結婚相談所 ポジション。 結婚相談所の集客で絶対おさえるべし5つ集客術

中高年の男性・女性が結婚相談所を利用すべき理由を徹底分析

結婚相談所 ポジション

フリーで結婚相談所の講師をしておりますやっちです。 アラサーに突入、まわりも既婚者が増えてきたし、そろそろ結婚相手を探さないと! そう思って結婚相談所に登録、さぁ気になる人にアプローチしてマッチングだ! という人。 結果はどうですか? ビギナーズラックがあったとしても、その後はスルーされ、連絡がくるのは年上の人たちばかりになっているのでは? それもそのはず、婚活市場で男性に人気があるのは2~3歳年下、次に5~6歳年下なのです。 20代に比べたらあなたは年上ですが、おじさんたちからすると若い女性なのです。 そのように、相手が自分をどのように見るか、そしてどうアプローチするかを考える必要があるのです。 年齢への意識について 年齢が上がるほど婚活の難易度が上がるのは事実です。 9割の男性が30代前半以下の女性を求めるのは、出産リスクが理由です。 もちろん、直接伝えることはほとんどありません。 とはいえ、すべて年齢のせいにするのは時期尚早です。 下記を確認してみてください。 そもそも、結婚相談所では圧倒的に30代の女性が多いのです。 そして、男性は40代が多い。 「20代の頃は」と過去にばかり囚われていても仕方ありません。 大切なことは、今の自分が将来を意識して行動を始めたということです。 40代でも同じことが言えます。 そして、男性は2~6歳年下を求めています。 それらを頭に入れながら、まずは30代はまだまだ若いということを知っていただきたいです。 自分のポジションを明確にする せっかく婚活をするのであれば、年齢が近かったり理想に近い人を探したくなりますよね。 ところが、いざ婚活を進めてみると理想に反する人ばかり。 人気者に申し込んでも、お見合いにまでいけないでしょう。 そして、自分の判断で「自分には魅力がないのだ」と落ち込んでいってしまうんですね。 そのとき初めて、自力でやっていくのは難しそうだと気づいたり、あきらめて退会する人もいるかもしれません。 そうです、婚活は就活と同じで戦略が必要なのです。 東大、早稲田、慶応の学生がほしいと言っているのに、偏差値50以下の学生が「中身をみて」と履歴書を送っても、返事すらないのは当たり前です。 恋愛ではそうとも限りませんが、婚活では 「見合った相手」「釣り合った相手」というのが重要になります。 学生の例で言えば、たとえば「求められている大学ではありませんが、MBAを取得しビジネスレベルの英語が話せます」といった武器が必要となります。 ただ、結婚相談所に登録する女性の多くは、大きな武器を持っていないことがほとんどですよね。 何も持たずに勝ち目のない相手に申し込んで自滅するのって、時間がもったいないと思いませんか? それであれば、自分の需要を考えていくほうが「結婚する」を叶えるために現実的なのです。 ポジションは整理しておくこと 「清純で優しそうな人」 「力強くてリーダーシップを発揮してくれそうな人」 誰もが、誰かを見たときに印象づけをしますよね。 自分が人からどう見られているかを意識したことはありますか? つまり、プロフィールはどのように書いていますか? 写真は盛りすぎずに、綺麗に写るようにしていますか? プロフィールは30秒でどんな人かわかりやすいように書かれていますか? あなたは、素敵な人を「素敵」とどう判断しているのでしょうか。 まずは写真とプロフィールを見ますよね。 少し話はそれますが、男性がお見合い後にすぐ「ちがう」と判断する理由ってわかりますか? それは、写真またはプロフィールとのギャップを感じたときです。 会う理由は、あなたが魅力だからというより、「確かめに来ている」ということです。 真剣だからこそ、忙しい中でわざわざ時間を取り確かめているんですね。 なるべく短い時間で、自分が感じたことと現実の差が大きすぎないかを見ています。 相手が見ているのは印象と一貫性なのです。 自分のポジションは、自分で把握しているだけでなく、ノートで整理するなどまとめておきましょう。 最低、6ヶ月は婚活を優先する 月のスケジュールを埋めてから婚活の予定を入れていませんか? 男性の結婚への意識は相当高いと思ってください。 女性は普段の友人との時間、趣味の時間などの間に婚活時間を入れることが多いです。 しかし、男性は婚活を始めたら婚活のことばかり考えています。 婚活のスケジュールを考えた上で、他の予定を埋めているのです。 相手が真剣に交際できる相手かどうかを厳しい目で見ています。 「結婚できなかったら仕方ない」という態度で挑むなら、すぐに見切られます。 今は結婚したいと思う男性が減っている上、出会いの場が増えている分、素敵な人はどんどん結婚していっています。 そんな中で、中途半端な人が次のステップにいくことなど不可能です。 会話が弾まないことを合う合わない、自分または相手のコミュニケーションの問題と捉える人が多いです。 しかし熱量に差があるかもしれないことは強調しておきたいと思います。 駆け引きは決してやってはいけない 恋愛は、駆け引きが楽しいですよね。 ところが婚活は、 積極的かどうかがすべてといってもいいです。 今はもう、男性からの誘いを待っている女性なんていません。 10年前までは男性が女性を誘う時代でした。 表では硬派な男性が目立ちますが、実際は逆転しています。 そのことを自覚しましょう。 男性はシンプルに行動します。 あれこれ考えず、相手が真剣か、そして将来が考えられる人か、3回のデートで頭と五感を駆使して見極めています。 そして、自分に時間を使ってくれる人とそうでない人なら、使ってくれる人を選ぶのです。 LINEでも、少しでも会うことでも、積極的な人を好きになるのです。 複雑にしているのは自分だけであると知りましょう。 3ヶ月以内に決まる人とそうでない人の差は 行動力の差と言っていいでしょう。 自分と、相手が求めているものを知ろう 自分のポジションは理解しましたか? 相手が求めているものは理解できましたか? 婚活市場では、恋愛とは別の考えを持って行動しなくてはいけません。 もちろん、優しい男性もいますし、運よくリードしてくれる男性もいるでしょう。 たまたまそうであれば、そのときに甘えればいいのです。 現実はそう甘くないので、気を引き締める必要があります。 6ヶ月でいいので集中しましょう。

次の

婚活を野球に例えたら?ポジションは〇〇を目指せ!

結婚相談所 ポジション

こんにちは!! の田岡です。 昨日はアプリBridgeで出会い、交際しているカップルさんとお食事会でした。 お一人は私が担当していた会員様なのでよく知る方ですが、お相手様とは「はじめまして」 元会員様、パートナーさんの前ではあんな風に男っぽくなるんだなー…とちょっと違った一面も発見できて新鮮。 ナイモンなどのアプリではタチ・ウケ・リバ等のポジションが記載されていますが、ブリッジラウンジでは紹介状にポジションの表記はありません。 ご入会時にもご本人様から申告いただかない限りは、こちらからはお聞きしません。 そして申告があった場合でも、把握している限りで優先はいたしますが、絶対条件としては承っていません。 乾いたスポンジ期 ぽ、ポジション? 初めは何もわからない状態なので、基本の「お客様から学ぶ」 「ポジションの情報は必要?」 「聞いた方がよい?」 お客様に質問し、調査開始。 「必要だよ」 「ゲイの性別みたいなものだよ」 「聞いた方がいいよ」 知識ゼロからの調査。 1人、2人…と聞いていくと、 「ポジションのヒアリングはした方が良い」との意見が続きました。 ポジションヒアリングはマスト期 必要なのであれば、聞かなくては!と、初めてお会いするお客様全てに 「ポジションは?」と、ヒアリング。 聞いた方が良いと教わったものの…具体的な性行為の話題に繋がることもあり、これでいいのかな…と迷いも少々。 迷子期 会員数が数名から数十人に増えていく過程で、このポジションについて回答にも変化が出始めました。 「タチ(ウケorリバ です」 以外に 「経験が無いので、わかりません」 (ごめんなさい…) 「ここでも、タチとかウケとか…そういう事聞くんですね…」 (今すぐ忘れてください) 「答えなきゃダメですか?」 (答えなくていいです) 「昔経験した時はウケだったけど、今はどうかな…」 (変わるのね!) 「体の関係を望みません」 (なるほど) 「自分はタチだけど、相手のポジションを強く希望する人は紹介から外してください」 (はい…) 「バニラです」 ば、ばにら?! ヒアリング数が増えると共にご意見も様々。 「ポジションは?」から 「ポジション…気にしますか?」と言葉を変えて再び調査。 初期のスポンジ期のように 「必要だよ」という意見が多数であれば、ヒアリングも続けますが聞けば聞くほどそうではなくなり、反応を見れば見るほど、質問していること自体に違和感… ポジション聞くことが果たして正解なのかな…? そこでじっくりと振り返り・・・・・・ 「ゲイだから」「ノンケだから」という線引きを無くしたい。 結婚という形が今の日本では無くても、 男女の結婚相談所と同じように、生涯連れ添うお相手を探す目的で「ゲイ専用結婚相談所」を利用してほしい。 それだけでなく、私自身もゲイ向けサービスを意識しすぎて、ノンケと違う。 と線引きし始めていたことにも気付き。 本来の想いを背景に、現在の形に落ち着きました。 20代~50代まで時代背景に伴う考え方の差異もあれば、お一人お一人お考えも違いますので、ポジションについては、ご納得いただける方にご入会いただければと思っています! 以上、お読みいただきありがとうございました。 ブリッジラウンジでの出会い、まずは から。

次の

結婚相談所で研究職の男性と出会える?研究職の男性と結婚するメリット・デメリットを大公開!

結婚相談所 ポジション

年収独身の悩みを解決出来る結婚相談所• まとめ 未婚男性年収分布 未婚男性の年収の分布を見てみましょう。 明治安田生活福祉研究所の調査によると、たとえば30代の未婚男性の半数近くが年収300万円未満となっています。 年収300万円以下ということは雇用形態も非正規雇用である可能性が高いですよね。 年収300万円でもよいと考える婚活女性は1割しかいないようで、婚活にミスマッチが起きています。 非正規雇用で働く女性は多く、せめてパートナーには正社員であることを求めてしまうのです。 また妊娠出産を考えている女性であれば、自分が働くことのできない間に必要な生活費が稼げない男性ですと、結婚相手としては頼りないと思うのは当然でしょう。 年収400万円くらいあれば、2年間仕事を休んでも、安心して子育てできそうですよね。 ところが女性が条件に挙げることの多い年収400万円以上を稼ぐ30代の未婚男性は37.4%です。 かなり少ない印象ではありませんか? 年収400万20代 ちなみに年収400万円を稼ぐ独身の20代男性はどれほどいるのでしょう。 20代でありながらも400万円以上稼ぐ男性は15.2%いるようです。 大企業に就職していたり、医師や弁護士など高収入な仕事に就いていたりする場合は可能になるようですね。 華やかな世界ですし、身近な女性と早いうちに結婚する方も多いかもしれません。 年収400万30代 30代で年収400万円を稼ぐ男性は37.4%とのことです。 だんだん増えてきた印象ですね。 管理職に就いたり中堅として成果を出したりしてポジションが上がっていくと400万円に達する方も増えていきます。 500万円に達するのは35歳以降というパターンが多いようです。 年収400万割合 20代後半の男性の平均年収は383万円、30代前半の男性の平均は451万円(2015年国税庁民間給与実態統計調査より)とありますので、年収400万円以上の方は割合として30代以上が多くなることがわかります。 年収400万婚活 婚活中に男性の年収が400万円以上ですと、お相手をみつけやすくなります。 女性の挙げる条件のなかで「年収400万円以上」を希望する方はとても多いのです。 日本の世帯年収の平均が700万円ほどであることを考えると、男性の年収が400万円、女性の収入が300万円あったとして、でやっと届く数字です。 女性の平均年収は30代前半の307万円をピークに緩やかに下がっていきますから、少なくとも400万円以上稼げる男性でないと平均的な暮らしができない、ということになるのです。 年収400万独身 年収400万円以上の独身男性は20代では15.2%、30代では37.4%とのことでしたね。 彼らは婚活で優位にお相手探しができることでしょう。 安定した職業に付いていることがうかがえます、仕事面でのアピールポイントを生かして交際相手を見つけましょう。 30代前半のうちに結婚できないと年収が良くても相手が見つからなくなってしまうことも多々あります。 結婚願望があるならば、早めに彼女を見つけて結婚できるといいですね。 年収400万結婚できない 年収400万円以上稼いでいるのにもかかわらず結婚ができないということは、年収以外の問題が大きいということになります。 心当たりはないでしょうか。 「人は中身が勝負です。 」と言いたいところですが、外見も婚活には大きな影響力を持っています。 外見に問題がある、と思われてしまうのは嫌ですよね。 30代後半になってくると誰でも悲しいことに年齢を感じる見た目になってしまいます。 髪の毛はどうでしょう。 少なくなってしまうのは仕方ありませんが、脂ぎっているとやはり清潔さに欠けてしまします。 体型はどうでしょう。 ボタボタのメタボボディーですと、婚活では苦戦を強いられます。 見た目からしても嫌だな、と思われますし、不健康そうですから結婚相手としてよくないですよね。 同じく不健康そうに見える荒れた肌や黄ばんだ歯の色、爪のひび割れにも女性は敏感に反応します。 触りたくない、触られたくない、視界に入れたくない。 そう思われたら結婚どころではありませんから、収入があるのにもかかわらず女性に避けられている自覚があるなら早急に対応してください。 大丈夫、400万円以上稼ぐエネルギーにくらべれば、見た目を整えるくらい、簡単ですよ。 年収500万独身割合 女性は「年収500万円以上の男性」を結婚の条件にすると結婚できないリスクも高まるそうです。 35歳の男性の場合、年収500万円以上の割合はたったの15%。 500万円以上の年収がある男性は、生活にもゆとりがあることでしょう。 職場内の女性に目を付けられているでしょうし、ちょっとした飲み会での出会いのチャンスがあるはずです。 身近な相手と交際する可能性が高く、婚活中の女性と上手く出会える機会はあまり期待できないと思いませんか? 年収500万独身男性 年収500万円で独身の男性となると、40代に入っている方も多いのではないでしょうか。 40代男性が今後5年以内に結婚できる確率は限りなく低いです。 恋愛結婚、というよりも支えあえるパートナー探し、という風に考えることが出来ればまだ可能性はあります。 外見とコミュニケーション力に問題がないかも重要なポイントです。 年収600万 年収600万円以上稼ぐ方も40代後半になっていることでしょう。 同年代の女性から探すのであれば、まだチャンスはあります。 性格の合う女性と落ち着いた夫婦を目指すのであれば婚活もしてみましょう。 「子供がほしいから35歳までの女性じゃないと…。 」なんて冗談はキビシイですよ。 当然ですが、同世代の女性と婚活を成功させるためにも外見や会話力は必要です。 年収独身の悩みを解決出来る結婚相談所 成婚率最高水準の結婚相談所で婚活を検討している男性・女性の方ならラムールしあわせ結婚相談所に1度サポートをさせて頂いております。 ただ闇雲に婚活をサポートするのではなく、根拠ある方法で婚活をサポートさせて頂く事で、効率よく婚活を進めていく事が可能になります。 朝日新聞が運営する「マイベストプロ」に婚活心理カウンセラーで登録されています。 婚活・恋愛のプロに心理的な観点からサポートを希望でしたらラムールしあわせ結婚相談所にご相談ください。 ラムール東京新宿店 ラムールは、東京都新宿にお店があります。 新宿駅西口から徒歩5分の位置にある為にご来店しやすい環境になります。 無料来店相談は完全予約性になりますので宜しくお願いします。 まとめ 最後まで読んで頂きましてありがとうございます。 結婚を考えている男女はたくさんいますが、女性は男性の年収を見て結婚できるかどうかの線引きが行う現実もあります。 女性の給料が男性と同等にもらえたなら結婚相手に年収の希望を付けなくなるのかもしれません。 自分で稼ぐことができれば問題ないわけですものね。 あるいは男性の給料がみんな平均的であれば性格を比べてより純粋に人間的な魅力だけで結婚相手を選ぶようになるかもしれません。 残念ながら簡単に社会は変わりませんから、言い方は悪いのですがまず「選ばれる人」になる必要があります。 年収が300万円以下ならば、転職はできませんか?そのままですと生涯独身でも大変ですし、正社員になった方が将来も明るいのではないでしょうか。 見た目の改善も必須です。 年齢が上がれば上がるほど清潔感のある男性を目指してください。 女性と話す時に楽しい、と思われるような会話ができるようになりましょう。 自慢ばかりはNGです。 さりげない自慢にも女性は敏感に察知して、「小さい男」認定をしますから気を付けましょう。 収入を確保して、外見を整えて、会話力のある男性になって、支えあえるパートナーと巡り合えると良いですね。 本物の結婚相談所でプロのサポートをご希望でしたら、ラムールしあわせ結婚相談所にご相談ください。 必ず違いを実感して頂けると思います。 決して結婚相談所は何処でも同じと言う事はありません。 どんなに自宅から近くても「力のない結婚相談所」に行っても何も変わりません。 それは料金でも同じ事が言えます・・どんなに安くても・高くても・・結局は、相談所の力とは大事になってくるのです。 まだまだ話の続きはありますが、続きは来店相談でお待ちしております。 ただ今来店相談殺到中な為にご予約はお早めにお待ちしております。 毎日1つ婚活・恋活必勝方法を掲載していきたいと思います。 明日も楽しみにしてください。

次の