好き 避け 男子 研究 所。 好き避け男子「嫉妬はべらぼうにさせてもらうが俺には近づかないでくれ!」|好き避け男子研究所

俺様系男子の特徴とは?彼らが取りがちな行動パターン7つ!

好き 避け 男子 研究 所

これまで好き避け男性について当サイトで様々な視点から解説をしてきました。 今回はあれこれ難しく考えずにいこうよって事で、好き避け男性にとって貴女の存在は一体どのように見えているのか・・・ ズバリ!お伝えして参りま~す。 上に参りま~す。 (そういえば最近エレベーターガール見ないですね・・・。 貴女が好きな男性に対して「あの人に嫌われたかも・・・」「何か怒らせるようなことしたのかな・・・」と思って怯えきっている時。 はたまた、貴女が好きな男性に対して「あれ?その不器用な優しさはもしや・・・」「なんか緊張してる?照れてる?私の事好きなんじゃ?うーんやっぱ違う?」「彼とお付き合いしたいなぁ~したいなぁ~。 きゃーー無理無理ーー恥ずかしいーー><」 なんてヤキモキあたふたさせながら、好きな彼との恋愛に恍惚と絶望を繰り返し、心をかき乱されている最中・・・ 彼らの潜在意識は、そんな貴女の恋する次元をすっとばして既に「結婚5年目」に突入してしまっているのです。 つまり、彼らにとっては貴女の扱いはもう「 嫁」なのです・・・。 好きになった時点で嫁扱いし出す 好き避け男子達は、効率や数字や結果や順位や勝負などなど・・・とにかく ハッキリとしたものが大好きです。 曖昧なものは彼らの性質的にあまり受け付けれません。 例えば、「なんとなく~」とか「こんな感じぃ~」とか「とりあえず~」とか「まいっかー」とか「雰囲気が~」とか・・・ そういった口癖は彼らには殆どみられず、物事を曖昧なままにしている事を嫌います。 心の底からどうでもいいものに対しては、徹底的にどうでもいい態度を貫きますし、自分に大きく関係するものには徹底的に拘りを見せます。 そういった点もあり、仕事などでは容赦なさを垣間見せたりしますよね。 そして、それは当然好きな女性にも適用されます。 彼らは、付き合うとか付き合わないとか恋人とかセフレとか、そういうどっちつかずな次元で好きな相手を見ません。 女性からすると、恋人同士のふわふわとろけるような甘い関係は必要不可欠であり、それはあって当然な段取りだと思ってやまないと思います。 だからこそ、ただ純粋にイチャイチャと仲良くしたいがために彼らにアタックをし続けます。 ですが、彼らはあまりそういった視点では見れません。 他人か?嫁か?の二者択一です。 もちろん社会的な視点での、「恋人」という期間が人間界には存在することは頭では理解しています。 けれど、本人の元々の性質は、 そんな中途半端な間柄は俺の中では認めない!といった具合に出来ているのです。 なので、好きな女性に対しては、もう気持ちをセーブして生易しく接する事ができません。 好きになった時点で 「俺の所有物」つまり 「嫁」とみなしてしまうのです。 彼らにとっての冷たい態度や無視や突き放し行為は、亭主関白に見られる「 めし!風呂!寝る!」と同じようなものだと思っていいです。 「何も言わなくてもお前なら俺を分かってくれるだろう?なぜならばお前は俺の嫁なのだから。 」 「お前は俺に頭が上がらないし、黙って俺の言う通りにしていればいいんだ。 」 「俺を敬え!お前は俺の嫁だ!そして俺がお前のご主人様だ!」 この通り、彼らの妄想は妄想に留まらず現実と混同しています。 もう貴女よりも遥か先に意識がいってしまっているのです・・・。 彼らとすれ違ってしまうのは、貴女が勘違いしているわけでもなく、相性が悪いのでもなく、嫌われたわけでもなく、彼の意識がずっと先に行き過ぎてしまっているからなのです。 重ねて言いますが、彼の中では貴女との間柄は 「結婚5年目」なのです。 なので、安心してください。 感情面では貴女の方が情熱的で上をいっているかもしれませんが、彼の事を旦那扱いをしていない時点で、貴女の方がまだ現実を見れているのです。 嫌な事があるとすぐに「嫁」に当たり散らす 彼らは、ずっと先の方に意識が飛んでしまっているので、既に貴女を嫁扱いし始めているという事は先にお伝えした通りです。 彼らは、仕事で嫌な事があったり思い通りにいかないことが続くと、ムシャクシャしてしまいます。 彼らも人間ですから、何かに当たり散らしたくて溜まらない時が当然あります。 だからといって誰かれ構わず感情を露わにするような野蛮な人間ではなく、むしろ人一倍ムシャクシャを表に出さないように日々努力している紳士的な方達なので、そのムシャクシャの矛先はある一点に集中してしまうのです。 そう・・・ 「嫁」です。 (彼の中だけの) 理由も言わずに嫁に当たり散らして、どうにか発散しようと目論むのです。 嫁が受け入れてくれるからです。 逆に言うと、嫁しか受け入れ先がないからです。 そんなこととはつゆ知らずな嫁認定されている貴女は、彼の態度に強制的に傷ついたり悲しんだりさせられてしまうのですが、本当は貴女は何も悪いことなんかしていないし、嫌われたりなんかしていないんです。 単に彼の別件による事情に振り回されているだけだったりするのです。 彼自身が、自信をなくしている時に弱い相手に向かって攻撃することで、なんとか自信を保とうとしているだけだったりするのです。 (本当は、そんな事でごまかしていても偽りの自信(虚栄心)しか生まれないのですけれどね・・・そして本人も理不尽をしている自覚があり、心の片隅では好きな女性に対して罪悪感を感じていたりするのです) なので、彼らに無視されたり冷たく当たられたりしてしまった時は、「ああ、今日は仕事で何かあったのね・・・ご機嫌ななめなのね・・・」と思って、心の中でそっとあたたかいお茶を出してあげればいいのです。 彼の理不尽な攻撃を真正面から受け止めなくてもいいのです。 右から左の要領でスルーして相手にしないというのもアリです。 貴女が傷つく必要はどこにもありません。 彼らの意識の底では貴女は既に「嫁」なのに、現実はそうではなく1人占めなんて表立って出来ませんから、当然心に大きなジレンマが押し寄せてきます。 貴女を1人占め出来ない歯がゆさで、悔しくて腹を立ててしまうのです。 家に帰ったら1人で泣いているかもしれません。 そんな彼の切ない思いをどうか察してあげて、貴女が然るべき態度で接することが出来れば、大きなすれ違いを起こすこともなく理解し合える日がやってくることと思います。 そうなれば、雇用の減少問題も改善していき、エレベーターガールが舞い戻ってくる日も近いかもしれません・・・。 知り合って10ヶ月の男性からの好き避けが始まって、1ヶ月が経ちました。 初めは冷たくされる理由が分からず、アタフタしてしまいましたが、好き避けに関する記事を何度も読み返し、「これは好き避けなんだ!」と確信して、心の平穏を取り戻すことができました。 好き避けの始まる少し前、彼から、 「まだ知り合って8ヶ月なんだ…」 と言われました。 今は筋の通らない状況で、お互いに【準備中】なのですが、いつかその看板を外せたらいいなと思ってます。 長文・乱文失礼しました。 このブログの読者じゃないか?というくらい似たようなセリフを彼から言われます。 他人か?嫁か?では、彼曰く、他人か他人じゃないか?0か100しかないとよく言われます。 あいだはないそうです。 誰に対しても言いたい事があるらしく、初対面の人にも言っていいなら文句?があるそうです。 表向きは物静かな好青年ですが、裏ではフラストレーションをいつもためていて、当然私には(彼なりには遠慮気味だそうですが・・)かなりの攻撃をしてきます。 彼と話す度に、あっ!これはめーやんさんのあそこの・・・なんて思いながら、一致することがあると面白く思ったり、やはり好き避けなんだな~と納得したり、この1年半このサイトに励まされなんとか気持ちを維持して彼とつかず離れずでいます。 みなさんそうだと思いますが、本当に心のバイブルです。 理解し合える日が来るように気持ちを前向きにしていたいと思います。 完全に妄想ですが、私も嫁なんだ 笑 と思っていつか会える日を待つことにします。 仕事の場所が変わって、これが最後か~と思ってから、彼とは、やっぱり仕事の都合で二回会うことが出来ました。 どちらも、スタスタスルーや、明らかに私が近づいてるのかわかるはずなのに別の所を見ている、私が客として目の前に来ているのに、こちらを見もせず、「いらっしゃいませ」もない(いやでも絶対、遠くから位置情報を把握していたよね?)、という感じでしたが、なんとか少しの会話だけ出来ました。 私もかなり緊張していて、というか彼に対する恐怖もまだ残っていて、震えてしまい、長く会話出来ませんでした。 本当は今度会うことがあったら、断られてもいいから、電話番号聞いてみようかしら、とか妄想していたのに、全然ダメでした。 彼を実際に前にしたら、この人と無理に距離を詰めてはいけないんじゃないか、この人はとんでもなくピュアな人なんじゃないだろうか、と思ったからです。 (このブログに出会う前の話です) でも、接した後には、何となく、暖かいものが心に残りました。 彼もそうだといいなぁ。 それきり4ヶ月、接点も何もないです。 早く忘れなくちゃとつらくなるときもあります。 好き避けくんは、他に癒しを見つけてるかもしれない、私のこととっくに忘れてるのかもしれない、そもそも最初から私の妄想だったのかもしれない、と思うことも。 彼は(私も)既婚者です。 めーやん様の相談室がオープンしたら聞いてみたいのですが、既婚者の好き避けくんは、本当の嫁の他にも、外にも嫁を求めているものなのでしょうか? 彼の一番の理解者は、自分の家にいるじゃないの、と思うのです。 この心理はどうなんでしょうね。

次の

好き避けされているかも?ついついしちゃう行動や男性の本音を探ろう

好き 避け 男子 研究 所

好き避け・嫌い避けってなに? 好き避けという言葉を聞いたことはあるでしょうか。 中学から高校にかけて、男子学生によくみられる行動ですが、大人になってもそうした行動をとる男性もいます。 本来であれば、コミュニケーションを避けたり冷たく当たったりするのは、相手のことを嫌いな場合だけだと思いがちです。 ところがこの好き避けをする理由は、全く違います。 恋愛をするうえで悩まされることがある、好き避けという行動についてまとめました。 好きな人を避けてしまうのが好き避け 好き避けとは、相手のことが好きなのに避けてしまう行為のことです。 本当は相手と仲良くなりたいはずなのに、まるで嫌っているような正反対の行動をとります。 そのため相手は嫌われていると思い込み、誤解したまま関係が悪くなってしまうことがあるのです。 理由ははっきりしています。 ひとつは照れくさいからであり、好きな人と会話することに緊張してしまう、恥ずかしいという気持ちが強くあるのです。 もうひとつ、嫌われるのが怖いからという理由があります。 何か変なことを言ったりして嫌われたくないからこそ、会話を避けたり冷たく接したりするのです。 嫌いな人を避けてしまうのが嫌い避け 逆に、嫌いな人を避けるのが『嫌い避け』です。 これは行動そのままの気持ちなので、単純でわかりやすいでしょう。 嫌いな人と関わりたくない、できるだけ接点を持ちたくないという気持ちから避けてしまうことは、男性に限らず、女性にもよく見られる行動です。 困ったことに、好き避けと嫌い避けは表面上の振る舞いではわかりにくいため、避けられている本人は傷つき悩んでしまいます。 好き避けをしがちな男性の特徴 好き避けをしがちな男性にはいくつかの特徴があります。 現在、特定の男性に避けられていると感じている場合は、当てはまるものがないかチェックしてみましょう。 もしかしたらその男性は、悪気なく好き避けをしているだけかもしれません。 恥ずかしがり屋 好き避けをする理由の1つが、好きな人を前にすると恥ずかしくて素直になれないことです。 もともと恥ずかしがり屋な性格をしている男性は、好き避けをする素質を持っているといえるでしょう。 冷たい態度をとることはなくても、自分から進んで話しかけてはこない、目が合うと避けてしまうという人が恥ずかしがり屋な場合は、思い切ってこちらから話しかけると上手くいくことがあります。 たどたどしいながらも、少しずつ会話してくれるようになるかもしれません。 真面目で完璧主義 真面目で完璧主義者な面がある男性も、好き避けをする傾向があります。 恋愛で浮かれたり動揺したりしている自分を見せるのは恥ずかしい、という気持ちから、好きな人と会話できず、自然な振る舞いが出来ないのです。 恰好をつけようと虚勢を張ることで、相手には冷たい態度ととられることがあり、これが好き避けに繋がっています。 相手の目を気にしているという理由以外でも、恋愛で気持ちが不安定になる自分自身のことが許せない、という気持ちが働いていることもあるでしょう。 恋愛経験が少ない 性格だけではなく、恋愛経験が少ないことも好き避けする原因です。 恋愛は人の心を不安定にします。 楽しいことばかりだけではなく、不安や悩みなどのつらい気持ちも生まれるので、恋愛経験が少ない男性にとっては向き合うことがつらいのです。 恋のつらさに耐えられない男性は、その対象である相手のことを避けるという行動に行きつきます。 恋愛に慣れて、自分の気持ちと向き合えるようになれば、好き避けすることはなくなるでしょう。 好き避けをする男性の本音が知りたい 理屈はわかったけれど、実際のところの男性の本音が知りたいという人も多いのではないでしょうか。 好き避けは悪気があってしているものではないからこそ、相手の気持ちを正しく想像することで、広い心で冷静に対処することができます。 好き避けをするときの男性の心の中はどんな風になっているのかをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。 好意がばれないよう気持ちを隠している 好き避けをする男性の心の中では、もし好きな気持ちを相手に知られてしまったら、今の関係が崩れてしまうのではないか、という気持ちが膨らんで、好きな相手への好意を必死に隠そうとします。 とはいえ、本当は相手のことが好きなので、意識していることが隠し切れません。 姿を目で追ってしまったり、突っかかってしまったりするのです。 目が合ったからと好きな相手がせっかく話しかけてくれても、冷たくそっけない態度をとってしまいます。 嫌われたくなくてつい避けてしまう 嫌われるような態度をとっているにもかかわらず、好き避けをする男性が一番心配していることは、好きな相手に嫌われるということです。 相手が自分のことをどう思っているのか知るのが怖い、嫌われていたら自分が傷つくことになるので怖い、そんな気持ちから、相手を避ける行動を起こします。 片思いでも好きなままでいたいという心理であり、裏を返せば本気度が高いともいえるでしょう。 好き避け後に後悔も 好き避けをした男性は、好きな相手に気持ちと真逆の行動をしてしまったことを後で後悔していることが多いです。 好きな人を前にしたらこう振る舞おう、こうすれば上手くいくと頭の中でシミュレーションしていたにもかかわらず、いざその場面が来たときには、理想と真逆の行動をとってしまいます。 その後、好き避けをした男性本人は、せっかくのチャンスを活かせなかった、自分をコントロールできなかったと、後悔することになるのです。 もしかしたら勘違い? 見分けをチェック 好き避けと嫌い避けは、原因となる相手の心は真逆ですが、行動の上では同じような避ける行為です。 そのため、もしかすると勘違いして解釈してしまっているかもしれないのです。 好き避けを嫌い避けだと勘違いしていたならまだしも、逆の場合のショックは計り知れません。 むしろ、勘違いして行動することが裏目に出て、状況を悪化させることすらあるでしょう。 相手の行動が好き避けから来ているのか、嫌い避けから来ているのか、はっきりさせるためにも見分け方をチェックしておきましょう。 好き避けの場合 好き避けの特徴は、一貫性がないことです。 もともと好きなのに真逆の態度をとっており、好き避けしている本人にとっても好んでそうした行動をとっているわけではありません。 そのため、状況やタイミングによって、接し方が変わるというのが最大の特徴でしょう。 日によって態度が異なる いつもは冷たくてそっけなかったり、目が合うと逃げるような態度をとったりするのに、今日はなぜかちゃんと話しかけてくれる、という時には、好き避けである可能性が高いでしょう。 好き避けしている本人なりに考え、今日こそは、明日こそはという気持ちで行動を変えようとしているのかもしれません。 大人数・2人の時の態度が違う 好き避けの場合は、大人数でいるときと、好きな人と2人でいるときの態度が全く違います。 他の人がいる時には意識せずにすんでいたのに、2人になると急に相手を意識してしまい、うまく話せなくなってしまう、といった具合です。 逆に、大人数の時には周りの目が気になって冷たい態度をとっていたけれど、2人きりになった時に思い切って話しかけてきた結果、好き避け男性の態度が柔らかく変化する、というケースもあります。 嫌い避けの場合 嫌い避けの特徴は、一貫性があることです。 嫌いだという気持ちと行動が一致しているので、ブレることがありません。 嫌い避けだと思っていたら好き避けだった、という場合はうれしいものですが、逆のケースは非常につらいものです。 しっかり見極めましょう。 挨拶や連絡の返事なし 挨拶という人として最低限のコミュニケーションも避けられる場合は、嫌い避けの可能性が高いでしょう。 その場合は挨拶が返されてもそっけなかったり会釈だけだったりと、冷たい態度になります。 また、連絡をとる場合も、嫌い避けの場合はかかわりたくないという気持ちから返事をしない人もいるでしょう。 必要以上に話題を振らない 嫌いな相手との会話はできるだけ早く終わらせたいものです。 必要以上に話題を振ろうとせず、用件だけを話してさっさと話しを切り上げようとしている場合は、嫌い避けでしょう。 プライベートの話など、相手を深堀りするようなことはしません。 こちらから話題を広げようと試みても、そっけない対応をされることが多いです。 さらに、名前を必要以上に呼ばないことで、話題に上げないこともあります。 名前を呼ぶことの目的は、相手との距離感を縮めたり、相手への親密さを表したりすることです。 他の人との会話では名前を呼ぶにもかかわらず、自分との会話の時だけ名前を呼ばれないという時には、これ以上の深いつながりを求めていない、親しく会話するような間柄になりたくないと思われている可能性があるでしょう。 頼みごとの反応に嫌悪感がある 嫌いな人からのお願いは、聞き入れることに抵抗が生じます。 かかわりたくないと思っているため、頼み事をしたときに表情や言葉の節々に嫌な態度が出るでしょう。 もし好き避けであるならば、好意を持っている相手からの頼みごとは、相手によく思われたい、相手の役に立ちたいという思いから、なんだかんだと受け入れる可能性が高いのです。 嫌い避けをしている人でも、気持ちを隠して大人の対応を取れる場合があります。 最初のうちは上手く隠せるかもしれませんが、何度も繰り返し頼みごとをしているといずれは嫌がっていることがわかるようになります。 気になる男性が好き避けをしていたら 気になる男性から好き避けをされていると気づいたら、脈ありだとわかってうれしく感じる人もいるでしょう。 両想いだと確信したら、恋を成就させるために行動に移すことをおすすめします。 好き避け男性は素直になれないあまのじゃくです。 こちらがぐいぐいと強気に行動すると、うまくいかないケースがあります。 決して焦らず、好き避けする男性にチャンスを与えるのがコツです。 相手は自分のことが好きなのだという自信を持って、広い心を持って気長に接しましょう。 少しずつ距離を縮めてからアプローチ 好き避け男性は自分からは素直にアプローチできないため、こちらから行動していくことになります。 好き避けする男性の気持ちは繊細であることを忘れず、少しずつ距離を縮めていくことが恋愛成功の秘訣です。 最初は面と向かって話せなくても、メールアドレスやラインを聞いてやり取りをはじめ、電話番号を聞いて直接話す機会も作り、少しずつ信頼関係を築いていきましょう。 好き避け男性も好意があるため、連絡をもらうことはうれしいはずです。 メールやラインにすぐ返信したり、そっけないながらもすぐに電話に出たりします。 男性が心を開いた時には、自然と向こうから話しかけてくるようになり、好き避けすることもなくなるでしょう。 嫌い避けをされているようなら 気になる相手から受けているのが嫌い避けであれば、大きなショックを受けます。 相手のことが好きであればあるほど、自分自身も悩み続けることになって苦しいでしょう。 嫌い避けを受け続けることに、良いことは全くありません。 嫌い避けされている人に対してはどのように接すればいいのか、状況を改善するための方法をまとめました。 一旦距離を置く 嫌い避けする相手に対して最も良い方法は、一旦距離を置くことです。 相手は現在あなたに対して悪い感情を持っており、かかわりたくないと思っているからこそ嫌い避けをしています。 そんな中、焦って無理やりかかわって相手の気持ちを変えようとするのは逆効果でしょう。 距離を置くことで、嫌い避けしている人は気持ちを整理して冷静になることができます。 自分自身も恋心をおさえて相手と離れることで、今後どのようにかかわっていけばいいかを時間をかけて考えられるでしょう。 また、好きな人から嫌い避けされ続けるという状況から離れることで、不安定な気持ちが落ち着くメリットもあります。 共通の友人・知人に相談を 自分と嫌い避けする相手に共通の友人・知人がいれば、力を借りるのも効果的です。 嫌い避けされている状況を相談し、アドバイスを求めてはいかがでしょうか。 自分が全く気づかないうちに、不用意な行動や発言で相手に不愉快な思いをさせていたなど、原因を理解している可能性があります。 さらには友人・知人が嫌い避けしている相手から、直接愚痴や相談といった形で事情を聞いている可能性もあるでしょう。 原因によっては、共通の友人・知人も、嫌い避けする相手寄りの意見を持っているかもしれません。 自分に悪いところがあったなら謝りたい、こじれてしまった関係を改善したいという気持ちを本気で相談すれば、周りの人も力になってくれるでしょう。 さらにもう一歩進んで、友人・知人に間に立ってもらい、うまく仲直りできるように動いてもらうのもおすすめです。 自分が悪い場合はしっかり謝罪 状況を改善するためには、原因を知ることが一番の近道です。 自分で今までの行動を振り返ったり、第三者からの意見を聞いたりして、一体何が原因なのかを知るのがよいでしょう。 勇気がいりますが、思い切って嫌い避けする本人に直接聞いてしまうのも手段のひとつです。 嫌われているので会話もなかなかスムーズにいかないかもしれませんが、本人から理由を聞くことではっきりするでしょう。 話を聞き、自分自身に原因があることがわかったら、やることはひとつです。 自分が悪いと認め、相手にしっかり謝罪しましょう。 相手が謝罪を受け入れ、嫌い避けをやめてくれるかどうかは彼次第ですが、確実に現状よりは良くなるはずです。 ユニークな好き避け男子のサイトも紹介 好き避けをする男性は案外世の中に多く、悩まされる女性も多いです。 そんな好き避け男性の行動パターンや思考回路を冷静に分析した、ユニークなサイトがあります。 複雑な好き避け男性の心について、サイトを読んで理解することで、接し方のコツや攻略方法が見えてくるでしょう。 現在好き避け男性が気になっている人は、一度アクセスしてみてはいかがでしょうか。 好き避け男子研究所 好き避け男子研究所は、管理人自身が過去に好き避け男性に悩んできた経験をもとにして作られているサイトです。 その分非常に説得力があり、好き避け男性の心理状況が事細かにユーモラスに描かれています。 好き避け男性に悩まされたり、傷つけられたりしている人が読めば、気持ちが晴れる可能性大です。 好き避け男性の苦悩も垣間見えるため、相手に寛大に接することができ、状況を好転させることにも繋がるかもしれません。 まとめ 好き避け男性の心理は、好き避けを受けている当事者にはなかなか分からないものです。 気になる相手であればあるほど、好き避けなのか、嫌い避けなのかで傷つき悩み続けてしまいます。 男性の行動が好き避けからくるものなのであれば、行動は裏腹でも両想いです。 上手にアプローチすることができれば、高い確率で恋愛が成就します。 好き避け男性の見分け方と心理状態を正しく理解し、良好な関係を目指しましょう! 関連記事•

次の

AB型男子の好き避け傾向、どんな行動に流れやすい?

好き 避け 男子 研究 所

こじらせ男子とは? こじらせ男子は 女性とのコミュニケーションに不安を持っていて、恋愛にもネガティブになっている男性のこと。 その理由は元々の性格の場合もあれば、過去恋愛に関係しているケースも。 まずは、そんなこじらせ男子の特徴を紹介します。 清潔感のあるファッションで見た目も悪くない男性なのに、話をしてみると「あれ?」という違和感が……。 グループで話しているときはスムーズに会話が進むのに、2人きりになった途端、話がとぎれとぎれに……。 趣味や仕事の話題は盛り上がるのに、恋愛の話になるとだんまり。 機嫌が悪くなってしまう……。 こじらせ男子は女性に苦手意識があるため、 意識的に女性と2人きりになることを避けていたり、いざ2人になると緊張で目を見て話せなかったりといった特徴があります。 女性はみんな料理上手• 女性はみんなきれい好き• 女性はみんないい匂い• 女性はみんな少食 ……など、 現実の恋愛経験が乏しい分、女性への幻想が膨らんでいます。 その結果、いざデートとなったとき、勝手に裏切られた気持ちになり、だんまり不機嫌になることも。 相談事を持ちかけられたら、必ず解決しなくていけないと思い込む• 雑談でも薀蓄を披露して、感心させなければいけないと焦る• 愚痴をただ聞くという機能が備わっていない• 気分でやりたいこと、行きたい先が変わる感覚が理解できない• 行列のできる人気店に並ぶのは時間コスト的にありえないと言ってしまう 女心がわからないがゆえに、こじらせ男子は 「デートにかける労力、時間、費用に見合った価値が、はたしてこの女の子にあるのだろうか」などと考え始めてしまいます。 全力を注げる趣味を持っている• 男女関係なく、他人といるのが苦手• 終始、自分のペースで行動したい• 他人からはよくわからないこだわりが強すぎる 休日は1人でいる方が快適という感覚が根づいているので、恋愛に踏み出すきっかけが掴めません。 俺と釣り合う女性がいない• かわいくて、素直な女性じゃないと付き合う対象にならない 客観的に見た本人のいい男ぶりとはかけ離れたプライドの高さが垣間見えたとき、女性はドン引きしていきます。 厄介なのは、 周囲の女性から見た自分と本人の思っている自分像にギャップがあること。 しかも、 そのギャップの大きさに本人がまったく気づいていないこと。 プライドが高すぎるこじらせは、こじらせ男子の中でもやっかいな存在です。 どうせ俺なんて……• いまさら恋人ができるとは思えない• 俺のことを好きになってくれる女性が現れるわけがない• 女性同士が笑っていると、自分が笑われている気がする このタイプのこじらせ男子は、 被害妄想レベルまで物事を悪い方向に考えがち。 自分に自信がなくマイナス思考が際限なく広がってしまっているのが、特徴です。 学生時代の片思いの女性がずっと忘れられない• 元カノから一方的に振られたことがトラウマになっている• 本命だと信じていた元カノから二股をかけれていた このタイプのこじらせ男子は 過去の痛手が消化できずに、次の恋愛に向かえない状態となっています。 こじらせ男子と恋愛するコツ 7つの特徴で見てきたように、こじらせ男子は基本的に面倒くさいタイプの男性です。 しかし、こじらせは彼の一部であり、一種の個性。 気になってしまった男性がこじらせ男子なら、 まずはその性格や過去を受け止めることが重要です。 特に女性とのコミュニケーションに不安を感じているタイプ、女性に苦手意識があるタイプの場合、彼らは基本的に警戒心が高いので、 ゆっくりと距離感を詰めていくことを意識しましょう。 時間をかけて目を見て会話ができるようになれば、十分に脈アリです。 自分の中にある、大事にしたい1人の時間やこだわり、ネガティブ思考になってしまう場面などを思い浮かべ、「わかるわかる」と寄り添うことで、殻に閉じこもっているこじらせ男子が少しずつ自分を見せてくれるようになるはずです。 これはこじらせ男子も同じです。 彼らは自分に自信がないタイプが多いので、 褒められることで「この人は自分を受け入れてくれる存在」だと認識する可能性が高まります。 また、褒めるところを探す過程で、• こじらせ男子の過去の恋愛に縛られている様子=「一途さ」• ネガティブな考え方が=「謙虚さ」• プライドの高さが=「優秀さ」• 女性への幻想の強さ=「純粋さ」 ……といった、こじらせ男子ならではの長所も見つけやすくなります。 【関連記事】 こじらせ男子はいい彼氏の原石かも!? 何かとスムーズには運ばないこじらせ男子との恋愛ですが、うまく相手の魅力を引き出すことができれば、あなたのことを大切にしてくれるいい彼氏になってくれるはずです。 焦らず、気長に、相手との距離を縮めていきましょう。 【関連記事】 出典:.

次の