クラブ オフ アライアンス。 「クラブオフ」について

‎クラブオフアライアンス on the App Store

クラブ オフ アライアンス

クラブオフとは企業や法人が契約することができる会員制サービスです。 会員に登録をすれば旅行やレジャー、日常生活などで様々なサービスを割引価格で利用することができます。 ホテル料金の割引や遊園地やレジャーランドの割引、映画の割引、そのほかハウスクリーニングや引っ越しなどの料金も割引価格で利用できます。 勤務先が加入しているケースもありますが、特定の銀行や証券会社の口座、自動車保険の利用、クレジットカードの会員などに対しても門戸が開かれており、会員になれるという方は非常に多いはずです。 クラブオフとは? クラブオフは、会員制の割引サービスを提供しているサイトです。 企業と提携して、その企業から一定の料金を徴収することで、様々なサービスを会員(個人利用者)に還元する仕組みとなっています。 オンラインショッピング• 旅行宿泊• レジャー施設、映画• グルメ・レストラン• ツアー・航空券• レンタカー• スポーツ• 育児サービス• 介護サービス• 引っ越しや家事サービス• 住宅サービス• ビジネスサービス 上記のようなサービスが会員に対して通常料金よりも割引された価格で提供されています。 クラブオフのメリット、デメリット クラブオフではいろいろなサービスが割引になりますが、正直いろいろなサイトで割引やクーポンがあるので、そもそもクラブオフの会員サービスを利用するのがお得か損かわかりにくいと思います。 以下はクラブオフ会員としてサービスを利用している私が、個人的な感想を含めつつサービスの特徴を紹介していきます。 宿泊予約サービスは結構使える 会員向けにクラブオフが独自に特別料金を用意している場合があります。 500円で宿泊できるプランみたいに超特価といえるようなプランもあるので、注目しています。 その他の一般のホテルプランもこれは他の旅行予約サイト(楽天トラベルとかじゃらんネットとか)と比較してもかなり安いケースが多いです。 ちなみに、クラブオフの管理画面では他の旅行予約サイトの価格も表示されているので比較しやすいです。 ホテルの空室もクラブオフが独自に抑えているのか、他の通販サイトでは全滅の日でも取れたりします。 VIP会員がクラブオフのプランの宿に泊まると500~1000ポイントが貰えます。 ちなみに、楽天トラベルなどで宿泊する場合でもクラブオフのサイト経由だと追加の割引が受けられるので、他の宿泊サイトで予約をするケースもクラブオフ経由がお得です。 たとえば、楽天トラベルの場合はVIP会員で宿泊予約すれば200ポイントもらえます。 検索が少し使いにくいので、泊まりたいホテルを絞り込んで、クラブオフでいいプランがないかチェックするという方法をとっています。 映画の割引も魅力的 映画館で映画を見る人はこちらもお得です。 多くの映画館で1800円の通常料金が1300円になります。 ちなみに、映画単位の全国共通映画観賞券やムビチケ(前売り券)なども安く購入できます。 VIP会員なら年間6000円相当のポイントが貰える クラブオフのVIP会員になると毎月500円相当のポイントが貰えます(有効期限1年)。 年間で1万ポイント貯めることができれば、現金キャッシュバックしてもらえます。 さらに、サイトに訪問すれば4ポイントがもらえます。 毎日訪問すれば1460ポイントが貰えます。 有効期限を考えると2500円ちょっとのポイントはクラブオフを利用して貯める必要があります。 これはある程度、クラブオフのサービスを利用することが必要になりますが、 クラブオフの会員になるには? 一般的にはクラブオフの会員になれるサービスを提供しているサービスを利用するというのが一般的です。 通常会員に無料でなれるサービス クラブオフの通常会員になる方法は、実はいろいろあります。 以下は、一例となります。 ジャパンネット銀行に10万円以上の預金:JNBクラブオフ• ベネッセ・イオンカードの作成:ベネッセクラブオフ• BIGLOBE、NTTぷらら、JCOMなどの通信プロバイダ加入 特にハードルが低いのはネット銀行のジャパンネット銀行への預金、ベネッセイオンカードの作成があ挙げられるでしょうか。 インターネットプロバイダは、あえて切り替えるほどではないでしょう。 >> >> VIP会員に無料でなれるサービスのまとめ クラブオフの会員は「スタンダード会員」と「VIP会員」の二種類があり、スタンダードよりもVIPの方が割引率が高い他、ポイント付与なども充実しています。 なお、VIP会員になるには通常500円(税別)を支払うことでバージョンアップできるのですが、クラブオフ提携サービスの中には利用者の負担ゼロでクラブオフのVIP会員になることができるサービスがあります。 毎月500ポイント(年間6000ポイント)がもらえるというのは大きなメリットですが、ポイントには有効期限(1年)があるので、交換まで残り4000ポイントは、クラブオフのサービスを利用して貯める必要があります。 これが地味にハードルが高いのですが、条件を満たせるのであれば有効だといえるでしょう。 ソニー損保・三井ダイレクトの自動車保険 自動車保険では、ソニー損保か三井ダイレクトの自動車保険で契約継続2年目からは特典としてVIP会員になれます。 それだけで自動車保険を決めるのは正しくはないと思いますが、一つの参考情報にはなると思います。 なお、自動車保険は「」のようなサービスを使って毎年査定だけでもしておくと、見直し特典(ギフト券)などがもらるので、毎年見直しをしましょう。 アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカード(クレジットカード) アメックスの法人・個人事業主向けの「アメックス・ビジネスゴールドカード」ならVIP会員に無料でなれます。 年会費が26,000円(税別)とやや高いことや基本的に法人や個人事業者向けということで個人には少し敷居が高いのが欠点です。 個人で取得可能なアメリカンエキスプレスゴールドカードにはこちらの特典は付帯していませんのでご注意ください。

次の

無料でクラブオフ会員になれる、年会費無料クレジットカードまとめ!Club Offに登録をすれば、宿泊代や映画代の割引に使えます。

クラブ オフ アライアンス

久し振りの質問です。 既出の内容でしたらご容赦を。 「クラブオフ」についてご存知の方、そのメリット、デメリットについてお教えください。 実際に利用された経験をお持ちならば、その中身について(可能な限り具体的に)お話しくださればさらに嬉しいのですが。 情報をよろしくお願いします。 以前、ビジネスの「AMEX」カードを所有していた時、VIP会員が年会費無料(多分)で登録できるとのことで、「無料ならまぁいっか」と申し込んでいました。 しかしながら結局、利用経験はゼロ -. ホテル予約も全て他のサイト(ホテルHP含む)利用でした。 そして現在、ビジネス「AMEX」は解約。 手持ちのカードの中で「クラブオフ」に入会できる可能性があるのは「セディナMasterCard N-Value」となります(ただし、VIP会員の場合は月会費が発生)。 それでもメリットがあれば月会費を払ってでもVIP会員になっておこうかな、と考えているのですが、、、迷っています。 参考までに、ガイドブックにはほんのいくつかですけど、これまで利用したことがあるホテル(国内)が掲載されていました。 ただし、仕事(たま〜にですが、ボンヤリ)での滞在ですので、リゾート施設は眼中にありません。 「お一人様」でリゾートではねぇ・・・、浮いちゃいますし。。。 蛇足ですが先日、「ボンヤリ」のためグアムに行ってきました。 しかし今さらながら、ですけど、あそこは一人で行く所ではありません。 完全に浮きまくり、連日「一人です。 ドーモ、スイマセン」てな感じでした。 ですが、後から三井ダイレクトの自動車保険で2年目以降のvip会員無料サービスがついてきたので、今はそちらを利用しています。 メリットは、以前、横浜元町近辺に宿泊したときに、どこのサイトを見ても満室、ホテルに直接電話しても同じ結果なときがありました。 ですが、クラブオフから検索したら断られたホテルに空室があり、オーダーしたらあっさりとokとなったときがあります。 後は、札幌市内のホテルをクラブオフから抑えたのですが、宿泊前日に電話があり、実は満室で利用できませんと連絡がありました。 そこでここがいいところが、金額は同じにして別なホテルを用意しますと言ってくれたことでした。 で、実際にランク上のホテルを用意してくれて、差額もここで負担してくれました。 このときは、さすがだなアと思いました。 金額に関しては、ほかのサイトと比べてもvipだと断然安いです。 予約に関しては、ホテルによっては抑えがあるのか、ほかで予約が満室でもここでは空室があるところがいいです。 満室でもリクエストできるときがあります。 サービス体制は強力だなと感じています。 デメリットは、検索しても数が少ないところですね。 そこだけです。 自分は、ホテルの予約は、まずここ。 次にJAF。 なければ、セゾンの永久不滅か、ANAのサイトからyahooトラベルなどを経由してやってます。 体験談、感謝です。 三井ダイレクトの自動車保険も2年目以降はVIP無料ですか。 かなり広範囲にサービスを付帯させている模様ですね。 他のサイトに比して「VIPなら断然安い」とのコメントには惹かれます。 どうやらサイトごとにホテルの部屋を一定数キープしているので、AサイトでダメでもBサイトではOKということなのでしょう。 それにしても札幌での一件は嬉しい対応でした。 なかなか出来ることではないと思います。 確かに登録しているホテルの数が少ないようですが、私がかつて利用したホテルが数件、対象になっていました。 方面、地域によっては利用価値があるようです。 いつもお世話になります。 クラブオフ付帯のカードは持っていませんが、別のルートでクラブオフに登録しています。 rererenorelex様は宿泊割引狙いとのことで、宿泊に限ってですが、『じゃらん』などとあまり変わらない、というのが印象です。 同じ変わらないならじゃらんを使った方が掲載ホテルもプランも量が違いますし、そもそもクラブオフは検索機能が大変弱いのです。 VIPになれば割引額も増えますが、2ヶ月に1回以下の利用であれば会費の方がもったいないかも。。。 本当に会費を納めて割引権を購入する形になります。 500P貰えるようですが、使わなければ意味が無いです。 過度な期待は禁物かと。 スタンダード登録だけなら無料ですから、数ある割引サイトのうちの一つとして使う、と。 rererenorelex様でしたらハマカードからベネフィットステーションも利用できますので、そちらも比較されてはどうでしょう。 デメリットは検索機能が大変使いにくいことです。 クラブオフの中にはじゃらん提携プランがあるので、その場合にはじゃらん本体より僅かに安くなることがあります(かつてはありましたが、最新版はわかりません、ごめんなさい)。 ただ、じゃらんは共通ポイントで貯まる上に、ANAのマイルも積算できるからあまり関係ないかも。 ベネフィットステーションは、じゃらんの他に楽天のプランもあったはず。 使ったことがないので公式の情報だけですが。 私は国内宿泊の予約ばかりですが(しかも内容が偏ってる)、ポイントのバック率まで含むとじゃらんが最安値を出すことが多いです。 ご参考までに。 私は以前は住信カードクラブオフ(廃止・現三井住友トラストカード)をたまに使ってました。 また現在もセディナCFクラブオフをときどき見ています。 中部から関西に帰省するときなどの宿泊,映画館の券や遊園地入場の割引などに使ったことがあります。 宿泊がかなり安くなる場合は,一時的に有料でVIP会員になっていたこともあります。 ただし,宿泊は基本的に2か月前からしかとれず(最近のじゃらん提携の施設は別),また部屋タイプがおまかせだったりするため以前よりは使わなくなりました。 最近は宿泊に関しては普通に「トラベルコ」で検索しておいて,るるぶのタイムセールなどを見つけたりが多いです。 当方の職場の共済会の加入は「ベネフィットワン」から「JTBえらべる倶楽部」に最近変更になりました。 よく行く近隣の映画館チェーンの団体向け券で比較すると「JTBえらべる倶楽部」より「CFクラブオフ」のほうが安く,また「JTBえらべる倶楽部」は小人券に対応してなかったり・・ というわけで,良いプランや施設があればCFクラブオフも(基本的にはスタンダード会員のまま)今後もたまに使おうと思っています。 私の場合はアリコの生命保険のおまけに付いてました。 とはいえ、同じリロクラブでも職場の福利厚生倶楽部の方が使い勝手と割引率が良かったので、そちらの方ばかり使っています。 こちらのキラーコンテンツは10万円単位での購入でないとお得感は小さいですが、amazonギフト券の割引販売だと思います。 という状況で、今のところ 福利厚生倶楽部>ベネフィットステーション>クラブオフ の順に利用しています。 私としてはVIP会員に月500円も出すなら、窓口提示で優待割引を受けることができるJAF会員の方が使い勝手が良いような気がします。 また、高級ホテルならクレカのコンシェルジュサービスや特典も有効ではないでしょうか。 「クラブオフ」はクレジットカード、自動車保険、生命保険とかなり広範囲に付帯するサービスのようですね。 となると、言葉は悪いのですが、あまり有り難みを感じることができないサービスに見えてきました。 所詮はオマケ程度のものなのでしょう。 Exchemist様においては優先順位が最後尾というのも何となく分かるような気がします。 私の場合、宿泊は(いわゆる)高級ホテルでなければ、といった要求はまったくありません(何をもって高級とするのかは人それぞれですが)。 たまたま見つけた格安ホテルが行ってみたら実は高級ホテルだった、という運が良いことは稀にありますが(笑)、それは単なる偶然の結果です。 どうも「クラブオフサービス」は私には不要なもの、との雰囲気が漂ってきました。 契約2年目以降はVIPサービスが無料で使える、というものでした。 この手のサービスは「正規料金」と比べると割安なのでしょうが、いざ使う際に「最安」で使えるとはいかない印象です。 なんと、自動車保険にも付帯ですか、驚きました。 そうですね、クラブオフからの予約が必ずしも最安とは限りません。 それぞれを比較検討して決定、これが最良なのかもしれません。 >>つまるところ、単純に貧乏人には縁がないだけなのかもしれません・・ かもしれません(笑)。 時と場合にもよりますが、私の旅(業務旅行含む)のポリシーは、「フツーに安全、極力安価かつ(いろいろな意味で)楽しさ満喫」です。 同じ目的地に運んでもらうのにわざわざ高いチケットを手にする必要はありませんし、どうせ寝るだけのホテルにステイの楽しみなど求めません。 そして、浮いたキャッシュで飲と食を楽しむのです、ただしB級専科ですが(笑)。 余談ですが、個人旅行の場合は「どこに行くか」ではなく、「どこ行きのチケットがお得に安く手に入るか」で訪問先を決める場合もあるくらいですから(極めて稀ですけど)。 当時はこのサービスはセディナOMCマスターカードだけでしたが、 今ではほとんどのカードがこのカードと提携してきました。 毎月500円を支払うとVIP会員になれますが、VIPでも特別優待されるというわけではなく、私の事例ですと、 スポーツクラブはNASなど利用できますが、TipnessだけはVIP会員でないと利用できないなど、些細なことぐらいですか…。 ジャックスの横浜インビテーションカードは別な会社が提供している類似のサービスですが、クーポンサイトの内容とさほど変わり映えがしません。 むしろリクルートの「ポンパレ」などの方が割安で広範囲にサービスがなされていると 個人的には感じます。 クラブオフは会員でなくてもサービス内容を閲覧することが可能です。 私自身は UCカードゴールドの付帯サービスとして利用していますので「UCカード Club Off」でのご紹介となりますが、 で「ログインせずにサイトを見る」に進んでみてください。 宿泊プランの検索なども可能です(条件を絞らないと、かなり遅いです)。 私がちょろっと調べた限りだとスタンダード会員(無料会員)も VIP会員(有料会員)も同じ金額のところばかりでしたが…。 VIP会員だと COA(クラブオフアライアンス)ポイントが 2倍付くといった「優遇」はあるようです。 クラブオフのデメリットは、会員資格を得るためのハードルのコストパフォーマンスの低さと、決済手段の限定でしょうか。 ネットでクラブオフのことを調べてみると、「如何に好みの決済手段でクラブオフを利用するか」に腐心されている方が多いようで、現状の一定の見解はセントラル短資の会員になることとなっています(口座を開設しておくだけで良いので、一応コストは掛かりません)。 クレジットカードやネット銀行(ジャパンネット銀行)の付帯サービスとして会員になると、そのクレジットカードやネット銀行引落でしか決済できません。 プロバイダの付帯サービスを利用しようとすると光回線を契約しないといけない(BIGLOBEやBBIQ)とか、一年以上会員になっておかないといけない(DTI)、なんていう条件が生じます。 車関係だと少し選択肢が広がって、NTTイフ経由で自動車保険を契約するとか、イエローハットのポイント会員になるとか、ホンダのディーラーで Edy カードを作るとか。 決済手段が絞られることをちょっと我慢すれば、クレジットカードの付帯サービスとして利用するのが一番簡単そうですけどね。 NTTカードゴールドは有名ですが、色が素敵な一般カードには付帯しないのが残念。 それは UCカードでも一緒ですが。 旧セントラルファイナンス系で CFWebiew を経由して利用可能なカードは JR東海エクスプレスカードをはじめ多数あります。 ワンダフルプレゼント21というポイント制度は有効期限が約 3年間あり、約10万円利用に該当する100ポイントから他ポイントへ移行可能です。 個人的には大丸・松坂屋の Jフロントリテイリングカードも候補です。 一般カードにもクラブオフが付帯しています。 大丸・松坂屋を利用可能な方であれば、次回買い物で 1ポイント=1円から還元可能です。 新顔では、京王パスポートクラブVISA が先月からクラブオフを付帯し始めています。 年会費239円 税抜 で一回でも利用すれば翌年度年会費無料。 ポイント制度は、京王グループ以外の決済ならば三井住友のワールドプレゼントが適用されます。 京王線沿線以外の居住者に発行されるのかどうかが怪しいですが。 私自身は に紹介される展覧会の入場券優待販売ばかりを利用しています。 以前にも本サイトのどこかで言及した内容の繰り返しとなってしまいますが、会期中でも前売券よりも安く券を購入することができます。 通常の入場券が封書で送られてくるのですが、申込後数日で届きますし、1枚から送料無料なのでお得で便利です。 展覧会好きとしては絵柄付きの通常入場券であることも、かなりありがたいです。 とはいえ、対象の展覧会の数はあまり多くなく、ここに掲載されたらラッキー、という感じでしょうか。 最近は、サントリー美術館・Bunkamura・東京国立博物館・森美術館(森アーツセンターギャラリー)のものがよく出品されています。 決済手段を限定しているくせにカード番号を覚えてくれない(これはこれで、ちょっとだけ安全ですが)とか、Web の作りはちょっとアレですが。 競合サービスのベネフィット・ステーション(ベネフィット・ワンによる。 JACCSカードの J'sコンシェルなど)だと、出品される展覧会の数はクラブオフより多そうだし、クラブオフより優待幅が大きいようなのですが、展覧会だけをまとめたページが存在しておらず検索が面倒。 また会員でないと決済手段が表示されないので、これ狙いで JACCSカードに入会するのが良手なのかどうかが分からないんですよね…。 私自身は展覧会でかなりお世話になっている一方、そろそろ UCカードとのお別れを検討しているため、クレジットカードにクラブオフが付帯されるかどうかは結構重要な調査観点なのですが、わざわざこれを目的とすべきかどうかは疑問です。 以上、あまりご参考にはならないコメントとは思いますが…。 こういう表現が妥当かどうかは分かりませんが、クラブオフは「かなり微妙」な雰囲気を持っているのかも、と感じました。 ご紹介のUCカードのサイトにアクセスしてみました。 ログインサイトはデザイン的には「セディナMasterCard N-Value」に付帯するクラブオフのログインサイトとよく似ています。 確かにおっしゃる通り、動きはユックリでした。 試しに「国内の宿」をセレクトしてみましたが、ジャンプしたページは楽天トラベルと実によく似ています。 特に全国マップ、地域マップはそっくり。 基本は楽天トラベルなのでしょうか。 一方で「航空券」をセレクトするとイーツアー。 どうやら、それぞれの得意分野を持つ様々なサイトとリンクした構成になっているようです。 しかし、例えばホテル、航空券などについて、それぞれの個々人にとっての最良のサイトを別途持っている(知っている)とすれば、入会してまで利用する価値はないのかもしれません。 あ、「JACCSカード・J'sコンシェル」というものが確かにありましたね。 どのようなものか詳細はよく調べていませんが、比較検討の材料にはなりそうです。 クラブオフは、「KKRカード」に付随していましたので、閲覧しています。 結論は「使いこなせれば、かなりお得」かと思います。 メリット・デメリットをお伝えできる程度まで、使いこなしていませんので、私の主観で書きます。 1)ギフト券・チケットを購入するなら、お得 マイラーの方には有名な「ジェフグルメカード」をクレジットカードで購入できる、割引チケットがクレジットカードで購入できる、のがお得。 ちなみに、「ジェフグルメカード」はグルメカテゴリから購入できます。 2)映画の前売り券が、お得 この4月から送料が無料になりました。 通常の前売りの10%引きだったかと思います。 3)宿泊施設は、探しにくい 出張に使えるホテルを探そうとしましたが、探し出せませんでした。 結局、いつもの楽天トラベルで予約しました。 基本「じゃらん」のようです。 4)グルメは、基本「グルメぴあ」 OSゴールドを持っていますが、JCBの「グルメ優待サービス」の方が、まだずっとマシです。 5)インターフェイスが悪く、目的の施設などを探しにくい トップページでは、キーワード検索できません。 VIP会員の件ですが、使いこなせば、会費分は還元されるイメージです。 「1泊500円」もVIP会員だけですし。 クラブオフ初心者からのコメントです。 失礼しました。

次の

弥生の福利厚生サービス クラブオフ(Club Off)/会員特典・優待サービス

クラブ オフ アライアンス

国内外20万施設を優待価格でご利用可能! 国内宿泊、海外宿泊、レジャー、スポーツ、ショッピング、育児・介護サービスなど多数のサービスを優待価格でご利用いただけるMy Cloud プレミアムご登録者様限定サイト「クラブオフ for My Cloud」をご利用いただくことが可能です。 ご利用条件 プレミアムサービス「ベーシック」「あんしんプラス」「あんしんスタンダード」「あんしんワイド」をご利用の方。 ご利用方法 「クラブオフ for My Cloud」サイトは、「株式会社リロクラブ」が運営しております。 初めてご利用いただく場合のみ、リロクラブ社への会員登録が必要となります。 ご注意事項• 「クラブオフ for My Cloud」サイトは、My Cloud プレミアムご登録者様限定サイトとなります。 My Cloud プレミアムを退会されますと、本サイトはご利用いただけなくなりますので、予めご了承ください。 My Cloud プレミアムご登録者様がご利用可能なコースは「クラブオフ for My Cloud」サイトの「スタンダード会員」コースとなります。 さらにお得な『VIP会員』コースのご利用には、My Cloud プレミアムの月額料金以外に、別途月額550円(税込)が必要となりますので、ご注意ください。 「クラブオフ for My Cloud」は、「株式会社リロクラブ」が運営しております。

次の