熱中 症 指数 アプリ。 熱中症アプリ「熱中症警戒計」がオススメの理由と使い方

熱中症予防 暑さ指数(WBGT)システム

熱中 症 指数 アプリ

WBGTとは? WBGTとは、 Wet Bulb Globe Temperatureの頭文字をとったもので、日本では「暑さ指数」と呼ばれたりもします。 日本体育協会はWBGTのことをこう説明しています。 熱中症予防の温度指標 日本救急医学会はWBGTをこう表しています。 気温・湿度・風・日射・輻射の気象条件を組み合わせた熱中症リスク指標 難しめの言葉が並んでいますが、簡単に言えば「 熱中症になる確率の高さを表す数字」という感じです。 一番のキーは「気温」と「湿度」 まず、熱中症になるリスクを一番あげるのが「 気温」と「 湿度」。 気温と湿度が高くなればなるほど、外で運動をしている人は熱中症になりやすくなります。 人間の身体が、運動によって筋肉から産まれた体内の熱を体外に逃がす方法はいくつかありますが、気温が上がると、そのいくつかの方法はうまく働かなくなります。 唯一働くのが「汗をかいて、その汗が蒸発するときに気化熱として熱を奪っていく」というもの。 よって「汗をかく」という行為はとても重要なのです。 しかし、気温が高いうえに湿度も高い場合。 空気中にはすでに水分がたくさんあるということなので、かいた汗がなかなか蒸発してくれません(=熱が体外に放出されず、体内に残る)。 日本の夏は特に湿度が高いためこの状況になりやすく、結果として熱中症にもなりやすくなってしまいます。 気温と湿度の他に「風」と「輻射熱」を加えたのがWBGT 「WBGT」は1950年代にアメリカで発明されました。 これは、1940〜50年代にアメリカの軍人さんたちが軍隊のトレーニング中に立て続けに熱中症によって亡くなってしまったこと(1942〜1944年の間に198人が死んでしまった)が発端のようです。 最初は彼らも「気温」と「湿度」に注目し、どっちとも高い日は軍隊トレーニングの時間を短くしたり、時間の変更をしたりしていたようです。 そして少しずつ熱中症のリスクを高める原因が様々な研究を通してわかってきて、気温と湿度の他に「 風の有無や強さ(=風がない・弱い日は熱中症になりやすい)」と「 輻射熱(日差しの強さ)」の要素を加え、その総合点のようなものを「WBGT」として数値で出しました。 アメリカの軍隊は、WBGTを熱中症予防ツールとして使い始めたところ、熱中症による死亡事故が劇的に減ったということです。 WBGTの計算方法 というわけで、上記した要素をすべて含めたWBGTの計算方法が以下の通りです。 WBGT=0. 暑さ指数は、風以外の3つの要素によって計算されます。 この数値の補足として、風がある日(もしくは風がある場所での練習)は少しマシになる、と考えれば良いと思います。 また、WBGTの式を見てもらうとわかりますが、0. 7をかけているのは「湿度」です。 つまり、 WBGTの数値は湿度が大きな比重を示していることがわかりますし、湿度が高い日は熱中症のリスクが上がるということですね。 まとめると 「気温が高い」「湿度が高い」「風がない」「輻射熱が強い」が重なると、暑さ指数は大きくなります。 WBGTの調べ方 気温と湿度は、天気予報を見ればだいたいわかりますね。 ですが、WBGTの数値を求めるには「輻射熱」も必要ですね。 輻射熱は天気予報をみてもわかりません。 よってここからは、暑さ指数の調べ方を紹介していきます。 一番簡単なのは、以下の3種類だと思います。 1 WBGTを測定できる装置・ツールを購入して使う 今は便利な世の中になったもので、わざわざ自分で計算しなくても、WBGTを測定できる装置(熱中症指数計)を買えば、数秒〜数十秒で数値を出してくれます。 最近はコストも安いものが増えているので、ぜひ購入を考えてみてください。 私が個人的に持っているのはTANITAの熱中アラームです。 外に持っていくのでコンパクトなもののほうがラクですね。 パッとWBGT値が測定できるのでオススメです。 室内でも使用できるので、室内競技で働くトレーナーさんや部活動の顧問の先生にもオススメですよ。 値段が高い方がやっぱりいいの?と聞かれたりするのですが、私は安いものでも充分だと思っています。 一番大事なのは、運動をするとき(もしくは選手にさせるとき)に必ずWBGTを測定して、その値によって練習の長さを変えたり、休憩の時間を増やしたりと修正を考えること、だと私は個人的に思っています。 2 環境省が発表している「熱中症予防情報サイト」で調べる 環境省は毎年4月〜9月の間、毎日その日のWBGT値や、数日の予測値を発表しています。 部活動の顧問の先生や、クラブチームの監督・コーチなど、練習のスケジュールを決めたり管理する立場の人は、毎朝もしくは毎週このサイトをチェックして、練習時間や練習場所、練習内容などを決めるというのもアリですね。 この環境省のウェブサイトの使い方を記事で解説してみました。 「」も読んでみてください。 3 WBGT推定表を利用する 気温と湿度がわかれば、それを元に上の表を使ってWBGTの推定値を出すことができます。 天気予報を見れば気温と湿度はわかりますね。 ただ注意が一つ。 この表は「気温」と「湿度」のみで求められています。 輻射熱が全くなく(=室内)、風もない場所であればこの表から求められるWBGTは正しいですが、外での運動の場合は輻射熱が加わってくるので、正しいWBGT値ではないので気をつけてください。 どうせ天気予報アプリで気温と湿度を調べるなら… 「 熱中症警戒計」というアプリがあります。 今はなんでもアプリがありますね。 便利な世の中です 笑 このアプリは日本気象学会の熱中症予防指針に基づいてWBGTを測定しているようなので(上の表も同じものを参考に作成されています)、上の表と同じWBGT値が出るはずです! アプリ「熱中症警戒計」の使い方を解説した記事書きました。 「」もぜひご覧ください。 WBGTの使い方 その日の暑さ指数がわかったら、その数字が何を表しているのかを知る必要があります。 上の表は「WBGTの値別に注意すべき点がまとめられた表」になります。 是非ともこの表を参考にして、その日の練習計画を立てていただけたらと思います。 「激しい運動」とは? この表で出てくる「激しい運動」とは、以下のようなものを指します。 ジョギング・ランニング・マラソン• 自転車• サッカー・テニス・バドミントン・バスケットボール・剣道・水泳・卓球• エアロビクス・縄跳び・リズム体操• 登山 「練習時間」「練習場所・環境」を工夫するとは? 暑さ指数が高い日は、以下のような工夫をして、熱中症を予防しましょう。 1日の中でも暑い時間(10〜17時)での練習は避ける• 屋内での練習に変更する• 練習の強度を落とす• 練習時間を短くする• 薄手で白っぽくて通気性の良い服装や帽子にする• 体調が少しでも悪い子は別メニューにする(もしくはその日は休み)• 休憩の時間を頻繁にとる• 休憩は日陰や室内でとる• 体調が悪くなった子が出てきたときのために、その子が休むことができる涼しい部屋や道具(クーラーが効いている・氷や氷風呂が用意してある・扇風機がある・水分塩分を補給できる・救急箱を用意…など)を用意しておく• トレーナーなどの専門家を練習場所に呼ぶ• 選手たちが体調不良を感じた時に、正直に監督やコーチに言い出すことができるチームの雰囲気作り 上に挙げたものはほんの一部です。 皆さんのそれぞれの現場によって、できることを考えて、実践して欲しいなと思います。 まとめ WBGT値・暑さ指数の使い方のまとめです。 まず、上の「WBGT値の調べ方」で紹介した方法(それ以外の方法でもいいです)で、その日のWBGT値を知る• 「WBGTの値別に注意すべき点がまとめられた表」で、その日のWBGT値に当てはまる場所の注意事項を読む• 注意事項に従って、練習時間や練習場所・環境などを工夫する 運動やスポーツの指導者、部活の顧問の先生や監督・コーチ・マネージャーなど、運動・スポーツをする人を支える立場になる人は、ぜひこのWBGTを利用して、熱中症を予防しましょう。

次の

現在地の熱中症の危険を知らせるAndroidアプリがイカス!

熱中 症 指数 アプリ

気温と湿度の予測データから「暑さ指数」を算出。 熱中症の危険度を5段階で表示。 同時に5つの市区町村を登録できます。 今後24時間の天気、気温、湿度、風向、風速の状況もわかります。 暑い季節を乗り切るために「熱中症予報計」を活用していただき、ご家庭や職場、学校、病院、お出かけ先など、さまざまなシーンでお役立てください。 現在の「暑さ指数」をお知りになりたい場合は、姉妹アプリ「熱中症警戒計」をご利用ください。 「地点設定」画面では左上の+ボタンで登録が完了し、今後24時間の熱中症危険度や暑さ指数 WBGT などが表示されます。 複数の地点を設定した場合は、左右へスワイプすると別の地点に切り替えられます。 表示される折れ線グラフは暑さ指数 WBGT の値です。 気温ではありませんので、ご注意ください。 「対策メモ」ボタンでは、独立行政法人・日本スポーツ振興センターが作成した「熱中症を予防しよう -知って防ごう熱中症-」の一部を収録していますので、熱中症予防対策の参考にしてください。 画面をピンチ操作すると拡大表示できます。 「暑さ指数」ボタンでは、暑さ指数の求め方などを掲載しています。 「指数算出」ボタンでは、気温、湿度、時刻を設定して暑さ指数が求められます。 室内などでの適切な気温、湿度管理の参考になります。 熱中症危険度は「危険・厳重警戒・警戒・注意・ほぼ安全」の5段階で表示します。 あくまでも目安としてお使いください。

次の

熱中症は何度(℃)以上から危険?毎年何月から何日間くらい続くの?暑さ指数WBGTを活用しよう

熱中 症 指数 アプリ

熱中症警戒計の良いところ iPhoneでしかダウンロードできないのが本当に残念なのですが、それでもオススメしたい理由が、 このアプリのデータが「日本生気象学会と日本体育協会が発表している熱中症に関する資料をもとにしている」ということです。 この2種類、日本生気象学会による「日常生活における熱中症予防指針」と日本体育協会による「熱中症予防のための運動指針」は、今の日本における熱中症に関する文献の中では、かなり信用のできるものだと私は思っています。 なので、私が信用しているこれら2種類の文献をもとにこの「熱中症警戒計アプリ」は作られているということで、私はこのアプリはかなり信用のできるアプリなのではないかなと考えているのです。 熱中症警戒計をダウンロードしてみよう iPhoneでのみダウンロードできます。 検索で「熱中症」って検索するとこんな感じで出てくるので、熱中症警戒計を選んでダウンロード。 2番目にありますね。 こんな感じです。 ダウンロードしてください。 観測点を設定する 早速開きましょう。 トップページはこんな感じです。 まずは「 観測点設定」をしましょう。 まずは、あなたが熱中症に関する情報を知りたい地域(=観測点)を追加します。 「観測点を追加する」をクリックして、地域を設定しましょう。 最大5つの地域を登録することができます。 5地点追加するとこんな感じになります。 追加が終わって右上の「閉じる」を押すと、登録した各地点の「気温」「湿度」「WBGT」を知ることができます。 カラフルで見やすいですね。 指で横にスワイプすると他の地域も見ることができます。 「気温」「湿度」「WBGT」は1時間ごとに更新されます。 よって朝の10:30に調べたら、10時現在のデータが表示されます。 WBGTって何? 「気温」と「湿度」はわかるけど、「WBGT」って何?という方がいるかと思います。 WBGTとは「 Wet Bulb Globe Temperature」の頭文字をとったもので、日本語に訳すと「湿球黒球温度」となります。 「 暑さ指数」と呼ばれたりもします。 このWBGTについての簡単な説明はアプリの中でもしてくれています。 「WBGT」を押すと、簡単に説明してくれます。 WBGTについては「」で詳しく解説しています。 2種類のWBGT値 このアプリではWBGT値を、日本生気象学会が設定した基準をもとにした熱中症危険度と、日本体育協会が設定した基準による熱中症危険度の、どちらを使いたいかを選ぶことができます。 日本生気象学会を選択すると、WBGT値によって 「危険」「厳重警戒」「警戒」「注意」の4段階でその日の熱中症の危険度合いを知らせてくれます。 日本体育協会を選択すると 「運動中止」「厳重警戒」「警戒」「注意」「安全」の5段階で危険度が表示されます。 2種類選択できますが、どちらが良いとかはありません。 どちらも良いです。 お好きな方を選んでください。 その場所、もしくは室内のWBGT値と危険度を知りたい 気温と湿度は、場所によって全然違うことがあります。 東京は東京でも、日差しがガンガン当たっている屋外と閉め切った体育館の中では、気温も湿度も違います。 気温と湿度が違うということは、WBGT値も違い、よって熱中症危険度も変わってきます。 さらによく覚えておきたいことは、 屋外よりも体育館のような屋内の方が熱中症になる危険度が高いということはよくあります。 屋内の方が安全、というわけではないのです。 理由は、室内では扇風機などを使ったり窓を開けたりしない限り「風がない」ということと、閉め切った場所では外よりも「湿度が高くなっている」ことがあるからです。 そんな室内で運動やスポーツをするとき、その室内の熱中症危険度が知りたい!というときも、このアプリは使えます。 まずその場に温度計・湿度計を持っていって、気温と湿度を測定します。 その場所の気温と湿度がわからないとWBGT値が求められないので、熱中症危険度もわかりません。 そこまで高価なものではないので、室内スポーツの指導者・部活動の顧問の先生・トレーナーは、ぜひ温度・湿度計やWBGT計を1つ用意しておきましょう。 気温と湿度がわかったら、このアプリのトップページから「Info」をおし、次に「WBGTを求めよう!」をおします。 すると以下の画面が出てきて、自分で「気温」「湿度」「時間」を「+(プラス)」「ー(マイナス)」で合わせることで、画面上部に熱中症危険度が出てきます。 WBGT値も出てきますね。 まとめ|熱中症は予防が大切です トップページに戻って「熱中症メモ」をおすと、熱中症を予防するために最低限知っておきたいポイントがまとめられています。 いかがだったでしょうか?とてもカラフルで見やすく、使い方もシンプルです。 ぜひ活用してみてください!!!.

次の