淀川花火大会 屋台。 淀川花火大会2019日程や時間は?有料席の場所や値段を比較!屋台情報も!

なにわ淀川花火大会2019の日程や時間は?屋台やレストラン情報も!

淀川花火大会 屋台

スポンサードリンク 淀川花火大会 ゆったり見たいなら海老江がおすすめ! 淀川花火大会を見るなら、海老江グランド~淀川河川公園がおすすめです。 打ち上げ場は、阪神高速道路と新十三大橋の間の位置です。 地図上で、グランドの東側(右側)に位置し、少し離れた場所になっているため、 比較的空いている場所です。 花火を見る際に下のほうに阪神高速道路が見え、 仕掛け花火の際は道路に花火を遮られてしまいますが、 打ち上げ花火は高い位置に上がるため、とくに問題なく花火を楽しむことができます。 最寄り駅は、JR海老江駅。 阪神本線を利用する場合は、阪神野田駅か淀川駅が最寄りとなり、いずれも徒歩10分~15分ほどです。 海老江駅、野田駅からなら、国道2号線を川の方へ真っすぐ歩いて行き、川のところで、右に曲がるだけ。 淀川駅からも、ほぼ直線でいけますし、夕方は人の流れもできているので、迷うことなく到着できます。 淀川河川公園には、トイレもあるので、安心です。 場所取りは17時ころでも余裕がありますが、18時を過ぎると急に混み出すので 広いスペースが必要な場合は18時までには、場所を確保しておくといいでしょう。 花火を見ながら、海老江グランド付近で飲み食いしたい場合は、駅周辺で購入する必要があります。 最寄りの海老江駅、阪神野田駅の近くに、 ウイステというイオンも入っているショッピングセンターがあります。 駅から連絡通路でつながっていて、徒歩5分ほどで行くことができるので、 少し早く駅につくようにして、ここで買い出しをしてから行くといいですね。 ただ、この時点でも混んでいることは、混んでいます。 終了直後は、堤防から駅までかなり混みます。 最後まで花火を見る場合は、その場で30分~1時間程時間を潰してから駅に向かうほうがいいかもしれませんね。 カップルも、少し離れた場所でもいいからゆったり見たい!という場合はこちらがおすすめ。

次の

【なにわ淀川花火大会】常連が本当のおすすめ有料席を紹介!

淀川花火大会 屋台

お好きなところからお読みください• なにわ淀川花火大会2017の開催スケジュール• その有料エリアすぐ近くに多数の出店が並びます。 国道176号線のスロープを降りた河川敷エリアです。 ここには屋台が本当に多く出店されていて 500店を超える屋台の大半がこのエリアに集中します。 「屋台を楽しみたい!花火は無料のところで見れればいい!」という方はとても楽しめます! 梅田会場側 十三会場とは川を挟んで反対側の梅田会場にも出店・屋台は出店しています。 ただこちらは屋台の数はとても少ないです。 屋台を楽しむ!というほどではありません。 十三会場側に比べると有料エリアも小さく、従って立ち入り禁止区域も小さいため、十三側よりも花火をキレイに見ることが出来ます。 なにわ淀川花火大会2017穴場スポット 淀川河川公園西 野球場~芝生広場 屋台と花火を同時に楽しもうと思ったら南方駅、もしくは西中島南方駅に行きましょう!そして淀川河川公園西の野球場から南西に有料会場エリアに進みます。 そうすれば花火はどんどん近くなる、屋台・出店も堪能できる、というコースでなにわ淀川花火大会2017を楽しむことが出来ます^^ スポンサーリンク まとめのようなもの なにわ淀川花火大会2017を見に行くのに気を付けないといけないのは 最寄駅への到着時間です。 というのもこの花火大会毎年40~50万人の人が来場します。 つまり十三・梅田界隈は人で溢れてしまいます。 普通に歩くのも大変な混雑ぶりです。 どんなに遅くても18時には最寄駅についていたいところ。 屋台を楽しんで場所取りをして花火をみるとなると16時には最寄駅に到着していることをお勧めします。

次の

淀川花火大会2019の屋台や場所取り情報と穴場スポットについて!

淀川花火大会 屋台

淀川花火大会の屋台、トイレ 淀川花火大会の屋台、トイレの場所を紹介します。 花火大会の楽しみの1つとして屋台と言う人も多いです。 長時間、場所取りしているとお腹も空いてきますし、良い匂いに誘われて何か食べたくなります。 そんな淀川花火大会の屋台、トイレの場所を紹介します。 また屋台を楽しむための注意点、屋台に近い穴場スポットも紹介します。 また淀川花火大会の、他のいろいろな穴場スポットも紹介します。 淀川花火大会の屋台 淀川花火大会では500店ほどの屋台がでます。 屋台が多くある場所は有料席の近くです。 十三エリアは十三バイパスと十三大橋の間に屋台が多く並びます。 梅田エリアは有料席(阪急とJRの間)の辺りに小規模ですが屋台が出ます。 淀川花火大会のトイレ 十三エリアは、有料席(阪急とJRの間)の辺りに多くの仮設トイレが並びます。 梅田エリアも、有料席(阪急とJRの間)の辺りに多くの仮設トイレが並びます。 それ以外にも所々、仮設トイレが並びます。 しかしトイレの前には列が出来るので出来るだけ他で済ませた方が良いです。 とは言っても長時間場所取りしているとそんな事は言えませんが。 屋台を楽しむときの注意点 時間ぎりぎりに行くと、十三の河川敷には人混みで近づけなくなります。 また花火大会が始まると屋台どころではなくなります。 そのため屋台を楽しみたいなら早めに行った方が良いです。 屋台に近い穴場スポットとは? 屋台の近くにある十三大橋は穴場スポットでもあり、比較的人の少ない所です。 上の動画は十三大橋から撮影した物です。 花火の打ち上げ場所と十三大橋の間に176号線の十三バイパスの橋が架かっていて、少し邪魔に感じるかも知れません。 十三大橋で花火を見るなら梅田よりに行くと空いています。 十三大橋なら屋台も近く、花火の打ち上げ場所からも近く穴場スポットと言われています。 ただし欠点も多いです。 河川敷ではないので座って見れないし、人の往来も激しいです。 花火の打ち上げ場所から垂直の位置なので、淀川沿いに花火が連発しても、重なって見えます。 とは言っても十三大橋は良い場所です。 淀川花火大会の屋台、トイレ・まとめ 淀川花火大会の屋台、トイレの場所を紹介しました。 共に有料席の近くにあります。 有料席は打ち上げ場所に近く、もっとも綺麗に花火が見えます。 有料席から離れれば離れる程、混雑は避けれますが花火が遠くなります。 淀川花火大会の穴場スポット• 関西の花火大会 みなとこうべ海上花火大会• 芦屋サマーカーニバル• 淡路島花火大会• 淀川花火大会• 猪名川花火大会•

次の