硫化 水素 サン ポール。 硫化水素自殺が止まらない 連鎖「第一号」は香川大生 AERA

サンポールとは

硫化 水素 サン ポール

ポットントイレの便器の汚れが気になります。 そこでよく掃除の仕方で見かける洗剤+ティッシュで汚れをラップして みようと思っています。 古い使われたいなかった便器の汚れなのでサンポールを使用してみたいと思っていますが、 この洗剤の強さが気になります。 そこでサンポール、ティッシュでラップ、ブラシでこする、その後便槽の中に重曹を撒いて 中和をしたいと思っています。 しかし、別の質問サイトである方が、薄めたサンポールで掃除した後、中和したいと考え 重曹水を撒いたが大丈夫でしょうか?とういう質問に 「重曹は水に濡れると弱アルカリ性に変化します。 サンポールがかなり薄まった状態なので運が良かったです。 今日はずっと窓を開けたままにしましょう」 という答えがベストアンサーになっていました。 これは本当なのでしょうか? 私としてはサンポールに重曹がかかると危険というより、酸性の効果がなくなるだけだと 思うのですが、何か危険な化学反応がおこるのでしょうか? しつこいようですがあえて書くことにしました。 >酸性の強いものを(汲み取るまで)便槽に入れっぱなしにしておいて便槽を 痛めるのが心配なため、このような質問をしてしまいました。 サンポールの中に何故塩酸が入っているか、考えてみて下さい。 便器の黄ばみ、汚れ、こびりつきなどを取るためですね。 このようなものが塩酸に溶けるということが前提のはずです。 「塩酸に溶ける」ということは「塩酸と反応する」という事です。 反応した塩酸はもはや塩酸ではなくなってしまいます。 わざわざ中和するということを考えなくても汚れが取れたということ自体で中和と同じことが起こっているのです。 使用するサンポールの量もそれ程多いわけではありません。 容器を手で押してしゅっしゅとふりかけて使うだけでしょう。 買ってきた容器の中身を一度に全部入れてしまうという使い方ではないはずです。 便槽の中には塩酸と反応するものがたくさんあるはずです。 いつまでも酸性が残るといううことは考えられません。 濃塩酸を4倍に薄めた希塩酸というのは中学校で使うものよりは少し濃いだろうと思いますが高等学校の生徒実験では普通に使います。 傷さえなければ手についても何ともありません。 そうでなければスーパーでふつうに売っている商品であるはずがありません。 サンポールの容器のラベルに「酸のちからとマイナスイオンの相乗効果で便器のがんこな黄ばみを化学分解して落とす」と書いてあります。 「マイナスイオン効果」という怪しげな、根拠のない言葉が使われているのを見てうんざりしてしまいました。 でもこれを見て買う気になったという人もいるでしょうね。 #3です。 #3では塩酸についてだけ書いて発生した二酸化炭素について書くのを忘れていました。 #4様が書いておられるように重曹を使うことは無駄なだけです。 スプーン一杯程度の重曹であれば蕨のあく抜きに使う時と同じぐらいでしょう。 「窓を開けて使う事」なんていう注意書きはありませんね。 ホットケーキミックスの中にも入っています。 ふくらし粉の主成分です。 ホットケーキが膨れるのは二酸化炭素が出てくるからです。 この場合、酸がなくても発生します。 熱分解です。 ふくらし粉(ベーキングパウダー)を入れすぎるとパンやホットケーキに苦みが出て来ることがあります。 それにしても「塩酸と重曹が混ざると危険である」というような回答を書く人がいるのですね。 #4の方のお礼にも書きました通り、酸性の強いものを (汲み取るまで)便槽に入れっぱなしにしておいて便槽を 痛めるのが心配なため、このような質問をしてしまいました。 みなさんの回答を拝見しましたところ、中和には問題がないようですが、 意味がないようなので重曹はやめておきます。 ただサンポールの強さがやはり気になりますので、汲み取りの前日に 大掃除を決行してみようと思います。 それまでは嫌ですが、見て見ぬふりをしようかと・・・・。 >それにしても「塩酸と重曹が混ざると危険である」というような回答を書く人がいるのですね。 そうなのです! 「もしかすると二酸化炭素の発生を注意するため?」とみなさんの回答を読んでそのようにも 思いましたが、あの書き方ではまるで硫化水素のような危険なものが発生するように 感じられますよね? 「何が」発生するか書いてくださってないので、はっきりとは分かりませんが・・・。 #2 >塩素は出ると思います、 塩酸を使えば「塩素」が出ると思っておられるようですが、・・・見当違いです。 酸化剤が無い限り塩素は発生しません。 普通「塩素が出るので注意すること」というのは「塩素系の漂白剤を塩酸と一緒に使ってはいけない」という意味です。 酸と炭酸塩の反応です。 重曹に酢をかけても出てきます。 実験用の試薬として売られている濃塩酸でも濃度は37%です。 サンポールの容器に書いてある濃度は「95%」ではなくて「9.5%」です。 市販の濃塩酸を約4倍に薄めています。 これでも結構濃いです。 サンポールは殆ど塩酸が主成分です、お使いの際塩素が発生するので窓は開けて使う事が前提です、中和炭酸の方がよいかもしれませんが、塩酸と反応すると水と、塩と水になりますから、その点は大丈夫ですが、サンポール自体の使用方法を良く見て中和する必要はないと思いますので、説明に従ってください、ただ、塩素は出ると思います、酸性の効果がなくなればトイレの黄ばみとかは取れないと思います、質問の化学反応は中和反応です水と塩が出ますが熱によって重曹は炭酸ガスも出ます反応自体よりサンポールは塩酸(HCL)95%なのでサンポール自体から出る塩素に気を付ける事が大事です窓はあけたままにして作業しその後刺激臭があればなくなるまで外窓等は開けたままにした方がよいと思います。

次の

サンポールとは

硫化 水素 サン ポール

ポットントイレの便器の汚れが気になります。 そこでよく掃除の仕方で見かける洗剤+ティッシュで汚れをラップして みようと思っています。 古い使われたいなかった便器の汚れなのでサンポールを使用してみたいと思っていますが、 この洗剤の強さが気になります。 そこでサンポール、ティッシュでラップ、ブラシでこする、その後便槽の中に重曹を撒いて 中和をしたいと思っています。 しかし、別の質問サイトである方が、薄めたサンポールで掃除した後、中和したいと考え 重曹水を撒いたが大丈夫でしょうか?とういう質問に 「重曹は水に濡れると弱アルカリ性に変化します。 サンポールがかなり薄まった状態なので運が良かったです。 今日はずっと窓を開けたままにしましょう」 という答えがベストアンサーになっていました。 これは本当なのでしょうか? 私としてはサンポールに重曹がかかると危険というより、酸性の効果がなくなるだけだと 思うのですが、何か危険な化学反応がおこるのでしょうか? しつこいようですがあえて書くことにしました。 >酸性の強いものを(汲み取るまで)便槽に入れっぱなしにしておいて便槽を 痛めるのが心配なため、このような質問をしてしまいました。 サンポールの中に何故塩酸が入っているか、考えてみて下さい。 便器の黄ばみ、汚れ、こびりつきなどを取るためですね。 このようなものが塩酸に溶けるということが前提のはずです。 「塩酸に溶ける」ということは「塩酸と反応する」という事です。 反応した塩酸はもはや塩酸ではなくなってしまいます。 わざわざ中和するということを考えなくても汚れが取れたということ自体で中和と同じことが起こっているのです。 使用するサンポールの量もそれ程多いわけではありません。 容器を手で押してしゅっしゅとふりかけて使うだけでしょう。 買ってきた容器の中身を一度に全部入れてしまうという使い方ではないはずです。 便槽の中には塩酸と反応するものがたくさんあるはずです。 いつまでも酸性が残るといううことは考えられません。 濃塩酸を4倍に薄めた希塩酸というのは中学校で使うものよりは少し濃いだろうと思いますが高等学校の生徒実験では普通に使います。 傷さえなければ手についても何ともありません。 そうでなければスーパーでふつうに売っている商品であるはずがありません。 サンポールの容器のラベルに「酸のちからとマイナスイオンの相乗効果で便器のがんこな黄ばみを化学分解して落とす」と書いてあります。 「マイナスイオン効果」という怪しげな、根拠のない言葉が使われているのを見てうんざりしてしまいました。 でもこれを見て買う気になったという人もいるでしょうね。 #3です。 #3では塩酸についてだけ書いて発生した二酸化炭素について書くのを忘れていました。 #4様が書いておられるように重曹を使うことは無駄なだけです。 スプーン一杯程度の重曹であれば蕨のあく抜きに使う時と同じぐらいでしょう。 「窓を開けて使う事」なんていう注意書きはありませんね。 ホットケーキミックスの中にも入っています。 ふくらし粉の主成分です。 ホットケーキが膨れるのは二酸化炭素が出てくるからです。 この場合、酸がなくても発生します。 熱分解です。 ふくらし粉(ベーキングパウダー)を入れすぎるとパンやホットケーキに苦みが出て来ることがあります。 それにしても「塩酸と重曹が混ざると危険である」というような回答を書く人がいるのですね。 #4の方のお礼にも書きました通り、酸性の強いものを (汲み取るまで)便槽に入れっぱなしにしておいて便槽を 痛めるのが心配なため、このような質問をしてしまいました。 みなさんの回答を拝見しましたところ、中和には問題がないようですが、 意味がないようなので重曹はやめておきます。 ただサンポールの強さがやはり気になりますので、汲み取りの前日に 大掃除を決行してみようと思います。 それまでは嫌ですが、見て見ぬふりをしようかと・・・・。 >それにしても「塩酸と重曹が混ざると危険である」というような回答を書く人がいるのですね。 そうなのです! 「もしかすると二酸化炭素の発生を注意するため?」とみなさんの回答を読んでそのようにも 思いましたが、あの書き方ではまるで硫化水素のような危険なものが発生するように 感じられますよね? 「何が」発生するか書いてくださってないので、はっきりとは分かりませんが・・・。 #2 >塩素は出ると思います、 塩酸を使えば「塩素」が出ると思っておられるようですが、・・・見当違いです。 酸化剤が無い限り塩素は発生しません。 普通「塩素が出るので注意すること」というのは「塩素系の漂白剤を塩酸と一緒に使ってはいけない」という意味です。 酸と炭酸塩の反応です。 重曹に酢をかけても出てきます。 実験用の試薬として売られている濃塩酸でも濃度は37%です。 サンポールの容器に書いてある濃度は「95%」ではなくて「9.5%」です。 市販の濃塩酸を約4倍に薄めています。 これでも結構濃いです。 サンポールは殆ど塩酸が主成分です、お使いの際塩素が発生するので窓は開けて使う事が前提です、中和炭酸の方がよいかもしれませんが、塩酸と反応すると水と、塩と水になりますから、その点は大丈夫ですが、サンポール自体の使用方法を良く見て中和する必要はないと思いますので、説明に従ってください、ただ、塩素は出ると思います、酸性の効果がなくなればトイレの黄ばみとかは取れないと思います、質問の化学反応は中和反応です水と塩が出ますが熱によって重曹は炭酸ガスも出ます反応自体よりサンポールは塩酸(HCL)95%なのでサンポール自体から出る塩素に気を付ける事が大事です窓はあけたままにして作業しその後刺激臭があればなくなるまで外窓等は開けたままにした方がよいと思います。

次の

サンポールで尿石を落とす2つのステップ。効果を抜群に発揮する方法

硫化 水素 サン ポール

サンポールで尿石を効果的に落とす3つのステップ サンポールは、昔からある酸性のトイレ洗浄・除菌剤ですよね。 サンポールは酸性なので、尿石汚れの原因であるアルカリ性成分を分解して落とすことができます。 ただし注意しなければならないのは、樹脂製のトイレで使用すると便器を傷つけてしまう恐れがあることです。 サンポールを使った尿石の掃除をする前には、ご使用のトイレの材質を確認すると安心です。 では、ドラッグストアなどで購入できるサンポールを使ってどのように尿石を落としていくのかご紹介します。 まずは次の動画をご覧ください。 和式トイレの尿石の落とし方ですが、しつこい尿石汚れがサンポールを使って落ちる様子が分かります。 ステップ1:トイレの水を抜く・乾いた状態にする サンポールを使って黄ばみ汚れを落とす際には、トイレの水を出来るだけ抜いておくことをおすすめします。 尿石部分が水に浸かっていると洗浄剤の成分が薄まってしまうため、効果も弱くなってしまいます。 トイレの止水栓を閉めて、灯油用のポンプを使てバケツに移すと便器の中の水を抜くことができます。 便器の縁裏の尿石除去の際は、サンポールを使う前に、水は流さないようにしましょう。 これもサンポールが薄まる原因になるので、なるべく乾いた状態でサンポールを塗布しましょう。 ステップ2:尿石汚れにサンポールをかける 尿石にサンポールをかけます。 尿石汚れが酷い場合は、 トイレットペーパーを黄ばみ部分に被せてその上からサンポールをかけます。 こうすることでパックの効果で、サンポールが尿石に密着・分解してくれます。 トイレットペーパーでパックをするのは意外と難しいです。 紙なので、便器の縁に張り付いてくれないので、固定するのが非常に難しいです。 また、サンポールをかけるとトイレットペーパーが破れてしまうので、作業が上手くはかどらずイライラするなんて事もあります。 そこで、 サランラップを使ってパックする方法があります。 サランラップの場合、便器にくっつくのと、破れる心配がありません。 作業効率を考えると、トイレットペーパーでパックするより、サランラップでパックする方が楽です。 サンポールは横向きノズルですので、噴射方向に気を付けてください。 ステップ3:尿石をこする サンポールパックが終わったら、尿石が取れやすくなっているので、スコッチブライトなどの硬めのスポンジ(たわし)でこすり落とします。 この時に、サンポールを着けながらこすり落とすとさらに効果的です。 擦り終わったら流して終了です。 それでも落ちない場合は、ステップ1~3までを何度か繰り返すとだんだん落ちてきます。 サンポールで尿石を落とす際の注意点 他の洗剤と混ざらないようにする サンポールは酸性の洗剤です。 漂白剤やカビ取り剤などの塩素系洗剤や、硫化物を含む洗剤と混ざってしまうと、化学反応を起こし有毒なガス(塩素ガス・硫化水素ガス)等が発生します。 そのため、サンポールを使うときは、他の洗剤と混ざらないように使いましょう。 換気を十分にする 掃除中はサンポールの臭いでトイレ内が充満します。 なので、換気扇をつけて、ドアも開けた状態で換気を良くしてから使いましょう。

次の