ワールドプレゼント tokyuルート。 陸マイラー向け!三井住友カードとワールドプレゼントのメリットは?

【改善!?】三井住友カードのポイント制度変更はANA陸マイラーに朗報か|杜くまの陸マイラーへの道

ワールドプレゼント tokyuルート

この記事では、三井住友ANAカードで貯まるポイント『Vポイント(旧ワールドプレゼント)』のANAマイル交換ルートとマイル交換率を解説します。 Vポイントの中でもポイントの種類(ANAマイル移行可能ポイント、通常ポイント)が分類されており、ポイント種類によりANAマイル交換率が異なりますので、ポイント種類ごとのANAマイル交換率を整理してからANAマイル交換ルートを解説します。 VポイントをANAマイルに交換するルートは以下の3つが存在しますので、それぞれについて解説します。 交換手順• Vポイント(通常ポイント)をGポイントに移行(等価)• GポイントをJRキューポに移行(等価)• JRキューポを永久不滅ポイントに移行(等価)• みずほマイレージクラブANAカードは、UC/セゾンの永久不滅ポイントを特別なレートでANAマイルに交換できる特典が付いています。 移行所要期間は最短で24日 三井住友VISAの通常ポイントからANAマイルへは最短24日で交換可能です。 手続きもPCやスマホから簡単に申請することができます。 Vポイント(通常ポイント)からGポイントへの移行は即日• GポイントからJRキューボへの移行は2日• JRキューボから永久不滅ポイントへの移行は2日• 一方でnimocaルートは九州や北海道に設置されている交換機を利用する必要がありますので、九州や北海道にある交換機が近くにない人は非常に不便です。 JQみずほルートの交換手続きについては、別途、下記の記事に詳しく記載していますので、こちらの記事もご確認下さい。 みずほマイレージクラブANAカード• 年会費永年無料• みずほ銀行のキャッシュカードとクレジットカードの一体型カード。 クレジットカードの発行条件としてみずほ銀行に口座を解説する必要がある。 クレジットカード利用で貯まるポイントは、UCカードの永久不滅ポイント。 カードの特典に、永久不滅ポイントを高レート(交換率70%)で交換できる特典がある• 取引状況に応じて、みずほATM/イオン銀行ATMの時間外手数料が無料• 取引状況に応じて、コンビニATM(イーネット・ローソン・セブン銀行)の利用手数料/時間外手数料が月4回まで無料 JQ カードセゾン/JRキューポの特徴|JQみずほルート JQカードセゾンはクレジットの利用で「JRキューポ」というポイントが貯まります。 JQ CARD セゾン• JRキューポは、2017年7月登場した新しいポイントサービス。 JR九州の3つのポイントが統合されて誕生したポイントサービス。 ポイントサイトのGポイントと等価交換が可能• JQ CARDはJR九州が発行しているカードで、計5種類のカードがある。 ここで紹介しているのは、5種類の中の1つ、「JQ CARDセゾン」。 このカードは、セゾンの永久不滅ポイントとJRキューボの相互交換が可能。 この結果、Gポイント=JRキューポ=永久不滅ポイントが等価で交換するルートが開かれました。 年会費は初年度無料。 2年後以降は年1回のカード利用で無料、カード利用がない場合は、1,250円(税抜)の年会費が発生。 JQみずほルートを利用するにはポイントサイトのGポイントの会員登録は必須 Gポイントは、VポイントとJRキューボに交換が可能なポイントサイトとなりますので、とても重要な役割を果たしていますので、必ず会員登録しておきましょう!.

次の

【陸マイラー必須カード】ANA東急カードが登場!ソラチカカードとの比較してみた

ワールドプレゼント tokyuルート

ANAマイルが一番貯まるTOKYUルートを知りたい• TOKYUルートに必要なものとは?• TOKYUルートの交換のやり方 TOKYUルートについて知りたい人に向けた記事となります。 ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換するルートは複数あります。 そして2020年以降の 本命のルートが本日紹介するTOKYUルート(東急ルート)となります。 これ陸マイラーにとっては大事件ですね!特徴としてはこのようになります。 ANAマイルへの交換レートは75%• 交換上限はほぼ無し!• 交換回数はたったの3回!!• モッピー限定86. 25%のTOKYUルート! 2020年以降、ANAマイルへ最高レートで交換できるのが東急ルートとなり 陸マイラーにとって最重要ルートでもあります。 そこで本日は、 TOKYUルートの解説、利用する際に必要なもの、交換方法などの詳細情報を紹介していきます。 TOKYUルートとは?ANAマイルが一番高いレートで貯まる交換ルートのこと TOKYUルートとは何かということから説明をしたいと思います。 東急カード株式会社が出しているTOKYU系列のカードのポイント制度であるTOKYUポイント(東急ルート)というものがあります。 このTOKYUポイントというのは他のクレジットカード同様に様々なサービスに利用したり、交換が出来るようになっているんですね。 加盟店で1ポイント=1円で利用が出来たり、東急グループのネットショッピングなどで利用が出来ます。 そしてマイルへの交換もできるようになっています。 JALマイルへも交換が出来ちゃうんですよね。 そして今回重要なのがこちら!! ANAマイルへの交換が出来るんです。 交換レートについては下記をご覧ください。 ただしこのTOKYUポイントは、普通にクレジットカード決済で貯めるしか方法はありませんでした。 しかし、2019年6月より 「ドットマネー」からTOKYUポイントへの交換が開通したんです!! ポイントサイトの経由地であるドットマネーからTOKYUポイント、そしてANAマイルへの交換ルートが繋がったというわけです! TOKYUルートに必要なカードは「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」 ANAマイルを交換するためのTOKYUルートには必要なものが1つだけあります。 それは TOKYU系列のクレジットカードとなります。 下記がANAマイルへ交換が可能な対象クレジットカードとなります。 TOKYU CARD ClubQ• その他TOKYU CARD• スーパーICカード TOKYU POINT PASMO 「三菱UFJ-VISA」• TOKYU POINT CARD そしてこの中で陸マイラーとして最もおすすめのクレジットカードがこちら。 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードです。 基本スペックについてはこちらをご覧ください。 年会費が751円(税抜)(マイ・ペイすリボ登録して年に1回のカードでリボ利用)• 更新時に1,000ANAマイルが貰える 年会費は通常2,000円(税抜)ですが上記テクニック(マイ・ペイすリボ登録して年に1回のカードでリボ利用)を活用することで年会費が751円(税抜)と破格で所持することが出来るようになります。 そして陸マイラーであれば 更新時に1,000ANAマイルが貰えるというのは非常にメリットがありますよね!! また関東に住んでいるのであれば、地下鉄の利用も多いと思います。 その場合でもPASMOが利用できるのでポイント自体も貯まりやすいです。 また東急百貨店や東急ストアなどのTOKYU POINT加盟店で利用するとTOKYU POINTが貯まるので通常利用でも価値が高いクレジットカードとなっています。 TOKYU POINT加盟店でご利用になると、ワールドプレゼントのポイントに加えて、TOKYU POINTが貯まります。 <例> 東急百貨店・渋谷ヒカリエ ShinQs :(年間お買い上げ金額に応じて)3%~最大10%TOKYU POINT(食品・セール品は一律1%ポイントがたまります。 ) 東急ストア : 200円(税抜)=1ポイント ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの詳細解説をまとめているので、良かったら読んでみてくださいね! TOKYUルートの交換方法を解説!交換回数はたったの3回でOK! TOKYUルートでANAマイルにどのようにして交換していくのかを分かりやすく図解を見ながら紹介していきます! 下記の図をご覧ください。 東急ルートの交換手順は3ステップでOKです。 各主要ポイントサイト( 、 、 等)からドットマネーに交換(等価)• ドットマネーからTOKYU POINTに交換(等価)• TOKYU POINTからANAマイルに交換(75%) 交換にかかる日数は 最速で約3週間でANAマイルに交換が完了することが出来ます。 陸マイラーの場合、複数のポイントサイトを利用している方も多いと思います。 ここで注意してほしい点が1つ。 ECナビだけはドットマネーへの交換が出来ないのでTOKYUルートの利用ができません。。。 モッピー• ハピタス• ポイントインカム• ポイントタウン• ちょびリッチ• ライフメディア• その他多数 利用できるポイントサイトの共通事項として、 各ポイントサイトのポイントがドットマネーに交換が出来るのであればTOKYUルートの利用が出来ます。 逆に利用が出来ないポイントサイトというのはドットマネーへの交換が出来ない、もしくはTOKYUポイントへのポイント交換が出来ないポイントサイトということになります。 陸マイラーが利用していたサイトとしては「ECナビ」が唯一利用が出来ないですね。。。 TOKYUルートでマイル交換にかかる最速日数は?最速で3週間! 2019年以前のメインルートであった はANAマイルに交換するまでに要する期間は約2か月かかり非常に長かったです。 それに対して、TOKYUルートのメリットとして挙げられるのが交換日数の短さなんですよね!! 交換日数は 最速で約3週間となります。 先ほど紹介した図解にも載せていますが、• 各主要ポイントサイトからドットマネーに交換:1~3日• ドットマネーからTOKYU POINTに交換:約2週間• TOKYU POINTからANAマイルに交換:約1週間 各交換の目処としてこのようになっており、 最速で約3週間となります。 どうしても急いでANAマイルが欲しい!という方にも最も有効なANAマイル交換ルートがTOKYUルートとなります。 ここで更に詳細を書かせてもらうとドットマネーからTOKYU POINTへの交換にかかる日数の条件はこのようになります。 1日~15日申請分は申請月の下旬頃、16日~末日申請分は翌月の中旬頃 交換するタイミングによってはもう少し時間が掛かるようになっているので、上記の詳細条件を覚えておきましょう。 TOKYUルートからANAマイルにはどのぐらいのポイントを交換できるのか? 交換上限ですが TOKYUポイントからANAマイルへの交換においては上限はありません!! ただし、その手前である ドットマネーからTOKYUポイントへの月間交換上限が実はあります。 月間交換上限は100,000マネー(100,000TOKYUポイント)までとなります。 仮に陸マイラーとしてポイントサイトから毎月100,000ポイントをコンスタントに交換が出来る場合、年間に貯められるANAマイルはこのようになります。 そして貰えるポイント数は500~3,000円分が相場となりますが、3,000円は最高値なので中々出てくることはありません。 今回のTOKYUルートで必須のクレジットカード「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」はポイントサイトを経由して発行しましょう。 2020年5月現在はモッピーで高ポイントとなっています。 モッピーへ入会すると今なら更に!!2,000Pが貰えます!! TOKYUルートのメリットとデメリットについて ここでTOKYUルートのメリットとデメリットについてまとめておきたいと思います。 TOKYUルートのメリット TOKYUルートのメリットは3つとなります。 交換回数がたったの3回のみ!• 交換日数も3週間と早い!• ANAマイルへの交換上限がほぼ無い! 新ソラチカルートは交換回数が非常に多く、利用しているポイントサイトによっては必要なクレジットカードが2枚必要でした。 それが たったの3回で且つ、交換日数も約3週間というスピードは最大のメリットの1つと言えるでしょうね! そして大量にポイントを貯めている方にとって非常に嬉しいのが交換上限がほぼ無いということでしょう。 ただ先ほど詳細を説明した通り、ドットマネー経由であれば月間75,000ANAマイルが上限となっています。 (ここまで大量ポイントはないとは思いますけどね笑) TOKYUルートのデメリット 続いてTOKYUルートのデメリットについても紹介しておきましょう。 利用できるポイントサイトが限られてしまう!というのが最大のメリットです。 先ほども紹介しましたが、利用可能なポイントサイトは6つあります。 (他にもありますが、メインのおすすめサイトのみ抜粋) 具体的にどうやってマイルに交換するの?? 写真付きで紹介してよ! 早速ですが具体的にTOKYUルートを使ったANAマイルへの交換方法を解説していきましょう! 1.ドットマネーからTOKYUポイントにポイントを交換しましょう 最初に各ポイントサイトからドットマネーにポイントを交換しておきます。 ドットマネーのTOPページに入ってください。 TOPページにある「マネーをつかう」をクリックすると交換先の一覧が出てきます。 その一覧の中に「TOKYU POINT」があるのでこちらをクリックしましょう。 交換条件のページに移るので、「交換する」をクリックしてください。 次にドットマネーの暗証番号を入れて、「次へ」をクリックしてください。 初回時には各種情報を入れましょう。 メールアドレス• 生年月日• カード番号6桁 後は交換したいポイント数を記入して、「確認する」をクリックすれば交換完了となります。 2.TOKYUポイントからANAマイルにポイントを交換しましょう ドットマネーからTOKYUポイントへ無事に交換が完了すると自分のTOKYUアカウントにポイントが反映されます。 ログインをしてTOPページに入りましょう。 左端にある「ポイントサービス」をクリックするとポイントについての項目が出てきますね! 「ポイント交換」をクリックしてください。 ポイント交換が出来る一覧が出てきますので、「ANAマイレージクラブ(AMC)750マイル移行」の項目をクリックしてください。 交換画面が出てきますね? こちらにAMC番号を入力し、交換口数(1口1,000ポイント)を記入したら「申込手続きへ進む」をクリックしてください。 申込み確認ページに変わりますので、再度交換したい口数、交換したいポイント数をしっかりとチェックしておきましょう。 チェックが完了したら「申込む」をクリックしましょう。 これで無事にTOKYUポイントがANAマイルに交換申込みが完了です。 3%レート!モッピー限定の強烈なキャンペーン! こちらのキャンペーンですが期限がどんどん伸びていき、常設化決定しました!! こちら詳細については下記のエントリーのまとめていますが、モッピーの強烈キャンペーンがスタートしています!! これ全力でやった方がいいですね!! 簡単にまとめるとこのようになります。 今回の超お得なANAマイル交換86. 3%還元ですが、利用条件が3つあります。 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを発行しておくこと• モッピー公式プリペイドカード「POINT WALLET VISA PREPAID」を発行すること• エクスプレスキャンペーン対象広告を15,000P以上利用すること 3つの条件をクリアすることで、86. 3%レートになりますね!! つまり、 ANAマイルが一番貯まるのはモッピーだけというわけです!• ANAマイルの交換は75%レート• 交換回数は3回• 交換できる上限は年間900,000ANAマイル• 最速交換日数は約3週間 また、 ドットマネーではよく交換ポイント増量などのキャンペーンも実施しています。 キャンペーンをうまく活用した場合、更に交換レートの差は縮まりますよね。 ソラチカルートが完全封鎖後は こちらのTOKYUルートがメインルートとなります! それと「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」が必須となるので忘れないでくださいね! 本日もありがとうございました!! お得生活はポイ活をマスターすることがとっても大切です! 完全ガイドをまとめてるのでよかったらチェックしてみてくださいね!!.

次の

TOKYUルートとは?ANAマイル交換レート75%で陸マイラー最重要ルート!最速3週間で交換可能!

ワールドプレゼント tokyuルート

TOKYUルートとは?• ANAマイルへの移行上限ほぼなしのようなもの• ANAマイルへの移行完了が最短で3週間程度• ソラチカルートの後釜確定 では、詳しく解説しておきましょう。 TOKYU POINTは、他のポイントから移行することができなかったので、注目度は非常に低かったかもしれませんが、個人的には交換できるようになれば注目度は非常に高いだろうなと思っていました。 それが、下記のようにドットマネーからTOKYU POINTに移行できるようになったんです。 ポイント交換は最低300マネー=300ポイントからの等価交換• 最大月に10万マネーまで交換可能• ポイント移行は1~15日までに申請分は当月中に完了、16日以降の場合は翌月中旬に完了 となっています。 そのカードにポイントが移行されるので1枚は必ず必要です。 そのTOKYU CARDは種類が複数あり、• TOKYU CARD• TOKYU POINT CARD• JALカード TOKYU POINT ClubQ• ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード などのうち1枚所有しておく必要があるのですが、絶対に 「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を所有してください。 すでに所有している人もいますかね???自分は所有しています。 妻も所有しています。 というのも、このANAカードは年会費が最安値751円+税(マイ・ペイすリボ登録、かつ年に1回のカード利用)なのに、毎年継続ボーナスマイルが1,000マイルもらえるので所有していて一切損しないんですよね。 なので、我が家にあるんです。 上記の赤枠のところだけ見ておいてください。 1,000TOKYU POINT=750 ANAマイル となっていますよね。 これが、 「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を所有する最大のメリットです。 しかも、• 年間移行上限なし• 移行完了は1週間 となっており、のように月に2万ポイント=18,000ANAマイルの 移行上限もないので、一気に大量のANAマイルを必要としている人にもオススメです。 注意点は、ドットマネーからTOKYU POINTへは月に10万ポイントが上限ではあります。 つまり月に75,000マイルなので、移行上限はないようなレベルと言ってもいいでしょう。 ソラチカの月18,000マイルの4倍以上ですからね。 そして、特典航空券発券のために早急にANAマイルが欲しい人も、 移行完了まで1週間程度というスピード感も魅力です。 ドットマネーからANAマイルまでも最短3週間ほど移行完了です。 5倍も交換レートが高いんですよ。 これは強烈です。 なお、JALカード TOKYU POINT ClubQを所有している場合には、ANAマイルには移行できずにJALマイルへの移行になります。 所有するTOKYUカードの種類は間違わないようにしましょうね。 簡単でわかりやすいですよね。 これが陸マイラーに必須の交換ルートになります。 ドットマネーのアカウントがない人は作成しておきましょう。 このドットマネーのアカウントがないと始まらないので、これは必須です。 ということです。 モッピー、ハピタス、ポイントインカムなど各種ポイントサイトを利用している人は、あとは 「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を発行しておけば、このルートが利用できるようになります。 超簡単すっきりなルートもなかなか魅力です。 さて、ドットマネーに移行ができないポイントサイトは「TOKYUルート」が利用できないので、今後の陸マイラーには、使いにくいポイントサイトになります。 移行の可否を整理しておくと、 移行可能 移行不可 モッピー ECナビ ポイントインカム ポイントタウン ハピタス Gポイント ゲットマネー すぐたま げん玉 ちょびリッチ となっています。 左側の列のポイントサイトをメインに利用することをオススメします。 ソラチカルートの閉鎖が決定した今、これが陸マイラーの新ルートになります。 また、ポイントサイトからドットマネーへのポイント増量キャンペーンは非常によく行われています。 モッピーやGet Moneyからも1%ですが、増量キャンペーンが行われています。 なので、あまり悲観はしていません。 また、ドットマネーからTOKYU POINTへの増量キャンペーンなんかもあってもおかしくありません。 ドットマネーはdポイントや、WAONへの移行でポイント増量のキャンペーンを行ったりもしているので、今後に期待してしまいます。 ということで、ANAマイルを貯める陸マイラーは、 「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」をすぐに発行して、準備しておきましょう。 必須ですよ。 では、最後に 「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」の年会費やスペック、入会キャンペーン情報を紹介しておきます。 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの年会費・還元率・入会キャンペーン ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード 国際ブランド Master 発行会社 三井住友カード 年会費(税抜き) 2,000円(初年度無料) 年会費割引後 751円 マイ・ペイすリボ登録&年1回以上のカード利用) 家族カード年会費 1,000円 家族カード年会費割引後 475円 ポイント制度 1,000円=1ポイントの ポイント有効期限 2年 ANAマイル移行レート 1ポイント=5 or 10マイル 10マイルコース登録料 6,000円 最大マイル還元率 1. また、メインの決済カードとしても非常に魅力的で、 還元率も最大1. 5265%とかなりの高還元なので、 年会費の安いメインカードを探してる人にもかなりおススメの1枚です。 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、三井住友カードで、他のANA VISAカード、ANA Masterカード、ANA VISA Suicaなどとほぼ中身的には同スペックですが、 「TOKYUルート」が使えるという点において大きくリードしたと言えるでしょう。

次の