はちみつレシピ。 はちみつを使うポイントを押さえよう♪はちみつパンレシピ

はちみつレシピ!はちみつ入りの黒豆パウンドケーキ。

はちみつレシピ

はちみつパンを作ってみませんか? 風味豊かで栄養価の高いはちみつ。 はちみつはパンと相性が良く、甘味・風味を付けてくれます。 今回は、はちみつとたっぷりのレーズンを合わせたおすすめのパンレシピをご紹介。 はちみつをパン作りに使うときの注意点も併せてご説明します。 はちみつについて はちみつの栄養素 天然のはちみつには栄養素が豊富。 ビタミンB1・B2・葉酸などのビタミン類に加え、カルシウム・ミネラル・22種類のアミノ酸・80種類の酵素・ポリフェノールが含まれています。 はちみつを食べると、若返りの効果もあるといわれているんですよ。 はちみつの選び方 1000種類以上もあるといわれているはちみつ。 基本は花の種類で分けられますが、花によって味も香りもさまざま。 アカシアやレンゲのはちみつは、さらっとしたくせのないものが多く、上品な味がします。 ラベンダーや百花蜜のはちみつは、独特の風味が印象的。 また、産地 国 によっても風味などが変わります。 フランスのはちみつは、しっかりとした味と香りが特徴的。 それぞれのはちみつの特徴や味を生かして、パンやお菓子作りで取り入れましょう。 お気に入りのはちみつが見つかるかもしれません。 ハニーレーズンブレッドの作り方 パン生地が型から大きく盛り上がるように、生地量が多めのレシピです。 はちみつの成分、果糖とブドウ糖にはパン生地のパサつきを抑える効果があるので、しっとりした食感を楽しめます。 材料 1500mlの1斤型• 強力粉…300g• イースト…3g• 塩…5g• きび砂糖…5g• はちみつ…20g• バター…20g• 水…160g• 全卵…60g• レーズン…150g おすすめのアイテム 下準備• 型にオイルスプレーをしておく。 作り方• こね機やホームベーカリーにレーズン以外の材料を入れてこねる。 レーズンはこね上がる5分前に入れる。 お使いの機械によってこね時間を調整してください。 ボウルに移してラップをし、室温で40分~1時間、一次発酵させる。 一次発酵終了の目安は、生地が2~3倍の大きさになるまで。 生地を軽く丸め直し、パンマットの上に置く。 ぬれ布巾をかぶせて、ベンチタイムを15~20分間取る。 生地を軽く手で押さえて空気を抜く。 生地にめん棒を上下にかける。 生地を上から折る。 軽く手で押さえて空気を抜く。 生地が真ん中で少し重なる程度に下からも折る。 生地を軽く手で押さえて空気を抜く。 生地の向きを90度変えて、上から締めながら巻く。 画像のように、生地が型から少し出るくらいが目安。 上面にクープを入れてバター 分量外 を置き、焼成する。 お使いのオーブンによって、焼成時間や温度を調整してください。 完成です! カットすると、レーズンが中にたっぷり。 「ハニーレーズンブレッド」の詳しいレシピページは。 パン作りではちみつを入れる注意点 はちみつをパンに入れる場合、注意したいポイントがあります。 生地がベタつきやすい はちみつの水分量は約20%。 砂糖に置き換えてはちみつを使ってしまうと、ベタついたパン生地になる可能性があります。 焼き色が付きやすい はちみつは砂糖に比べて1. 3倍の甘さです。 糖分は色付きやすいため、油断をすると焦げてしまうことも。 発酵に影響を与える はちみつの酵素には発酵を促進する効果があるため、生地がふんわりと膨らみます。 ですが、多く入れすぎるとイーストの活動を妨げてしまい、グルテンの形成と生地の伸びが悪くなってしまうことが。 はちみつをパンに加える場合は、上記の三つのポイントを押さえて、はちみつや水分の量を調整しましょう。 はちみつをどうしても大量に使いたいときは、火にかけてから使う方法がおすすめ。 一度火を通すことではちみつの酵素が破壊されるので、発酵を妨げることがなくなります。 はちみつを使い分けてみましょう はちみつの種類を変えれば、さまざまな風味のはちみつパンを楽しむことができます。 しっとり食感がおいしいはちみつパンをぜひ作ってみてください。

次の

【鶏カラのはちみつポン酢】レシピ ・上沼恵美子のおしゃべりクッキング

はちみつレシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

はちみつレモン(はちみつ漬け)の作り方|レシピ|保存方法

はちみつレシピ

分子栄養学カウンセラーのぴろりんこ です。 このサイトでは、主に調理家電で作る貧血予防・タンパク質摂取アップのレシピと、旅の記録を発信しています。 フルーツのはちみつ和え レシピ フルーツのはちみつ和えを紹介します。 フルーツ単体でもとってもおいしいのですが、はちみつで和えてハーブを添えるとデザートになります。 つくりおきもできて、とっても便利ですよ! 材料と作り方 材料• グレープフルーツ 1こ• オレンジ 1こ• バナナ 1本• あればバジル ミントでも• はちみつ ティースプーン山盛り1杯 作り方• グレープフルーツは房をとり半分に、オレンジは皮を剥き一口サイズに、バナナは輪切り、バジルは小さく刻む• ボウルにフルーツとバジルをいれ、はちみつを加えて和える はちみつ1さじでも、十分甘く感じられますよ。 フルーツは、キウイやブドウでも。 お好みのものを複数組み合わせることをおすすめします。 シロップ漬けにるすと、見た目がもっとよくなると思うのですが、不必要なカロリーは摂取したくありません。 ハーブの代わりにレモンの絞り汁でも。 組み合わせは無限のフルーツのはちみつ和えです。 いただきます グレープフルーツだけ、オレンジだけより数倍美味しく感じられます。 不思議ですねー フォークで食べるからかな。 ガラスのコップでいつもと違うからかな。 ほんのりの甘さが満足感につながります。 フルーツをおやつに フルーツはおやつにおすすめです。 理由は、食物繊維が豊富に含まれていることと、おいしいから! よく噛んで食べるものは、ゆっくり吸収されます。 糖度はそれなりにありますが、甘いパンやスイーツを食べるより、栄養もありヘルシーです。 血糖値が心配な方は、ゆで卵やナッツを先に食べてからフルーツを食べるといいですね。 おやつ選びのポイント フルーツもつくりおき フルーツをカットしてはちみつで和えて、保存瓶に入れておくと、好きな時に食べられます。 冷蔵庫にフルーツの瓶があると、冷蔵庫を開けるのが楽しみになりますよ! フルーツを食べたいけれど、毎回皮を剥いたりカットしたりが面倒と感じたことはありませんか? こうしてはちみつで和えておけば、気軽に食べられます。 フルーツ摂取量も上がりそうです。 フルーツのはちみつ和え まとめ フルーツのはちみつ和えのレシピを紹介しました。 フルーツには、食物繊維やビタミン・ミネラルが豊富です。 コンビニに売られているカットフルーツ、家で簡単に作れるのですよ。 おやつにも、つくりおきとしてもおすすめです。 ぜひお試しください! ブログランキングに参加しています。

次の