ドラえもん ドラ ビアン ナイト。 【感想】のび太のドラビアンナイトはおかしい?!しずかちゃんがかわいそうで泣けるかも!

どらえもん「ドラビアンナイト」の主題歌、「夢のゆくへ」ってどう聞いても...

ドラえもん ドラ ビアン ナイト

ミスを修正して、こちらに再うpしました。 sm6943077 どうぞよろしくお願いします。 細部までこだわって作られたシステムとグラフィック、独創的すぎた孤高の歴史シミュレーションゲーム• コースを動物が横切る!そんな画期的なシステムをもつ擬似3Dレースゲームが1984年に存在していた• ポケモンの田尻氏が手がけた、かわいいキャラと独特の操作感が楽しい良作アクションゲーム• まさかのクエストモード搭載、戦闘シーンがテニスのRPGは唯一無二。 普通のテニスゲームとしても良作• 豪快!大味!バランス崩壊!潔いまでの豪快さが気持ちいい・・・が難易度も異常なベルトスクロールアクション• 開発中の画面を見ると楽しそうなのにプレイしてみるとカクカク!そんなカルチャーブレーンらしさが存分に発揮された作品• 発売延期を繰り返し、ようやく発売されたと思えばバグ満載、さらには物語が途中で終わるという問題児。 完結編にあたる続編が発売中止になったため購入者は涙を飲んだ• ファミコン後期、マイナーだがキャラクターメイキングなど独自のシステムが楽しい丁寧に作られた良作• 当時流行っていた『ファジー』を無理やり取り入れたシューティングゲーム、他にもRPG要素があるなど独創的。 だが肝心のファジー機能は微妙.

次の

「のび太のドラビアンナイト」しずかちゃんが奴隷になるなど、様々な矛盾点についての考察

ドラえもん ドラ ビアン ナイト

『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』ってどんな映画?あらすじは? 『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』は、1991年公開のアニメ映画。 監督は芝山努。 主演は大山のぶ代、小原乃梨子、野村道子、たてかべ和也、肝付兼太。 あらすじとしては、「絵本の中に入れる『絵本入り込み靴』で絵本世界を楽しんでいたのび太としずかだったが、ジャイアンとスネ夫が絵本をバラバラにしたことで、絵本世界がめちゃくちゃになる。 しずかはめちゃくちゃな世界にうんざりして帰ろうとするが、途中で空飛ぶ絨毯にぶつかってしまい、絵本入り込み靴の片方が脱げ、絵本世界から出られなくなってしまう」という物語である。 絵本の中に入ってその世界を堪能できる『絵本入り込み靴』でシンドバッドの冒険を楽しんでいたのび太とドラえもん。 のび太は、その世界をしずかと楽しむためにしずかを訪ねると、これからピアノ教室のキャンプにいく途中だという。 のび太は15分だけ!としずかを誘うが、途中でジャイアンとスネ夫に出会ってしまい、それが原因でしずかはキャンプへと向かってしまう。 仕方なく、のび太はジャイアンとスネ夫を家に招いて絵本世界を楽しんでもらう。 すると、しずかも野比家にやってきて、実はキャンプの日を1日間違えていたのだという。 さっそく、のび太はスペアポケットで絵本入り込み靴を2足出し、しずかと共にピノキオを楽しむ。 すると、絵本でひどい目にあったジャイアンとスネ夫が出てきて、次は絵本のページをバラバラにした状態で、ランダムな世界を楽しむ…という荒技をする。 のび太たちのいる絵本世界もめちゃくちゃになってしまい、しずかは家に帰ることにする。 すると、帰る途中で空飛ぶ絨毯にぶつかってしまい、しずかは片方の絵本入り込み靴が脱げてしまい、絵本から帰れなくなってしまうのだった。 『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』は、ロマンを感じるアニメ映画だった というわけで『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』を観終わった。 まず最初の感想としては、 「ロマンを感じるアニメ映画だなぁ」 という感じである。 うん、素晴らしい映画である。 若干…アラビアンナイト的な軸へと持っていくのが強引ではある(例えば、絵本世界と実際の過去世界がつながっている…など)。 しかし、やはりドラえもん映画はこうでなくてはならない。 勧善懲悪もので、尚且つストーリーは「しずかちゃんを助け出すこと」ということが重要なテーマである。 その分かりやすさが『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』の素晴らしい点だと思う。 『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』の良い点 『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』の良い点は、やはり「分かりやすい謎」が散りばめられているところだろう。 黄金宮とはなんなのか• シンドバッドはなぜこんなにも珍しいコレクションを持っているのか• どうやって黄金宮を建てたのか• 黄金宮へ到達するにはどうすれば良いのか など、『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』には分かりやすく、かと言ってすぐには解き明かされない謎が散りばめられている。 これが「もっと先を見たい!」と思わせる原動力になっていて、最後までずっと楽しめた。 特に、灼熱の砂漠を通らず、「ひらけごま!」と叫んで巨大な石が動き、秘密の通路を通って黄金宮にたどり着くシーンなどは、まさに「そういう裏技があったのか!」と言わんばかりの謎解きシーンである。 とてもおもしろく、最後まで楽しめた。 『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』の悪い点 『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』の悪い点は、強いて言うなればアラビアンナイトへの導入が雑な点である。 ドラえもんの道具を使えば、のび太のママが焼いてしまった絵本なんて簡単に復元できる。 タイム風呂敷もあるし、タイムホールで取り返しても良いし、なんならタイムマシンで10分前の世界に戻って、しずかちゃんに忠告をするだけでも良いはずだ。 もちろん、ストーリー上これらのことを実行してしまうと、それで『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』としてのストーリーは終わってしまうのはわかる。 しかし、例えば「タイム系の道具は今修理中で、タイムマシンも修理中なんだ」という設定にしておけば、もっと柔軟にアラビアンナイトの世界へと誘えたはずである。 その強引さだけがちょっとした不満であろう。 『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』を総合評価するなら? 『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』を総合評価するなら、星5中の星4評価である。 全体としては面白い映画である。 やはり、個人的にはストーリーの導入がちょっと強引なのが減点対象である。 しかし、それ以外を見てみると、こんなにもワクワクする映画はなかなかない。 作中では夏休みだったが、もしこんな冒険を夏にできたとするなら、こんなに思い出深い経験はないだろう。 童心に戻れる映画だった。 『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』はどんな人にオススメ? 『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』は、ドラえもん映画が好きな人におすすめしておこう。 終わりに 『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』についてレビューしてきた。 特に言いたいこともないのでこの辺で終わろう。

次の

ドラえもん秘密道具データベース

ドラえもん ドラ ビアン ナイト

また、するとランキング付きドラえもんクイズに挑戦できたり、 ドラえもん好きのみんなとメッセージ交換ができます。 使い方はまず、開いて呼び出しキーを押す。 すると電波が衛星軌道の大百科に応答を求め、接続されるとチーンと音が鳴って、「質問をどうぞ」と聞かれる。 そうしたらマイクを使って探したい項目を言うと、端末機から回答が印刷されて出てくる。 質問の仕方が例えば「宿題を教えて」と聞くと、「先生が出した課題を生徒が自宅で学習する事」といった宿題の意味が出力される。 宿題の答えが知りたい場合は、「何年何月何日何学校の何年何組に出た宿題」と詳しく言う必要がある。 人物も調べる事ができ、他の人の関係や血筋、性格、略歴などが写真付きで分かる。 データ量は膨大で、ディスクにギッチリ詰め込んでも星1個程の大きさになり、宇宙空間に浮かべてある。 気軽に空を飛ぶ事が出来る道具。 体のどこにでも取り付けられる。 吸着の方法には万能吸着盤とけん引ビームの2種類がある。 超小型の電池を内蔵。 時速80kmで連続8時間の運転が可能。 休み休み飛ぶと、電池も長持ちする。 頭に付けてスイッチを入れると、反重力ボードと呼ばれるプロペラが回りだし、反重力場が体の周りにでき、地球の重力を遮断して浮上する。 方向やスピードを思い浮かべるだけで、脳波がコンピューターに伝わり、プロペラの回る速度が変わっていく。 その回転速度の変化によって重力場の方向が移動して、前後・左右・上下と自由自在に飛ぶ事が出来る。 連載初期は「ヘリトンボ」と名付けられていたが、2度目のアニメ化の際、呼びにくいという事でこの名前へ改名された。 行きたい所を頭に思い浮かべてドアを開くだけで、どこへでも行く事ができる。 行き先受信ノブを握ると、頭に浮かべた行き先をノブ内蔵のコンピュータが読み取る。 そして、宇宙地図の中から行き先を間違いなく探し出し、行き先の空間を歪曲装置が引っぱってきて、こちらの空間と向こうの空間がドアで接続される。 ただし、10光年以上離れた星や、『』などで作られた特別な世界、地図に入力されていない場所には行けない。 超空間にバリアーが張ってあると、ドアを通過できない。 また、トイレや風呂など他人に見られたくない場所は、プライベートロックが役に立つ。 個室に限るが、自分のどこでもドアに、来られたくない場所を入力すると、連鎖ユニットにより他のどこでもドアに指令が届き、ロックされた場所へは行けなくなる。 学習機能があり、移動しながら地形データを記憶させる事も可能。 オプションパーツもあり、ドアノブに付ける事で時間移動を可能にするダイヤル装置がある。 ドラミの持つドアは、大きい物でも入るように自動的に伸び縮みする。 この道具の発明により、銀河SL天の川鉄道が廃止になった。 斜めの状態でも使用でき、通常通りドアの枠が境目になるが、どちらかで障害物があると、それ以上は倒れない。 『』をドアに貼り付けると、描かれている昆虫がいる場所に繋がる。 強引に突き破っても行けるが、壊れる。

次の