。 「…っあ……。 」 自分の声じゃないような高い声が部屋に響く。 手が、足が、震えてして腰が浮く。 その度に男はにやりと笑う。 嫌な奴…俺が何も言えないのわかってる癖に。 少し口を膨らませて男を睨む。 宇髄天元。 この男の名前だ。 前世で鬼殺隊の柱として活躍し、3人も嫁がいて派手好きでうるさくてでも誰よりも熱い人。 俺たちを見る目はちゃんとした大人だった。 被った任務はあの1度きりだったけど、この人のことを好きになるには十分すぎるくらいだ。 かっこよくて、大人で、優しくて、強くて。 昔も今もずるい、大人。 俺に無いものを全部もってて羨ましい。 羨ましいけどそんな事を鼻にかけないのがこの人のいいところだと思った。 もーなんなの!?今世は静かに過ごせると思ったのに!!全然話聞かないじゃない!!なに!?なんなの!? 俺、男なんですけど!?!昔も今も!! まぁ、この人も男だけど。 そしてそんな男に恋する俺も俺か…。 「……。 」 宇髄さんは、微笑んでまた俺の体に唇を当てる。 ぞわっとしてぴりっとして。 知らない。 こんなの知らない。 のに、足りない。 「…っん…ぁあ……ひぅ。 」 恥ずかしくなって顔から火が出そうになる。 慌てて両手で顔を覆う。 この人に見られるくらいなら死んだ方がましだと。 もう二度と死にたくないくせに。 「…隠すな。 」 発せられた低い声にまた心臓が高鳴る。 もう飛び出しそうだ。 「……い、やだ。 」 そう簡単に見せてやるもんですか!いくら好きな人でも恥ずかしいんだよばーか!! 昔も今もこの人の手の中にいるのだと思うと苛立って腹が立ってどうしようもなくなるのにそんな気持ちがどうでも良くなってしまうくらいこの人の事が好きなのだ。 あの頃はとても言えるような雰囲気ではなかったし、第一余裕がなかった。 時間にも、気持ちにも。 苦しくて辛くて、ずっとずっとしんどかった。 泣き叫びたかった。 逃げてしまいたかった。 でも、みんなが俺の居場所はここだと引き戻すから。 あの場所が大好きだから。 我慢したんだ。 ここにいられるように。 気持ちを伝えられなくても傍にいられるように。 「善逸。 」 この大人はずるい。 いつもいつも俺のことをさらっていく。 気持ちも、俺自身も。 「それ以上手を出したら…冨岡先生に言いますよ…。 」 「……。 」 「なんか言えよ!!!」 「善逸。 」 「なんっんぅ……ん。 」 耳元で囁かれて体が反応する。 耳から首、腕、胸、腹と少しずつ気持ちいいところに唇が近づいてくる。 触れられた場所が熱い。 心臓がうるさい。 自分の音だと思うと余計に恥ずかしくなる。 「……ぁやだ…。 」 それを優しく握られてっぺんに軽く宇髄さんの唇が触れる。 大事なものを触るように優しく優しく。 「ひっ。 」 気持ちいいのと苛立つのとでぐちゃぐちゃになって手を伸ばす。 「……う、ずい……さ…。 」 きっと酷い顔をしているだろう。 嫌だな。 嫌われないかな。 そんなどうでもいいことをぼーっと考える。 宇髄さんは俺の涙に気が付いたのか腕を後ろに回す。 「そんな風に泣くな。 悪かった。 」 違う。 謝って欲しいわけじゃない。 謝りたいのは俺の方だ。 思いも伝えられず、この人より先に死んだんだ。 「善逸。 好きだ。 」 知らない。 そんな触り方も、喋り方も。 俺のことを大事そうに触るこの人を。 俺は知らない。 知らなかった。 「俺のをここに入れたい…善逸。 」 何度も何度も名前を呼ばれる。 優しく。 大切そうに。 大事そうに。 そんなに大事なのか俺の事が。 何も出来ない俺が。 ずっとみんなの後ろをついて行くだけの俺を。 大切だと。 大事だと。 優しく。 そういうのだ。 この男は。 「…は、やく……。 」 好きだ。 好きだ。 この人が好きだ。 ずっと好きだった。 伝えられずに死んだ事を悔やんでいた。 あの時伝えていれば。 後悔しても遅かった。 死にたくなかった。 もう少し生きていたかった。 暖かい陽だまりに。 「っん……あ…。 」 少し骨太な指が俺の尻に触れる。 手が震える。 はじめての感覚に顔をしかめる。 1本、2本と増えていく。 ナカを掻き回されていく。 その度に気持ち良くて感じるのに、恐怖が覆う。 何かが。 俺の中に入ってくる。 俺は知っている? この感覚を知っている。 前にも1度。 1度…。 「…っうぇ…ぉえ……。 」 「善逸!?おい!大丈夫か!!」 ずるっと何かが抜ける感覚に体が硬直する。 知ってる。 俺は前にも? 前にも。 男としたことがある?•

次の

164 www.zcash4win.com 天ノ弱 歌詞&動画視聴

この 両手 から こぼれ そう な 鬼 滅 の 刃

敏感になった体に何度も何度もキスを落とすこの男。 こんな状況になった経緯が全く思い出せない。 「や…ねぇやだ、、、う…ずぃさ……。 」 ずっと胸を弄られている。 固くなった場所をつんつんされたりひっかかれたり時々ぎゅっと掴まれたり。 心臓が飛び跳ねて、同時に体もビクッと跳ねる。 「…っあ……。 」 自分の声じゃないような高い声が部屋に響く。 手が、足が、震えてして腰が浮く。 その度に男はにやりと笑う。 嫌な奴…俺が何も言えないのわかってる癖に。 少し口を膨らませて男を睨む。 宇髄天元。 この男の名前だ。 前世で鬼殺隊の柱として活躍し、3人も嫁がいて派手好きでうるさくてでも誰よりも熱い人。 俺たちを見る目はちゃんとした大人だった。 被った任務はあの1度きりだったけど、この人のことを好きになるには十分すぎるくらいだ。 かっこよくて、大人で、優しくて、強くて。 昔も今もずるい、大人。 俺に無いものを全部もってて羨ましい。 羨ましいけどそんな事を鼻にかけないのがこの人のいいところだと思った。 もーなんなの!?今世は静かに過ごせると思ったのに!!全然話聞かないじゃない!!なに!?なんなの!? 俺、男なんですけど!?!昔も今も!! まぁ、この人も男だけど。 そしてそんな男に恋する俺も俺か…。 「……。 」 宇髄さんは、微笑んでまた俺の体に唇を当てる。 ぞわっとしてぴりっとして。 知らない。 こんなの知らない。 のに、足りない。 「…っん…ぁあ……ひぅ。 」 恥ずかしくなって顔から火が出そうになる。 慌てて両手で顔を覆う。 この人に見られるくらいなら死んだ方がましだと。 もう二度と死にたくないくせに。 「…隠すな。 」 発せられた低い声にまた心臓が高鳴る。 もう飛び出しそうだ。 「……い、やだ。 」 そう簡単に見せてやるもんですか!いくら好きな人でも恥ずかしいんだよばーか!! 昔も今もこの人の手の中にいるのだと思うと苛立って腹が立ってどうしようもなくなるのにそんな気持ちがどうでも良くなってしまうくらいこの人の事が好きなのだ。 あの頃はとても言えるような雰囲気ではなかったし、第一余裕がなかった。 時間にも、気持ちにも。 苦しくて辛くて、ずっとずっとしんどかった。 泣き叫びたかった。 逃げてしまいたかった。 でも、みんなが俺の居場所はここだと引き戻すから。 あの場所が大好きだから。 我慢したんだ。 ここにいられるように。 気持ちを伝えられなくても傍にいられるように。 「善逸。 」 この大人はずるい。 いつもいつも俺のことをさらっていく。 気持ちも、俺自身も。 「それ以上手を出したら…冨岡先生に言いますよ…。 」 「……。 」 「なんか言えよ!!!」 「善逸。 」 「なんっんぅ……ん。 」 耳元で囁かれて体が反応する。 耳から首、腕、胸、腹と少しずつ気持ちいいところに唇が近づいてくる。 触れられた場所が熱い。 心臓がうるさい。 自分の音だと思うと余計に恥ずかしくなる。 「……ぁやだ…。 」 それを優しく握られてっぺんに軽く宇髄さんの唇が触れる。 大事なものを触るように優しく優しく。 「ひっ。 」 気持ちいいのと苛立つのとでぐちゃぐちゃになって手を伸ばす。 「……う、ずい……さ…。 」 きっと酷い顔をしているだろう。 嫌だな。 嫌われないかな。 そんなどうでもいいことをぼーっと考える。 宇髄さんは俺の涙に気が付いたのか腕を後ろに回す。 「そんな風に泣くな。 悪かった。 」 違う。 謝って欲しいわけじゃない。 謝りたいのは俺の方だ。 思いも伝えられず、この人より先に死んだんだ。 「善逸。 好きだ。 」 知らない。 そんな触り方も、喋り方も。 俺のことを大事そうに触るこの人を。 俺は知らない。 知らなかった。 「俺のをここに入れたい…善逸。 」 何度も何度も名前を呼ばれる。 優しく。 大切そうに。 大事そうに。 そんなに大事なのか俺の事が。 何も出来ない俺が。 ずっとみんなの後ろをついて行くだけの俺を。 大切だと。 大事だと。 優しく。 そういうのだ。 この男は。 「…は、やく……。 」 好きだ。 好きだ。 この人が好きだ。 ずっと好きだった。 伝えられずに死んだ事を悔やんでいた。 あの時伝えていれば。 後悔しても遅かった。 死にたくなかった。 もう少し生きていたかった。 暖かい陽だまりに。 「っん……あ…。 」 少し骨太な指が俺の尻に触れる。 手が震える。 はじめての感覚に顔をしかめる。 1本、2本と増えていく。 ナカを掻き回されていく。 その度に気持ち良くて感じるのに、恐怖が覆う。 何かが。 俺の中に入ってくる。 俺は知っている? この感覚を知っている。 前にも1度。 1度…。 「…っうぇ…ぉえ……。 」 「善逸!?おい!大丈夫か!!」 ずるっと何かが抜ける感覚に体が硬直する。 知ってる。 俺は前にも? 前にも。 男としたことがある?•

次の