小 京都 ミステリー。 小京都ミステリーとは

小京都ミステリー(24)吉備津鳴釜殺人事件

小 京都 ミステリー

北海慕情殺人事件 放送日不明 だいぶ前のものと思われる 旅行雑誌船旅の会見記事 小樽行き日本海フェリー「ニューしらゆり」乗るため新潟へ行った。 登場人物:前田吟、浅丘めぐみ、清水健太郎 すみません、エンディングまでビデオが取れていなかったため殺された人の名前など、分かりません お風呂シーンあり。 その中で・・・ 笑 克也 :「あー見えて尚子さんはオレにぞっこんなんだぞ。 俺はこの旅行中に きっちりプロポーズしようと思っているんだ。 すげえだろぅ。 」 一平 子役 :「やめといたほうがいいですよ。 傷つきますよ。 」 克也 :「お前もそう思う?」 一平 :「うん。 」 克也 :「余計なお世話だこのやろう。 」「ひゃっひゃっひゃっひゃっ 笑 」 それまでは結構口調が荒かった一平がこのときだけ敬語を使うのも面白い• 漁船の灯父ちゃんの灯僕待っているよ という石碑あり。 尚子、風邪をこじらせて肺炎になって倒れたことあり。 佐渡に行った帰り• 克也、水色のシャツ、お爺さんが着ているような紺色のジャンパー、グレーのズボン• カメラを取る前に手を一度のばしてから手を曲げる• 尚子が「運転気をつけてよ」といったあたに 軽くすべる• レンタカー 小樽58 わ 8903• 克也、船の出口の女の人に愛想よく頭を下げる。 尚子、 「相撲が取れなくてもいい子に育つ見本が目の前にあるんだから」といって 克也の頬をパタパタとする!にやける克也 「すけべ、俺何考えてるんだ」• 「竹沢とおるが生きてるか死んでんのか俺たちの手徹底的に洗いなおすしかないんだ!」「尚子さん行くよ!」 と気合を入れたのにも拘らず またすべる「なにやってんだよ」• 前田吟と子供の年齢が合わない気がした 衣装協力 すみません。 わかりません。 かっこつけすぎたな。 「 絶対ヘンだよ。 俺たち人殺しに縁がありすぎるよ。 悪運がついちゃってるんじゃないかな。 一回、除霊してもらった方がいいんじゃないの。 「 おじさんがね。 ご馳走してくれるって」「ぃよしっ。 おにいさんに任せなさい。 「 以上。 「今回ばかりは尚子さんの思うとおりには行かないよ。 」 「れっつごーとぅビジネス」 どうして無賃乗船したんだ 「ちょっとは反省しろ!反省!こら!」一平の頭をたたく。 「たまには素直にいうことを聞いたらどうだ!」 尚子さんに対しても強気であるし、 今回はちょっと凶暴である。 「こっちのスケジュールはめちゃめちゃよ。 」(いつものことだ)• 「 おねぇさんとのやくそくがまもれなかったの〜?」 (尚子さんの一言、ふたりともおじさんおばさんという言葉にナーバスである• 一平が三平汁• 「尚子さんってな酔っ払うと結構色っぽいんだよ。 たまんねぇだこら。 」 と言って一平と歩いていると尚子さんが前から歩いてきた、尚子さんは気づいていないが 「 ごめんごめん。 飲まなくっても充分色っぽいです!」• 「今すぐ江差にいってくれるでしょ!! 尚子さん 」 「はい」 結局いつもと一緒• 「俺はそれ (自分の目で体で父親を感じること 姿を焼き付けておくこと ができなかったからさ 俺の親父は8歳の時に旅先でポックリ逝っちゃって、キャッチボールをしたこともないし相撲も取ったことがないんだ」 取っ組み合いがしたかったと涙ぐむ克也 新事実!! 「おてがらおてがら」• 「みた?派手なマフラーと 金時計、絶対汚職刑事だよ」 清水健太郎のこと まだ初期の頃だからなのか、克也がよく尚子さんに反抗していた。 途中まで、なぜ殺人が起こるのか全く分からなかった。 郡上踊り殺人事件('01. 16OA) 21世紀第一弾の小京都ミステリーの舞台は、岐阜県の郡上八幡でした。 お風呂シーンあり 出演者:京本政樹、真行寺君枝、金山一彦、いしのようこ、古川理科、河原崎建三、デビット伊東、松永博史 (松永博史氏は出雲・・・にも出演)• 克也変な踊り(郡上踊りの輪に入り)• 酒をもらおうとして尚子に首根っこをつかまれる• (サンプル工房で海老の天ぷらを作るがもこもこになる) アメリカンドックだね。 遊童館の表で、並んでいた竹の棒が倒れてきた。 その時克也が尚子さんをかばう。 そのあと 「かっちゃんけがない??」 「あっっ」と言って額を抑える」克也)• 冬美と奈々子がトルコ石の指輪を見て「誰からもらったの」「内緒内緒」といっていた姿がちょっと一昔前の姉妹と言う感じがしてしまった• 笑いあう二人を克也がむっとして見つめる• 「心の中で誤ったわよ。 ごめん。 ありがとう。 ひゃっひゃっひゃっ(今回よくこの笑い方をする)• サンプルと分からなければ かっちゃん食べてたわよね。 いえてま• なに言っちゃっちゃってんだか(常用)• このスケベ(彼女がいるといつもこういう気がする)• なんでこうなるの(勿論欽風)• どうでもいいんだけどね、夜遊びしようと朝帰りしようと(スネ)• わかった、わかったわかったわかったわかった• ぴんぽん 常用)• また怒らしちゃったよダメだよ今度は全然かみ合わないと言って 歯をカチカチ鳴らす(噛んでいる)• OK!(常用)• そして冬美を殺す。 その事件に関わってしまった啓子、広瀬 金山 は、ずっと罪の意識をもってすごしてきたのに・・・ 三宅と来たら、冬美の妹奈々子には「信じてますよ」などとやさしい言葉をかけ、啓子、広瀬も殺し、奈々子が三宅を刺そうとしたのを止めに入った尚子と奈々子の話を聞いてもまだしらをきっていたので 「なんてやつだ!」と思った。 いつもは、身内のために人を殺してしまったとか、やむを得ず殺してしまうなど、訳が分かる場合が多いが、今回は何の救いもない内容だった。 克也が倒れ来る竹から尚子さんを守った姿は勇敢だった。 出雲路天女伝説殺人事件 (かなり前のもの) 倉吉市を舞台に繰り広げられました。 こちらの地方には、三保の松原と同じ様な天女伝説があり、その物語をベースに親子関係が描かれていました。 天女が木こりに羽衣を奪われたので天に帰れなくなり、木こりと結婚し、2人の男の子をもうけた。 天女は天を恋しく思い、2人の子供に太鼓笛を教えて、天を忍んだ。 ある時天女は羽衣を見つけ、天に帰っていった。 2人の子供は母がいなくなったのを寂しく思って山の上で太鼓笛を演奏した。 すると母の天女が現れ、2人の子供を天に連れ帰った。 (簡潔なり) 出演者:福田豊土 仁藤優子 高松英郎 中島久之 松永博史 山口果林 藤王満 浅沼晋平 前田淳 お風呂シーンあり それも、尚子さんの知らせに驚いて立ち上がり、尚子さんに全裸を披露してしまう。 今年こそ尚子さんと・・・と拝んでいる途中で尚子はいなくなり横には知らないおばさんがいた。 気づいたときに 「一気ににこんな老けちゃって・・・」と言っていた。 (甚だ失礼)• 羽衣(スカーフ)が船越頭上に落ちてくる(慌てようが少しおもしろい)• キャメラ撮影は禁止と注意される(足立美術館)• 後ろをつけているすがたが不自然。 あれでは絶対ばれる• 浴衣姿でロビーに降りていくのはおかしい• お手柄の時の拍手多い。 言い終わってもまだ手を叩いている。 織田裕二風のジャケット、チョッキ両方を着る。 」 「分かんないわぁ。 (常用) そう言うことだ!!( ウインク ) だよだよだよ(常用) 余談:結構良いところそうなので、行きたくなりました。 長崎ビードロ殺人事件 '00. もみあげ長し• 背中が一本のバンドになっているチョッキ着用• お腹にパンチをされる• 口を開けて寝る• カメラはPENTAX使用。 2色のズボンをはき替えていたが、上着は黒のみ。 「俺がいなくなって 大切さに 気づいちゃっても遅いぜ」 「じゃ例に一回離れてみる??」 「それだめ、絶対ダメ立場よえー」• と言っていた。 先に坂道を降りた方がお昼をおごってもらう。 と走っていたが、自分が大幅に遅れていたため、尚子の気を引くためしってこける• おんぶをして髪の毛のことを言われる• えっへん。 たんまたんま(常用) ごもっとも てれちゃうぜ(上を見つつ人差し指で鼻をこする。 加山雄三風) 自分の思いを信じろかっちゃんそう言ってくれたでしょ。 それで勇気が出た。 と尚子に言われて 今回は、そんなに指摘するようなおもしろいこと、不自然なことはありませんでした。 「肥前螢の里殺人事件」 いつ放送されたか全く覚えてないくらい前の(船越も英一郎ではなく栄一郎)のレポートです。 出演者:秋本奈緒美、岡野進一郎、筒井真理子、山下容莉枝、 杉田かおる、でんでん、柳川慶子、堀内正美 お風呂シーンなし。 因みに「投げる」というのは、腕を引っ張られてほられると言うか、ま、そんな感じです。 今回はサービスで話の内容も書きます。 でも、長くなるのでみたい方はへ。 克也は、尚子さんを 8年間も待っている。 岡野、船越は似ている• 克也は、読解力がない。 克也は、尚子さんの「お願い(ハート)」に弱い。 喧嘩をして、尚子さんが車から降りて「1人で行くわ」と言ったときに本当にほっていってしまった。 服のコーディネートが、今回はこんな感じでした。 よく似た服を着ています。 衣装提供 ピエスモンテ VALENTINO CARAVANI ミカレディ Takeo Trical(?) WHY CO. LTD サンノトーレ オーロラ株式会社 イタリヤード ラブエル TIRA-VENTO ROSE MARY ROSE 行ったところ 青山窯の前の路ー弦太窯(恵美の家)ー唐津ロイヤルホテル(玄界ーバー)ー虹ノ松原ー唐津ロイヤルホテルー弦太窯ー鏡山窯ー石炭王「たかもりこれつぐ」の屋敷ー喫茶店(オートバックスの近く)ー唐津ロイヤルホテルー虹ノ松原ー唐津警察署ー弦太窯ー伊万里警察署ー唐津ロイヤルホテルー弦の実家ー高校ー呼子(海、先生の家)ー七ツ釜ー唐津警察署ーすが神社 かっちゃん語録 きた!きたきたきたきた (平目活造りを目の前にして) おいちーーーーーーー(平目を食べて) (尚子さんの) お願いに弱いのよー (尚子さんがお願い「チュッ」みたいなまねをすると) 「卑怯者ぉ」 ぴんぽん 越中落人殺人事件 の報告 '99,3,23OA 出演者:高橋長英、夏八木勲、松村雄基、古柴香織、山口果林 行ったところ 城端駅ー高岡駅ー鋳物工房利三郎ー喫茶夢見通りー(金沢)ー瑞泉寺ー木彫りの里ー八日町通りー工芸館ー彫刻総合会館ー瑞泉寺ー寺の境内ー高岡市の歩道ー上村家ーあまはらし海岸ー高岡大仏ー公園ーゆみえの家ー駐車場ビルー夢見通りーしょうろう宴会場ー電車ー船着場ー大牧温泉 衣装提供 TABAS BOULBA JANE RIVER NEXT Talbots tricori twicata ローラ アシュレイ LANCEL SPICS VENDOME AOYAMA 銀座ボーグ かっちゃん語録(ギャグ) あいよ はいいきまーす。 とカメラを横に向け、 なんちゃって あたたー 何をのんきなこと言っちゃっちゃってんのよ。 レンタカーレンタるか• 大牧温泉に10年ほどまえにいった。 スネ夫のお母さんのようなしゃべり方で電話をしていた。 canonのカメラを使っていた。 尚子さんが、携帯のはいるスケジュール帳を使っていた。 お手柄が2回あった。 出演者 : 大木実、加納竜、秦由香里、木村理恵、羽場裕一 緒沢凛、桂小金時、村野武範 お風呂シーンあり• 船越顔に出来物あり。 船越は、自分の劇団で、「未来伝説桃太郎」をやったせいか、桃太郎についてあつく語っていた。 「お手柄お手柄」が番組の早い時点で1度あり、合計2度もあった。 死体が髪の毛を持っていたので、尚子さんが髪の毛を調べられていたが、警察から出たとき、克也に向かって 「髪の毛採取されたのが私で良かったわね」 というと克也がふくれていた。 が、これを副音声では 克也、むっとして少し薄くなった生え際を押さえる• 桂小金時が「船長シリーズ」に続き出演していた。 かわいい子を見て克也がにやにやしていると、尚子さんが呆れていた。 なんやかんや言って克也が女の子を見て嬉しそうにしていると、尚子さんはおもしろくなさそう。 パチンコ屋のトイレの窓の柵のところに足を挟んでしまっていた。 尚 子 さ ん AB 型 で あ る こ と が 判 明 行ったところ 聚楽園ー吉備津神社ー喜多見家ー津山警察ー安代実家ー米屋ー高梁国際ホテルー杉田家ー美春閣ー川ー鯉喰亭ー鯉喰神社ー鬼の城ー津山市立図書館ー美春閣ームサシ(パチンコ)ー天台宗金光山長法寺ー喜多見家ー天台宗金光山長法寺ー津山警察ー吉備津神社 衣装提供 (株)ウールン商会 JARDIN ジオン商事 株式会社ミスズ 中野ブロードウェー 成木屋ヘルガ マスダ増 PORTVILA INC. ユニオン・ロイヤル かっちゃん語録 お・ま・か・せ・く・だ・さ・い・こ・の・ぼ・く・に(少しメロディあり) 最近ねー お金を出すと言った時尚子さんに太っ腹ねーといわれ おまたーへ といってお尻を少し突き出す。 山吹色の声 (おばあさんの悲鳴) といいながら強引に部屋に入る克也 副音声風に言ったか? 理解理解理解 私も是非とも吉備津に行きたいなぁと思いました。 山本克也氏が衣替えをしているなぁと思いました。 これから暫くは後ろが一本になっているチョッキは見られません。 ま、再放送があるので見られますが。 それでは、8/25にOAされた 小京都ミステリー柳川編の報告をします。 出演者 :浜田万葉、長門裕之、南田洋子、新克利、田中実 吉野公佳、中西良太 お風呂シーンあり(雨が降りますと歌っていた。 白秋の歌) 今回は片平にたたかれていませんでした。 殺されたのは、取り立て屋尾崎と、長門裕之だったけど、弓で鉛のついた矢を射られたのは驚いた。 それから、柳川ということで間違いなく船越がドジョウすくいをするだろうと思っていたのですが。 食べてもいませんでした。 名物を絶対に食べるわけではないのですね。 (うっかり八兵衛のように)• 浜田と吉野が姉妹役だったけど、ずっと「かずちゃん」と言ってたのに最後いきなり「お姉ちゃん」と言っていたのが不自然だった。 尚子さんは「おてがらおてがら」をしなかった。 (副音声を聞いていると、小さく手をたたいて・・・と言っていた) 今回行ったところ(福岡県甘木市秋月を中心に) 1 めがね橋 6 草木染め工房 11 有明湾 2 柳川(川下り) 7 樺島家 3 勝島(結婚式場) 8 郷土料理屋 4 大観荘(旅館) 9 御花 5 料亭 10 田中宅 川下りをしているとき、船越がつまづいた上に、橋をくぐるとき頭を打ちそうになっていた。 (いつもどおり?(^^)) 尚子さんに妹がいることが判明。 衣装提供 (株)ウールン商会 PINGRE PORTVILA INC. (株)コムズ. シャイニング ブライダルハウスB&B LES HALLES TIRA VENTO 中野ブロードウェー 成木屋ヘルガ かっちゃん語録 大ピンポン! とろけちゃう! (尚子さんが頬にキスをしてくれたので) あうん? あそっかい。 (貝の料理を目の前にして。 ) 一生ついてく まぁ、こんなところです。 あと、なんか、よく次郎さん(坂上)のようなしゃべり方をしていたのが気になりました。 それから、最後に「俺もあまりに待たすと切れるよ。 」といったら、尚子さんが「そのうちね」といっていました。 かっちゃん(船越)にも春が来るかも!!(多分来ない) (敬称略) 実は、これ以前に放送された回のまとめもあります。 もしみたいという方がいらっしゃれば,ご連絡下さい。

次の

小京都ミステリー30 エジプト・パピルス殺人事件

小 京都 ミステリー

概要 [編集 ] フリーライターのとカメラマンのが取材で訪れた、日本各地にあると呼ばれる場所で起こる難事件を解決していく。 の所属でありながら、2時間ドラマの女王である片平なぎさと、同じく2時間ドラマの帝王であるの2人の掛け合いが人気となり、2001年までに30作が製作された。 現在、やので小京都ミステリーの再放送が行われている。 事件の核心にせまるトリックや証拠を見つけたり、犯人が分かった時などには2人が小さく拍手をしながら「 お手柄お手柄」と言うのが恒例になっている。 シリーズの前期ではレンタカーやタクシーなど異なる車で移動していたが、中期以降はでの移動になっている。 最終作となる30作目は、火曜サスペンス劇場20周年にあたることからそのことを明記した特別オープニングになっている。 また、タイトルの「エジプト・パピルス殺人事件」のごとく、もはや小京都とは遠く離れて、エジプトで事件に巻き込まれるというストーリー展開になっている。 キャスト [編集 ] 主人公と相棒 [編集 ] 柏木尚子(かしわぎ しょうこ) 演 - フリーライター。 当初は旅行雑誌の出版社である旅の友社に勤務。 旅行雑誌にもかかわらずのような内容をとがめられ、半年間、編集デスクに回されていた。 編集長から「小京都の女たち」という企画を提案され、以後、カメラマンの山本とともに各地を取材(第1作)。 妹(柏木直子)がおり第1作では東京で2人で暮らしていた。 尚子が13歳のとき母が死亡、父は税務署に勤務する公務員であったが既に亡くなっている。 作中のナレーションも担当しており,冒頭に「わたくしことフリーライターの柏木尚子とカメラマンの山本克也は…」という言い回しから始まる台詞が恒例となっている。 山本克也(やまもと かつや) 演 - 船越栄一郎(現・) カメラマン。 当初は旅の友社の写真部に所属し、「小京都の女たち」の企画にカメラマンとして参加。 このシリーズ以後、カメラマンとして尚子とともに各地を取材。 その他 [編集 ] 柏木直子 演 - 松岡久美(第1作)、(第5作) 柏木尚子の実妹。 父は第1作の4年前に直子の目の前で倒れ心筋梗塞で亡くなっている。 ゲスト [編集 ] 第1作「小京都連続殺人事件」(1989年)• 冬木百合(京香堂の営業) -• 立花杏子(カメラマン) -• 旅館「杉の井」若女将 -• 松村加代(和彦と百合の親代わり) -• 漆太郎(漆不動産 社長) -• 漆信夫(漆株式セミナー 社長) -• 京香堂の番頭 - 河合紘司• リポーター -• 木下朱美(偽女子大生・偽名「風間エミ」) -• 久美(彫刻師) - 樋口しげり• 岡弥一郎(製材会社社長・婿養子で旧姓「漆」) -• 冬木和彦(百合の兄・3年前から行方不明) -• 刑事 -• 三村(杏子の不倫相手) -• 大崎(アパート「洛南荘」の入居者) -• ホテル従業員 - 中村由起子• 農家の夫妻 - 、• 久美の師匠 - 村上幹夫• 冬木(和彦と百合の父・15年前死亡) -• 上村(旅の友社 編集長) - 第2作「飛騨高山連続殺人事件」(1990年)• 元木正彦(イベント屋・柏木尚子の元恋人) -• 篠田志麻(象山の妻) -• 浜口弦洋(陶芸家) -• 茶道「深山千家」家元 -• 乾(自宅の蔵から壺が出た旧家の男性) -• 冒頭の古美術商 -• 片桐令子(西条の秘書) - 斉藤智美• 乾とよ(乾の妻) - たうみあきこ• 犬と散歩中の女性 - 沢柳廸子• 篠田象山(陶芸家) -• 堂本一郎(日本美術界の重鎮) -• 西条義夫(美松デパート 専務) -• 、及川ヒロシ、、 第3作「津和野・萩殺人事件」(1991年)• 中森慎一(建築家・柏木尚子の萩 南中学時代の2学年先輩) -• 工藤興産 主任 -• 亀井烈(亀井こうたろうの甥) - 三上伸行• 田中(長門警察署 刑事) -• 遠山一也(建築家・慎一の中学時代からの親友) -• 大原(長門警察署 警部) -• 三谷真紀子(OL) - 河合真希• 、、、松山照夫、、不破達也、 第4作「京都山口殺人旅行」(1991年)• 山川大介(KOSUMOS物産 常務・柏木尚子の亡父の友人) -• 畑中信一(KOSUMOS物産 部長) -• 名木陽子(信一の恋人) -• 山川みどり(大介と前妻の娘) - 山村紅葉• 田中努(大介の亡妻〈麗子〉の兄) -• 轟(KOSUMOS物産 専務) -• 若山幸子、、速見しんご、、、、小谷野啓、、兼重美紀子、田村元治、ビアンカ アレン 第5作「奥飛騨三寺まいり殺人事件」(1992年)• 香坂美子(ファッションコーディネーター) -• 田崎次郎(ホテルの専務) -• 野村(西東京大学病院 院長) - 平野稔• (古川警察署 捜査係長) -• 三嶋屋 店主(ロウソク職人) -• (飛騨ハイランドホテル 支配人) -• 藤枝早苗(岐阜第一総合病院 元看護婦) - 三沢明美• 大西甲一(写真家・1年前に飛騨高山で消息を絶つ) -• 野間洋子、、、伊落卯木、五十嵐美穂子、、、蒲和也 第6作「会津涙橋殺人事件」(1992年)• 中田道子(虎之助の次女・若松城の職員) -• 野崎正彦(虎之助の教え子・居酒屋店主) -• 笹井一郎(虎之助の教え子) -• 笹井伸子(一郎の妻・清川の妹) - 若山幸子• 松本竜二(虎之助の教え子・松本金融 社長) - 竹田巧• 坂上庄助(虎之助の教え子) -• 坂上民子(庄助の妻) -• 清川良平(山本克也の写真学校時代の友人) - 藤野晃• 野崎ハルエ(野崎の妻・居酒屋女将) -• 路上で野菜を売っているおばさん - 阿部光子• 滝沢医院 院長 - 相馬剛三• 警視庁西新宿警察署 刑事 -• 中田竹子(虎之助の長女・2か月前死亡) - 池上真知• 流し -• 中田虎之助(喜多方西中学校 国語教師) -• 、南雲克弘 第7作「薩摩恋人形殺人事件」(1992年)• 中村静(敏夫の祖母) -• 中村雅彦(茶農家・敏夫の父) -• 中村敏夫(本坊酒造 工員・由美子の恋人) -• 田辺由美子(バスガイド) -• 岡本民江(静の幼馴染) -• 遠山一郎(白タク運転手) -• 木崎(簡易宿泊所「南国ホテル」経営者・婿養子) -• 川村(薬売り) -• さよ(静の付き人・故人) -• 清水(鹿児島北警察署 警部) -• 鈴木征一(本坊酒造 工員・本名「永井正一」) -• 、南雲克弘 第8作「北海慕情殺人事件」(1993年)• 竹沢冬美(徹の妻) -• 竹沢一平(徹と冬美の息子・10歳) - 根本卓哉(子役)• 大和田(船長) -• 金木隆一(金木水産 社長) -• 水上竜次 - 大門正明• 大沢(新潟北警察署 刑事) -• 竹沢徹(漁師・3年前に蒸発) -• 、若山幸子、 第9作「出雲路天女伝説殺人事件」(1993年)• 岡本伸江(仮出所中の女) -• 平田辰吉(足立美術館 警備員・元刑事) -• 岡本恵(足立美術館 学芸員・伸江の娘・雄の妹) -• 三村和夫(倉吉北警察署 警部) -• 岡本雄(日本交通倉吉営業所 バス運転手・伸江の息子) -• 望月達夫(伸江の夫の兄・雄と恵の伯父) -• 野崎一郎(野崎の息子・恵の婚約者) -• 野崎周平(野崎酒造店 店主) -• 望月卓朗(達夫の息子・雄と恵のいとこ) -• 高木(伸江の保護司) - 五十嵐美恵子• 三村あきこ(平田の娘・三村の妻) -• 南雲克弘、浜村愛子 第10作「安芸奥の細道殺人事件」(1993年)• 川口伸夫(真木の父) -• 川口真木(17歳の俳句少女) -• 永井(永井の妻) -• 田辺(萌木会 事務局長・柏木尚子の大学の先輩) - 堀内正美• 永井たつひこ(果樹園主) -• 萌木会の幹部 - 佐竹明夫• 大岡ふじお(18年前の尾道の句会の選者) -• 高木(広島県警竹原警察署 警部) -• 野中彩子(真木の母・川口の元妻) -• 平山青風(俳人) -• 、南雲克弘、納見俊三千 第11作「伊予夢芝居殺人事件」(1994年)• 水戸部愛(小山の娘) -• 山内時枝(柿本の娘) -• 岡村浩介(うどん屋の主人・元旅芸者) - 相馬剛三• 佐竹(次郎の母) - たうみあきこ• 水戸部錦四郎(愛の息子) -• 佐竹次郎(宇和島信用金庫吉田支店 係長・元旅芸者) - 大門伍朗• 柿本源太郎(元旅芸者の座長) -• 中井一夫(元旅芸者) -• 滝口(香川県警琴平北警察署 警部) -• 小山錦四郎(元旅役者) -• 、 第12作「みちのく酒田殺人事件」(1994年)• 戸川玲子(陽平の同棲相手) -• 沼田正司(吾一の次男・米農家) -• 沼田(吾一の妻) -• 狭山(取立屋・偽刑事) -• 沼田陽平(吾一の長男) -• 沼田早苗(吾一の娘・舞妓) -• 大川(酒田警察署 警部) - 田嶋基吉• 沼田(吾一の母) -• 染谷(狭山の部下) -• 沼田吾一(米農家) -• 、南雲克弘 第13作「豊後路石仏殺人事件」(1995年)• 高木和代(ホテルあしや 仲居・利夫の妻) -• 高木幸子(印刷所従業員・利夫と和代の娘) -• 金子小百合(高木医院 元看護婦・旧姓「平林」) -• 鈴木邦彦(幸子の同僚) - 佐伯太輔• 山崎龍次 -• 雀荘の主人 -• 高木キヌ(利夫の母) -• 加賀友子(高木医院 元看護婦) -• 弘庵和尚 - 森山潤久• 古園石仏群にいた女性 -• 堀井(印刷所の社長) -• のぶこ(ホテルあしや 仲居) - 溝口順子• 倫戒・高木利夫(修行僧・高木医院 元院長) - 第14作「山陰但馬殺人事件」(1995年)• 栗田しのぶ(美幸の母) -• 栗田美幸(4歳) - 安積玲奈(子役)• 中易裕一(中易酒造 社長・しのぶの元夫) -• 佐野彩子(デザイナー) -• 佐野邦江(彩子の母) -• 斉藤昌代(ホテルブルーきのさき 仲居) - ただのあっ子• 河村(そば屋 店主) -• 板井(城崎警察署 刑事) -• 中易孝子(裕一の母・しのぶの元姑) -• 、、、、、沢柳迪子 第15作「大和路くみひも殺人事件」(1995年)• 藤村夕紀(くみひも工芸家) -• 高橋明子(松澤家の新家政婦) -• 松澤鋭子(実業家) -• 広瀬奈美(スナック「蘭」ママ) -• 松澤雅夫(鋭子の夫) -• 邦江(松澤家の家政婦) -• (アパート大家) -• 藤村茜(夕紀の娘) - 矢部桃子• 長尾(伊賀上野警察署 刑事) -• 藤村耕平(夕紀の夫) -• 、、、 第16作「みちのく角館殺人事件」(1996年)• 早坂冴子(早坂の妻) -• 今泉宗六(岩手県警 警部補) -• 守屋慶吾(老舗工芸社 社長) -• 早坂信次(樺細工職人・朝子の弟) -• 早坂香織(早坂の娘) -• 西村真理子(安比高原牧場 従業員) -• 早坂俊(早坂の息子) - 長瀬優秀• 守屋史佑(守屋の養子・2年前事故死) - 源啓介• 守屋朝子(守屋の妻) -• 藤木公介(藤木伝四郎商店 店主) -• (岩手県警 課長) -• (岩手県警 刑事) -• 金子ゆり(守屋の2番目の養子の母) -• 大木(守屋家の家政婦) - 第17作「肥前蛍の里殺人事件」(1996年)• 増田恵美(陶芸家・柏木尚子の元後輩ライター) -• 綾小路いつか(少女漫画家) -• 増田弦(陶芸家・恵美の夫) -• 朝倉蛍子(冴子の高校時代の同級生・14年前自殺) - 菊池彩未• 南雲冴子(陶器店社長) -• 望月(唐津警察署 係長) -• 片岡健司(漁師) - 堀内正美• 増田啓子(弦の母) -• 上野羊子(「週刊スイートピー」編集者) - 第18作「加賀百万石殺人事件」(1996年)• 若松徳子(料亭「香林亭」女将) -• 平沢正人(料亭「香林亭」板長) -• 工藤春樹(料亭「香林亭」料理人) -• 坂本浩輔(料亭「香林亭」板前見習い) - (窪塚洋介)• 桔梗(東茶屋街の芸者) -• 豆奴 -• 神保雪子(花屋「花キューピット」店員・春に死亡) -• 加藤(金沢東警察署 警部補) -• 桑島(金沢東警察署 刑事) -• 中村長栄(和菓子屋「中村屋」隠居) -• 小杉久美子(和菓子屋「中村屋」店員・長栄の娘) -• 小杉三郎(和菓子屋「中村屋」製造員・久美子の夫) - 宮崎達也• 花屋「花キューピット」店主 -• (雪子の母) - 第19作「奥信濃殺人事件」(1997年)• 原田邦子(あかりの母・給食センター従業員) -• 丸山(長野南警察署 警部) -• 三国竜造(晴美の父) - 石田太郎• 三国晴美(高校教師・リレハンメルオリンピックのアルペンスキーの元候補選手) - 繁田知里• 三国竜一(晴美の弟) - 倉田昇一• 松波景子(クラブのママ・竜造の愛人) - 中上ちか• 吉岡哲也(宿坊 宿主・川地の高校時代の先輩) -• 原田あかり(18歳の盲目の少女・先々週の土曜日に転落死) -• 三国玲子(晴美の母) - 久保田民絵• (藤屋旅館 女将) -• クラブのママ -• 川地健一郎(藤屋旅館 従業員・元競輪選手) -• 、橋本菊子 第20作「肥後人吉殺人事件」(1997年)• 村口雅子(深野酒造 従業員・室戸と再婚し離婚した女の連れ子) -• 深野朋美(深野酒造 女将・柏木尚子の大学時代の友達) -• 室戸信助(室戸の息子・1か月前服毒自殺) - 斉藤隆治• 三浦由香(ホステス・信助の元同棲相手) -• 立花功二(立花不動産 社長) - 中丸新将• 室戸吾助(酒と博打にのめり込んでいた男) - 脇坂奎平• (クラブ「サガン」ママ) -• 黒田(二日町交番 巡査長) -• (釜田醸造店) -• (鍋屋旅館 仲居) -• 山田(立花の土地ブローカー仲間) - 福島剛史• 岩倉(人吉警察署 警部補) - 第21作「周防岩国殺人事件」(1997年)• 小谷晴美(未亡人) -• 露木麻里絵(巫女) -• 露木八郎(バー「エリー」経営者・高利貸し・麻理絵の父) -• 露木純一(麻理絵の弟) - 佐伯太輔• ジョー・モズリー(アーミーショップのオーナー) -• 小谷駿(晴美の息子) - 飯塚恭平• 福島(岩国警察署 刑事) -• 金子浩二(バー「エリー」元マスター) -• 藤島(岩国警察署 警部補) -• 竜崎秀次(植木職人) -• 、山口杏子、南雲勝郎 第22作「津軽弘前殺人事件」(1998年)• 長坂翔(弘前日報 記者・山本克也の友人) -• 松戸幸四郎(弘前警察署 刑事) -• 上田久美子(源三の孫娘) - 小林千香子• 鈴木朱美(木崎クリニック 看護婦) -• 上田直樹(久美子の弟) -• 桜井五郎(変質者) -• 木崎明(木崎クリニック 副院長・久美子の婚約者) -• 樋口安男(リンゴ農家) - 水口邦夫• 山岸(弘前警察署 刑事) - 南雲勝郎• 田島源三(鳩笛職人) -• 、、、村野友美 第23作「水郷柳川殺人事件」(1998年)• 富田一枝(ブライダルコーディネーター) - 濱田万葉• 樺島綾乃(丸川水産加工 事務員・高士の婚約者) -• 松下高士(柳川警察署警ら課) -• 尾崎哲夫(借金の取り立て) -• 大山(柳川警察署 警部補) -• 今野雄一(有明開発事業団 理事) -• 岡村久子(一枝の高校時代の同級生) - 諸江みなこ• 樺島フミ(綾乃の祖母) -• 樺島ユキ(綾乃の母・故人) -• 丸川康夫(丸川水産加工 社長) -• 富田ハナ(一枝の母) - 南田洋子• 富田政太郎(一枝の父・失踪中) - 長門裕之• 南雲勝郎、、 第24作「吉備津鳴釜殺人事件」(1998年)• 相田啓介(刀工・杉田の二番弟子) -• 夏木(津山警察署 刑事) -• 高橋真理(宗純の娘) -• 喜多見百合子(喜多見の前妻・杉田の娘・昨年死亡) -• 加島安代(喜多見の内縁の妻) -• 高橋宗純(骨董店々主) - 江藤漢• 野辺朝子(長法寺住職の妻) -• (ホテルのバーテンダー) -• 青木(鯉喰亭 主人) -• 喜多見史郎(刀工・杉田の一番弟子) -• 杉田源一郎(刀工) - 大木実• 南雲勝郎、水口てつ 第25作「越中落人伝説殺人事件」(1999年)• 園山敏夫(弓枝の恋人) -• 高畑信介(県議会議員候補者) -• 川島弓枝(彫金作家) -• 松崎晃一(大牧温泉観光旅館 支配人) - 塙恵介• 西岡卓次(守衛・越中佐倉出身) -• 田中春彦(相川の幼馴染・前科八犯) -• 水谷登(越中佐倉出身・故人) - 福島剛史• 富山県観光地ガイド嬢 -• 上村正三(越中佐倉出身・故人) -• 川島伸子(弓枝の母) - 山口果林• 相川光生(弓枝の父・消息不明) -• 、、、、小谷野啓 第26作「豊後一子相伝殺人事件」(1999年)• 和泉幸恵(和泉の妻・恵子と高志の母) -• 和泉高志(和泉の息子) -• 羽野信一(和泉の弟子) -• 池田史郎(和泉の弟子) -• 加藤恵子(日田市観光課 職員) -• 林葉(日田警察署 刑事) -• 斎藤(日田警察署 刑事) -• 乾多恵(姫達磨職人・恵子の叔母) -• 姫野公平(池田の旧友) -• 橘勲(清流焼の窯元) - 平野稔• (小鹿田古陶館 館長) - 草野裕• (筋湯観光ホテル 仲居) -• 和泉千治(小鹿田焼「和泉工房」十二代窯元・恵子と高志の父) - 前田吟• 南雲勝郎、宮本たたみ 第27作「奥州三代嫁姑殺人事件」(2000年)• 桜木一郎(和枝の息子・ゴルフのレッスンプロ) -• 島本宏一(島本物産 社長) -• 桜木浩哉(一郎と由紀子の息子・和枝の手伝い) -• 桜木知美(浩哉の妻・和枝の弟子) -• 島本文子(島本の妻) - 音無美紀子• 島本恒子(島本の母・入院中) -• 山崎(水沢警察署 刑事) -• 白石(水沢警察署 刑事) - 宮崎達也• 花巻クレジットビューロ 社長 - 秋間登• キューポラの館 職員 - 南雲勝郎• 桜木由紀子(一郎の妻・和枝の弟子) -• 桜木和枝(桜木鉄器 第十二代当主) - 第28作「長崎ビードロ殺人事件」(2000年)• 椎名瑠璃(ビードロ職人・勇造の娘) -• 矢沢正之(笹岡ハタ店 ハタ職人・笹岡の弟子) -• 笹岡和枝(笹岡の妻) -• 河合滋子(河合の母) -• 草薙(長崎県警 管理官) -• 笹岡陽介(笹岡と和枝の息子・高校生) -• しまばら水屋敷の客 - 南雲勝郎• 太田(菓子職人・勇造の元弟子) -• ハタ職人 - 野村昇史• 榎本(大浦警察署 刑事) -• (大浦警察署 刑事) -• 河合達夫(しまばら水屋敷の管理人・勇造の元弟子) -• 椎名勇造(元ビードロ職人・10年前に作業場の火事で焼死) - 石立鉄男• 笹岡靖彦(笹岡ハタ店 ハタ職人・勇造の親友) - 第29作「郡上おどり殺人事件」(2001年)• 須貝奈々子(旅館「水明館」仲居・冬美の妹・偽名「加藤」) -• 広瀬忠彦(食品サンプル職人・奈々子の恋人) -• 須貝冬美(5年前失踪) -• 斉藤(郡上八幡警察署 刑事) -• 上野(郡上八幡警察署 刑事) -• 黒川和樹(喫茶店「ぺーぱーむーん」ウェイター) - 松永博史• 水野政雄(アートギャラリー「遊童館」館長・造形作家) -• (旅館「水明館」女将) -• (アートギャラリー「遊童館」アシスタント) -• 大森(酒屋の若旦那) - 南雲勝郎• 倉橋啓子(喫茶店「ぺーぱーむーん」経営者) -• 三宅雅之(画家) - 第30作「エジプト・パピルス殺人事件」(2001年)• 佐山香里(タペストリー職人) -• 三浦春子(タペストリー職人) -• 高村久美子(高村の娘) -• 足立吾郎(古美術商) - 中原丈雄• 大西次郎(研究員) -• 吉井誠(アラバスタ作り職人・香里の恋人・1年前から行方不明) -• 竹下里美 - 久永さとみ• ターメル(カイロ警察 刑事) - ターメル・エルサッバグ• ムハマド(カイロ警察 刑事) - アムル・バダウィ• 堀川不二夫(考古学者) -• 岡本秀雄(日本料理店「おかもと」経営者) -• 高村信彦(高村工房 経営者) - スタッフ [編集 ]• 原作 - (第1作・第4作)、(第3作「萩・西長門殺人事件」)• 脚本 - 安本莞二、、宇都宮郁代、、、、いずみ玲、• 音楽 - 丸谷晴彦• 監督 - 野村孝、、、合月勇、岡屋龍一、南部英夫、山田大樹• 企画 - 小坂敬、長富忠裕、酒井浩至• チーフプロデューサー - 重松修(日テレ)、(日テレ)、(日テレ)• プロデューサー - 野末和夫(日テレ)、前田伸一郎(日テレ)、野木小四郎(大映テレビ)、保坂博信(大映テレビ)、(大映テレビ)、千原博司(大映テレビ)、長坂淳子(大映テレビ)• 製作著作 -• 制作 - 放送日程 [編集 ] 話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率 1 1989年1月24日 小京都連続殺人事件 安本莞二 野村孝 2 1990年7月10日 飛騨高山連続殺人事件 池広一夫 18. 視聴率は調べ、・世帯 パチンコ・パチスロ [編集 ]• CR火曜サスペンス劇場(2013年、)• 小京都ミステリーシリーズから「安芸奥の細道殺人事件」「大和路くみひも殺人事件」「豊後一子相伝殺人事件」をモチーフに採用しているが、映像についてはパチンコ用に撮り直している。 2016年には、同じ作品をモチーフにした「パチスロ火曜サスペンス劇場」が発売された。 図柄 [編集 ] 図柄 文字色 役名 人物 大当たりのラウンド数 1 赤 相楽リンダ 12・確変 2 青 木津川五利 12・単発 3 金 山本克也 船越英一郎 16・確変 4 青 与謝野清美 12・単発 5 赤 山村紅葉 (本人役) 12・確変 6 青 12・単発 7 金 柏木尚子 片平なぎさ 16・確変 8 青 綾部秀雄 12・単発 9 赤 12・確変• CR火曜サスペンス劇場 真相の扉〜22の過ち〜(2016年、タイヨーエレック)• パチンコ2作目の当機種では、「長崎ビードロ殺人事件」「郡上おどり殺人事件」「肥前蛍の里殺人事件」「津軽弘前殺人事件」がモチーフになっている。 脚注 [編集 ].

次の

小京都ミステリー

小 京都 ミステリー

概要 [ ] フリーライターのとカメラマンのが取材で訪れた、日本各地にあると呼ばれる場所で起こる難事件を解決していく。 の所属でありながら、2時間ドラマの女王である片平なぎさと、同じく2時間ドラマの帝王であるの2人の掛け合いが人気となり、2001年までに30作が製作された。 現在、やので小京都ミステリーの再放送が行われている。 事件の核心にせまるトリックや証拠を見つけたり、犯人が分かった時などには2人が小さく拍手をしながら「 お手柄お手柄」と言うのが恒例になっている。 シリーズの前期ではレンタカーやタクシーなど異なる車で移動していたが、中期以降はでの移動になっている。 最終作となる30作目は、火曜サスペンス劇場20周年にあたることからそのことを明記した特別オープニングになっている。 また、タイトルの「エジプト・パピルス殺人事件」のごとく、もはや小京都とは遠く離れて、エジプトで事件に巻き込まれるというストーリー展開になっている。 キャスト [ ] 主人公と相棒 [ ] 柏木尚子(かしわぎ しょうこ) 演 - フリーライター。 当初は旅行雑誌の出版社である旅の友社に勤務。 旅行雑誌にもかかわらずのような内容をとがめられ、半年間、編集デスクに回されていた。 編集長から「小京都の女たち」という企画を提案され、以後、カメラマンの山本とともに各地を取材(第1作)。 妹(柏木直子)がおり第1作では東京で2人で暮らしていた。 尚子が13歳のとき母が死亡、父は税務署に勤務する公務員であったが既に亡くなっている。 作中のナレーションも担当しており,冒頭に「わたくしことフリーライターの柏木尚子とカメラマンの山本克也は…」という言い回しから始まる台詞が恒例となっている。 山本克也(やまもと かつや) 演 - 船越栄一郎(現・) カメラマン。 当初は旅の友社の写真部に所属し、「小京都の女たち」の企画にカメラマンとして参加。 このシリーズ以後、カメラマンとして尚子とともに各地を取材。 その他 [ ] 柏木直子 演 - (第1作)、(第5作) 柏木尚子の実妹。 父は第1作の4年前に直子の目の前で倒れ心筋梗塞で亡くなっている。 ゲスト [ ] 第1作「小京都連続殺人事件」(1989年)• 冬木百合(京香堂の営業) -• 立花杏子(カメラマン) -• 旅館「杉の井」若女将 -• 松村加代(和彦と百合の親代わり) -• 漆太郎(漆不動産 社長) -• 漆信夫(漆株式セミナー 社長) -• 京香堂の番頭 -• リポーター -• 木下朱美(偽女子大生・偽名「風間エミ」) -• 久美(彫刻師) -• 岡弥一郎(製材会社社長・婿養子で旧姓「漆」) -• 冬木和彦(百合の兄・3年前から行方不明) -• 刑事 -• 三村(杏子の不倫相手) -• 大崎(アパート「洛南荘」の入居者) -• ホテル従業員 -• 農家の夫妻 - 、• 久美の師匠 -• 冬木(和彦と百合の父・15年前死亡) -• 上村(旅の友社 編集長) - 第2作「飛騨高山連続殺人事件」(1990年)• 元木正彦(イベント屋・柏木尚子の元恋人) -• 篠田志麻(象山の妻) -• 浜口弦洋(陶芸家) -• 茶道「深山千家」家元 -• 乾(自宅の蔵から壺が出た旧家の男性) -• 冒頭の古美術商 -• 片桐令子(西条の秘書) -• 乾とよ(乾の妻) -• 犬と散歩中の女性 -• 篠田象山(陶芸家) -• 堂本一郎(日本美術界の重鎮) -• 西条義夫(美松デパート 専務) -• 、、、 第3作「津和野・萩殺人事件」(1991年)• 中森慎一(建築家・柏木尚子の萩 南中学時代の2学年先輩) -• 工藤興産 主任 -• 亀井烈(亀井こうたろうの甥) -• 田中(長門警察署 刑事) -• 遠山一也(建築家・慎一の中学時代からの親友) -• 大原(長門警察署 警部) -• 三谷真紀子(OL) -• 、、、松山照夫、、、 第4作「京都山口殺人旅行」(1991年)• 山川大介(KOSUMOS物産 常務・柏木尚子の亡父の友人) -• 畑中信一(KOSUMOS物産 部長) -• 名木陽子(信一の恋人) -• 山川みどり(大介と前妻の娘) - 山村紅葉• 田中努(大介の亡妻〈麗子〉の兄) -• 轟(KOSUMOS物産 専務) -• 、、、、、、小谷野啓、、、田村元治、 第5作「奥飛騨三寺まいり殺人事件」(1992年)• 香坂美子(ファッションコーディネーター) -• 田崎次郎(ホテルの専務) -• 野村(西東京大学病院 院長) - 平野稔• (古川警察署 捜査係長) -• 三嶋屋 店主(ロウソク職人) -• (飛騨ハイランドホテル 支配人) -• 藤枝早苗(岐阜第一総合病院 元看護婦) -• 大西甲一(写真家・1年前に飛騨高山で消息を絶つ) -• 、、、、、、、 第6作「会津涙橋殺人事件」(1992年)• 中田道子(虎之助の次女・若松城の職員) -• 野崎正彦(虎之助の教え子・居酒屋店主) -• 笹井一郎(虎之助の教え子) -• 笹井伸子(一郎の妻・清川の妹) -• 松本竜二(虎之助の教え子・松本金融 社長) -• 坂上庄助(虎之助の教え子) -• 坂上民子(庄助の妻) -• 清川良平(山本克也の写真学校時代の友人) -• 野崎ハルエ(野崎の妻・居酒屋女将) -• 路上で野菜を売っているおばさん -• 滝沢医院 院長 - 相馬剛三• 警視庁西新宿警察署 刑事 -• 中田竹子(虎之助の長女・2か月前死亡) -• 流し -• 中田虎之助(喜多方西中学校 国語教師) -• 、 第7作「薩摩恋人形殺人事件」(1992年)• 中村静(敏夫の祖母) -• 中村雅彦(茶農家・敏夫の父) -• 中村敏夫(本坊酒造 工員・由美子の恋人) -• 田辺由美子(バスガイド) -• 岡本民江(静の幼馴染) -• 遠山一郎(白タク運転手) -• 木崎(簡易宿泊所「南国ホテル」経営者・婿養子) -• 川村(薬売り) -• さよ(静の付き人・故人) -• 清水(鹿児島北警察署 警部) -• 鈴木征一(本坊酒造 工員・本名「永井正一」) -• 、 第8作「北海慕情殺人事件」(1993年)• 竹沢冬美(徹の妻) -• 竹沢一平(徹と冬美の息子・10歳) - (子役)• 大和田(船長) -• 金木隆一(金木水産 社長) -• 水上竜次 - 大門正明• 大沢(新潟北警察署 刑事) -• 竹沢徹(漁師・3年前に蒸発) -• 、、 第9作「出雲路天女伝説殺人事件」(1993年)• 岡本伸江(仮出所中の女) -• 平田辰吉(足立美術館 警備員・元刑事) -• 岡本恵(足立美術館 学芸員・伸江の娘・雄の妹) -• 三村和夫(倉吉北警察署 警部) -• 岡本雄(日本交通倉吉営業所 バス運転手・伸江の息子) -• 望月達夫(伸江の夫の兄・雄と恵の伯父) -• 野崎一郎(野崎の息子・恵の婚約者) -• 野崎周平(野崎酒造店 店主) -• 望月卓朗(達夫の息子・雄と恵のいとこ) -• 高木(伸江の保護司) -• 三村あきこ(平田の娘・三村の妻) -• 、 第10作「安芸奥の細道殺人事件」(1993年)• 川口伸夫(真木の父) -• 川口真木(17歳の俳句少女) -• 永井(永井の妻) -• 田辺(萌木会 事務局長・柏木尚子の大学の先輩) - 堀内正美• 永井たつひこ(果樹園主) -• 萌木会の幹部 - 佐竹明夫• 大岡ふじお(18年前の尾道の句会の選者) -• 高木(広島県警竹原警察署 警部) -• 野中彩子(真木の母・川口の元妻) -• 平山青風(俳人) -• 、、 第11作「伊予夢芝居殺人事件」(1994年)• 水戸部愛(小山の娘) -• 山内時枝(柿本の娘) -• 岡村浩介(うどん屋の主人・元旅芸者) - 相馬剛三• 佐竹(次郎の母) -• 水戸部錦四郎(愛の息子) -• 佐竹次郎(宇和島信用金庫吉田支店 係長・元旅芸者) -• 柿本源太郎(元旅芸者の座長) -• 中井一夫(元旅芸者) -• 滝口(香川県警琴平北警察署 警部) -• 小山錦四郎(元旅役者) -• 、 第12作「みちのく酒田殺人事件」(1994年)• 戸川玲子(陽平の同棲相手) -• 沼田正司(吾一の次男・米農家) -• 沼田(吾一の妻) -• 狭山(取立屋・偽刑事) -• 沼田陽平(吾一の長男) -• 沼田早苗(吾一の娘・舞妓) -• 大川(酒田警察署 警部) -• 沼田(吾一の母) -• 染谷(狭山の部下) -• 沼田吾一(米農家) -• 、 第13作「豊後路石仏殺人事件」(1995年)• 高木和代(ホテルあしや 仲居・利夫の妻) -• 高木幸子(印刷所従業員・利夫と和代の娘) -• 金子小百合(高木医院 元看護婦・旧姓「平林」) -• 鈴木邦彦(幸子の同僚) -• 山崎龍次 -• 雀荘の主人 -• 高木キヌ(利夫の母) -• 加賀友子(高木医院 元看護婦) -• 弘庵和尚 -• 古園石仏群にいた女性 -• 堀井(印刷所の社長) -• のぶこ(ホテルあしや 仲居) -• 倫戒・高木利夫(修行僧・高木医院 元院長) - 第14作「山陰但馬殺人事件」(1995年)• 栗田しのぶ(美幸の母) -• 栗田美幸(4歳) - (子役)• 中易裕一(中易酒造 社長・しのぶの元夫) -• 佐野彩子(デザイナー) -• 佐野邦江(彩子の母) -• 斉藤昌代(ホテルブルーきのさき 仲居) -• 河村(そば屋 店主) -• 板井(城崎警察署 刑事) -• 中易孝子(裕一の母・しのぶの元姑) -• 、、、、、 第15作「大和路くみひも殺人事件」(1995年)• 藤村夕紀(くみひも工芸家) -• 高橋明子(松澤家の新家政婦) -• 松澤鋭子(実業家) -• 広瀬奈美(スナック「蘭」ママ) -• 松澤雅夫(鋭子の夫) -• 邦江(松澤家の家政婦) -• (アパート大家) -• 藤村茜(夕紀の娘) -• 長尾(伊賀上野警察署 刑事) -• 藤村耕平(夕紀の夫) -• 、、、 第16作「みちのく角館殺人事件」(1996年)• 早坂冴子(早坂の妻) -• 今泉宗六(岩手県警 警部補) -• 守屋慶吾(老舗工芸社 社長) -• 早坂信次(樺細工職人・朝子の弟) -• 早坂香織(早坂の娘) -• 西村真理子(安比高原牧場 従業員) -• 早坂俊(早坂の息子) -• 守屋史佑(守屋の養子・2年前事故死) -• 守屋朝子(守屋の妻) -• 藤木公介(藤木伝四郎商店 店主) -• (岩手県警 課長) -• (岩手県警 刑事) -• 金子ゆり(守屋の2番目の養子の母) -• 大木(守屋家の家政婦) - 第17作「肥前蛍の里殺人事件」(1996年)• 増田恵美(陶芸家・柏木尚子の元後輩ライター) -• 綾小路いつか(少女漫画家) -• 増田弦(陶芸家・恵美の夫) -• 朝倉蛍子(冴子の高校時代の同級生・14年前自殺) -• 南雲冴子(陶器店社長) -• 望月(唐津警察署 係長) -• 片岡健司(漁師) - 堀内正美• 増田啓子(弦の母) -• 上野羊子(「週刊スイートピー」編集者) - 第18作「加賀百万石殺人事件」(1996年)• 若松徳子(料亭「香林亭」女将) -• 平沢正人(料亭「香林亭」板長) -• 工藤春樹(料亭「香林亭」料理人) -• 坂本浩輔(料亭「香林亭」板前見習い) - (窪塚洋介)• 桔梗(東茶屋街の芸者) -• 豆奴 -• 神保雪子(花屋「花キューピット」店員・春に死亡) -• 加藤(金沢東警察署 警部補) -• 桑島(金沢東警察署 刑事) -• 中村長栄(和菓子屋「中村屋」隠居) -• 小杉久美子(和菓子屋「中村屋」店員・長栄の娘) -• 小杉三郎(和菓子屋「中村屋」製造員・久美子の夫) - 宮崎達也• 花屋「花キューピット」店主 -• (雪子の母) - 第19作「奥信濃殺人事件」(1997年)• 原田邦子(あかりの母・給食センター従業員) -• 丸山(長野南警察署 警部) -• 三国竜造(晴美の父) - 石田太郎• 三国晴美(高校教師・リレハンメルオリンピックのアルペンスキーの元候補選手) -• 三国竜一(晴美の弟) -• 松波景子(クラブのママ・竜造の愛人) -• 吉岡哲也(宿坊 宿主・川地の高校時代の先輩) -• 原田あかり(18歳の盲目の少女・先々週の土曜日に転落死) -• 三国玲子(晴美の母) - 久保田民絵• (藤屋旅館 女将) -• クラブのママ -• 川地健一郎(藤屋旅館 従業員・元競輪選手) -• 、橋本菊子 第20作「肥後人吉殺人事件」(1997年)• 村口雅子(深野酒造 従業員・室戸と再婚し離婚した女の連れ子) -• 深野朋美(深野酒造 女将・柏木尚子の大学時代の友達) -• 室戸信助(室戸の息子・1か月前服毒自殺) - 斉藤隆治• 三浦由香(ホステス・信助の元同棲相手) -• 立花功二(立花不動産 社長) - 中丸新将• 室戸吾助(酒と博打にのめり込んでいた男) -• (クラブ「サガン」ママ) -• 黒田(二日町交番 巡査長) -• (釜田醸造店) -• (鍋屋旅館 仲居) -• 山田(立花の土地ブローカー仲間) -• 岩倉(人吉警察署 警部補) - 第21作「周防岩国殺人事件」(1997年)• 小谷晴美(未亡人) -• 露木麻里絵(巫女) -• 露木八郎(バー「エリー」経営者・高利貸し・麻理絵の父) -• 露木純一(麻理絵の弟) - 佐伯太輔• ジョー・モズリー(アーミーショップのオーナー) -• 小谷駿(晴美の息子) -• 福島(岩国警察署 刑事) -• 金子浩二(バー「エリー」元マスター) -• 藤島(岩国警察署 警部補) -• 竜崎秀次(植木職人) -• 、、 第22作「津軽弘前殺人事件」(1998年)• 長坂翔(弘前日報 記者・山本克也の友人) -• 松戸幸四郎(弘前警察署 刑事) -• 上田久美子(源三の孫娘) - 小林千香子• 鈴木朱美(木崎クリニック 看護婦) -• 上田直樹(久美子の弟) -• 桜井五郎(変質者) -• 木崎明(木崎クリニック 副院長・久美子の婚約者) -• 樋口安男(リンゴ農家) -• 山岸(弘前警察署 刑事) -• 田島源三(鳩笛職人) -• 、、、 第23作「水郷柳川殺人事件」(1998年)• 富田一枝(ブライダルコーディネーター) - 濱田万葉• 樺島綾乃(丸川水産加工 事務員・高士の婚約者) -• 松下高士(柳川警察署警ら課) -• 尾崎哲夫(借金の取り立て) -• 大山(柳川警察署 警部補) -• 今野雄一(有明開発事業団 理事) -• 岡村久子(一枝の高校時代の同級生) -• 樺島フミ(綾乃の祖母) -• 樺島ユキ(綾乃の母・故人) -• 丸川康夫(丸川水産加工 社長) -• 富田ハナ(一枝の母) - 南田洋子• 富田政太郎(一枝の父・失踪中) - 長門裕之• 、、 第24作「吉備津鳴釜殺人事件」(1998年)• 相田啓介(刀工・杉田の二番弟子) -• 夏木(津山警察署 刑事) -• 高橋真理(宗純の娘) -• 喜多見百合子(喜多見の前妻・杉田の娘・昨年死亡) -• 加島安代(喜多見の内縁の妻) -• 高橋宗純(骨董店々主) - 江藤漢• 野辺朝子(長法寺住職の妻) -• (ホテルのバーテンダー) -• 青木(鯉喰亭 主人) -• 喜多見史郎(刀工・杉田の一番弟子) -• 杉田源一郎(刀工) - 大木実• 、水口てつ 第25作「越中落人伝説殺人事件」(1999年)• 園山敏夫(弓枝の恋人) -• 高畑信介(県議会議員候補者) -• 川島弓枝(彫金作家) -• 松崎晃一(大牧温泉観光旅館 支配人) -• 西岡卓次(守衛・越中佐倉出身) -• 田中春彦(相川の幼馴染・前科八犯) -• 水谷登(越中佐倉出身・故人) - 福島剛史• 富山県観光地ガイド嬢 -• 上村正三(越中佐倉出身・故人) -• 川島伸子(弓枝の母) - 山口果林• 相川光生(弓枝の父・消息不明) -• 、、、、小谷野啓 第26作「豊後一子相伝殺人事件」(1999年)• 和泉幸恵(和泉の妻・恵子と高志の母) -• 和泉高志(和泉の息子) -• 羽野信一(和泉の弟子) -• 池田史郎(和泉の弟子) -• 加藤恵子(日田市観光課 職員) -• 林葉(日田警察署 刑事) -• 斎藤(日田警察署 刑事) -• 乾多恵(姫達磨職人・恵子の叔母) -• 姫野公平(池田の旧友) -• 橘勲(清流焼の窯元) - 平野稔• (小鹿田古陶館 館長) -• (筋湯観光ホテル 仲居) -• 和泉千治(小鹿田焼「和泉工房」十二代窯元・恵子と高志の父) - 前田吟• 、宮本たたみ 第27作「奥州三代嫁姑殺人事件」(2000年)• 桜木一郎(和枝の息子・ゴルフのレッスンプロ) -• 島本宏一(島本物産 社長) -• 桜木浩哉(一郎と由紀子の息子・和枝の手伝い) -• 桜木知美(浩哉の妻・和枝の弟子) -• 島本文子(島本の妻) - 音無美紀子• 島本恒子(島本の母・入院中) -• 山崎(水沢警察署 刑事) -• 白石(水沢警察署 刑事) - 宮崎達也• 花巻クレジットビューロ 社長 - 秋間登• キューポラの館 職員 - 南雲勝郎• 桜木由紀子(一郎の妻・和枝の弟子) -• 桜木和枝(桜木鉄器 第十二代当主) - 第28作「長崎ビードロ殺人事件」(2000年)• 椎名瑠璃(ビードロ職人・勇造の娘) -• 矢沢正之(笹岡ハタ店 ハタ職人・笹岡の弟子) -• 笹岡和枝(笹岡の妻) -• 河合滋子(河合の母) -• 草薙(長崎県警 管理官) -• 笹岡陽介(笹岡と和枝の息子・高校生) -• しまばら水屋敷の客 - 南雲勝郎• 太田(菓子職人・勇造の元弟子) -• ハタ職人 - 野村昇史• 榎本(大浦警察署 刑事) -• (大浦警察署 刑事) -• 河合達夫(しまばら水屋敷の管理人・勇造の元弟子) -• 椎名勇造(元ビードロ職人・10年前に作業場の火事で焼死) - 石立鉄男• 笹岡靖彦(笹岡ハタ店 ハタ職人・勇造の親友) - 第29作「郡上おどり殺人事件」(2001年)• 須貝奈々子(旅館「水明館」仲居・冬美の妹・偽名「加藤」) -• 広瀬忠彦(食品サンプル職人・奈々子の恋人) -• 須貝冬美(5年前失踪) -• 斉藤(郡上八幡警察署 刑事) -• 上野(郡上八幡警察署 刑事) -• 黒川和樹(喫茶店「ぺーぱーむーん」ウェイター) - 松永博史• 水野政雄(アートギャラリー「遊童館」館長・造形作家) -• (旅館「水明館」女将) -• (アートギャラリー「遊童館」アシスタント) -• 大森(酒屋の若旦那) - 南雲勝郎• 倉橋啓子(喫茶店「ぺーぱーむーん」経営者) -• 三宅雅之(画家) - 第30作「エジプト・パピルス殺人事件」(2001年)• 佐山香里(タペストリー職人) -• 三浦春子(タペストリー職人) -• 高村久美子(高村の娘) -• 足立吾郎(古美術商) - 中原丈雄• 大西次郎(研究員) -• 吉井誠(アラバスタ作り職人・香里の恋人・1年前から行方不明) -• 竹下里美 -• ターメル(カイロ警察 刑事) -• ムハマド(カイロ警察 刑事) -• 堀川不二夫(考古学者) -• 岡本秀雄(日本料理店「おかもと」経営者) -• 高村信彦(高村工房 経営者) - スタッフ [ ]• 原作 - (第1作・第4作)、(第3作「萩・西長門殺人事件」)• 脚本 - 安本莞二、、宇都宮郁代、、、、いずみ玲、• 音楽 - 丸谷晴彦• 監督 - 野村孝、、、合月勇、岡屋龍一、南部英夫、山田大樹• 企画 - 小坂敬、長富忠裕、酒井浩至• チーフプロデューサー - 重松修(日テレ)、(日テレ)、(日テレ)• プロデューサー - 野末和夫(日テレ)、前田伸一郎(日テレ)、野木小四郎(大映テレビ)、保坂博信(大映テレビ)、(大映テレビ)、千原博司(大映テレビ)、長坂淳子(大映テレビ)• 製作著作 -• 制作 - 放送日程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率 1 1989年1月24日 小京都連続殺人事件 安本莞二 野村孝 2 1990年7月10日 飛騨高山連続殺人事件 池広一夫 18. 視聴率は調べ、・世帯 パチンコ・パチスロ [ ]• CR火曜サスペンス劇場(2013年、)• 小京都ミステリーシリーズから「安芸奥の細道殺人事件」「大和路くみひも殺人事件」「豊後一子相伝殺人事件」をモチーフに採用しているが、映像についてはパチンコ用に撮り直している。 2016年には、同じ作品をモチーフにした「パチスロ火曜サスペンス劇場」が発売された。 図柄 [ ] 図柄 文字色 役名 人物 大当たりのラウンド数 1 赤 相楽リンダ 12・確変 2 青 木津川五利 12・単発 3 金 山本克也 船越英一郎 16・確変 4 青 与謝野清美 12・単発 5 赤 山村紅葉 (本人役) 12・確変 6 青 12・単発 7 金 柏木尚子 片平なぎさ 16・確変 8 青 綾部秀雄 12・単発 9 赤 12・確変• CR火曜サスペンス劇場 真相の扉〜22の過ち〜(2016年、タイヨーエレック)• パチンコ2作目の当機種では、「長崎ビードロ殺人事件」「郡上おどり殺人事件」「肥前蛍の里殺人事件」「津軽弘前殺人事件」がモチーフになっている。 脚注 [ ].

次の