ピアス 開け て くれる 病院。 【ピアス】ファーストピアスは病院がマスト!上手な病院の選び方♪|JGS

ピアスを開けるなら病院で!全国人気クリニック13選を一挙紹介♪

ピアス 開け て くれる 病院

インダストリアルをセルフで開けるなら? インダストリアルを開けている人を見てそれに憧れる人は少なくないでしょう。 自分で開けたいと思う方に向けてご紹介します。 インダストリアルをセルフで開ける値段の相場 インダストリアルをセルフで開ける場合、必要なものは、ニードル、ロングバーベルのピアス、その他に軟膏などがあるといいでしょう。 ニードルは通販などで5本500円程度、ロングバーベルのピアスはだいたい700円程度なので、 自分で開ける場合には1200円くらいで済みます。 これくらいの価格で済むなら自分で開けてみようと思えますね。 インダストリアルをセルフで開けるメリットデメリット インダストリアルをセルフで開ける時のメリットは、なんと言っても 価格を抑えられるところでしょう。 病院やピアススタジオで開けてもらうには、1万円以上かかる所がほとんど。 お金をあまりかけたくない方や、学生さんはセルフでやりたいと思う方が多いでしょう。 しかしセルフで開ける時のデメリットは、 失敗しやすいということ。 インダストリアルは2つのピアスホールをロングバーベルで繋ぎます。 そのため、ピアッシングはピアスが通るように 直線的に開けなければいけません。 開ける前にマーキングをしても、ニードルを刺した瞬間に若干ズレてしまったり、ピアスのシャフトの長さが足りなくなってしまうことがあります。 また、直線的に出来ずに、 ピアスホールに負荷がかかると、肉芽が出来やすくなってしまい、思わぬトラブルに繋がります。 セルフでインダストリアルを開ける場合は、マーキングをしっかりとし、ロングバーベルは2つのホールの間の シャフトがピッタリおさまるサイズを選ぶようにしましょう。 スポンサーリンク インダストリアルを病院で開けるなら? 病院で開けられるピアスは、イヤーロブが一般的だと思われがちですが、インダストリアルを開けてくれる所もあります。 インダストリアルを病院で開ける値段の相場 病院でインダストリアルを開ける場合、 だいたい1つのピアスホールで1万円程度、インダストリアルでは2つのピアスホールを開けるため、合計2万円くらいかかることがあります。 ちょっと高く感じてしまいますが、病院で開けることにはやっぱり安心感があるので、病院で開ける方も少なくありません。 インダストリアルを病院で開けるメリットデメリット 病院でインダストリアルを開けるメリットは、なんと言っても 麻酔を打ってくれるということでしょう。 インダストリアルは軟骨に開けるため、その分痛みを伴います。 痛みに弱い方や、痛いのが怖いと思う方は、開ける前に麻酔を打ってくれる病院で開けるのをオススメします。 逆にデメリットは、やはり 値段が高いということ。 病院でインダストリアルを開けると2万円も必要だと思ってしまうと、その値段の高さから少し躊躇してしまいますね。 インダストリアルをピアススタジオで開けるなら? ピアスを開けてもらうのに忘れてはならないのがピアススタジオです。 ピアススタジオは都心部に集中してあるものの、数が少なくあまり馴染みがありませんね。 インダストリアルをピアススタジオで開ける値段の相場 ピアススタジオでインダストリアルを開けるのには、 だいたい1万円ちょっとで出来ます。 また、 好きなデザインのロングバーベルを選ぶことが出来ますが、そのピアス代は別途かかるので、好きなデザインを初めからつけたいと思う方は、プラス2000円くらいを見積もっておくといいでしょう。 インダストリアルをピアススタジオで開けるメリットデメリット ピアススタジオで開けるメリットは、 店員さんが経験豊富だということです。 店員さん自身もピアスを多く開けてる方が多く、痛みが強い位置、 排除の起こりにくい場所を知っています。 インダストリアルのピアッシング経験を多く積まれているため、 失敗がほとんどないといえますよ。 また、開けた後にもし肉芽などのトラブルが起こっても、 アフターケアとして相談に乗ってもらえるのもとても心強いです。 デメリットは、ピアススタジオ自体が少ないということ。 ピアススタジオは主に都心部に集中しており、家の近所にピアススタジオがない場合は少し遠出が必要になってしまいます。 スポンサーリンク 私がインダストリアルをピアススタジオで開けた時の体験談 ここでは、実際に私がインダストリアルをピアススタジオで開けてもらった時どんな感じで開けてもらえたかをご紹介していきます。 開ける位置や角度は相談できる? インダストリアルを開ける時に1番気になるのが、 角度や開ける場所ですよね。 ピアススタジオでは、まず開けたい位置を伝えます。 そうすると、店員さんが耳の大きさや、開けるのに最適な角度、見た目がどのようになるかの説明、そして開けた後に恐る排除が起こりにくい 場所を選んでマーキングしてくれます。 シャフトの長さも、様々な長さのものが取り揃えてあるので、長すぎたり、短すぎるといった失敗もなく、 適当な長さのピアスを選んでくれます。 また、デザインも追加料金にはなりますが、初めから装飾のつけられるものも見せてもらえました。 私は、そのようなデザインのインダストリアルも見ましたが、開けたばかりで装飾を付けると重みでピアスホールに負担がかかりやすくなるとのアドバイスを頂いたので、シンプルな何もついてないピアスを選択しました。 インダストリアルを開ける値段と所要時間は? ピアススタジオで開けてもらう時に気になるのがそのお値段ですが、私が開けてもらったピアススタジオでは、 1万円プラス消費税でした。 病院で開けるよりは安く済みますね。 また、開けてもらう時の 所要時間は10分程度でした。 ソファに座り、目線は様々な器具が並ぶ店内を眺めていたら終わっていたという感じでした。 ピアススタジオでの開け方や痛みの程度は? ピアススタジオでは、店員さんがニードルを使い開けてくれます。 あまり痛みを感じずに済むように呼吸を店員さんが指示してくれて、その通りにすると、 1箇所目を開けた時には感じた痛みも、2箇所目ではいつ開けてたのかわからないくらい痛みを感じずに開けてもらえました。 そして、開けた後はケアの仕方、ピアスの洗い方など丁寧に教えてもらい、もしトラブルが起きた場合もピアススタジオに来るように言われました。 アフターケアもやってもらえると知り、とても安心しました。 インダストリアルが安定する期間は? ピアススタジオの店員さんに教えてもらったのは、安定までに 約半年から1年程度かかるとのことでした。 現在開けてから2ヶ月くらい経ちますが、ピアスをクルクルと回しても痛みを感じない程度になったものの、やっぱり寝る時に開けた方を下にしてしまったり、シャンプーの時に髪の毛を引っ掛けてしまうと出血や分泌液が出てくるということはあります。 しかし、痛みは触ってもそこまで痛くありません。 美容院で少しピアスに触れられた程度では、痛みは感じないくらいになりました。

次の

今ピアスを開けるなら、迷わずピアス特化の皮膚科で開けます。

ピアス 開け て くれる 病院

ピアスの実績をアピールしている皮膚科がベスト 理由は以下の3つです。 医療機関である• 経験・実績が豊富である• ニードルでピアスを開ける 今はピアスを開けられる病院は数多くありますが、「ピアス開けも受け付けています。 」の一言だけホームページに書かれている病院より、 料金表や選べる ファーストピアスの案内も詳しく紹介しているような病院が良いでしょう。 ボディピアスも取り扱っているところだと、なんとなく安心できる気がします。 ピアッサーは耳の組織を壊して穴を開けるのに対し、ニードルは耳を切り取るように穴を開けるのです。 ニードルを使用した方が痛みが少なく、ピアスホールの完成が早いという話があります。 響きはむしろ痛そうなんですが、次回ピアスを開けるなら絶対ニードルにしようと決めました…! 美容外科は友達に開けてもらうレベル? 「なんとなく美容外科ならピアス開けに慣れてそう」と思い選んだ美容外科では、普通のピアッサーで開けてもらいました。 消毒をしたりアフターケアをしたりと慣れた感じであれこれしてもらいましたが、正直なところ 「友達にピアッサーで開けてもらうのと変わらない感じがする…」 と思いました。 (ちなみに位置が少しずれました) 選べるファーストピアスの種類も少なかったのも微妙に不満でした… 美容外科ならラインナップが揃っているだろうと勝手に思い込んでたから… 美容外科 = ピアス開けのプロ ではないと学びました。 とはいえ、美容外科でもニードルで開けるところやファーストピアスをたくさん選べるところもあるはずです。 事前に確認して検討しましょう! ピアススタジオは避けるべき ピアススタジオはたとえどんなに良質な施術であっても不当医療行為であり、医師法に抵触する。 出典: より引用 ピアスホールを開けるのは 医療行為であり、医療機関でないところがおこなうと 違法になるそうです。 どんなに実績があって評判がよくても、ピアススタジオでのピアッシングはやめた方がよいでしょう。 まとめ• ピアスは 医療機関で開けよう• 特に 実績が豊富な病院で開けよう• ピアッシングガンより ニードルがおすすめ• ファーストピアスが選べるところがおすすめ 私はピアスを開けてから数ヶ月はにやにや過ごしておりました。 なぜか強くなった気がしていました。 「 私、ピアス開いてるのよ!」と。 そんな楽しいピアスライフが送れますように!.

次の

ピアスを開けるなら病院で!全国人気クリニック13選を一挙紹介♪

ピアス 開け て くれる 病院

わっ 若気の至りよ!!! そんな私ですが、今回8か所目を 初めて病院で開けてきたのですが。 今回開けた場所はここ。 トラガスと言われる場所です。 軟骨です。 耳たぶと違って固いところです。 過去に開けたピアス穴に、「アウターコンク」と呼ばれている軟骨もあるのですが ここがマジで本当に激痛だったんです。 友達にピアッサーで開けてもらったところ。 もう髪の毛が触れるだけで痛い。 風が吹くだけでも痛い。 寝るときもちょっとでも枕に当たるもんなら激痛。 引っかかりでもしたら耳千切れたんじゃないの!?ってくらい痛いの。 だから正直、ビビりまくりで しっかり覚悟をして病院に行きました。 病院でピアスを開けるときの手順は? カウンセリング。 どこに開けたいのか 何か所開けるのか ファーストピアスはどれにするのか ピアスを開けるとはどういうことなのか。。。 をしっかり説明してくれます。 ピアスを開けたあとの注意点や手入れ方法も教えていただきました。 開けたいところに印を付ける。 このしるし付けは、めちゃくちゃ重要です。 そして 思ったよりも内側に書いてしまいがちです。 しるし付けで失敗して 思ったより内側に穴を開けてしまったらめちゃくちゃ後悔するので、鏡をよく見て、絶対に失敗しないようにしるしをつけましょう>< 失礼なっ!!www ただ、いろいろ調べてみると、「トラガスはあんまり痛くない」などという言葉が多くあるようで。 痛くない。 出血も今までで最少量。 もともと腫れる体質だから腫れてはいるけど、痛みはない。 — くらげ cvkKVPTlA5AzzST 皆からよく聞かれるピアスの質問! 開ける時1番痛い所1番痛くない所! 個人的な意見で答える! 痛い順 1位ヘソ 2位鼻ピアス 3位ベロ 4位指ピアス 5位アウターコンク 6位インナーコンク 7位くちピアス 8位ヘリックス 9位トラガス 10位耳たぶ — ゆうと DnaYuto369 痛みの話なので、 個人差があります。 病院は清潔ですので、ファーストピアスはもちろんピアッシングするとき(穴を開けるとき)も雑菌の心配もほとんどありません。 だけど病院で開ければ 正しいケアの方法をしっかり教えてもらえます。 ピアッサーは1000円前後で購入することができるため、病院でピアスを開けることが5000円~1万円かかるとなると その差は大きいかもしれません。 マジで全部病院で開ければよかったと割と本気で思ってるほど。 セルフで開けた穴は、安定するまで相当時間がかかりました。 安全ピンとかで開けるからだけどね! そしてピアスを開けて10年経ってる今でさえ、安定している穴とはなかなか言えないのです。 だけど、病院で開けたピアス穴は、今のところなんのトラブルもなくとってもきれいなホールになっています。 ピアスを病院で開けることについてまとめ! 「ピアスを開ける」ということは オシャレのために痛い思いをするということ。 だけどせっかく痛い思いをするなら、失敗するかもしれないセルフよりも 病院で開けて安心&キレイな ピアスホールを開けてほしいなぁと思います。 自分でやったるでーー!!!っていうなら、全然それでも良いのですが、 ほんの少しでも不安があったり、「キレイなピアスホールを作りたい」と思うのであれば、病院でピアス穴を開ける という選択をしてくださいね^^ ただし、どの病院でもキレイに美しく開けられる!とは残念ながら言えないようなので しっかり調べて、• ピアスを開ける実績が多数ある(知識がある)• ファーストピアスは 素材のいいものをそろえていて種類が選べる そのほかあなたが気になるコトがあれば 電話やメールでリサーチしてみてくださいね!.

次の