麻雀 cpu。 麻雀ゲーム【フラッシュ】

【初心者】麻雀アプリのおすすめランキング。オンラインで友達と対戦できるものから一人でできるオフラインアプリまで幅広くご紹介|FLO

麻雀 cpu

友達と通常のオンライン麻雀での同卓は難しい 遠く離れた友達と一緒に麻雀をやりたいときがあると思いますが、通常のオンラインゲームで同卓するのは難しいですよね。 一般にオンラインの麻雀ではログインして4人集まったら 自動的に対局へと移りますので、特定の人と待ち合わせてプレーするということが難しいんですね。 友達と時間を合わせたつもりがまったく知らない人と対局することになってしまった、ということにもなりかねません。 特に麻雀の初心者は、知らない人とやるより気の知れた人とやりたいと思うことが多いはずです。 またこれからいろんな人と打つための練習台として、まず友人と一緒に麻雀を打ってみたいと考える人もいると思います。 初心者ならばいきなり知らない人と打つのは、かなり勇気のいることですからね。 イチオシは無料で遊べる「雀魂(じゃんたま)」 最近は無料で遊べるオンライン麻雀が増えてきましたが、私のイチオシは 「雀魂(じゃんたま)」です。 雀魂は基本的に 無料でオンラインの対戦ができるほか、大会やイベントにも参加することができます。 また雀魂の特徴の一つに、 友人戦といって特定の相手との対戦ができる機能があります。 ですから、まだ麻雀をはじめたばかりでいきなりオンライン対戦をするのは気が引けるという方でも、初心者だけ集まって対戦することもできますし、好きな相手とゆっくり対戦を楽しむこともできるわけですね。 この友人戦も 無料で出来るので、雀魂は麻雀初心者にとっては本当にうってつけのオンラインゲームなんですね。 この雀魂では、対局をおこなうごとにさまざまなデータが蓄積されていって、レベルが上がるにつれて 徐々に強いランクの対局が楽しめるようになっています。 また雀魂には基本的な対戦のほかに、対局を観戦できたり牌譜を見ることもできます。 なので雀魂は自分一人で楽しむ以外にも、 友人など多くの人たちと一緒に楽しむことができるオンライン麻雀なんですね。 なので雀魂は麻雀の初心者には一番おススメしたいゲームですね。 オンライン麻雀「天鳳」で個室が作成できる 友人と一緒にプレイするのにもう一つのおすすめの方法というのが、 オンライン麻雀「天鳳」で麻雀の個室を作るという方法です。 天鳳では、友達など特定の人と一緒に打てる麻雀部屋を手軽に、しかも 無料で作ることができるんですね。 この天鳳というオンラインの麻雀ゲームは累計で約 500万人にも利用登録されているとても人気の麻雀ゲームなんです。 またこの天鳳はWindowsやMacのほか、iPhone、iPad、Androidでも遊ぶことができる本格的な対戦麻雀ゲームとなっています。 ですから スマホが1台あれば、遠く離れた友人とも時間や場所を選ばずにいつでもどこでも麻雀を対戦できるというわけですね。 またこの天鳳では以下のような一部の機能を追加する場合は 有料となります。 ほとんどのオンライン麻雀では、4人集まらなかった場合は、自動的にCPUが入ってくれます。 ですからCPUが代わりに入ってこれない場合についてを説明します。 そこでご紹介するのが、 サンマというやり方です。 3人でやる麻雀のことを三麻(サンマ)といいますが、このサンマには特有のルールがあります。 <サンマの主なルール> ・北家を除いた東家、南家、西家でゲームをおこなう ・萬子の2~8までの牌を使わない ・3人ともにチーができない ・北は3人全員のヤクハイとする ・ドラ表示が1萬だった場合は9萬をドラとする サンマにはこのような特殊なルールがあるんですね。 萬子の牌が少ない分、索子や筒子の牌を使うことが増えるため、 ホンイツやチンイツを狙いやすくなっているのですね。 また萬子の1や9の牌は使われているため、 チャンタや純チャン、国士無双といった役は4人麻雀と同じように作ることができます。 ただ1萬や9萬はコーツにしかならないため不要牌となることが多くなります。 このように萬子の2から8までの牌がなくなってしまうと作れる役がかなり減ってしまう気がするのですが、実際にできなくなる役は 三色同順くらいなんですね。 イッツーもチンイツも色を変えれば作ることができますからね。 そして 北が3人全員のヤクハイになるというのもサンマ特有のルールですね。 4人麻雀では北は不要牌とされることが多いですが、サンマではとても有効な牌になるわけです。 なので サンマでの役作りや戦術は、4人麻雀のときと変える必要があるのですね。 2人麻雀(二麻)をやるときのやり方やルールとは? 2人で麻雀をする場合はいくつかやり方があるのですが、ここではおすすめのやり方をご紹介しますね。 <2人麻雀の主なルール> ・東家、南家の2人でおこなう ・使用する牌は索子と一九字牌のみ ・ツモ、ロンともに全額を相手が支払う ・その他の基本的なルールは4人麻雀と同じ よくゲームセンターで行われている麻雀ではこのような2人麻雀でやることが多いですね。 この2人麻雀では使用する牌が索子と一九字牌だけなので、高い役を作りやすくなっています。 使える牌の種類からしてもホンイツやチンイツ、国士無双などは作りやすそうですよね。 なので2人麻雀では上記のルールに加えて、 満貫縛りというルールにすることもあります。 この他にも2人麻雀では、中張牌だけを使った 「タンヤオ麻雀」や、一九字牌だけを使った 「ヤオチュウ麻雀」などがあります。 まとめ ここではオンライン麻雀で友達と対戦する方法と、3人麻雀、2人麻雀のやり方について解説しました。 <ここで紹介した友達と対戦する方法> ・イチオシは無料で遊べる「雀魂(じゃんたま)」 ・オンライン麻雀「天鳳」で個室を作成する ・3人麻雀(サンマ)のやり方とルールの解説 ・2人麻雀(二麻)のやり方とルールの解説 麻雀は今では遠くに離れた友人とも一緒にプレーできますし、人数が4人集まらないときでも3人用、2人用の遊び方がありますから、積極的に楽しんでいきたいですね!.

次の

無料のpc麻雀ゲーム?・・揃えてますよ。

麻雀 cpu

初心者向け序盤の進め方 基本ルールを学ぼう! チュートリアルをプレイする際に麻雀初心者の場合は一番左の「フルガイダンス+実践」を選びましょう。 チュートリアルをやることで 麻雀が既に出来るようになるという訳ではないのですが、基本的な アガり方などを学べます。 初心者の方がやるのとやらないのではかなり差がつく所でもあるので、しっかりとやっておきましょう! ここからは リセマラ等で チュートリアルを スキップしてしまった方向けにおさらいしていきます。 まずは和了 アガり の仕方について説明しています。 基本的な アガり方は 「雀頭 アタマ 1組+面子 面子 4組」の形を作ることです。 上の画像で言うと 対子と書かれている全く同じ 牌が2つある物が 雀頭になり、 刻子、 順子と書かれている3枚全く同じ 牌がある物か階段のように同じ 絵柄で数字が順番に3枚並んでいる物が 面子になります。 ただし、ここで注意したいのが、いくら上の形を作ったからといって役がないとアガることができません。 チュートリアルでは簡単な役の一つであるたんやおを紹介しています。 断么九 タンヤオ は 字牌と 一と九以外の牌で アガりの形を作ることで 成立します。 他にも簡単な役を上げるとすれば、 立直 リーチ は 聴牌 テンパイ した際に場に 立直棒を出すことで役が付きます。 ただし、 ポン、 チー、 加積 カカン をしてしまっていると 立直がかけられないので注意が必要です。 次に簡単なのは 平和と呼ばれる 役で、 役牌以外で 雀頭を作り、 面子を全て 順子で組み合わせ、 聴牌時に 両面待ちとなる状態で 成立します。 平和の場合は 鳴いた時点で 成立しなくなります。 ガイダンスで教えてくれるのはここまでとなっているので、後は実戦で学んでいきましょう。 CPU戦で実践に慣れよう! 友達戦の項目からCPU戦を選択できます。 なぜ、 対人戦ではなく CPU戦をオススメするのかと言うと、 CPU戦には 制限時間が存在せず、じっくりと考えることができるので、最初は CPU戦で慣れていくのが効率的です。 右上のシステムアイコンから役一覧も見ることができます。 CPU戦であれば、 制限時間を気にすることがないので、 役一覧を見ながら打って 役を覚えられるのもメリットです。 麻雀のルールやある程度の役を覚えるまでが「姫麻雀」のチュートリアルとも言えるので、しっかりと学んでいきましょう! 段位戦攻略情報! 東風戦、半荘戦どちらが効率的? 「姫麻雀」の段位戦は「東風戦」と「半荘戦」の2種類が存在し、どちらも四人打ちのみです。 「東風戦」とは 東場のみの戦いで、 半荘戦よりも半分の時間で 決着が付きます。 「半荘戦」とは 東場、 南場の戦いで 東風戦よりも2倍の時間がかかります。 貰える 段位ptは 半荘戦の方が 東風戦よりも 約1. 5倍になっていますが、時間効率を考えたら 東風戦の方が効率がいいです。 ただ、 半荘戦の方が 実力差は出やすいので、 麻雀の腕に自信がある方は 半荘戦の方が効率的かもしれません。 逆に言えば、 麻雀初心者の方は 運要素も強く、時間効率も良い 東風戦の方がオススメと言えます。 段位戦で勝てなくなったら? 「姫麻雀」には観戦機能が搭載されています。 もし、勝てなくなったり、勝ち方がわからなくなった場合は他の人の打ち方を参考にするのも一つの手段だと言えます。 観戦に入るまでに少し時間がかかってしまうのですが、 初心者、上級者問わず非常に役立つ機能となっているので、活用していきましょう。 他にも自分の過去の対戦の牌譜なども確認できるので、麻雀の腕を磨きやすい環境がかなり整っているのではないでしょうか? まとめ ここまで紹介してきたことをまとめます。 ・初心者はチュートリアルをしっかりプレイする ・CPU戦をプレイしながら役を覚えていく ・段位戦は東風戦の方がpt効率は高い ・勝てなくなったら観戦したり牌譜を見直してスキルアップを図る 以上、まとめでした。 筆者も実際に「姫麻雀」をプレイしましたが、段位戦を無料で無限にプレイできるというのがかなり優良だなと思うポイントでした。 現状、スキンにもptアップ効果などもなく、無課金でも問題なく遊ぶことができます。 段位戦以外にも勾玉戦という機能が8月30日に解放されるようなのでこちらも楽しみです! 他の人気麻雀ゲームと比べても引けを取らないクオリティとなっているので、麻雀が好きな方や麻雀に興味がある方は是非、始めてみてはいかがでしょうか?.

次の

オンライン麻雀アプリ 『 麻雀 天極牌 』 メンツ不足を気にしない! 新システム「コンピュータ対戦機能」実装!

麻雀 cpu

麻雀アプリのおすすめランキングです。 PCでのNET麻雀初心者にも、オンライン麻雀経験者にとっても使いやすいもの、 ある意味間違いなく「一番面白い麻雀アプリ」など、麻雀といっても色々あります。 基本無料なのは当然として、オンラインでもオフラインでできるアプリも扱っています。 また他のRPGアプリと比べてダウンロードが比較的早く済み手軽に遊びやすいのもポイント! 友達だけで卓を作成できる機能もあったりと、麻雀をする人なら麻雀アプリをスマホに一つ入れておくのもいいかもしれません。 ちなみに、よく麻雀アプリで打つけど 本当は大画面で広々やりたい! という人もいるのではないでしょうか。 その場合はパソコンやタブレットでプレイできる麻雀も非常におすすめです! 特にmaru janはPCやタブレットでやる麻雀の中でもおすすめです! 画面の広さをフルに使って、本当に麻雀を打っているかのようなプレイ感を味わえるからです! 牌の並び替え、上がった時の点棒の受け渡しも非常にリアルで楽しむことができます。 上がった!振り込んだ!という麻雀の楽しさを大いに味わえます! ランキングや成績もしっかりと残るような各種機能も豊富です。 無料麻雀アプリは遊び尽くした!という人も満足できるボリューム! パソコンでじっくりと麻雀をやりたい、アプリの麻雀だと物足りない、という人にとてもおすすめです! 麻雀アプリ、麻雀ゲーム、ゲームセンターでの麻雀筐体でのプレイをしたことのある人なら間違いなく気に入るクオリティです! その最大の理由は 「万人におすすめできる安定感」でしょう! 実際に麻雀を打つ人にしても、ゲームやアプリで楽しむ人からしてもサクサク打てるかどうかはとても気になるはずです。 ・マッチングで待たないで済む ・通信エラーも皆無でストレスなく打てる という安定感によって、麻雀アプリとしてユーザーが期待するテンポの良さを実現しています。 また 「やっていて楽しい!」と思わせてくれる洗練されたエフェクトや親切な視覚効果もおすすめポイントです! 真剣になればなるほど淡々としてくるのも麻雀の面白さではありますが、 スマホアプリならではの豪華なエフェクトでツモ上がりした時はやっぱり嬉しさがあります! また、ドラ牌が手牌で光ってくれたりする丁寧さも好印象です。 また、継続して腕前を試していく楽しさも段位システムのおかげで楽しいです! 自分は2段~4段をうろうろしていますが、なかなか簡単には勝てないので熱中できる難易度で対局ができます。 ちなみに三人麻雀 サンマ もできます。 よりスピーディで高得点の役同士のノーガードインファイトは癖になります 笑 他のアプリでは実装されていないこともある「北ドラ抜き」もできるのはほんとにうれしいポイント! ガンガン役を増やして満貫、跳満、倍満…と高得点を狙っていく楽しさも味わえます。 おまけにチャット機能、知り合いだけで卓をつくることもできるので一人での暇つぶしにも知り合い同士の対局も盛り上がる 「全方位対応の万能麻雀ゲームアプリ」と言える完成度です! 今やっている麻雀アプリに不満点があったり、いい麻雀アプリがないかと探している人はぜひ試してみてほしいと思います!! そしてもちろん無料アプリです! 実際のゲーム画面 麻雀アプリ「麻雀格闘倶楽部Sp」はプロ雀士がアドバイスをしてくれるため安心して麻雀を楽しめるようになっていて、オンライン対戦では東風戦・三麻・一局戦といったルールがあり好きなものを選択してオンライン対戦を楽しむ事ができます。 ラグも少なくリアルタイムでの対戦を行えるようになっているため、ストレス無く麻雀を行える環境です。 プロ雀士64人のCPUと対戦できたりするのでオンライン対戦をしなくても麻雀の知識を学ぶ事ができます。 基本的に無料で楽しめる麻雀アプリでありアイテム課金制となっているのでアイテムを購入しない限りは無料で遊べるようになっています。 キャラ育成も可能となっていて勝利を重ねていくと段位をもらう事ができ、称号とかももらえるようになります。 本格的に麻雀を楽しみたいのであれば、「麻雀 雷神-Rising-」です。 アプリ内でポイント購入のため課金をすることはできますが、無課金でも充分すぎるほど楽しめます。 勝ち続けると昇級・昇段していきます。 また、数多くのイベントが開催され、ある一定以上のレベルに到達していないと参加出来ないといった条件のあるイベントもあります。 モードは大きく「オンライン対局」と「一人うち」の2つがあります。 「オンライン対局」では、全国のユーザーとの対局または友人との対局を選ぶことが出来ます。 全国のユーザーとの対局では上級卓が選択出来るので、一般卓では物足りない方にはオススメです。 「一人うち」では、個性豊かな敵が登場する雷神バトルとフリー対局を選ぶことができます。 ルールも細かく設定してあり、麻雀好きにはオススメのアプリです。

次の