ワイヤー ハーネス シェア。 ワイヤーハーネス・電装品|製品情報|住友電工

ワイヤーハーネスの市場シェアは — ワイヤーハーネスなら茨城県のシンコウ産業

ワイヤー ハーネス シェア

自動車用ワイヤーハーネスの大手サプライヤーとして、全世界市場でシェアトップクラスを誇る矢崎総業(以下、矢崎)。 電子制御機構のネットワークをつかさどり、「クルマの神経」といわれるワイヤーハーネスは近年で大幅に進歩。 同社は、電線の細線化(最も細いものは0. 13平方ミリメートル!)や回路の高効率化、コネクタの軽量化と耐久性アップ、車両ネットワークの再編成などを達成し、世界中の完成車メーカーから大きな信頼を獲得している。 ここで1つの疑問が湧き起こる。 なぜ矢崎は、世界中のクルマ開発のプロをうならせるワイヤーハーネスを作り出すことができるのか。 開発現場でらつ腕を振るう4人のエンジニアに、矢崎のワイヤーハーネス開発の現場について聞いた。 神戸 真 氏 自動車機器技術開発室 材料開発センター 第一材料開発部 2001年に新卒で入社。 矢崎製品の材料開発を担う現在の部署で、ワイヤーハーネスに使われる電線の被覆材の開発を担当する。 静岡県裾野のY-CITYに家族4人で暮らす まずは、皆さんの仕事内容から教えてください。 加藤氏:私はトラックに組み込むワイヤーハーネスの開発設計を担当しています。 国内外の完成車メーカーの技術者とやりとりしながらの仕事ですので、設計自体はもちろん、顧客側とのコミュニケーションにも気を使っています。 宮川氏:私は光通信用のワイヤーハーネスをつなぐコネクタの開発設計に従事しています。 たくさんの情報を高速で処理する光通信が車両ネットワークとして使われるようになったのは、ここ最近。 今は欧州の完成車メーカーが主な仕事相手です。 西原氏:私はいわゆる転職組で、以前の会社ではラジエーターなどに使うゴムホースの開発を担当していました。 2006年に矢崎に入社してからは、材料開発センターでコネクタに使用する樹脂材の開発を行っています。 神戸氏:私は電線の被覆材の材料開発を手掛けています。 メインの素材はオレフィン系。 プラスチック材の中では比重が軽く、軽量化などに効果があるのですが、一方で硬いという特徴を持っています。 これをより扱いやすくするのが、私の今の仕事です。 皆さんそれぞれ、ワイヤーハーネスに関するさまざまなパーツに携わっているんですね。 加藤氏:そう。 そこが矢崎の大きな特徴で、電線、コネクタ、プロテクター、ジャンクションブロック、テープ、コルゲートチューブ、電子部品、メーターなど、ワイヤーハーネスにかかわる主要部品をすべて自社内で設計、開発、製造しています。 そうすると……。 ワイヤーハーネスの仕組み全体が細かく理解できる。 加藤氏:その通り。 そうするとワイヤーハーネス全体を考えながら、各パーツ開発ができ、結果的にはトータルでの品質管理や製品自体の進化につながるわけです。 今の加藤さんの発言に全員うなずいていらっしゃいますね。 宮川氏:トータルで品質管理ができると、トラブルへのリアクションも早くなりますよ。 ここが問題だから、品質管理部と共同で解決しようとか。 生産現場の方と相談することもありますよね? 神戸氏:ありますね、ちょっと怖い方もいらっしゃいますが(笑)。 迷ったときに相談できる人は多いですよ。 あと、ワイヤーハーネス全体の情報の共有もしっかりしています。 西原氏:確かに。 製品開発の連続性を感じられるって良いですね。 「自分が開発した材料が、ワイヤーハーネスのどこに使われ、どんな効果をもたらすか」が分かっているだけで、目の前の仕事の目的がつかめますから。 加藤孝幸 氏 自動車機器技術開発室 開発センター 第二開発設計部 工学博士 1994年に新卒で入社し、材料開発センターに配属。 6年ほど長崎の大学共同研究員として派遣され、粉黛の研究に従事し、工学博士号を取得する。 2005年より現職 現在の仕事内容に関して、やりがいや面白さって何ですか? 西原氏:私の場合は樹脂材の奥深さを知ったことでしょうか。 コネクタの小型化、軽量化などで、樹脂材が担う役割は本当に大きい。 あと、成型の加工時間短縮や生産性の向上なども重要な課題となってきます。 苦労も多いですが、やりがいがありますよ。 宮川氏:私は自分が開発した光コネクタがきちんと機能して、生産現場やお客さまに納得してもらえた時に、この仕事の面白さを感じますね。 あと、光通信は今後の車両ネットワークの発展に欠かせないものですから、その先端分野に携わっていることもやりがいです。 神戸氏:私のやっている被覆材の材料開発は、例えばパンを作る工程と同じだと思っています。 水、粉、塩、砂糖などをどのように配合しておいしいパンを作るか。 被膜材という組成物を仕上げるのにも、さまざまな素材の配合を自分の加減で作るわけです。 このプロセスで試行錯誤するのが、本当に面白い。 加藤氏:ウマいたとえですね(笑)。 私の場合は、現代のクルマで重視されている環境や安全などの面で、ワイヤーハーネスはどう貢献できるかを考え、実現したときにやりがいを感じますね。 完成車メーカーの現場エンジニアから、「これは組み付けやすい」とか「軽くなったね」とか言われるとうれしいですよ。 神戸氏:今の加藤さんの話には、矢崎の開発現場の特徴が表れていると思います。 つまり「現場が原点」ということ。 ここでいう現場とは、ユーザー(完成車メーカー)の現場はもちろん、自社のワイヤーハーネスの生産現場も含まれます。 今の意見にまた皆さんうなずきましたね。 西原氏:「現場が原点」という考えは、私の部署内にも浸透しています。 おそらく、ほかの部署でも同じじゃないですか? 加藤氏:分かりやすい例を挙げましょう。 当社ではワイヤーハーネスの軽量化を重視していますが、実はこの目的の中には環境対策などのほかに、現場からの意見も含まれているんです。 完成車メーカーの生産ラインでワイヤーハーネスを組み付ける箇所では、腱鞘炎や腰痛に悩んでいる人がいるという話を聞きます。 こうした考えは、現場が原点だからこそ生まれる発想だと思います。 宮川氏:現場から出た意見は、ワイヤーハーネスに携わる開発部門全体でも情報共有されます。 こうしたデータの蓄積は、非常に豊富ですよ。

次の

ワイヤーハーネス 自動車機器 製品紹介

ワイヤー ハーネス シェア

自動車用ワイヤーハーネスの大手サプライヤーとして、全世界市場でシェアトップクラスを誇る矢崎総業(以下、矢崎)。 電子制御機構のネットワークをつかさどり、「クルマの神経」といわれるワイヤーハーネスは近年で大幅に進歩。 同社は、電線の細線化(最も細いものは0. 13平方ミリメートル!)や回路の高効率化、コネクタの軽量化と耐久性アップ、車両ネットワークの再編成などを達成し、世界中の完成車メーカーから大きな信頼を獲得している。 ここで1つの疑問が湧き起こる。 なぜ矢崎は、世界中のクルマ開発のプロをうならせるワイヤーハーネスを作り出すことができるのか。 開発現場でらつ腕を振るう4人のエンジニアに、矢崎のワイヤーハーネス開発の現場について聞いた。 神戸 真 氏 自動車機器技術開発室 材料開発センター 第一材料開発部 2001年に新卒で入社。 矢崎製品の材料開発を担う現在の部署で、ワイヤーハーネスに使われる電線の被覆材の開発を担当する。 静岡県裾野のY-CITYに家族4人で暮らす まずは、皆さんの仕事内容から教えてください。 加藤氏:私はトラックに組み込むワイヤーハーネスの開発設計を担当しています。 国内外の完成車メーカーの技術者とやりとりしながらの仕事ですので、設計自体はもちろん、顧客側とのコミュニケーションにも気を使っています。 宮川氏:私は光通信用のワイヤーハーネスをつなぐコネクタの開発設計に従事しています。 たくさんの情報を高速で処理する光通信が車両ネットワークとして使われるようになったのは、ここ最近。 今は欧州の完成車メーカーが主な仕事相手です。 西原氏:私はいわゆる転職組で、以前の会社ではラジエーターなどに使うゴムホースの開発を担当していました。 2006年に矢崎に入社してからは、材料開発センターでコネクタに使用する樹脂材の開発を行っています。 神戸氏:私は電線の被覆材の材料開発を手掛けています。 メインの素材はオレフィン系。 プラスチック材の中では比重が軽く、軽量化などに効果があるのですが、一方で硬いという特徴を持っています。 これをより扱いやすくするのが、私の今の仕事です。 皆さんそれぞれ、ワイヤーハーネスに関するさまざまなパーツに携わっているんですね。 加藤氏:そう。 そこが矢崎の大きな特徴で、電線、コネクタ、プロテクター、ジャンクションブロック、テープ、コルゲートチューブ、電子部品、メーターなど、ワイヤーハーネスにかかわる主要部品をすべて自社内で設計、開発、製造しています。 そうすると……。 ワイヤーハーネスの仕組み全体が細かく理解できる。 加藤氏:その通り。 そうするとワイヤーハーネス全体を考えながら、各パーツ開発ができ、結果的にはトータルでの品質管理や製品自体の進化につながるわけです。 今の加藤さんの発言に全員うなずいていらっしゃいますね。 宮川氏:トータルで品質管理ができると、トラブルへのリアクションも早くなりますよ。 ここが問題だから、品質管理部と共同で解決しようとか。 生産現場の方と相談することもありますよね? 神戸氏:ありますね、ちょっと怖い方もいらっしゃいますが(笑)。 迷ったときに相談できる人は多いですよ。 あと、ワイヤーハーネス全体の情報の共有もしっかりしています。 西原氏:確かに。 製品開発の連続性を感じられるって良いですね。 「自分が開発した材料が、ワイヤーハーネスのどこに使われ、どんな効果をもたらすか」が分かっているだけで、目の前の仕事の目的がつかめますから。 加藤孝幸 氏 自動車機器技術開発室 開発センター 第二開発設計部 工学博士 1994年に新卒で入社し、材料開発センターに配属。 6年ほど長崎の大学共同研究員として派遣され、粉黛の研究に従事し、工学博士号を取得する。 2005年より現職 現在の仕事内容に関して、やりがいや面白さって何ですか? 西原氏:私の場合は樹脂材の奥深さを知ったことでしょうか。 コネクタの小型化、軽量化などで、樹脂材が担う役割は本当に大きい。 あと、成型の加工時間短縮や生産性の向上なども重要な課題となってきます。 苦労も多いですが、やりがいがありますよ。 宮川氏:私は自分が開発した光コネクタがきちんと機能して、生産現場やお客さまに納得してもらえた時に、この仕事の面白さを感じますね。 あと、光通信は今後の車両ネットワークの発展に欠かせないものですから、その先端分野に携わっていることもやりがいです。 神戸氏:私のやっている被覆材の材料開発は、例えばパンを作る工程と同じだと思っています。 水、粉、塩、砂糖などをどのように配合しておいしいパンを作るか。 被膜材という組成物を仕上げるのにも、さまざまな素材の配合を自分の加減で作るわけです。 このプロセスで試行錯誤するのが、本当に面白い。 加藤氏:ウマいたとえですね(笑)。 私の場合は、現代のクルマで重視されている環境や安全などの面で、ワイヤーハーネスはどう貢献できるかを考え、実現したときにやりがいを感じますね。 完成車メーカーの現場エンジニアから、「これは組み付けやすい」とか「軽くなったね」とか言われるとうれしいですよ。 神戸氏:今の加藤さんの話には、矢崎の開発現場の特徴が表れていると思います。 つまり「現場が原点」ということ。 ここでいう現場とは、ユーザー(完成車メーカー)の現場はもちろん、自社のワイヤーハーネスの生産現場も含まれます。 今の意見にまた皆さんうなずきましたね。 西原氏:「現場が原点」という考えは、私の部署内にも浸透しています。 おそらく、ほかの部署でも同じじゃないですか? 加藤氏:分かりやすい例を挙げましょう。 当社ではワイヤーハーネスの軽量化を重視していますが、実はこの目的の中には環境対策などのほかに、現場からの意見も含まれているんです。 完成車メーカーの生産ラインでワイヤーハーネスを組み付ける箇所では、腱鞘炎や腰痛に悩んでいる人がいるという話を聞きます。 こうした考えは、現場が原点だからこそ生まれる発想だと思います。 宮川氏:現場から出た意見は、ワイヤーハーネスに携わる開発部門全体でも情報共有されます。 こうしたデータの蓄積は、非常に豊富ですよ。

次の

ワイヤーハーネスの大学

ワイヤー ハーネス シェア

ワイヤーハーネス業界は、これからどうでしょうか。 私は、48歳(男)で業績悪化の理由で解雇されました。 仕事は、購買部 そのあと製造に移動。 部品などの会社です。 求人で募集があったのですが、同じ会社で製造技術や資材管理や資材調達 など多数応募していました。 中国にも何社か関連会社があるのらしいですが 気になるのは、まだ設立して60年くらい社員70人くらいで、同族会社らしいことです。 中国への出張も職種によってはあるらしいのですが、中国語は特に必要だとは、書いてありませんでした。 高卒か職種によっては、電子などの知識があるひとと明記されてました。 こういう状況なので、どこも厳しいとは思うのですが、経験者の方のお話しを参考にしたいので、お願いいたします。 A ベストアンサー 車の設計が商売です。 専門が電装でして、矢崎、住友、古河、Delphi,LEONI,あたりのメーカーさんに作ってもらっています。 ハーネスは数量と値段の関係が複雑で、少量生産の仕向に対して小回りよく対応してくれるメーカーと、少量だと値段が無茶苦茶高くなるメーカーがありますので、製品の特徴だけで使用箇所が決まるわけでは有りません。 それを念頭に置いた上で、あくまでも一担当者としての感想としてお読みください。 矢崎グループ 巨大企業ですので、もちろんあらゆるハーネスが作れますが、特に車内の一般電装品ハーネスが多いように思います。 また、グループ内で作っているコネクタも使い易い 品数豊富 なうえ、挿抜性も良好です。 住友電装 極薄肉電線と090という小型のターミナルを組み合わせた、各種ECU周りのハーネスが得意なイメージが有ります。 車内ECU関係、IPメーター周りのハーネスでの実績多数です。 古河電工 雨にさらされる車外のハーネスやバッテリーケーブル等の大電流ハーネスとして良く使います。 タフな印象があります。 またこれらの箇所は、特にバリエーションが多くなりがち 輸出先によって全部異なる なんですが、結構小回りよく対応してもらえるイメージですね。 Delphi 元はPackardという名前で知られていた、世界最大クラスの電装メーカーで、GMの子会社だった会社です。 アメリカではPackardコネクタならどこの修理屋でも入手可能なため、対米向けのクルマはとにかくPackardコネクタにしてくれ!という要求が強いです。 ただ、日本の事務所が撤退してしまったり、日系メーカーからはちょっと付き合いづらいところがあります。 また、特殊電線や耐熱電線は品揃えが薄いと感じます。 超耐熱電線 LEONI Mocar を使ったエンジン至近のセンサーハーネスを得意とするメーカーです。 車の設計が商売です。 専門が電装でして、矢崎、住友、古河、Delphi,LEONI,あたりのメーカーさんに作ってもらっています。 ハーネスは数量と値段の関係が複雑で、少量生産の仕向に対して小回りよく対応してくれるメーカーと、少量だと値段が無茶苦茶高くなるメーカーがありますので、製品の特徴だけで使用箇所が決まるわけでは有りません。 それを念頭に置いた上で、あくまでも一担当者としての感想としてお読みください。 矢崎グループ 巨大企業ですので、もちろんあらゆるハーネスが作れますが、特に車内の一般... Q 私は今メーカーに絞って就職活動をしていますが、とくにメーカーの中で絞っているわけではありません。 それは、私が日商簿記1級や公認会計士試験の短答式に合格している事から、そのキャリアの延長線上としてメーカーの経理というものが最も自分の力を発揮していけると確信しているからなのです。 自分の力が発揮できれば人からの信頼も得られるし、仕事に面白さも出てきます。 そういう意味でメーカーを志望しています。 しかし、家電業界は私たちに身近であるので、興味があり志望動機も他のに比べれば組み立てやすいのですが科学、繊維業界の志望動機が考えつきません。 どういう観点から志望動機を作ればいいですか? またどういう志望動機が相手にとって最も説得力のあるものになるでしょうか? 教えてください。 A ベストアンサー 化学系メーカーで採用を担当していました。 面接の時、志望理由を聞きますが色々な返答があります。 会社の事、製品の事、業界の事をきちんと勉強してきた返答をする学生の方もいますし、すごく単純な返答もあります。 でこれは面接全般に言えることだと思いますが、話す内容よりもどういった対応で返答するのかが大切だと思います。 ですから、とても立派な志望理由を暗記して返答する学生の方が多いのですが、そういった返答は何も印象に残りません。 すごく単純に「好きだから」とか「すごいと思った」と かでも、自分の言葉でキチンとしゃべる学生の方には好印象を持ちます。 よって、どういう観点から志望理由を?との疑問ですが、これはなんでもいいと思います。 大切なのは自分の言葉で自分の考えをキチンとしゃべることだと思います。 また、最も説得力のある志望理由は?との疑問ですが、これも先ほどと同じで、内容よりも、相手に自分の考えを伝えたいと思いながらしゃべる言葉は、結構相手に届くものだと思います。 「この製品はすごいと思った」でも立派で説得力のある志望理由になると思います。 ここまで私の印象を書かせて頂きましたが、会社には色々な採用基準があり、すべての会社に通用するものではないと思いが、ご参考になれば幸いです。 それでは就職活動頑張ってください。 化学系メーカーで採用を担当していました。 面接の時、志望理由を聞きますが色々な返答があります。 会社の事、製品の事、業界の事をきちんと勉強してきた返答をする学生の方もいますし、すごく単純な返答もあります。 でこれは面接全般に言えることだと思いますが、話す内容よりもどういった対応で返答するのかが大切だと思います。 ですから、とても立派な志望理由を暗記して返答する学生の方が多いのですが、そういった返答は何も印象に残りません。 すごく単純に「好きだから」とか「すごいと思った」と か...

次の