センナ。 センナ錠

便秘解消にセンナは危険?ゴールデンキャンドルは安全?

センナ

センナ茶とは? センナ茶は、センナというバラ目マメ科の植物からできています。 日本の気候には残念ながら不向きで、インドや中近東あたりで自然に分布及び、栽培されている植物です。 生薬としてのセンナは、昔から下剤として使われていました。 ですから、センナの葉や茎、または果実は医薬品として扱われているので、健康茶などに含んで販売することは禁止されています。 一般に市販されているセンナ茶は、センナの茎の部分からできていることが多いです。 このセンナの茎に含まれているセンノシドという成分がダイエットのキーポイントになります。 さらに、アントラキノン誘導体と呼ばれる成分もセンナの茎に多く含まれていて、センノシドと同じような作用があります。 そんな成分が二つも豊富に含んだセンナ茶は、薬局や、インターネットで簡単に購入することができます。 値段も千円以下で手に入るものもあり、気軽に購入できます。 センナ茶の口コミでの評価 センナ茶を飲んだ人のほとんどの口コミにも書かれていましたが、大体の人が頑固な便秘で困っているという時にセンナ茶を飲んでいるようです。 最初から張り切ってたくさんの量を飲んでしまい失敗してしまった人もいるようです。 決していきなりたくさん服用はせず、最初は様子見をして、 できるだけ少ない量から始めてみるのがいいようですね。 スポンサーリンク センナ茶ダイエットの体験談 センナ茶を飲むときは、お腹が痛くなる恐れがあるので、出来ればお休みの日の前の日で、次の日に外に出かける予定がない時を選んで飲むのが良いと思います。 出かけ先であわててトイレを探さなければならないはめに陥りたくないですからね。 ですから、家でゆったりできる日を選んで飲むことをお勧めしますが、もしどうしても外出しなければならない際には、急にお腹が痛くなっても、いつでもトイレに行ける環境をまず確認しておいた方がよさそうです。 センナ茶はお茶のようなパックで煮出して飲む方法や、すでに粉状になっていて、そのまま直接飲む方法などあります。 私は、もともと粉薬などが苦手なので、お茶のように煮出して飲む方法を取っています。 煮出して飲む場合は、熱湯で15分ほど煮出せば十分です。 見た目はコーヒーのように茶色くて、お世辞にもいいにおいとは言い難いにおいです。 味も漢方のようで、なんとも言えない独特の味がします。 味を無理やりにでも例えるとするならば、草の味が強くしますが、とにかくあまりおいしいとは言えません。 センナ茶を飲み方としては、 夜寝る前に小さいコップ一杯(ひとによって量は調節します)用意し、鼻をつまんで一気に飲み干します。 方法はいたって簡単で、これだけでOKです。 センナ茶の副作用や危険性 センナ茶は、下痢や腹痛、または激しい吐き気をもたらす場合もあり、注意が必要です。 また、センナ茶を習慣的に飲むようになってはいけないということです。 常用していると、センナ茶も意味がなくなってしまいます。 そして便秘が慢性的になってしまう可能性もあるそうです。 また、 妊婦には危険があるので絶対お勧めできません。 センナは堕胎剤としても使われていたそうで、早産や流産を引き起こす可能性があるといわれています。 妊婦さんは、母体への影響を考えてセンナ茶を飲むことは控えた方がよいでしょう。 正しい用法、用量を守ってうまく生活の中に取り入れていきたいですね。 センナ茶でのダイエット成功のポイント センナ茶でダイエット成功する際のポイントを以下にまとめます。 自分に合った濃さや量のセンナ茶を夜寝る前に飲むこと• センナ茶をうまく使うのはいいけれど、常用しない• 妊婦はもちろん、体調のすぐれない時は飲まない まとめ 驚くべきセンナ茶について、ご紹介してきましたがいがかでしたでしょうか? センナ茶と一緒に、ダイエット目的に適度な運動も取り入れて、あなたも健康な身体を目指しませんか?.

次の

センナ錠

センナ

黄色いキレイな花をつけ、青々とした葉をつけた2メートル以下くらいの大きさの植物です。 センナ成分の利用について:葉や果実は医薬品扱い センナは 非常に強い便秘解消効果がある成分を含む植物です。 古代エジプト時代から利用されてきており、その歴史は非常に長いものです。 日本では基本的にセンナの「葉」「果実」部分は効果が強いため医薬品扱いです。 そのため、比較的作用が弱いセンナの「茎」部分が健康食品として売られています。 センナ茶の多くは「茎」の部分をお茶にして便秘解消効果のある成分を飲むという商品です。 茎部分のセンナ茶の効果は、葉や果実部分よりは弱いとはいえ、医薬品と同じ成分が入っているため使用には注意は必要です。 センナの効果・作用:大腸を刺激しぜんどう運動を促す センナの便秘解消効果のある成分は センノシドという成分です。 センノシドを飲むと大腸に到達し、大腸内の腸内細菌の働きでレインアンスロンという物質に変化し、この成分が腸を刺激し、ぜんどう運動という腸の動きを誘導します。 センナ茶は医薬品よりはこの作用が弱いとはいえ、薬と同じ働きがあるので 飲みすぎや毎日飲むことは避けるべきです。 通常のお通じ改善の「食物繊維」「発酵食品」「運動」を行ったうえで不調時のみのセンナ茶の利用に控えてください。 センナ茶の副作用 下痢や腹痛に注意 センナ茶を飲むと以下のような 副作用がありますので量や使用回数に十分注意して利用してください。 センナ茶で「下痢」の副作用 先ほどの効果の部分でお伝えしていますが、センナ茶の成分であるセンノシドが腸管を刺激するため、効果が出すぎると腸が大きく動き「 下痢」となることがあります。 初めてセンナ茶を飲む際は最もすくない量で調整して飲み始め、ご自身の体調の良い濃さ、量に調整してください。 センナ茶で「腹痛」の副作用 下痢の副作用と同様に、腸管を刺激するセンナ茶は効果がありすぎると腸の動きが活発になり お腹が痛くなる方がいます。 しっかりと水分を摂りながら、食事の改善も行いましょう。 また、下痢や腹痛がひどい場合は体にあっていない可能性があるので、食物繊維サプリや乳酸菌サプリ、整腸剤での対応に切り替えるべきです。 副作用がひどい場合は、胃腸科、内科、消化器科などの専門医を受診し、しっかりとしたアドバイスを受けることも考えてください。 センナ茶を服用する際の注意点 これは薬剤師として個人的な意見なのですが、 便秘解消のために利用する健康食品の中ではセンナ茶をおすすめしません。 おすすめできない理由を挙げていきます。 お茶の成分に溶け込む「センノシドの量」が明確ではない ティーバックのような形状のセンナ茶を紅茶のような感覚で煮出しそれを飲むという行為は、 どの程度のセンノシドの濃さになっているのか明確ではありません。 前回からすこし薄めに作りたいと数分間早めに出すなど、量の調整がかなり適当ですよね。 錠剤タイプのセンナ成分であれば、2錠から1錠にすることや、1錠を半分に割るなどの調整は簡単で正確です。 このようにどの程度の煮出しているのかよくわからない点がおすすめできない最初のポイントです。 「お茶だから安全」というイメージに危険があります 医薬品の錠剤を飲む際は、薬を飲んでいる感覚があるので飲み過ぎや、毎日飲むことに対しては警戒感がある人が多いでしょう。 しかし、お茶という健康食品に変わると作用が弱いというイメージになりやすく、毎日何年も続けてしまう人がいないわけではないという事が危険です。 いくらセンナ茶はセンナの医薬品よりも弱いとはいえ、 下剤と同じ成分が入っていることを忘れてはいけません。 毎日何年も飲んでしまうと、下剤依存と同じで センナ茶がないと便秘が解消されない体になってしまいます。 センナ茶の依存について 上記でもすこし依存についての話にふれましたが、すこし注意してほしい部分なので詳しくこちらに記載します。 下剤依存という言葉をご存知でしょうか? 下剤依存とは腸管を刺激する下剤 主に医薬品 をたくさん毎日飲んでしまっている状態のことです。 下剤があればスッキリとするため最初は気分が良いですね。 しかし、一旦飲まなくなるとスッキリと排泄することができないので、少しずつ下剤の飲む回数が増えていき、毎日飲むようになります。 また、毎日飲んでもスッキリしないため、一回に飲む量が増えていき、毎日大量に下剤を飲むことが常態化します。 すると一日でも出ない日があると、お腹の中がモヤモヤとしストレスになり、このままでは便秘が原因で太ってしまいそうなどの強迫観念がわき下剤の大量摂取をやめられない状態になります。 これは下剤の依存症なので、センナ茶に関してはココまで行くケースはあまりないかもしれません。 しかし、センナ茶は「便秘薬より優しいから安心・安全!」といったイメージで飲み続け、少しずつ飲む量や飲む回数が増えていき、やがて センナ茶無しではいられないという状態になりかねません。 また、このように毎日長年飲むような状態になると「 大腸メラノーシス」という腸が黒く変色する状態になり、腸がキレイなピンクではなくなってしまいます。 センナ茶への依存の話は、すこし脅かすような言い方になってしまい申し訳ないのですが、このようなことがあるため使用には十分注意していただきたいです。 センナ茶とキャンドルブッシュ茶の違い センナ茶をインターネットで調べると、センナ茶と称した商品が見つかると思いますが、似たようなお茶で キャンドルブッシュ ゴールデンキャンドル 入りの便秘茶を目にする機会があると思います。 センナは薬の成分なので、キャンドルブッシュなら安心ではないのか?と考える方もいるかもしれませんが、これもまた利用には注意が必要です。 なぜならキャンドルブッシュは「センノシド類似物質」であることが理由です。 国民生活センターによると、キャンドルブッシュを含む健康茶には下剤と同じ成分である「センノシド」が含まれるため、 注意が必要な食品であると発表があります。 しかし、中身は下剤と同じような作用があるため、便秘が解消する作用はあるかもしれませんが、依存の部分でも離した通りキャンドルブッシュ茶がないと便が出なくなるということも可能性としてあります。 キャンドルブッシュ茶には十分に注意をしてください。 詳しくはに書いてあるので、こちらも参考にしてみてください。 【薬剤師調査】センナ茶の口コミについて それでは、センナ茶を飲んでいる人のリアルな口コミをツイッター上から探して、どんな口コミがあるのかについてみていきましょう。 この方も痩せるためにセンナ茶を利用しているようです。 しかも8回も便が出ているという部分で言うと、ほぼ下痢状態で体内の電解質も流れ出てしまうため「脱水症状」にも注意が必要です。 たしかにこのような排泄効果があるのは事実ですが、 効果がある分注意が必要です。 お腹がぺったんこになって気分がよいという気持ちは理解しますが、正しく安全なダイエット方法ではありませんので危険です。 ツイッターでの検索ではやはり 危険性をあまり意識せず、間違ったセンナ茶の利用方法をしている方を多く見かけます。 このようにダイエット利用など間違った利用は本当に危険ですので控えてほしいものです。。。 子供にも安心かと思い飲ませてしまうお母さんがいますが、これは やめてほしいです。 その理由は、センナ茶となるとどのくらいの効き目があるのかの微調整がしづらいのと、刺激系の便秘解消商品はできるだけ利用ない方がよいという二点があるからです。 子供の便秘原因は精神的な部分が多くあり、食事の改善とメンタル面のサポートをするとよくなるケースがあります。 基本の子供の便秘対策を行いつつ、薬を利用していくことが望ましいので、センナ茶の選択はすこし考えなおし、トイレがストレスになっているかどうかを優しく聞いてあげ、食物繊維、発酵食品が多い食事を与えてあげましょう。 お風呂でお腹のマッサージをしてあげるのも効果的です。 関連ページ アボカドの種を使ったお茶のレシピを紹介します。 テレビのダイエット特番ナイナイアンサーでやっていたレシピです 便秘に悩む人やダイエッターを中心に人気の健康茶『毎日スッキリ茶』。 本当にスッキリ効果はあるのか、有効成分は何なのか、安全性はどうなのかなどについて、薬剤師が解説します。 血糖値の急激な上昇を抑える効果で一躍注目を浴びたサラシア茶。 便秘や腸内環境改善の効果についても期待されるサラシア茶について、本当に効果があるのかを成分などから薬剤師が分析、解説します。 健康食品を扱うグラフィコ社の商品で、ダイエット食品シリーズのお茶『なかったコトに!するっ茶』について、薬剤師が成分などから分析し、効果や危険性について解説します。 美容大国韓国で人気の健康茶『冬葵葉茶(トンギュヨプ茶)』の効果について薬剤師が調査、実際に期待できる効果や注意点、商品の選び方などについて解説します。 便秘解消や疲れ目、二日酔いに良いとされるケツメイシ茶(ハブ茶)。 果たして本当に効果があるのか、成分などから薬剤師が分析、解説します。 ビタミンC豊富でデトックス効果に優れるとされて人気のローズヒップティーは、便秘にも効果あり?含まれる有効成分などから、ローズヒップティーの便秘解消効果や他の健康効果、美容効果について薬剤師が解説します。 健康志向の人に人気のルイボスティーの、噂されている効果は本当なのか?便秘に本当に効くのか?薬剤師が成分面などから分析し、期待できる効果について解説します。 薬剤師たからの無料セミナー開催中!.

次の

センナ漬(葉わさび) : ハナの娘に伝えたいレシピ

センナ

センナはお茶や漢方薬そして便秘薬にも使われている センナ実という植物からとれる生薬の一種です。 弛緩作用があり腸を活発にさせることで便秘を解消します。 刺激がによって大腸を動かすのですが、センナは生薬ですので自然に近い形で刺激をするため副作用がそこまで起きないというのもメリットとされます。 コーラックなどに配合されているビサコジルは刺激が強いため、妊婦さんは服用できませんが、センナであれば一応可能となっています。 ここではセンナの便秘への効果と副作用、そして飲み方についてお伝えしたいと思います。 またセンナが配合されている有名な便秘薬についてお伝えしたいと思います。 センナの便秘への効果 センナは漢方薬の一種ですが、センナの成分には センノシドが配合されており、このセンノシドが2つの働きを促していきます。 するとこのセンノシドが レインアスロンに変わります。 そしてこれが大腸の粘膜を分泌する作用を促すことで腸が刺激され、便をおしだすぜんどう運動を促していきます。 センナは便をやわらかくするのではなく、直接腸に働きかけて便秘を解消するタイプの刺激性便秘薬となっているということなのです。 特に効果的なのは女性に多いとされる腸の自然な動きが鈍くなった 弛緩便秘です。 逆に直腸内で便が硬くなっている直腸性便秘や男性に多い下痢と便秘を繰り返す痙攣性便秘に対しては効果がないばかりか逆効果になることもあるので控えるべきです。 新陳代謝が活性化されることによって、老廃物を排出する機能が高まります。 すると胃腸の消化活動が高まり、便秘体質を改善する効果もあるとされます。 また新陳代謝が高まることによって ニキビ、肌荒れ、むくみ、冷え性などにも効くためセンナは女性にはおすすめとされます。 以上のようにセンナは便秘に対して効いていくとされています。 センナの効き目について センナを服用することによってどれくらいで便秘に効いていくのかというと 効き目の時間としてはおよそ 8~10時間ほどで腸が動き出して排便に至ることができます。 また就寝前に飲んでいくのですが、朝起きたときにちょうど排便することができて、朝の排便リズムを作り出すことができます。 センナは以上のように即効性がありますが生薬なので、効き目はゆっくりと自然に近い排便を実現させていきます。 センナでの解消を試みた結果 私の体験談ですが、センナを配合した市販の コーラックハーブを服用したことがあります。 ただ3日間服用したのですが、お腹がキュルキュルとするのは分かりましたが、イマイチ決め手に欠けていました。 しかし稀にですが副作用が起こる場合があります。 特に服用量が多いとセンナが効きすぎて 下痢、腹痛、嘔吐、吐き気などを生じる可能性があります。 また胃腸の弱い方がセンナを使用すると、下痢をしてしまう危険があるのです。 ですので胃腸が弱いという方はセンナはあらかじめ控えるべきでしょう。 さらに生薬が体に合わないと 皮膚のかゆみ、発疹、発赤などが起こる可能性があるので、これらの副作用が出た場合にはすぐに服用を控えましょう。 効き目がなくなるので注意 またセンナの副作用はもうひとつあります。 それは長期的によるセンナの使用は効果がなくなっていくことです。 これは腸を刺激していくことで、腸が鈍くなってしまいます。 最終的に自力では排便出来なくなり、下剤の量を増やさないと排便できなくなるという「下剤依存症」に陥る危険もあるのです。 ですからセンナを数週間な使って便秘を解消することはお勧めしません。 センナは刺激が強いと言われていていますが、実際はそこまで強くないので心配はいらないとされます。 ただし用法用量には注意しなければいけません。 センナを配合した便秘薬と飲み方 まずセンナを配合した便秘薬としては病院で処方されるものではアローゼン顆粒、市販の便秘薬ではコーラックソフトが挙げられます。 ・アローゼン顆粒 会社:大正製薬 値段:63錠 2646円 有効成分:センノシド、甘草 飲み方:1日1回(1回1~2錠)就寝前に服用していきます。 センナが配合された市販薬にはコーラックハーブが挙げられます。 手軽にセンナを試したい場合にはこのコーラックハーブを試してみください。 妊婦さんでも使用可能ですが、医師か薬剤師に確認しましょう。 お茶 お茶としてのセンナ茶も下剤ほどではないですが、緩やかに便秘に効きます。 ティーバッグタイプのものも売られているので、手始めにセンナ茶を1日200~400ml飲んでみるのもいいでしょう。 基本的にセンナは安全性が高く、新陳代謝も活発にするためおすすめと言えます。 ただし食事や運動などを試してみてもどうしても出ない時に限って服用するようにしてください。

次の