かゆみ 止め。 かゆみ止めとステロイド|知りたい!市販薬

ヒリヒリや痒みも! 「日焼け止め成分」が肌トラブルを引き起こす

かゆみ 止め

ですが、市場に出ている日焼け止めのすべてが皮膚にかゆみを引き起こす成分ばかりでもないので安心してください。 とくに注意が必要な成分は、「紫外線吸収剤」とよばれる石油由来の合成成分です。 《紫外線吸収剤とは?どんな成分?》 紫外線吸収剤とは、化学反応により紫外線を吸収し、外部に逃がすという流れになります。 つまり、紫外線を肌奥に入れこまないようにするために化学反応を生じさせるのですが、その時に発生する熱が皮膚のかゆみや、赤み、かぶれなどを引き起こしてしまっているのです。 紫外線吸収剤における皮膚トラブルは意外に多く、症状として顔のかゆみから腫れやかぶれにまで及ぶケースもあるでしょう。 《日焼け止めの成分が原因かもしれないと察したらとるべき行動》 日焼け止めをつけて肌がむずかゆかったり、赤みを帯び始めてきたら躊躇せず、すぐに皮膚科を受診します。 そこでは、かゆみ止めの抗ヒスタミン剤や外用薬が処方されるでしょう。 ですが、症状には個人差があるため、ひどければステロイド系薬品の処方も否めません。 また、経過を観察しながらではありますが、紫外線吸収剤配合の日焼け止めやその他、ケミカル系の化粧品をやめるように言われる事もあるでしょう。 【成分を散乱剤配合日焼け止めに変えてみる!】 今まで紫外線を防止してきたのに、かゆみが出たからといって日焼け止めを全くつけなくなるような無防備状態にだけはなりたくないものです。 安全な成分に変えてみるとかゆみが出なくなる人も少なくありません。 決してノンケミカルではありませんが、日常の紫外線レベル程度ならば「紫外線散乱剤」の成分で十分対処できるでしょう。 《紫外線散乱剤とはどんな成分?》 細かいチタン、亜鉛などの金属により紫外線を反射させて、防御します。 ノンケミカルではありませんが、肌に最も影響を与えるリスクの高い紫外線吸収剤よりも肌トラブルの影響がなく安心です。 しかし、上記で述べたようにチタンや亜鉛などの金属を配合しているため、金属アレルギーの人が肌に合わないなどのリスクはあります。 【ノンケミカルや無添加、オーガニックにこだわりを!】 所詮は、紫外線吸収剤並びに散乱剤も石油系のケミカル成分です。 肌の上に長時間のせることで、肌内部にまで浸透し、合わなければかゆみという拒否反応が出てしまうのです。 では、思いきってノンケミカルや、無添加、オーガニックなどを意識した日焼け止めを使う方法もありますよ。 これらを使って、肌にかゆみを感じなくなれば、ずっと継続すれば良いわけです。 ちなみに、敏感肌とよばれるユーザーが増えた国内では、オーガニック化粧品とよばれるような天然素材を生かした肌に優しいものに注目が集まっています。 日焼け止めだけでなく、すべてのスキンケアラインをオーガニックや無添加のものに統一してあげるのが、最高の対処法ですね。 日焼け止めが原因かと思いこみ、使用するのをストップしたけれども、ますますかゆみがひどくなった場合、紫外線アレルギーという疾患を疑いましょう。 【紫外線アレルギーってどんなもの?】 日光アレルギー、日光過敏症などとも呼ばれていて、紫外線をあびる事で体内抗体が一定量を超過し、かゆみをはじめ湿疹や腫れなどの症状が出ます。 目の充血や、頭痛などの症状を訴える人も少なくありません。 はじめは、日焼け止めによる化学成分が原因かと思いがちですが、実はこの疾患によるかゆみだったということも少なくないのです。 《顔だけかゆみが出るケースも!》 朝つけた日焼け止めが汗や皮脂により落ちてしまう事もあります。 その隙間から紫外線が入り込む事でかゆみを引き起こす事になるでしょう。 日焼け止めが落ちやすい顔だけ、かゆみが出やすいという人もいたり、ある日突然発症してしまったりすることも少なくありません。 《紫外線アレルギーへの対処法とは》 花粉症を思い出していただけるとわかりやすいのですが、1度、紫外線アレルギーになってしまうと、なかなか完治しない非常に厄介なものとなります。 紫外線をあびて少しでも、かゆみ症状が出たら、紫外線アレルギーを疑い、皮膚科を受診しましょう。 《皮膚科での検査や対処法とは》 紫外線アレルギーは皮膚科での問診や検査で正確に診断がつきます。 そして処置にはかゆみを抑える抗ヒスタミン剤が用いられるでしょう。 ステロイド投与は、長期に渡れば副作用も懸念されるため、慎重に処方されます。 この対処法は、「日焼け止めの成分が痒みを引き起こしていた!」のところで説明した内容と、ほぼ同じ対処法になるでしょう。 かゆくて掻きむしれば、色素沈着などが生じ、第二の肌トラブルに発展しやすくなりますが、ステロイドを使えば様々な副作用に発展しかねないという問題も出てきます。 治療と症状のリスクバランスを考えながらケアしていく事になりますね。 《紫外線アレルギーにならないような対策を!》 なってしまってからでは遅いとされる紫外線アレルギーの症状は、発症しないように予防しましょう。 次のような事に気をつけながらアレルギー対策をしましょう。 ・紫外線対策の帽子や日傘の利用 ・こまめな日焼け止めの塗り直し (日焼け止め成分による、かゆみが出ない場合にかぎります) ・紫外線量の高い場所へ行くのを控える ・車の窓ガラスなどのUV加工 ・目のかゆみが出た場合は、UV対応のできる目薬を使う などがあげられます。 また、かゆみ程度だからと、医療機関に行きそびれていれば、症状はますますエスカレートするばかりですから、早めに医療機関を受診して紫外線アレルギーがひどくならないように治療しましょう。 日焼け止めをつける前の肌に理想的な水分が保たれていない事で肌の防御力を失い、乾燥性のかゆみが生じているケースです。 この現象も一瞬、日焼け止めの成分が合わないのが原因でかゆみが生じているのかと思いがちですが、実は乾燥性敏感肌が根底にあるケースです。 【理想的な肌の水分量とは】 理想的な肌の水分は約30パーセントと言われています。 これより低いと肌のみずみずしさや透明感が失われやすくなるでしょう。 3つの成分バランスを数値で確認できる特殊肌センサーを導入している化粧品メーカーもあるため、自分の水分力と乾燥度が認識できます。 水分を保持する機能が低下していれば肌に外部刺激が入り込みやすくなるため、かゆみなどの防御反応が出てくるのです。 かゆくて、掻きむしればバリア効果は一層乱れ、どんどん刺激をいれこみやすくしてしまうでしょう。 これでは肌が負のサイクルに陥りやすくなります。 とにかく「肌が乾燥しているかも?」「洗顔後肌がつっぱる?」という心当たりのある人は、潤い重視のスキンケアでしっかり保湿してバリア機能快復に努めたいものですね。 【かゆみの原因、乾燥を快復させる保湿成分】 かゆみの原因が日焼け止め成分によるものでなく、乾燥性のものだとわかったら、すぐにでも保湿力をあげるケアに力を注ぎましょう。 現代人は、空調のきいた室内にいる事も多く、乾燥しはじめたら、スプレータイプのローションをまめにするなどの対策が必要です。 また、デスクタイプの加湿器を使うのも安定した乾燥対策につながります。 また、日焼け止めをつける前にワセリンなどの肌に優しい保護効果の高いスキンケアをしてあげると、かゆみ対策になります。 保湿成分といえば、ヒアルロン酸やコラーゲンなどが思い浮かびますが、水分もバリア効果もあげたいのであれば、セラミドという保湿成分を取り入れるのが良いですね。 【ホルモンのバランス変化による乾燥性のかゆみ】 乾燥は、すぐに空気の乾燥や、ケア不足などを連想させますが、実は女性特有の乾燥原因があります。 それは、更年期近くなると生じる卵巣機能の衰退がエストロゲンという若さを維持するホルモンを減少させてしまうのです。 30代後半から徐々に減り始めるでしょう。 エストロゲンは潤いに関係するコラーゲンを維持する働きがあるため、中年期になってかゆみが出たら、ホルモンのバランス変化によるかゆみを疑いましょう。 そして、女性ホルモンに良いとされるイソフラボンを積極的に取り入れたり、生活習慣の見直しも考慮したりしたいものです。 サプリメントを飲むだけで紫外線対策ができるので塗る日焼け止めが原因でかゆみが出ている人には是非試してみる価値があるでしょう。 他にも飲む日焼け止めにはこの様なメリットがあります。 ・日焼け止めを塗ってもベタベタしない ・日焼け止めを塗っても白浮きしない ・日焼け止めの塗り直しがない ・日焼け止めの塗りムラができない ・360度日焼け対策ができるのでうっかり日焼けがない ・日焼け止めを落とす手間がない ・敏感肌でも問題なく使用することができる ・副作用もない などなどメリットを挙げたらたくさんあります。 是非一度チェックしてみてくださいね。 詳しくはこちらの記事で解説しています。 ここでは、考えられる原因として、日焼け止め成分、紫外線アレルギー、乾燥の3つをあげて解説しました。 自己判断で「日焼け止めの成分が原因で肌が痒くなった」と決めつけずに、アレルギーや乾燥すべての要因があるという事を念頭に日焼け止めと上手にお付き合いしましょう。 名前:ユミコ 年齢:30代 職業:専業主婦 元美容部員 自己紹介:四年大学を卒業後、憧れの美容部員 BA に。 某百貨店で美容部員として4年勤務した後に結婚。 今は専業主婦をしています。 美容部員時代に学んだ美容知識を発信していきます。 趣味はコスメ集め。 最近の投稿• アーカイブ• カテゴリー•

次の

痒みを和らげる方法・掻いて傷つけない方法 [アトピー性皮膚炎] All About

かゆみ 止め

メーカー ユースキン 分類 第3類医薬品 6位 皮膚薬・クリーム 491円 効果・効能 乾燥性皮膚や乾皮症などの皮膚病は,がまんできない不快なかゆみを伴います。 空気の乾燥する冬場,入浴後や就寝時の体が暖まった時などにかゆみがひどくなるのが特徴で,かくとますますかゆくなり悪化してしまいます。 近江兄弟社メンタームEXプラスは,かゆみ止め成分・ジフェンヒドラミン塩酸塩,リドカインがすばやくかゆみを抑えます。 さらに,保湿成分・尿素が,かゆみやカサカサの原因である乾燥肌を治療してかゆみの悪循環を断ち切り,なめらかでみずみずしい肌へ導きます。 「メンソレータムADクリームm」は,おふろや布団に入って体が温まった時や,下着でこすれたときなどにでる,かかずにいられないかゆみをすばやくスーッとしずめます。 保湿成分を配合した,しっとりとした使用感のクリームです。 そんなかゆくなりやすい肌が「かゆみ肌」。 寒さや加齢で元気を失った肌細胞はうるおい補給力が低下してしまいます。 その結果,かゆみの元となる刺激からお肌を守るバリアが不足してしまう…。 これが「かゆみ肌」を引き起こす原因です。 かゆみを止めるだけでなく,肌細胞を元気にして,かゆくなりやすい「かゆみ肌」を治療します。 空気の乾燥する冬場,入浴後や就寝時の体が暖まった時などにかゆみがひどくなるのが特徴で,かくとますますかゆくなり悪化してしまいます。 近江兄弟社メンタームEXローションは,かゆみ止め成分・ジフェンヒドラミン塩酸塩,リドカインがすばやくかゆみを抑えます。 さらに,保湿成分・尿素が,かゆみやカサカサの原因である乾燥肌を治療してかゆみの悪循環を断ち切り,なめらかでみずみずしい肌へ導きます。 広範囲の患部にぬりやすいローションタイプなので,少量でもスッとよくのび効き目が広がります。 顔にはご使用にならないでください。 「メンソレータムADクリームm」は,おふろや布団に入って体が温まった時や,下着でこすれたときなどにでる,かかずにいられないかゆみをすばやくスーッとしずめます。 保湿成分を配合した,しっとりとした使用感のクリームです。 そんなかゆくなりやすい肌が「かゆみ肌」。 寒さや加齢で元気を失った肌細胞はうるおい補給力が低下してしまいます。 その結果,かゆみの元となる刺激からお肌を守るバリアが不足してしまう…。 これが「かゆみ肌」を引き起こす原因です。 かゆみを止めるだけでなく,肌細胞を元気にして,かゆくなりやすい「かゆみ肌」を治療します。 「メンソレータムADクリームm」は,おふろや布団に入って体が温まった時や,下着でこすれたときなどにでる,かかずにいられないかゆみをすばやくスーッとしずめます。 保湿成分を配合した,しっとりとした使用感のクリームです。 また,近年エアコン等の普及により一年中部屋の空気が乾燥するようになり,室内においても皮膚が乾燥してかゆみが生じる方が増えています。 本剤を塗りますと,かゆくてほてっている患部がまずつめた〜くなります。 このクールな冷却感に続いて,有効成分のリドカインとジフェンヒドラミン塩酸塩のダブル作用により,かゆみを早く止めます。 しかも,患部にムラなく塗布できるように改良した使用感の良いスポンジを採用しています。 蚊やダニなどの虫にさされた時は,まずこの新ウナコーワクールをお使いください。 2.かゆみの原因物質をブロックし,不快なかゆみを抑えます。 3.血流改善作用,抗炎症作用により,皮ふのトラブルを改善します。 4.かゆみや炎症の原因となっている雑菌の繁殖を抑え,皮ふを清潔に保ちます。 メーカー ジャパンメディック 分類 第2類医薬品 23位 皮膚薬・液剤 906円 効果・効能 エアコンの普及をはじめとする生活環境の変化により,皮膚は乾燥しやすい状態におかれています。 それに伴い,皮膚の乾燥によるかゆみで悩む人も,お年寄りをはじめ,お子様や成人層にまで広がってきております。 ケラチナミンコーワ乳状液10は,こうしたかゆみを伴う乾燥性皮膚にすぐれた効きめをあらわす乳状液タイプの治療薬です。 保湿成分の尿素10%に,かゆみ止め成分のジフェンヒドラミン塩酸塩を同時処方しました。 しかも,かゆみに伴い発生しがちな炎症を鎮める成分グリチルレチン酸も配合されています。 お使いになりますと,かゆみが鎮まっていき,カサカサ肌もしっとりしてまいります。 大人はもちろんお子様にもご使用ください。 2.気になるかき跡の修復にも着目!ヘパソフトプラスは乾燥肌修復成分としてヘパリン類似物質を配合しています。 ロート製薬は数ある成分候補の中からヘパリン類似物質を選び出し,かきむしり乾燥肌の方が悩みがちなかき跡を修復しながらかゆい乾燥肌に効く処方を実現しました。 3.2つの乾燥肌修復成分(ヘパリン類似物質,パンテノール)を配合!かゆみを止めながら乾皮症の肌をうるおいで満たし,ダメージを受けた肌のバリア機能を修復,健康な肌へ導きます。 乾燥肌が進行した「かきむしり乾燥肌」は,温度変化やわずかな刺激でもかゆみが起きやすくなります。 特に身体が温まる以下のような場面では「ヘパソフトプラス」のご使用がおすすめです。 お風呂上がり・就寝時・暖房の季節 メーカー ロート製薬 分類 第2類医薬品 25位 皮膚薬・液剤 925円 効果・効能 <止まらないかゆみ,くり返すかゆみを伴うドライスキン>乾燥によりバリア機能が低下したドライスキンでは,暖房や入浴などによる皮膚の温度変化や,衣類が触れただけのわずかな刺激でもかゆみが出やすくなっています。 さらに,かくことで症状が悪化するため,一度かゆみが出ると止まらない,くり返すなどの悪循環に陥りやすくなります。 <かゆみをもとからすばやく抑制し,くり返さない肌に改善>ケラチナミンコーワ乳状液20は,かゆみ止め成分のジフェンヒドラミン塩酸塩がかゆみをすばやく抑え,抗炎症成分のグリチルレチン酸が炎症を鎮め,かゆみのもとの発生を抑えます。 また,保湿成分の尿素が体内の水分を集めてうるおいを保ち,肌保護ベール(基剤成分)が皮膚表面をしっとり包みます。 かゆみを抑えながら保湿することでかゆみをくり返さない肌に改善していきます。 メーカー 興和新薬 分類 第3類医薬品 26位 皮膚薬・液剤 991円 効果・効能 1.尿素の作用により,角質の水分保持力を増加させ,カサカサした皮膚に潤いをあたえます。 2.クロタミトン,ジフェンヒドラミン,グリチルレチン酸の作用により不快なかゆみをしずめます。 3.少量で広い範囲に塗れる乳液です。 4.Water in Oilタイプ W/O型 の乳液なので,皮脂膜 W/O型 となじみやすく,効果的にはたらきます。 1 かゆみ止め成分が浸透 2 尿素が水分をとりこむ メーカー 第一三共ヘルスケア 分類 第3類医薬品 27位 皮膚薬・ローション 1,007円 効果・効能 乾燥性皮膚や乾皮症などのかゆみは,患部をかくことで炎症を起こし,さらにかゆく治りにくくなります。 パルムUローションは,かゆみ止め成分と保湿成分(尿素)のはたらきで,かゆみのないみずみずしいお肌に導きます。 ステロイド成分を含まないお肌にやさしいおくすりです。 リドカリン:かゆみ神経の働きを弱めます。 クロタミトン:温感神経に働き,かゆみを素早く鎮めます。 酸化亜鉛:患部を収れんし,はれを抑えます。 グリチルリチン酸二カリウム:患部の炎症を抑えます。 メーカー ロート製薬 分類 第2類医薬品 29位 皮膚薬・ローション 1,108円 効果・効能 保湿成分の尿素20%に,かゆみ止め成分リドカイン 局所麻酔剤 ・ジフェンヒドラミン 抗ヒスタミン剤 および血行を良くして皮ふの新陳代謝を高めるトコフェロール酢酸エステル ビタミンE を配合したローション剤で,かゆみを伴う乾燥性皮ふ治療薬です。 2.気になるかき跡の修復にも着目!ヘパソフトプラスは乾燥肌修復成分としてヘパリン類似物質を配合しています。 ロート製薬は数ある成分候補の中からヘパリン類似物質を選び出し,かきむしり乾燥肌の方が悩みがちなかき跡を修復しながらかゆい乾燥肌に効く処方を実現しました。 3.2つの乾燥肌修復成分(ヘパリン類似物質,パンテノール)を配合!かゆみを止めながら乾皮症の肌をうるおいで満たし,ダメージを受けた肌のバリア機能を修復,健康な肌へ導きます。 乾燥肌が進行した「かきむしり乾燥肌」は,温度変化やわずかな刺激でもかゆみが起きやすくなります。 特に身体が温まる以下のような場面では「ヘパソフトプラス」のご使用がおすすめです。 お風呂上がり・就寝時・暖房の季節 メーカー ロート製薬 分類 第2類医薬品 31位 皮膚薬・クリーム 1,327円 効果・効能 保湿成分の尿素20%に,かゆみ止め成分リドカイン 局所麻酔剤 ・ジフェンヒドラミン 抗ヒスタミン剤 および血行を良くして皮ふの新陳代謝を高めるトコフェロール酢酸エステル ビタミンE を配合したクリーム剤で,かゆみを伴う乾燥性皮ふ治療薬です。 背中や腰まわりなど広範囲にお使いいただけます。 また,近年エアコン等の普及によって,冬だけでなく一年中空気が乾燥しています。 このことが肌から水分を失わせて,かさつきやかゆみの原因となっています。 マンナUXは,乾燥した肌に水分を保持する働きを持つ尿素,保湿成分のトコフェロール酢酸エステル,かゆみ止め成分のリドカイン,ジフェンヒドラミン塩酸塩,d-カンフルを配合した広くのびてベタつかない白色のクリームです。 おやすみ前や外出時に1日2回程度使用してください。 また,入浴後にぬると効果的です。 メーカー 万協製薬 分類 第2類医薬品 35位 水虫薬・液剤 549円 効果・効能 (1)テルビナフィン塩酸塩の優れた殺真菌作用と角質浸透性により,1日1回の塗布で水虫・たむしに優れた効果を発揮します。 (2)かゆみ止め成分(ジフェンヒドラミン塩酸塩)と局所麻酔成分(リドカイン)が素早くかゆみを鎮めます。 (3)グリチルレチン酸が患部の炎症を抑えます。 (4)イソプロピルメチルフェノールの殺菌作用で雑菌の繁殖を抑えます。 (5)乾きやすく,サラッとした使用感の液剤で,カサカサした患部に適しています。 メーカー 新新薬品工業 分類 指定第2類医薬品 36位 水虫薬・液剤 742円 効果・効能 1.すぐれた抗白癬菌作用があります。 抗生物質ピロールニトリンと抗真菌剤クロトリマゾールの協力作用により,効率的に白癬菌を消失させ,炎症等の症状を改善します。 2.かゆみ止め成分を配合しています。 クロタミトンが,かゆみに効果を発揮します。 また,l-メントールを配合していますので,スーッとしたさわやかな清涼感がのこります。 メーカー 湧永製薬 分類 第2類医薬品 39位 水虫薬・スプレー 1,280円 効果・効能 1.ジュクジュク水虫を乾燥 パウダーがジュクジュクした患部をサラサラに乾燥させます2.1日1回でしっかり殺菌 1日1回の使用で殺真菌成分「ブテナフィン塩酸塩」がしっかり殺菌し,水虫を治します3.つらいかゆみに効く かゆみ止め成分「リドカイン」が,水虫のかゆみをすばやく鎮めます メーカー 小林製薬 分類 指定第2類医薬品 40位 水虫薬・クリーム 1,480円 効果・効能 8つの成分が水虫のつらい諸症状を鎮め,1日1回の使用でよく効きます。 5%のかゆみ止め成分リドカインと,抗炎症成分グリチルリチン酸二カリウムの働きで,水虫によるかゆみをしっかり抑えます3.手が汚れないスプレータイプ! スプレータイプなので手が汚れません メーカー 小林製薬 分類 第2類医薬品 43位 肩こり・腰痛・筋肉痛の薬・軟膏 934円 効果・効能 本剤は皮膚の炎症とかゆみをおさえる副腎皮質ホルモン剤ヒドロコルチゾン酢酸エステルと,抗ヒスタミン剤を配合しておりますので,かゆみがひどく,炎症を伴うしっしんなどの皮膚病に効果的です。 メーカー 雪の元本店 分類 指定第2類医薬品 44位 肩こり・腰痛・筋肉痛の薬・ 1,026円 効果・効能 本剤は皮膚の炎症とかゆみをおさえる副腎皮質ホルモン剤ヒドロコルチゾン酢酸エステルと,抗ヒスタミン剤を配合しておりますので,かゆみがひどく,炎症を伴うしっしんなどの皮膚病に効果的です。 メーカー 雪の元本店 分類 指定第2類医薬品 45位 肩こり・腰痛・筋肉痛の薬・軟膏 1,850円 効果・効能 本剤は皮膚の炎症とかゆみをおさえる副腎皮質ホルモン剤ヒドロコルチゾン酢酸エステルと,抗ヒスタミン剤を配合しておりますので,かゆみがひどく,炎症を伴うしっしんなどの皮膚病に効果的です。 メーカー 雪の元本店 分類 指定第2類医薬品 46位 肩こり・腰痛・筋肉痛の薬・ 2,160円 効果・効能 本剤は皮膚の炎症とかゆみをおさえる副腎皮質ホルモン剤ヒドロコルチゾン酢酸エステルと,抗ヒスタミン剤を配合しておりますので,かゆみがひどく,炎症を伴うしっしんなどの皮膚病に効果的です。 白癬菌が皮膚表面の角質層等のケラチン質を侵すことによって激しいかゆみがおこります。 最近は,地球温暖化の影響やペットブーム,都市部の公園整備等により,私たちの身近にこれまでいなかったような毒虫に刺される機会が増えています。 特にダニ,ノミ,毛虫,ムカデなどの毒虫やクラゲなどに刺されると従来の虫さされ薬では対応しきれないほどの激しいかゆみや炎症を引き起こしがちです。 液体ムヒアルファEXは,このような虫さされ用に開発された新しいタイプの液体かゆみ止めです。 炎症によく効くアンテドラッグ型抗炎症成分(PVA:プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル)に,すばやくかゆみをおさえる成分(ジフェンヒドラミン塩酸塩)を組み合わせた,効き目にこだわった処方です。 蚊はもちろん,ダニ・ノミ・毛虫・ムカデ・クラゲなどによる虫さされ・かゆみにも効果を発揮します。 患部ですぐれた抗炎症作用を発揮し,その後,低活性物質に変化します。 そのため,ステロイド特有の副作用を起こしにくい特性を持っています。 このような特性をアンテドラッグと呼びます。 PVAは有効性と安全性のバランスにすぐれた成分です。 2つの清涼感成分(l-メントール,dl-カンフル)と液剤ならではのスーッとする強い清涼感により,かゆみをすばやくしずめます。 どんな時でもサッと塗れ,手が汚れない塗布栓タイプの使いやすい容器です。 メーカー 池田模範堂 分類 指定第2類医薬品.

次の

痒みを和らげる方法・掻いて傷つけない方法 [アトピー性皮膚炎] All About

かゆみ 止め

ですが、市場に出ている日焼け止めのすべてが皮膚にかゆみを引き起こす成分ばかりでもないので安心してください。 とくに注意が必要な成分は、「紫外線吸収剤」とよばれる石油由来の合成成分です。 《紫外線吸収剤とは?どんな成分?》 紫外線吸収剤とは、化学反応により紫外線を吸収し、外部に逃がすという流れになります。 つまり、紫外線を肌奥に入れこまないようにするために化学反応を生じさせるのですが、その時に発生する熱が皮膚のかゆみや、赤み、かぶれなどを引き起こしてしまっているのです。 紫外線吸収剤における皮膚トラブルは意外に多く、症状として顔のかゆみから腫れやかぶれにまで及ぶケースもあるでしょう。 《日焼け止めの成分が原因かもしれないと察したらとるべき行動》 日焼け止めをつけて肌がむずかゆかったり、赤みを帯び始めてきたら躊躇せず、すぐに皮膚科を受診します。 そこでは、かゆみ止めの抗ヒスタミン剤や外用薬が処方されるでしょう。 ですが、症状には個人差があるため、ひどければステロイド系薬品の処方も否めません。 また、経過を観察しながらではありますが、紫外線吸収剤配合の日焼け止めやその他、ケミカル系の化粧品をやめるように言われる事もあるでしょう。 【成分を散乱剤配合日焼け止めに変えてみる!】 今まで紫外線を防止してきたのに、かゆみが出たからといって日焼け止めを全くつけなくなるような無防備状態にだけはなりたくないものです。 安全な成分に変えてみるとかゆみが出なくなる人も少なくありません。 決してノンケミカルではありませんが、日常の紫外線レベル程度ならば「紫外線散乱剤」の成分で十分対処できるでしょう。 《紫外線散乱剤とはどんな成分?》 細かいチタン、亜鉛などの金属により紫外線を反射させて、防御します。 ノンケミカルではありませんが、肌に最も影響を与えるリスクの高い紫外線吸収剤よりも肌トラブルの影響がなく安心です。 しかし、上記で述べたようにチタンや亜鉛などの金属を配合しているため、金属アレルギーの人が肌に合わないなどのリスクはあります。 【ノンケミカルや無添加、オーガニックにこだわりを!】 所詮は、紫外線吸収剤並びに散乱剤も石油系のケミカル成分です。 肌の上に長時間のせることで、肌内部にまで浸透し、合わなければかゆみという拒否反応が出てしまうのです。 では、思いきってノンケミカルや、無添加、オーガニックなどを意識した日焼け止めを使う方法もありますよ。 これらを使って、肌にかゆみを感じなくなれば、ずっと継続すれば良いわけです。 ちなみに、敏感肌とよばれるユーザーが増えた国内では、オーガニック化粧品とよばれるような天然素材を生かした肌に優しいものに注目が集まっています。 日焼け止めだけでなく、すべてのスキンケアラインをオーガニックや無添加のものに統一してあげるのが、最高の対処法ですね。 日焼け止めが原因かと思いこみ、使用するのをストップしたけれども、ますますかゆみがひどくなった場合、紫外線アレルギーという疾患を疑いましょう。 【紫外線アレルギーってどんなもの?】 日光アレルギー、日光過敏症などとも呼ばれていて、紫外線をあびる事で体内抗体が一定量を超過し、かゆみをはじめ湿疹や腫れなどの症状が出ます。 目の充血や、頭痛などの症状を訴える人も少なくありません。 はじめは、日焼け止めによる化学成分が原因かと思いがちですが、実はこの疾患によるかゆみだったということも少なくないのです。 《顔だけかゆみが出るケースも!》 朝つけた日焼け止めが汗や皮脂により落ちてしまう事もあります。 その隙間から紫外線が入り込む事でかゆみを引き起こす事になるでしょう。 日焼け止めが落ちやすい顔だけ、かゆみが出やすいという人もいたり、ある日突然発症してしまったりすることも少なくありません。 《紫外線アレルギーへの対処法とは》 花粉症を思い出していただけるとわかりやすいのですが、1度、紫外線アレルギーになってしまうと、なかなか完治しない非常に厄介なものとなります。 紫外線をあびて少しでも、かゆみ症状が出たら、紫外線アレルギーを疑い、皮膚科を受診しましょう。 《皮膚科での検査や対処法とは》 紫外線アレルギーは皮膚科での問診や検査で正確に診断がつきます。 そして処置にはかゆみを抑える抗ヒスタミン剤が用いられるでしょう。 ステロイド投与は、長期に渡れば副作用も懸念されるため、慎重に処方されます。 この対処法は、「日焼け止めの成分が痒みを引き起こしていた!」のところで説明した内容と、ほぼ同じ対処法になるでしょう。 かゆくて掻きむしれば、色素沈着などが生じ、第二の肌トラブルに発展しやすくなりますが、ステロイドを使えば様々な副作用に発展しかねないという問題も出てきます。 治療と症状のリスクバランスを考えながらケアしていく事になりますね。 《紫外線アレルギーにならないような対策を!》 なってしまってからでは遅いとされる紫外線アレルギーの症状は、発症しないように予防しましょう。 次のような事に気をつけながらアレルギー対策をしましょう。 ・紫外線対策の帽子や日傘の利用 ・こまめな日焼け止めの塗り直し (日焼け止め成分による、かゆみが出ない場合にかぎります) ・紫外線量の高い場所へ行くのを控える ・車の窓ガラスなどのUV加工 ・目のかゆみが出た場合は、UV対応のできる目薬を使う などがあげられます。 また、かゆみ程度だからと、医療機関に行きそびれていれば、症状はますますエスカレートするばかりですから、早めに医療機関を受診して紫外線アレルギーがひどくならないように治療しましょう。 日焼け止めをつける前の肌に理想的な水分が保たれていない事で肌の防御力を失い、乾燥性のかゆみが生じているケースです。 この現象も一瞬、日焼け止めの成分が合わないのが原因でかゆみが生じているのかと思いがちですが、実は乾燥性敏感肌が根底にあるケースです。 【理想的な肌の水分量とは】 理想的な肌の水分は約30パーセントと言われています。 これより低いと肌のみずみずしさや透明感が失われやすくなるでしょう。 3つの成分バランスを数値で確認できる特殊肌センサーを導入している化粧品メーカーもあるため、自分の水分力と乾燥度が認識できます。 水分を保持する機能が低下していれば肌に外部刺激が入り込みやすくなるため、かゆみなどの防御反応が出てくるのです。 かゆくて、掻きむしればバリア効果は一層乱れ、どんどん刺激をいれこみやすくしてしまうでしょう。 これでは肌が負のサイクルに陥りやすくなります。 とにかく「肌が乾燥しているかも?」「洗顔後肌がつっぱる?」という心当たりのある人は、潤い重視のスキンケアでしっかり保湿してバリア機能快復に努めたいものですね。 【かゆみの原因、乾燥を快復させる保湿成分】 かゆみの原因が日焼け止め成分によるものでなく、乾燥性のものだとわかったら、すぐにでも保湿力をあげるケアに力を注ぎましょう。 現代人は、空調のきいた室内にいる事も多く、乾燥しはじめたら、スプレータイプのローションをまめにするなどの対策が必要です。 また、デスクタイプの加湿器を使うのも安定した乾燥対策につながります。 また、日焼け止めをつける前にワセリンなどの肌に優しい保護効果の高いスキンケアをしてあげると、かゆみ対策になります。 保湿成分といえば、ヒアルロン酸やコラーゲンなどが思い浮かびますが、水分もバリア効果もあげたいのであれば、セラミドという保湿成分を取り入れるのが良いですね。 【ホルモンのバランス変化による乾燥性のかゆみ】 乾燥は、すぐに空気の乾燥や、ケア不足などを連想させますが、実は女性特有の乾燥原因があります。 それは、更年期近くなると生じる卵巣機能の衰退がエストロゲンという若さを維持するホルモンを減少させてしまうのです。 30代後半から徐々に減り始めるでしょう。 エストロゲンは潤いに関係するコラーゲンを維持する働きがあるため、中年期になってかゆみが出たら、ホルモンのバランス変化によるかゆみを疑いましょう。 そして、女性ホルモンに良いとされるイソフラボンを積極的に取り入れたり、生活習慣の見直しも考慮したりしたいものです。 サプリメントを飲むだけで紫外線対策ができるので塗る日焼け止めが原因でかゆみが出ている人には是非試してみる価値があるでしょう。 他にも飲む日焼け止めにはこの様なメリットがあります。 ・日焼け止めを塗ってもベタベタしない ・日焼け止めを塗っても白浮きしない ・日焼け止めの塗り直しがない ・日焼け止めの塗りムラができない ・360度日焼け対策ができるのでうっかり日焼けがない ・日焼け止めを落とす手間がない ・敏感肌でも問題なく使用することができる ・副作用もない などなどメリットを挙げたらたくさんあります。 是非一度チェックしてみてくださいね。 詳しくはこちらの記事で解説しています。 ここでは、考えられる原因として、日焼け止め成分、紫外線アレルギー、乾燥の3つをあげて解説しました。 自己判断で「日焼け止めの成分が原因で肌が痒くなった」と決めつけずに、アレルギーや乾燥すべての要因があるという事を念頭に日焼け止めと上手にお付き合いしましょう。 名前:ユミコ 年齢:30代 職業:専業主婦 元美容部員 自己紹介:四年大学を卒業後、憧れの美容部員 BA に。 某百貨店で美容部員として4年勤務した後に結婚。 今は専業主婦をしています。 美容部員時代に学んだ美容知識を発信していきます。 趣味はコスメ集め。 最近の投稿• アーカイブ• カテゴリー•

次の