タイピング 練習 コツ。 効率的にタイピングを習得するためのコツ

初心者でもできる!【タイピングが速くなる練習手順とコツ】

タイピング 練習 コツ

念のため、場所についても説明しておきます。 「F」「J」の文字のボタンに、指で触るとわかる印があると思います。 「F」の位置に 左の人差し指 「J」の位置に 右の人差し指 これがホームポジションです。 どの指でどのキーボードを打った後でも、基本的には この位置に戻ってくるということを意識しましょう。 指とキーボードの位置を守る ホームポジションを覚えたら、それぞれの指がどのキーボードを押すかを学びます。 「ホームポジション 画像」などと検索すると出てくるので、最初は 印刷してパソコンの近くに置いて、その位置を守って打つことを心がけてください。 各指が動かしやすいようにキーボードのボタンが決められているため、基本的にはこの位置を守った方がいいです。 その理由は2つ。 それぞれの指がどのローマ字を打つかを覚えるので、考えなくてもタイピングできるようになります。 例えば「あ」が出て来たら「左手の小指」、「き」が出てきたら「右手の中指でKとその上のI」という感じで、考えなくても指が勝手に動くようになります。 もう1つの理由は、自然と指がホームポジションに置かれることになるので、長文を打っていても 指が迷うことなくキーボードを打ち続けることができます。 と言う方もいらっしゃると思うのですが、初心者の方はまず 基本の形で覚えた方がいいです。 だんだん身についた後からアレンジを加えるのはいいと思いますが、まだ完璧にブラインドタッチができていないという方は、是非位置に沿って、タイピングしていきましょう。 【重要】指に位置を覚えさせる おそらく、これさえできればあとは 練習あるのみです。 この部分が、一番の肝になる部分だと思います。 ブラインドタッチができる人は、各指がキーボードの文字を覚えているので、考えなくても打てるようになります。 では、指に位置を覚えさせるようにしたら、どうすればいいのか。 結論から言うと、 トレーニングが必要です。 筋トレや、スポーツと同じように、繰り返し同じ動きをして身につけます。 >>実際にやってみましょう!<< <問>を見ながら、<答>に同じ文字を入力していってください。 スペースキーは打たなくてもOKです。 <答10> いかがでしょうか? 慣れないと指がつったり、変に力が入ってしまうかもしれません。 また、普通の文章ではないので、打ちにくいと感じるかもしれません。 あえてそういった文字を並べているのは、 「指にキーボードの場所を覚えてもらうため」です。 タイピングゲームで文章を打つと、確かに速くなるかもしれませんが、 「この指はこのボタンを押さないといけない」 といった 繰り返しのトレーニングこそ、タイピングが速くなる方法の近道だと思います。 ただ、こればかりやっていると飽きてしまうかもしれないので、下記の練習もやってみましょう。 ひたすら練習する 練習は、以下をおすすめします。 文章を頭で考えず、見た・読んだものを そのまま書き写す方が、タイピングスキル向上につながりやすいです。 そのため、本や新聞の文章を書き写す時も、見出しや多くの改行はあまり重要視ぜず、打ち続けることをおすすめします。 そして、やっていても 楽しいですよね。 タイピングゲームから練習を始めてしまうと、どの指がどのキーボードを押すかを理解しないまま進めることになってしまいます。 そうすると自己流でキーボードを押す形になってしまったり、指がキーボードの位置を覚えないまま練習を積むことになるので、あまり 効率的ではありません。 (気分転換にやってみるのは全然アリです!) 速く打つコツ(活用したいローマ字) もし、ホームポジションでブラインドタッチに慣れてきたら、1段階上のテクニックを紹介するので、こちらを試してみてください。 おすすめ教材 タイピングを早くするための教材として、というソフトがありました。 口コミや評価も高かったので、こういったソフトに頼るのもアリだと思います! 私の場合はパソコンスクールに通うことでタイピング以外にもエクセルやワードの基礎知識を学生の頃から学べたのでとてもメリットがありました。 しかし、エクセルもワードも年々バージョンアップされ、覚えていたはずのことが使えないということもあります・・・ その点、タイピングは 1回身につければ一生使えるスキルとなります。 もしも私がタイピングだけ速くなりたいという目的だけを達成するのでしたら、パソコンスクールに 月1万円5年間(約60万円)払い続けるのではなく、こういった ソフトを1回購入(約3,000円)して練習を続けた方がよっぽど コストを抑えられてスキルが身につけられたんだろうなぁと思います。 しかもタイピングスキルって、目に見えないですが 時間的コストがかなり抑えられるのがメリットですよね。 例えば、提案書などを同じ4,000文字程度で作ろうと思ったら、 30分程度で作成できる人と 1時間以上かかってしまう人とでは かなりの差が出てくると思います。 パソコンを使って仕事をするのが当たり前になった現代では、 タイピングスキルは必須です。 もしもタイピングに自信がない方は、私の記事を見て基礎練習が大事だということがご理解いただけたと思うので、その基礎練習を効率よくするためにも ソフトを買うのはかなり有効だと思います。

次の

タイピングが上達しないたった1つの理由【練習法も解説】

タイピング 練習 コツ

ブラインドタッチ(タッチタイピング)を上達させる5つのコツ・上達法・練習方法 そもそもですが、なぜ 文字入力が速くできるようになりたいのでしょうか? こんな理由ですかね。 仕事でパソコンを使うから• レポートを書かなければならないから• ブログを書きたいから でも、タッチタイピング(手もとを見ずに入力すること)ができなくても、文字は入力できますよね? つまり、タッチタイピングの 真の目的はこれだと言えます。 速く文字を入力できるようになって 効率化したい タイピングを速く打てるということは「パソコンでの効率化」の基礎なのです。 では本題の ブラインドタッチを上達させるための5つのコツですが、たった5つなので先に出しておきます。 タイピングに適した姿勢• (イスの高さを高めにする)• (背筋を伸ばす) それぞれ、くわしく紹介しますね。 ディスプレイは視線の高さよりも低く ディスプレイ(パソコンの画面)の高さは、 視線よりも低くなるようにしましょう。 ディスプレイは視線の高さよりも低く 上から少し見下ろすぐらいのほうが疲れにくいです。 ディスプレイまで40cm以上 ディスプレイから 目までの距離は40cm以上取るようにしましょう。 ディスプレイまで40cm以上 あまりに近いと目が疲れやすくなりますよ。 ヒジの角度は90度以上(イスの高さを高めにするとよい) そして、ヒジの角度は重要です。 90度以上になるようにしましょう。 ヒジの角度は90度以上(イスの高さを高めにすると良い) そのためには、 思ったよりもイスの高さが高くないとできません。 イスは高さの調整できるものにして、高めに設定しましょうね! イスに背中をつけない(背筋を伸ばすってこと) そして、背筋です。 イスに背中をつけない(背筋を伸ばすってこと) 背筋をピンと伸ばし、イスの背もたれにはもたれないようにしましょう。 ただ、上で紹介した姿勢は 一般的にタイピングしやすいと言われている姿勢です。 疲れたら背中をイスにつけたらいいと思うし、人によってやりやすい姿勢が違うかもしれません。 絶対ではないですが、基本として覚えておきましょう。 パソコンに触るときにまずやること 左手の人差し指 右手の人差し指 出っぱりのある Fキー 出っぱりのある Jキー 「出っぱり」を触ることで、「このキーは Fだな!」ということがわかるんですね! 視線は入力している文字に タイピング中は キーボードを見てはダメです。 では、どこを見ておけばいいのかというと、 もちろんディスプレイ(モニター画面)を見ましょう。 さらに細かく言うと 現在入力している文字に目をやります。 ちなみに、下記のような文字を入力する場所に出る コレ ・・ を キャレットと呼びます。 キャレットはこういう「文字を入力する位置を示す」やつ 文字を入力するときに、「 今ここに文字が入力されるよ! 」という印ですね( 覚えなくていいです)。 【おすすめ】ディスプレイの上にキー配列表を貼る 初心者が練習するときには、こちらの表(ヨス作)をパソコンの ディスプレイの上にテープなどで貼り付けるのをオススメします。 ディスプレイの上に貼る用の配列表() ディスプレイの上に貼っておけば、キーの位置を忘れても 手元を見なくても確認できますから。 とにかく、 手もとを見るクセがつくとやっかいなので、視線が手もとに行かないように練習しましょう! 指は常に「ホームポジション」の上に待機 さきほど、キーボードのキーのうち Fと Jには「出っぱり」があると書きました。 「F」キーと、「J」キーには出っ張りがあるので触ると分かる! この「出っぱり」を手がかりに、こちらのように指を置けましたか?• 左手の人差し指 …… Fキー• 右手の人差し指 …… Jキー そして、ほかの指も 人差し指の横に自然に置いてみましょう。 ホームポジション 上の図のようになりましたか? こちらの指の配置を ホームポジションと呼びます(参考: )。 キーボードを触るときは、 常に上の画像のようなポジションで指を配置させます。 左右の手のホームポジション では具体的に ホームポジションとして指を置くキーを紹介します。 1左手のホームポジション まずは 左手のホームポジションキーを見てみましょう。 ヨス 「ホームポジション」というのは、 自動車でいうと「ニュートラルな状態」ですね。 ただ、「1文字ごとにホームポジションに指を戻す」という 意味ではありません。 上の例では「 いと入力すること」だけが目的だから、 いを入力したらすぐにホームポジションに指を戻しました。 でも、ほとんどの場合は、文章を入力しますよね。 1文字ごとにホームポジションに戻るのではなく、 文章入力の「区切り」がついたら、ホームポジションに指を待機させる……というイメージです。 決められた指で必ず打つ タッチタイピングの速い人と遅い人の違いは「 決められた指で入力しているかどうか?」が大きいです。 じつは、キーボードのすべてのキーは 「この指で打つべき」というルールが完全に決まっていることをご存じですか? キーは必ず決められた指で! では、キーに対応した指を覚えるときに知っておきたいポイントをまとめました。 ヨス 効率がよいということは、 それが一番無駄な動きがなく速く打てるということ。 キーボードの左手、右手の分布図 当たり前ですが、左のほうにあるキーは左手で、右のほうのキーは右手で打ちます。 なぜなら効率的だから。 「指」と「キー」の対応表 では、タイピング時には具体的に どの指でどのキーを打ったらいいのでしょうか? こちらの「 指とキーの対応表」を見てください。 ややこしく見えますが、さっき見た ホームポジションから斜め左上~斜め右下までが、その指の担当です。 人差し指は動きやすいからもう一列多くカバーすることになっています。 親指の担当するキーは? 親指は Spaceを押しますが、左親指でも右親指でも やりやすい指でOKです! 主にひらがなを入力して、漢字に変換するときに Spaceを押しますよ。 というわけで、指の対応表を見てこんなふうに思ったかもしれません。 タイピングソフトの条件• どのキーをどの指で押すかが学べる• 画面がわかりやすい• 少しずつ学べる この3つの条件がそろっていないと、 効率的な練習ができないのです。 でも、世のなかにはいろんな無料タイピングソフト、有料タイピングソフトが存在するので、 探すのが大変ですよね……。 無料の「TypingClub」は最高のタイピングソフト わたしが一番オススメしているのが、 無料のタイピングソフト(厳密にはWEBサービス)の「」です。 下の画像のように「どのキーをどの指で押すのか」も一目瞭然で、画面もわかりやすい! タイピングソフトではTypingClubが最強です しかも 無料で使えるんですよね。 ヨス 世界の5,000以上の学校や地域で使われているほどの信頼性です。 そして、「少しずつ学べる」という条件ですが、これもばっちりクリアしています。 「TypingClub」で、最初に学ぶのは F Jの2つのキーのみ! 質の悪いタイピングソフトだと、 初日にたくさんのキーを練習させられますが、「TypingClub」なら少しずつ学べます。 のですが、 「TypingClub」を超えるものはありません。 なんて現実だ……。 もはや、タイピングの練習にお金をかける必要はゼロです。 お金をかけても「TypingClub」のクオリティには遠く及びませんから。 下記のような記事も、いちおう書いていますが、 間違っても有料タイピングソフトは買わないようにしてくださいね。 ヨス いいえ。 使う必要はありません。 実は日本語のタイピングソフトって、難易度が上がると 日常では使わない単語ばっかり練習させられるんですよ。 「どの指でどのキーを押すか」がマスターできれば、これ以上 タイピングソフトを使い続ける必要はありません。 そんなことよりも、 とにかく実践で目的を持って文字を入力しまくること! これに限ります。 くわしくはよ。 間違った指で入力したら削除して入力し直す ブラインドタッチを始めたばかりのうちは、 決められた指どおりに打てないときがあるでしょう。 たとえば Mを右中指で打ってしまうとか(本当は右人差し指が正解)。 もし間違ったら Backspace(Macだと Deleteキー)で 入力した文字を削除して、正しい指で入力し直しましょう。 1か月でマスターするタッチタイピング練習メニュー 日数 練習するキー TypingClubのレッスン 1日目 人差し指のホームポジション F J 1〜4 2日目 中指のホームポジション D K 5〜8 3日目 薬指のホームポジション S L 9〜11 4日目 小指のホームポジション A K 12〜15 5日目 ホームポジション復習 16〜18 6日目 中段の人差し指 G H 19〜21 7日目 ホームポジション総復習 22〜23 8日目 上段の人差し指 R U 24〜26 9日目 上段の中指 E I 27〜29 10日目 上段の復習 31〜34 11日目 上段の薬指 W O 35〜38 12日目 上段の左小指 Q 上段の右人差し指 Y 39〜41 13日目 上段の左人指し指 T 上段の右小指 P 42〜44 14日目 上段の復習 45・47 15日目 総復習 48〜51 16日目 下段の人差し指 V M 52〜54 17日目 人差し指の復習 55〜56 18日目 下段の中指 C , 57〜59・62 19日目 中指の復習 60〜61 20日目 下段の薬指 X. 1日の練習量は30分〜1時間程度でじゅうぶんですよ。 ヨス このとおりじゃなくてもOKですが、とにかく一日で一気に覚えようとせず、 ちょっとずつ慣れていった方がいいです。 タッチタイピングは頭は使いません。 キーの位置を記憶しようと思うのではなく、指で覚えましょう。 あとはひたすらタッチタイピングを練習 さて、 どの指でどのキーを押すかの練習を少しずつしていったあとは…… ひたすら練習です!! 練習するときには、 パソコンのモニターの上に キー配列の表を貼っておくと手もとを見なくてすむのでオススメです。 ヨス自作の「キー配列の表()」 これを貼っておけばバッチリですね。 手元を見ずとも、どの指でどのキーを押せば良いのかがわかります。 では、具体的にオススメの練習方法を3つ紹介しますね。 1メモ帳などでひたすら練習 まずオススメするのは、 メモ帳のようなものに、ひたすら入力するという方法です。 自分の生きた文章を入力するには、 Facebookや Twitterなどの SNSで投稿する「実践練習」が効率的ですよね。 SNSを使うこと自体が楽しいので、 いやでも練習できます。

次の

タイピングスピードを爆上げする7つのコツ【パソコン初心者向け】|みなとノート

タイピング 練習 コツ

1位 2180点• 2位 2150点• 3位 2110点• 4位 2100点• 5位 2090点• 6位 2070点• 7位 2050点• 8位 1900点• 9位 1870点• 10位 1830点• 11位 1820点• 12位 1810点• 13位 1800点• 14位 1780点• 15位 1770点• 16位 1760点• 17位 1750点• 18位 1740点• 19位 1730点• 20位 1720点 練習スタート.

次の