蓬莱 本館。 株式会社 蓬莱本館 千葉工場のハローワーク求人|12010

蓬莱本館 (ホウライホンカン)

蓬莱 本館

大阪へ行くと決まると、「また食べられる!」とワクワクするご当地グルメがある。 それが、 『551蓬莱』の豚まん! 新幹線の新大阪駅、伊丹空港といった大阪の玄関口にも店舗があるので、到着早々行列に並んでアツアツ出来立ての豚まんをほおばるのがお約束。 「あー、大阪きたわー」と実感(なぜか関西弁) これが、ひそかな楽しみ^^ ほんま、大阪きたらとりあえず豚まんですわ!(なぜかまた関西弁) そんな『551蓬莱』の豚まんですが、ふとした大阪人との会話から「蓬莱」という名がつく豚まんが「2つ」ある衝撃の事実を知ることになるのです。 知っていましたか? 「蓬莱」の豚まんには、『551蓬莱』と『蓬莱本館』の2つの豚まんがあることを! 関西人には常識なのかもしれませんが、関西以外のひとにはほぼ知られていないのでは・・・ 間違えて買っている人絶対にいるって(笑) ということで、先日大阪に行ったときに、ついに『551蓬莱』と『蓬莱本館』の豚まんの食べ比べをしてきました! どういう違いがあって、どっちが自分の好みなのか。 ! 今回の記事は、『551蓬莱』と『蓬莱本館』の豚まんの食べ比べ、その「違い」を書いてみますねー 目次• 『551蓬莱』と『蓬莱本館』がまぎらわしいことをはっきりさせる! まず、『551蓬莱』と『蓬莱本館』がどう違うのか? このまぎらわしいことをはっきりさせたいと思います。 「」で「蓬莱」を検索するとこのように書かれていました。 1945年(昭和20年)創立の「蓬莱食堂」を母体として、1964年(昭和39年)から創業メンバー3人により別々の会社、 株式会社蓬莱(551蓬莱 — ごーごーいちほうらい) 株式会社蓬莱本館 株式会社蓬莱別館 の3社に分かれている(いわゆるのれん分け)。 現在、豚まんを製造販売しているのは551蓬莱と蓬莱本館の2社で、特にテイクアウト店を直営している551蓬莱が一般には有名であり、単に「蓬莱」といえば551蓬莱を指す場合が多い。 どちらかが後からパクったということではなく、もともとのルーツが同じ会社だったということなのですね。 ですが、ポリシーや販売方法が大きく違うようですね。 大きな違いは、「冷凍」を扱っているかどうか。 『551蓬莱』では、冷凍の豚まんは扱っていません。 基本的には、各店舗で手包みによる作りたてのものを販売。 あとは、数時間の持ち運びが可能なチルド品。 ですので、セントラルキッチンから生地が店舗に配送できる距離に店舗をかまえ、営業・販売しています。 『551蓬莱』の公式ホームページの「よくある質問」には、このように書かれています。 Q:フランチャイズに加盟したい。 551の商品を売りたい。 誠にありがたいお申し出であるのですが、当社はすべて「直営店」で、当社のスタッフが製造、販売しておりますので残念ながら全てお断りさせて頂いております。 これは「商品管理」「品質管理」の面で万全を期したいというのが当社の方針ですので、どうぞご了承頂きます様お願い申し上げます。 なお「学園祭」などで「551の豚まんを販売したい」というお申し出も頂きますが以上のような理由でお受けすることができません。 あしからずご了承下さいませ。 いずれもその「お気持ち」は大変うれしく思っております。 『蓬莱本館』は、「冷凍」や「冷蔵」を積極的にやっています。 大阪駅や空港などのお土産屋さんに並んでいるもの、「成城石井」といったチェーンのスーパーマーケットで販売されているものなどは『蓬莱本館』のものです。 「楽天市場」に出店しているのも『蓬莱本館』だけです。 これは難波の駅のお土産屋さんの冷蔵ケース。 よく見てみると『蓬莱本館』です。 「551」はついていません。 この「違い」がわかれば、「あー、だまされた!」なんてことにはなりません(笑) ちゃんと選ぶことができます。 すっきりしましたね! ちなみに、両社の公式ホームページの「よくある質問」には、ちゃんと「あっちとは違いますから!」って書いてあります。 公式ホームページを見ると、両社の考え方やスタンスが表現されているので面白いですね。 この勝負にうってつけの場所があるのです。 その場所は、大阪の「難波(なんば)」。 「グリコ」の巨大看板、「かに道楽」の足が動く看板などがあるところです。 大阪を代表する観光地ですね。 その難波に、『551蓬莱』と『蓬莱本館』が横並びのお隣りさんでお店をかまえているという「まさか!」と思えるような場所があるのです(笑) 証拠写真はこちら。 角の『551蓬莱』の奥に、黄色い看板の『蓬莱本館』が見えます。 グーグルマップだとこちら。 どちらもこのお店が本店。 店頭販売とレストランを構えています。 どちらのお店も、1個から豚まんを購入することができますし、2階のレストランで注文して食べることもできます。 勝負は、この『551蓬莱』のイートインコーナーで行いました。 『551蓬莱』と『蓬莱本館』を食べ比べてみた! では、豚まんを実食した感想を書いていきますね。 こちらが、 『551蓬莱』の豚まん。 こちらが、 『蓬莱本館』の豚まん。 2つを並べてみて、まずは見た目の比較から。 右が『551蓬莱』、左が『蓬莱本館』です。 大きさ自体はそれほど違いはありません。 ですが、上部のひねりの部分、いわゆる「顔」がかなり違いますね。 『551蓬莱』のほうは、ひねりのうずまきが全体にかかっていますね。 『蓬莱本館』のほうは、「ぽこっ」とあいている穴が目立ちますね。 まあこれは作り手さんによってもけっこう変わりますね。 では、実際に食べ比べてみます。 味にそんな大きな違いってあるのかなと思っていましたが、食べ比べてみるとまったく違っていました! まずは 「皮」。 手で豚まんを持った時点で、皮の違いがわかります。 『551蓬莱』は皮が「もっちりかため」、『蓬莱本館』は皮が「ふんわりやわらかめ」という違いがあります。 『551蓬莱』の皮は、きめが粗めで、粘りを感じるコシの強さを感じます。 歯で噛み切るのに、すこし抵抗があります。 時間がたつと、皮の表面が突っ張った感じになり、かたさをけっこう強く感じてきます。 『蓬莱本館』の皮は、コンビニの肉まんや山崎の食パンのようなふわふわのやわらかさがあります。 きめが細かく、簡単に歯で噛み切れます。 次は 「具」。 見た目的には、具の色や具材に大きな違いは感じません。 ですが、2ついっしょに食べくらべてみると、やはり違いがはっきりわかります。 『551蓬莱』の具は、豚肉の肉肉しさ、玉ねぎの甘味が、それぞれしっかりと主張してきます。 『蓬莱本館』の具と比べて、パンチを感じます。 『蓬莱本館』の具は、『551蓬莱』ほどの具材の主張は感じませんが、やさしいバランスのよさを感じます。 食べ比べた結果ですが、 個人的には『551蓬莱』のほうが好みでした! そのいちばんの理由は、写真では伝わらない部分の 「香り」です。 皮も具も、『551蓬莱』のほうが「香り」が強いんですよね。 皮には小麦粉の粉の香りとイースト臭、生地が発酵した時の独特な香り、具は豚肉と玉ねぎの甘い香りです。 この香りが、『551蓬莱』のほうがわかりやすくガツンとくる。 『蓬莱本館』の豚まんは、それがすこしやさしい。 いっしょに食べて比較してみると、その違いがほんとよくわかります。 おそらく別々の時間で食べたら、皮の食感の違いくらいしかわからなかったかもしれません。 『551蓬莱』と『蓬莱本館』の豚まん比較おまとめ! 東京にいるときは、肉まんなんてまったく食べないのに、大阪に行くとむしょうに食べたくなる「豚まん」。 大阪のひとが、いかに豚まんを愛しているのかを肌で感じてしまうからでしょうかね。 今回『551蓬莱』と『蓬莱本館』の豚まんの食べ比べをして、自分の好みは『551蓬莱』のほうだというのがわかりました。 このすっきり感は、かなり心地いいですね(笑) 大阪難波へ行くときがあれば、ぜひ豚まん食べ比べをしてみてください。 なかなか面白いですよ。 21:00 【日曜・祝日】 11:15~22:00 L. 21:00 定休日 定休日不定休 地図 『蓬莱』の豚まん比較おまけ! 大阪の人は、『551蓬莱』のテレビCMを見て育っているようです。 出演している男性は、『551蓬莱』の常務さん。 女性は、吉本興業のなるみさん。 このおふたりが、「551の蓬莱が、ある時~!! (笑い声)、ない時~・・・(静まり返る周囲)」というお約束のやり取りをする入るスタイルを長年続けているそうです。

次の

蓬莱 (飲食店)

蓬莱 本館

商品情報 大阪で有名な蓬莱の豚まんがついに登場!! 冷凍してありますのであのジューシーな豚まんがご家庭でいつでもお楽しみいただけます。 【冷凍発送】賞味期限:約300日以内( 非常食 保存食品 思わず笑顔になる大阪名物 食感を出すために、ミンチにせずダイス状に荒切りカットした豚肉と甘い甘い玉ネギ 賞味期限:冷凍出荷 約300日以内 1945年(昭和20年)創立の「蓬莱食堂」を母体として、1964年(昭和39年)から創業メンバー3人により別々の会社、 1. 株式会社 蓬莱 551 蓬莱 ( 551蓬莱 蓬莱551 ) 2. 株式会社 蓬莱 本館 3. 株式会社 蓬莱 別館 の3社に分かれている。 現在、豚まんを製造販売しているのは 551 蓬莱( 551蓬莱 蓬莱551 )と 蓬莱本館 の2社で、特にテイクアウト店を直営している 551 本館が有名であり、単に「蓬莱」といえば 蓬莱本館 551 蓬莱を指す場合が多い 551 蓬莱 おみやげ プレゼント に551 蓬莱 蓬莱 本館の 豚まん 株式会社蓬莱(ほうらい)は、中華料理の飲食店・販売店である。 豚まんの持ち帰り販売が有名で、大阪名物の1つとなっている。 大阪で有名な蓬莱の豚まんがついに登場!! 冷凍してありますのであのジューシーな豚まんがご家庭でいつでもお楽しみいただけます。 【冷凍】での発送お届けです。 思わず笑顔になる大阪名物蓬莱の豚まんは、熟練の職人技で、ひとつひとつ心をこめて包んでいます。 大阪で有名な蓬莱の豚まんがついに登場!! 冷凍してありますのであのジューシーな豚まんがご家庭でいつでもお楽しみいただけます。 【冷凍】でお届けです。 【冷凍発送】賞味期限:約300日以内( 非常食 保存食品 思わず笑顔になる大阪名物もちろんすべて手包み。 食感を出すために、ミンチにせずダイス状に荒切りカットした豚肉とそれに合わせてカットされた、甘い甘い玉ネギそれを包んでいるほんのり甘〜い生地! 三つの味が美味しさの秘密。 関連ワード:おやつ おつまに 軽食 豚まん 肉まん 通販 話題の商品 商品説明 大阪で有名な蓬莱の豚まんがついに登場!! 冷凍してありますのであのジューシーな豚まんがご家庭でいつでもお楽しみいただけます。 株式会社 蓬莱 551 蓬莱 ( 551蓬莱 蓬莱551 )2. 株式会社 蓬莱 本館3. 株式会社 蓬莱 別館の3社に分かれている。 現在、豚まんを製造販売しているのは 551 蓬莱( 551蓬莱 蓬莱551 )と 蓬莱本館 の2社で、特にテイクアウト店を直営している 551 本館が有名であり、単に「蓬莱」といえば 蓬莱本館 551 蓬莱を指す場合が多い551 蓬莱 おみやげ プレゼント に551 蓬莱 蓬莱 本館の 豚まん株式会社蓬莱(ほうらい)は、中華料理の飲食店・販売店である。 豚まんの持ち帰り販売が有名で、大阪名物の1つとなっている。 関連ワード:おやつ おつまに 軽食 豚まん 肉まん 通販 話題の商品.

次の

食べ比べたよ!551蓬莱と蓬莱本館、豚まんの違いは?|むしめがね

蓬莱 本館

概要 [ ] (昭和20年)創立の「蓬莱食堂」を母体として、(昭和39年)から創業メンバー3人により別々の会社、• 株式会社蓬莱( 551蓬莱 - ごーごーいちほうらい)• 株式会社 蓬莱本館• 株式会社 蓬莱別館 の3社に分かれている(いわゆる)。 現在、豚まんを製造販売しているのは551蓬莱と蓬莱本館の2社で、特に多数のテイクアウト店を直営している551蓬莱が一般には有名であり、単に「蓬莱」といえば551蓬莱を指す場合が多い。 沿革 [ ] の出身の羅邦強(1915年生まれ)がの1941年にに渡って軍需工場や農産品販売店などで働き、敗戦後も日本に留まって闇米販売などで資金を貯め、同郷の郭文沢、蔡水池、頼来陣とともに大阪の4番丁に蓬莱食堂を開いた。 店名には、成功を夢見て故郷を出てきた彼らにとって日本は夢の国であったことからを意味する「蓬莱」を採用した。 カレーライスやうどんを出していたが、神戸で天津包子(名物の肉まん)が売れていると聞き、大阪でも豚まんの販売を始めて芸人や力士を宣伝に使い、実演販売も取り入れるなどして難波の商店街にいくつも店舗を広げた。 1962年に火災被害に遭ったことをきっかけとして、難波の3店舗をそれぞれ分離することに決め、1963年に羅邦強が「蓬莱角店(のちの551蓬莱)」、蔡水池が「蓬莱中店(のちの蓬莱本館)」、頼来陣「蓬莱別館」がとして独立した。 551蓬莱は羅邦強の子・羅辰雄が2代目、その息子・羅賢一が3代目を継いでいる。 蔡水池の子・東進明が蓬莱本館の現社長を務めている。 蓬莱別館はすでに店は無くなりビル事業に転換している。 蓬莱(551蓬莱) [ ] 株式会社蓬莱 HORAI Co. ,Ltd. 551蓬莱 本社所在地 〒556-0022 桜川4-2-5 本店所在地 〒542-0076 大阪府大阪市3丁目6番3号 設立 (昭和20年) 事業内容 食品の製造販売及び、チャイニーズレストラン経営 代表者 (代表取締役社長) 資本金 7,290万円 売上高 150億円 従業員数 1,300人 主要子会社 東邦自動車株式会社 株式会社551蓬莱 関係する人物 () 外部リンク 551蓬莱は中華レストラン3店舗の他に、関西圏に50店舗以上の、やお持ち帰りの販売店舗がある。 551蓬莱では冷凍の豚まんは扱っておらず(「蓬莱」ブランドで販売されている冷凍品は、下記「蓬莱本館」の製品である)、各店で手包みによる作りたてのものを販売している。 駅(、)や空港(、)にある店舗などでは、数時間の持ち運びが可能なチルド品も販売している。 関西圏外にも愛好家が多く、関西を訪れるたびに土産として買い込む光景もよく見られる。 期間限定ながら各地の百貨店などの催事会場で購入することが可能となった。 また、オンラインショップも開設されている。 企業戦略として百貨店などテナントへ入居している場合、出入口近辺や地階店舗なら階段近辺に出店していることが多い。 なお、551蓬莱の「551」の由来は創業当時、店の電話番号が「551」だったことに合わせて「味もサービスも、ここがいちばんを目指そう! 」という会社の目標から。 また、当時の社長が吸っていたの銘柄が「 ()」だったこともヒントになっている。 蓬莱の名は関東地方でも古くから有名であったため、ミュージシャンのによれば「東の、西の蓬莱」と対比して謳われることも多いという。 広報 [ ] TVCM 551蓬莱の常務とのがコンビで出演してさまざまなシチュエーションを演じ、「551の蓬莱が、ある時〜!! (笑い声)、ない時〜…(静まり返る周囲)」のナレーションが入るスタイルを長年続けている。 なるみは、のコンビ時代から引き続き出演している。 また、(平成5年)頃まではかつて同じ吉本興業に所属していた(ミチ・レイコ、トゥナイトの先輩に当たる)が出演していた。 2011年からは、子役を起用した新CMが放映されている。 このように長年放送されていることから、などと共に関西での名物TVCMとなっている。 夏季は「551の」を題材に、同様のTVCMを放送している。 (平成13年)には(現:)とのコラボにより、近鉄の選手と共演したCMが放映され、なるみと551常務も近鉄のユニフォーム姿で登場した。 (平成22年)にはとのにより、551蓬莱の常務が出演した撲滅のための防犯教育が制作された。 2013年版のTVCMはとのコラボにより、なるみと常務のほか、、、などが出演していた。 車内広告 創業地に縁の深いやをはじめ、関西の主要私鉄やJRの車内では551の車内広告(主に扉上広告枠)を見ることができる。 1978年には、開設などの大改造に伴って、同駅に構内店舗を初めて構えた。 (平成27年)現在、難波駅には4店舗ある。 1980年代まで、新聞広告やTVCMでは「なんば551蓬莱」と頭に「なんば」を付けていたが、1985年のと新大阪駅を皮切りに、、、、など、の主要駅構内に店舗を展開したことで「なんば」を強調する必要がなくなり、現在は「551蓬莱」で統一している。 各種番組へのスポンサー では、長年にわたって出演番組のスポンサーだったが、『』(2011年3月終了)を最後に撤退した。 また、の『』のがたまたま551であること からクラシック番組のスポンサーにも積極的であり、2009年(平成21年)現在は『コーホーのモーニングアプローズ』『おしゃべり音楽マガジン くらこれ! 』を放送中である。 ゴーゴ君 へ「」を寄贈した。 なお、寄贈前までの蓬莱のTVCMによく登場していたマスコットキャラクターのシロクマの名は「いっちゃん」(一時期は名前が「ゴーゴ君」になっていた)であり、合わせて読むと「551」になる。 2015年には、天王寺動物園にホッキョクグマの雌の寄贈が決定した。 世界記録 2015年10月、社員の男性がで1分間に615グラムのタマネギを早切りし、を達成した。 蓬莱本館 [ ] 株式会社蓬莱本館 蓬莱本館 本社所在地 〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波3丁目6番1号 設立 (昭和39年) 事業内容 食品製造販売及びレストラン経営 代表者 (代表取締役) 資本金 3,000万円 従業員数 130名 主要子会社 蓬莱本館販売株式会社 関係する人物 蔡水池(創業者) 外部リンク 株式会社蓬莱本館は、にある中華レストランの経営のほか、豚まんなどの・の、や、駅売店への卸売りや、が主力事業である。 、ショッピングなど、を通じた通信販売を積極的に行っている。 中華レストランでは豚まんの手作り体験があるほか、やお持ち帰り用の店頭販売も行っている。 販売ルートによって商品や製法および味や形に違いがあり、豚まんの場合はスーパーマーケットが冷凍品又はチルド品でビニールパッケージ、駅売店が冷凍品で赤箱パッケージ、通信販売はチルド品で白箱パッケージで分類されている。 からが冷蔵豚まんのCMに出演している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 551蓬莱. 2018年4月30日閲覧。 蓬莱本館. 2018年4月30日閲覧。 大阪産(もん)名品の会• 東洋経済、2018年8月6日• 台湾新聞、2014年2月20日• YMO写真集『OMIYAGE』での発言より [ ]。 南海電鉄. 2015年9月25日. 2016年5月18日閲覧。 産経ニュース. 2015年10月26日. 2016年5月18日閲覧。 Guinness World Records. 2015年11月5日. 2016年5月18日閲覧。 外部リンク [ ] 551蓬莱• - 蓬莱本館•

次の