マッチ する つか の ま 海 に 霧 ふかし。 寺山修司さんの

マッチ擦るつかのま海に霧ふかし 煙草の銘柄は?

マッチ する つか の ま 海 に 霧 ふかし

マッチ擦る つかのま海に 霧ふかし 身捨つるほどの 祖国はありや いうまでもなくの代表作のひとつである。 田沢拓也という人の『虚人 伝』では、下敷きとして富沢赤黄男の「一本の マッチをすれば 湖は霧」があって、その盗用だと決めつけられているらしいが、ばかばかしい了見の狭さだ。 古今、新古今の「」の概念を田沢某はどう理解しているのだろう。 この歌の画像的イメージは上の句にあるが、時代情況の切り取りは下の句が果たしている。 意味だけをとらえれば、のメッセージは明らかに下の句によって伝えられる。 歌は意味だけにあるのではなく、画像的イメージや韻律の音楽性と一体となってしか全体が表現されないけれども、この句の場合「意味」を担っているのは下の句だけで、上の句は逆に画像的イメージのみを伝えようとしている。 たんなる情景描写でしかなかった「一本の マッチをすれば 湖は霧」に「身捨つるほどの祖国はありや」を加えたことで、歌は、「祖国」という感情をわかせるのはオリンピックとワールドカップの時だけという、寒々しいの基層を問うものとなった。 世界の先進国にして、国旗と国歌が暴力右翼のシンボルであるような国はない。 王族が残る国は数多いが、個々の王家の発祥が古代神話に埋もれていて、暴露が小学生にさえタブー視されているのは日本しかない。 つい先年までロンドンのバッキンガム宮殿にはでなく、王旗だけがかかげられていた。 それは、バッキンガム宮殿が英国(厳密には)市民の土地ではなく、市民と激しく対立し、武力抗争と懐柔和平をくり返した征服者の城塞であることを象徴していた。 征服者の祖先は西暦何年にどこから来て、さらに彼はどこの国の誰の子供であり、父の親戚はどこの国で何をした男なのかも、みんなが知っている。 現在の女王がバッキンガム宮殿にいられるのは、抗争と和平のくり返しの果てに結ばれた両者の「契約」の結果なのだ。 いまの皇居に日の丸でなく、菊の紋章旗を掲げるとよい。 西暦700年頃までは武力抗争と懐柔和平をくり返した征服者が日本にもいて、その血につながる性格の優しい子孫たちが住んでいることの意味を、多くの人が少しは考えるようになるだろう。 かれらの祖先の、による第十六代は由来の王である。 その征服者の子孫も、のち一、二度血統の連続性が怪しくなったし、室町以降江戸末期までは、床の間に飾りおくべき最大貴族としてしかに扱われなくなった。 はに入るまでがあることすら知らなかったらしい。 それがこの一世紀、国内求心力の欠如を隠したい政府によって「神」の地位まで一挙に格上げされたが、その不決断と臆病と政治的無能がたたって数百万の国民が死に追いやられてしまった。 それにもかかわらず、彼は無罪放免され、国民統合の象徴として存在を保障された。 現在はそうした彼の長男家族が、祖先を冷遇した江戸時代のエンペラーの住居跡に、なにごともなかったように国民の大多数に愛されながら住んでいる。 しかも、明治初年の東京遷都は当時の政府が正式に宣布したことではない。 京都から「」してそのままに居続け、それがいつの間にか既成事実化しただけのことである。 彼らには、自らの家系の正確な由来を学校教育を通じて全国民に明らかにし、親政を放棄した過去の無責任さを、自分の言葉で表明して、いまの地に住み続けてほしい。 「自分たちは、時の勢いに押されれば右でも左でも自在に動く空箱のように、実体は空虚である」と。 そのことによって戦前・戦後史の暗い部分の多くが照明を当てられるだろう。 そして、その家系の地位が将来にわたって何ら検証されることなく安泰であることの意味を考える人が増えるだろう。 空っぽの箱に対してが「臣・茂」と頓首再拝し、その亜流達の名をわれわれが投票所で書き続けていることの意味を。 さて、身捨つるほどの祖国はありや、である。 だいぶ前だが法案が可決されたことがあった。 その際政府は「スポーツ振興財源を確保する資金調達法のひとつである」として「」法案だとは決して言わなかった。 ギャンブルを公営してでも税収が欲しいのだとはっきり言ってをなぜ呼び起こさなかったのか。 退却や敗戦を転進、と言い換える精神構造は、微塵も変わっていない。 つねに問題は先送りし、相手の戦闘能力にどうにもならなくなったところで玉砕して、やっとことの重大さを認識するといういつものやり方である。 これまで首相は煮え切らないコーディネーターにすぎず、国の運命を引っ張る鉄の意志を持った宰相ではなかった。 実態が空箱のような象徴と、やド・ゴールのような存在感をまったく持たないコーディネーターのために、いったいだれが「身を捨つるほどの祖国」を感じるだろう。 oshimayukinori.

次の

寺山修司 「身捨つるほどの祖国はありや」

マッチ する つか の ま 海 に 霧 ふかし

巷間知られた寺山修司の代表歌であろう。 ことの成り行きで寺山修司を書かざるを得なくなったが、正直言って荷が重い。 寺山修司は、僕らの思考力を突き抜けた天才詩人である。 歌才、詩才、戯曲、演劇活動、そして競馬やボクシングなどのスポーツ評論までこなし、そのどれもが人々のどきもを抜く発想で貫かれていた。 いうなれば全身芸術家といっても過言でなかったろう。 僕は寺山修司と会ったことがない。 会いたいと何度も願ってはいたのに会いに行かなかった。 彼の目の前に立つ前に、寺山の作品をを知りすぎたともいえる。 昭和40年代、20そこそこの若造が、寺山に会ってどんな言葉を交わすことができるのだろう、と、それを考えるだけで足がすくんだ。 寺山の書いた「家出のすすめ」は昭和40年代の若者に圧倒的な支持を受けたが、当時の文学少女たちはあまり寺山を支持しなかったような気がする。 その理由は、彼が太っていたことと、覗き見趣味という奇行にあったものであろう。 中原中也、立原道造、石川啄木、詩人は痩せて、病弱でなければならなかったのである。 後に風呂の覗き見で警察の世話にもなっている。 これについては誤解を恐れずにいうならば理解できてしまう。 彼の好奇心の強さは、一般人の想像をはるかに超えたものであった。 単なる裸を見たいということであれば、「天井桟敷」という劇団を主宰していた。 なんでもありのような前衛劇を行うその楽屋では劇団員の女優さんたちの裸はいやでも目にはいる。 与えられる裸体ではなく、あえて犯罪行為という壁をこえて目にする裸体こそが、彼の芸術的エネルギーにとって必要なのだった、と思う。 寺山修司を語るには生い立ちを追ってみると、彼の思想の基礎が浮かび上がる。 調べた範囲で簡単に追ってみよう。 寺山修司は1935年青森県大三沢市に生まれている。 ちなみに父・八郎は特高警察の刑事であったが敗戦の年、昭和20年にアルコール中毒のため、セルペス島にて死んでいる。 以来母の手で育てられているが、昭和24年13歳のときに青森県歌舞伎座に引き取られ、楽屋裏の生活が始まっている。 歌舞伎座とは名ばかり、旅回りの一座と起居を共にすることもあったという。 このころ母は生活の糧を求めて九州の炭坑町へ移り住んでいる。 このあたりまでの生活は、先に紹介した永山則夫に近いものがあったようだ。 その後の作品中でも両親への怨念がしばし感じられる。 しかし、永山との違いは、自分を失うことがなかった。 永山への関心は自分の境遇とも重ねてのことだったのかも知れない。 昭和26年4月に青森高校に入学。 学校新聞、そして文学部に参加。 雑誌「青蛾」発行した。 この青森高校での活動が、後の寺山の人生に大きくかかわっていったのである。 と書き出して、長くなりそうなので彼の詩の一編を紹介してつづきはまたにしたいと思う。 ゴメン! ひとの一生かくれんぼ あたしはいつも鬼ばかり 赤い夕日の裏町で もういいかい まあだだよ 百年たったら帰っておいで 百年たてばその意味わかる かもめは飛びながら歌をおぼえ 人生は遊びながら年老いてゆく 人はだれでも 遊びという名の劇場をもつことができる どんな鳥だって 想像力より高く飛ぶことは できないだろう わかれは必然的だが 出会いは偶然である 野に咲く花の名前は知らない だけど野に咲く花が好き 人生はたかだか レースの競馬だ!.

次の

【復刻】マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや

マッチ する つか の ま 海 に 霧 ふかし

マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや 富沢 赤黄男の俳句、 一本のマッチをすれば湖は霧 の、というか、パクリ。 新古今時代以来の論に従えば、は、既存の作品の独自表現は使わない。 これは、富沢の作品の核心部分をまるっとコピーしてますから、パクリ。 富沢赤黄男の俳句はかっこいいので、他にも挙げてみる。 豹の檻一滴の水天になし 蝶墜ちて大音響の結 瞳に古典紺々とふる牡丹雪 寺山の、他のパクリの例も挙げておこう。 わが天使なるやも知れぬ小雀を撃ちて硝煙嗅ぎつつ帰る わが天使なるやも知れず寒雀 西東三鬼 俳句を上句にまるっと使うパターンが確立されてます。 しかし、寺山の歌は、 三鬼の天使を、猟銃で射殺してます。 結句「嗅ぎつつ帰る」の投げやりな、ナメきった感じが、いいです。 いちおう歌としては、田舎の鬱屈した少年、納屋から盗み出した親の猟銃…のような、青春詠に読めるところが、またヒドくて、良いです。 盗用を批判された寺山はショゲたらしいですが、作品自体が「 盗んだ。 殺した。 それがどうした」と言っています。 寺山に限らず、短歌というのも似てしまうもので、短歌雑誌などでもよく類歌を目にするし、などにも、そういう類歌はある。 算術の少年しのび泣けり夏 おそるべき君等の乳房夏来る 西東三鬼 まず脛より青年となる少年の真夏、流水算ひややかに 乳房ありてこの空間のみだるるにかへらなむいざ橢圓 意図的な、オマージュかもしれないけど、の代表作とはいえないでしょう。 三鬼の本歌の方が、するどい。 さて「マッチ擦る」の歌は、パクリなんだけど、一首全体として富沢赤黄男の作品とはまったく別の世界を作り上げてる。 天才によるパクリ。 パクリについてはが、別に、結果が素晴らしければ、別にいいじゃん。 という考え方もありえるのではないでしょうか。 マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや まっちする/つかのま うみに/きりふかし/みすつるほどの/そこくはありや 意味は マッチをする一瞬、海に霧が深く垂れ込めている。 我が身を捧げるほどの祖国というものが、私にあるのか 三句切れ。 ・現代語「捨てる」の文語は「捨つ」。 タ行下二段活用。 「捨つる」は連体形。 ・「ありや」、現代語「ある」の文語は「あり」。 ラ行変格活用。 「や」は疑問(反語)・詠嘆の助字。 ・上句で視点人物の見たある光景を描き、つづく下句で視点人物の感動を表す、近代短歌の典型的なパターン。 全体は一人称視点、「わたし」の見た光景、それに対する「わたし」の感慨、というのが、近代短歌の「お約束」です。 祖国が「わたしに」あるのか、の「わたし」は、歌の中に書かれていませんが、そうしたお約束を踏まえています。 この「わたし」は実在の「作者」と同一視されるのですが、寺山は短歌に「架空のわたし」を導入した人です。 アカハタ売るわれを夏蝶越えゆけり故郷の母は田を打ちていむ 寺山は、少年時代に機関誌『』を販売したこともありませんし、寺山のお母さんであるハツさんは故郷で農作業などしていません。 当然、海辺でマッチを擦ってこの歌を作ったわけがない。 そもそも、俳句のパクリなんですから。 「マッチ擦るつかのま」は、マッチを点けるとき、一瞬、ぼわっと大きな炎を出すことがある、その様子を言っています。 一瞬のあかるさに海の霧が浮かび上がって、また消えた。 その一瞬に、「身捨つるほどの〜」という思いが湧き上がった、というわけです。 そして下句の「祖国」と、上句の「海の霧」とは、直接的には関係がありません。 象徴的な表現です。 細かい説明が面倒くさくなってきたので端折ると、霧に閉ざされた海の向こうにあるのは、アメリカ。 戦後ってことです。 高度経済成長の時代、いつか「アメリカ並みの生活」になろう、と日本人が懸命に働いてた時代ですね。 「身捨つる」は戦争のイメージでもあり、また、復興、経済成長のために骨身を削って働く人々のイメージでもある。 「マッチ摺る」ってことはタバコに火を点けようとしてるんだと思う。 すなわち、語り手は少年ではないと思える。 でも中年以降の人物でもない。 「祖国はありや」という感慨には、生活に追われながら家族を養ってる人のものではないように思う。 青春の歌という感じがする。

次の