私 たちは どうか している ネタバレ 60。 私たちはどうかしている 最新 60話 ネタバレ 感想 多喜川衝撃の告白

『私たちはどうかしている』11巻のネタバレ!七桜を取り巻く状況に変化が!?

私 たちは どうか している ネタバレ 60

《ネタバレあらすじの内容をざっくりと解説!》 栞は七桜の腕を掴んでいました。 七桜は驚いた様子で栞を見つめます。 そしてー。 七桜と栞は、近くの店で、お茶をすることになりました。 栞は七桜に、いままでどうしていたのか、と尋ねます。 七桜は答えました。 東京のお店で修行していたこと。 そして3ヶ月前にやっと自分のお店を持てるようになり、金沢に戻ってきたこと。 自分のことを話し終わると、こんどは七桜が、栞さんはどうしてるんですか?と聞き返します。 栞は答えました。 結婚の話はなくなったこと。 そして、今は光月庵で働かせてもらっていること。 七桜は驚き『栞さんが看板娘なら客さんも喜びそう』とにっこり笑いました。 栞は動揺します。 (どうして?七桜さんはどうして笑顔でいられるの?椿さんのことも…もう何とも思ってないような…) 栞は少しためらいながらも七桜に尋ねました。 『七桜さんのお店…市内ってことは光月庵からも近いですよね。 気にならないんですか?お客さまの奪い合いとか…』 七桜はにっこり笑って、気にならないですよ、と言います。 七桜は、むかし自分が光月庵に持っていった「新月」の羊羹の話を始め、そして最後にこう言いました。 『いまの光月庵はまさにそんな感じ。 暗闇でなにも見えていない。 いまの御菓子。 椿さんはほとんど作ってないですよね』 栞は固まってしまいます。 『それは…店主の代わりになって帳簿の仕事が多いし、お得意さまの挨拶回りもあってお忙しいから…』 しかし七桜は続けます。 『いちばん美しくて美味しい御菓子を出す。 それ以上に大事なことってあるんですか?作れるのに作らない。 店の名前にあぐらをかいてお客さまを甘く見てる。 そんな店に負ける気しないから』 栞はガタンと席を立ち、七桜を見つめて言いました。 『そんなことないです。 光月庵は立派な…誇れるお店です。 ー…っ、お代は置いていきます。 』 栞は七桜にお辞儀をして去っていきました。 七桜は席に座ったまま呟きました。 『誇れる店…ずっと一途に想い続けてるなんて…すごいね…栞さん…』 七桜がむかし光月庵に持っていった「新月」の羊羹とは 七桜が、椿と栞の結婚式の席に持参した御菓子です。 (漫画ので描かれています。 ) はじめのころ、椿に『俺と結婚しない?』と持ちかけられ、『本気なら来い。 手土産もな』と言われて、七桜が持参した御菓子が新月の羊羹でした。 七桜は当時、新月の羊羹にこんな想いを込めていました。 光月庵は特別ではない。 月がなくても、つまり、「光月」庵がなくても、和菓子の世界は美しいのだ、と。 (当時の七桜は椿に『光月庵は特別ではない』という挑戦状を突きつけたのですね!) そのときのことを七桜はふたたび思い出すのでした。 それでは、続きのネタバレをどうぞ。 《ネタバレあらすじの内容をざっくりと解説!》 ー光月庵で。 椿は、記者の高橋との会話を思い出していました。 高橋『18年前、光月庵の若旦那が何者かに刺されて亡くなった。 その若旦那には妻のほかに女の影があった。 それに逆上した女将が夫をグサリ。 そんな真相があったら…結構スリルある記事になると思うんですよね』 椿『あの事件には容疑者がいたんですよ』 高橋『ええ、職人の女性。 でも、それが間違いだったら?』 椿『…そこまで調べてるなら、知ってるでしょう。 女将にはアリバイがある』 椿は店頭で接客をしている女将を見やりました。 (そうだ。 あの夜、女将はお父さまの部屋には行っていない。 それは俺がいちばんよく知っている。 どうして…なんでいまさら、そんな話が出てくるんだー?) 事件当日の女将にはアリバイがある、ということが判明しました。 女将のアリバイが本当であれば、旦那さまを殺した犯人は別に居るということになります。 女将のアリバイの内容とは? 女将のアリバイについてはで明かされています。 《ネタバレあらすじの内容をざっくりと解説!》 ー花がすみの店内で。 多喜川が、珈琲を片手に穏やか表情で、本を読んでいます。 そこへ七桜が帰ってきました。 突然の雨に襲われたようで、七桜はずぶ濡れです。 慌てた多喜川は七桜にタオルをかぶせました。 七桜は、栞に会った、と多喜川に話します。 七桜は下をうつむいたまま言いました。 『突然だったから、ちょっと動揺しちゃって…余計なこと言ったかもしれない。 でも大丈夫。 私と会ったこと、栞さんは椿に言わないと思うから』 多喜川は七桜が泣いていると思って抱き寄せますが、七桜は泣いているわけではありませんでした。 『あれ?七桜ちゃん泣いてるんじゃないんだ。 なぁんだ、せっかくボクの出番がやってきたと思ったのになー』 多喜川は冗談めかして言うと、七桜は多喜川を押しやり呟きます。 『泣くわけない。 私がどんな想いをしてきたか。 多喜川さんがいちばんよく知ってるでしょ』 多喜川は黙って七桜の言葉に耳を傾けるのでした。 ーそして栞と再会を果たした3日後。 五月雨亭の選定会で、花がすみの御菓子が選ばれました。 女将は、光月庵の御菓子が選ばれなかったと知り、手を震わせ動揺します。 椿は淡々と言いました。 『もう決まったことです。 でもまだ五月雨亭主催の新春園遊会の御菓子は決まってない。 来週その選定会がある。 その御菓子は俺が作ります』 一方、五月雨亭主催の新春園遊会の話は、花がすみにいる七桜のもとにも届いていました。 七桜は電話越しに何やら話をしています。 『新春園遊会ですか?もちろん、そちらも参加させていただきます』 そしてー。 『…え?光月庵の若旦那が?…そうですか。 』 どうやら新春園遊会に椿が御菓子を出すことを知った様子。 新春園遊会の御菓子のテーマは、なんと「月」でした。 七桜は、電話に応じながら、心の中で呟きました。 『ええ、楽しみにしていると伝えてください。 』 (譲れないものがある。 人には些細なことかもしれない。 でも私には生きる意味なのー。 ) 3年を経て、七桜はふたたび姿を現しました。 五月雨亭の茶会の御菓子は、椿がを山口に御菓子を任せた結果、落選。 五月雨亭の茶会の御菓子には、七桜が作った花がすみの御菓子が選ばれました。 これで光月庵の評判に傷が付いたのは間違いありません。 椿は、五月雨亭の新春園遊会の御菓子は、自分が作ると言いました。 一方、七桜も新春園遊会の御菓子は、椿が作ってくるのだと知るのです。 ここから椿と七桜の戦いが始まります。 電子版特典では、紙面漫画にはないオリジナル・ショートストーリーが掲載されています。

次の

『私たちはどうかしている』 第60話のネタバレ&最新話。迷い込む七桜

私 たちは どうか している ネタバレ 60

『 私たちはどうかしている』は安藤なつみ先生による漫画で、「BE・LOVE」にて連載中です。 2020年7月からは浜辺美波さんと横浜流星さんのダブル主演でのドラマ化が予定されており、今注目されている作品といっていいでしょう。 今回は『私たちはどうかしている』11巻のネタバレ記事です。 『私たちはどうかしている』11巻のネタバレ! 七桜は自分が大旦那に光月庵の正当な後継の子供であると話しますが、大旦那は倒れてしまうところから11巻は始まります。 椿がやってきて、懸命な救急手当てをします。 女将もその場に来て、七桜が大事に持っていた母からの手紙を目の前でビリビリに破きます。 なぜならそれこそが、 七桜が正当な後継の子であるという証拠だったからです。 しかし大旦那は七桜とふたりにしてほしいと女将と椿を外に出し、七桜は証拠にと大旦那に自分が作った和菓子を渡します。 それを食べた大旦那は納得をせざるを得ませんでした。 大旦那は自分が七桜の父母にしてきたことを七桜に語ります。 そしてそれでも自分のことを許せるのか尋ねます。 七桜は許せないが、だからこそ光月庵が欲しいと言います。 考えた大旦那は、椿と七桜に「大晦日の日により美味しく魂をふるわす和菓子を作ってきたものに光月庵を譲る」と言い渡します。 果たして椿と七桜の決着はどうなるのか…?! 『私たちはどうかしている』11巻の感想 ようやく七桜が大旦那に自分が正当な後継の子であると告白し、さらに話は展開をしていきます。 七桜はようやく、父と母は愛し合ったいたのになぜ一緒に住むことができなかったのか、自分の祖父にあたる大旦那の口から聞きます。 そして店がもしかしたら七桜にとられるかもしれない、とますます危機感を募らす女将にもハラハラしますが、そんな様子に対して椿は「自分が必ず勝つ」と宣言する様はかっこいいです。 その一方多喜川さんが奮闘する七桜のサポートをし、プロポーズまでしてしまいます。 告白でもなくプロポーズとは突然の展開の早さに驚きです。 ついに正式な跡取りが誰となるのか、椿と七桜の関係はどうなるのか、この漫画の重要なポイントがどちらも動き始めて、ますます目を離すことができません。 と同時に椿と七桜の決戦での双方の和菓子の描写はみごとなもので、まるで今和菓子を食べているような感覚になるほど、リアルに繊細に描かれています。 『私たちはどうかしている』をお得に読みたいなら以下のサイトがおススメです。 ebookjapanならお得に読める? は日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あの ヤフー株式会社が運営するサービスです。 ebookjapanでは初回限定で 50%OFFクーポンが獲得できます。 購入金額 税込 の50%分 最大500円分 が値引きされます。 初回ログインから 60日後まで有効で、期限内であれば 6回まで使えます。 割引額は最大500円分なので、合計額が1000円以上になるように買うといいでしょう。

次の

私たちはどうかしている【60話】最新話のネタバレと感想!激突!椿VS.多喜川

私 たちは どうか している ネタバレ 60

私たちはどうかしている【第60話】のネタバレ 遺影 夕子に七桜の母親を演じるよう頼んだ多喜川に、何が目的なのか問い詰める椿。 しかし多喜川は、椿に話す必要はないと言って背を向ける。 一方七桜は、椿を探して多喜川の屋敷を探していると、大きな仏間を見つける。 そこには遺影の数々が壁に飾ってあり、厳かな雰囲気が漂っていた。 さらにその奥へと進むと、またしても遺影と人形が飾られている和室が。 足元には遺影の一つが置かれており、写っている人物の目元は、椿と似ていると思う七桜だった。 メールの送り主は誰だ その人物は薫の父だと、突然現れた由香莉が告げる。 帰ろうとする七桜に対し、自分には一生を誓った相手を裏切ることはできず、それは薫も同じで、だからこそ今でも家族を裏切った父を許せないのだと語る由香莉。 多喜川の父は光月庵の女将、今日子に夢中だったことを聞かされた七桜は、椿と多喜川が兄弟にあたるのではないかと推測した。 由香莉は、父の不倫に悩んでいた多喜川をよく励ましていたという。 何も知らないのだと言われた七桜は、多喜川は優しくて暖かい人だということは知っていると反論。 すると由香莉は、七桜がかつて和菓子屋で住み込みで働いていたが、ある日送られてきた一通のメールで店を追い出されたことを話す。 そして そのメールには、七桜の母親が人殺しであると書かれていたことまで由香莉は知っていたのだ。 真実 そこへちょうど、多喜川と椿がやってくる。 多喜川は七桜を連れ出そうとするが、七桜は本当のことを言ってほしいと告げると、観念したのか、彼は語り始めた。 この部屋は母が亡くなるまで閉じこもっていた部屋であり、朝から晩まで人形に話しかけていたという。 母は根っからの世間知らずで、この家と父の存在が全てだったが、父に裏切られてしまい壊れてしまった母は、絶望の中死んでいった。 一方今日子は、勝ち誇ったように華やかな舞台の上におり、それが忌々しかったと語る椿。 そんな時に七桜のことを知り、この子なら女将を追い出せると思った多喜川は、 和菓子屋にあのメールを送ったのだと告白した。 18年前の事件 全ては自分に光月庵を奪わせるためだったのだと恐る恐る聞くと、多喜川はコクリと頷いた。 唯一の味方だと信じていた多喜川に裏切られ、動揺を隠しきれない七桜。 今にも倒れそうな七桜を、多喜川が支えようとするが、七桜はその手を払い、走り去ってしまった。 光月庵に戻った七桜だが、なにを信じればよいのかわからないと落ち込んでいた。 そこへ椿が現れ、彼女を無理やり厨房へと連れていく。 明日も店は開き、武六会のお菓子作りも待ってくれない。 それなのに、あそこで座ったままでいるのかと話す椿。 その言葉に勇気づけられた七桜は、椿と明日の仕込みへ。 そんななか、多喜川も18年前の事件で人生が変わっており、自分たちだけの問題だと思っていたと話す七桜。 椿は、あの朝どうしてあの庭にいたのか七桜に尋ねる。 母を探しにいったと嘘をつく七桜。 そこで、 庭に佇む女将を見たと話す。 だが、 椿は朝まで同じ部屋で寝ており、アリバイがあるという。 自分の見間違いだったかと思う七桜。 女将が直接やったのではなく、誰かに頼んだ可能性があると口にした彼女の脳裏には、今日子に夢中だったという 多喜川の父の姿が浮かんだ。 そこで言葉を失う七桜。 自分たちはもう一度、18年前のあの日に戻るべきかもしれないと思うのだった。 月額1,990円 税別 が 31日間無料!解約も簡単!• 無料体験で 600円分の漫画が読める!• 映画やアニメ・ドラマが見放題!さらに、 人気雑誌も読み放題• 月額会員になると毎月1,200P付与!さらに、 全作品購入費用最大40%ポイントバック!• 4人までアカウントシェア可能!1人あたり実質500円 U-NEXTは、国内最大級の動画配信サービスです。 無料トライアルで31日間無料で動画を見ることができます。 登録時に600ポイントもらえるので、 私たちはどうかしているを1巻無料で読めちゃいます。 31日経過すると、月額1,990円かかってしまいますが、解約すればもちろん料金はかかりません。 解約はわずか1分でできるのも手間がなく魅力。 また、動画配信サービスであるため、 映画やアニメが見放題なのも評価ポイントです!• 月額1,922円 税込 が 30日間無料!• 無料期間で 600円分の書籍&1,000円分の映画を楽しめる!• お得なクーポンが毎月もらえる! 100%OFFも!• スポーツや音楽の専門チャンネルも見放題!• ダウンロード可能でどこでも作品を楽しめる! music. jpは、国内最大級の総合エンタメサービスです、音楽だけでなく、動画やマンガも楽しむことができます。

次の