エブリイ ワゴン リフト アップ。 【楽天市場】エブリィ DA17 35mmチョイアゲリフトアップKIT【エブリイリフトアップ】:アウトクラスカーズ楽天市場店

スズキコンプリート販売徳島 アウトクラスカーズ株式会社 » エブリイ新車コンプリート

エブリイ ワゴン リフト アップ

2015年2月、約9年半ぶりにDA64型からフルモデルチェンジし、DA17型へと移行したエブリイ。 DA17型はエブリイ バンとしては6代目、エブリイ ワゴンとしては3代目となるモデルで、業務利用から普段使い、休日のレジャーに至るまで幅広い用途で使用され人気を集めています。 幅広いニーズに応え続けるエブリイでは、軽トラやSUV同様にリフトアップカスタムが流行の兆しを見せており、コスパに優れたエブリイを更に便利にするカスタムとしてもっとも注目されているカスタムの1つ。 (エブリイとしての初代は1982年デビュー) 最適化された箱型ボディは、配送や運搬などの業務利用ではもちろんのこと、休日のアウトドアなど幅広い用途でしようすることができ、いつの時代も活躍する人気の車種です。 そんなエブリイでも近年はリフトアップブームが到来。 エブリイをリフトアップする上でのメリットは、見た目への変化はもちろんですが、走破性の向上が挙げられます。 純正車高でもある程度の高さまで確保はされていますが、雪道や林道、未舗装路などを走行する場合、ボディを擦ったりスタックしてしまうことがあります。 そこでリフトアップをすることで、更に車高を確保することで、悪路や悪天候時でもエブリイで目的地に辿り着くことが出来るのです。 リフトアップをすることでお仕事ではもちろん、レジャー利用でも利便性が向上するので、エブリイでのリフトアップカスタムは非常に効果的なカスタムといえます。 エブリイの場合、手軽にリフトアップを始めたいのであればリフトアップスプリングによる2インチほどまでのリフトアップがオススメ! 少ない導入コストで適度なリフトアップをすることができ、スプリング以外のパーツを必要としないため、リフトアップ入門としては最適と言えます。 究極のリフトアップを求めるのであれば、4インチアップ以上のリフトアップになります。 リフトアップスプリングに加え、ボディリフトを行うためのブロックや、それに対応したショックアブソーバーなどが必要となるため、コストは掛かるものの迫力のルックスを手に入れることが出来るんです。 またリフトアップのスタイリングをより効果的に見せるのであれば、リフトアップ向けのエアロパーツが必須! 純正と比較してより薄型のフロントバンパーやリアバンパーを装着することで、タイヤがより見えるようになり、アプローチアングルとデパーチャーアングルを稼ぐことができるようになります。 エブリイをリフトアップした場合の唯一のデメリットとして挙げられるのが、乗降性の悪化です。 リフトアップした分、乗り降りする上で地面とフロアの高さがより大きくなるため不便になりますが、その点はサイドステップで解決! 踏み台となるサイドステップを装着することで、リフトアップ後も乗り降りがしやすくなり、見た目としてもより力強い印象を与えることができます。 エブリイというと街中を走っている印象が強いですが、リフトアップカスタムをすることで、悪路の走行にも強くなり、より行きたいところへ行ける万能マシンへと進化します! 今回ご紹介したイチ押しのカスタムパーツは売れ筋の人気パーツばかりでなく、モタガレだからこそ購入できるパーツもたくさんあるので是非チェックしてみて下さい!.

次の

【M's】スズキ エブリィ ワゴン (DA17W) KLC 轟 アップサス 1台分(30mmUP)//ハイリフトサス リフトアップサスペンション アゲカスタム 車検対応品 :KLC

エブリイ ワゴン リフト アップ

ちょい上げのイメージを大きく変える 注目2モデルにクローズアップしてみた 箱バンや軽トラのカスタムで人気上昇の兆しを見せる「ちょいアゲ」。 早速、その特徴をチェックしてみた。 これはハスラーのノーマルタイヤサイズのため。 実際に純正ホイールをそのまま使って、タイヤだけ変えてその雰囲気を楽しんでいる人も多いようだ。 また、エブリイやハイゼットカーゴといった「箱バン」でも、このサイズがノーマルバンパーだとギリギリ。 というのも、これ以上外径が大きくなるとタイヤハウスに収まらなくなってしまうためで、例えばハイゼットカーゴは165/60-15がギリギリということになる。 走行インプレッションだが、正直言って静かとは言えない。 タイヤを指で押しても固めな雰囲気があるため、乗り味も固めかと思ったが、そこまででもなかった。 【トーヨータイヤ】 ほぼ「マッドスター」のひとり勝ちだった勢力図を塗り替えたのが、2016年の秋に「トーヨータイヤ」から登場した『オープンカントリー』。 まさに軽アゲのためのタイヤといっても過言ではない。 走行インプレッションは上々。 普段乗りのメインとなる舗装路を走っても、そこまでのゴツゴツ感やロードノイズを感じさせないのはさすがといったところ。 アゲ初心者には安心のタイヤといって問題はないだろう。 最後に、気になるのが両タイヤの価格。 シャコタンで使う偏平の薄いタイヤだと国産と海外(アジア)ではかなりの価格差がでるのだが、不思議とこの手のタイヤはそれが広くない。 某・価格比較サイトで検索しても、1~2千円(1本)違う程度だ。 このあたりは何を重視するかで変わってくるところだろう。 (リポート:Kスタイル編集部).

次の

【楽天市場】DA17系/DA17V/DA17W エブリィ/エブリィワゴン ワンサイズアップ/リフトアップ サスペンション フルキット:MASTERPIECE

エブリイ ワゴン リフト アップ

エブリイは、「荷室とキャビンの使い易さを向上し、進化させた仕事の道具」をコンセプトに開発されたモデル。 「広さ」、「低燃費」、「使いやすさ」を追求し、荷室サイズ、低燃費と力強い走り、豊富な収納スペースと優れた積載性を特長とした。 エンジンは、660cc 水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ(64馬力)、660cc 水冷4サイクル直列3気筒(49馬力)を搭載。 ラインアップは、標準ルーフ「GA」、ハイルーフ仕様となる「PA」、「PC」、4輪ABS[EBD付]やCDプレーヤーなど充実装備の「ジョイン(JOIN)」、「ジョインターボ(JOIN TURBO)」を設定。 「PA」、「ジョイン(JOIN)」の5AGS車に、4輪ABSと坂道発進時の車両後退を抑えるヒルホールドコントロールを標準装備。 また、夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」に加え、軽キャブバン(1BOX型軽商用車)初となる後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」などを採用し、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実させ、「ジョイン(JOIN)」、「ジョインターボ(JOIN TURBO)」(5MT車除く)に標準装備したほか、メーカーオプション設定機種(「GA」を除く5AGS車、4AT車に設定)を増やした。 また、「PA」、「PAリミテッド」でオーバーヘッドシェルフを採用した。 特別仕様車では、「PAリミテッド」、「PCリミテッド」を設定。 「PAリミテッド」には、電波式キーレスエントリーやスモークガラス(リヤドア、クォーター、バックドア)を、「PCリミテッド」にはCDプレーヤーや電動格納式リモコンドアミラーを採用。 また、リヤシート(一体式タイプ、「ジョイン(JOIN)」、「ジョインターボ(JOIN TURBO)」を除く)の改良により、荷室フラット時の床面の張り出しを無くしたことで、積載性を向上させた。 今回、消費税変更に伴い、価格変更を行うと同時に、ボディカラーの追加を行った。

次の