約 ネバ 177 話。 約束のネバーランド 最新177話 ネタバレ感想 ママ、死す…!

【約ネバ】177話ネタバレ!ママが死亡!子供たちはママが大好きだった

約 ネバ 177 話

日曜日• ULTRAMAN• デジモンアドベンチャー• トミカ絆合体アースグランナー• ボケットモンスター 2019年• ミュークルドリーミー• もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ• ワンピース 月曜日• 銀河英雄伝説 Die Neue These• 邪神ちゃんドロップキック• SUPER SHIRO• プリンセスコネクト!Re:Dive 火曜日• シャドウバース• ブラッククローバー• ブレーカーズ• 放課後ていぼう日誌• 無限の住人-IMMORTAL- 水曜日• あひるの空• 神之塔-Tower of God-• 困ったじいさん• BNAビー・エヌ・エー• プランダラ• Re:ゼロから始める異世界生活 新編集版 木曜日• かくしごと• ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 2nd Season• 富豪刑事 Balance:UNLIMITED 金曜日• ケンガンアシュラ• 食戟のソーマ 豪ノ皿• 新サクラ大戦• とある科学の超電波砲T 第3期• 波よ聞いてくれ• 爆丸アーマードアライアンス• 魔人英雄伝ワタル 七魂の龍神丸• LISTENERS リスナーズ 土曜日• イエスタデイをうたって• ギャルと恐竜• ハクション大魔王 2020年• 本好きの下克上 司書になるためには手段を選んでいられません• メジャーセカンド「中学生編」 第2シリーズ• 農園廃止が宣言されたことで、反逆者扱いとなった鬼が次々と捕らえられ、ようやく安堵した日々が訪れたかに思えました。 これまでの過酷な日々と犠牲を胸に、希望を見出していた食用児たち。 ママたち大人も、罪悪感にかられることなく、ただ子供たちを愛せる時が訪れたことに涙を流していました。 ところが、悲劇は突然訪れます! 喜びをかみしめ合う子供たちの前に突然、鬼が現れ、イザベラが身を盾にするのです! はたして、イザベラは助かるのでしょうか?! さっそく、約束のネバーランド177話ネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届けしていきたいと思います! もくじ• 鬼はイザベラに今さら母親ぶったとして、これまでの行いが許されるはずもなく、おまえは母親になれないと言い放ちます。 イザベラにとっては、そんなこと百も承知の上です。 自分の身体を貫く鬼の爪をしっかりと掴み、子供たちには指一本触れさせないと、凄んだ表情で力強い言葉を放ちました! 鬼はイザベラに掴まれているため、動くことができません。 王兵に捕らえられる鬼 レイは鬼へ向けて撃った弾が、急所から外れていることに気付きます。 慌ててもう一発撃ちこもうとしますが、イザベラの身体にも衝撃がかかるため、なかなか撃つことができません。 そうこうしているうちに、鬼は農園のない世界など認めないと叫んで、イザベラを食べようとします。 しかし次の瞬間、王兵が駆けつけ、鬼の首を斬り落としてしまうのでした! 悔しそうにする鬼は、王兵によって捕らえられます。 優しい母の姿に涙が止まらない! 倒れるイザベラの周りを一斉に、取り囲む子供たち。 イザベラは薄れる意識の中、子供たちが無事であることを確認し、よかった…ごめんね…ともらしました。 ちゃんと生きて、人間世界へ行こうと思っていたイザベラ。 ずるい死に方をしてしまうことを考えながらエマの顔へ触れます。 エマは、これまでイザベラに抱いていた感情があふれ出します。 最初の頃はイザベラのことを理解できず、許せないとも思っていました。 しかし、いざ外の世界へ飛び出してから思い出すのは、優しかった母の姿ばかりです。 どれだけ冷酷な態度をされていても、イザベラの愛情はしっかり届いていたんですね。 エマは、私達みんなママのことが大好きなんだよと、イザベラがお母さんなのだと告げます。 イザベラの想いが報われる 子供たちはみんな大粒の涙を流して、悲しみます。 みんながイザベラに死なないでと、願いを口にしていました。 子供たちからの愛を受け取ることができたイザベラ。 イザベラはもう声も出せず、身体を動かすこともできなくなっていましたが、もう一度、子供たちを抱きしめる力を与えてくださいと、最期に神へ願いをかけます。 すると願いが届いたように、イザベラは最期の声を子供たちに届けることができました。 心の底から笑顔を覗かせ、子供たちを抱きしめるイザベラ。 ほんとうに、だいすきよと、子供たちへ想いを伝えると、子供たちも泣きながらその想いに答えてくれます。 母としてレイへ最期の言葉 イザベラは最期に、レイへごめんねと告げました。 子供らしく、甘えさせてあげられなかったこと。 12年も呪いたい人生を歩ませてしまったこと。 しかしイザベラの心は、愛に溢れていました。 そして、みんなのことをよろしくね、と微笑みます。 レイは涙を流しながら、母さん…!と、呼びかけるのでした。 イザベラ死亡! イザベラは、満足そうに息を引き取ります。 イザベラは笑顔で、子供の頃のエマやノーマンにレイを抱きしめて、行ってらっしゃいと声をかけます。 ありがとう、ママ。 涙の別れで、約束のネバーランド177話は幕を閉じました。 また誰かが犠牲になってしまうのか…そんな危機的状況で身を盾にしたのは、なんとイザベラでした! イザベラの安否がとっても気になる、約束のネバーランド177話。 もうダメかと思われましたが、なんとイザベラが身を挺して子供たちを守りました! イザベラの身体は、鬼の爪に深く貫かれており、どう考えても助かりそうにありません…。 かなり重傷を負っているため、 イザベラはここで死んでしまう可能性が非常に高いと考えます。 もしも、イザベラが死んでしまった場合、その最期は満足のいくものなのでしょうか? 次で、より深く考えてみましょう! イザベラは思い残すことなく子供たちに看取られる? これまで自分が生きていくためとはいえ、たくさんの子供たちを犠牲にしてきたイザベラ。 子供たちと和解できましたが、イザベラの心には罪悪感が残っていました。 それが身を挺して子供たちを守ることにより、母として本物の愛情を注ぐことができたと、少しはイザベラの心も救われるかもしれません。 子供たちも、目の前で身を盾にしたイザベラの行動により、感謝を伝えながら看取ることになるのではないかと予想します。 イザベラは子供たちに見守られながら、思い残すことなく満足した最期を迎えることになりそうです。 しかし、イザベラにとってただひとつ心残りがあるとすれば、レイの存在ではないでしょうか。 イザベラが死の間際でレイに母と名乗る? イザベラはレイが自分の子供だと知りながらも、打ち明けることなく冷酷な態度を見せてきました。 しかし本当のイザベラは、とても愛情深い人物です。 イザベラはレイと同様、みんなのことを本当の子供のように愛しています。 いくら最期とはいえ、 レイだけ特別に母親と名乗ることは考えにくいのではないでしょうか。 ですがイザベラにとって、レイが特別な存在であることに違いはないように思います。 もしかすると、死の間際でレイに本当の母として、ひと言授けるかもしれません。 イザベラが生き残る可能性は? かなり重症を追っているイザベラですが、エマたちが簡単にあきらめるとは思えません。 頭のいい子供たちなので、 ありったけの応急処置を施して、人間世界までイザベラを連れて行くこともできるのではないでしょうか。 状況は厳しく思えますが、人間世界は目前のところまで来ています。 ここでイザベラをリタイヤさせてしまうことにエマが納得するとは思えないので、苦し紛れにあがいてくれるかもしれませんね。 個人的には、子供たちが人間世界へ辿りついた姿をイザベラに見てもらいたいと思っているので、死んでほしくない気持ちが強いです。 希望を込めて、エマたち天才児にこの状況を打破してもらいたいと願わずにいられません…。 GFに現れた鬼は食用児に瞬殺される? イザベラに爪を突き立てた鬼ですが、レイが発砲した銃は額を貫いているように見えます。 鬼の弱点は目ですが、GFに現れた鬼の目は2つ。 仮面の下にもう一つ目があって、それを撃ち抜いたのであれば瞬殺できていますが、 鬼はまだ生きていると考えられます。 イザベラの次に子供たちへ襲いかかる可能性は、否定できません。 しかし、レイが間髪入れずに発砲すると考えるので、確実に目を撃ち抜いて倒すのではないでしょうか? 約束のネバーランド177話では、イザベラと共に倒れる鬼の姿が描かれると予想します。 ハッピーエンドで終わらないと予想している読者も多く、エマの約束やピーターの叔父への暗号のことを考えると、これからまだ苦しい展開が待っているかもしれません。 最期の最後まで、気が抜けそうにないですね! スポンサーリンク 約束のネバーランド177話ネタバレ最新話確定まとめ The Promised Neverland Chapter 177 Spoilers…. レイとのやり取りが描かれるのか気になるところですが、もしかすると最後まで打ち明けることはないかもしれませんね。 とはいえレイとイザベラの関係は、読者も注目しているところだと思います! 何かしら描かれるのではないかと期待しながら、次の展開を心待ちにしていたいと思います。

次の

約束のネバーランド第178話【約ネバ通信VOL.76】|maesaqu|note

約 ネバ 177 話

スポンサーリンク イザベラの願い 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」177話より引用 鬼に貫かれた身体の傷は深く、イザベラは地面に寝かされました。 子供たちはイザベラの周りを取り囲みました。 イザベラはエマに声をかけます。 「エマ…無事?みんな…誰もケガはない…?」 「ないよ!してない!」 「よかった…」 エマの返事を聞いてイザベラは心から安心します。 「ごめんね…」 イザベラはちゃんと生きて人間の世界に行くつもりでした。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」177話より引用 ごめんね、の意味はこんなずるい死に方をすることに対してでした。 イザベラは罪を背負い、憎まれる存在としてでも生きてちゃんと償いたかったのでしょうね…。 スポンサーリンク ママのこと エマは瀕死のイザベラに声をかけました。 「ママ!死なないで!」 エマの頬にイザベラは手を当てました。 エマにとって、イザベラは本当に優しいママでした。 でも出荷の事実を知り「怖い」に変わっていきます。 理由もわからず「なんで?」「どうして?」と悩みました。 そして次は「許せない」に変わり、いつの間にか「敵」になっていきました。 でも、外に飛び出して思い出すのは優しいママばかりでした…。 それはどうしてなのか、ずっとエマにはわかりませんでした。 それが今ようやく分かったのです。 ママも諦めたくなかったし、逃げ出したかったんだってこと。 でもそれは許されないことであることも。 スポンサーリンク だぁいすきよ イザベラが神様に願ったのは、あと一度だけ、子供たちを抱きしめるための力でした。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」177話より引用 震える手でエマの体に触れ「だぁいすきよ」と声をかけました。 その瞳は本当に優しく、母そのものでした。 イザベラの瞳は暗く消えかけていきました。 最後の力を振り絞ってイザベラはレイを呼びました。 イザベラにとってレイは特別に謝りたい子どもだったのです。 12年間、甘えさせることもできず、呪いたい人生を歩ませてしまったことをずっと悔いていました。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」177話より引用 「ごめんね…」 言葉になったのは短い「ごめんね」だけでしたが、レイにはそれだけで全て伝わったはずです。 「みんなを…お願い」 だぁいすきよ…イザベラは心の中でレイに伝えました。 子供たちに見守られ、イザベラはついに力尽きました。 スポンサーリンク 『約束のネバーランド』ネタバレ177-178話のまとめ 今回のお話では、エマたちの身代わりになったイザベラの最期がやってきてしまいました。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」177話より引用 一緒に人間の世界に行きたい、と思っていたイザベラの気持ちを思うと悲しいですね。 一時は本当に敵!って感じだったイザベラですが、実際はとても苦しんでいたことがわかり、イザベラ自身にも幸せになって欲しかったです…。 子供たちに「だぁいすきよ」というシーンはちょっと泣きそうになりますよね…。 最期は子供たちからも気持ちをもらうことができたので、イザベラはちゃんと母親に戻れたのではないかと思います。 「行ってらっしゃい」とエールを送ったイザベラに応えるように、エマたちには人間の世界で幸せになってほしいですね! 次回はいよいよ新しい世界に突入するのでしょうか? 続きが気になりますね!.

次の

約束のネバーランドネタバレ178話最新話速報!とうとう人間世界へ結局約束とは何だったのか?

約 ネバ 177 話

スポンサーリンク ただ普通に愛せるのよ 長らく続いた鬼の統治に大革命が起き、ついにエマたちは自由を手に入れました。 こうしてエマたちは自由の元、約束の場所に帰ってきました。 その背後から現れたのはかつてのママであり、グランマとなったイザベラでした。 イザベラはまだ何も知らない農園の飼育者に自分たちはもう自由であることを伝えました。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」176話より引用 「これからはもうただ普通に愛せるのよ」 その言葉を聞いた飼育者の目には涙が溢れました。 食用児は悲しい存在ですが、飼育者もまた、悲しみを抱えてきたことが分かりますね。 イザベラは、ただ自分たちのしてきたことは決してなかったことにならないと戒めています。 戦いが終わった後も、この苦しみだけは消えません。 スポンサーリンク ここまでこれた 反発する鬼は新王政が捕らえ、GF、GB、GV、GR…他の農園も全て今、終わりを迎えようとしていました。 エマはこれまでのことを思い出していました。 あの日「これ以上家族が死ぬのは嫌だ」と無茶を言ってノーマンとレイを困らせたこと。 理想のために「世界を変えようよ」と立ち上がったこと。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」176話より引用 怖くて不安で、くじけそうになってことも何度もあったけど、仲間のおかげでここまでこれたこと。 エマの周りにはもちろんノーマンやレイ、他の大切な仲間たちがいます。 でも、ふっと横を見ればもうこの世にはいないけど一緒に戦ってくれたユウゴたちも見えました。 エマは少しだけ寂しそうにその仲間たちに笑いかけました。 できたら…一緒に新しい世界に行きたかったのでしょう。 スポンサーリンク 迫りくる影 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」176話より引用 そんなエマたちの背後に、黒い影が近づいていました。 その正体は鬼です。 新王政は、農園を奪われることに反発した鬼たち全てを捕らえきれなかったのかもしれません。 鬼に気付いた子供たちはパニックを起こし逃げまわりました。 エマは自分の銃をさっき地面に下ろしていました。 つまり、今は丸腰です…! 鬼は「私の農園 私の人肉だ」と呟きながら子供たちを狙います。 エマは丸腰ですが、狙われた女の子を助けるために鬼に突進していきます。 レイはその状況を見て咄嗟に銃を鬼に向け、発砲しました。 エマは女の子を抱えて地面に倒れ込みました。 土煙が上がり、状況がわかりません。 エマに当たってもおかしくない状況で、間に合え!と覚悟を決めて銃を撃ったレイが見たものは…。 スポンサーリンク 『約束のネバーランド』ネタバレ176-177話のまとめ 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」176話より引用 今回のお話では、フィルや他の子供たちとの再会、人間の世界へみんなで行けるという嬉しいニュースがみんなを笑顔にしました。 一緒にいけない仲間への想いも忘れてはいけませんね。 エマは「みんなで」を理想にしていました。 ところがエマたちは新王政のもと、農園が廃止されたことに納得がいかない鬼によって襲撃を受けてしまいます。 その大ピンチから守ってくれたのはイザベラでした。 イザベラは自分のしてきたことに対して強い後悔の念を持っていました。 イザベラがどうなるかまだわかりませんが、できたらみんなと人間の世界へ行って欲しいと思ってしまいますね。 次回も気になる展開が続くので、目が離せませんね!.

次の