タモリ の しょうが 焼き。 タモリ流の “豚生姜焼き” が簡単に作れてうまい

田中麗奈が絶賛する「タモリ流・しょうが焼き」のレシピ

タモリ の しょうが 焼き

タモリ流の生姜焼きがうまいという話を聞いたのでネットで探したレシピを参考に作ってみた。 生姜焼きというと、肉をタレに漬け込んで焼き上げるというイメージであったが、このレシピでは先に肉を焼き最後にタレを絡めて食べるというものだ。 果たしてそのお味の方は? 参考にしたレシピはこれ タモリ流の豚生姜焼きレシピ 2人前 豚ロース肉 300gぐらい 玉ねぎ 1個 小麦粉 適量 A 酒 大さじ4くらい A みりん 大さじ4くらい A 醤油 大さじ3くらい A しょうが 小さいの1個 生姜焼きなので生姜は多めに使ってみた。 調味料の分量は生姜がしっかり利いたやや甘めの味付けなので、好みに合わせて調整すると良いと思う。 タレを作る! まず、 A の調味料を合わせタレを作る。 生姜はなければもちろんチューブでも。 お店のような味にするには生姜をたっぷり、入れすぎなぐらい使ったほうがいい。 玉ねぎを切る 参考レシピに小さく切るとあるが、お好みのサイズで構わないと思う。 火が通りづらいの気にするのであれば、先に玉ねぎを炒めしまうという手もある。 豚肉も小さく切ると書いてあるが、面倒なので切っていない。 肉の量が多い場合や、大きめのフライパンが無い場合は肉も切っておいた方がいいかも。 豚肉に小麦粉をまぶす 豚ロースに軽く小麦粉をまぶす。 肉のうまみを逃さず、ジューシーに焼き上げるという効果があるようだ。 他にもタレが肉に絡みやすくなるという利点もあるみたい。 焼く! まず豚肉を炒める。 熱したフライパンに油を引き、豚ロースを炒める。 参考レシピには油を引かずとあるが、うちのフライパンはステンレスなので、おそらく肉がくっついて大惨事になってしまうので、油を使った。 同じような境遇にある人や自信が無い人は遠慮無く油を使った方がいいと思う。 肉に軽く焼き色が付いたら玉ねぎを投入して炒める。 肉、玉ねぎ共に火が通ってきたら、タレを少しずつ入れながら絡めていく。 お好みの味になり、とろみが出てきたら火を止め完成! 味わう つけ込んでいないので味が染みこんでいるか心配であったが、濃いめのタレを作ったこともあり、とてもうまい! 繰り返すが生姜はたっぷり使った方が絶対にうまい。 定番メニューかつ簡単にできるレシピなので非常におすすめである。 以上、タモリ流の 豚生姜焼き。 log134.

次の

しょうが焼きはタモリ風がやっぱり旨い! 超ラク&ド定番の味付けレシピは覚えておくべしっ

タモリ の しょうが 焼き

女優の田中麗奈さんは、先日、「しょうが焼きのっけ弁」をつくったそう。 そのしょうが焼き、実は、料理上手としても知られるタモリさんがテレビ番組で紹介していた方法なのだそうです。 「とても美味しい」とコメントする田中さん。 果たして、どんなレシピなのでしょうか? このしょうが焼きの美味しさの決め手は、豚肉にあらかじめ小麦粉をまぶしておき、旨みを外に逃がさないことにあり! 調味料はしょうが、醤油、酒、みりん。 豚肉は油を使わずに炒め、短冊切りした玉ねぎを投入し、肉に焼き色が付いたら調味料を加えるとのこと。 タモリ流のポイントは、小麦粉をまぶすこと、肉を調味料に漬けこまないこと。 そして野菜は玉ねぎだけにすること、砂糖を入れないこと、油を使わないことも重要だそうですよ。 従来のしょうが焼きは、下漬けするのが主流でした。 でも、10分ほど漬け込む際、上下をひっくり返すなど何かと面倒なところがありました。 時短のためにも、タモリ流レシピは重宝しそうですね。 田中さんは、長年この方法でしょうが焼きをつくっているのだそうですよ。 そのシンプルなレシピゆえに、自分流にいろいろアレンジしている人もいるようで、ネット上でもニンニクやアボカドを入れるなどのアレンジレシピが見つかります。 話題のタモリレシピ、試してみてはいかがでしょうか?.

次の

「タモリ流生姜焼き」がウマすぎる♪時短&ヘルシーレシピ【作ってみた】

タモリ の しょうが 焼き

タモリ風生姜焼き 調理時間約20分 用意するもの(2人前)• 豚ロース、又は豚バラのスライス 200g• 玉ねぎ 1個• 小麦粉 少々• みりん 大さじ2• 料理酒 大さじ2• 醤油 大さじ2• おろし生姜 大さじ1 お好みで……• はちみつ、おろしニンニクなど 適宜 豚肉に小麦粉をまぶして、タレと絡ませながら炒めるだけ! まずはみりん(大さじ2)、料理酒(大さじ2)、醤油(大さじ1~2)、チューブのおろし生姜(大さじ1)を合わせて、タレを作っておきます。 お好みにあわせて醤油と生姜の量を調整したり、はちみつやおろしニンニクなどを少々加えたりしてもOKです。 玉ねぎは繊維に沿った薄切りにして、豚肉が大きい場合は食べやすい大きさに切っておいて……。 次に、小麦粉を豚肉に一枚ずつまぶしていきます。 そこまでベタッと多くまぶす必要はなく、小麦粉を茶こしなどに入れてふるいながらパラパラっと振りかけていけば、手軽かつ均等にまぶせるのでオススメです。 フライパンに油を引かずに豚肉を敷いて、中火で焼きます。 ざっくり火が通って表面が白くなってきたら、玉ねぎを追加して更に炒めていきましょう。 玉ねぎがしんなりしてお肉に焼き色がついてきたら、最初に作ったタレを注いで、お肉に絡めながら焼いていきます。 とろみが出てきたかな?というところで完成です! 白米が進む超王道のウマさ! ラクしたい夕食のオカズにぜひ ご飯と一緒に盛れば、オーソドックスなしょうが焼きが一皿出来上がり。 これがまた、小麦粉をまぶすことでタレが染み込みやすくなったお肉はややとろみがつき、さっと焼き上げただけなのにしっかりとタレに漬け込んでおいたような濃い味に大変身してるんです! しんなりした玉ねぎと若干残ったタレが絡んだしょうが焼きは、安いお肉でも全然気にならない定番感のある美味しさ。 料理に不慣れで分量や焼き加減をちょっと間違えても、まず失敗しないお手軽さと味付けの鉄板ぶりがポイントでしょうか。 一時間ほど漬け込むこともなく、小麦粉を使うことで時短&失敗ナシに、下味のバッチリ加減が際立つ超王道の生姜焼きに。 ざっくり作ってもロース肉の柔らかさを損なわず、ジューシーで歯切れ良い仕上がりになってくれるのが嬉しいです。 とにかくご飯が進む味付けで、お茶碗一杯二杯は軽くいける濃厚さ。 好みを選ばない美味しさで、ご家庭ではもちろん、一人暮らしの手抜きメシとしても覚えておいて損ナシのレシピかと思います!.

次の