睡眠 チョコ。 ネットで話題になった睡眠GABAチョコを1箱試したら…

江崎グリコ、就寝前の機能チョコで質の高い睡眠をサポート 新たな喫食シーン開拓

睡眠 チョコ

「GABA」のほうは「ストレスを低減する」。 「GABA for Sleep」は「眠りの質を高める」効果があるようですが、お菓子を食べて得られる効果なんて、気持ち程度のものでしょ……と思ってしまいます。 しかし「機能性表示食品」の表示が 「特定保健用食品(トクホ)」のように、国の審査を受けているわけではないものの、消費者庁への届け出が必要な「機能性表示食品」の表示。 これは効果を期待しちゃっていいんでしょうか!? 「GABA for Sleep」は、むき出しのチョコレートという感じで、夏場に持ってたら溶けちゃいそうです。 食べた感じも結構違いますね 「GABA」のほうが硬め。 「GABA for Sleep」はやわらかく、トロッととろけるような食感で、ねっとり甘い。 ミルク感も強い感じがします。 食べたところで「ストレスがなくなった!」とか「眠くなる!」みたいなことは実感できませんが、普通においしいチョコですね。 成分表はこんな感じ 1日当たりの摂取目安が「GABA」は10g程度(5粒)、「GABA for Sleep」は12. 5g(3粒)となっています。 この頭文字を取って「GABA」というわけです。 自律神経のバランスを整えて、リラックスさせてくれる効果がある成分らしく、ストレスを軽減したり、睡眠の質を高める効果を発揮してくれるのはこの「GABA」のおかげということでしょう。 「GABA for Sleep」は「GABA」の効果を強化した製品と言えるんじゃないでしょうか。 寝る前にお菓子を食べるなんて、確実にお母さんに怒られるヤツですが……。 チョコを食べた後は歯を磨いてから寝ましょうね 睡眠状態を調べるのには「スマート睡眠パッド」を使用します ぐー…… おはようございます ……というわけで、それぞれの睡眠状態は? まずはいつもどおり、普通に寝たときの結果から。 普通に寝た状態 これが基準になります 続いて「GABA」を食べてから寝たときの結果です。 「GABA」を食べてから寝た状態 睡眠時間が短かったからか、睡眠スコアは若干落ちていますが、「眠るまでの時間」は「GABA」を食べたときのほうが短くなっています。 精神的に落ち着いた状態になり、睡眠に入りやすかったのかもしれないですね。 「GABA for Sleep」を食べたときの結果は? そして、「GABA for Sleep」を食べてから寝たときは…… 睡眠スコアが一番いいし、「眠るまでの時間」も15分と一番早くなっています。 たまたまこの日によく眠れただけという可能性もあるので、何日か試してみたところ……。 「GABA for Sleep」を何日か食べて寝ていたのですが…… やはり 全体的に睡眠スコアは高め、そして 「眠るまでの時間」も短めとなっていました。 思った以上に効果ある! 正直なところ、Twitterで言われているような「メチャクチャよく眠れたー!」と実感できるほど劇的に睡眠状態がよくなったとまではいきませんでしたが、こうやって計測してみると、確実に効果が出ている感じがします。 「寝る前にホットミルクを飲むと落ち着く」くらいの感覚で、寝る前に「GABA for Sleep」を取り入れてみるのもアリなんじゃないでしょうか!?

次の

アイスやチョコ…睡眠の質が悪化する「夜に避けるべき食べ物」4つ

睡眠 チョコ

「メンタルバランスチョコレートGABA フォースリープ〈まろやかミルク〉」 江崎グリコは、質の高い睡眠をサポートする機能をチョコレートで初提案し、就寝前の喫食シーンを新たに開拓することで、市場の拡大に貢献する。 24日、「メンタルバランスチョコレートGABA(ギャバ)」ブランドから機能性表示食品として「メンタルバランスチョコレートGABA フォースリープ〈まろやかミルク〉」を発売する。 2日、東京都内で開催した発表会で、奥山真司常務執行役員マーケティング本部長は、同社の「おいしさと健康」という理念に基づき、健康の維持を促進し、おいしさについて妥協することのない、イノベーションを通して、嗜好(しこう)食品企業から日常必需食品企業へ変革を遂げ、生活者の毎日の課題解決に応えると述べた。 (青柳英明) 奥山本部長は、05年に発売した「メンタルバランスチョコレートGABA(ギャバ)」について、日本と欧米諸国のチョコ消費量を、「日本は年間約2kgだが、チョコが食文化として根付いている欧米は約11kgを消費する国もある」と比較した上で「日本のチョコは、嗜好(しこう)品にとどまっている。 チョコの喫食頻度の向上と市場拡大のためには、日常の必需食となることが重要との考えから開発した」と説明。 16年には、機能性表示食品としてリニューアルし、18年の売上げは15年に比べ約2. 5倍に成長したという。 同品は、チョコのおいしさはそのままに、3粒(12. 当日は、「GABAと睡眠」をテーマに杏林大学医学部精神神経科の古賀良彦教授が講演し、「GABAは寝つきを促したり、ノンレム睡眠の増加効果がある」「日中にGABAを摂取することで、夜間の睡眠が改善する」「朝にGABAを摂取しても日中の眠気には影響しない」などの研究結果を報告。 さらに、フリーアナウンサーの宇垣美里氏と奥山本部長のトークショーが行われた。

次の

チョコで快眠?『GABA for Sleep』を検証

睡眠 チョコ

「GABA」のほうは「ストレスを低減する」。 「GABA for Sleep」は「眠りの質を高める」効果があるようですが、お菓子を食べて得られる効果なんて、気持ち程度のものでしょ……と思ってしまいます。 しかし「機能性表示食品」の表示が 「特定保健用食品(トクホ)」のように、国の審査を受けているわけではないものの、消費者庁への届け出が必要な「機能性表示食品」の表示。 これは効果を期待しちゃっていいんでしょうか!? 「GABA for Sleep」は、むき出しのチョコレートという感じで、夏場に持ってたら溶けちゃいそうです。 食べた感じも結構違いますね 「GABA」のほうが硬め。 「GABA for Sleep」はやわらかく、トロッととろけるような食感で、ねっとり甘い。 ミルク感も強い感じがします。 食べたところで「ストレスがなくなった!」とか「眠くなる!」みたいなことは実感できませんが、普通においしいチョコですね。 成分表はこんな感じ 1日当たりの摂取目安が「GABA」は10g程度(5粒)、「GABA for Sleep」は12. 5g(3粒)となっています。 この頭文字を取って「GABA」というわけです。 自律神経のバランスを整えて、リラックスさせてくれる効果がある成分らしく、ストレスを軽減したり、睡眠の質を高める効果を発揮してくれるのはこの「GABA」のおかげということでしょう。 「GABA for Sleep」は「GABA」の効果を強化した製品と言えるんじゃないでしょうか。 寝る前にお菓子を食べるなんて、確実にお母さんに怒られるヤツですが……。 チョコを食べた後は歯を磨いてから寝ましょうね 睡眠状態を調べるのには「スマート睡眠パッド」を使用します ぐー…… おはようございます ……というわけで、それぞれの睡眠状態は? まずはいつもどおり、普通に寝たときの結果から。 普通に寝た状態 これが基準になります 続いて「GABA」を食べてから寝たときの結果です。 「GABA」を食べてから寝た状態 睡眠時間が短かったからか、睡眠スコアは若干落ちていますが、「眠るまでの時間」は「GABA」を食べたときのほうが短くなっています。 精神的に落ち着いた状態になり、睡眠に入りやすかったのかもしれないですね。 「GABA for Sleep」を食べたときの結果は? そして、「GABA for Sleep」を食べてから寝たときは…… 睡眠スコアが一番いいし、「眠るまでの時間」も15分と一番早くなっています。 たまたまこの日によく眠れただけという可能性もあるので、何日か試してみたところ……。 「GABA for Sleep」を何日か食べて寝ていたのですが…… やはり 全体的に睡眠スコアは高め、そして 「眠るまでの時間」も短めとなっていました。 思った以上に効果ある! 正直なところ、Twitterで言われているような「メチャクチャよく眠れたー!」と実感できるほど劇的に睡眠状態がよくなったとまではいきませんでしたが、こうやって計測してみると、確実に効果が出ている感じがします。 「寝る前にホットミルクを飲むと落ち着く」くらいの感覚で、寝る前に「GABA for Sleep」を取り入れてみるのもアリなんじゃないでしょうか!?

次の