ニトリ ビーズ クッション。 補充用ビーズ 0.3

【無印やニトリが人気】ビーズクッションのおすすめ人気ランキング10選|monocow [モノカウ]

ニトリ ビーズ クッション

Nストレッチ本体(カバー無し) 製品名 幅 長さ 高さ 重さ Nストレッチ(大) 65cm 65cm 45cm 6kg Nストレッチ(小) 65cm 65cm 35cm 3. 5kg Nストレッチ(標準) 50cm 50cm 35cm 2. 85kg ストレッチ2(ミニ) 40cm 40cm 27cm 1. 2kg 本体サイズは4種類ございます。 インナーカバーはホワイトのみです。 基本的にはアウターカバーをして使います。 厚み(高さ)があった方が、ビーズ量も多く安定し、クッション性も増すので座っていても疲れず、快適に利用できるのが利点ですね! どう使うかにより、サイズが変わってくるかも知れません。 ビーズソファの上で横になりたいなら大きめのサイズ(大、小)、座るだけなら(標準、ミニ)といったサイズ選びでよろしいかと思います。 Nストレッチの値段は安い! 製品名 価格(税込) Nストレッチ(大) 7,407円(8,147円) Nストレッチ(小) 3,024円(3,326円) Nストレッチ(標準) 4,167円(4,583円) Nストレッチ(ミニ) 1,843円(2,027円) 全てのサイズの本体価格を比較しても、1万円はしません。 ですが、 アウターカバーは別売りなので、+2,000円程度上乗せされます。 それでも1万円行くか行かないかくらいです。 非常に気になるのが、Nストレッチ大と小の価格の差です。 高さ10cm程度しか変わらないのに、 倍以上の値段の差があります。 Nストレッチ大はちょっと値段が高すぎる気がします。 それに比べ、ミニサイズはかなり安くお手頃です。 ちょっとしたクッション、仮眠する際の枕などに使えるので、この価格はうれしいですね! 交換用ビーズがある。 2種類のビーズがある。 ニトリのビーズソファでは、交換用のビーズが販売されています。 交換用ビーズを販売されているビーズソファは少なく、 2種類の大きさを採用しているのはニトリのみです。 また、交換用ビーズのメリットは• へたりや劣化を改善できる。 へたってしまっても、新しいビーズソファを買う必要がなくコスパ。 2種類の大きさがあるので、座り心地を変えられる。 これら3つの利点があります。 交換用ビーズがあると、壊れても新しいビーズソファを買う必要がないので、結果的に 費用が抑えられます! ニトリのNストレッチの使い方。 Nストレッチ(ストレッチ2ミニ含む)は果たしてどのように使えるのか。 機能性について解説していきます。 専用カバーによって、2通りの座り心地が楽しめ使いやすい! 固い面ではゆったりとした座り心地 引用: この寝そべるように座るには、側面の硬い面を使います。 側面は一見狭い面かと思いがちですが、体を預けることにより生地が広がり非常に寝やすくなります。 ですが、大人がこれをやると腰や足がビーズソファの外に出るため、心地よくないかもしれません。 また、あくまで横になるだけに使いましょう。 睡眠をとるには適しておりません。 小さなお子さんなら寝ることもできる! 室内で飼っているペットや小さなお子さんなら、手足がビーズソファ上に収まるため寝ることも可能でしょう。 座ることもでき、睡眠もとれるので非常に便利です。 またペットも使えるので、汎用性があります。 ニトリのビーズソファの欠点。 欠点1:腰や首を痛くする。 「ビーズソファの致命的」ともいえる、腰や首を痛めてしまうところです。 いくらビーズ量が多くても、こればっかりは仕方がありません。 結局どのビーズソファも、長時間使用すると体を痛める傾向にあります。 またビーズソファは、 体にフィットし沈むため起き上がるのが困難です。 腰痛持ちの方や、ぎっくり腰の方、お年寄りの方は使用する際は、十分注意が必要です。 欠点2:インナーカバーの洗濯はできない。 インナーカバーを汚すことは少ないかも知れませんが、Nストレッチは インナーカバーの洗濯はできません。 飲み物や汁物を溢して汚してしまうと後がきかなくなってしまうので、 非常に注意が必要です。 汚してしまった場合は、買い替える必要があるので費用が掛かります。 欠点3:背もたれがないので疲れやすい。 Nストレッチでは、座ることや横になること、枕のように使うことができます。 ですが、普通に座ると背もたれがほとんどありません。 座っていて非常に苦痛になります。 背もたれが出来づらいので、長時間座ることが難しいです。 座り方次第で、背もたれを作ることができるかもしれませんが、安定感がないのでお勧めしません。 欠点4:ソファを名乗っているのに肘置きがない。 これについてはどのビーズソファにも言えます。 ソファにも関わらず、 背もたれもなければ、肘置きがないビーズソファがほとんどです。 せっかくソファと名乗るなら、ただのビーズが入っているクッションではなく、ソファのように背もたれ・肘置きはしっかり備えてほしいものです。 また、ニトリにはオプションアイテムなどもないので背もたれ・肘掛けを付与することはできません。 購入者様の口コミの紹介。 実際に購入された口コミについて調べてみました。 評価のよかった口コミ:フィット感、座り心地がいい。 素晴らしいホールド感のソファですよ!背中にあてるソファではなく、真上に座ってそのままもたれてください。 味わったことのないホールド感が味わえます。 引用: 座り方が2通りあり、普通に座るだけでなく持たれることにより、フィット感が得られます。 「一度座ってしまうと動けないソファ」と、高評価の口コミが多かったです。 評価の悪かった口コミ:毛玉が付きやすい。 立ち上がりづらい。 人をダメにするソファを初めて購入しました。 身体にフィットして座り心地は良いです。 ただし、立ち上がる時にバランスが難しくて上手く立ちあがれません。 自分だけかな…?本当にリラックスする時用なんですね!あと、へタれるのが早い気がしてしまったので星3つとさせていただきます。 引用: 欠点でも紹介しましたが、立ちあがりづらい評価がみられました。 大半のビーズソファの欠点とも言えます。 また、汚れやすい・毛玉ができやすいといった口コミも多かったです。 定期的に掃除をし、清潔に扱っていく必要があります。 それ以外にも、髪の毛も付きやすいので掃除はこまめに行いましょう。 ビーズソファならヨギボーをお勧めします。 ヨギボーは種類が豊富です。 リペアサービスはヨギボーの劣化を修復する。 ヨギボーのビーズソファには、へたりが出てしまった時に別売りでビーズが販売されています。 へたりの改善は、ビーズの交換で大半修復することができます。 またアウターカバーは選択できますが、インナーカバーは個人で洗濯はできません。 しかし、ヨギボーが提供している「」に頼めば、 インナーカバーを新品と交換してくれます。 リペアサービスは費用が掛かりますが、 インナーカバーの交換・ビーズの交換・プロによるアウターカバーの洗濯をしてくれる 優れたサービスです。 ヨギボーは値段が高いですが、ビーズソファへの対応は素晴らしいです。 オプションアイテムで、背もたれ・肘掛を作れる。 ヨギボーサポートで、背もたれや肘置きを確保する。 ヨギボーではビーズソファの他に、が沢山あります。 その中の一つであるは、肘掛け・背もたれを作ることができます。 このヨギボーサポートは別売りで、一人用ではありますが 全てのサイズのヨギボーに対応しています。 このようなオプションアイテムを販売しているビーズソファは、ヨギボー以外ありません。 見たことがありません。 を書かせていただきましたが、オプションアイテムを販売している企業はありませんでした。 ヨギボーはビーズソファが出せる、 最高級の快適さを追求したビーズソファになっています。 ヨギボーのお店で体験もできますので、ぜひお近くにある方は体験してみてください。

次の

便利すぎる!ニトリのおすすめビーズクッション14選【ランキング】

ニトリ ビーズ クッション

index 目次• ソファをやめた理由 新型コロナウイルスの影響で全国一斉休校となり、とても長い春休みになりましたね。 わが家は北海道住まい。 感染者が多いことからいち早く2月下旬から一斉休校…もちろん幼稚園児のうちの子も休園に。 どこにも出かけられずおうちで遊ぶことが増えたため、おもちゃを出す機会も格段に増えました。 床に散乱するおもちゃたち… 家事の合間にひと息つこうとソファに座ると「バキッ!!」恐竜さんがいるのです。 「ソファにおもちゃを置かないで!」「おもちゃを片付けなさい!!」何度叱っても時間がたてばまた恐竜さんがソファにいます 泣。 掃除をすればソファの下からおもちゃがゴロゴロ。 これは ソファをなくせば解決するのでは?と思ったのです。 ビーズクッションを比較 ソファをなくしてもリラックススペースは確保したい。 そこで ビーズクッションを迎えようと考えました。 いろいろと見てまわり調べた結果、わが家ではこちらの4つが最終候補に! Yogibo(ヨギボー)「Yogibo Mini(ヨギボーミニ)」• 重さ:約4. 5kg• 価格 :15,800円(税別) ソファカバーのカラバリが豊富な17種類、カバー込みの商品、座った感覚はかなり沈み込む感じ…寝たときに包み込まれるようなフィット感が心地良いです。 U字クッションの「Yogibo support」と組み合わせると廃人確定(笑)。 ビーズの補充が可能。 無印良品「体にフィットするソファ」• 重さ:6kg• 価格:9990円(税込) カバーが別売りで2990~4990円(税込)で購入できます。 ヨギボーの座り心地とは異なり、こちらは沈んでからしっかりと固定される感覚。 カバーにストレッチ面と帆布素材の2種類を使っているため、好みの面で座ることが可能。 ストレッチ面に座ると沈み込む感覚(ヨギボーほどのフィット感はない) 帆布面はほぼ沈まず硬いので、座って作業をするときなどに向いているかなと思います。 ビーズの補充は不可。 ニトリ「ビーズソファ 大 本体(Nストレッチ)」• 重さ:約6kg• 価格:8147円(税込) こちらもカバーが別売りで2027円~2990円(税込)で購入できます。 大きさ、重さはほぼ無印良品のものと同じですが、見た目が全く違います。 無印良品が「パンパン」だとしたら、ニトリはカバーにゆとりがある感じ。 座り心地、寝心地ともにフィット感はそれほどなく、座って作業をするとき専用になりそう。 別売りのカバーの種類が豊富です。 ビーズの補充が可能。 ハナロロ「オニオン 80L ニットカバーセット」• 重さ:約2. 2kg• 価格:6980円(税込) こちらは楽天市場で見つけたネットショップ「ハナロロ クッション・ソファの店」のものです。 ニットカバーがセットになっていてこのお値段はかなりお買い得! 名前の通り、オニオンのような丸くコロンとした形がとってもかわいくデザイン性は断トツ!インスタグラマーさんがコラボした商品なのだそうで、そのかわいさに納得しました。 レビューは高評価ですが、実店舗がないので試してみることができません。 現在は北海道も送料無料と表示されていますが、わたしが見たとき(2020年3月上旬)は送料が4000円でした。 ビーズの補充は可能。 わが家がお迎えしたものはこちら いろいろと考えた末にわが家ではこちらに決定! 右:無印良品「体にフィットするソファ」、左:ニトリ「ミニビーズクッション 本体(ストレッチ2)」 無印良品「体にフィットするソファ」と ニトリのミニビーズクッションにしました。 実際に座ってみて、 寝るならヨギボー、座るなら無印!という二択になったのですが、わが家では寝るよりも座ることの方が多いのでメインのビーズクッションは無印のものにしました。 そして、座るだけではなくゴロゴロできるように、ニトリのミニビーズクッションをオットマン代わりに購入しました。 オニオンソファもかわいくて気になっていたのですが、北海道だからなのか送料が高いことがネックでした。 現在は送料無料になっていたので、今後もしかしたら購入するかもしれません。 ソファがなくなったメリット 実際にソファがなくなった生活を始めてみて メリットと デメリットがありました。 メリット• くつろぎスペースができた• ビーズクッションにおもちゃを置かれても振り落とされる(笑)• 掃除の際にソファを動かさなくていいのでとても楽• ソファでスペースをとっていた分、子どもが遊べるスペースが増えた• 圧迫感がなくなり部屋が広く感じられるようになった• くつろぎスペースを気軽に移動させられる デメリット• 実用的だけどインテリア的にはあまり…• 家族分ないと取り合いになる• ダメ人間になる(笑) メリット、デメリットを見てみても子育て中はソファがない方が楽かなと思います。 思い切ってソファを手放して良かった!というのが正直な感想です。 最後になりますが、人をダメにするソファは人だけでなく….

次の

人をダメにするビーズソファ!王道「無印良品」vs 「ニトリ」vs「ヨギボー」徹底比較!【スペック編】

ニトリ ビーズ クッション

index 目次• ソファをやめた理由 新型コロナウイルスの影響で全国一斉休校となり、とても長い春休みになりましたね。 わが家は北海道住まい。 感染者が多いことからいち早く2月下旬から一斉休校…もちろん幼稚園児のうちの子も休園に。 どこにも出かけられずおうちで遊ぶことが増えたため、おもちゃを出す機会も格段に増えました。 床に散乱するおもちゃたち… 家事の合間にひと息つこうとソファに座ると「バキッ!!」恐竜さんがいるのです。 「ソファにおもちゃを置かないで!」「おもちゃを片付けなさい!!」何度叱っても時間がたてばまた恐竜さんがソファにいます 泣。 掃除をすればソファの下からおもちゃがゴロゴロ。 これは ソファをなくせば解決するのでは?と思ったのです。 ビーズクッションを比較 ソファをなくしてもリラックススペースは確保したい。 そこで ビーズクッションを迎えようと考えました。 いろいろと見てまわり調べた結果、わが家ではこちらの4つが最終候補に! Yogibo(ヨギボー)「Yogibo Mini(ヨギボーミニ)」• 重さ:約4. 5kg• 価格 :15,800円(税別) ソファカバーのカラバリが豊富な17種類、カバー込みの商品、座った感覚はかなり沈み込む感じ…寝たときに包み込まれるようなフィット感が心地良いです。 U字クッションの「Yogibo support」と組み合わせると廃人確定(笑)。 ビーズの補充が可能。 無印良品「体にフィットするソファ」• 重さ:6kg• 価格:9990円(税込) カバーが別売りで2990~4990円(税込)で購入できます。 ヨギボーの座り心地とは異なり、こちらは沈んでからしっかりと固定される感覚。 カバーにストレッチ面と帆布素材の2種類を使っているため、好みの面で座ることが可能。 ストレッチ面に座ると沈み込む感覚(ヨギボーほどのフィット感はない) 帆布面はほぼ沈まず硬いので、座って作業をするときなどに向いているかなと思います。 ビーズの補充は不可。 ニトリ「ビーズソファ 大 本体(Nストレッチ)」• 重さ:約6kg• 価格:8147円(税込) こちらもカバーが別売りで2027円~2990円(税込)で購入できます。 大きさ、重さはほぼ無印良品のものと同じですが、見た目が全く違います。 無印良品が「パンパン」だとしたら、ニトリはカバーにゆとりがある感じ。 座り心地、寝心地ともにフィット感はそれほどなく、座って作業をするとき専用になりそう。 別売りのカバーの種類が豊富です。 ビーズの補充が可能。 ハナロロ「オニオン 80L ニットカバーセット」• 重さ:約2. 2kg• 価格:6980円(税込) こちらは楽天市場で見つけたネットショップ「ハナロロ クッション・ソファの店」のものです。 ニットカバーがセットになっていてこのお値段はかなりお買い得! 名前の通り、オニオンのような丸くコロンとした形がとってもかわいくデザイン性は断トツ!インスタグラマーさんがコラボした商品なのだそうで、そのかわいさに納得しました。 レビューは高評価ですが、実店舗がないので試してみることができません。 現在は北海道も送料無料と表示されていますが、わたしが見たとき(2020年3月上旬)は送料が4000円でした。 ビーズの補充は可能。 わが家がお迎えしたものはこちら いろいろと考えた末にわが家ではこちらに決定! 右:無印良品「体にフィットするソファ」、左:ニトリ「ミニビーズクッション 本体(ストレッチ2)」 無印良品「体にフィットするソファ」と ニトリのミニビーズクッションにしました。 実際に座ってみて、 寝るならヨギボー、座るなら無印!という二択になったのですが、わが家では寝るよりも座ることの方が多いのでメインのビーズクッションは無印のものにしました。 そして、座るだけではなくゴロゴロできるように、ニトリのミニビーズクッションをオットマン代わりに購入しました。 オニオンソファもかわいくて気になっていたのですが、北海道だからなのか送料が高いことがネックでした。 現在は送料無料になっていたので、今後もしかしたら購入するかもしれません。 ソファがなくなったメリット 実際にソファがなくなった生活を始めてみて メリットと デメリットがありました。 メリット• くつろぎスペースができた• ビーズクッションにおもちゃを置かれても振り落とされる(笑)• 掃除の際にソファを動かさなくていいのでとても楽• ソファでスペースをとっていた分、子どもが遊べるスペースが増えた• 圧迫感がなくなり部屋が広く感じられるようになった• くつろぎスペースを気軽に移動させられる デメリット• 実用的だけどインテリア的にはあまり…• 家族分ないと取り合いになる• ダメ人間になる(笑) メリット、デメリットを見てみても子育て中はソファがない方が楽かなと思います。 思い切ってソファを手放して良かった!というのが正直な感想です。 最後になりますが、人をダメにするソファは人だけでなく….

次の