タマゴ 技 横 遺伝。 【VC金銀クリスタル】初心者でもわかるタマゴ技のすすめ(基礎編)

【USUM】育成の基礎知識:遺伝する能力・法則まとめ【ポケモンウルトラサンムーン】

タマゴ 技 横 遺伝

タマゴで生まれるポケモンは、通常では覚えることのできない特定の技を遺伝で引き継げることがあります。 この技を『タマゴわざ』と呼びます。 各ポケモンの『タマゴわざ』は 、、 で確認できますが、これらは親のポケモンが覚えている時のみ覚えることができます。 『タマゴわざ』を覚えさせるには、同じ『タマゴグループ』の別のポケモンのうち、同じ技を覚えるポケモンを探す必要があります。 しかしこれらは『タマゴわざ』とは呼びません。 最新作『ソードシールド』からは、預かり屋さんに同じ種類のポケモンを2匹預けてしばらくすると、 片方が覚えているタマゴ技を、もう片方のポケモンに覚えさせることができます。 もちろん、コピー先のポケモンは、覚えている技に空きを作っておく必要があります 技を3つ以下にする。 コピー先のポケモンの技を1つだけにしておけば、一度に3つのタマゴ技をコピー可能です。 コピー元 A ・ムーンフォース ・ねがいごと ・あまえる ・あくび• コピー先 B ・ムーンフォース• 一緒に預けると……• コピー先 B ・ムーンフォース ・ねがいごと ・あまえる ・あくび 預ける2匹は、まったく同じ種類のポケモンである必要があります 進化形ではダメ。 ソードシールドでは、一度覚えた技を「思い出す」のに『ハートのウロコ』は必要なくなりましたので、育成済みのポケモンでも、戦術を変更したくなった時に、技を自由に変更できます。 あとからタマゴ技を増やせるため、同時遺伝を意識する必要もなくなりました。 『ウルトラサンムーン』までのバージョンでは、一匹のポケモンに複数の『タマゴわざ』を覚えさせるには、同時遺伝が必要です。 これは場合によっては、複数回の遺伝が必要であり、非常に手間がかかります。 しかし、『ネイティ』の『フェザーダンス』も『タマゴわざ』であるため、まずは『ネイティ』に『フェザーダンス』を遺伝で覚えさせる必要があります。 『フェザーダンス』『パワースワップ』 を覚えたチルット このように、同時遺伝は手間がかかることが多くなります。 また、『ブラック2』『ホワイト2』までは同時遺伝が不可能な技の組み合わせも存在しますのでご注意ください。

次の

【ポケモン剣盾】タマゴ技遺伝のやり方|預け屋で覚えさせる方法【ポケモンソードシールド】

タマゴ 技 横 遺伝

バトルで勝つためには、できるだけ能力の高い高個体値のポケモンが必要となります。 しかし、野生で捕まえたポケモンでは個体値がランダムであるため、1つの個体値がUやVのポケモンならまだしも、複数の個体値がUやVのポケモンを得るのは非常に難しくなります。 複数の個体値がUやVで、なおかつその他の能力も全体的に高くするためには、高個体値のポケモンを親にしてタマゴを産ませ個体値を遺伝させる方法が取られます。 この作業を 「個体値厳選」と呼びます。 遺伝による個体値の厳選には、同時に 「性格」や 「技」を遺伝できるという利点があります。 また、このとき親の 「個体値」「性格」「技」「夢特性」が遺伝されることがあります。 この遺伝を用いることによって、個体値にVが1つだけしかない親同士からでも、2V、3Vの子が作れます。 【個体値の遺伝】• 預けたポケモン2匹の個体値合計12個から、1~3個がランダムに選ばれて遺伝します。 遺伝する能力 どうぐ HP パワーウエイト 攻撃 パワーリスト 防御 パワーベルト 特攻 パワーレンズ 特防 パワーバンド 素早さ パワーアンクル• 【技の遺伝】 末永くポケモンを楽しむ方はコレをしておくと後がラクです。 HG・SSなどで をして、以下のメタモンを揃えます。 全ての性格のメタモン• HPがVのメタモン、攻撃がVのメタモン、防御がVのメタモン、特攻がVのメタモン、特防がVのメタモン、素早さがVのメタモン 2V、3Vのメタモンがいればなお良いです メタモンは全てのポケモンの親になれるので、高個体値のメタモンを親に使うことによって高個体値のタマゴが産まれ易くなります。 他のポケモンの厳選をするときにも使い回せるので、暇なときに頑張ってたくさん捕まえておきましょう。 【用意しておくもの】• 個体値遺伝用のメタモン• 性格遺伝用のメタモン 【厳選の手順】• 個体値は攻撃と素早さVは最低でも出そう、性格はようきにしようなどの大まかな目標• 【注意】• 例1を参照• 例2を参照。 と 4. の手順が入れ替わっています• 例3を参照 上の説明では分かりにくいので、以下の3つの場合で例を示します。 例1 チルットの厳選 DP・Ptの場合• 例2 ヨーギラスの厳選 HGSS・BWの場合• 例3 夢特性ムンナの厳選 BWの場合 例1 チルットの厳選 DP・Ptの場合 【用意しておくもの】• 性格おだやかのメタモン• HPがVのメタモン• 防御がVのメタモン• 特防がVのメタモン 【厳選の手順】• 耐久型だから個体値はHPV、防御V、特防Vは欲しい。 タマゴ技の「フェザーダンス」を覚えさせたい。 【参考】• 育て屋にポケモンを預けておくと、レベルが上がって新しい技を覚え、古い技を勝手に忘れていってしまいます。 新たな技に入れ替わるのはポケモンを引き取る瞬間なので、引き取らない限りいくらレベルが上がっても技を忘れず遺伝用として使えますが、一度引き取ってしまうと技遺伝用として使えなくなってしまいます。 そのため、忘れさせたくない技 遺伝技など があるときは注意が必要です。 新たな技は技一覧の一番下に追加され、古い技は一覧の一番上にあるものから忘れていくので、預けるときは忘れたくない技を一覧の一番下に置いておきます。 厳選中も定期的に引き取って忘れたくない技を一覧の一番下に移動させます。 ダイパ・プラチナではポケッチNo. 9「育て屋チェッカー」を使って預けたポケモンのレベルを把握できるので、新たな技が追加されて忘れさせたくない技が一覧の一番上に達するレベルになったら一度引き取って技を一番下に移動させます。 個体値を厳選するとき、同時にめざパも厳選することができます。 しかし、それをすると途端に難易度が上昇しますので、めざパを使いたい方は をよく読んで頑張りましょう。 例2 ヨーギラスの厳選 HGSS・BWの場合 【用意しておくもの】• 性格いじっぱりのメタモン• HPがVのメタモン• 攻撃がVのメタモン• 素早さがVのメタモン 【厳選の手順】• 物理アタッカー型だから個体値はHPV、攻撃V、素早さVは欲しい。 タマゴ技の「おいうち」を覚えさせたい。 【参考】• 特性が2つあるポケモンをHG・SSからDP・Ptに送って進化させると、HG・SSにいたときのものとは別の特性に変化してしまうことがあります。 逆に、DP・PtからHG・SSに送って進化させたときも同様の現象が報告されています。 詳細は現在検証中。 バグの可能性も。 HG・SSだと進化できないポケモンには、ジバコイル・ダイノーズ・グレイシア・リーフィアがいますが、この中でもとくに特性が2つあるジバコイルやダイノーズの厳選には注意が必要です。 HG・SSでの方が個体値厳選は簡単ですが、せっかく厳選してもDP・Ptに送ってテンガン山で進化させたときに特性が変わってしまう危険があります。 特性を変えたくない場合は、できるだけHG・SS同士またはDP・Pt同士で通信して進化させるとよいです。 例3 夢特性ムンナの厳選 BWの場合 【用意しておくもの】• 性格おだやかのメタモン• HPがVのメタモン• 防御がVのメタモン• 耐久型だから個体値はHPV、防御V、特防Vは欲しい。 タマゴ技の「バトンタッチ」を覚えさせたい。 【参考】• 役立ち情報 ポケモンの厳選をするにはタマゴをたくさん孵す必要があります。 タマゴを孵すにはタマゴを持って歩き、歩数を貯めなければなりません。 以下にタマゴ孵化に役立ちそうな情報をまとめておきます。 【タマゴを早く孵す】• 特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」を持つポケモン マグマッグ、マグカルゴなど が手持ちにいると、タマゴ孵化に必要な歩数が半減します。 タマゴ孵化のときは、これらのポケモンを必ず手持ちに入れておきましょう。 手持ちにタマゴが複数あるときは、より新しいタマゴが上に、より古いタマゴが下に来るように配置しましょう。 タマゴが1つ孵化すると、そのタマゴより下にある手持ちのタマゴは孵化する時間が少し長くなってしまいます。 効率よくタマゴを孵化させるには、古いタマゴほど手持ちの下の方に来るように配置して、タマゴが孵化する瞬間にその孵化するタマゴより下に他のタマゴがないようにします。 新しいタマゴをもらう度に手持ちの一番上に配置し直すのは多少面倒ですが慣れてくれば簡単です。 少しでも効率を上げるために心掛けましょう。 これを「ズイロード」などと呼びます。 1往復で246歩あります。 ここは道が一直線なので、マッハ自転車に乗っていれば北から南、南から北へとDSの画面を見なくても十字キーの上下を押すだけで往復できます。 ズイタウンから道路へ出たり、道路からズイタウンに入ったりすると音楽が変わるので、音楽を聴いて判断して210道路へ来たと思ったら十字キーを下に入れ、209道路へ来たと思ったら上に入れましょう。 この作業は慣れれば片手で無意識にできるようになるので、作業をしながら別のこと ネット、本を読む、別のDSでポケモンをプレイetc... をすることもできます。 ここには動くタイルがあり、乗ると矢印の方向に自動で進んでいきます。 これをタマゴ孵化に役立てられます。 特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」を持つポケモンと「なみのり」ができるポケモンとタマゴ4個を連れてタタラせいてつじょに行きます。 タタラせいてつじょに着いたら、適当な場所まで行き主人公を矢印ブロックに逆らうようにブロックに向かって歩かせます。 「何歩か歩くと矢印ブロックにたどり着き、矢印ブロックに乗ったら主人公はスピンしながら一直線に戻って壁にぶつかって止まる」という場所ならどこでもよいです。 ここまでできたらあとは主人公が勝手にブロックに向かって歩き続けてくれるように十字キーをテープで固定します。 この装置があればタマゴが一つ孵るまでの間何か別のこと おひるね、料理、ゴハンetc... ができます。 しかし、タマゴが孵る瞬間になると 「おや・・・?」 の画面が出てストップしてしまうので、たまに画面を確認しましょう。 タマゴが一つ孵る度に作業がストップしてしまうので、大量にタマゴを孵す時は上のズイロードの方をオススメします・・・ 【ズイロードにきのみを植えてみよう】.

次の

【ポケモン剣盾】遺伝の仕組みを徹底解説!初心者向け【ポケモンソードシールド】

タマゴ 技 横 遺伝

相手の技で『ひるみ』状態にならない。 なお、技『きあいパンチ』には影響しない。 第8世代からは、相手の特性『いかく』の効果も受けない。 ただし『あく』タイプの相手 味方は含まない には変化技がすべて失敗する 第6世代は条件なし。 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンホームで移動• 野生のリオルを捕まえる• そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる 使用していない場合は通常攻撃。 『ダイウォール』は解除はできないが、貫通する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性の効果による先制攻撃も受けない。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 自分の技も対象となる。 最後の技がダイマックス技の場合、元となった技が使われる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 必ず後攻になる 優先度:-4。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 連続で使うと失敗しやすくなる。 第8世代からは、音系の技。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 そのターンの相手の技をすべて自分が受ける。 ただし、全体技には効果がない。 ダブルバトル用。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性はコピーできない。

次の