元彼 ブロック解除 連絡。 元彼にLINEをブロックされた…正しい対処法と復縁のポイント│復縁への地図

LINEをブロックする心理6選|ブロックと解除を繰り返す人の心理も

元彼 ブロック解除 連絡

私も元彼にブロックされて落ち込んだ経験があるんです… しかし、私はLINEブロックを解除してもらい彼と復縁どころか結婚まですることができました!その時にした事と、 LINEブロックをしたことがある男性50名に実施したアンケート結果も公開しますのでぜひ参考にしてくださいね! 復縁成功者達が噂する 「連絡引き寄せ」 「連絡引き寄せ」で 元彼から連絡がくる!? 一部の占い師だけが出来る「連絡引き寄せ」。 復縁成功者の間では 常識とも言える復縁の強い味方です。 「連絡引き寄せ」をしてもらった直後に元彼から連絡が来たり、ずっとなかった返信が来たりとその力を実感する人が後を絶ちません。 2日以上既読にならないと、もう一度「忙しい?」など送ってしまい、そこで既読にならないとほぼ「ブロック確定」です。 わずかな望みを掛けて本当にブロックされているのか、まずは確認してみましょう。 スタンプをプレゼントしてみる 最も簡単でリスクのない方法が「スタンプをプレゼント」することです。 何でもいいのでスタンプを選び「プレゼントする」で元彼を選びます。 もし、元彼にブロックされていれば以下の表示となりプレゼントすることが出来ません。 この方法以外にも確かめる方法はあるんだけど、相手にバレる可能性があったり確実ではなかったりするのでどちらかにするのがいいと思います。 それに、必死にブロックされているかどうかを確かめても「既読にならない」事実は変わらないので、あまり必死に試すのはおすすめしません。 もしブロックされていなくても、既読にならないということは「心のブロック」がかかっていることは間違いありません。 ブロックされていないからといって、何度も連絡するようなことはやめておきましょう。 元彼がLINEをブロックする理由 では、男性が別れた彼女のLINEをブロックする理由はどんなものがあるのでしょうか。 男性50人にアンケートを実施し、本音を聞いてみました。 元カノの態度と新しい彼女に関係すると答えた人が6割以上という結果に。 詳細な理由も聞いてみたので参考にしてくださいね。 (もうさすがにあなたも傷は癒えたでしょ。 と言わんばかりの世間話。 復縁したい気持ちがあるとついつい連絡してしまいがちですが、男性にとっては「しつこい」「ストーカーっぽい」っと感じる事も多いみたいですね。 彼の状況や新しい彼女への配慮は忘れてはいけないってこですね! 元彼がブロック解除をするきっかけ では次は男性が「ブロック解除」をする理由やきっかけは何なのか聞いてみました。 と告げられた時のみ。 そして、ブロックした時点で友達からも外すと思います。 その時にならないとわからない。 その時、夫からブロックされてしまったのですが、あっという間に解除してもらえたのでその時のことをお話ししますね! 参考になると嬉しいです! LINEブロックに気づいたきっかけ 私が元彼(現:夫)にLINEをブロックされていると気づいたのは、LINEが既読にならないことが気になってネットで調べた「スタンプをプレゼントする」方法です。 4通のLINEが既読にならず、スタンプもプレゼントできなかったので「ブロックされた」と確信しました。 どうしたか 元彼(現:夫)とは共通の友人はいるものの接触するような機会はなく、大人しく引き下がりました。 気になって「既読になっていないか」たまにLINEをチェックするくらいでした。 LINEブロック解除のきっかけ 別れる前から、共通の友人の結婚式に私も彼も出席することが決まっていました。 「結婚式で会える」というのが心の支えでもありました。 (別れを引きずっていないフリです) 結婚式ではテーブルが違ったこともあり会話はありませんでした。 しかし、2次会で同じテーブルになり何気ない会話をしました。 ブロック解除されたのはその次の日です。 ブロック解除の理由 夫に後から「どうしてブロック解除したのか」を聞くと、「ブロックしていることは気づかれていないと思っていた」「せっかく普通に話せるようになったのに、ブロックしていることがバレると決まずいと思った」とのことでした。 アンケートでも「偶然出会ったら」と回答している方がいました。 また、「未練がないと感じたら」と回答している人もたくさんいました。 何かのきっかけで会う事が出来て、そこで 未練や感情のもつれが解消されるとブロック解除をしてもらえる可能性は十分にあります。 (30歳女性) ・先生に相談すると気持ちが明るくなります。 それにとても当たります。 そのお陰で半年耐えることができて復縁できました。

次の

男性がLINEブロック解除したきっかけ7選|ワケを知れば復縁も可能

元彼 ブロック解除 連絡

元彼にLINEをブロックされたときに考えること 彼の心理を理解しよう ブロックする男性の心理としては、別れたケジメを重視している場合が多いです。 男性には 「いつまでも未練タラタラなのは恥ずかしい」という心理が強くあります。 例え本心では後悔していたとしても、それを態度には出さないのです。 こういった頑ななタイプとの復縁は、ある程度の時間を置かないと難しいでしょう。 ブロックの理由は状況によって様々です。 一概に言うことはできません。 元彼の性格を思い出して、じっくりと考えてみましょう。 「なぜブロックしたのか」がわからないままだと、万が一解除してもらってもまた同じ失敗をしてしまうかもしれません。 自分にも理由があったかも? 別れたときに大喧嘩をしたなど、ブロックされた心当たりがはっきりあるのなら、それが理由だと考えていいでしょう。 心当たりがない場合でも、自分に原因がないか一度しっかり考えてみましょう。 別れた後もしつこくLINEを送ったり、復縁したいと迫っていた場合 「めんどくさい」と思われた可能性は大きいです。 回数や内容を見直す必要があります。 一方的にブロックされて理不尽に感じているかもしれませんが、彼を責めても仕方ありません。 復縁したいならここはぐっとこらえて、自分に原因がないか考えてみましょう。 改善して復縁を引き寄せよう! ブロックされた原因がわかったら、 あとは改善あるのみです。 「今すぐにブロックを解除してもらいたい!」という気持ちでいっぱいかもしれませんが、焦らずに自分の悪い部分を直していきましょう。 一度別れた相手と復縁したいなら、「以前よりも良い関係を築けそうだ」と感じてもらうのが大事です。 逆に悪いところを直さないままアピールをしても「自分のことしか考えていない」という悪印象になってしまいます。 自分は変わったと、自信を持って彼にアピールできるようになりましょう。 それがLINEブロック解除の一番の近道です。 今はブロックするほどの拒否を感じていても、時間と共にその気持ちは薄れていくのが自然です。 そのため、復縁には冷却期間を置くのが重要になってきます。 だいたい3か月を目安に考えましょう。 互いに頭を冷やす時間を持てば、頑なな彼も落ち着いて判断ができるようになるはずです。 逆に、ブロックされてしばらくは連絡を取るのは禁物です。 拒否をしている時に接触すると、余計に嫌な気持ちが増してしまい、クールダウンの暇がなくなってしまいます。 ブロックされた状態で更に時間を置くのは勇気がいりますが、ここで行動を起こしても逆効果になってしまうのです。 メールやSNSがおすすめです。 あくまでも冷却期間を置いてクールダウンしていることが前提なので気をつけましょう。 連絡の内容ですが、「どうしてブロックするの?」「あなたと復縁したいの」など、いきなり本題に入るのは避けてください。 拒否反応を呼び起こす可能性があります。 できれば何か口実を作って連絡をするのがベストです。 アドレスや住所などの環境の変化の連絡や、誕生日やお正月の挨拶などは自然に感じられます。 相手が気軽に返事しやすい内容を心がけましょう。 下調べが必要にはなってきますが、偶然だと思わせることができれば一番自然に彼と話ができます。 もちろん、リスクの多いやり方です。 絶対に仕組んだことがバレないように気をつけてください。 すぐにブロック解除をお願いすると不自然なので、あくまでもきっかけ作りとして考えましょう。 その時は世間話程度で済ませていいので、出会いをきっかけにして自然に連絡を取るのが目的です。 元彼との復縁の可能性を上げるコツ 別れた時より魅力的になる! 「久しぶりに話したけどなんだか変わったな…」と彼に思わせることができれば、復縁の可能性はグッとあがります。 復縁したいなら、 彼の知らない一面を持つようにしましょう。 趣味に打ち込んでもいいし、仕事で新たなチャレンジをしてもいいです。 生き生きしている女性は魅力的に映ります。 定期的に合う相手よりも、久しぶりに会った相手の変化の方が劇的に感じます。 LINEブロックされている人こそ、新たな魅力を身に着ける自分磨きをしましょう。 落ち着いた話し合いを心がけよう! 冷却期間を置いて彼と無事に連絡が取れたとしても、落ち着いた話し合いができなければ努力が台無しになってしまいます。 「ブロックした元カレが悪い」という気持ちが強いと、いくら時間が置いても感情的になってしまうのです。 確かにすぐにブロックする相手にも悪い部分はあります。 でも、どうしても復縁したい元カレなら良い所もあるはずです。 付き合っていた時の素敵な記憶を思い出して、 感謝の気持ちを強く持ちましょう。 素直な感謝の気持ちを持つことが出来れば、それは相手にもきちんと伝わります。 あなたと復縁したいと思ってもらえる可能性も高くなるでしょう。

次の

元カレがライン(LINE)ブロックを解除する心理

元彼 ブロック解除 連絡

「嫌われるような終わりじゃなかったはずなのに」と思いますが、元彼の方は決して嫌いになったからといってブロックしたわけではありません。 どんな終わりであれ、別れは別れ。 今までの関係にけじめをつける意味で連絡を断つ、という男性は大勢います。 本気でお付き合いしていたのであればなおのこと、別れた後まで連絡を取り続けるような中途半端なつながりは持ちたくないと思うのですね。 メールや電話も同じ。 着信があるとどうしても気になってしまうし、また連絡が来ることをどこかで期待してしまう自分が嫌で拒否設定することもあります。 たとえ納得して受け入れた終わりであっても、その後のことはまた別の話。 ダメージのない別れなどありません。 気持ちの整理をつけたくて、LINEなどをブロックしてしまうのが男性の心理にはあります。 2.「連絡しないで!」という意思表示 どんな終わりであったにせよ、元カノからの連絡を避けたい気持ちから、LINEやメールなどをブロックすることもあります。 本当に嫌っていないのなら、わざわざ拒否の設定をしなくても無視すれば良いだけですよね。 LINEなら、既読(未読)スルーが続けば元カノもいずれ連絡を止めるのが一般的です。 ですが、元カノからの連絡そのものが男性にとってプレッシャーになります。 けじめをつけたい男性は、別れた後元カノにどんな態度を取れば良いかわかりません。 親しげにLINEやメールをもらっても、同じテンションで返すことは難しいのが男心。 別れた後で急に丁寧語や敬語で対応しだすのもよく見られます。 これは、別れた以上は元カノと適切な距離感を取りたいから。 「前に言っていたDVD貸してよ」なんて連絡があっても「それじゃ付き合っている頃と変わらないじゃん……」という戸惑いがまず立ちます。 別れに責任を持つ姿勢があるからこそ、ブロックすることで元カノに「連絡しないでほしい」と意思表示する、と考えましょう。 決して嫌いになったわけではないけど、今までとは違う距離感が欲しい、と思っていることもあります。 3.縁を切りたい 後味の悪い別れ方であっても、きちんと受け入れることができた別れ方であっても、元カノとの縁を切りたくてブロックする男性もいます。 これも、やはりけじめをつけたいと思う男性の心理。 特に「未練を絶ちたい」という気持ちがあります。 お付き合いした女性というのは、男性にとっていつまでも特別な存在です。 別れたからといってすぐに忘れることはできません。 だからこそ、元カノからの連絡をシャットアウトすると同時に、「自分からもしない」という覚悟でブロックします。 先に進むために、中途半端なつながりは必要ないと思うのですね。 「別れたら他人」というほど冷たいわけではないのですが、 別れをしっかり受け止めているからブロックするのであり、裏を返せばそれだけ元カノを尊重しているともいえます。 真面目で意思の固い男性に多く見られ、外で元カノと顔を合わせることがあっても簡単には打ち解けない頑なさも持っています。

次の