生理 を 早める 食べ物。 生理不順を改善する食べ物や飲み物。ホルモンバランスを整える食事メニュー

チョコレートを食べると生理くる?5つの説。医者が勧める生理を早める方法、食べ物、ツボ

生理 を 早める 食べ物

この記事に書いていること• 生理不順を改善する食べ物とは? 生理が来なかったり、不定期だったり、中には病院で診察してもらって生理不順と診断された人もいるでしょう。 一般的に正常とされる生理周期は25日~39日。 それ以外は生理不順とされ、場合によっては治療が必要になることも。 生理不順になる主な原因はストレスや不規則な生活、そして食生活の乱れです。 ストレスの少ない生活を送るのが一番なのですが、仕事をしている以上ストレス回避は到底無理! ストレスを回避しようと必死になり負のスパイラルに陥る可能性すらあります。 それならば、食事を見直して生理不順を改善していきましょう。 ストレスなどで生理不順になってしまうのは、結局のところホルモンバランスの乱れが原因です。 この場合は、日々の食事に気を付けることでホルモンバランスを改善することができるんですね。 そのために摂取して欲しい栄養素は• コレステロール• タンパク質• ビタミンB6• ビタミンE• イソフラボン です。 イソフラボンはよく聞きますが、コレステロールはちょっと意外かも知れませんね。 それぞれ順番に見てみましょう。 女性のホルモンバランスにイソフラボン イソフラボンはエストロゲンという女性ホルモンに似た働きをすることで有名だと思います。 実際に「豆乳を飲む習慣をつけたら生理不順が改善した」という方も多く、効果が期待できる栄養素ですね。 イソフラボンは納豆、豆乳、味噌、豆腐、きな粉などの大豆食品に多く含まれています。 サプリも販売されていて手軽に摂取できるのですが、サプリでの摂取はあまりおすすめできません。 サプリで摂取すると吸収がよく、イソフラボンがストレートに体に入るため、摂りすぎてしまう恐れがあるんですね。 イソフラボンは効果的な反面、摂りすぎると生理の出血量が増えたり、期間が長くなったりします。 過剰摂取もホルモンバランスを崩す原因になってしまうので、食事から摂るようにすることをおすすめします。 コレステロール・タンパク質とホルモンの関係 コレステロール、タンパク質は摂りすぎると生活習慣病の原因になってしまうものですが、逆に少ない場合にはホルモンを生成することが難しくなります。 コレステロールは魚卵系や牛肉などには両方含まれるので、適度に摂取するようにしましょう。 ホルモンバランスを整えるビタミンB6とビタミンE ビタミンB6はホルモンバランスを整えPMS(月経前症候群)の症状を緩和する働きがあり、生理不順にも効果的。 マグロやカツオ、鶏ささみ、納豆、胡麻、バナナなどがビタミンB6を多く含みます。 ビタミンEは血行促進、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。 玄米、ナッツ類、納豆、アボカド、かぼちゃ、ブロッコリーなどに多く含まれます。 女性ホルモンを活性化する亜鉛と鉄分 亜鉛は牡蠣、納豆、ココアなどに多く含まれ、女性ホルモンを活性化してくれます。 そして鉄分と言えば血!ですよね。 血って鉄の味がするというくらいですから。 鉄分が不足することで生理が止まることもあるようで、鉄分を多く含む、ほうれんそうやひじき、レバー、赤身の肉、納豆などを食べるようにしたら生理が再開することもあります。 生理不順の改善におすすめの食材といえば 私がオススメしたい生理不順に効く食べ物は「納豆」です! ビタミンB6、ビタミンE、亜鉛、鉄分全てが豊富に含まれる優秀な食材なんです! 1日に1パック食べる習慣をつければ、無理なく生理不順に効く栄養素が摂取できますね。 スポンサーリンク 生理不順を改善する飲み物とは? 食事と同じように、飲み物にも気を付けたいところ。 女性ホルモンを活性化させる働きのある亜鉛が含まれるココアやハーブティーでリラックスするのもいいでしょう。 イソフラボン目的で豆乳を飲むのも良いですが、食事で納豆やお味噌汁などから摂取している場合には摂りすぎになってしまうこともあります。 豆乳を飲む場合には、1日に200ml程度にしましょう。 とはいえ、飲み物から栄養を摂るのはなかなか難しいものがあるので、基本的には温かい飲み物を摂るようにすればOKです。 生理不順を改善するためには体を温めることも大切。 体を温めることで、血行促進、女性ホルモンと自律神経のバランスの乱れを改善することができるんです。 中でもショウガなどの根菜は体を温める作用があるので代謝アップが期待できます。 スライスした生姜を煮出したり紅茶に入れるだけでもOKですが、乾燥生姜の粉末やジンジャーシロップ、サプリなんかも売ってるので、簡単に効率的に摂取したいなら上手に取り入れるといいですね。 生理不順におすすめ飲み物まとめ 【材料】 ・マグロ 80g ・納豆 1パック ・しそ 2枚 ・刻み海苔 適量 ・醤油 小さじ2 ・ごま油 小さじ2 ・酒 小さじ2 ・酢飯 お茶碗1杯分 ・卵黄 1個 【作り方】 1、マグロを一口大にカットして、醤油と酒、ごま油を加えて混ぜます。 2、味が染みてきたところでよく混ぜた納豆としそを加えて混ぜます。 3、酢飯の上に2を乗せて、刻み海苔と卵黄をのせて出来上がり ホルモンバランスを整えてくれる優秀な食材ばかりのマグロ納豆丼。 温かいお味噌汁と一緒に食べるとより効果的です。 食事から栄養を摂る分には、摂りすぎることはないので積極的に摂りましょう。 サプリと併用してしまうと摂りすぎてしまうのでご注意を! 生理不順を改善する食べ物や飲み物。 ホルモンバランスを整える食事 まとめ 食事を見直せば、思いもよらぬ効果が実感できるかもしれません。 ホルモンバランスが整うと、美容効果も期待できますね。 バランスの良い食事と、温かい飲み物で、ホルモンバランスを整えましょう!.

次の

チョコレートを食べると生理くる?5つの説。医者が勧める生理を早める方法、食べ物、ツボ

生理 を 早める 食べ物

生理を早める食べ物があるって本当? もし、薬を飲まなくても生理のコントロールができるのであれば、自然に生理のスケジュール調整を行いたいものです。 しかし、実際のところは 生理のコントロールを食べ物で行うことは不可能です。 ビタミンCを取ると生理を早めるなどの情報を耳にすることもありますが、これは根拠がないものです。 生理を早めるための医学的根拠を持つ食べ物は、存在しないのです。 確実に生理日の調整を行いたい場合は、 病院を受診し、ピルの処方をしてもらうことが必要です。 食べ物で生理日を調整することは難しいですが、 ピルを使用するにあたっての必要な食事の知識を身につけておきましょう。 ピルの正しい飲み方や使用方法については、お医者さんに尋ねてもらうのが一番ですので正しい処方を必ず受けてください。 生理を早めることができるピルって一体どんなもの? ピルを日常的に飲んでいる方は、避妊目的、月経痛がひどい方、子宮内膜症、生理不順の方など事情はさまざまです。 わたし自身も客室乗務員時代には不規則な生活が続いていたため、ホルモンバランスが悪くなり、ピルを服用していた時期もありました。 なぜピルを飲むと生理をコントロールできるのか? それは エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンのはたらきによって、妊娠したと脳が感知して生理のコントロールを行っているためです。 その結果、排卵が抑制されて、生理が起こらない状態を作り出してくれます。 ピルの服用を中止すれば、排卵は促進されるため生理を誘発してくれるというのがピルの役割でもあります。 つまり、 ピルを飲むタイミングをうまく利用することで生理の調整を行なってくれるのが生理を早める、遅らせることに関係します。 イベントや予定に合わせて生理を調整できるピルは大変便利でもありますが、ピルを飲む場合に食事で気をつけるべきことについて次項お話ししていきましょう。 生理を早めるためにピルを服用するとビタミンが不足する ピルは、月経困難や生理痛緩和、月経移動のために一時的にも使われたりと便利な薬剤です。 しかし、 ピルを飲むことで不足する栄養素があることも知っていますでしょうか。 ピルを飲むことで不足する栄養素はビタミンB群です。 その中でも、 不足するのがビタミンB6です。 ピルを服用すると、アミノ酸のひとつであるトリプトファンの代謝が乱れます。 トリプトファンの正常な代謝には、ビタミンB6濃度が必要になります。 ピルを飲んでいる人と飲んでいない人では、飲んでいない時に比べて 50〜100倍もビタミンB6が必要といわれています。 さらにこのトリプトファンの代謝が乱れてしまうと、 精神的に情緒不安定になったり、神経が過敏になることによって落ち込みが激しくなることもあります。 もしも、ピルを飲み始めてから気分が沈むなという状態があるようでしたら、 ビタミンB群(とくにビタミンB6)の不足を疑ってみてください。 ビタミンB6不足にオススメしたい食べ物 ピルを飲むとビタミンB6が不足しがちとなりますが、ではどういった食べ物を食べた方が良いでしょうか。 ビタミンB6は、肉や魚に含まれていることが多いです。 ピルを飲むと太りやすいという噂がありましたが、これも根拠が確立されていません。 ピルを飲むと太るのでは…と懸念して食事を疎かにしてしまう方もいますが、そういったことをしているとビタミンB群の不足を招いてしまうので注意しておきましょう。 マグロを1cm角に切り、塩こしょうをする。 アボカドも食べやすい大きさに切って、レモン汁を浸す。 玉ねぎはみじん切り。 全ての材料を合わせて、盛り付ける。 和えるだけの簡単メニューです。 女性はアボカド好きな方も多いので、時間があるときに作って冷蔵庫に入れておいてもいいですよね。 生理を早めるためには、食べ物で体調も整えておきましょう ピルで生理を調整するのは、とても便利ではあります。 しかし、自分勝手にピルの服用することは危険! 必ずお医者さんの指示通りの服用し、無理のないように行なっていきましょう。 それと同時に、 ピルで不足してしまう栄養素を補うことで体の負担を軽減してあげましょう。

次の

生理を早める方法はある?試してみたい3つの方法!

生理 を 早める 食べ物

生理の時期は憂鬱な気分になります。 加えて生理痛がひどいと仕事に行くのにも、遊びに出かけるのもおっくうになってしまいますよね。 生理痛とはいっても人それぞれ痛みの表れ方が異なると思います。 ほとんど痛みが出ない方もいれば、起き上がるのも辛いほど激しい痛みが出てくる方もいます。 痛みが酷い場合は月経困難症と呼ばれる病気と診断されることも。 生理痛が起こる原因はいくつか考えられるのですが、 生活習慣によって悪化させているケースも少なくありません。 生理痛対策として効果的なのは生理痛を引き起こしている原因を知ることです。 そしてそれを改善できるような生活習慣に少しずつ変えていきましょう。 生理痛がひどいとお薬を飲んで痛みを和らげる方もいますが、食べ物でも緩和することができます。 生理痛対策に役立つ食べ物と、生理痛を悪化させる食べ物について紹介していきますので参考にしてみてください。 生理痛が起こる原因を知っておくと対策を取るのにも役立つと思いますよ。 生理活性物質の分泌量が多い プロスタグランジンはホルモンの一種なのですが、この分泌量が増えると生理痛が起こる、痛みがひどくなると言われています。 妊娠が成立しなかったときに生理が起こるのですが、妊娠に備えて蓄えていた血液を子宮から排泄しようと働くのがこのプロスタグランジンです。 このプロスタグランジンの分泌量が多いと子宮の収縮が激しくなるので、それに伴って痛みが強く出てくるようになります。 プロスタグランジンが厄介なのは、生理痛を引き起こすだけでなく• 腰痛 といった、下腹部以外の部分の痛みも誘発してしまう点です。 子宮の発達が未熟である 下記のような場合は、子宮の子宮の発達が未熟であり子宮の出口も狭いのです。 生理を迎えたばかりの女の子• 出産経験のない若い女性 は、そのため経血がスムーズに排泄されにくくなるため、子宮を強く収縮させて血液を排泄しようとします。 これが生理痛を引き起こしているのです。 それを押し出すために先ほど述べたホルモンであるプロスタグランジンが多く分泌されるようになるため、子宮が強く収縮して痛みが出てくるのです。 ストレスで生理痛が酷くなる 強くストレスを受けると、ホルモンの分泌をコントロールしている自律神経の働きが鈍化します。 それに伴って血流が悪くなってしまって冷えが起こり、生理痛をひきおこし、悪化させてしまうのです。 薬に頼らず生理痛を緩和しよう!生理痛対策におすすめの食べ物 生理痛を引き起こす原因がわかったら、今度はその対策を考えてみましょう。 生理痛緩和には食べ物もおすすめです。 生理痛緩和に効果のある食べ物を紹介していきますね。 生理痛の原因、冷えを改善する!体を温めてくれる食べ物 冷えによって生理痛が酷くなりますので、食べ物で体を温めてあげましょう。 生姜 温め食材として超有名。 お味噌汁、おかずでもなんにでも生姜を入れれば体を温める食べ物に変わります。 生姜をすりおろすのが面倒なときは生姜パウダーを使うと楽ですよ。 冬野菜や根菜類 野菜全般は美容と健康に良いと思われていますが、種類によっては体を冷やしてしまいます。 ネギ といった冬野菜や寒い地域で主に取れる野菜は、体を温めてくれます。 逆にトマトやナス、きゅうりといった夏野菜は体を冷やすのでおすすめできません。 あとは、• ゴボウ• レンコン などの根菜類も体を温めてくれますよ。 果物、ナッツ 果物の中でも、• あんず• オレンジ• サクランボ• グレープフルーツ などは体を温めてくれます。 またナッツ類はビタミンEが豊富で血流を良くしてくれます。 良質なたんぱく質を意識して食べよう! 人間の体はたんぱく質でできていますので、それが不足すると体の機能に不調が出やすくなってしまいます。 生理痛緩和のためにも良質なたんぱく質を意識して食べるようにしましょう。 鶏肉や羊の肉 肉にもいろいろな種類がありますが、質の良いたんぱく源となり体を温めてくれるのは鶏肉、羊の肉です。 青魚 魚を食べるなら• さんま• いわし といったDHCやEPAを多く含む青魚がおすすめ。 青魚は血液をサラサラにしてくれる不飽和脂肪酸がたっぷりと含まれていますので、冷え改善にも働きかけてくれます。 乱れたホルモンバランスを整えてくれるビタミンB群も豊富に含んでいます。 大豆製品 日本人に馴染みの深い味噌、醤油、納豆は全て大豆を原料としてできています。 大豆は良質のたんぱく源であるだけでなく、 女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボンが含まれています。 ホルモンバランスが乱れると生理痛が起こしたり、悪化しやすくなりますので豆乳などの大豆製品からエストロゲンを補給してホルモンバランスを整えましょう。 不足しがちな鉄分を補給しよう! 女性は生理があるので鉄分が不足しがちです。 血液不足が冷えや生理痛悪化につながりますので鉄分を日ごろの食事でしっかりと補給するようにしましょう。 プルーン 乾燥したプルーンや濃縮エキスが販売されています。 ヨーグルトに混ぜて食べると鉄分補給と便秘改善に役立ちます。 レバー レバーも鉄分がたっぷり含まれています。 臭みがあって苦手という方も多いのですが、十分血抜きをする、牛乳で洗うなどして臭みを取ると食べやすくなりますよ。 ひじき 副菜として登場回数の多いひじきも鉄分がたっぷり。 まとめて作っておいて常備菜にしておくといいですよ。 飲み物で生理痛を緩和する 食べ物だけでなく飲み物でも生理痛緩和に効果的なものがあります。 ココア 体を温めてくれるだけでなく、香りによるリラックス効果が得られます。 ストレスがたまっているときや疲れているときに飲んでみましょう。 ハーブティー ハーブティーは美容と健康に良さそうな印象がありますが、それぞれ異なる効能を持っているため種類選びに注意が必要です。 生理痛緩和には数あるハーブティーの中でも• カモミール• ラズベリーリーフ• サフラワー がおすすめです。 少量のアルコール 適度なアルコールは体を温めてくれます。 アルコールでも• 赤ワイン• 日本酒 は体を温めてくれます。 アイスよりもホットで飲んだ方が温め効果が高まりますよ。 食生活の改善が難しい場合はサプリメントを取り入れよう! 不足しがちな栄養素を食事だけで補うことはなかなか難しいですね。 そんなときはサプリメントの力を借りましょう。 数あるサプリメントの中でも特にオススメなのが ムーンラック!• 鉄分の補給に有効な「クエン酸第一鉄ナトリウム」• PMSや生理中のツライ時期を支えるハーブ「チェストベリー」 を始め、8つの成分が配合されており、重くてツライ生理を和らげてくれます。 しかし、砂糖や脂肪分、食品添加物を取りすぎると血液をドロドロにしてしまいます。 血流を滞らせて、生理痛も悪化の要因となってしまいます。 みんな大好きチョコレート 疲れて甘い物が食べたくなったときについつまんでしまうのがチョコレートではないでしょうか。 チョコレートはあの香りをかいでいるだけでも高い癒し効果が得られますね。 ところがチョコレートには、カフェインが含まれています。 カフェインは体を冷やす働きがあるため、生理中に取ってしまうと生理痛悪化の原因になってしまいます。 どうしても甘い物が食べたくなった、チョコレートが食べくなったときはココアで代用するといいでしょう。 コーヒー、紅茶、緑茶などのカフェイン飲料 先ほどチョコレートでも述べたように、カフェインは体を冷やしてしまいます。 ですのでカフェインの含まれる、• コーヒー• 緑茶 生理中は極力飲まないようにするのが望ましいです。 どうしても飲みたいときはノンカフェインのコーヒーや紅茶を飲むようにしたり、コーヒーや紅茶に温め食材の生姜をプラスすることで、体が冷えにくくなりますよ。 冷たい食べ物、飲み物 冷えは生理痛を悪化させる原因です。 体を冷やさないためにも冷たい物や飲み物を極力食べない、飲まないように努めましょう。 暑い時期はアイスクリームやかき氷がおいしい季節ですが、食べすぎると体を冷やします。 食べるのを我慢するのはつらいのですが、• 食べるても少量にとどめる• 温かい飲み物と合わせて食べる などして体を冷やさないように配慮しましょう。 乳製品の摂り過ぎはNG! エストロゲンを増やす乳製品も生理痛の悪化につながると言われています。 チーズ 少量なら問題ありませんが、 大量に食べすぎるとホルモンバランスを乱して生理痛を悪化させてしまいますので、注意しましょう。 少量はOKだけど基本的にダメ!アルコール 先ほど、ワインや日本酒を少量飲むことは体を温めるとご説明しましたが、適量を超えたアルコール摂取は基本的にNGです。 アルコールを分解する際には、ビタミンBとマグネシウムが消費されてしまいます。 ビタミンBはホルモンバランスが乱れやすくなり、貧血予防になるマグネシウムが消費されてしまうと、生理痛が重くなることがあります。 生理中は体の代謝機能が低下しているので、アルコールを分解する肝臓の負担も大きくなります。 その上でアルコールを摂取すると、悪酔いしやすくなるので、生理中のアルコールは控えた方がいいかもしれません。 食べ物、飲み物を変えれば生理痛も改善できる! 今まで酷い生理痛に悩まされていた方、生理痛を酷くしている原因に思い当たる節があったのではないでしょうか。 生理痛は生活習慣次第で軽くすることができます。 まずは食べる物、飲むものから変えて体を温めて、ホルモンバランスを整えてあげましょう。 もちろん特定の食材ばかり偏って食べていると体に必要な栄養が不足することになります。 そうなれば体調を崩しやすくなり生理痛が改善しないだけでなく、他の不調が見られるようになるかもしれないのです。 基本は何でもバランスよく食べることです。 後は生理痛を緩和する食べ物を意識して摂り、悪化させる食べ物に気を付けることです。 これでひどい生理痛もだんだんと和らいでくるはずですよ。

次の