アイホン ボイス レコーダー。 iPhoneで通話録音できる?|ボイスメモ・アプリ・レコーダーの使用方法

【2018年版】「ボイスメモ」より機能的な「ボイスレコーダー」アプリ3選

アイホン ボイス レコーダー

もう一つ、先程出て来ました「共有」について触れてみます。 この「共有」をタップすると、このようなメニューが表示されます。 「Air Drop エア・ドロップ 」は、このボイスメモを「Air Drop機能」を使って近くにいるiPod・iPad・iPhone端末にワンタッチで送信することが出来ます。 パソコンに保存する 上記の手順だけでも充分ですが、「ボイスメモ」はパソコンとiPhoneを「iTunes」を経由して同期することでパソコンに転送され、保存が出来ます。 「iTunes」に「ボイスメモ」という名前でプレイリストが自動的に作成され、その中に収納されます。 同期しても録音した音源はiPhoneの中に残ります。 一旦パソコンに音源を転送すると、iPhone本体からその「ボイスメモ」を削除してもパソコンにはその音源が残ります。 間違えて音源を消してしまった場合も安心ですね。 但し、パソコンに保存した音源を「iTunes」から削除した状態で同期すると、iPhone本体にある音源も削除されてしまうので要注意! iPhoneで利用できるおすすめボイスレコーダーアプリ iPhoneで音声を録音する場合には、標準のボイスメモ機能を利用する以外にも、専用アプリを利用する方法があります。 iPhoneでおすすめのボイスレコーダーアプリについて確認していきましょう。 ボイスレコーダー — 高音質ボイスメモ&録音 「ボイスレコーダー — 高音質ボイスメモ&録音」は、iPhoneで高音質の状態で長時間録音することのできるボイスレコーダーアプリです。 バックグラウンドで録音や再生をすることができますので、使い勝手がとても良いです。 画面もとてもシンプルで、誰でも簡単に使い方をマスターすることができます。 ヘビーユーザーの場合には、iCloudやDropboxといった外部のクラウドストレージサービスと連携して、録音した音声ファイルを保存することができますので、iPhoneの容量を圧迫することもありません。 通話録音 — 保存して聞く 「通話録音 — 保存して聞く」は、iPhoneでの通話を録音してくれるビジネスアプリです。 ビジネス利用でiPhoneを利用している場合には、通話内容を録音したい場合があるでしょう。 そのような時にこのアプリを活用すれば、発信・着信のいずれの場合も通話を録音することができますので、聞き逃しを防ぐことができます。 また、音声データをテキストに自動的に落とし込む機能もありますので、通話内容を相手にリマインドすることも簡単にできます。 PCM録音 — ボイスレコーダー 「PCM録音 — ボイスレコーダー」は、録音した音声データを編集するのに便利なアプリです。 バックグランドでの録音・再生ができることはもちろん、再生スピードの調整もすることができます。 また、音声した録音データのカットやトリミング、AAC変換なども簡単にできますので、ナレーションやカラオケ、プレゼンの練習など、あらゆる場面で役立ちます。 使ってみると意外と便利な「ボイスメモ」 さて、「ボイスメモ」のご紹介は如何でしたでしょうか?長く説明してしまいましたが、実際に使ってみると案外簡単に手軽に録音出来ますので是非一度試してみてくださいね。 Androidでインターネットを... 403,887件のビュー• Android端末を利用している... 376,922件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 328,946件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 287,334件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 237,070件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 227,879件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 225,751件のビュー• Windowsを利用していると「... 218,195件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 209,290件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 191,906件のビュー.

次の

iPhoneでの録音方法とは?おすすめボイスレコーダーアプリ5選

アイホン ボイス レコーダー

何かと便利な「ボイスメモ」 iPhoneの「ボイスメモ」使った事がありますか? この「ボイスメモ」と言うアプリは、iPhoneに初期搭載されているアプリで、音声を録音するためのアプリなのです。 授業や、会議等を録音しておいて、後から聞き返す事が出来る便利なアプリなんです。 さて、このボイスメモで、iPhoneに授業や会議等を録音しました。 そのデータはどうしたらいいでしょう? 授業だって、会議だって、1~2分で終わるはずはありません。 そこそこの時間録音すると言う事は、そこそこのデータ量になると言う事ですよね。 しかし、まだそのボイスメモで録音した音声を、消すわけにはいかない……。 でも明日には、またボイスメモで録音したい、授業や会議がやってくる……。 こんな時どうしますか? iPhoneの容量だって無限にある訳ではありません。 でも、まだ再生してないデータは残しておきたい! 大きなデータとなると、やはりiPhoneから、パソコンに取り込む事が出来たら……パソコンにバックアップ出来たら……凄く便利だと思いませんか? そこで今回は、iPhoneのボイスメモで録音した音声データを、パソコンに転送して保存する方法をご紹介してみましょう! せっかくなので、ボイスメモでの録音の仕方からおさらい! iPhoneにプリインストールされているアプリの中に「ボイスメモ」と言うアプリがありますので、タップして起動しましょう。 iPhoneの画面の真ん中にある赤いボタンをタップすれば、ボイスメモの録音が開始されます。 ちなみに、ボイスメモのアプリを閉じても、録音は継続されます。 画面の上部にある「録音中」と言う部分をタップすれば、録音画面に戻ります。 再度、iPhoneの画面真ん中にある、赤いボタンをタップすると、録音は終了されます。 そのボイスメモに任意のファイル名を付ければ完了です。 録音したボイスメモのファイルをタップして、 ・真ん中の「編集」ボタンを押す事でトリミング ・左側にある「シェア」ボタンを押す事で、メールやメッセージにシェアして、送信する事も出来ます ちなみに2時間ぐらいなら、余程の、他でiPhoneの容量を圧迫していない限り、録音できると思います。 それではiPhoneのボイスメモを、パソコンへ移してみましょう! iPhoneのボイスメモの録音データをパソコンへ移すには3通りの方法が存在します。 1つずつご紹介していきましょう。 iTunes経由で、ボイスメモのデータを、パソコンに保存しよう パソコンやMacとiPhoneを、購入した時に付属されていた、純正のLightningケーブルか、Wi-Fiで接続しましょう。 次にiTunesの「ミュージック」を開き、「音楽を同期」の項目の中から、「ボイスメモを含める」にチェックを入れます。 最後に「同期」をクリックしましょう。 iPhoneとパソコンのiTunesを同期した後、iTunesの「ミュージック」から「プレイリスト」を開きましょう。 そこに「ボイスメモ」が作成されているはずです。 保存場所は、ファイルを右クリック。 上記を行うと、保存先のフォルダを開く事が出来ます。 これで、iPhoneのボイスメモで録音したデータを、パソコンに保存する事が出来ました。 2.メールの転送で、ボイスメモのデータを、パソコンに保存しよう iPhoneのボイスメモで録音した音声ファイルは、メッセージやメールに添付して送付する事が可能です。 パソコン側で受信できるメールアドレスに送信する事で、音声ファイルを転送する事が出来るんです。 しかし、ボイスメモは、拡張子がm4aと言う、容量が少し大きなファイルになるので、ファイルサイズの問題で転送できない場合もあります。 これを行う場合は、必ずWi-Fi接続が出来る環境で、行うようにしましょう! それが駄目な場合はやはり、iTunesでの転送が良さそうです。 3.AirDropの転送で、ボイスメモのデータを、パソコンに保存しよう これはMacの方のみが使える方法です。 MacとiOS8なら、「AirDrop」のBluetooth経由で、音声ファイルの送信する事が可能です。 結局どの方法が一番いい? iPhoneのボイスメモで録音した音声データを、パソコンに取り込みするには、Windowsの方だと、iTunes経由での転送が良さそうです。 Macの方なら「AirDrop」経由での転送が手軽で良さそうですね。 ボイスメモで作成した録音ファイルが、小さいサイズであれば、メール経由もありですね。 メール経由だと、自宅やパソコンがある環境で無くても、気軽に転送できるという利点が発揮されます。 状況や環境にあわせて、方法をチョイスしてみて下さいね!.

次の

‎「ボイスレコーダー Pro

アイホン ボイス レコーダー

何かと便利な「ボイスメモ」 iPhoneの「ボイスメモ」使った事がありますか? この「ボイスメモ」と言うアプリは、iPhoneに初期搭載されているアプリで、音声を録音するためのアプリなのです。 授業や、会議等を録音しておいて、後から聞き返す事が出来る便利なアプリなんです。 さて、このボイスメモで、iPhoneに授業や会議等を録音しました。 そのデータはどうしたらいいでしょう? 授業だって、会議だって、1~2分で終わるはずはありません。 そこそこの時間録音すると言う事は、そこそこのデータ量になると言う事ですよね。 しかし、まだそのボイスメモで録音した音声を、消すわけにはいかない……。 でも明日には、またボイスメモで録音したい、授業や会議がやってくる……。 こんな時どうしますか? iPhoneの容量だって無限にある訳ではありません。 でも、まだ再生してないデータは残しておきたい! 大きなデータとなると、やはりiPhoneから、パソコンに取り込む事が出来たら……パソコンにバックアップ出来たら……凄く便利だと思いませんか? そこで今回は、iPhoneのボイスメモで録音した音声データを、パソコンに転送して保存する方法をご紹介してみましょう! せっかくなので、ボイスメモでの録音の仕方からおさらい! iPhoneにプリインストールされているアプリの中に「ボイスメモ」と言うアプリがありますので、タップして起動しましょう。 iPhoneの画面の真ん中にある赤いボタンをタップすれば、ボイスメモの録音が開始されます。 ちなみに、ボイスメモのアプリを閉じても、録音は継続されます。 画面の上部にある「録音中」と言う部分をタップすれば、録音画面に戻ります。 再度、iPhoneの画面真ん中にある、赤いボタンをタップすると、録音は終了されます。 そのボイスメモに任意のファイル名を付ければ完了です。 録音したボイスメモのファイルをタップして、 ・真ん中の「編集」ボタンを押す事でトリミング ・左側にある「シェア」ボタンを押す事で、メールやメッセージにシェアして、送信する事も出来ます ちなみに2時間ぐらいなら、余程の、他でiPhoneの容量を圧迫していない限り、録音できると思います。 それではiPhoneのボイスメモを、パソコンへ移してみましょう! iPhoneのボイスメモの録音データをパソコンへ移すには3通りの方法が存在します。 1つずつご紹介していきましょう。 iTunes経由で、ボイスメモのデータを、パソコンに保存しよう パソコンやMacとiPhoneを、購入した時に付属されていた、純正のLightningケーブルか、Wi-Fiで接続しましょう。 次にiTunesの「ミュージック」を開き、「音楽を同期」の項目の中から、「ボイスメモを含める」にチェックを入れます。 最後に「同期」をクリックしましょう。 iPhoneとパソコンのiTunesを同期した後、iTunesの「ミュージック」から「プレイリスト」を開きましょう。 そこに「ボイスメモ」が作成されているはずです。 保存場所は、ファイルを右クリック。 上記を行うと、保存先のフォルダを開く事が出来ます。 これで、iPhoneのボイスメモで録音したデータを、パソコンに保存する事が出来ました。 2.メールの転送で、ボイスメモのデータを、パソコンに保存しよう iPhoneのボイスメモで録音した音声ファイルは、メッセージやメールに添付して送付する事が可能です。 パソコン側で受信できるメールアドレスに送信する事で、音声ファイルを転送する事が出来るんです。 しかし、ボイスメモは、拡張子がm4aと言う、容量が少し大きなファイルになるので、ファイルサイズの問題で転送できない場合もあります。 これを行う場合は、必ずWi-Fi接続が出来る環境で、行うようにしましょう! それが駄目な場合はやはり、iTunesでの転送が良さそうです。 3.AirDropの転送で、ボイスメモのデータを、パソコンに保存しよう これはMacの方のみが使える方法です。 MacとiOS8なら、「AirDrop」のBluetooth経由で、音声ファイルの送信する事が可能です。 結局どの方法が一番いい? iPhoneのボイスメモで録音した音声データを、パソコンに取り込みするには、Windowsの方だと、iTunes経由での転送が良さそうです。 Macの方なら「AirDrop」経由での転送が手軽で良さそうですね。 ボイスメモで作成した録音ファイルが、小さいサイズであれば、メール経由もありですね。 メール経由だと、自宅やパソコンがある環境で無くても、気軽に転送できるという利点が発揮されます。 状況や環境にあわせて、方法をチョイスしてみて下さいね!.

次の