花子くん 裏切り者。 私の秘密 2 【地縛少年花子くん】 (ページ24)

【キングダム】合従軍編の裏切り者ネタバレ!王翦かそれとも・・・

花子くん 裏切り者

SAOアリシゼーションで和人の回復のために大きな役割を持つのが、ラースのオーシャンタートルです。 ラースの目的は今回のお話では省かせていただきますが、その目的のために協力していた和人(なお本人は知らない)が死銃の生き残りの金本に殺されたかけたところ、現実の医療では治せない状況も、このラースだからこその可能性で現在も治療中です。 そのラースに内通者がいたことがアスナがアンダーワールドにダイブした際に発覚しました。 そのため、公理協会によって作られた禁忌目録に菊岡たちも目をつけていましたが、禁忌目録を破るものは300年で一度も出ることはありませんでした。 よって、生身の人間であるキリトをアルバイトと称してアンダーワールドにダイブさせて人口フラクトライトであるアンダーワールド人に接触させ、その感性を共有させていたのですが。 しかし、アスナがダイブし、整合騎士の面々と話をする中で、話を聞いてみると、事情は違いました。 なんと、禁忌目録を破ろうとすると、右目が熱くなり、頭が激痛に襲われ、考えることをやめざるを得ない状態になるそうです。 これがアンダーワールドでは「 右目の封印」と呼ばれ、禁忌目録と言う法によって秩序が守られているのではなく、法を犯そうとすると身体に耐えられないくらいの痛みを伴うことから、アンダーワールド人は誰一人として禁忌目録を破らなかったのです。 そこまで強固な法(システム)を作ってしまうと、菊岡たちの考えとは逆行していることになることから、アスナはこのシステムは菊岡たちが作ったものではなく、ラースにアンダーワールドへの内通者がいて、その内通者が菊岡たちには無断で実行していたと考えます。 【SAO】ラースの裏切り者の正体は誰なのか 禁忌目録に反する考えをしたときに発動する右目には「 SYSTEM ALART CODE:871 」という文字が浮かび上がります。 このコード871こそ、内通者がアドミニストレーターと結託して作り上げた、右目の封印でした。 内通者は 柳井と言う人間でコード871も語呂読みで「ヤナイ」になります。 柳井はALOの管理会社、レクトの元研究員でALO事件の首謀者須郷伸之の部下でした。 ちなみに、ALO事件でアスナと柳井は接触があり、ラースで二人がすれ違った際には明日奈は柳井に対して何故か嫌な感じがするという描写もあります。 ナメクジ姿の柳井に囚われていたアスナにとってはいい思い出では全くないでしょう。 【SAO】ラース裏切り者の目的は何だったのか 柳井はALO事件で自分たちの計画をキリトたちに阻止され、 上司であった須郷が逮捕されたことを恨んでいました。 ALO事件ではSAO事件解決後に現実世界に戻るはずの魂をALO内に強制転送し、閉じ込め、人間の記憶・感情・意識をコントロールする研究をしようとした事件です。 また、レクトの社長は明日奈の父で、社長の前では猫かぶっていた須郷は、意識が戻らない明日奈を自分の妻として迎え入れることを提案し、レクトを乗っ取ろうとします。 さらには、そのレクトとALO内での人体実験のデータをアメリカに売り込むことまでも計画していました。 そんな須郷の計画の中にいた柳井は、須郷の元のコネクションを使ってラースの研究をアメリカに横流しするためにラースに潜入します。 ラースの研究員になった柳井は目的のためにアンダーワールドへ接触をしてましたが、その際にアドミニストレーターと出会い、そして アドミニストレーターに心酔し、アンダーワールドが彼女の思う通りになるように取り計らうようにもなりました。 そして、さらには、ラースに和人(キリト)が運ばれてきて、心酔していたアドミニストレーターも殺されたことから、過去の復讐を達成するため、和人を殺そうとも考えます。 ホント、目的としてはすべてがクズ過ぎる理由ですね。 【SAO】ラース裏切り者のその後 柳井は心酔していたアドミニストレーターをも殺され、キリトに対してかなりの憎悪をあらわにします。 キリトが覚醒するために翻弄していた比嘉を攻撃しケガをさせて、キリトを殺害しようとしました。 しかし、途中で気づいた神代に阻止され、そのはずみで 下層のダクトに落ちて死亡します。 正直、裏切り者の末路としてざまはないですが、作中では襲撃チームに捕まり拷問され研究について全て洗いざらい話した後で殺されるよりかは、マシだったと言われています。 確かにそうですね。 まとめ このように ラースにはアンダーワールドへの内通者の柳井が潜伏していました。 しかも、理由は 元々研究の横流しで、そして心酔した女の言うことを聞いたとか…。 経緯も末路も全て自業自得なんですが、本当に勝手な理由で腹立たしくなりますよね。 にしても、キリトっていつまでたっても誰かに恨まれたりして危険な目に合ってる気がします。 しかも自己中なやつらが関わって…。 平和に現代で過ごせる時を願いたいです。

次の

地縛少年花子くん好きな人!!:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

花子くん 裏切り者

が、その化け物を先生が倒し 先生も怪異だったことが発覚します。 怪異は噂が絶えると消えてしまうので、 自分で噂を流すべく人に混ざっていることもあるということを先生が教えてくれたのでした。 2番の「ミサキ階段」がその被害者ですね。 席番を持たない怪異ならともかく、 七不思議の噂まで変えられるのは七不思議と縁を持った人くらいであるということまではわかっているようです。 という事で花子くんは 七不思議の依代を壊して周り、暴走する前に力を奪う作戦に出ることを決めました。 その裏切り者とは一体誰なのでしょうか…。 もちろん簡単に渡してくれるわけもなく、土籠は条件を要求してきます。 その内容が、「個人的な秘密を教えろ」とのことでした。 寧々と光が個人的な秘密を明かしますが、土籠は書庫の本を読んでおり2人の話した秘密を既に知っていたため空振り。 そこで2人は花子くんに秘密を話すように言います。 そこで 花子くんが話した秘密は 地縛少年花子くん6話 図書館の管理人いいキャラしたイケボだったなぁ 現在進行形の黒歴史の公開とかいうメンタル崩壊イベントがコメディ過ぎる そんな流れの中で土籠と花子くんの過去がかなり踏みこんだ内容になってて驚き 死んでも生徒を案じる先生…その記憶が花子くんにあるのかないのか…— 鬼ヘッド headdaemon 視聴した感想 ここからは個人的な感想になります! 少し前から言われていましたが、今回少し作画がぶれている感じがしたのがもったいないなと思いました。 かなり内容が重要なところだったので、余計に気になってしまいました。 皆さんはどう感じましたか? それにしても毎回もっけちゃんの可愛さがピカイチですよね! 寧々ちゃんのおとぼけ具合も、絶妙なタイミングで入ってきて最高です。 今回はかなりシリアスな展開でしたね。 来週はついにが活躍してくれるのではないでしょうか? 楽しみですね! ネタバレを文字だけで読んでも、 なかなか情景や表情が想像できないところもあるかと思います。 声も楽しむ要因の一つですし。 七不思議の中に裏切り者がいるため、噂を変えられた七不思議が暴走する前に依代を壊す作戦• 花子くんはドーナツが好き• 土籠の依代は中学生時代の花子くんにもらった月の石• 花子くんの本名は柚木普(ゆぎあまね) こんな感じです! それでは最後までご覧いただきありがとうございました! 7話のネタバレ感想は ・花子くんグッズを取り扱っている場所一覧はから ・花子くんの作画崩壊についてはから ・花子くんのセリフに関してはから.

次の

【花子くん】アニメ6話ネタバレ感想!花子くんの過去が…

花子くん 裏切り者

七不思議零番 " 願いの女神 " 零番は会議に 1回も出席してないし、俺も会ったことがない 噂もあんまり聞かないんだ。 」 花子くんは腕組みをしながら言う。 花子「彼女が何者なのか、敵か味方かも何もかもが わからないんだ。 境界もわからないし…」 貴『裏切り者かもしれないってこと…?』 私は俯きがちに聞く。 花子「どうだろう…でも、そいつはなんらかの 方法でヒトと縁を結び、都合よく改変した 怪異の噂を広め…その結果今、この学園では 怪異達の凶暴化が起きている。 二番も その犠牲者だ。 」 土籠「縁を持つ怪異の力が強ければ強い程 流す噂の影響力も強くなる。 席番を持たない 雑魚怪異ならまだしも、七不思議の噂まで 変えられるとしたら…」 土籠先生はパイプを吸いながら言う。 ヤコ「犯人は七不思議との縁を持った ヒトくらいでしょうね」 寧々「私達と同じような子がいるってこと…!?」 光「それって…!! どういうことだ?」 光くん…わかってなかったのね… 花子「七不思議のうち誰かとその助手の人間が 悪さしてるってコトだよ」 花子くんはパペットを使って説明する。 光「つーことはそいつはをブッ倒せばいいんだな!」 花子「まーねー」 寧々「だけど誰がそんなこと…?」 花子「わかんないからカイギ開いてたんだよ そんで俺思いついたんだけどねー 一度さぁ、七不思議ぜーんぶ なくしちゃおうと思うんだ!」 貴『なくす…?』 光「ん?」 寧々「え…」 土籠先生とヤコちゃんは黙り込む。 花子「前に説明した通り…七不思議はそれぞれ 専用の境界とその力の源たる " 神の依代 " を 持っていて、依代を破壊されると大幅に弱体化 七不思議としての機能を失うことになる。 二番の時は暴走したから依代を壊したけど… これからは暴走する前に壊しちゃおうと思うんだ そうすれば裏切り者を特定する必要も暴走の 心配もなくなる。

次の