あさ イチ ポテト サラダ。 あさイチの極上ポテトサラダのレシピ。老舗洋食店の作り方。

あさイチの極上ポテトサラダのレシピ。老舗洋食店の作り方。

あさ イチ ポテト サラダ

鍋に入れ、水をたっぷり加えたら、顆粒コンソメスープの素を加えて中火で15分ほど茹でる。 2、鍋の湯を捨て、中火にかけて鍋を軽く揺すりながら水分を飛ばす。 鍋肌に水気が無くなり、じゃがいもの表面に白い粉がついてきたらOK。 3、卵は15分ほど茹で、殻をむく。 転がすようにして中央に包丁で一周切れ目を入れ、白身と黄身に分ける。 黄身は軽くほぐして(2)に加え、混ぜる。 さらに、1cm角に切った白身を加えて混ぜる。 4、ベーコンはフライパンで炒めて(3)に加える。 きゅうりは小口切りにする。 玉ねぎは1mmほどに薄くスライスし、30秒ほど流水でもみ洗いしたら、布巾などに包んで絞ってしっかり水気を絞る。 5、冷ました(3)に、(4)のきゅうり・玉ねぎ・黒コショウを加えて軽く混ぜる。 マヨネーズを加え、全体をさっくり混ぜ合わせれば出来上がり。 まとめ 今回は、あさイチ(あさいち)で放送された名店のポテトサラダレシピについてご紹介しました。 参考下記でもプロのコツをまとめています。 ポテサラは野菜嫌いなお子さんでも比較的美味しく食べられる料理ですよね。 シンプルな調理工程ですが、使うジャガイモ・茹で加減・潰し方・使うマヨネーズの量などを少し変えるだけでも仕上がりが全然違ってきます。

次の

【あさイチ】食通が育てたポテトサラダ(ポテサラ)の画像付レシピ&レビュー、コンソメとベーコンで旨味アップ!名店の作り方

あさ イチ ポテト サラダ

ポテトサラダが水っぽくなってしまう悩みを解消! 6月24日放映のNHK「あさイチ」は、定番中の定番レシピ「ポテトサラダ」の特集でした。 番組では、「ポテトサラダ」にありがちな悩みを解決すべく、いろいろな方法を紹介していましたよ。 まず「ポテトサラダ」で多い悩みが、ベチャベチャになってしまうという悩み。 悩み解消のポイントは、じゃがいものゆで方にあるそうです。 プロはじっくりとお鍋で40分煮たりできますが、家庭でそれをするのは大変。 そこで紹介されたのが、おなじみ電子レンジ活用術。 ポイントを簡単にご説明しましょう。 そのままふきんで3分以上蒸らすのがポイント! なぜふきんで蒸らすのかといえば、電子レンジのマイクロ波は均一ではないから。 電子レンジから出したじゃがいもをふきんで蒸らすことで、加熱ムラが解消でき、ホクホクになるのだとか。 ただし、すぐにじゃがいもにマヨネーズをかけるとベチャベチャになってしまうので、粗熱をとるのをお忘れなく。 これには、電子レンジにかけたじゃがいもが冷めないうちに、「酢」と「砂糖」で味付けすること。 そして酢、砂糖、全体に混ざりやすいように水を加えるのがポイント。 じゃがいも100gあたりに、酢小さじ5分の1、砂糖小さじ5分の1、水小さじ5分の4を入れることで、パサパサ感がなくなってしっとりと美味しい「ポテトサラダ」に仕上がります。 なぜ砂糖を入れるとボソボソにならないかというと、砂糖を加えることで保水性が高まるからなんだそう。 ポイントは意外な食材を使うこと。 それはなんと長芋とヨーグルトと昆布茶。 長芋は皮をむいて電子レンジで加熱後、ポテトに加えます。 そこにヨーグルトを加え、さらに昆布茶をプラスしてよくかき混ぜるだけ。 長芋で粘り、ヨーグルトで酸味、昆布茶でコクを加えることで、マヨネーズの使用量を大幅にカットできるのだとか。 ちょっとした技ですが、これはマネしてみたいですね。 他にもカロリーダウンのテクがないか?探してみましたよ。

次の

【あさイチ】極上ポテトサラダのレシピを一挙紹介、おでんポテサラや定番ポテサラなど名店直伝の作り方(2月12日)

あさ イチ ポテト サラダ

シンプルな料理ほど実はゴマカシがきかず、作るのが難しいと聞いたことがあります。 みんな大好きなポテトサラダも、マッシュしたポテトに塩コショウ、マヨネーズをあえるだけのシンプルレシピながら、パサパサしやすい、ベチャベチャしてしまうなんて悩みもよく聞きます。 今回はその定番中の定番、ポテトサラダを本当に美味しく作るとっておきの秘訣をご紹介します。 ポテトサラダが水っぽくなってしまう悩みを解消! 6月24日放映のNHK「」は、定番中の定番レシピ「ポテトサラダ」の特集でした。 番組では、「ポテトサラダ」にありがちな悩みを解決すべく、いろいろな方法を紹介していましたよ。 まず「ポテトサラダ」で多い悩みが、ベチャベチャになってしまうという悩み。 悩み解消のポイントは、じゃがいものゆで方にあるそうです。 プロはじっくりとお鍋で40分煮たりできますが、家庭でそれをするのは大変。 そこで紹介されたのが、おなじみ電子レンジ活用術。 ポイントを簡単にご説明しましょう。 そのままふきんで3分以上蒸らすのがポイント! なぜふきんで蒸らすのかといえば、電子レンジのマイクロ波は均一ではないから。 電子レンジから出したじゃがいもをふきんで蒸らすことで、加熱ムラが解消でき、ホクホクになるのだとか。 ただし、すぐにじゃがいもにマヨネーズをかけるとベチャベチャになってしまうので、粗熱をとるのをお忘れなく。 これには、電子レンジにかけたじゃがいもが冷めないうちに、「酢」と「砂糖」で味付けすること。 そして酢、砂糖、全体に混ざりやすいように水を加えるのがポイント。 じゃがいも100gあたりに、酢小さじ5分の1、砂糖小さじ5分の1、水小さじ5分の4を入れることで、パサパサ感がなくなってしっとりと美味しい「ポテトサラダ」に仕上がります。 なぜ砂糖を入れるとボソボソにならないかというと、砂糖を加えることで保水性が高まるからなんだそう。 ポイントは意外な食材を使うこと。 それはなんと長芋とヨーグルトと昆布茶。 長芋は皮をむいて電子レンジで加熱後、ポテトに加えます。 そこにヨーグルトを加え、さらに昆布茶をプラスしてよくかき混ぜるだけ。 長芋で粘り、ヨーグルトで酸味、昆布茶でコクを加えることで、マヨネーズの使用量を大幅にカットできるのだとか。 ちょっとした技ですが、これはマネしてみたいですね。 他にもカロリーダウンのテクがないか?探してみましたよ。

次の