スタ フィロ コッカス。 ミミピュア

2才の息子が一般細菌検査でコアクラーゼ陰性(MRCNS)とでました。自然になくな...

スタ フィロ コッカス

食中毒原因物質 ブドウ球菌 スタフィロコッカス属菌 Genus Staphylococcus スタフィロコッカス属は、 和名でブドウ球菌と言った方が一般的にはわかりやすいかもしれません。 このブドウ球菌というのはスタフィロコッカス属菌の総称で、自然界に広く分布しており、ヒトの皮膚や鼻腔、腸管、外尿道、そのほかの粘膜面など に常在しています(特に化膿した傷口)。 現在、ブドウ球菌には28菌種あり、コアグラーゼというウサギやヒトの血漿(血液から白血球や赤血球などの血球成分を取り除いたもの)を凝固させる酵素を持っているかどうかでコアグラーゼ陽性群と陰性群に分けられます。 コアグラーゼ陽性群の代表は、食中毒の起因菌である 黄色ブドウ球菌( S. aureus ) です。 コアグラーゼ陰性群には表皮ブドウ球菌( S. epidermidis)や腐生ブドウ球菌 ( S. saprophyicus)があり、一括してコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS: Coagulase Negative Staphylococus )と呼ばれることがあります。 病原性は黄色ブドウ球菌が最も強く、一般的にコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)は弱いとされていますが、近年このCNSによる感染症が増加しており、留置血管内カテーテルからの感染で心内膜炎や菌血症を起こすことが問題になっています。 ( S. aureus ) 黄色ブドウ球菌による食中毒は、この菌が食品中で増殖するときに産生する外毒素の一つである腸管毒素(エンテロトキシン)によって起こる毒素型食中毒です。 原因食品は「おにぎり」が多く、他に折詰弁当や仕出し弁当、和菓子、シュークリームなどが代表的なものです。 潜伏期間は短く1〜6時間で嘔吐や腹痛、下痢が起こりますが高い熱はあまりでません。 また予後も軽く、1〜2日で快方に向かいます。 黄色ブドウ球菌は、一般的に化膿症の原因菌ですが、コアグラーゼや腸管毒素の他にも多くの代謝産物である外毒素を産生することで、種々の疾患を起こします。 毒素性ショック症候群毒素(TSST-1)はその名の通り毒素性ショック症候群を引き起こし、エクソフォリアチンは表皮剥脱を起こす外毒素で皮膚剥脱症候群(SSSS)を引き起こします。 他に溶血毒素や白血球毒(ロイコシジン)、繊維素溶解素などの代謝産物があります。 (メチシリン耐性黄色ブドウ球菌) 細菌感染には治療薬として抗生物質が用いられますが、細菌も対抗手段としてその抗生物質を無効にする物質を作りだします。 このイタチゴッコによって、1980年代より院内感染の主要な原因菌として話題に上るメチシリンという抗生物質が無効なMRSAが登場しました。 健常保菌者より感染し、敗血症などの重篤な症状を引き起こします。 現在では、MRSAに有効とされていたバンコマイシンという抗生物質も効かないVRSA(バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌)が出現してきています。

次の

ブドウ球菌

スタ フィロ コッカス

細菌 バクテリア)・・・・・・131種類 number. 名前 備考 英名 001. アキネトバクター カイカセティカス ヒト常在菌 汚水、土壌に広く分布 易感染者に伝播 髄膜炎、敗血症、呼吸器感染 Acinetobacter Calcoaceticus 002. アエロバクター アエロゲネス エタノール発酵菌 Aerobacer Aerogenes 003. アスコフィーダ ピシ 豆類 病原菌 Ascophyta Pisi 004. アスタ エロウス エゾギク姜黄病原因菌 Aster Yellows 005. オートトロフィック バクテリア 独立栄養菌、炭酸ガスで生育する Autotrophic Bacterria 006. バチルス アンスラシス 炭疽菌 芽胞細菌 Bacillus Anthracis 007. バチルス セレウス(セレウス菌) 嘔吐型食中毒 耐熱・耐乾・耐消毒性 穀類、土壌、焼飯、ピラフ、スパゲッティ Bacillus Cereus 008. バチルス メガティリウム 枯草菌 Bacillus Megaterrium 009. バチルス ミコイデス 枯草菌 Bacillus Mycoides 010. バチルス パンクタタン 枯草菌 Bacillus Punctatum number. 名前 備考 英名 011. バチルス スブティリス 枯草菌、水系塗料汚染、酵素産出 腐朽植物、建材腐朽部、自然環境常在菌 Bacillus Subtillis 012. バクテロイデス フラギリス 腸内細菌、偏性嫌気性菌 ABacterroides Fragilis 015. バルトネラ ヘンセレ 猫ひっかき病原因菌、リケッチア Bartonella Henselae 016. カンピロバクター フェタス 敗血症、髄膜炎、心内膜症 Campylobacter Fetus 017. クロストリディウム ボツリナム 偏性嫌気性、 ボツリヌス菌食中毒 魚介類、家畜、瓶詰め、缶詰、いずし Clostridium Botulinum 020. クロストリディウム ディフィシル 偏性嫌気性、ディフィシル菌 偽膜性大腸炎原因菌 Clostridium Difficile number. 名前 備考 英名 021. クロストリディウム パフリジェンス 偏性嫌気性食中毒、芽胞細菌、ウエルシュ菌 加熱調理食品、魚介類、肉団子、家畜、家禽 Absidisa Corymbifera 022. クロストリジウム ソポロジェンヌ 偏性嫌気性、タンパク食品腐敗 缶詰食品変性菌 Absidisa Corymbifera 023. クロストリジウム テタニ 偏性嫌気性、破傷風原因菌、芽胞細菌 Clostridium Tetani 024. カルティシアム ファシフォルメ 出芽前立枯れ病原因菌 Corticium Fuciforme 025. コリネバクテリウム ジフテリア ジフテリア菌、グラム陽性好気性桿菌 Corynebacterium Diphtheriae 026. ダクテリウム デンドロイダス キノコ寄生菌 Dactylium Dendroides 027. デバリアマイセス ハンシニー 耐糖性酵母 Debaryamyces Hansenii 028. デザルフォブビリオ デザルフォリカンス 硫酸還元菌 Desulfovibrio Desulfuricans 029. ダイプロディア バイティコラ 茎腐病原因菌 Diplodia Viticol 030. エンダチア パラシティカ 栗胴枯れ病原因菌 Endothia Paracitica number. 名前 備考 英名 031. エンテロバクター アエロゲネス 好気性菌、腸内細菌 Enterobacter Aerogenes 032. エンテロバクター クロカエラ 下水菌 偏性好気性グラム陰性菌ヒト常在菌 薬剤耐性 尿路感染 肺炎 環境水回り Enterobacter Clocae 033. エンテロコッカス フィカリス 腸球菌、糞便連鎖球菌 Enterrococcus Faecalis 034. エンテロコッカス フェシウム 腸球菌 Enterrococcus Faecium 035. エンテロコッカス ニストリティカ 腸球菌 Enterrococcus Nistolytica 036. エルウィニア カロトボラ キャベツ・白菜の細菌病、軟腐病 Erwinia Carotovora 037. フラボバクテリュウム アミノゼン グラム陰性桿菌 Flavobacterium Aminogenes 039. フラボバクテリュウム メニンガセプティカム グラム陰性桿菌 Flavobacterium Meningoseptium 040. フソバクテリュウム ナクレタム 嫌気性グラム陰性桿菌、化膿性感染症 Fusobacterium Nucleatum number. 名前 備考 英名 041. ヘモフィルス インフルエンザ 日和見病原性菌、インフルエンザ、肺炎 髄膜炎 Haemophilus Influenzae 043. クレブシエラ ニューモニアエ 日和見病原性菌、肺炎桿菌 肺炎、尿路感染 環境水、下水、尿、血液、糞便 Absidisa Corymbifera 046. ラクトバシルス アシドフィラス 乳酸菌、乳製品製造ヨーグルト・乳酸菌飲料 Lactbacillus Acidophilus 047. ラクトバシルス ブルガリカス 好気性グラム陰性菌 Lactobacillus Bulgericus 048. ラクトバシルス プランタラム 乳酸菌、乳製品・醸造製品 Lactbacillus Planntarum 049. レジオネラ ニューモフィラ グラム陰性好気性桿菌 レジオネラ肺炎菌 環境水温泉、24時間風呂、冷却塔水、給湯器 Legionella Pneamophila 050. 名前 備考 英名 051. リステリア モノシトゲネス リステリア症、食中毒、食品汚染菌 髄膜炎、 妊娠異常、家畜、ミルク・乳製品、野菜 Listeria Monocytogens 054. ミクロコッカス アエロジェネス 産褥熱原因菌、好気性菌、色素生成、耐塩性 Micrococcus Aerogenees 055. ミクロコッカス カンジダ 好気性球菌、色素生成、耐塩性 Micrococcus Candidus 056. ミクロコッカス カゾリティカス 非病原性菌 動物、ヒトの腸管・皮膚に生息 室内埃、ダクト空気から検出される Micrococcus Caseolyticus 057. ミクロコッカス グラタミカス 好気性球菌、色素生成、耐塩性 Micrococcus Glatamicus 058. ミクロコッカス フォーゼン 好気性球菌、低温・耐乾・耐熱・耐食塩性 Absidisa Corymbifera 059. ミクロコッカス ブルガリス 嫌気性球菌 Micrococcus Vulgaris 060. マイコバクテリューム ツベルクロシス 結核菌、好気性、好酸性 Mycobacterrium Tuberculosis number. 名前 備考 英名 061. ネイセリア ゴナホエア 淋菌(淋病)、グラム陰性好気性双球菌 Absidisa Corymbifera 062. ノカルジア アステロイダス 放線菌、ノルカジア症原因菌、中枢神経障害 Nocardia Asteroides 063. ロドスフェラ ルコトリカ うどん粉病 Rodospheara Leucotricha 069. プロピオニバクテリウム アセン 嫌気性グラム陰性桿菌 Propionibacterium Aces 070. プロピオニバクテリウム セルマニ 嫌気性グラム陰性桿菌 Propionibacterium Shermanii number. 名前 備考 英名 071. プロテウス ミラベリ 変形菌(髄膜炎・化膿性疾患・尿路感染症) 大腸菌群の一つ、環境水、下水、尿(動物・ヒト) Proteus Mirabilis 072. プロテウス ブルガリ 変形菌、発酵食品腐敗、病原性腸内細菌 Proteus Vulgaris 073. シュードモナス エレギノーサ 緑膿菌(院内感染・火傷後の感染) 耐乾燥、耐薬剤性、有機物分解性 Proteus Vulgaris 074. シュードモナス フルレセウス 緑膿菌(院内感染) Pseudomonas Fluresceus 075. シュードモナス ソラナセラム トマトの細菌症、青枯病 Pseudomonas Solanacearum 076. シュードモナス シリンガ 梅のカイヨウ病 Pseudomonas Syringas 077. ピシウム アファニデルマタム 綿腐病(トマト・果実) Pythium Aphanidermatam 078. ピシウム ドバリアナム 苗立枯れ病(まめ科) Pythium Debaryanum 079. リゾクトニア ソラニ 日和見病原性菌、根腐病、苗立枯病(キャベツ) Rhizoctonia Solani number. 名前 備考 英名 081. 084. サルモネラ アリゾナエ 通性嫌気性グラム陰性桿菌 Salmonella Arizonae 086. サルモネラ コレラシス 豚コレラ菌、通性嫌気性グラム陰性桿菌 Salmonella Choleraesuis 087. サルモネラ エンテリカ 通性嫌気性グラム陰性桿菌 Salmonella Enterrica 089. サルモネラ パラティフィー パラチフス菌、通性嫌気性グラム陰性桿菌 Salmonella Paratyphi 090. サルモネラ タイファサ チフス菌、通性嫌気性グラム陰性桿菌 Salmonella Typhosa number. 名前 備考 英名 091. サルモネラ タフィマリアム ネズミチフス菌、哺乳動物腸管常在菌 食中毒原因菌、環境水、土壌、下水、ペット糞 Salmonella Typhimurium 092. サルチナ フレイバ サルチナ属(無胞芽嫌気性球菌) Sarcina Flava 093. サルチナ ルテア サルチナ属(無胞芽嫌気性球菌) Sarcina Lutea 094. セラティア リグファシエンス 通性嫌気性グラム陰性菌、赤色色素生成、食品汚染 Serratia Liguefaciens 097. サラティア マルセセン(セラチア菌) 環境、腸管、皮膚粘膜、自然環境に分布 耐薬剤性院内汚染菌 日和見感染菌呼吸器感染 Serratia Marcesens 098. セラティア サリナリア 通性嫌気性グラム陰性菌、赤色色素生成 Serratia Salinaria 099. シゲラ ディセンテリア 赤痢菌 Shigella Dysenterias 100. 名前 備考 英名 101. スタフィロコッカス アウレウス 黄色ブドウ球菌(院内感染)薬剤耐性変異菌 ヒト、動物、弁当、おにぎり、和・洋菓子 Absidisa Corymbifera 102. スタフィロコッカス エピデルミディス 表皮ブドウ球菌 コアグラーゼ陰性ブドウ球菌 ヒト及び哺乳動物の常在菌 日和見感染菌 Staphylococcus Epidermidis 103. ストレプトコッカス アガレクティア B群連鎖球菌、新生児敗血症 Streptococcus Agalactiae 105. ストレプトコッカス ファエカリス 脹球菌、糞便連鎖球菌 Streptococcus Faecalis 106. ストレプトコッカス ラクティス 乳酸菌、乳製品製造、低温生育性 Streptococcus Lactis 107. ストレプトコッカス ニューモニアエ 医療環境、口腔液、血液、肺炎二次感染原因菌 中耳炎、髄膜炎 Streptococcus Pneumoniae 108. ストレプトコッカス ポジエン 好気性A群溶血性連鎖球菌、急性扁桃腺炎 糸球体腎炎 Streptococcus Pyogenes 109. ストレプトコッカス テレモフィラス 医療環境、喀痰、咳、口腔液、血液 肺炎二次感染原因菌 中耳炎、髄膜炎 Streptococcus Thermophilis 110. ストレプトコッカス ビリデンス 連鎖球菌 Streptococcus Viridans number. 名前 備考 英名 111. ストレプトマイセス オーレオファシエン 放線菌、抗生物質生産菌、テトラサイクリン Streptomyces Aureofaciens 112. ストレプトマイセス グリセウス 放線菌、酵素生産(プロテアーゼ) 抗生物質生産菌(クロモマイシンA3) Streptomyces Griseus 113. ストレプトマイセス カスガエンシス 放線菌、抗生物質生産菌(カスガマイシン) Streptomyces Kasugaensis 114. ストレプトマイセス ルブリレティキュリ 放線菌 Streptomyces Rubrireticuli 115. ストレプトバーティシリウム レティカルム 日和見病原性菌(食品・飼料汚染) Streptoverticillum Reticulum 116. ゼグマチノミセス ブルガリス 放線菌 Thermoactinomyces Vulgaris 118. チオバチルス チオオキシダンス 硫黄酸化細菌 Thiobacillus Thiooxidans 119. トルラ ニグラ イースト菌 Torula Nigra 120. 名前 備考 英名 121. ビブリオ コレラ コレラ菌、通性嫌気性桿菌 Vibrio Cholerae 122. ビブレオ アルニフィカス 魚介類病原菌、通性嫌気性桿菌 Vibrio Ulnificus 123. ビブリオ フルビアリス 魚介類病原菌、通性嫌気性桿菌 Vibrio Fluvialis 124. ビブリオ ミミカス 魚介類病原菌、通性嫌気性桿菌 Vibrio Mimicus 125. ビブリオ オマ 魚介類病原菌、通性嫌気性桿菌 Vibrio Omma 126. ビブリオ パラハエモリティカス 腸炎ビブリオ菌、海産魚介類、鮨、刺身 通性嫌気性桿菌 Vibrio Parahaemolyticus 127. 名前 備考 英名 131.

次の

2才の息子が一般細菌検査でコアクラーゼ陰性(MRCNS)とでました。自然になくな...

スタ フィロ コッカス

スタフィロコッカス・アウレウス(Staphylococcus aureus)は、それが産生する色素の形と色のためにその美しい名前を受けています。 ギリシャ語からの無料翻訳では、「ブドウ球菌」という言葉は「ブドウの束の形の穀物」を意味しています。 黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)は、空気、水、土壌、人の皮膚および粘膜に存在し、腸に少量入っています。 それは、条件付き病原性微生物、すなわち健康な人の身体にある微生物が彼に害を与えないが、免疫が弱まったときに病気を引き起こすような微生物に属する理由である。 Staphylococcus aureusは感染していますか? 黄色ブドウ球菌を感染させる多くの方法があります。 接触式家庭や空中のルートで感染し、傷口を開いて医療器具や食べ物や飲み物などで身体に入り込むことができます。 入れ墨や穿孔中に衛生的な要求に違反してブドウ球菌に感染することがあります。 ブドウ球菌感染の発症の主な条件は体の防御の弱化であり、したがって静脈カテーテルまたは人工呼吸による患者の院内感染がしばしば起こる。 多くの人々にとって懸念される実際の問題は、母乳を介して伝染する黄色ブドウ球菌ですか? 残念ながら、母乳はこの微生物にとって理想的な栄養素です。 このような状況では、黄色ブドウ球菌を取り除く方法を決定するには、専門家に相談する必要があります。 スタフィロコッカス・アウレウスによる病気• 皮膚および皮下組織の膿疱性疾患:膿皮症、膿瘍、疫病;• 消化器系疾患:口内炎、急性食品媒介疾患、腸炎、腸炎、副鼻腔炎;• 泌尿生殖器系の疾患:尿道炎、膀胱炎、腎盂腎炎、乳腺炎;• 呼吸器疾患:咽頭痛、肺炎;• 心血管系の疾患:心内膜炎、心膜炎。 ブドウ球菌感染のすべての臨床形態の中で、胃腸病変が最も一般的である。 傷害現場の現地化によると、 毒素感染、腸炎、腸炎。 ブドウ球菌食中毒。 上腹部の激しい痛み、悪心、反復嘔吐、高熱を特徴とする、硬い。 重度の症例では、神経学的障害または発作が起こることがある。 便の液体の複数、フェチ、粘液や血液と混合することがあります。 多くの場合、同じ製品を使用していた人々のグループの同時の病気があり、診断を大幅に簡素化します。 この病気の経過は通常1〜2日後に健康状態が著しく改善され、好都合です。 ブドウ球菌腸炎または腸炎は比較的静かに起こる。 発症は漸進的であり、しばしば上気道のカタラーム現象が先行する腸症状を伴う場合がある。 温度が亜熱帯数まで上昇すると、便は1日4〜8回まで頻繁になります。 スタフィロコッカス・アウレウスの診断 診断は感染の臨床徴候に基づいています。 感染を明らかにするために、糞便を培養する。 病原体を単離した後、最も効果的な治療法を決定するために抗菌薬に対する感受性を調べる。 治療 ブドウ球菌感染症の治療には、• 病原体の抑制 - 現代の抗菌薬が使用されている。 免疫の正常化;• 代謝の正常化;• 体を弱体化させる随伴性の慢性疾患の治療。 黄色ブドウ球菌の治療のための多くの薬物の中で、最も有効なものはブドウ球菌バクテリオファージである。 これは、細菌細胞を溶解(破壊)することができる免疫学的ファージである。 それは黄金を含むブドウ球菌のほとんどの株に対して活性である。 それは、種々の局在化の膿性感染症の治療および予防、ならびに腸障害に対する使用に用いられる。 効果的なファージ療法のためには、処方されたバクテリオファージに対する患者の微生物の感受性を予備的に決定することが必要である。 スタフィロコッカス・アウレウス(Staphylococcus aureus)によって引き起こされる腸内感染において、液体バクテリオファージは食事の1時間前に3回処方される。 投与量は、患者の体重および年齢に応じて個別に計算される。 直腸使用は、ろうそくまたは浣腸の形態で1日1回使用する。 初回入院時には、新生児が沸騰した水で希釈したバクテリオファージを推奨します。 副作用(アレルギー性発疹、逆流)がなければ、そのままでバクテリオファージを使用することができます。 ブドウ球菌バクテリオファージの使用に関する禁忌は利用できません。 担当医師の指示に従って、妊娠中および授乳中の使用は許可されています。 これは、妊娠中および授乳中の女性のために黄色ブドウ球菌を除去するための最も良性の選択肢です。 これは、黄色ブドウ球菌の治療のための他の薬物との併用療法に使用することができる。 現代の研究の結果によれば、最も有効な抗菌薬は現在認識されている:セフトビポロール、レボフロキサシン、バンコマイシン、リネゾリド、キュービシン。 Ceftobiprolは、メチシリン耐性ブドウ球菌に対して殺菌活性を有するセファロスポリン群の抗生物質である。 様々な暴露方法を用いて免疫系を強化するため。 伝統的なハーブのアダプトゲンが使用されています:チンキ:Eleutherococcus、人参の根。 重篤な病状では、ほとんどの抗菌薬に対するブドウ球菌の安定性は、合成免疫調節物質の複雑な組み合わせまたは抗スタフィロコッカス免疫グロブリンの導入を使用する。 自動化学療法の方法を成功裏に使用しました - 患者の血液を筋肉内に導入して免疫システムを刺激する。 代謝プロセスを改善するためには、マルチビタミンの摂取が推奨されています。 体の防御の回復のための大きな役割は、健康でバランスの取れた食事に与えられます。

次の