いただけない 類語。 「つきましては」の意味とは?例文つきで正しい使い方と類語も解説

「ご助言」の意味・正しい敬語か・正しい使い方と例文

いただけない 類語

「頂く」と「いただく」漢字とひらがなの違いと使い分け 「いただく」の漢字とひらがなにはそれぞれ別の意味があり、漢字とひらがなを使い分ける必要があります。 漢字で「頂く」と書き表すのは、「食べる・飲む」の謙譲語と、「もらう」の謙譲語として使用する場合です。 ひらがなの「いただく」の場合は、「ご覧いただく」「お越しいただく」など補助動詞としての役割のときに使用します。 補助動詞の「いただく」は文部科学省によってひらがなで表記すると定められているのです。 動詞に付属して「いただく」と使う場合は、ひらがなで表記しましょう。 例えば、多くの人が「ご覧頂く」「お越し頂く」というふうに漢字で表記しがちですが、本来は「ご覧いただく」「お越しいただく」と表記するのが適切です。 という違いがあります。 「頂く」と「戴く」の違いと使い分け さらに「いただく」の漢字には、「頂く」と「戴く」の二種類があります。 「頂く」は、前述したように「食べる・飲む」の謙譲語、「もらう」の謙譲語として使用します。 「頂く」は常用漢字であり、普段書面ではこちらを使うことが多いです。 「戴」には「面を持ち上げてかぶせる」「頭に物をのせる」という意味があります。 「戴く」にも「頂く」と同様の意味が含まれますが、主に対象が自分より非常に上である場合や、物品や品物に関わる時に使用されます。 「もらい物」という意味での「戴き物」にはこちらの漢字を使用します。 「戴く」は常用外漢字のため、通常はあまり使うことはありません。 使い分けの例として、 お菓子を頂く・・・(自分が)お菓子を食べる お菓子を戴く・・・お菓子をありがたく受け取る と、漢字1つ違うだけで意味が変わってきます。 「いただく」の他の類語 ビジネスシーンでは、「いただく」の他の類語もよく使います。 頂戴の使い方 「いただく」の類語に「頂戴」もあります。 漢字の「頂」には、てっぺんの意味もあります。 また、「戴」には、高くものを捧げるという意味もあります。 この2つの漢字からなる「頂戴」は、よりへりくだった丁寧な表現になります。 もらうこと、食べることをへりくだった表現のほか、もらったものをうやうやしく扱う様も意味しているでしょう。 また、ものを欲しい時や食べたい時に、相手に促すためにも使います。 「頂戴する」をさらに丁寧に言いたい時には、「頂戴いたします」や「頂戴しております」などとすることもできます。 ・貴重なご意見を頂戴いたしました。 ・ご案内状は、すでに頂戴しております。 ・頂戴した資料について、いくつか質問をさせていただけますか。 などと使うことができます。 賜るの使い方 日常生活ではあまり使いませんが、ビジネスのフォーマルなシーンでは使うことが多いのが、「賜る」(たまわる)でしょう。 「賜る」は、 特にあらたまったシーンで「もらう」の謙譲語、天皇など身分の高い人から「与えられる」場合の尊敬語として使います。 かなり丁寧な表現なので、上司など比較的身近な目上の人に使うと、かえって嫌味に聞こえてしまうこともあるでしょう。 例文として、 ・立派なお品を賜りまして、ありがとうございます。 ・御来賓のA様からご挨拶を賜りたいと存じます。

次の

「ご助力」の意味と目上への使い方、例文!類語「ご尽力」との違いは?

いただけない 類語

電話応対や接客、ビジネスシーンなど、さまざまな場面で使われる敬語で「いただけませんでしょうか」という言葉があります。 この「いただけませんでしょうか」という敬語にはどのような意味があるのでしょうか。 敬語「いただけませんでしょうか」は「いただけますか」という表現がより丁寧になった言い方です。 「いただけますか」という表現が「~してもらえませんか」という相手に許可をもらう表現になりますが、「いただけませんでしょうか」と使うと、決定権は相手に委ねており、より丁寧な敬語表現となります。 例えば、「教えていただけますか」と使うと、教えてほしいという意味ですが、「教えていただけませんでしょうか」と使うと、(あなたの判断で)教えてほしいという意味になり、相手に教えるか教えないか判断してもらう意味が含まれる表現になります。 敬語「いただけませんでしょうか」の使い方は? 敬語の「いただけませんでしょうか」はどのように使えばいいのでしょうか。 「いただけませんでしょうか」という言葉は敬語を使うシーンではさまざまな場所で登場する言葉です。 使い方をしっかり身に付けましょう。 ここでは、「いただけませんでしょうか」の敬語の種類と、使い方についてご紹介します。 ぜひご覧ください。 敬語の種類 敬語の種類には目上の人に対して敬意を表す敬語表現の尊敬語、自分をへりくだって相手を立てる敬語表現の謙譲語、「です」「ます」など使うことで丁寧な言い回しをする丁寧語があります。 「いただく」は「もらう」の謙譲語表現です。 「いただけますか」も謙譲語が含まれています。 「いただけませんでしょうか」は「いただけますか」をより丁寧にした敬語表現です。 使い方 敬語の「いただけませんでしょうか」はビジネスシーンで使われることが多い言葉です。 先輩や上司など、目上の人に対して使われます。 謙譲語のため、電話応対では敬意の対象が誰なのかを考えて使うようにしましょう。 接客などでは「いただけませんでしょうか」の「ません」という表現が、否定的な捉え方もできるため、使うことを控える場合があります。 ビジネスでの使い方 それでは、敬語「いただけませんでしょうか」はどのように使えばいいのでしょうか。 例えば、急な仕事を頼まれたけれど、予定があり定時で退社したい場合に、「申し訳ございません、本日は〇〇のため、定時で失礼させていただけませんでしょうか」と使います。 上司や先輩に対しては敬語表現で相手を立てましょう。 また、自分に意見があっても、上司や先輩が一方的に話してきて仕事を進めようとしたとき、「私の話も聞いていただけませんでしょうか」と使うこともあります。 職場で目上の人に対しては遠慮しがちになってしまいますが、自分の意見を伝えることも大切です。 上手に敬語を使って、上司や先輩とのコミュニケーションをとっていきましょう。 「いただけませんでしょうか」の別の敬語表現は何? 「いただけませんでしょうか」は相手に何か物事をお願いする意味の敬語表現でした。 それでは、「いただけませんでしょうか」を他の敬語表現で言い換える場合はどのような表現になるのでしょうか。 ここでは、「いただけませんでしょうか」の別の敬語表現をご紹介します。 ぜひご覧ください。 いただけますか 「いただけますか」という言葉もビジネスシーンではよく使われる言葉です。 「いただけませんでしょうか」よりは丁寧さが欠けますが、スッキリとした言葉づかいで、相手に対してダイレクトに伝わる印象がある言葉です。 「いただけますか」も謙譲語なので、上司や先輩など目上の人に対して使います。 例えば先輩などに「この資料を貸していただけますか?」と使ったり、取引先などに「ご了承いただきたく存じます」、上司に考えを否定され、問題点を聞きたいときに「ご賛同いただけない点をお聞かせいただけますか?」という使い方をします。 お願いできますでしょうか ビジネスシーンで「いただけますでしょうか」という言葉も耳にすることがあります。 この「いただけますでしょうか」という言葉と「いただけませんでしょうか」という言葉はどこが違うのでしょうか。 ここでは「いただけますでしょうか」と「いただけませんでしょうか」の違いについてご紹介します。 「いただけますでしょうか」の意味 「いただけますでしょうか」も謙譲語で、上司や先輩など目上の人に対してお願いしたり、依頼をする場合に使います。 例えば、上司に対して「企画書ができましたので、ご覧いただけますでしょうか」と使ったり、来客に「少々お待ちいただけますでしょうか」というように使うことができます。 「いただけますでしょうか」との違い 「いただけますでしょうか」と「いただけませんでしょうか」はどちらも謙譲語で、目上の人にお願いや依頼するときに使う言葉ですが、多少使うときに意味が変わってきます。 「いただけますでしょうか」という言葉は、「いただけませんでしょうか」という言葉よりも、お願いや依頼が受け入れてもらえる可能性が高い場合に使われます。 「いただけませんでしょうか」は相手の様子を伺って、どちらかというと、お願いできませんでしょうかと相手に決定権があるような言葉づかいです。 「いただけますでしょうか」も丁寧な言い回しですが、「いただけませんでしょうか」よりも、こちらが優位な言い方です。 そのため、より丁寧な言い方は「いただけませんでしょうか」という表現になります。 敬語「いただけませんでしょうか」は二重敬語なの? 二重敬語は過剰な敬語表現になり、誤った敬語と言われていますが、いったいどのような使い方が二重敬語になってしまうのでしょうか。 また、「いただけませんでしょうか」は二重敬語なのでしょうか。 ここでは、「いただけませんでしょうか」が二重敬語に当てはまるのかご説明します。 二重敬語とは? 二重敬語とは、一つのフレーズを作るときに、フレーズの中に2つ敬語を重ねて使ってしまうことです。 より丁寧な言い回しをしようとするあまり、尊敬語と尊敬語を重ねてしまったり、謙譲語と謙譲語を重ねてしまうことがあります。 二重敬語は間違えた敬語の使い方で、相手に対して失礼になってしまい、不快な思いをさせてしまう可能性もあるので気をつけましょう。 二重敬語の例 二重敬語は普段気づかずに使ってしまうことがあります。 二重敬語は敬語を使い慣れていない人にありがちな間違いです。 二重敬語を使ってしまうと、おかしな表現になってしまったり、相手に対して失礼な表現になってしまうため注意が必要です。 それでは、二重敬語にはどのようなものがあるのでしょうか、いくつか例をご紹介します。 尊敬語+尊敬語 まずは尊敬語と尊敬語を重ねてしまうケースをご紹介します。 例えば「お越しになられる」という表現ですが、これは「お越しになる」が尊敬語なのに、さらに尊敬語の「られる」を使ってしまっているので二重敬語です。 正しくは「お越しになる」と使います。 「お」+「~られる」という表現はよく使ってしまいがちなので注意が必要です。 謙譲語+謙譲語 謙譲語と謙譲語を重ねてしまうケースもあります。 「お承りします」という言葉も間違った二重敬語です。 「承る」がすでに謙譲語なので、「お」をつける必要がありません。 この場合は「承ります」と使います。 この表現も、より丁寧に相手に伝えようとして使ってしまいがちです。 おかしな表現になってしまうので気をつけましょう。 ただし、この場合は長く使われ日常生活に定着されているため、使っても良しとされる表現があります。 例えば「お伺いする」は「伺う」が謙譲語なので、二十敬語ですが、日常的に定着している表現です。 このように定着した表現もあるので注意が必要です。 「いただけませんでしょうか」は二重敬語なのか? 「いただけませんでしょうか」という言葉は「ます」と「です」が重なった二重敬語と勘違いされがちです。 しかし、2つの敬語が入った言葉でも敬語として使える場合があります。 敬語と敬語がくっついた敬語連結では敬語が文中に2つ使われていても敬語表現として使うことができます。 「いただけませんでしょうか」は「いただけません」と「でしょうか」がくっついた敬語連結です。 実際に敬語のマナー本などでも「いただけませんでしょうか」という表現は登場します。 とても丁寧な表現です。 しかし、二重敬語と勘違いされやすい表現でもあるので、気になる方は、他の表現に言い換えて使うことをおすすめします。 敬語を使ってコミュニケーションを広げよう.

次の

「いただけない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

いただけない 類語

「ご助力」の読み方と意味 「ご助力」の読み方は「ごじょりょく」 「ご助力」は「 ごじょりょく」と読みます。 「ご助力」の意味は「相手からの手助けに対して使用する言葉」 「ご助力」は、「助力」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「助力」は「 力を添えること」「 力を貸すこと」「 手助け」「 加勢」を意味する言葉です。 「助力」で使用する場合は、自分自身が助ける際に使います。 「助けますよ」「力を貸しますよ」だと、少々軽い感じがするので、代わりに「助力」が用いられます。 そして、相手を立てる敬語表現にするために、接頭語の「ご」をつけた「ご助力」は、 主に依頼・お願いする際に使います。 つまり、「ご助力」とした場合は「 相手から受ける助言や協力」などを全て表し、「手助けをしてほしい」とお願いをする場面や、ご助力いただき、ありがとうございます」と相手からの手助けに対しての感謝を伝える表現になるということです。 また、「ご助力いただいたにも関わらず〜」とお詫びをするときにも使用することができます。 「ご助力」の漢字は「御助力」とも 「ご助力」の「助力」についている 接頭語の「ご」は漢字で「御」を表記することも可能です。 接頭語の「ご」は、後ろに続く言葉が漢字である場合は、「御」と表記し、後ろが平仮名である場合は「ご」と平仮名で表記されるとされていますが、明確な定義表は存在しませんので、 「ご助力」でも「御助力」でも、どちらで表記しても間違いではありません。 一般的に、「御」と感じて表記すると、堅苦しいイメージを与えますのでかしこまった場面では漢字で「御」と表記するなど使い分けている人も多いです。 敬語の接頭語「ご」は尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにでもなる 上述しているように、「ご助力」の頭についている「ご」は接頭語です。 接頭語の「ご」は、尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにもなりえます。 簡単に説明すると、 相手の行動に「ご(お)」をつけて、「ご(お)〜する」の場合は「尊敬語」 相手に敬意をしめすために自分の行為をへりくだった表現にしている場合の「ご(お)〜する」は「謙譲語」 「ごゆっくり」「ごもっとも」というように丁寧な事言葉使いをすることで、話し相手に敬意をしめしている場合は「丁寧語」となります。 「ご助力」の使い方と敬語 「ご助力を仰ぐ」の意味は「助けを求める」で目上に使える敬語 「ご助力を仰ぐ」は「 助けを求める」「 目上の人から教えを乞うこと」という意味です。 「ご助力」は 相手の助けを指すので、接頭語「ご」は尊敬語です。 「仰ぐ」は「目上の人に求める」という意味なので謙譲表現ですが、厳密には謙譲語ではありません。 例えば、 上司に直接「ご助力を仰ぐ」と言ってしまうと失礼にあたるので、他の言葉で言い換える必要があります。 この場合は「お力添えただきたく存じます」「ご協力いただければと存じます」「お手伝いいただきたく存じます」などとします。 または、 ・ご尽力を仰がせていただき〜 ・ご尽力を仰ぐことができましたら幸いです。 といったように、後ろに続く言葉を丁寧にして使用します。 例文 ・スランプに陥ってしまい、モチベーションが下がる一方だったので師匠に御助力仰ぐことにした。 ・彼はどうやら社長に、ご助力を仰ぎたいそうです。 ・今は強がっていても、そのうち行き詰まって先輩方に御助力を仰ぐことになることでしょう。 ・強がって一人でなんとかすると言ってしまった手前、今更ご助力を仰ぐわけにはいかない。 ・後日改めてご尽力仰ぐことができましたら幸いです。 「ご助力いただき、ありがとうございます」は相手の助けに対するお礼 「ご〜いただく」で謙譲表現の定型句です。 「いただく」は 「もらう」の謙譲語す。 「相手の助けをもらう」という意味なので、「ご尽力」の「ご」は尊敬語、「いただく」は謙譲語と別々に解釈しても間違いではありません。 ですが、「ご〜いただく」で一つのセットとして謙譲表現とするのが一般的です。 ・ご尽力いただき、ありがとうございます ・ご尽力いただきたいです などの形です使います。 例文 ・これまで、温かいご指導とご助力いただき誠にありがとうございました。 ・お忙しいのにも関わらず、ご助力いただき誠にありがとうございます。 ・この度は、プラジェクトに関しまして、ご助力いただきまして誠にありがとうございます。 ・今回のプロジェクトは成功いたしましたのも、皆様にご助力いただいたおかげでございます。 「ご助力に感謝します」とも 「ご磁力に感謝します」といった言い回しで相手に助けてもらったことに対するお礼を伝えることも可能です。 この場合の「ご助力」は、相手の「助力」に対して使用しているので尊敬語となります。 「ご助力に感謝します」でも敬語表現になりますが、「する」の謙譲語である「〜いたす」という表現を使用して、 「ご助力に感謝いたします」としたほどが、相手に対してへりくだった表現になるので、より丁寧な表現となります。 例文 ・この度の事業成功にあたり、関係者各位の皆様のご助力に感謝します。 ・御社の日頃のご助力に感謝いたします。 ・今回の件に関しまして、御社の非常に幅広いご助力に心より感謝いたします。 ・弊社のためにご助力くださっていることに感謝申し上げます。 「ご助力のおかげ」「ご助力の賜物」「色々なご助力」も感謝するときに使う 「尽力」を使用して伝えるお礼のフレーズとしては、 ・ご助力のおかげ ・ご助力の賜物 ・色々なご助力 といったように様々な言い回しがあります。 例文 ・これもひとえに、皆様のご助力のおかげです。 誠に感謝申し上げます。 ・この度は、プロジェクト実施において、皆様より多大なるご助力を賜りましたことに厚くお礼申し上げます。 ・貴社におかれましては、日頃より町の発展のためご色々なご助力をいただき誠にありがとうございます。 ・この度、御社の長年にわたるご助力が実を結ばれましたことは、感激の至りでございます。 「ご助力させていただく」は、相手の許可が必要&二重敬語 「ご助力させていただく」は、相手の許可が必要&二重敬語の表現であるため注意が必要です。 「させていただく」は、使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 「させていただく」は、「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「させていただく」という表現について、文化庁は「基本的に他者の許可を得た上で、自分が行うことについて、その恩恵を受けることに対して敬意を払っている場合」に使うのが適切であるとしています。 要するに「させていただく」は、 ・相手や第三者の許可を受けて行う場合 ・それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合 の2つの条件を満たすときに使用するのが正しい使い方になります。 また、「ご助力させていただく」は、「自分が尽力をする側」であるためこの場合の接頭語の「ご」は「謙譲語」となります。 したがって、 「ご」=謙譲語 「させて」=敬語ではない「する」の使役形 「いただく」=「もらう」の謙譲語 で成り立っているということがわかります。 つまり、「ご助力させていただく」は 謙譲語が2つ含まれている二重敬語にあたります。 二重敬語は、相手に失礼な印象を与えたり、慇懃無礼と思われる可能性があるので使用する際は注意しましょう。 「ご助力できれば幸いです」で「自分が手助けをする」の意味 「ご磁力できれば幸いです」は、「 手助けできれば嬉しいです」というニュアンスで、自分が手助けをする場合に使用する言い回しです。 「幸い(さいわい)」の意味は、 ・その人にとって望ましく、ありがたいこと。 幸福・幸せ ・運が良いこと・都合が良いこと ・そうしていただければ幸せだと人に頼む気持ちを表す で、「 自分にとって嬉しいことです」「 〜であれば幸せになります」といった意味で使用される表現です。 例文 ・微力ではございますが、ご助力できれば幸いです。 ・御社の新事業成功のために、少しでもご助力できれば幸いです。 「ご助力を賜れれば幸いです」の意味は「手助けいただければ嬉しいです」 「ご助力を賜われれば幸いです」の意味は、「 手助けいただければ嬉しいです」となります。 「賜る」には大きくわけて、「もらう」の謙譲語 と 「与える」の尊敬語 の2つの意味があります。 この場合の「賜る」は、「もらう」の謙譲語として使われていて、「目上の人からものをいただく・ちょうだいする」という意味を持ち、 目上の相手の厚意からくる、物品や意見などの言葉を受け取る際に使います。 つまり、「賜われれば〜」で「 〜してもらえれば」という意味になり、相手に手助けをお願いする場面で使用できる言い回しになります。 ・我々では、まだまだ経験が浅いので、御社のご助力を賜われれば幸いです。 ・今回発売されました新商品に関しまして、アンケート調査にご助力賜われれば幸いです。 「ご助力のほど」というすると柔らかい印象に 「ご助力のほど〜」という言い回しを使用すると、 断定を避けた表現を和らげることができます。 「〜のほど」は、「〜のよう」という意味のある言葉で、「ご助力のほど」とすることで「 手助けをしてもらうよう〜」という意味になります。 「手助けしてください」と断定してお願いしてしまうと強い口調になってしまい、命令をされていると感じてしまう人もいるので、「手助けしてくれるようお願いいたします」という柔らかい言い回しでお願いをするほうが望ましいです。 例文 ・お忙しいところ不躾なお願いではございますが、ご助力のほどよろしくお願いいたします。 ・私共も新規事業立ち上げに関しましてご助力のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。 「ご助力」と「ご尽力」の違い 「ご尽力」は「あることのために力を尽くすこと」 「ご尽力」の読み方は、「 ごじんりょく」です。 まず「尽力」の意味は、「 あることのために力を尽くすこと」「 努力する」「 苦労する」ことになります。 それに尊敬を表す接頭語「ご」を付けて、「ご尽力」となります。 「尽」は「あるかぎりを出す」「終わるまで精一杯する」という意味なので、「尽力」は 一生懸命努めるといったイメージになります。 「ご尽力」は丁寧を表す接頭語「ご」がついているので、目上の相手に使うことができます。 「ご尽力」の例文 ・この度の事業成功にあたり、関係者各位の皆様のご尽力には感謝申し上げます。 ・この度はご尽力いただいたのにもかかわらず、残念な結果となりましたことを深くお詫び申し上げます。 ・今後は、誠心誠意尽力して参ります。 ・微力ではございますが、尽力させていただく所存でございます。 ・これもひとえに皆様からの厚いご尽力の賜物と心よりお礼申し上げます。 ご協力 「ご協力」は、「 ごきょうりょく」と読みます。 「ご協力」は、「協力」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「協力」の意味は、「 ある目的のために心を合わせて努力すること」です。 例文 ・ご協力いただき、誠にありがとうございます。 ・新事業の件で、大沢様にご協力いただきました。 ・緑の羽募金にご協力をお願いいたします。 ご支援 「ご支援」は、「 ごしえん」と読みます。 「ご支援」は、「支援」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「ご支援」の意味は、「 ささえ助けること・援助すること」です。 例文 ・今後ともご理解ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。 ・これも皆様のご支援ご厚情の賜物でございます。 感謝いたします。 ・ファンの皆様には日頃より支援していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。 ご援助 ご援助は、「 ごえんじょ」と読みます。 「ご援助」は、「援助」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「援助」の意味は、「 困っている人に力を貸すこと」です。 例文 ・これまでご援助頂いた方々に少しでも早く恩返しができるよう、精一杯努めます。 お手伝い 「お手伝い」の意味は、「 ある目的のために心をあわせて努力をすること」です。 例文 ・家族に引っ越しのお手伝いをしてもらったので、助かりました。 ・娘も3歳になり、少しずつ家のことをお手伝いしてくれるようになりました。 ご後援 「ご後援」は、「 ごこうえん」と読みます。 「ご後援」の意味は、「 後ろ盾となって、うまくことが運ぶように手助けすること」です。 例文 ・皆様のご後援賜り、心より感謝申し上げます。 ・イベント開催に向けてご後援いただきまして、誠に感謝申し上げます。

次の