ご 連絡 いただけれ ば と 存じ ます。 「存じます」の意味とは?いただければと存じますのメールの使い方も

「存じます」の意味とは?いただければと存じますのメールの使い方も

ご 連絡 いただけれ ば と 存じ ます

「幸いに存じます」の意味 「幸い」の意味は「ありがたい、運がいい」 「幸い」は、「さいわい」と読みます。 「幸い」には、 ・めぐまれた状態でしあわせであり、ありがたいこと ・運がいい好都合だとみなすこと ・そうしていただければ幸せだと人に頼む気持ち という意味があります。 「幸いです」「幸いに存じます」というように使用する場合は、「こうしてくれると嬉しい・ありがたい」という気持ちを表す言葉です。 つまり、「幸いです」は、「 自分にとって嬉しいことです」「 〜であれば幸せになります」といった意味であるということがわかります。 「存じます」は「思う」の謙譲語+丁寧語 「存じます」は、 「思う」の謙譲語「存ずる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 謙譲語は敬語の一つで、自分の行いをへりくだることで相手に敬意を示せます。 「存じます」は「 思います」の謙譲表現で、自分自身をへりくだった言い方であるため、目上の人に対して使うことができます。 「思います」の「ます」も丁寧語なので敬語ですが、謙譲語「存じます」を使うと、より丁寧な表現になります。 例えば、 〜させていただきたく存じます 大変嬉しく存じます 光栄に存じます 賜りたく存じます というような言い回しにも使用されます。 「 幸いです」は、 「幸い」という言葉に「です」という丁寧語をつけた丁寧語です。 「です」は、「〜だ」の丁寧表現です。 「 幸いでございます」は、「幸い」という言葉に「ございます」をつけた言葉です。 「ございます」は、 補助動詞「〜である」「〜です」の丁寧な表現で、 「です」よりもさらに丁寧な言い回しになります。 「 幸いに存じます」は、上述したとおり「存じます」は 「思う」の謙譲語なのです。 「幸いに存じます」は、目上の人に対して自分の「思う」という気持ちをへりくだって伝える言い回しなので、 「幸いです」「幸いに存じます」という言い回しのなかで最も丁寧な意味合いです。 「大変申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちいただけますと幸いです」 「こちらの資料をご高覧いただければ幸いです」 「大変恐縮ですが、ご一読いただけましたら幸いでございます」 「心ばかりの品ではありますがお送りいたしました。 特に「幸いです」は、ビジネスメールなどで相手に何かを依頼するときに用いることが多い言葉で「幸いに存じます」というように使用すると、「 〜していただけると嬉しいです」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「 〜していただけると幸いです」「 〜していただけたら幸いです」などといった方が、柔らかい印象になります。 例えば、「ご連絡いただけると幸いに存じます」というように使用します。 この場合は、「連絡しれもらえると嬉しいです」という意味になります。 「〜くださいますと幸いに存じます」という言い回しを使用することもあります。 「 〜くださいますと」は 「くれる」の尊敬語になります。 「〜いただけると」は、してもらう側である自分をへりくだって相手に敬意を示していましたが、「〜くださいますと」は、してくれる相手側のすることに尊敬語を使用することで、相手を高める表現方法です。 「〜してくれる」という相手側に視点をおく場合は「〜してくださる」 「〜してもらう」という自分側に視点があつ場合は「〜していただく」 というように使い分けることができますが、どちらも「〜してもらえたら嬉しいです」という依頼の言葉です。 ただし、説明した通り「〜してくれたら嬉しいです」という柔らかいニュアンスの依頼の仕方になるので 「必ずしてほしい」という場合には不向きです。 例文 「来週までにご連絡いただけると幸いに存じます」 「本日の感想、アンケートについて回答していただけると幸いに存じます」 「ご都合の良いときに、ご確認いただけると幸いに存じます」 「是非ともご参加いただければ幸いに存じます」 「ご多用中とは存じますが、ご教示くださいますと幸いに存じます」 「勝手ながら、この件について今月中に回答くださいますと幸いに存じます」 「楽しんでいただければ幸いに存じます」は、こちらから贈り物などをしたときに使う 「幸いです」を贈り物をする場合に使う場合は、自分が行ったことに対して「 相手が 喜んでくれたら満足です」といった意味になります。 例えば、映画の鑑賞券をプレゼントするという場面で、「ぜひご鑑賞いただきたく、チケットをご用意させてもらいました。 楽しんでいただければ幸いに存じます」というように使用します。 この場合「楽しんでもらえたら嬉しく思います」という意味になります。 このように、 単に自分が嬉しいという表現ではなく、あくまでも相手の好意的な反応を期待して使用します。 「心ばかりの品ではございますが、ご笑納いただければ幸いに存じます」 「果物を詰め合わせてクール便で送りました。 気に入ってもらえたら幸いに存じます」 「変わりばえいたしませんが、時節柄お役に立てば幸いに存じます」 「幸いに存じます」の類語・言い換え 「嬉しく思います」「喜ばしく思います」はビジネスでは避けるべし ビジネスシーンで「嬉しい」という自分の気持を相手に伝える場面があると思いますが、丁寧な言葉に言い換えればいいからといって丁寧語を使用した「嬉しいです」と伝えてしまうとなんだか幼稚な感じがしてしまいますよね。 ビジネスシーンで嬉しい気持ちを相手に伝える場合は、「 嬉しく存じます」「 喜ばしく存じます」という言い回しを使用しましょう。 「嬉しく思います」というような表現でも文法的には間違いではありませんが、 「思う」を謙譲語に言い換えた「存じます」を使用したほうが丁寧です。 同様に、「喜ばしく思います」も謙譲語に言い換えた「喜ばしく存じます」という言いまわしのほうがビジネスシーンではふさわしいと言えます。 例文 「このような素敵な会にご招待いただき誠に嬉しく存じます」 「お陰様で素敵なご縁に恵まれましたこと大変嬉しく存じます」 「先日は楽しんでいただけたようで、大変喜ばしく存じます」 「助かります」は目上には使えない 「助かります」は丁寧語の「ます」が付いているため、正しい敬語です。 しかし、知人や同等、目下の人に対して使用するのは問題ありませんが、 依頼するときや感謝するときに目上の人には意味的に上から目線な響きがあり相応しくありません。 「助かる」と言うと、自分が主となり、同時に相手を従と見なすようなニュアンスとなってしまうということや、そもそも「助かる」は労いの言葉であるため、目上の人には使うべきではないという考えもあります。 ですので、「助かります」は目上の人に対しては使うべきではないとされています。 「幸甚(こうじん)」は「幸い」をより丁寧な表現 「幸甚」は「 こうじん」と読みます。 「幸甚」の意味は「 常にありがたく、幸せに思うこと」です。 「幸甚」は「 もし〜してくれたら嬉しい」というニュアンスで使用され、「ありがたい・嬉しい」といったポデティブなことを表す言葉です。 また、「幸甚」は、「対応してくれたらこの上なく幸せです」といった相手を立てる表現であるため、目上の人にも使用することができる表現です。 「幸い」と同様に、ビジネスシーンでは 依頼する際や、お礼を伝える時、贈り物をする場面などで使用されます。 主な言い回しは、 ・幸甚です ・幸甚でございます ・幸甚に存じます などです。 ご笑納いただければ幸甚でございます」 「先日の御礼として、私の故郷の特産物を贈らせていただきました。 どうかご受容いただけると、幸甚でございます」 「ありがたく存じます」は感謝・お礼 「ありがたく存じます」は、「 ありがたいと思っています」という意味の 感謝・お礼を伝える言葉です。 「思う」の謙譲語である「存じます」を使用することにより、相手に敬意を示す丁寧な表現になります。 より丁寧な「ありがたく存じ上げる」という表現もありますが、特にビジネスシーンなどでは使用されることはほとんどありません。 「ありがたく存じます」は、 お礼の言葉というようりは、「嬉しく思います」というような、自分の「ありがたい」と思っている感情を表現している言葉です。 例えば、「貴重な商品をお譲りいただきありがたく存じます」というように使用し、「貴重な商品を譲ってもらってありがたいと思っています」という意味になります。 「幸いであります」は山口県の方言 「幸いであります」は、「〜であります」という表現が、とても丁寧な敬語のように感じられますが、 標準語として使われるものではありません。 「幸いであります」の 「あります」は、山口県で使用されている方言で、かしこまった場面で使用されている言葉でしたが、現在ではあまり使用されていないようです。 山口県では、「幸いに存じます」をかしこまった場面で「 幸せます」と使用する場合もあります。

次の

「幸いに存じます」の意味と使い方、類語・言い換え、メールの例文、英語表現

ご 連絡 いただけれ ば と 存じ ます

ご連絡 = 連絡すること• ご・お~いただきたく = 「〜してもらいたい」の意味の敬語(謙譲語)• すると「ご連絡いただきたく存じます」の意味は… 「連絡してもらいたいと思います」 であり、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 「連絡してください!」とストレートに言うのではなく遠回しに自分の意思や気持ちをつたえる、とても丁寧なフレーズですね。 ニュアンスとしては 「連絡してもらいたいと思うのだけど…」みたいなイメージ。 あまりに堅苦しくて大げさかもしれませんが、とにかく目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズになります。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。 「ご連絡いただきたく存じます」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 もとになる単語「連絡」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 なお「ご連絡していただきたく存じます」は間違い敬語となりますのでご注意を。 この場合、謙譲語「お(ご)」をなくして「連絡していただきたく存じます」とすれば正しい敬語になります。 理由は長くなるので省きますが、あくまでも「ご連絡いただきたく存じます」をつかうことをオススメします。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 使い方・ビジネスメール例文 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「ご連絡いただきたく存じます」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 【基本の使い方】連絡してほしい!と伝えるビジネスメール 「ご連絡いただきたく存じます」の使い方 文字どおり何かしら「連絡してほしい!」と言いたいときのビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 人事部の佐藤です。 その際、各部署より講師として1名ずつ派遣していただき新入社員へ向け、 それぞれのテーマでお話いただけないかと考えております。 お忙しいところ恐縮ではございますがご査収の上、 お取り計らいのほどお願い申し上げます。 メール署名 例文にしたように「お取り計らい」を使うビジネスシーンは、何か依頼やお願い事をしたい時ですね。 他には感謝の意を示す時「お取り計らいをいただき、誠にありがとうございました」などとして、メール冒頭に使えます。 メールで案内をしていなければ、新たに催促メールを作る。 メール件名:精算申請書・修正および再提出のお願い 営業部 のまこ 部長(社内上司/目上) お疲れ様です。 経理部・ノマドと申します。 さて首記の件、のまこ部長よりご提出の以下申請書に関して不備があり、先般、社内便にて返送しておりました。 書類はお受け取りになりましたでしょうか。 なお精算の締め日が11月15日までとなっておりますので、 それまでにご連絡いただきたく存じます。 また、行き違いでご返送いただいておりましたらその旨お申し付けください。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、どうぞ宜しくお願い致します。 経理部 ノマド• 【例文】ご連絡いただければと存じます。 のようにして使います。 意味と違い・使い方 どちらも言いたいことは結局のところ「連絡してほしい」なのですが… 敬語の使い方に違いあり。 謙譲語「いただく」に仮定の「たら・れば」をくっつけると「 いただければ」という敬語になります。 したがって「ご連絡 いただければと存じます」のニュアンスとしては「よかったら連絡してもらえたらと思うのだけど」というような感じになります。 「ご連絡 いただきたく存じます」でも遠回しにあなたの希望を伝える敬語なのですが… 「ご連絡 いただければと存じます」だともっと大げさになります。 かな〜り遠回しにお願いをしているわけで、目上・上司・取引先への言葉づかいとしてはこの上なく丁寧ですね。 そんなに丁寧にする必要あるの?って思うくらい。 まぁ、ひとつのオプションとしてお好みでお使いください。 【例文】ご連絡いただきたく、お願い致します。 【例文】ご連絡いただきたく、お願い申し上げます。 のようにして使います。 あなたの意思が伝わらずぼんや〜りとしたメールになって「結局なにが言いたいの?」ということになりかねません。 そんなときに活躍するのが「ご連絡 いただきたく、お願い致します」です。 「ご連絡 いただきたく存じます」だと「連絡してもらいたいと思います」という意味であり、 「ご連絡 いただきたく、お願い致します」だと「連絡してもらいたい、お願い!」というような意味になります。 敬語としてはどちらも、これでもかというくらい丁寧なので使い分けする必要はありません。 文章のバランスを考えてお好みでお使いください。 なお「ご連絡 をいただきたく、お願い致します」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 敬語の解説 一応「ご連絡 いただきたく、お願い致します」の敬語の成り立ちをまとめておきます。 もとになる単語「連絡」• したがって上司・目上やビジネスメールで使うのにふさわしい表現、と言えるでしょう。 「ご連絡 いただきたく存じます」 「ご連絡 いただければと存じます」 「ご連絡 いただきたく、お願い致します」 だけでなくシンプルに 「ご連絡をお願い致します」としてもOKです。 意味としては「連絡をお願いします!」であり、 言いたいことは結局のところ「連絡してほしい」となります。 たとえば、• 大変ありがたいこと。 これまで紹介しきれなかった敬語もふくめ丁寧レベルごとにまとめておきます。 また、おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。 ご連絡ください• ご連絡くださいませ• ご連絡いただけますか?• ご連絡ください• ご連絡くださいませ• ご連絡いただけますか• ご連絡いただけますでしょうか• ご連絡をお願い致します• ご連絡いただきたく、お願い致します• ご連絡いただきたく存じます• ご連絡いただければと存じます• ご連絡のほどお願い申し上げます• ご連絡くださいますようお願い申し上げます• ご連絡いただきますようお願い申し上げます• ご連絡くださいませ• ご連絡をお願い致します• ご連絡いただきたく、お願い致します• ご連絡いただきたく存じます• ご連絡いただければと存じます• ご連絡いただきますようお願い申し上げます• ご連絡いただけますようお願い申し上げます• ご連絡くださいますようお願い申し上げます• ご連絡いただければ幸いです• ご連絡いただければ幸甚に存じます• ご連絡いただけましたら幸いです• ご連絡いただけますと幸いです• ご連絡いただけますと幸甚に存じます• ご連絡いただけましたら幸甚でございます• ご連絡いただけましたら幸甚に存じます 補)「お願い申し上げます=お願い致します」に言い換えOK 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 なお「ご連絡 をいただけましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 ご連絡賜りますようお願い申し上げます• ご連絡いただければ幸いです• ご連絡いただければ幸甚に存じます• ご連絡いただけましたら幸いです• ご連絡いただけましたら幸甚でございます• ご連絡いただけましたら幸甚に存じます• ご連絡賜りますと幸いです• ご連絡賜れますと幸いです• ご連絡賜りましたら幸いです• ご連絡賜れましたら幸いです• ご連絡賜りますと幸甚に存じます• ご連絡賜れますと幸甚に存じます• ご連絡賜りましたら幸甚に存じます• ご連絡賜れましたら幸甚に存じます なお「ご連絡 を賜りましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。

次の

お気軽にご連絡を頂ければと存じます という敬語はおかしいですか?

ご 連絡 いただけれ ば と 存じ ます

「いただきたく存じます」の意味・敬語 「いただきたく存じます」の意味は「〜してほしいと思う」 「いただきたく存じます」は 「〜してほしいと思う」ことを意味しています。 「いただきたく存じます」は「いただきたく思います」をより丁寧にした表現になります。 「〜していただきたく」のみでも「〜してもらいたい」という意味になりますが、「存じます」が付くことによってより丁寧な表現となります。 「いただきたく存じます」は二重敬語ではなく正しい謙譲語 「いただきたく存じます」は、 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「たい」=願望を表す助動詞 ・「存じる」=「思う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「いただきたく存じます」は、「〜してもらいたい」と「思う」とをそれぞれの言葉を謙譲語にしたものなので、 二重敬語ではありません。 二重敬語とは、一つの単語に、同じ種類の敬語を二つ以上使った言葉のことを言います。 例えば、二重敬語の例としては「おっしゃられる」「お伺いいたします」などがあります。 「いただきたく存じます」の使い方 「いただきたく存じます」は少々堅い表現のため、日常会話では使うことが少ないです。 ビジネスシーンにおいては、メールや文書、スピーチなどでよく使われます。 「いただきたく存じます」は、 取引先の相手やお客様など目上の人に対して使います。 同等や目下の人に対しては使用しないので注意しましょう。 「いただきたく存じます」は「対応させていただきたく存じます」というように、主に何かをお願いするときに使います。 単に「確認してください」というよりも「いただきたく存じます」と言った方が丁寧に聞こえます。 ・ご検討いただきたく存じます ・ご参加いただきたく存じます ・お時間いただきたく存じます ・お返事いただきたく存じます ・ご教示いただきたく存じます ・お知らせいただきたく存じます ・お送りいただきたく存じます ・お問い合わせいただきたく存じます ・お祝いの言葉をいただきたく存じます 「~をしていただきたく」で終わるのは失礼 「〜をしていただきたく」という表現は誤りになります。 「〜をしていただきたく」は「していただきたいと思います」を省略した言い回しになります。 もし「〜をしていただきたく」という表現を使いたい場合は、「〜していただきたく思います」「〜していただきたくお願いいたします」と完結した文章にします。 目上の人に対して、メールなどで省略した文章を送るのは失礼です。 社内の規則で決まっている場合は仕方ないですが、社外の人に対しては略さずにしっかりとした文章を使うようにしましょう。 「させていただきたく存じます」の乱用は避ける 「させていただく」は、使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 「〜させていただく」は、 「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「〜させていただく」には、「図々しくて申し訳ないが、相手が許可してくれたから〜する」という意味合いが含まれます。 本来「させていただく存じます」は相手の許可を得てさせてもらう場合に使います。 例えば、「熱が出たので、早退させていただいてもよろしいでしょうか?」は許可を得るためなので、適切な使い方になります。 「させていただく存じます」を多用することを「させていただく症候群」と言います。 多用し過ぎると、文章自体が読みにくかったり、回りくどくて何を伝えたいか分からなくなります。 丁寧な印象より、逆に慇懃無礼な印象を与えてしまう可能性もあるので注意しましょう。 「〜させていただく」よりも「〜いたします」などを使った方が自然です。 メールで資料を添付する場合は「ご確認いただきたく存じます」など ・企画の詳細についてはファイルを添付しましたのでご確認いただきたく存じます。 ・先ほどお送りした資料についてご不明な点がございましたら、私の方までお問い合わせいただきたいと思います。 その他の例文 ・お忙しいところ大変恐縮ですが、一度お時間のほどいただきたいと存じます。 ・今回は当方よりご案内させていただきたく存じます。 「いただく」を平仮名表記として使う場合は、補助動詞として使用するときです。 ひらがなで「いただく」と書く場合は、「何かを~してもらう」という意味で使います。 例えば「ご覧いただく」「お越しいただく」「ご足労いただく」といったようになります。 つまり「~していただく」はひらがなで書くのが正解です。 「〜して頂く」「させて頂く」は誤りになります。 ひらなが「いただく」の例文 ・(正)会議の後、私のところまで来ていただけますか。 (誤)会議の後、私のところまで来て頂けますか。 ・(正)今日はお休みさせていただきます。 (誤)今日はお休みさせて頂きます。 ・(正)こちらをお召し上がりいただけますか。 (誤)こちらをお召し上がり頂けますか。 「頂く」の意味は「食べる、飲む」の謙譲語 「いただく」を漢字で書くと「頂く」となります。 「頂」を使った言葉には、「山頂」「頂上」「頂点」などがあります。 このことから分かるように「頂」には、「一番上・てっぺん」といった意味があります。 「頂く」と表記する場合は、「大切にする」「敬う」「食べる・飲む」と「もらう」の謙譲語として使用します。 例えば、「頂く」は「お酒を頂く」「労いのお言葉を頂く」「お便りを頂く」といったように使うことができます。 動詞は漢字表記、補助動詞は平仮名表記と覚えておきましょう。 ・頂いたお菓子、とても美味しかったです。 「いただきたく存じます」の類語・言い換え 〜していただければ幸いです 「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」といった意味になります。 「幸いです」の使用場面としては、何かをお願い・依頼する場合になります。 「幸いです」は、ビジネスメールなどで相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」といった方が、柔らかい印象になります。 例文 ・来週までにご連絡いただければ幸いです。 ・ご都合の良いときに、ご確認いただければ幸いです。 〜いただきますようお願い申し上げます 「〜いただけますようお願い申し上げます」は「〜していただきたいと願っています」という意味になります。 例えば「参加していただけますようお願い申し上げます」と言った場合は「参加していただけることを願っています」といった意味合いになります。 「〜いただきますようお願い申し上げます」は非常に丁寧な表現になるので、目上の人に対して使うことができます。 ・お手数ですが、お送りいただけますようお願い申し上げます。 〜してください 「〜してください」は、お願いをするとき用いる言葉で、日常会話でも頻繁に使われています。 「〜してください」は、同僚や部下に対しては使えますが、目上の人に対して使うと上から目線だと、受け取られてしまう可能性があります。 目上の人にはなるべく使用を避けた方が良いでしょう。 また、「〜してください」をより丁寧にした「〜なさってください」という言い方もあります。 「〜なさてください」の「なさる」は「する」の尊敬語です。 目上の人に何かをお願いするときは「〜なさってください」を使うのが適切になります。 例文 ・来月歓迎会を開催することにしました。 ぜひお越しください。 ・今確認してくるので、少々お待ちください。

次の