アブに刺された。 【症例写真】虫刺されの症状・対処法…痒みや腫れも [皮膚・爪・髪の病気] All About

【症例写真】虫刺されの症状・対処法…痒みや腫れも [皮膚・爪・髪の病気] All About

アブに刺された

アブとブヨの違い アブとブヨでは見た目も刺された時の対処方も違ってきます。 間違った対処をすることにより治りが遅くなってしまう恐れがあります。 アブとブヨの違いを次の章からそれぞれ紹介していきます。 アブとは? アブの体長は約2センチで体の色はハチに似て黒と黄色の色をしてます。 アブの活動時期は6月~9月で気温18度~30度といわれていて家畜の豚や牛そして人を刺すことがあります。 生息場所は土中、水中で主に森林、川、湿地帯に多くいます。 アブから身を守るには アブから身を守る方法を説明します。 アブが多く発生しそうな場所に行く際には気温が高く暑くても長袖、長ズボンを着用するようにしましょう。 特に足、足首、膝が露出する服装は避けましょう。 アブは脚周辺を狙って刺す習性があります。 アブを駆除するには アブはハエ科の虫にあたります。 ですのでアブを駆除する場合には殺虫スプレーでもハエを殺虫できるスプレーを使いましょう。 アブに刺された時の対処法 アブに刺されると強い痒みと蚊に刺された時のように皮膚が赤く膨れ上がります。 人にもよりますが長いとその症状が3週間程続く場合があります。 刺された直後は刺された場所を水で洗い冷やすことをおすすめします。 決してシャワーやお風呂などで温めることはしてはいけません! アブは毒を持っていないので幹部を冷やした後に市販の虫刺されの薬、ムヒ、ウナコーワ、キンカンなどの抗ヒスタミン軟膏の薬を塗るようにしましょう。 スポンサーリンク ブヨとは? ブヨの体長は約3~5ミリとアブに比べ小さく小バエに似ています。 ブヨは体の色は黒くお尻が真ん丸な形なのが特徴といえるでしょう。 ブヨの活動時期は3月~10月で気温の低い朝と夕方に活動します。 日中の気温の高い時間はあまり活動しないですが、曇りや雨などで気温が上がらない直射日光を受けない状況であれば朝、夕関係なく活動するといわれています。 生息場所は川の近くや森林に多くいます。 ブヨから身を守るには ブヨから身を守る方法を紹介します。 ブヨはハチと同じように黒い色に寄ってくる習性があります。 ですのでなるべく黒色の服装は避け明るい色 イエロー・オレンジ などの色の服を着るようにしましょう。 また、アブ同様になるべくアブがいる場所や朝夕の活動時間帯は長袖、長ズボンを着用することをおすすめします。 ブヨに刺された時の対処法 ブヨは単独ではなく集団で刺してくる場合が多いです。 ですので刺される時には複数個所刺される恐れがあります。 刺されると皮膚が赤く膨れ上がります。 酷い場合だと水膨れの様になる場合があります。 水膨れの様になってしまった時には専門医に早目に行く必要があるといえます。 人にもよりますが症状が消えるまでには一ヶ月程掛かる場合があります。 ブヨは毒を持っています。 ブヨに刺された直後は毒素を抜いて幹部を温めましょう。 何故かというとブヨの毒は熱に弱いといわれているからです。 ブヨが多く発生する場所に行く際には事前にポイズンリムーバーを用意していくことをおすすめします。 刺された後に塗る薬はアブの時と同様で抗ヒスタミン軟膏のムヒ、ウナコーワ、キンカンなどの塗り薬を塗るようにしましょう。 虫よけ対策も必要 事前にアブやブヨ、蚊が多くいそうな場所に行く際には虫よけ対策も必要です。 虫よけスプレーや蚊取り線香、今では電池式の虫よけグッズなども販売されています。 また、ブヨに関してはハッカのニオイを嫌うようですのでハッカの香りのする虫よけグッズを用いるのも手ですね! 刺されてしまう前に刺されないように対策する方が後々の為にも良いと思います。 まとめ 今回はアブとブヨの違いと刺されないように予防策と刺された時の対処法を紹介しました。 アブとブヨ、どちらも刺されたら痛い、痒いと不快な思いをするのは嫌ですからね! アブやブヨ、蚊などが多くいそうな場所に行かれる際は予防と刺された時に対処できるよう事前準備をして行きましょう。 今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。 最後までお読み頂き有難うございました。

次の

アブに刺されたら薬はキンカンでOK!アブ刺されの応急処置解説!

アブに刺された

記事の内容• すべての蚊が血を吸うわけではない?蚊が血を吸う驚きの理由とは? なぜ蚊は血を吸うのだろうか? 初歩的な疑問から調べてみると、驚くことに蚊はすべてが血を吸うわけではないらしい。 血を吸うのは産卵期のメスだけ。 つまり、動物がエネルギーを蓄えて出産に挑むように、蚊も高カロリーの血を集めて産卵しているに過ぎなかったのだ。 現に産卵期以外のメスやオスは通常、樹液や花粉を吸っているとか。 なんだかそう考えると、血を吸うだけで蚊を潰すのがかわいそうになってきた。 吸われてもかゆくならなければいいのに。 そんな変な同情心が芽生えてしまった……。 いかんいかん。 あてはまったら要注意!これが蚊に刺されやす人の特徴だ! では、当初の疑問に戻るが、蚊が好むタイプとはいったい何なのだろうか。 どうやら蚊は 「二酸化炭素」「体温」「汗」に反応してターゲットを見定めているらしく、子どもたちが蚊に狙われたのは、この「体温」「汗」が原因のようだった。 平常時から体温が高めの子どもたちは、蚊にとってみれば格好のターゲット。 汗をかけばかくほど、そのにおいを察知して、たくさんの蚊が集まってくるのだとか。 蚊にとってはお酒を飲んだ人も最高の対象らしく、花見シーズンやピクニックには要注意だ。 ここまでをまとめると、どうやら 「体温が高めの人」「汗をかいているスポーツマン(遊んだ直後の子どもたち)」「お酒を飲んで気分のいい人」は、蚊に狙われやすいことがわかった。 蚊の特性を知っておけば、何に気をつけるべきかがわかるが、あらためて「夏」がいかに蚊にとっての最高の状況なのかがわかった。 これだけでも大きな収穫だ。 蚊に刺された時の症状は体質によって個人差がある! そういえば、蚊に刺されてもすぐに治ってしまう人や腫れもさほどでもない人について疑問に思ったことはないだろうか?実は蚊に刺された後の症状の出方は皆同じではなく、個人差があるのも特徴のようだ。 免疫力の有無はもちろんだが、皮膚疾患の有無や皮膚が弱いor敏感肌・アレルギー体質などの有無も症状の出方に影響あるようだ。 面白いのはストレス気質の人や疲労体質の人は症状が出やすいらしい。 刺された直後は赤く腫れても2日ほどで元通りの状態になる人もいるわけだからその理由も納得できよう。 1箇所でも刺されると思いっきり赤く腫れ上がり1週間以上も強烈なかゆみに悩まされる人はもしかすると不規則で不健康な生活を送っている可能性もあるわけだ。 刺された後の症状に悩まされないためにも健康的で規則的な生活や食事を心がけることも大切なのである。 スポンサーリンク アブやブヨに刺されやすい人も原因は同じ!? 蚊に刺されやすい人の特徴を調べていて分かったことはブヨやアブに刺されやすい人の条件にも該当することだ。 どうやら蚊と同じ吸血性生物に属するアブやブヨもターゲットを定める方法は同じのようだ。 夏場のキャンプ場や森林ドライブなどで駐車場に車を停めると大量のアブに囲まれるのもその原因が理由のようだ。 蚊に比べるとアブやブヨに刺される確率は低いが、ブヨの場合などは蚊に比べても症状が酷くなりやすいため注意したい。 虫よけ?蚊取り線香?いちばん効果的な対策方法とは? 蚊に狙われやすいタイプはわかった!あとは蚊に刺されないように防ぐだけだ。 蚊の特性を踏まえると、まず効果的なのは、地味だが、汗をふきとることだろう。 濡らしたタオルで汗を拭いたり、制汗スプレーを使ったりすることで蚊の好きな「におい」をシャットアウトできる(逆に害虫を寄せ付けてしまう臭いもある)。 虫よけスプレーを使うのも王道だからこそ確実だ。 出かける前にさっとひと吹きしておけば、蚊には刺されにくくなる。 とはいえ、繊細な子どもの肌に使って大丈夫かどうか、心配になる人もいるだろう……。 主流の成分は「ピレスロイド」と「ティーダ」という2種類があり、子どもの安全を考えるなら「ピレスロイド」のほうがオススメだとか。 「ティーダ」は6カ月未満の乳児には使用できず、小児にも使用の目安があるとのことだ。 屋外なら外出時だけ注意すればいいが、家の中に入り込んだ蚊ほどうっとうしいものはいない。 室内の場合は、やはり「蚊取り線香」が強い。 最近は電気蚊取タイプもあり煙をイヤがる子どものことを考えれば、電気蚊取は小さい子どもがいる家庭では有効的なのかもしれない。 やけどの心配も防げるし、親の立場で考えると最適だ。 まとめ 蚊を防ぐためには「習性」を知り、それを踏まえたうえで「対策」をすることが必要だ。 人間でいえば、「お酒を飲んでばかりの暑がりで、やや汗をかくタイプ」は狙われる危険性が高いので、蚊がいそうな野外に行くときは十分に気をつけたほうがいいだろう。 もともと蚊は病気を媒介することも多く、最近はその手の報道も目立つ。 子どもを持つ親はたかが蚊といえど侮らない方がいいかもしれない。 そんなふうにあらためて思った。

次の

アブに刺されたときの腫れの症状や痛みの対処方法は?薬や治療方法とは

アブに刺された

アブとはなんぞや? 蚊と同じく血を吸う害虫というイメージが強い虫です。 事実、蚊やブヨと同じように血を吸う虫ではあるのですが、アブの場合、刺された時はすぐにそれとわかる痛みが走ります。 これは、刺すというよりもヒフを切り裂くというアブの血の吸い方が原因です。 刺された部位はすぐに腫れ上がり、強い痒みを感じるようになります。 体質によっては水ぶくれや化膿が起こったりもするようです。 アブは蚊やブヨと同じく水中に卵を産み付けます。 また、夏が最も活発な時期でもあります。 水の多い環境で生活している虫なので、海や川といった場所へのレジャーの際は対策は必須となります。 ハエ目に属する虫ですが、ハチとよく似た風貌をしています。 アブは羽が2枚しかないので、その点で見分ける事ができるでしょう。 アブに刺された時の症状 以下のような症状が認められています。 ・刺された時の激痛 ・腫れ ・強い痒み この中で腫れと強い痒みは2〜3週間も続く可能性があります。 さらに、水ぶくれや化膿を起こしたりもする原因にもなります。 傷口を爪で強く引っ掻きとびひを起こすといった二次感染を防ぐためにも、早めの受診、治療は必須でしょう。 場合によっては微熱が出る事もあります。 対処と治療 アブはハチと同じく、多数の群れで襲ってくることがあります。 なので、アブに刺された時はすぐにその場を離れる必要があります。 さらに、血の匂いが他のアブや虫を呼び寄せることがあるので、すぐに止血をすること。 また、湿度の高い曇りの日や雨の日といったにも注意です。 対処として、効き目の速いエアゾール系の殺虫剤をまく、蚊取り線香を焚くといったことも考えられます。 ブヨと同じく、ハッカ油のスプレーで予防をするという手もあるでしょう。 刺されないように、素肌を出さない服装をするというのも有効な対処法です。 アブは足を狙ってさしてくる事が多いので、ハーフパンツは穿かないほうが良いでしょう。 また、首にタオルを巻くといった工夫も必要になります。 ウシアブ対策として作業着ズボンの下に一枚薄手をはき、さらに靴下をオールドスタイルにして足首袖口からの侵入を防ぐ。 ・刺された部位を流水でよく洗い流す ・患部をよく冷やす ・かゆみ止めを患部に塗っておく ・病院で皮膚科の専門家に診てもらう かゆみ止めの薬は市販薬で大丈夫でしょう。 腫れや痒みがひどいならば、抗ヒスタミン軟膏を塗りましょう。 日が経っても ・強い腫れ、激しい痛みを伴う ・微熱が出る ・痒みが引かない といった時は、すぐに病院へ行くべきです。

次の