カントン ほう けい と は。 真性包茎とはどんな状態?危険な包茎の種類と原因…治し方は?

治療費用一覧 |ABCクリニック

カントン ほう けい と は

>包茎の種類 包茎の種類には皮の出口の締め付け具合によって3種類に分けることができます。 「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」です。 このうち、最も多い包茎のタイプは「仮性包茎」です。 仮性包茎とは、普段は亀頭が皮で覆われていますが、勃起時には亀頭が露出する包茎のタイプです。 セックスは正常に行えますが、普段から亀頭が露出していないため、亀頭が刺激に弱く、そのため早漏になりがちです。 同時に亀頭粘膜が弱く、包茎ではない人に比べると性感性症(性病)に感染する可能性が高くなるようです(統計では数倍となっています)。 また、亀頭が皮に覆われているため、大変不潔になりやすく、様々な病原菌を繁殖させる原因となります。 包茎の種類のうち2つ目は、「真性包茎」です。 真性包茎は普段も勃起時も亀頭が露出しません。 常に皮がかぶったままです。 包皮口が異常に狭いもしくは亀頭と包皮がくっついてしまっている状態を指します。 放置しておくと亀頭炎や包皮炎が持続的な症状に起こってしまう可能性があります。 また、亀頭と包皮の癒着が起こる場合もあります。 正常なセックスも行えないため早期の治療が必要です。 真性包茎の治療は手術しかありません。 最後に紹介する包茎の種類は「カントン包茎」です。 カントン包茎は普段は亀頭を露出することができますが、勃起時に露出しようとすると痛みを伴ったり、亀頭が締め付けられるような違和感を伴う場合のことを指します。 軽度の場合はこれらの自覚症状がなく、微妙に狭い部分が亀頭のくびれに引っかかり亀頭が露出する場合もあり、この場合には常に亀頭が露出しているため、自分は包茎ではないと思っている人も多くいます。 セックスの時、皮膚が切れやすい方はその可能性があります。 悪くすると亀頭がうっ血状態になり、重大な事態を招きます。 締め付け感がかなりきつい場合には、無理に剥いてしまって包皮が戻らなくなり、亀頭下の皮膚の部分に水が溜まったように腫れることがあります。 その状態が続くと亀頭がうっ血して壊死してしまうこともありますので、早期の手術による対応が必要となります。 日本人の80%が上記いずれかの包茎に当てはまると言われていますが、「仮性包茎」も「真性包茎」も「カントン包茎」も、完全に治す方法は手術しかありません。 正常で清潔なセックスを行うためにも、上に挙げた包茎の種類のいずれかに当てはまる方は、早期に手術をすることが必要でしょう。

次の

画像からみる包茎の3つのタイプと実際の包茎の割合について

カントン ほう けい と は

自分のペニスが包茎ではないかと色々調べていると、仮性包茎という文字をよく目にするので、一体どんな包茎なんだろうかと、「仮性包茎とは」と検索されていますよね。 そんな疑問をお答えするために、仮性包茎についての詳細と日本人男性におけるその割合に、仮性包茎になる原因や治し方をお伝えしていますので、ぜひ参考にしてください。 「仮性包茎とは?」の疑問にお答えします 最初に、仮性包茎について一体どういうペニスを指すのかを詳しく解説しますね。 それと、気になる日本人男性の仮性包茎割合の数値もお伝えしています。 1-1. まずは仮性包茎の「包茎」について 包茎とは、亀頭先にある包皮口が狭かったり、亀頭と包皮内板(包皮内側)が癒着しているなどで亀頭に皮が被っているペニスのことをいいます。 その程度によって、主に下記3つの包茎に分けることができます。 真性包茎• カントン包茎• 仮性包茎 真性包茎とは 真性包茎とは、手で包皮を剥こうとしても全く亀頭を露出できない明らかに病気であるペニスのことです。 真性包茎のデメリットや判別方法、画像写真などの情報は、「」で詳しくお伝えしています。 カントン包茎とは カントン包茎とは、亀頭先にある包皮口が狭いにも関わらず、何らかの拍子で包皮が剥けてしまい、包皮口で亀頭を締め付けているペニスになります。 カントン包茎の詳細や見分け方、治し方などの情報は、「」でお伝えしています。 では最後の仮性包茎については、以降詳しくお伝えしていきますね。 「仮性」とは症状や外見が似ていることです 仮性とは、主に医療について使われる言葉なのですが、病気の原因は異なるが、症状や外見が似ている際に、その病名の前に付け加える言葉になります。 つまり当てはまる病名がないまたは病気ではないので、すでにある病名の前に「仮の」という意味で「仮性」と付けているわけですね。 このように明らかに病気であることを示すこととは対比する言葉が仮性になります。 1-3. 仮性包茎=包皮が剥ける包茎のことです ちょっと相反することになりますが、仮性包茎とは、包皮を剥くことができる包皮を被っているペニスになります。 そのため仮性という言葉が付いているわけですね。 具体的に言いますと、平常時は、ほとんど亀頭は包皮に覆われているが、手で包皮を引っ張れば亀頭を露出できるペニスは仮性包茎です。 また勃起していない時は包茎であるが、性的な刺激を受けて勃起した際に、包皮が自然に剥けるペニスも仮性包茎になります。 1-4. 【因み情報】仮性包茎の割合は60. 私も仮性包茎なので同感です。 因みに生まれながらに剥けている露茎の人は27. また病気である真性包茎やカントン包茎の人は、2. この2. 8%に含まれていると思われる人は、何らかの手立てをする必要があると思われます。 その具体的な方法については、「」と「」で詳しく解説しています。 仮性包茎になる主な4つの原因 この項目では、成人男性になってからも仮性包茎になってしまう原因と思われるものを4つ挙げています。 あたなも思い当たる節があるのではありませんか。 2-1. 幼少期の生活環境 昭和の子供の生活環境は、かけっこや木登りなどで身体を動かして遊ぶことが多かったので、その動作でペニス先端がパンツなどで擦れ、亀頭が刺激を受けて成長し、包皮が自然に剥けやすい環境でした。 しかし平成になった頃からは、ゲームや漫画、スマホなど身体を動かさない遊びが大半を占めるようになったため、多くの子供たちは亀頭にほとんど刺激を受けずに大人になってしまい、それが原因で仮性包茎になるといわれています。 2-2. 両親からの体質遺伝子 仮性包茎が親から遺伝子によって直接影響されることは医学的には否定されているようですが、体質遺伝によって何らかの影響はあるではないでしょうか。 なぜならば、かなり昔の私の体験談ですが、ある友人の親子と銭湯に行った際に、その父親のペニスは亀頭が大きくて見事に包皮が剥けたペニスでした。 そして私の友人である息子も全く同じで、亀頭のエラが大きく張ったペニスで完全に包皮は剥けていました。 そのような体験が過去に2度ほどありましたので、包茎に関して全く遺伝は関係ないとは個人的には思えません。 もしかしたら、妬みからくる私のうがった見方かもしれませんが…。 2-3. 剥き癖習慣の有無 昭和の時代は、第二次性徴期を迎えた男の子でも父親と一緒に風呂に入る機会が多かったので、そのときにペニスの包皮を剥く習慣を教えることができました。 しかし近年では、仕事で父親の帰宅が遅かったり、子供が勉強で忙しくて、第二次性徴期中の父子での入浴コミュニケーションは激減しました。 その結果、剥き癖習慣を知らない男の子が多くなり、仮性包茎になる原因の1つになっているようです。 2-4. 間違ったオナニー方法 ほとんどの男の子は中学生ぐらいからオナニーを覚えると思いますが、その際に包皮の上から行なう間違ったオナニーばかりをしていると、包茎のまま成人になる可能性が高まるようです。 包皮の上から手を上下に動かす間違った皮オナニーをしていると、その動作によって包皮を縦方向に伸びることになるので、段々と包皮が長く伸びてしまい、それが原因で仮性包茎になるようです。 仮性包茎の治し方 最後に、仮性包茎を3つの度合いに分けて、それぞれ最も効果があると思われる治し方をお伝えしていますので、ぜひ知っておいてください。 3-1. 【超重度の場合】包茎手術 超重度の仮性包茎とは、手で包皮を剥くと、何とか亀頭先だけは露出することはできるが、それ以上はヒリヒリと痛くて剥くことができないペニスをいいます。 つまり異なる表現をすると、亀頭がヒリヒリと痛くて女性性器に挿入できないペニスが超重度の仮性包茎になります。 このような症状の仮性包茎を確実に治すには、包茎手術を受けられることがいいでしょう。 包茎手術で行なわれている具体的な手順や費用目安、手術先を選ぶ際の注意点などは「」で詳しくお伝えしています。 3-2. 【重度~中度の場合】包茎矯正リングを装着する 重度~中度の仮性包茎とは、平常時は包皮に覆われているペニスでちょっと痛みを感じるが、手で包皮を剥けたり、勃起をすると自然に亀頭一部が露出するペニスをいいます。 この重度~中度の仮性包茎を治すには、包茎リングをペニスに装着するのはいいでしょう。 そうすれば、平常時も亀頭を露出させることができるようになります。 包茎矯正リングの中でもクマッキーネオという商品に人気があるようですが、その具体的な装着方法や価格、その他の包茎矯正リング情報などは「」で詳しくお伝えしています。 3-3. 【軽度の場合】亀頭カリ部分に絆創膏や輪ゴムを巻く 軽度の仮性包茎とは、平常時は包皮を被っているが、全く痛みを感じることがなく手で簡単に包皮が剥けて亀頭を露出できるペニスのことをいいます。 無論、セックス時にも痛みを感じることはありません。 しかし、常に亀頭が包皮によって保護されているので、性的刺激に過敏に反応して早漏気味になる傾向があるので、気になる人は絆創膏や輪ゴムなどを亀頭カリ部分に巻いて治す方法があります。 その具体的な方法や手順、メリット、デメリットについては、「」で詳しくお伝えしています。 因みに輪ゴムで仮性包茎を治す場合は、絆創膏を輪ゴムに置き換えてみてください。 まとめ 今日の記事では、仮性包茎の詳細と日本人男性におけるその割合、仮性包茎になる原因や治し方をお伝えしましたが、参考になったでしょうか。 あくまでも私の個人的な意見ですが、超重度~中度の仮性包茎については、何かしらの手立てをしたほうがいいかもしれませんが、軽度の仮性包茎は折角親から授かった身体なので、そのままでもいいのではないでしょうか。

次の

痛い!腫れて元に戻らない…カントン包茎は放っておくと危険?

カントン ほう けい と は

自分のペニスが包茎ではないかと色々調べていると、仮性包茎という文字をよく目にするので、一体どんな包茎なんだろうかと、「仮性包茎とは」と検索されていますよね。 そんな疑問をお答えするために、仮性包茎についての詳細と日本人男性におけるその割合に、仮性包茎になる原因や治し方をお伝えしていますので、ぜひ参考にしてください。 「仮性包茎とは?」の疑問にお答えします 最初に、仮性包茎について一体どういうペニスを指すのかを詳しく解説しますね。 それと、気になる日本人男性の仮性包茎割合の数値もお伝えしています。 1-1. まずは仮性包茎の「包茎」について 包茎とは、亀頭先にある包皮口が狭かったり、亀頭と包皮内板(包皮内側)が癒着しているなどで亀頭に皮が被っているペニスのことをいいます。 その程度によって、主に下記3つの包茎に分けることができます。 真性包茎• カントン包茎• 仮性包茎 真性包茎とは 真性包茎とは、手で包皮を剥こうとしても全く亀頭を露出できない明らかに病気であるペニスのことです。 真性包茎のデメリットや判別方法、画像写真などの情報は、「」で詳しくお伝えしています。 カントン包茎とは カントン包茎とは、亀頭先にある包皮口が狭いにも関わらず、何らかの拍子で包皮が剥けてしまい、包皮口で亀頭を締め付けているペニスになります。 カントン包茎の詳細や見分け方、治し方などの情報は、「」でお伝えしています。 では最後の仮性包茎については、以降詳しくお伝えしていきますね。 「仮性」とは症状や外見が似ていることです 仮性とは、主に医療について使われる言葉なのですが、病気の原因は異なるが、症状や外見が似ている際に、その病名の前に付け加える言葉になります。 つまり当てはまる病名がないまたは病気ではないので、すでにある病名の前に「仮の」という意味で「仮性」と付けているわけですね。 このように明らかに病気であることを示すこととは対比する言葉が仮性になります。 1-3. 仮性包茎=包皮が剥ける包茎のことです ちょっと相反することになりますが、仮性包茎とは、包皮を剥くことができる包皮を被っているペニスになります。 そのため仮性という言葉が付いているわけですね。 具体的に言いますと、平常時は、ほとんど亀頭は包皮に覆われているが、手で包皮を引っ張れば亀頭を露出できるペニスは仮性包茎です。 また勃起していない時は包茎であるが、性的な刺激を受けて勃起した際に、包皮が自然に剥けるペニスも仮性包茎になります。 1-4. 【因み情報】仮性包茎の割合は60. 私も仮性包茎なので同感です。 因みに生まれながらに剥けている露茎の人は27. また病気である真性包茎やカントン包茎の人は、2. この2. 8%に含まれていると思われる人は、何らかの手立てをする必要があると思われます。 その具体的な方法については、「」と「」で詳しく解説しています。 仮性包茎になる主な4つの原因 この項目では、成人男性になってからも仮性包茎になってしまう原因と思われるものを4つ挙げています。 あたなも思い当たる節があるのではありませんか。 2-1. 幼少期の生活環境 昭和の子供の生活環境は、かけっこや木登りなどで身体を動かして遊ぶことが多かったので、その動作でペニス先端がパンツなどで擦れ、亀頭が刺激を受けて成長し、包皮が自然に剥けやすい環境でした。 しかし平成になった頃からは、ゲームや漫画、スマホなど身体を動かさない遊びが大半を占めるようになったため、多くの子供たちは亀頭にほとんど刺激を受けずに大人になってしまい、それが原因で仮性包茎になるといわれています。 2-2. 両親からの体質遺伝子 仮性包茎が親から遺伝子によって直接影響されることは医学的には否定されているようですが、体質遺伝によって何らかの影響はあるではないでしょうか。 なぜならば、かなり昔の私の体験談ですが、ある友人の親子と銭湯に行った際に、その父親のペニスは亀頭が大きくて見事に包皮が剥けたペニスでした。 そして私の友人である息子も全く同じで、亀頭のエラが大きく張ったペニスで完全に包皮は剥けていました。 そのような体験が過去に2度ほどありましたので、包茎に関して全く遺伝は関係ないとは個人的には思えません。 もしかしたら、妬みからくる私のうがった見方かもしれませんが…。 2-3. 剥き癖習慣の有無 昭和の時代は、第二次性徴期を迎えた男の子でも父親と一緒に風呂に入る機会が多かったので、そのときにペニスの包皮を剥く習慣を教えることができました。 しかし近年では、仕事で父親の帰宅が遅かったり、子供が勉強で忙しくて、第二次性徴期中の父子での入浴コミュニケーションは激減しました。 その結果、剥き癖習慣を知らない男の子が多くなり、仮性包茎になる原因の1つになっているようです。 2-4. 間違ったオナニー方法 ほとんどの男の子は中学生ぐらいからオナニーを覚えると思いますが、その際に包皮の上から行なう間違ったオナニーばかりをしていると、包茎のまま成人になる可能性が高まるようです。 包皮の上から手を上下に動かす間違った皮オナニーをしていると、その動作によって包皮を縦方向に伸びることになるので、段々と包皮が長く伸びてしまい、それが原因で仮性包茎になるようです。 仮性包茎の治し方 最後に、仮性包茎を3つの度合いに分けて、それぞれ最も効果があると思われる治し方をお伝えしていますので、ぜひ知っておいてください。 3-1. 【超重度の場合】包茎手術 超重度の仮性包茎とは、手で包皮を剥くと、何とか亀頭先だけは露出することはできるが、それ以上はヒリヒリと痛くて剥くことができないペニスをいいます。 つまり異なる表現をすると、亀頭がヒリヒリと痛くて女性性器に挿入できないペニスが超重度の仮性包茎になります。 このような症状の仮性包茎を確実に治すには、包茎手術を受けられることがいいでしょう。 包茎手術で行なわれている具体的な手順や費用目安、手術先を選ぶ際の注意点などは「」で詳しくお伝えしています。 3-2. 【重度~中度の場合】包茎矯正リングを装着する 重度~中度の仮性包茎とは、平常時は包皮に覆われているペニスでちょっと痛みを感じるが、手で包皮を剥けたり、勃起をすると自然に亀頭一部が露出するペニスをいいます。 この重度~中度の仮性包茎を治すには、包茎リングをペニスに装着するのはいいでしょう。 そうすれば、平常時も亀頭を露出させることができるようになります。 包茎矯正リングの中でもクマッキーネオという商品に人気があるようですが、その具体的な装着方法や価格、その他の包茎矯正リング情報などは「」で詳しくお伝えしています。 3-3. 【軽度の場合】亀頭カリ部分に絆創膏や輪ゴムを巻く 軽度の仮性包茎とは、平常時は包皮を被っているが、全く痛みを感じることがなく手で簡単に包皮が剥けて亀頭を露出できるペニスのことをいいます。 無論、セックス時にも痛みを感じることはありません。 しかし、常に亀頭が包皮によって保護されているので、性的刺激に過敏に反応して早漏気味になる傾向があるので、気になる人は絆創膏や輪ゴムなどを亀頭カリ部分に巻いて治す方法があります。 その具体的な方法や手順、メリット、デメリットについては、「」で詳しくお伝えしています。 因みに輪ゴムで仮性包茎を治す場合は、絆創膏を輪ゴムに置き換えてみてください。 まとめ 今日の記事では、仮性包茎の詳細と日本人男性におけるその割合、仮性包茎になる原因や治し方をお伝えしましたが、参考になったでしょうか。 あくまでも私の個人的な意見ですが、超重度~中度の仮性包茎については、何かしらの手立てをしたほうがいいかもしれませんが、軽度の仮性包茎は折角親から授かった身体なので、そのままでもいいのではないでしょうか。

次の