野 ブタ を プロデュース 最終 回。 「野ブタ。をプロデュース」~一年遅れの感想: あざみ野荘つれづれ日記

「野ブタ。をプロデュース」~一年遅れの感想: あざみ野荘つれづれ日記

野 ブタ を プロデュース 最終 回

【10月15日 放送 】 着ぐるみに身を包むよう自分自身を演出し、人気者として君臨する2年B組・桐谷修二。 周囲をうまく盛り上げ、まさにクラスのリーダー。 そんな修二の唯一苦手な人物が、同じクラスの草野 彰。 彰は優柔不断でおっちょこちょい。 でもって、ちょっとピントがずれている。 その性格からクラスでも浮いた存在の生徒。 そんな彰は、修二のことを「親友」と 思い込み、修二になにかと絡んでくるから修二としてはおもしろくない。 どうしても、こいつの前では調子がくるってしまうのだ。 そんなある日、修二の通う隅田川高校に転校生がやってきた。 転校生の名は小谷信子。 外見に無頓着で自身を飾ることをしない暗い印象を持つ、修二とは正反対の少女だった。 信子の、周囲に人を寄せ付けぬ態度や雰囲気が災いし、不良グループのリーダー、バンドーに睨まれてしまう。 そんな修二は、ひょんなことから虐められっ子、信子を人気者にする、プロデュースを引き受けるのだった。 やがて、それは、イジメへとエスカレート。 クラスの雰囲気はだんだん、悪くなっていく。 それを見た修二は、「自分は関係ない」とたかをくくっていたが…。

次の

野ブタ。をプロデュース特別編5話6話放送決定!最終回まで放送される理由

野 ブタ を プロデュース 最終 回

『 青春アミーゴ』(あらすじ) 修二(亀梨和也)が転校する事を知った彰(山下智久 と信子(堀北真希)は大きなショックを受けるが、気持ち良く修二を転校させようと決め、何か記念になることはないかとかんがえる。 信子は彰と修二の冗談を間に受け、ゴーヨク堂店主(忌野清志郎)の実家の神社で、みこのアルバイトを志願。 みこの姿で修二にノブタパワーを注入する。 そんな折、信子は誤って神社の木の枝を折ってしまう。 店主は一番大切な人に罰が当たると言い、罰封じのお守りを信子に渡す。 信子はそれを持って修二と彰のもとに走る。 (感想です) なかなか言えない修二。 彰に先を越され、他人行儀だから下の名前で呼んでくれと。 修二は、もうすぐ転校するので、これ以上親しくなるのをよそうとしていた。 何でそう考えるのかなぁ。 一人輪から外れていた。 別れを寂しくないように考えたのでしょうか? 野ブタは、突撃レポートをしていたおかげで、かなりの人気者になっていた。 突撃飯を止めたいと言うと修二は簡単に「止めたら、辛いんでしょう」。 もうどうでも良かった? 野ブタと彰は気持ちよく別れようと二人で決めた。 「何して欲しい?」野ブタは修二のためなら何でもすると、言った。 彰は「たとえば、巫女になって野ブタパワー注入!するとか」と言った途端に走り出した。 近くの神社へ行くとなんとゴーヨク堂の店主が。 巫女の扮装で走る野ブタ。 鋸で切ろうとしたり、結局川に流して、3人で、罰を受けると覚悟した所は、最高でした。 キャサリンが、教室に残っていた3人に3対の人形を渡した。 2個集めると,幸せになると教えて、窓から出て行った。 3人のプレゼント交換。 あけてビックリ。 それぞれが、人形を入れていた。 皆がおなじ気持ちだったのですね。 終了式は終わった。 「人を好きになるって知らなかった、おなじ景色を見て忘れたくないとか。 きっとそんなときは、小谷を思い出すだろうな。 」と修二。 「思っていることが全部伝われば、、、」野ブタ。 「判っているよ。 これって、修二の告白かと思いました。 こんなに言い合える友達は貴重です。 まり子にも伝えると、教室に、ビーチパラソル、裏では、野ブタと彰が波の効果音を出していた。 廊下で、野ブタとまり子が楽しそうに話していた。 この光景はこれからを暗示して良かったです。 今度の桐谷修二は何があっても挫折しないと思ったら、挫折した。 教室に、彰が!野ブタに言われて、来たのだった。 修二は「俺達はどこででも生きていける」修二の人格が変わりそうな予感です。 これは嬉しい変化でした。 海に入ったふたりは、これで親友の絆が深くなったと言う水かけでしょうか? 野ブタは、笑えるようになり、走って階段を上がりかけ、二人が居ないことに気付いた。 屋上で空を見上げ、「笑って生きていかれる」と、笑いながら涙がにじんでいたラストは胸に来ました。

次の

「野ブタ。をプロデュース」特別編10・9% 第2話も好視聴率― スポニチ Sponichi Annex 芸能

野 ブタ を プロデュース 最終 回

スタートが延期となった土曜ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系/毎週土曜22時)に代わり放送中の、2005年10月期放送のと出演ドラマ『野ブタ。 をプロデュース』(日本テレビ系)の特別編。 第6話まで放送され話題沸騰となっているが、この度、第7話から第10話(最終話)が引き続き放送されることが決定した。 本作は、亀梨和也と山下智久が演じる高校2年生の修二と彰が、演じるイジメられっ子の転校生・小谷信子、通称「野ブタ」をクラスの人気者にプロデュースしていく様を笑いと涙で描く、青春シンデレラ・ストーリー。 16日放送の第6話では、信子(堀北)お手製の「ノブタパワー人形」に目を付けた修二(亀梨)が、人形を流行らせて信子を人気者にすることを考え、修二と彰(山下)で「ノブタパワー人形」を持てば、願い事が叶うという噂を作り上げることで、人形は一瞬のうちに大流行。 面白いほど売り上げを伸ばす人形を大増産し浮かれる修二たちだったが、さまざまな問題が生じ、それぞれの人間関係が大きく動き出した様子が描かれた。 そんな中決定したのが、第7話以降、最終話となる第10話までの放送継続。 5月23日放送の第7話では、信子が友だちになった蒼井かすみ(柊瑠美)の誘いで放送部に入部。 信子と一緒にいたい一心で彰も放送部に入部し、あるとんでもない行動をとってしまう…。 そして、信子は『私の好きなもの』をテーマにした映像作品をコンクールに出すことになり、修二と彰と3人で久しぶりに行動をともにするが、また陰湿ないたずらが発生し—。 クライマックスを迎え、信子に対する嫌がらせをしてきた意外な犯人が明らかとなる中、修二はあることがきっかけで学校の人気者としてのポジションを失い、3人の関係性や学校での人間関係もさらに大きく変化していく『野ブタ。 をプロデュース』特別編。 修二と彰と信子の友情、そして恋愛はどういう結末を迎えるのか、今後の展開に注目だ。 ドラマ『野ブタ。 をプロデュース』特別編第7話は日本テレビ系にて5月23日22時放送。 以降、5月30日の『Premium Music 2020 特別編』の放送を挟み、6月6日〜20日の毎週土曜22時に第8話〜第10話を放送。

次の