福岡県立明善高等学校。 旧制中等教育学校の一覧 (福岡県)

「福岡県立明善高校」(久留米市

福岡県立明善高等学校

福岡県立明善高等学校 過去の名称 【藩校】 学問所 明善堂 明善小学 小学校教師伝習学校 久留米師範学校 【旧制中学校】 福岡県立久留米中学校 仮設久留米尋常中学校 私立久留米尋常中学校 福岡県立久留米尋常中学明善校 福岡県立中学明善校 福岡県立明善高等学校 【高等女学校】 福岡県久留米高等女学校 福岡県立久留米高等女学校 福岡県久留米高等女学校 福岡県立久留米高等学校 国公私立の別 設置者 学区 第八学区(旧第九学区) 校訓 克己 盡力 楽天 設立年月日 (12年) 創立記念日 創立者 高山畏斎 共学・別学 課程 全日制課程 定時制課程 単位制・学年制 学年制 設置学科 普通科 理数科 学科内専門コース 普通科学総合文科コース 高校コード 40152J 所在地 〒830-0022 目次• 概要 [ ] 歴史 の流れを汲む中学明善校()及び久留米高等女学校()を前身とする。 (明治12年)を創立年としており、(21年)に創立130周年を迎えた。 校名の「明善」の由来に関しては、明善同窓会ウェブサイト を参照。 普通科(一般コース)は、第八学区(、、のうち城南・江南・櫛原・牟田山・諏訪・良山・明星・宮ノ陣・荒木・筑邦西・屏水・青陵・高牟礼・北野中学校の校区)および久留米市の田主丸・城島中学校の校区。 理数科は、筑後地区全域(第七~十学区)• 普通科総合文化コースは、福岡県全域。 設置課程・学科・特色 (一般コース・普通科総合文科コース )・および 普通科。 全日制の定員は1学年7学級280名 2019年度入学者から。 生徒の多くは国公立大学へと進学する。 校訓 「克己 ・盡力 ・楽天 」。 (明治40年)に制定。 校章・校旗 旧(有馬家)の紋章である「笹竜胆 」(ささりんどう)を背景に、中央に校名の「明」を置いている。 校歌・応援歌 校歌の作詞は、作曲はによる。 (昭和31年)に制定。 3番まであり、各番に校名の「明善」が登場する。 1番に「盡力」、2番に「克己」、3番に「楽天」といったように、歌詞に校訓が登場する。 校歌とは別に応援歌「白旆 の歌」がある。 また定時制課程には逍遥歌がある。 同窓会 「明善同窓会」と称する。 毎年10月に総会を開催している。 、、、に支部を置く。 午睡の導入 の協力のもと、(平成17年)の一ヵ月半の間試験的に導入され、生徒にも好評であったことから、現在では正式に導入されている(全国初)。 昼休みが45分間あるうちの終盤10分間に「午睡タイム」が設けられ、校内放送で開始と終了のアナウンスをし、午睡デーの午睡時間中は教室の明かりが消される。 沿革 [ ] 久留米藩藩校時代• (3年) - が藩命により、(両替町)内に「学問所」を設置。 (8年) - 「明善堂(めいせんどう)」と改称。 (5年) - の施行により、「明善小学」と改称。 (明治8年) - 「」と改称。 (明治9年) - 「」と改称。 (明治12年) - 久留米師範学校を廃止。 旧制中学明善校• 1879年(明治12年)• - 「福岡県立久留米」を設置。 - 「福岡県立久留米中学校」が開校。 (明治13年) - に山内分校、に田主丸分校を設置。 (明治20年)• - 福岡県立久留米中学校を廃止。 4月 - 「仮設久留米」と呼称。 (明治21年) - 「私立久留米尋常中学校」と改称。 (明治22年) - 「福岡県立久留米尋常中学明善校」と改称。 (明治27年) - 教室および寄宿舎が完成。 (明治28年) - 校旗・校章を制定。 (明治32年) - 「福岡県立中学明善校」と改称。 (明治35年) - 新校舎に移転。 (明治40年) - 校訓「克己・盡力・楽天」を制定。 (明治44年) - 校歌 を制定。 作詞は金沢来蔵(第4代校長)、作曲は新清太郎(久高女教諭)による。 (12年)3月31日 - 寄宿舎を廃止。 (大正13年)• - 明善校後援会が新設。 この年 - 明善校応援歌「白旆 の歌 」が成立。 作詞は藤吉繁吉による。 曲はの寮歌の曲を充てている。 (大正14年)4月1日 - 「福岡県中学明善校」と改称。 (9年) - プールが完成。 (昭和10年)4月1日 - 中学校令施行規則第3条により、第4学年以上第1種、第2種を新設。 (昭和12年)3月31日 - 福岡県久留米を併設。 (昭和14年) - 火災により本館を焼失。 (昭和19年) - 本館と教室が完成。 (昭和20年) - 戦災により明善堂、雨天体操場、柔道場、工作室、倉庫などを焼失。 (昭和23年)• 4月1日 - により、「福岡県立明善高等学校」(男子校)と改称。 久留米夜間中学を高校夜間部とする。 中学部を設置。 - 定時制を設置。 (昭和24年) - 父兄会()と同窓会の寄贈により、体育館が完成。 久留米高等女学校• (明治30年) - 野中町(現・石橋)に「(市立)福岡県久留米高等女学校」が創立。 (明治32年)4月1日 - 修業年限を4カ年に変更。 (明治34年)4月1日 - 補習科を設置。 1902年(明治35年)4月1日 - 福岡県立代用の高等女学校となる。 (明治39年) - 校歌 を制定。 作詞は黒岩玄堂、作曲は田原美喜子による。 (明治41年)4月1日 - 県立移管により、「福岡県立久留米高等女学校」と改称。 (大正6年)3月31日 - 補習科を廃止。 (大正14年)4月1日 - 「福岡県久留米高等女学校」に改称。 (昭和6年) - 篠山町にある有馬家の別邸(現・北グラウンド)に移転・新築。 (昭和9年)• - 本館が完成。 4月 - 校舎、正門、石垣、煉瓦塀などが完成。 (昭和11年)4月1日 - 補習科(定員50名)を設置。 (昭和16年)4月 - 久留米夜間中学を福岡県立久留米中学校と改称。 (昭和18年)4月1日 - 補習科を専攻科と改称。 1948年(昭和23年)• 4月1日 - 学制改革により、「福岡県立久留米高等学校 」と改称。 - 火災により、北側校舎を焼失。 福岡県立明善高等学校• 1949年(昭和24年) - 男子校の明善高等学校と女子校の久留米高等学校 が統合され、の「福岡県立明善高等学校」となる。 普通科・家庭科(後の食物科)を設置。 (昭和26年)• - 図書館が完成。 4月 - 定時制と夜間部が統合し、福岡県立明善高等学校定時制となる。 (昭和27年) - 柔道場が完成。 (昭和28年) - 火災により本館・教室1棟を焼失。 (昭和31年)• - 南校舎本館が完成。 - 校歌を制定。 (昭和32年) - 定時制逍遥歌 が完成。 作詞は荒巻龍、作曲は荒巻長条によるもの。 (昭和36年) - 火災により体育館を焼失。 (昭和37年) - 体育館が完成。 (昭和44年) - 武道館が完成。 (昭和45年)• - 新校舎が完成し、旧久留米高女校舎より移転。 12月 - 北校舎(旧久留米高女校舎)を解体。 (昭和48年) - 南校地(旧制中学)と北校地(旧高等女学校)校地を統合。 (昭和50年) - 株式会社の寄贈で、プールが完成。 (昭和52年) - 南グラウンドを整備、北プールを解体。 (昭和53年)• - 「白旆の歌」(応援歌)碑を除幕。 3月31日 - 図書館と視聴覚室が完成。 - 食堂が完成。 (昭和54年) - 生徒会館が完成。 (昭和55年) - 同窓会の寄贈により、県立移管100周年記念館が完成。 (昭和60年) - クラブハウスが完成。 (4年)4月1日 - 理数科を設置。 (平成6年)4月1日 - 食物科の募集を停止。 (平成7年) - ラグビー場・テニスコートが完成。 (平成8年)• 3月25日 - 弓道場が完成。 3月31日 - 食物科を廃止。 (平成9年)4月1日 - 普通科総合文科コースを設置。 (平成14年)• - 火災により北体育館を焼失。 - 野球場、サッカー場、ハンドボールコートが完成。 (平成15年) - 卓球場が完成。 4月 - 入学式、新入生歓迎行事、校医検診• 5月 - 中間考査、自立と協動を学ぶ体験活動、明善・野球定期戦• 6月 - 前期生徒会執行委員長選挙、文化発表会、期末考査• 7月 - クラスマッチ、夏季課外(補習)• 9月 - 大運動会• 10月 - 中間考査、後期生徒会執行委員長選挙• 11月 - 体験入学、学期末考査、2年生修学旅行• 1月 - 冬季課外、SSH成果発表会、1年弁論大会、総文校外研修、• 2月 - マラソン大会、学年末考査• 4月 - 入学式• 5月 - 歓迎遠足、中間考査、生徒総会• 6月 - 期末考査• 7月 - クラスマッチ、校内生活体験発表会、進路講演会、職場訪問• 9月 - 始業式• 10月 - 中間考査、進路講演会、クラスマッチ• 11月 - 体験入学、期末考査• 1月 - 4年学年末考査• 2月 - 学年末考査、同窓会入会式• 3月 - 卒業式、クラスマッチ、進路講演会 部活動 [ ] 著名な出身者 [ ] 学界• ( )• (元文学部長 哲学者) 1916~2006• (元教授、社会史学者) 1947~2007• ( 名誉教授・名誉教授 (教育史学))• (元放送科学基礎研究所所長、元日本音響学会会長、元常務、元社長、博士) 1921~2017• (東京大学 大学院経済学研究科 教授(財政学))• (元学長 物理学専攻修了(理学博士)研究分野は、)• (客員教授、) 文化人• (、卒) 1923~1991• (小説家、第146回受賞) 1951~2017• (小説家、第41回受賞) 1910~1989• (画家) 1882~1969• (前衛画家) 1895~1933• (画家) 1890~1975• (画家、受賞、受賞) 1929~1999• () 1932~2001• () 作曲 1931~1992• (音楽家())• (音楽家、)• (職人、シューズデザイナー )• (作家)• (作家、)• () 1880~1937• (評論家、元学長) 1914~1995• (詩人) 1915~1989• (特別編集委員、)• (詩人) 軍人• (海軍中将 司令官) 1884~1953• (陸軍中将 第17代参謀長) 1894~1990 政官界• (元 ) 1924~1988• (第17代参謀長) 既出• (元) 1895~1987• 衆議院議員在職中に死去 1934~2002• の作成に関与 1904~1974• (元)• (元参議院議員)• (元参議院議員、現長)• (初代久留米市長) 1841~1917• (元長)• (前長)• (元アナウンサー、参議院議員• (元) 1936~2008 実業家• (第二代社長、会長) 1920~1997• (社長、副会長)• (会長、副社長)• (初代社長) 1910~2003• (社長、会長)• (慶應義塾大学教授、教授、()会長。 ) 1903~1957• (日本アミューズメントマシン工業協会会長、代表取締役会長) 1938~2006 スポーツ• (柔道家) 1918~1996• (プロ野球選手) 1924~2014• (プロ野球選手、)• (プロ野球選手、、) 1931~2007• (プロ野球選手、、) 1934~1995• (九電主将、九州電力キューデンヴォルテクス所属) マスコミ• (福岡放送(FBS)アナウンサー)• (ロンドン支局・ (WBS)元マーケットキャスター)• 中元健介 NHKディレクター)• (NHKアナウンサー) アクセス [ ] 最寄りの鉄道駅 (JR九州) 「」より徒歩約3~5分 最寄りのバス停 「築島」バス停より徒歩約3~5分 最寄りの道路 (医大通り) 周辺 [ ]• 脚注 [ ] []• - 明善同窓会ウェブサイト• 略称「総文」。 普通科目をより深化させた専門科目が設置されている。 自分の感情・欲望・邪念などに打ち勝つこと。 読みは「じんりょく」。 「盡」は「尽」の旧字体。 意味は「力を尽くすこと」。 自分の境遇を天の与えたものとして受け入れ、くよくよしないで人生を楽観すること。 篠竜胆とも。 の葉との花を組み合わせた紋章。 旆は「旗」を意味する。 学制改革の暫定措置として旧制中等教育学校(旧制中学校、高等女学校、実業学校)の2・3年生を収容。 1973年(昭和48年)、跡地に久留米高女記念碑が除幕。 関連項目 [ ]• - の藩校「育徳館」の流れをくむ。 - の藩校「修猷館」の流れをくむ。 - の藩校「伝習館」の流れをくむ。 外部リンク [ ]•

次の

福岡県立明善高等学校

福岡県立明善高等学校

出身人物一覧 (生年順)• [アナウンサー] [1983年生まれ]• [ディレクター] [1981年生まれ]• [アナウンサー] [1978年生まれ]• [漫画家] [1974年生まれ]• [ミュージシャン] [1965年生まれ]• [小説家] [1963年生まれ]• [アナウンサー] [1959年生まれ]• [コラムニスト] [1951年生まれ]• [小説家] [1951年生まれ]• [詩人] [1950年生まれ]• [ミュージシャン] [1948年生まれ]• [小説家] [1947年生まれ]• [野球選手] [1934年生まれ]• [野球選手] [1931年生まれ]• [作曲家] [1931年生まれ]• [洋画家] [1929年生まれ]• [野球選手] [1924年生まれ]• [脚本家] [1923年生まれ]• [技術者] [1921年生まれ]• [野球選手] [1921年生まれ]• [柔道家] [1918年生まれ]• [医師] [1915年生まれ]• [美術評論家] [1914年生まれ]• [作家] [1910年生まれ]• [画家] [1890年生まれ]• [洋画家] [1882年生まれ]• [ジャーナリスト] [1880年生まれ].

次の

福岡県立明善高等学校とは

福岡県立明善高等学校

>福岡県立明善高等学校出身の有名人 このサイトに登録されている有名人の数:56,806人 このサイトに登録されている「福岡県立明善高等学校」出身の有名人の数:57人 スポンサーリンク 福岡県立明善高等学校の出身者 1 財津ひろみ 久留米市の出身 慶應義塾大学へ進学 財津 ひろみ(ざいつ ひろみ、1983年5月17日 - )は、福岡放送のアナウンサー。 2 豊島晋作 久留米市の出身 東京大学へ進学 豊島 晋作(とよしま しんさく、1981年2月15日 - )は、テレビ東京の記者、ディレクター、元『ワールドビジネスサテライト』(WBS)マーケットキャスター。 福岡県久留米市出身。 3 北川智子 大牟田市の出身 ブリティッシュコロンビア大学へ進学 北川 智子(きたがわ ともこ、1980年 - )は、日本の歴史学者。 2009年より3年間アメリカ合衆国のハーバード大学にてカレッジ・フェローとして日本史を教え、ハーバード大学での自経験を綴った著書『ハーバード白熱日本史教室』が話題となった。 4 中村嘉宏 法政大学へ進学 中村 嘉宏(なかむら よしひろ、1974年10月16日 - )は、日本の漫画家。 愛知県出身。 成人向け漫画家としての別ペンネームに胃之上 奇嘉郎(いのうえ きよしろう)。 5 太田篤志 太田 篤志(おおた あつし、1968年 - )は、日本の作業療法士。 専門は発達障害学。 姫路獨協大学客員教授。 6 林正義 飽託郡池上村(現・熊本市)の出身 青山学院大学へ進学 林正義(はやし まさよし、1965年 -)は、日本の経済学者、東京大学教授。 研究分野は地方財政と社会保障である。 日本財政学会常任理事、日本地方財政学会理事、日本公共選択学会理事、日本応用経済学会理事を務める。 青山学院大学学生時代は永井陽之助に師事した。 7 佐野康夫 佐野 康夫(さの やすお、1965年4月30日 - )は、日本のドラマー。 福岡県出身。 血液型はA型。 8 酒見賢一 久留米市の出身 愛知大学へ進学 酒見 賢一(さけみ けんいち、1963年11月26日 - )は、日本の小説家。 福岡県久留米市出身。 福岡県立明善高等学校卒業。 1988年、愛知大学文学部哲学科東洋哲学専攻卒業。 デビュー作『後宮小説』は、架空の中国史小説 王朝も人物もすべて架空で時代も判然としない 風ファンタジーという異色作だったが、その後は実際の中国史から題材をとることが多い。 代表作に『墨攻』『陋巷に在り』『泣き虫弱虫諸葛孔明』他。 9 大久保勉 久留米市の出身 京都大学へ進学 大久保 勉(おおくぼ つとむ、1961年(昭和36年)3月11日 - )は、日本の政治家。 民進党所属の前参議院議員(2期)、元民主党福岡県連代表。 福岡県久留米市出身。 10 平安正知 平安 正知(ひらやす まさとも、1960年7月14日 - )は、日本の政治家。 福岡県小郡市長(3期)。 元小郡市議会議員(1期)。 11 古賀之士 久留米市の出身 明治大学へ進学 古賀 ゆきひと(こが ゆきひと、1959年4月9日 - )は、日本の政治家。 民進党所属の参議院議員(1期)。 元FBS福岡放送のエグゼクティブアナウンサー。 九州地区の局アナ出身者で史上初の国会議員。 現在1期目。 本名は古賀 之士(読み同じ)。 福岡県久留米市出身。 12 葉室麟 北九州市出身、久留米市在住の出身 西南学院大学へ進学 葉室 麟(はむろ りん、1951年1月25日 - )は、日本の小説家。 福岡県北九州市小倉生まれ。 13 野瀬泰申 首都大学東京へ進学 野瀬 泰申(のせ やすのぶ、1951年 - )は日本経済新聞特別編集委員。 コラムニスト。 福岡県久留米市出身。 福岡県立明善高等学校、東京都立大学法学部卒業。 14 南郷芳明 立正大学へ進学 南郷芳明(なんごう よしあき、1950年 - )は、日本の詩人。 15 芦刈茂 北九州市の出身 九州大学へ進学 芦刈 茂(あしかり しげる、1949年10月21日 - )は、日本の政治家。 福岡県太宰府市長(1期)。 16 鮎川誠 久留米市の出身 九州大学へ進学 鮎川 誠(あゆかわ まこと、1948年5月2日 - )は、日本のギタリスト、作曲家、俳優。 1970年代、福岡市を中心に勃興した、いわゆるめんたいロックの草分けの一人である。 福岡県久留米市出身。 身長180cm。 17 園田英弘 久留米市の出身 東京大学へ進学 園田 英弘(そのだ ひでひろ、1947年3月20日 - 2007年4月6日)は日本の社会学者(専攻は日本社会史、比較社会学)。 18 帚木蓬生 小郡市出身、中間市在住。 の出身 東京大学へ進学 帚木 蓬生(ははきぎ ほうせい、1947年1月22日 - )は、日本の小説家、精神科医。 福岡県小郡市生まれ。 19 古賀一成 柳川市の出身 東京大学へ進学 古賀 一成(こが いっせい、1947年7月30日 - )は、日本の政治家。 民主党所属の元衆議院議員(7期)。 衆議院国家基本政策委員長、衆議院東日本大震災復興特別委員長、衆議院国土交通委員長、衆議院科学技術委員長を歴任。 20 柿原彬人 中央大学へ進学 柿原彬人(かきはら よしひと、1938年10月14日 - 2006年7月18日)は日本の実業家。 福岡県出身。 21 牟田泰三 久留米市の出身 九州大学へ進学 牟田 泰三(むた たいぞう、1937年6月1日 - )は、日本の物理学者である。 勲等は旭日大綬章。 23 古賀正浩 東京大学へ進学 古賀 正浩(こが まさひろ、1934年8月5日 - 2002年9月6日)は、日本の政治家。 衆議院議員(5期)。 24 小川健太郎 久留米市の出身 小川 健太郎(おがわ けんたろう、1934年1月12日 - 1995年10月8日)は、福岡県久留米市出身の元プロ野球選手(投手)。 25 寺崎昌男 東京大学へ進学 寺崎 昌男(てらさき まさお、1932年9月26日 - )は、日本の教育学者、東京大学・桜美林大学名誉教授。 26 松本英一郎 松本 英一郎(まつもと えいいちろう、1932年7月8日 - 2001年6月17日)は、日本の洋画家である。 27 中村八大 久留米市の出身 早稲田大学へ進学 中村 八大(なかむら はちだい、1931年1月20日 - 1992年6月10日)は、日本の作曲家、ジャズピアニスト。 28 大津守 大津 守(おおつ まもる、1931年3月5日 - 2007年10月2日)は、1950年代から1960年代にかけて活躍したプロ野球選手。 右投げ右打ち。 ポジションは投手。 福岡県嘉穂郡桂川町出身。 29 藤田吉香 久留米市の出身 九州大学へ進学 藤田 吉香(ふじた よしか、1929年(昭和4年2月16日)- 1999年(平成11年5月25日))は、福岡県久留米市櫛原町生まれの洋画家。 30 福田幸弘 人吉市の出身 東京大学へ進学 福田 幸弘(ふくだ ゆきひろ、1924年12月3日-1988年12月23日)は、日本の政治家。 大蔵官僚。 参議院議員(1期)。 位階は正四位。 勲等は勲二等。 著書に『カナダ経済の旅』、『連合艦隊 - サイパン・レイテ海戦記』があり、後者は秦郁彦から「第一級の史書」という評価を受けた。 31 塚本悦郎 塚本 悦郎(つかもと えつろう、1924年11月30日 - 2014年8月16日)は、日本福岡県出身のプロ野球選手。 ポジションは外野手。 32 阿部桂一 日本大学へ進学 阿部 桂一(あべ けいいち、1923年11月11日 - 1991年8月15日)は、日本の脚本家である[4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14]。 筆名は別に新井 啓(あらい けい)がある[9][15][16]。 日本シナリオ作家協会会員・功労賞受賞者[17]、日本放送作家協会会員、日本脚本家連盟信託者[18]。 フジテレビジョン映画部の五社英雄が手がけたテレビ映画『トップ屋』、『刑事』で頭角を現し『三匹の侍』の成功で知られる[15]。 テレビの代表作はほかに『SFドラマ 猿の軍団』、『佐武と市捕物控』等、劇場用映画の代表作には『花と怒濤(英語版)』等がある[5][6][7][8][9][12][13]。 33 江崎誠致 久留米市の出身 江崎誠致(えさき まさのり、1922年1月21日 - 2001年5月24日)は、日本の小説家。 福岡県出身。 フィリピンでの戦争体験を題材にした『ルソンの谷間』で直木賞受賞。 囲碁愛好家としても知られ、呉清源などの棋士の評伝やモデル小説もある。 34 中島平太郎 東京工業大学へ進学 中島 平太郎(なかじま へいたろう、1921年3月19日 - )は、デジタルオーディオ技術の草分け的人物とされる日本の技術者である。 コンパクトディスク メディア(CD-DA規格) 開発においてソニー側の責任者で、「CDの父」とも呼ばれる。 福岡県久留米市生まれ。 任意団体CDs21ソリューションズ会長。 ビフレステック株式会社代表取締役会長。 35 岩橋利男 岩橋 利男(いわはし としお、1921年3月6日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手。 36 石橋幹一郎 久留米市の出身 東京帝国大学へ進学 石橋 幹一郎(いしばし かんいちろう、1920年(大正9年)3月1日 - 1997年(平成9年)6月30日)は、日本の実業家。 ブリヂストンの社長・会長を務めた。 ブリヂストンタイヤ創業者の石橋正二郎の長男。 37 松本安市 久留米市の出身 松本 安市(まつもと やすいち、1918年(大正7年)5月25日 - 1996年(平成8年)3月6日)は日本の柔道家。 段位は講道館8段。 38 沢田允茂 澤田 允茂(さわだ のぶしげ、1916年9月26日 - 2006年4月14日)は、日本の哲学者、慶應義塾大学名誉教授。 父は陸軍参謀次長等を歴任した沢田茂(陸軍中将)。 39 丸山豊 久留米市の出身 久留米大学へ進学 丸山 豊(まるやま ゆたか、1915年3月30日 - 1989年8月8日)は日本の医師、詩人。 日本の現代詩における代表的詩人の一人。 福岡県八女郡広川町出身。 福岡県中学明善校在学中より野田宇太郎らと同人誌に参加。 第一早稲田高等学院に進学するも中退し、父と同じく医学を志して昭和12年、九州医学専門学校卒業。 40 河北倫明 京都大学へ進学 河北 倫明(かわきた みちあき、1914年12月14日 - 1995年10月30日)は、美術評論家。 41 斯波四郎 山口市(芥川賞作家)の出身 明治大学へ進学 斯波 四郎(しば しろう、1910年4月7日 - 1989年4月29日)は山口県阿東町(現:山口市)出身の作家で、本名は柴田 四郎である。 42 真藤恒 久留米市の出身 九州大学へ進学 真藤 恒(しんとう ひさし、1910年7月2日 - 2003年1月26日)は、日本の実業家。 福岡県久留米市出身。 石川島播磨重工業 現IHI の社長、電電公社の最終代総裁、NTT初代社長・会長を務めた。 また、ドクター合理化の異名を取った。 息子に三井物産情報産業本部メディア事業部長、スピードネット社長、ソフトバンクBB常務、ソフトバンクIDC社長を歴任し、現IDCフロンティア取締役相談役の真藤豊がいる。 43 佐藤達夫 東京帝国大学へ進学 佐藤 達夫(さとう たつお、1904年5月1日 - 1974年9月12日)は、日本の法制官僚。 法制局長官、人事院総裁。 44 永田清 久留米市の出身 慶應義塾大学へ進学 永田 清(ながた きよし、1903年(明治36年)1月27日 - 昭和32年(1957年)11月3日)は、日本の経済学者、のち実業家。 45 古賀春江 大正大学へ進学 古賀 春江(こが はるえ、1895年6月18日 - 1933年9月10日)は大正から昭和初期に活躍した日本の男性洋画家である。 日本の初期のシュルレアリスムの代表的な画家として知られる。 本名は亀雄 よしお。 後に僧籍に入り「古賀良昌(りょうしょう)」と改名した。 「春江」はあくまでも通称である。 46 杉本勝次 西南学院大学へ進学 杉本 勝次(すぎもと かつじ、1895年11月14日 - 1987年1月2日)は日本の政治家。 衆議院議員、福岡県知事などを務めた。 47 諫山春樹 陸軍士官学校へ進学 諫山 春樹(いさやま はるき、1894年2月11日 - 1990年6月12日)は、日本の陸軍軍人。 福岡県出身。 陸軍中将。 第17代台湾軍参謀長、その後第10方面軍参謀長。 1945年10月25日、国民政府代表との降服式典に台湾総督安藤利吉とともに台湾総督府(日本)代表として出席し、任を終える。 48 高島野十郎 久留米市の出身 東京大学へ進学 髙島 野十郎(たかしま やじゅうろう、1890年(明治23年)8月6日 - 1975年(昭和50年)9月17日)は、大正 - 昭和の画家。 独学で絵の道に入り、透徹した精神性でひたすら写実を追求。 終生家族を持たず、画壇とも一切関わらず隠者のような孤高の人生を送った。 本名彌壽(やじゅ)、字は光雄。 49 松下元 海軍兵学校へ進学 松下 元(まつした はじめ、1884年8月10日 - 1953年12月1日)は、日本海軍の軍人。 最終階級は海軍中将。 海軍兵学校で教育に使われた「五省」の考案者として知られる。 50 青木繁 久留米市の出身 東京芸術大学へ進学 青木 繁(あおき しげる、1882年(明治15年)7月13日 - 1911年(明治44年)3月25日)は日本の洋画家。 51 坂本繁二郎 久留米市の出身 東京芸術大学へ進学 坂本 繁二郎(さかもと はんじろう、 1882年3月2日 - 1969年7月14日)は、明治後期~昭和期の洋画家である。 52 菊竹六鼓 うきは市の出身 早稲田大学へ進学 菊竹 六鼓(きくたけ ろっこ、男性、1880年1月25日 - 1937年7月21日)は、福岡県出身のジャーナリスト。 五・一五事件に際し、福岡日日新聞の紙上で軍部批判・憲政擁護の論陣を張ったことで知られる。 六鼓(六皷)[註 1]は号で、本名は淳(すなお)。 兄に政治家の菊竹博之がいる。 53 宮崎駿児 慶應義塾大学へ進学 宮崎 駿児(みやざき しゅんじ、1851年(嘉永3年) - 没年不明)は、幕末の幕臣、大陸浪人。 54 内藤新吾 内藤 新吾(ないとう しんご、天保12年10月11日(1841年11月23日) - 大正6年(1917年)8月2日)は、初代久留米市長、衆議院議員。 諱は敏樹、字は子敏、号は寒山。 55 竹ヶ原敏之介 久留米市の出身 竹ヶ原 敏之介(たけがはら としのすけ)は福岡県久留米市出身のシューズデザイナー。 生年月日は公表されていない。 56 中元健介 ター) 57 柴田拓 小郡市の出身 福岡大学へ進学 柴田 拓(しばた・ひらく)は、NHKのアナウンサー。

次の