山梨 コロナ女 渡辺真由。 山梨コロナ20代帰省の女性「家族思いで優しい子」鳴沢村

山梨に高速バスで帰省した在京女性がコロナ感染発覚、実名など特定へ | akkiの鉄道旅行記

山梨 コロナ女 渡辺真由

山梨県コロナ20代女性が富士吉田発の高速バス 京王バス で帰京判明 帰京は陽性判明後 山梨帰省の20代女性 「帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、陽性判明直後の2日朝の便だったと訂正した。 このときからネットでは大きな話題になっていましたが、当該女性は3日になって 保健所に虚偽の説明をしていたことを告白しました。 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日、帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、陽性判明直後の2日朝の便だったと訂正した。 女性が保健所に虚偽の説明をしていたという。 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 女性は当初、結果判明前の同日午後8時25分ごろ、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)から京王バスのバスタ新宿行き高速バスに乗って帰京したと説明していた。 ところが、2日の報道を受けて知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、 2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。 産経新聞ではこのように報じられており、ネットではさらに炎上。 この女性に対しての批判が殺到している状況です。 山梨県高速バスコロナ感染の20代女性は誰で実名 名前 は渡辺で爆サイ特定完了? 今回の報道が大きく報じられると、ネット掲示板を中心に特定活動がスタート。 おもに、 2ちゃんねると 爆サイなどの掲示板で特定作業が行われています。 実際、爆サイには 『新型コロナ感染した富士北麓の低能女を特定して追い込もう!』というタイトルのスレッドが立っています。 このスレッドでは、当該20代女性と思われる人物の名前と思われる記載がいくつも散見されます。 一部書き込みでは、家族の情報やバーベキューをやった友人の情報まで記載されています。 ただ、これらの情報はあくまでも掲示板に投稿されたもの。 出所も不明確で、この情報を裏付ける確かな証拠もありません。 そのため、現時点では信頼できる情報とは言えないでしょう。 これは女性の氏名、住所、顔写真などの情報を開示しないと取り返しがつかないんじゃないかな? バスの同乗者、山梨と東京での足取り、会った人間など対策できなくなってしまう。 同情するつもりは無いけど これから山梨で感染者が増えたら 原因がどうであれ暫くはこの女性のせいにされるんだろうな… 山梨に帰るのも異常だか、友人に会い、帰宅まで誤魔化すなんて。 いつもこんな生き方で過ごしていたんだろうな。 どれだけの迷惑かかんがえないだろ。 虚偽報告は無罪なの??.

次の

山梨コロナ感染者が下のプリクラの方だと判明しましたが20代の女と報道され...

山梨 コロナ女 渡辺真由

帰省していた山梨県内で2日に新型コロナウイルス感染が確認された東京都の20代女性について同県は3日、PCR検査結果が出る前の1日夜に都内に帰宅したと発表していたが、実際の帰宅は陽性結果報告を受けた後の2日だったと訂正した。 女性が虚偽の説明を保健所にしていた。 女性は「飼っている犬が心配だった」などと述べているという。 同県によると、 女性は1日に県内で検査を受け、2日午前9時ごろ、保健所から陽性との報告を受けた。 その際女性は「既に都内に帰宅している」と虚偽の説明をしたが、実際は同日午前10時過ぎに富士急ハイランドバス停から新宿行きの高速バスを利用し帰宅していたという。 2日に県の記者会見を見ていた女性の知人から保健所に情報提供があり、明らかになった。 県は感染者からの正確な情報収集を目的に特別チームを発足させているが、今回の虚偽報告については 「実家で暮らす親族も女性と同じ虚偽申告だったので話の中で矛盾点は見つけられなかった」と話している。 県の担当者は「 この行為が周囲の人を危険にさらす行為だということを十分に理解してほしい。 同じバスに乗車した人で健康状態に不安がある場合は最寄りの保健所に相談してほしい」と話している。 県は3日、 女性の濃厚接触者としてPCR検査をした県内在住の20代男性が新たに陽性だったと発表した。 県内56例目。 女性とバーベキューをしていた友人4人とは別という。 【金子昇太】 毎日新聞ニュース.

次の

【パティシエ?】山梨:コロナ女性の会社名+勤務先はどこ?知恵袋で自作自演?

山梨 コロナ女 渡辺真由

帰省していた山梨県内で2日に新型コロナウイルス感染が確認された東京都の20代女性について同県は3日、PCR検査結果が出る前の1日夜に都内に帰宅したと発表していたが、実際の帰宅は陽性結果報告を受けた後の2日だったと訂正した。 女性が虚偽の説明を保健所にしていた。 女性は「飼っている犬が心配だった」などと述べているという。 同県によると、 女性は1日に県内で検査を受け、2日午前9時ごろ、保健所から陽性との報告を受けた。 その際女性は「既に都内に帰宅している」と虚偽の説明をしたが、実際は同日午前10時過ぎに富士急ハイランドバス停から新宿行きの高速バスを利用し帰宅していたという。 2日に県の記者会見を見ていた女性の知人から保健所に情報提供があり、明らかになった。 県は感染者からの正確な情報収集を目的に特別チームを発足させているが、今回の虚偽報告については 「実家で暮らす親族も女性と同じ虚偽申告だったので話の中で矛盾点は見つけられなかった」と話している。 県の担当者は「 この行為が周囲の人を危険にさらす行為だということを十分に理解してほしい。 同じバスに乗車した人で健康状態に不安がある場合は最寄りの保健所に相談してほしい」と話している。 県は3日、 女性の濃厚接触者としてPCR検査をした県内在住の20代男性が新たに陽性だったと発表した。 県内56例目。 女性とバーベキューをしていた友人4人とは別という。 【金子昇太】 毎日新聞ニュース.

次の