宮下咲 cm。 高橋一生とCM共演の宮下咲 “なんだしダンス”に苦戦?(2020年5月18日)|BIGLOBEニュース

高橋一生とCM共演の宮下咲 “なんだしダンス”に苦戦?

宮下咲 cm

ブレーク間違いないですよ! なんだし、なんだし、AGCのCMで高橋一生さんと踊る 透明感のある女子高生は名前は宮下咲(みやした・さき)さん 四国愛媛県の出身です。 気になったのでちょっと調べてみました。 まだあか抜けてない感じですが あの透明感と身長も166センチと高く今後の急上昇するはずです。 宮下咲(みやした・さき)プロフィール 生年月日:2004年9月15日(15歳) 出身地:愛媛県 身長:166cm 特技:テニス 所属:アミューズ デビューのきっかけや好きな食べ物? 大手芸能プロダクション・アミューズが開催した 『全県全員面接オーディション』四国編のグランプリに 見事輝いたのが宮下咲(みやした・さき)さんのデビューのきっかけです。 「四国編」の一次審査では、5歳~18歳までの男女1434人が参加し 全員と面接を行った結果 宮下咲(みやした・さき)さんが1434人の中から選ばれたんですね! 中学校時代にはソフトテニスをやっていたので 最終審査のPRでは素振りをやったそうです。 ダンスや歌ではないんです。 田舎っぽくて素朴ですよね! 受賞コメントも田舎の女の子って感じです。 自分が選ばれると思ってなかったので、びっくりしました! 足が震えるほどうれしかったです。 仕事が来たら頑張ります 応援したくなりますね! ちなみにですが 好きな食べ物はチーズを使った料理 嫌いな食べ物:レタス だそうです。 好きなタイプの男の子は 一途でよく笑う人だそうです。 高校一年でまだ彼氏とかではなく友達って感じでしょう 尊敬してる人は中条あやみさんだそうです。 あのくしゃっとした笑顔に憧れるそうです。 宮下咲(みやした・さき)さんの 好きな言葉は「継続は力なり」はです。 やると決めたことはコツコツと努力して確実に最後までやり遂げるんだそうです。 根性があるんですね! 芸能界でがんばっていくには大事ですね! AGCのCM以外にもカルピスや進研ゼミのCMにも出演しています。 福山雅治さんや上野樹里さんが所属する大手のアミューズの期待の星です。 わたしも愛媛出身なので応援します。 頑張ってほしいです!.

次の

宮下咲の中学・高校や身長・彼氏は?愛媛出身で出演CMについても!|Happy Days

宮下咲 cm

愛媛県出身で、現在は 大手芸能事務所「アミューズ」に所属しています。 清潔感があり、身長166センチのスラっとしたスタイルが印象的な宮下咲さん。 その美しいスタイルをキープするために、ランニングをしたり、ソフトテニスをしたりと、普段から体を動かすようにしているのだそうです。 宮下咲さんは小学校の時に水泳を、中学ではソフトテニス部に所属するなど、昔から運動が好きだったみたいですね。 2020年3月に中学校を卒業し、高校生になったばかりの宮下咲さんですが、現時点では通っていた中学校や、現在通っている高校の名前は公表されていません。 とはいえ、地元の愛媛県ではかなり話題になっているだろうと予想できます。 中学校の卒業式では宮下咲さんの卒業を寂しがり、泣いていた後輩もいたそうです。 宮下咲さんは部活動をやっていましたし、やはり学校内でも美しいことが評判になっていたのでしょうね。 現在は高校生になったばかりということで、新しい友人たちとも交流を深めたいだろうと考えられますが、残念ながら新型コロナウイルスの影響で日本でも外出自粛が要請されています。 青春を謳歌したい学生にとってもかなり辛いこと。 しかし、宮下咲さんはオンライン女子会で仲の良い友人との交流を楽しんでいるのだそうです。 また、女優としてのスキルを上げるため、事務所のレッスンに励んだり、幅広いジャンルの作品を見て芝居を勉強しているとのこと。 厳しい環境の中でも工夫して友人と交流を持ち、仕事にも熱心に取り組んでいるのですね。 そして、自宅では時短料理にハマっているといいます。 家にあるもので簡単な料理を作るそうですが、これって簡単なようで料理のレパートリーがないと意外と難しいですよね。 宮下咲さんは時短料理をする理由について「面倒くさがりだから」と謙遜していますが、実際には料理の腕前もなかなかのものなのかもしれません。 アミューズ主催の「全県全員面接オーディション 四国編」でグランプリを受賞したのがきっかけです。 このオーディションは宮下咲さんの地元のショッピングモールで開催されていたのですが、宮下咲さんは自分から参加したのではなく声をかけられて参加することになったんです。 当時13歳だった宮下咲さんですが、その時から何か光るものがあったのでしょうね。 デビュー後の宮下咲さんは 2019年12月にNHK FMシアターのラジオ番組「おじいのヒジのヒジホタル」に出演。 2020年に入ってからは冒頭で紹介した 「AGC株式会社」のCMのほか、 「進研ゼミ」や「カルピス」のWEBCMにも出演しています。 また、 NHK「ふるさとの色」ではナビゲーターも務めていますね。 この番組は宮下咲さんの地元・愛媛を含む四国のみの放送ですが、番組公式HPでは動画を公開中とのことです。 高橋一生さんとのCM共演で注目を集めていますし、今後はさらにメディア露出が増えていきそうですね! 宮下咲さんは憧れの芸能人として女優の中条あやみさんの名前をあげています。 中条あやみさんのようにマルチに活躍する女優へと変貌してくれることを期待しておきましょう。

次の

宮下咲のCMやドラマ&映画は?画像や動画はコチラ!愛媛出身の新人女優!

宮下咲 cm

大手芸能プロダクション・アミューズの『全県全員面接オーディション』四国編の最終審査が20日、香川・市民交流プラザIKODE瓦町で行われ、愛媛県出身の中学2年生・宮下咲さん(13)がグランプリに輝いた。 同オーディションは、ドラマ・映画・舞台・CM・音楽・ファッションなど多方面で活躍するアーティストや俳優、タレントらを発掘・育成してきたアミューズが、日本全国を回り、来場者全員と面接。 昨年行われた「九州・沖縄編」に続き、今回は「四国編」を開催し、4月21日〜30日まで四国4都市5会場で行われた一次審査では、5歳〜18歳までの男女1434人と面接を行った。 最終審査には、一次審査を通過した四国各地区の代表9人が参加。 自己PR、演技審査を経て、前出の宮下さんがグランプリ、徳島県出身の田邉千穂(たなべ・ちほ、12)さんが準グランプリ、愛媛県出身のブラウン寿子マリア(ぶらうん・すみこ・まりあ、14)さんが審査員特別賞を受賞した。 グランプリの宮下さんは、小学生時代は水泳、その後はテニスに打ち込むスポーツ少女で、自己PRでは素振りを披露した。 受賞の感想を聞かれると「自分が選ばれると思っていなかったので、びっくりしました。 足が震えるほどうれしかったです。 仕事が来たら頑張ります(笑)」と早くもやる気十分。 準グランプリの田邉さんは父親が日本人で母親が中国人、審査員特別賞のブラウンさんは父親がアメリカ人で母親が日本人と、国際色豊かな顔ぶれとなった。 アミューズは「事前の応募なしで会場に来た方全員を面接するという、気軽に参加できるオーディションだったこともあり、参加者のほとんどの方が今までオーディションというものを受けたことがなく、純粋に『原石』と呼べる方々とお会いすることができたオーディションとなりました」とコメント。 「今後も引き続き、日本全国を回るべく他地区での開催を検討しております」としている。

次の