退職 怖い。 退職の申し出を怒られるのが怖い!怒られない退職理由や辞め方とは

仕事を辞めたいけど怖い…!退職する勇気が持てない時は|ハタラクティブ

退職 怖い

退職は労働者の権利であり、会社はこれを断ることはできません。 とはいえ、退職を申し出ればすぐに辞められるわけではなく、退職を告げてから2週間は待たなければなりません。 これは、民法によって次のように定められているためです。 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し出をすることができる。 この場合において、雇用は、解約の申し出の日から2週間を経過することによって終了する。 (民法627条1項) しかし、多くの会社では就業規則によって退職までの期間が定められており、「退職届は1~2か月前に申告すること」となっていることが多いです。 というのも、2週間では、次の人材を探したり仕事の引継ぎをするには短すぎる場合が多いから。 また、先ほどの「解約の申し出の日から2週間を経過する」ことで退職できるのは、無期雇用の正社員に限られるもの。 有期雇用の派遣社員や契約社員の場合、病気療養などのやむを得ない場合を除き、基本的には契約期間が終わるまでは退職できません。 このように、正社員であっても契約社員であっても、法律的には2週間前に申し出れば良いですが、会社の就業規則もよく確認しておくことが、怒られないコツと言えるでしょう。 会社に残る方の立場になってみると分かりますが、繁忙期でただでさえ人手が足りない時期に退職されてしまうと、その分の仕事を周りの人間でカバーしなくてはなりませんよね。 「どうしてこんな忙しい時期に辞めるんだ」「周りの負担を考えないのか」などと怒られてしまうのも無理はないと言えるでしょう。 体調不良や家族の事情など、やむを得ない場合は仕方がありませんが、極力忙しい時期が避けて退職するのがトラブルを生まないコツです。 どんなに仕事がつらくても、辞めるときのトラブルは極力避けた方がいいです。 というのも、退職後にまた仕事で元同僚と一緒になる可能性がありますし、業界同士のつながりで悪い噂が立ってしまうのも困るから。 周りの人にも余裕があり、あなたも引継ぎをきちんとするなど責任をもった行動を取れば、大きく非難されることはないと言えるでしょう。 退職理由と言っても、給与・人間関係・仕事の内容など、いろいろありますよね。 中には、正直に言いにくい理由もあることでしょう。 退職理由を「キャリアアップのため」「仕事の幅を拡げたい」「一身上の都合」などあいまいにしてしまうと、むしろつっこんで質問されることも多いです。 ここで大切なのが、どれを選んで話すかということ。 会社や個人の誹謗中傷にならなければ、できるだけ正直に話しておくほうが受け入れられやいもの。 たとえネガティブな理由であっても、自分の言葉でていねいに伝えるのがポイントです。 上司に伝える前に、第三者に聞いてもらうと、言うべきかどうかの客観的な判断ができますし、自分の言いたいことを整理できるのでおすすめですよ。 退職の申し出で怒られない辞め方と退職理由 退職の申し出で怒られるのは、やはり避けたいところ。 では、怒られない辞め方や退職理由にはどんなものがあるのでしょうか。 怒られないで円満に退職するためには、まず「相手に納得してもらえるかどうか」が大切。 退職を決意したら、上司に納得してもらえるような正当性のある、前向きな退職理由を考えておきましょう。 この時に、これまでお世話になったことに対する感謝の気持ちや、退職後もこの人間関係のつながりを大切にしていきたい気持ちを表すことも大切ですよ。 状況別に、3つ例を挙げます。 ネガティブな退職理由の場合 退職したい理由が会社への不満などネガティブなものだった場合、上司にストレートに伝えるわけにはいきません。 そこでぼかして伝えたところ、引き留められてしまうことがあります。 これには、次のような退職理由が当てはまります。 仕事の内容はきついのに給与が低い• 正当に評価されない• 会社の人間関係が悪くて嫌だ• 上司にうんざりしている 例えば本当の理由の代わりに「これ以上業務が続けられないため」と伝えたとします。 すると、「労働時間を改善する」「希望の部署に異動させる」などと引き止められる可能性があるのです。 これでは、自分は辞められないし、他の社員からは自分がわがままを言っているように見えるし、全くいいことがありませんよね。 この場合、なるべくポジティブな表現に切り替えて伝えるのがおすすめ。 しかも退職は決定事項であると意思表示ができれば、引き留めに合う可能性は下がるでしょう。 例えば「自分自身を見直しよく考えた結果、現在の仕事とは異なる分野に挑戦してみたいという気持ちを抑えきれず、退職を決意するに至りました。 」のように伝えれば怒られないで辞めることができるでしょう。 親の介護など家族の事情の場合 最近は親の介護を表向きの退職理由とする人も増えつつあります。 家業を手伝うために退職を選ぶ人もいますよね。 いずれにしても現在の状況をきちんと話し、納得してもらえる説明することが重要になります。 家庭の事情はやむを得ないことですから、できるだけ正直に話すことで十分理由になります。 例えば「両親が高齢になり、家業の手伝いをしなければならなくなったため、実家に戻ることにいたしました。 」というように説明すれば怒られないで退職することができるでしょう。 まとめ 退職の申し出を出すと怒られるのでは、怒られない理由や辞め方はないものかと悩んだときの対処法をまとめました。 怒られやすい退職のパターンは、次のとおり。 申告が急すぎる、就業規則を守っていない• 会社が忙しい時期に申し出る• 理由があいまい 怒られないで退職するためには、たとえ本音であっても、不満は口にしないことが大切。 というのも、退職してからも前職の人とのつながりが生じることもありますし、円満退職であれば、退職後も良好な関係を築くことができるからです。 そのためにも建前と本音を上手く使い分け、不満は前向きな理由に変換して伝えましょう。 快く送り出してもらうためにも、明言できるように矛盾のないしっかりとした退職理由を考えておくことが大切です。 例えば、次のようなものは怒られにくい理由と言えるでしょう。 どうしてもやりたい仕事がある• キャリアアップのために環境を変えて出直したい• 体調や家庭の事情を正直に話す 退職時には、さまざまな質問を想定してリストアップしてみるなどの準備をしたうえで、直属の上司に伝えましょう。 自分をしっかり振り返ることで、あなたにより合った職場環境に出会う可能性も高まりますよ。 この記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです!.

次の

会社都合退職とは|知らないと怖い会社都合のデメリットと自己都合との違い|労働問題弁護士ナビ

退職 怖い

退職したいのに勇気が出ない、という人はかなりいるように感じます。 これはでもどんな年齢でもあることで、• 習い事辞めたいけど辞められない• 部活辞めたいけど辞められない• サークル辞めたいけど辞められない という話、よく聞きますし、自分もこういう経験がある人も多いでしょう。 しかし、習い事も部活もサークルも転機や終わりが必ずやってきます。 習い事は受験に専念するので辞めることができるし、部活やサークルも卒業してしまえば辞めることができますよね。 しかし仕事の場合はそうはいきません。 退職する勇気が出ないまま仕事をずるずる続けたらまで行ってしまうか、会社が倒産するまで待っていなくてはいけなくなるでしょう。 退職する勇気が出ない、という人がいかに損をしているか、 そしてどうしたら円満に退職することができるかについてお話してみたいと思います。 仕事を続ける無意味さ 退職したいと思っている仕事は少なからず自分の楽しいことや好きなことではないですよね。 原因はいろいろあるのでしょうが、何かしら退職したいと思っている理由があるはずです。 そのストレスを感じ続けながら仕事をする意味があるのかどうか、ということについてまずは考えてみましょう。 退職する勇気が出ないなら、 では仕事を続ける意味はなんですか? お金が欲しいなら転職をすればいいし、 自分が去ったあとの会社が心配ならきちんと引き継ぎをしましょう。 もっとも、会社対個人で考えるなら、会社員が一人辞めるくらいでは会社はそこまで痛手にはなりません。 会社は組織として動いていますから、欠員が出てもそこを埋められるような仕組みがきちんとあるはずです。 どの社員だって辞める可能性を孕んでいるわけですから、そのリスクヘッジができていないような会社はもともと危ない会社です。 関連記事: 自分がいてもいなくても、その会社は潰れる時は潰れるもんなのです。 そう思うと、個人、つまり自分が被る不利益の方が多いと思いませんか? 週の5日以上を拘束されて、自分の好きでもない仕事をやらなくてはいけない時間に人生のほとんどを費やさなくてはいけないんです。 退職する勇気が出ないという次元で考えるのはやめましょう。 自分がどれほどその仕事を続けることによって不利益を被っているのか、ということを考えるんです。 そしてストレスが溜まりすぎると、身体を壊す危険性だってあります。 関連記事: そうした場合、転職することも難しくなりますし 休職している間はもっと自分が辛くなってしまうでしょう。 ただ、ネットが普及している現代は鬱病になってしまったとしても、自分の体調に合わせて仕事をしていく、という選択肢もありますが。 関連記事: なぜ勇気が出ないのか 退職する勇気が出ない、という人はなぜ退職する勇気が出ないのか、ということも今一度考えてみましょう。 例えば• 上司の反応が怖い()• 退職を告げてからの会社内での人間関係が怖い• 転職先が決まってないから不安 という理由が挙げられるかと思います。 上司や周りの人間関係については、どうせ退職する職場なのだからそこまで考えすぎなくても良いでしょう。 退職する勇気が出ずにずっと仕事をずるずる続けてしまう場合は、その仕事に終わりはありませんが、 退職することを告げてからの人間関係なら終わりが必ずあるものです。 退職してしまえば顔を合わさなくて済むんですからね。 関連記事: 転職先が見つかるか不安、という人は、 在職中から転職市場を調査しておくことをおすすめします。 例えば、キャリコネを使えば、事前に企業の口コミを見る事が出来るので、どんな企業なのか?ブラック企業か?年収は? といった事を調べる事が出来るんですよね。 また、エージェント方式の転職であれば、最近はとかもありますよね。 エージェントと一緒に面接対策をしたりとか、履歴書の精査も出来ますし、 何より非公開求人が75%と優良な求人が多いサービスでもあるので、良いと思うんですよね。 あとは自分の市場価格を理解しておくことも大切でしょう。 関連記事: なら自分が転職した時にどれくらいの年収をもらうことができるのか、ということを調べることができます。 実際に転職した時にどれくらいの年収を稼げるのか、ということは知っておくと転職先選びの一つの指標になるでしょう。 また、退職する勇気が出ない、という人はこの数字を見たら退職する勇気が湧くかもしれません。 関連記事: 参考サイト: 退職するのに勇気なんていらない 勇気が出なくて退職できない、そのままずるずると仕事をしてしまう時間は自分に不利益でしかありません。 退職することに実は勇気なんかいらなくて 退職する、という事実から逆算して計画を練っていけば、そこまで怖いことなんてないんです。 退職する事ができない人って本当はたくさんいると思う。 様々な理由から退職する事自体が怖くなってしまう時だってある。 でも、人生は自分で決めていくものだし、「 仕事を変えたい」という気持ちが少しでもあるなら、その気持ちがどこかのタイミングで再燃してきてしまうものなんですよね。 確かに怖いかもしれない。 勇気がでないのかもしれない。 ただ、退職したいと思うなら、勇気がでなくても、挑戦してみた方が結果的には自分のためになる時だってあるのです。 自分が壊れてしまう前に、早く退職してしまいましょう。 退職する勇気だって必要ですよ。 死ぬ時に後悔しても仕方がないのですから。 1度しかない人生なのだから。 関連記事: では今日はこのあたりで。

次の

新型コロナが理由で会社を辞める・退職する人が増えている…

退職 怖い

Contents• 上司が怖くてストレスを感じている人が陥っているパターン3選 上司が怖くてストレスを溜めてしまう経験はおそらくだれでもあると思います。 私も3年前まで怖いパワハラ上司からの執拗ないじめにあって精神的に参っていた時期がありました。 そこで私の体験談を交えつつ、怖いパワハラ上司にあたってもストレスをできるだけ溜めない方法をアドバイスしていきます。 怖くて自分の意見を言えない 怖い上司にあたると、自分の意見って非常に言いにくいですよね。 理論的に言い返してくるならまだ良い方で、一方的に強い口調で命令してくるだけのパワハラ上司も多いです。 仕事は自分ひとりで完結するものではないので、上司の意見に従うのは大切なことです。 しかし、一方的に脅迫めいた感じで命令されるとビビってしまいますよね。 自分の意見を言えない、自分で決定する権利がない状況は非常にストレスフルな状況です。 【対策】心の中で見下しつつ上司の意見に従おう 結論ですが、上司の意見に全面的に従いつつ「アイツ(上司)ほんと馬鹿だよな」と心のなかで毒づいておきましょう。 また同じ職場で働く仲間同士でグチるのもストレス発散に効果的です。 怖いパワハラ上司は誰に対しても同じ対応をするので、不満に思っている仲間も多いはず。 いままであまり話さなかった人ともこれを機に仲良くなれるかも? 怖くてホウ・レン・ソウがやりにくくてストレス 怖い上司は非常に話しかけにくく、仕事で大切な報告・連絡・相談(略してホウレンソウ)するだけでも一苦労するものです。 話しかけにくいだけで相談に応じてくれるならマシな方で、ハズレ上司だと問題が起こるまで報告を受けつけない、問題が発生したら報告しなかったあなたのせいにするケースもあります。 また、口頭だと「言った・言わない」問題や「そういう意味だとは思わなかった」と認識の違いを訴えてくるケースも多いです。 【対策】できるだけメールで連絡を取る ホウ・レン・ソウがしにくいと感じる怖い上司には、できるだけメールで連絡するようにしましょう。 メールなら「報告を受けていない」という言い訳も通じませんし、聞かれている以上回答しないわけにもいきません。 もしメールが使えない・使わない環境で働いているなら、できるだけ多くの仲間の前で報告するようにしましょう。 仲間の目があるので、上司視点から見たら「知らぬ存ぜぬ」でお仕切りにくいです。 訳もわからず怒られて怖い いちばんひどいケースが「特に理由もなく因縁をつけられて怒られる」ことだと思います。 他に人はOKだったのに自分だけ同じことをしたら怒られた、あきらかに言いがかりのような状況で一方的に怒られると非常に怖いですよね。 街であたまのおかしな人に出会っても逃げ出すことで解決しますが、職場だと逃げ場がなくて一気に精神的に追い込まれやすいです。 【対策】ボイスレコーダーで録音しつつ、上司に怒る理由を聞いてみよう まだ戦う気力があるなら、ボイスレコーダーを回しつつ上司に理論的に反論してみるのも一つの方法です。 ただし、この方法は相手が逆上して暴力をふるってくる場合もあるので正直あまりおすすめしません。 裁判で慰謝料請求を考えているなら実行に移す価値はあるかもしれませんが、ほとんどの人にとっては下記で紹介する「有利な条件で退職する」方法を参考にするのがおすすめです。 上司が怖くてストレスに感じている人がうつ病にならないためのコツ3選 退職理由によく挙がる項目に「人間関係」がありますが、怖い上司からのストレスはまさに人間関係が原因ですよね。 働く以上ストレスはつきものですが、限界を超えたストレスは心身の不調を招きます。 近年はうつ病などの精神疾患にかかる人の数が急増しており、心の病はもはや他人事ではありません。 では、うつ病などにかからないためにはどのような心構えで仕事に望めばよいのか、下記で解説していきます。 目標をもって仕事に取り組む 転職成功も狙いつつ日々のストレスを軽減させたいなら「転職面接でアピールできる内容を増やす」という目標をもって仕事に取り組むのをおすすめします。 「なんでこんな場所で仕事をしているんだ」とマイナス思考に陥っては出る元気も出ません。 それよりも「ここで〇〇というスキルを身につけてもっと良い会社に転職してやるぜ!」と意気込んだほうがメンタル的にもキャリア的にもプラスになりますよ。 部署異動を申請する 「一刻も早くパワハラ上司から離れたい」というのであれば、部署異動の申請がおすすめです。 人事や上司よりも上の立場の人に事情を話せば部署異動できたり、仮に部署異動できなくても気にかけてもらえるようになることもありますよ。 先輩・同僚にグチる 辛い仕事や怖い上司からのストレスから身を守る一番の方法は「同じ状況にいる仲間とグチを言い合う」ことです。 同じ職場で働いているのでなんとなく状況は察せますし、なにより「共通の困難に立ち向かう」という目的意識を共有できるので非常に心強いです。 怖い上司に怒られても「後でグチのネタにしよう」ぐらいの気持ちになれれば完璧です。 「上司が怖い」とストレスを感じている人がとるべき3つの行動 最後に「怖い上司のストレスに耐えきれず退職を検討している人」はどうするべきか、アドバイスしていきます。 どれだけ自分の気持ちや受け止め方を変えようと心がけても、嫌いな相手とは仲良く慣れないものです。 退職や転職はだれにでもおすすめできるものではありませんが、現状を変える強いきっかけになるのは間違いありません。 転職や退職を考えている人はどのように怖い上司と向き合うべきか、下記アドバイスを参考にしてください。 転職は常に選択肢に入れておこう まず、怖い上司からのストレスに関係なく常に転職という選択肢を頭に入れておきましょう。 パワハラは不意に始まり、突然終わるものです。 「今は居心地がいいから転職なんて考えなくて良いや」と考えていると、状況が急変したときに困ってしまいます。 「何かあったときにすぐに転職・退職しても大丈夫」と思える状況を作るのが理想です。 退職しても生活に困らないよう備えよう 一般的に「転職先を決めずにやめるなら3ヶ月分の生活費を用意しろ」と言われていますが、必ずしもこの限りではありません。 ある程度貯金があれば再就職活動の合間を縫ってアルバイトすることも可能ですし、3ヶ月後からは「働いていないこと」を条件に失業手当が支給されます。 また、うつ病の場合は健康保険の手当である「傷病手当金」が支給される可能性があります。 つまり、メンタル・身体的な不調が身体に表れているなら医者の診断を受けたほうが得する可能性があります。 自己都合退職でも有利な条件で退職することができるケースもあるので、気になる方は最寄りの労働相談センターなどに相談してみましょう。 上司が怖くて退職ができない時は「退職代行」に相談しよう 「よし、仕事やめよう」と決心しても怖い上司に退職を切り出すのは非常に大変ですよね。 そこでおすすめなのが「退職代行」サービス、テレビなどで取り上げられるほど有名なので、名前を聞いたことがある人も多いと思います。 退職代行はあなたの代わりに代行業者が会社にあなたが退職する意思を伝えてくれます。 よって、退職時にある引き止めや脅し文句を聞かずに済むというメリットがあります。 一方で、退職代行業者は弁護士の運営しているサービスでない限りあくまで「退職を伝える」ことしかできません。 万が一会社が法的措置などを取った場合、適切に対応できるのは弁護士のみです。 しかし、弁護士の提供する退職代行サービスは弁護士以外が運営する業者と比較して高額な場合が多いです。 どちらを利用すべきか、退職代行サービスを選ぶときはよく考えてみましょう。

次の